楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

スポーツ

 相互RSS募集中です

韓国メディア「平昌オリンピックがこのままでは災害になる!」……いまだにチケット販売企業すら決まっていなかった

【社説】盛り上がらない平昌、このままでは五輪開催が大災害に(朝鮮日報)
 開幕まで1年2カ月となった平昌冬季オリンピックへの不安が膨らむ一方だ。崔順実(チェ・スンシル)被告に近い人物らがオリンピック関連の利権をむさぼっていた実態が明らかになり、国民の関心や支援の声が急速にしぼんでいるからだ。そのためか開幕までわずか1年となった割にはほとんど話題にも上らなくない。つい先日にはマイナー競技種目のテストイベントが開催されたが、そのチケット売り上げは全体の20%にも満たなかったという。

 政府や企業も今ではもうほとんど関心を向けていない。前の組織委員長が大統領の機嫌を損ねて突然更迭され、大会を所管する文化体育観光部(省に相当)は崔順実事件に巻き込まれて身動きが取れず、また事件に関与したとされる複数の企業はスポンサー契約を先延ばししている。運営に必要な2兆8000億ウォン(約2700億円)のうち4000億ウォン(約390億円)は調達計画さえ立てられていない。しかも運営費の管理やチケット販売を担当するメインバンクもまだ決まっていないのだ。

 開会式の計画書もこれから数カ月以内には国際オリンピック委員会(IOC)に提出しなければならないが、全体を総括する総責任者も決まっていない。文化と環境がオリンピックのスローガンとして掲げられているが、それに見合ったコンテンツは何ひとつない。このままでは史上最悪のオリンピックとなり、国際社会で国のメンツが丸つぶれとなってしまいかねない。

 オリンピック後の競技会場活用計画も迷走している。例えば江陵スピードスケート場は建設費が1264億ウォン(約123億円)、江陵ホッケーセンターは1064億ウォン(約104億円)といずれも巨額の費用がかかるが、どちらも将来的には活用が見込めず、大会後は撤去される計画だった。ところが今年に入って突然、崔被告のめいのチャン・シホ被告が影響力を行使し、大会後も存続する方針へと計画が見直された。しかしこれも今ではどうなるか誰も分からない。これらの競技施設がオリンピック後も残された場合、毎年数十億ウォン(約数億円)の赤字がどんどん積み上がっていく。平昌オリンピックの開催自体ははもう引き返すことはできない。しかしこのままではオリンピックそのものが国にとって大災害となってしまうかもしれない。
(引用ここまで)

 「つい先日行われたマイナー競技のテストイベント」って種目はなんなんでしょうね。
 20%もチケット売上が行かなかった。韓国ではチケットを買っても行かないみたいなこともあるので、実際の集客はどうであったかちょっと恐ろしいところです。
 ビッグエアで78%がこなかったっていうからこれですかね。

 今年春の時点で、ソウルで見かけた平昌オリンピック関連の掲示物はこれだけでした。


 ろうそくデモをやっている、光化門広場横のKTテレコムに掲げられていたビルボード。

 とにかく金が集まらない、社会的関心が集まらない。
 注目されるのはチェ・スンシル関連の話題だけという事態が続いています。
 いわゆる「チェ・スンシルゲート」が公表される前までは「なんだかんだ言っても平昌オリンピックもなんとか開催はされるんじゃないかな」と思っていたのですが。
 なにしろ北京やリオですらなんとかなったのですから。
 リオにいたっては大統領が弾劾されて不在ではあったのですが、成功裏に終わらせることができました。
 ただまあ、あれは弾劾が開催の直前だったということもあるので、平昌とは比べられないかなぁ……。

 それがチェ・スンシル事件後はかなり怪しくなってきましたね。
 チェ・スンシル一族がスポーツ事業にからんでいたこと、さらにはナッツパパがチェ・スンシルの逆鱗に触れて組織委員長を辞任させられていたことあたりから、「もういいや」という雰囲気が漂ってきているのです。
 正直、開催自体はされるにしろ、近年のオリンピックでもっとも白けたものになるのではないか、という危惧は出てきました。
 チケット販売の担当企業すら決まってないってどういうことよ……。

1964年の開催秘話
TOKYOオリンピック物語
野地秩嘉
小学館
2013/10/13

韓国「平昌五輪の記念紙幣を発行するよ!」 → ネチズン「嘘だろ……」「これこそチェ・スンシルの仕業」「恥さらしだ」

平昌冬季五輪記念銀行券公開…ネットユーザーは憤怒(中央日報)
平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを記念した銀行券のデザインに対しネットユーザーの批判が続いている。

韓国銀行は16日に「2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪記念銀行券」を公開した。公開された写真は韓国初の記念紙幣で、2017年10〜12月期に発行される予定だ。金額は2000ウォン券だ。

紙幣の表面には冬季五輪7種目(スピードスケート、アイスホッケー、バイアスロン、ボブスレー、カーリング、スキージャンプ、リュージュ)の選手の姿が描かれている。スピードスケート選手の姿が重点とみられる。裏面にはトラと松の姿が確認できる。

銀行側は「韓国銀行券の品質とデザイン水準を対外的にアピールできる機会になるものと期待している」と明らかにした。

だがネットユーザーの反応は冷たい。公開されたデザインを見たネットユーザーは「だれをののしるべきなのか」「国際的な恥さらしをするつもりなのか」など冷笑的な視線を送っている。
(引用ここまで)

 まず、こちらが表で。

2000won

 こちらが裏側。

2000wonb

 うーん、微妙。
 競技自体はピクトグラムのほうがデザインしやすいのだろうけど、お札はどうしても偽造対策で精微な図柄にしないといけないのです。
 それにしても……もうちょっとなんとかできたような気がしますけどね。
 右上の赤青黄色の物体はなんなんだろう。
 裏側は掛け軸風にしていて、デザイン自体はそれほど悪くはないと思うのですが。

 ネチズンからは「これこそチェ・スンシルがデザインしたものだろ」みたいな話が出ています。
 パク・クネの記念切手の件もありましたし。
 素人がデザインしたと思われるくらいにひどい、ということでもあるのでしょうが。


ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]
Robin Williams
マイナビ出版
2016/9/20

韓国人「もうメダル至上主義はやめなくては……」 → アレがあるかぎり無理じゃない?

メダル至上主義は止め、楽しみながら成果を出すスポーツにしなくては=韓国(中央日報)
中央日報は「リモデリング韓国スポーツ」シリーズを企画・取材し、韓国国内だけでなく英国、ドイツ、日本など海外スポーツ専門家たちの多様な声を聞いた。

彼らの提言を要約すると、▽スポーツは国の教育・福祉事業と考えるべきで▽エリートスポーツと生活スポーツを統合する革新的な政策を作り▽専門性を備えたスポーツ行政家を適材適所に配置しなければならない――ということだ。このためにはエリートスポーツと生活スポーツ、学校と運動場に分かれた韓国スポーツ政策の境界を崩さなければならない。生涯周期別にスポーツを楽しんで健康な生活を楽しめるよう支援する統合プログラムが必要だということも専門家らの共通した意見だった。

英国コベントリー大学のブヌア・セノクス教授(スポーツ経営学)は「2012年のロンドン五輪で英国が良い成績を出すと、英国人は宝くじの収益の一部をエリートスポーツに投資することを支持した。しかし英国政府は昨年12月に『スポーティングフューチャー(Sporting Future)』という政策を発表した。スポーツがウェルビーイング(wellbeing)の手段になり、身体だけでなく精神健康のためにも活用されるようにしたもの」と話した。セノクス教授はまた「最近コベントリー大学の調査の結果、ロンドン五輪前後に(エリートスポーツ支援が増え)学校スポーツとクラブスポーツが萎縮した。五輪のメダルだけが目的でなく、国民みんなのためのスポーツ政策を展開しなければならない。韓国のスポーツ政策立案者は支援の優先順位から慎重に決めなければならない」と付け加えた。 (中略)

東亜(トンア)大学生活体育学科のチョン・ヒジュン教授は「ハンドボールでは選手層が薄いせいで8月のリオ五輪で44歳のオ・ヨンラン選手が引っ張り出されるように出てきた。韓国スポーツの素顔があらわれた場面だ。国家主義を根元に成長したエリートスポーツを廃止する時期だ。今後(2020年・2024年)2回程度五輪で金メダルを取れなければどうなのか。これまでのシステムを整備しスポーツリーダーシップを正しく立て直して、国民の信頼から得なければならない」と話した。チョン教授は「韓国スポーツの弊害は体育入試から始まる。運動部の学生の99%が大学進学を目標にする。この過程で授業権が保障されず、各種不正が発生する。入試と指導者教育システムを根こそぎ変えなければならない」と強調した。
(引用ここまで)

 「金メダルを取れなければどうなのか」って。
 そりゃ、まずは「日本にメダル数で勝てなかった!」って盛り下がるでしょ。
 そしてメダルを取れなかった競技団体トップが糾弾される
 そこから競技団体による不正が見つかって、非主流派が躍り出る。そして同じような不正を行う。というところまでがワンセット。

 そもそも韓国では一般人がスポーツを楽しむ構造になっていない。
 せいぜい国立公園にハイキングに行って酒盛りしてゴミを散らかして帰ってくるのが関の山。 
 日本以上に体育会系体質の韓国で「スポーツを楽しむ」なんてことができるのか疑問ですね。
 なにしろ、アメリカにコーチ修行に向かったにもかかわらず、韓国のノリのままで子供を殴って暴言を吐くみたいな輩ですから。リンク先の記事では「コーチ資格は剥奪されなかった」とありますが、その後にきっちり剥奪されています。

 韓国で「スポーツを楽しむ土壌を醸成する 」ねぇ……。
 まあ、こんな提言がされるということ自体が、以前に比べたら精神的な余裕ができてきたということではあるのかな。
 兵役免除をメダル獲得のニンジンにしていることをやめないと、「楽しむスポーツ」なんてのは存在し得ないと思いますけどね。

「野球」の真髄 なぜこのゲームに魅せられるのか (集英社新書)
小林信也
集英社
2016/10/19

韓国の電光掲示板が落下したアイスアリーナでワールドカップ開催……

平昌五輪開催地の江原道 外国人観光客の取り込みに本腰(聯合ニュース)
 冬季五輪のフィギュアスケートとスピードスケートのショートトラックの会場となる江陵アイスアリーナで16〜18日、ショートトラックのワールドカップ(W杯)第4戦を兼ねたテスト大会が開催されることを受け、江原道は東南アジア6カ国のメディアや旅行業界の関係者約90人を招いた。関係者らは競技を観戦するほか、江原道の観光地の取材や視察を行う。

 江原道は大会を観戦する外国人観光客のためにソウルと江陵を結ぶシャトルバスも運行する。
(引用ここまで)

 記事はどうでもよくて。
 このアイスアリーナの中央部分に人がいる写真を見るとちょっとどきどきしますね。
 なにしろたった3週間前に電光掲示板が落下した場所ですから……。
 画像で見ても、若干中央部分が荒れているような。

 まあ、ショートトラックはリンクの中央部分は競技に使わないので、それほど危険性はないのかもしれませんね。
 ……ないといいなぁ。
 平昌の本番でも少なくとも笑って終われるくらいの事故であってほしいと思うのですよ。事故があることはもう前提になっているのですが。

事故がなくならない理由 安全対策の落とし穴 (PHP新書)
芳賀繁
PHP研究所
2012/9/14

FIFA審判委員長、「ビデオ判定が長い? 2002年のスペインだったら5分だって長くないと思うんじゃないかな」

FIFA ref's chief defends Club World Cup VAR trial after Ronaldo goal(ESPN・英語)
 FIFAの審判委員会の責任者であるマッシオ・ブサッカは日本で行われているクラブワールドカップにおいてテストされているビデオ判定に対する批判に対して反論を行っている。 (中略)

 主たるビデオ判定に対する批判は時間がかかるというものだ。

 しかし、ブサッカは「(判定に)タイムリミットは設けられていない」、大事なことは「正確な判定が行われることだ」と述べている。

「スペインは韓国でのワールドカップでの試合で判定が修正されるのであれば、30秒だろうと5分だろうと待つことを気にしたりはしないと思います」とブサッカは2002年のワールドカップで完璧に決められたように見えたふたつのゴールを取り消された挙げ句にPKで敗退したスペインを例に挙げた。
(引用ここまで)

 FIFAの審判委員長という重要な立場にいる人物が、今回のクラブワールドカップから導入されているビデオ判定について擁護しています。
 「正確な判定が必要だ」として、具体例を挙げるときにマラドーナの神の手でもなく、1966年のイングランド−西ドイツの誤審でもなく、2010年のその逆の誤審でもなく。
 韓国−スペイン戦の「誤審」をピックアップするところに、2002年のすべてが込められていると思いますね。

 まあ、もうちょっと洗練されたやりかたをする必要があるとは思いますが。
 ゴールについてオンサイドであったか、オフサイドであったかすべてビデオ判定するんですかねぇ……。

電通とFIFA〜サッカーに群がる男たち〜 (光文社新書)
田崎 健太
光文社
2016/2/20

平昌五輪:あの電光掲示板落下会場で今週末からショートトラックワールドカップ……

「氷上最初のテストイベント、オリンピックブームアップの足場」(江原道民日報・朝鮮語)
オリンピックテストイベントとして来る16〜18日、江陵オリンピックパーク内アイスアリーナで開催される「ISUショートトラックワールドカップ」世界大会を控えて氷上競技場と大会運営システムの最終チェックが12日、現場で実施された。チェ・ムンスン知事は平昌組織委と江陵市の関係者が出席した中で開かれ、現場を見てから「氷上競技では最初のテストイベントとなる今回の大会を平昌冬季オリンピックへと国民の関心を集めるブームアップの契機としなければならない」と強調した。この日にショートトラックワールドカップのチケット販売が、現在85%を超えたとし、 「切符を購入した後、実際の現場観覧をしていない『ノーショー』が多数発生していない場合、観覧席興行は大きな問題がないだろう」と明らかにした。

現場報告会は、観客参加と応援計画、交通・駐車場管理対策、文化公演計画などのテストイベントの開催成功のための競技場の施設と大会運営全般について点検をすることで進めた。新築競技場の内外の施設工事の徹底仕上げと新しい建築物の工事汚れや臭いの除去などの対策も立てられた。チェ知事は「先月25日平昌で開かれた「スノーボードワールドカップビッグエア」競技には観覧客の78%が来ていなかったために試合興行に支障を生じた」とし「『ノーショー』現象が繰り返されないよう対策を講じてほしい」と注文した。
(引用ここまで・太字引用者)

 江陵のアイスアリーナ……ああ、電光掲示板の落下したあそこ!
 3週間ほど前にあの事故があって、そのままスケジュール通りにテストイベントやるとのことです。
 相変わらずの大胆さというか、後先を考えないというか。

 というようなことを書いてたら、後半にもちょっと気になることが……。
 「観客の78%がこなかった」そうですよ(太字部分)。
 どれだけ入場券ばらまいたらこんなんなるんでしょうかね。
 ビッグエアは平昌から導入される新規競技なので、いわば目玉扱いのはずなのですが。
 競技的にもかなり見栄えのするものなのです。それでも集客できないということは、おそらくはワールドカップに参加できる韓国人ボーダーはいないということなのかな。

 予約だけしてやってこないという「ノーショー」が韓国国内で問題になっているということは何度か記事になっていて、朝鮮日報では特集になっていたりもしたのですが楽韓Webでは扱っていませんでしたね。
 タイミングを逸してしまっていたので。総じて「韓国人のマナーがなっていない」という論調だったと記憶しています。
 でも、これに関しては「マナーが云々」というようなものじゃない気がするなぁ……。
 そもそも興味がないというか。

 ただまあ、お家芸でもあるショートトラックだったらそのあたりは大丈夫なんじゃないですかね。少なくともビッグエアに比べたら。
 問題は電光掲示板がちゃんと固定されているかどうかくらいなものでしょう。

40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260 (中経の文庫)
中経出版
2016/6/15

「韓国のスポーツ選手は人生のすべてを賭ける」ことが美談ではない理由

<Wコラム>韓国のスポーツ界2・全てを賭ける、あなたは本当に「韓国」を知っている?(Wow!Korea)
 彼女A選手は、日本のメジャーである日本選手権で優勝しました。Aの才能を知った父親は、自身の仕事を辞め彼女の将来にかけました。退職金を全部つぎ込み、自身はAの移動の運転手として、母親は食事を作るなど身の回りの世話をして、それこそ彼女にAll-In(全てを注ぎ込む)してプロでの成功にかけました。

 親子三人で試合場を駆けずり回り、苦楽を共にして日本での成功をつかみました。ツアーへの参加費、ホテル代、交通費、キャディー代等試合に参加する費用も馬鹿にできなく、試合で賞金を稼がなければその費用は全部自己負担になり重くのしかかります。

 それだけでなくツアーのシード権がないと、本選に出るために月曜日から予選会に参加しなければなりません。

 本選に出たとしても予選を通過しなければ一銭ももらえない過酷なものです。テレビに映る選手は、優勝できなくても下積みの彼女らにとっては羨ましい存在です。

 日本の有名な選手にも家族の応援で強くなった人はいますが、死活問題と捉えて家族の命運をかけて挑む選手は少ないと思います。その必死さは日本の比ではありません。

 すべからくチャンスと見れば一点集中する韓国ならではの思い入れは、並大抵のものではありません。韓国ではAll-InとかAll or Nothingという言葉をよく使いますが、「こうと決めたらわき目もふらず全身全霊を注ぐもの」です。これはもしものために保険をかける中途半端な姿勢では勝ち残れないので、目標に向かって全力投球する、背水の陣をしいて挑むことを意味します。
(引用ここまで)

 昨日ちょっと書いたバカ選手の話、実例がちょうど足されていたのでフォロー記事というかたちで。
 ここでもオールインという言葉が使われていますが、これが比喩ではなく完全なそれなのです。

 オールインというのはポーカーで使われる用語で、手元の金額をすべて賭けること。
 他にも細かいルールがあるのですが、ここでは「人生のすべてを賭ける」という意味として使われています。
 この記事の選手のように成功すれば救われますが、スポーツでは勝者がひとりいればその他の敗者が山ほどいるのは自明の理。
 そもそも「うまいけどなんらかの理由でプロになれなかった」という選手も山ほどいる。
 でも、韓国ではそういう選手もほとんどの場合「オールイン」してしまっているのですよ。
 記事では「保険をかける」、つまり他にも注力することが「中途半端な姿勢」となっていますが、韓国ではまさにこれが実際でして。

 こうして成功できればいいのですが、その影には死屍累々になっているはずなのですけどね……。
 ま、そういう人はスポーツで成功できなかったら終わりだったのだから、それで構わないということなのでしょうけど。
 どっちにしても一握りの人間しか幸せになれない構造になっているのですよね。

 日本も「リトライが難しい社会」だとされていますが、韓国は「リトライが許されない社会」なのです。
 だからこそ一点突破しか狙わない(狙えない)。
 一定以上の頭脳がある人間は医者にしかならない
 失敗したらパルパル万ウォン(月収88万ウォン)になるしかないのですからね。

この本が書かれた時よりもさらに格差は大きくなっているという怖さ。
“超”格差社会・韓国
九鬼 太郎
扶桑社
2009/8/28

韓国で「野球バカ」ならぬ「バカ選手」を量産するシステムとは?

【コラム】「問題児」姜正浩、野球で罪滅ぼしができるのか(朝鮮日報)
<リレー>米国をおさえた日本チーム、3人は「部活」出身(中央日報)
 その姜正浩が今年は昨年とは全く違っていた。アウェー試合中の7月、出会い系サイトで知り合った女性に性的暴行を振るったとして告訴され、今回はシーズンを終えて帰国した際に飲酒運転と当て逃げ、しかも身代わりを頼んだのではないかという疑惑まで持たれている。グラウンドではバットを鋭く振って大活躍した姜正浩だが、ユニホームを脱げば「問題児」という二面性のある行動を見せ、ファンをひどく失望させている。(中略)

 姜正浩はそうした自身の社会的役割に対する省察が不足しているようだ。彼は今月6日に取り調べを受けて帰宅した歳、報道陣に「今後は野球でお返しするしかなさそうだ」と言い残した。本当に、姜正浩がファンに対して報いることができるのは野球しかないのだろうか。彼が来年活躍したら、ファンは「反省の気持ちがはっきりと現れていた」ともろ手を挙げて喜び、すべてを許してくれると考えているのだろうか。ある野球関係者は「子どものころから野球だけ上手ならいいという雰囲気の中で成長した選手に何が期待できるだろうか」と苦い顔をした。

 この野球関係者が指摘した通り、多くのスポーツ選手が競技の上達だけを強いられて育った。指導者だけでなく、親も子の競技力アップに関心を払うばかりで、人格教育や学業はおろそかにしていることが多い。スポーツ選手を育てるのではなく、「運動マシン」を生み出しているのだ。
(引用ここまで)
 韓国の運動部とは異なり、授業を欠席しながら練習することはない。飯塚は「1週間に2回の練習を通じてオリンピック(五輪)のメダルへの夢を育てた」と話した。

日本の生徒選手たちが韓国の選手たちと異なる点は学校の勉強と両立しているということだ。東京品川にある総合スポーツクラブ・コナミスポーツ&ライフで会ったある高校生選手は「『インターハイ』出場を目指してサイクル部活を入っている。大学入試も重要なので運動が終わった後は塾に行く」と話した。韓国でも大人気のバスケットボール漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』でも3年生の赤木剛憲がインターハイ入賞に失敗して名門大学にスカウトされず、大学受験を目指す場面が出てくる。漫画だけでなく日本の現実もそうだ。
(引用ここまで)

 おっと、そういえば前回のニュースではこの視点が欠けていましたね。
 韓国ではたとえば野球ができる子供であれば、本当に朝から晩まで野球しかやらせない。
 ゴルフでも、フィギュアスケートでもサッカーでも同様。

 とにかく当該のスポーツさえやっていればいい。もちろん、授業なんてまったく出ない。文武両道なんてことはないとはいわないけども、ほぼ皆無に近いのです。
 それでも野球がうまければ褒められるし、学校も卒業できる。必要なら一芸推薦で大学にも入れる。
 で、野球を離れても万能感を満載したクズ人間のできあがり。

 カン・ジョンホなんかは野球がうまくてメジャーにまでこれたのだから、まだいいですけどね。
 怪我でリタイアなんかも当然あるのに、野球以外なにもできない人間を量産しているのですよ。 

 韓国は高校野球への参加が50校に満たないなんてことがよく取りざたされますが。
 日本の部活とは異なっていて完全なバカな野球選手養成機関なので50でも多いくらいなのです。
 日本であれば「スポーツ以外の人生のほうが長い」って考えかたをする人も多いですが。
 韓国の場合は「スポーツで失敗したらどっちにしたって人生終わり」なのでオールインするしかないのですよ。
 だからこそ八百長も日常茶飯事になるのですね。ショートトラックでもテコンドーでも。

韓国人による震韓論 韓国人による恥韓論シリーズ (扶桑社BOOKS新書)
シンシアリー
扶桑社
2015/9/18

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
おしえて! ギャル子ちゃん 4巻
シン・ゴジラ
S.H.Figuarts メトロン星人
「ようこそウルトラセブン」
ダライアス 30th Anniversary Edition
PS4用+サントラCD7枚組

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ