楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

スポーツ

 相互RSS募集中です

平昌五輪に参加する「韓国人」、帰化選手は19人で全体の14%にもなるそうな……

平昌五輪に出場する帰化韓国人選手19人確定…5種目で活躍(中央日報)
11日、平昌冬季オリンピック組織委員会が集計した5種目の「優秀選手特別帰化」現況を見ると、アイスホッケー(男子7人、女子4人)が11人で最も多く、次いでバイアスロン(4人)・スキー(2人)・アイスダンス(1人)・リュージュ(1人)となっている。国籍別にはカナダ(8人)、米国(5人)、ロシア(4人)、ノルウェー(1人)、ドイツ(1人)などの順だ。

特に、男子アイスホッケーの場合、25人中7人が外国出身選手だ。平昌オリンピック準備企画団のヤン・スンジュン団長は「アイスホッケーでは国籍を移して大会に出場することが一般化している。韓国成人選手は200人程度と貧弱なので、国際アイスホッケー連盟が持続的に外国選手を受け入れるよう勧告したりもした」と明らかにした。

帰化選手が増えたのは韓国の冬季五輪選手層が薄いためだ。一方でオリンピックへの出場を狙う外国選手が多く、利害が一致したという分析だ。
(引用ここまで)

 開幕式まであと79日。じわじわと平昌冬季オリンピックネタも増やしていきましょうか。
 というわけで、すっかり後追いするつもりですっかり忘れていた特別帰化選手の話題。
 記事ではさらっと流されてますが、その中身もちょっと調べてみました。

 韓国代表として出場するのは130人になる予定。
 そのうちの19人が帰化選手。多いな。割合としては14%が帰化選手なのだそうです。

 アイスホッケー男子は7人。うち2名か3名はアジアリーグアイスホッケーの韓国チームに所属する選手のようです。逆にいえば残りは韓国に縁もゆかりもない選手。
 女子の4人は韓国系を帰化させた選手のみ。こちらは長野オリンピックの時の日本代表と似たような方針ですね。

 男子スキークロスカントリーはキム・マグナスというノルウェー&韓国ハーフの選手。
 女子フリースタイルスキーのイ・ミヒョンはアメリカに孤児輸出された選手で国籍回復。
 アイスダンスは男性選手が帰化。ペア、アイスダンスに関してはどちらかがやむなく帰化するというのはよくあるパターン。

 残りのバイアスロン(男女2名ずつ・ロシア)、リュージュ(女子・ドイツ)については韓国にまるで関係ない選手。

 まあ……「なりふり構っちゃいらんねえんだよ!」という声が聞こえてくるようです。
 これを機会に冬季種目が韓国で隆盛したり……しないだろうな。特にロシア、ドイツの選手については、平昌後にどれくらいまで韓国にいてくれるのか、ちょっと楽しみにしてます。

プラレール Uターンレール R-10
タカラトミー
2004/9/6

韓国メディア「メジャーリーグ殿堂入りに松井が挑戦、6票だった野茂の屈辱を晴らせるか?」……あれ、「韓国の英雄」は候補にすらなれなかったような……

「HOF候補選定」松井、野茂6票の屈辱洗うか(SPOTV.NEWS・朝鮮語)
ニューヨーク・ヤンキース出身の外野手松井秀喜が大リーグ殿堂入り候補に選ばれた。

全米野球記者協会(BBWAA)は21日(韓国時間)松井秀喜、チッパー・ジョーンズ、ジム・トーミ、オマルミスケルなどを含めて33人の殿堂入り候補を発表した。既存の14人に新たな候補19人が新たに含まれた。 (中略)

松井の通算成績は10シーズン175本塁打、打率2割8分2厘。「ニュージャージー州ドットコム」は、「松井は日本でスーパースターになった後、大リーグに進出して特有の勝負師気質に人々を導いてピンストライプが好みの選手となった。殿堂入り候補に名前を上げたのは、優れたキャリアが証明されたもの」と伝えた。

しかし、候補になった誰もが殿堂入りするというわけでもない。来年1月24日の投票日に、10年以上BBWAAに所属する記者たちの有効票のうち75%以上を得なければならない。また、投票数が有効票の5%未満にとどまる場合は、最初から候補資格を失う。5%が超える75%未満であっても、10年の間の候補資格が維持される。現在、14人が候補資格を維持している状況だ。

野茂は2014年の殿堂投票に付されたが、合計571票のうち6票しか得られず、1.1%にとどまって候補資格を失ってしまった。日本現地でも衝撃的なニュースに伝えられた。
(引用ここまで)

 いや、野茂も松井も殿堂入りの可能性はもとからゼロですけどね。
 メジャーの殿堂入りのハードルはとんでもなく高いのです。打者なら500本塁打以上か3000安打以上。投手なら200勝以上が水準。
 野茂も6票得られたっていうのは実は望外の成績だったりします。候補者として挙げられても、0票っていう候補もけっこういます。
 そもそも引退後5年してから候補者として挙げられるだけでけっこうな栄誉です。
 論より証拠で今年1月の投票がどうだったかというのを見てもらいましょうか。

HALL OF FAME CLASS OF 2017(National Baseball Hall of Fame)

 松井の同僚だったポサーダが17票、シェフィールドも59票。
 ナックルボーラーで200勝投手のティム・ウェイクフィールドでも1票。個人的にはトレバー・ホフマンが2年目でも届かないってのがちょっと衝撃でした。やっぱり先発投手の評価っていうのはまだまだ高いのだなと。
 123勝の野茂の6票が「望外」だったっていうのも分かってもらえるんじゃないでしょうか。

 で、これを韓国メディアが「6票しか投票のなかった野茂のリベンジを松井が果たせるか」みたいな伝えかたをしているのですが。
 「アメリカ殿堂入りの基準の厳しさ」を伝えるなら、野茂の6票よりも韓国の英雄であるパク・チャンホが殿堂入りの候補にすらなれなかったことを伝えるべきじゃないかと思うのですけどね。
 「野茂を押しのけて124勝のアジア人最多勝利を記録した」っていう、韓国の英雄であってですら殿堂入りの候補にも挙げられなかった、というほうが韓国人には分かりやすいと思いますよ?
 当時、けっこうな衝撃を持って伝えられていましたし。

米メディア「朴賛浩MLB殿堂入り候補除外は不当」(聯合ニュース)

 ごく一部ですが、アメリカメディアで殿堂投票関連ニュースの一部で「候補にもパク・チャンホいないんだ?」くらいの段落があったのをこんな感じに大きく伝えていたほどでした。
 ネチズンコメントも464件。わりと大きなニュースだったのですけど、忘れちゃったのかなー?

 パク・チャンホは韓国では本当に圧倒的な英雄でした。登板日は街が止まるっていわれてたくらい。
 なので、「野茂よりも低い扱いをされた」ことは忘れたい思い出なのでしょうね。
 野茂の6票が屈辱だったら、パク・チャンホの候補者除外はなんなんだよっていう。

ペドロ・マルティネスですら得票率91.1%なんだもんなー
ペドロ・マルティネス自伝
ペトロ・マルチネス / マイケル・シルバーマン
東洋館出版社
2017/7/10

韓国メディア「盛り上がらない平昌五輪に客を呼ぶ方法を考えた!」 → ああ、それ言っちゃダメなやつ……

韓経:【コラム】平昌五輪を憂えて(中央日報)
尻に火がついた。開幕まで80日余りというのにチケットの前売り率は33.5%に過ぎない。五輪の場合、直前になってから買う傾向があるという説明だが、飛行機はもちろん宿泊先まで予約しなければならない外国人の事情を考えれば説得力が劣る話だ。入場券107万枚の中で中国人が買ったのは3000枚程度〔都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官〕だ。

3度の挑戦の末に2011年7月に誘致が決定して以来、平昌五輪は韓国の経済的再跳躍に多いに役立つものと期待された。今後10年間32兆2000億ウォン(約3兆2200億円)の経済的効果〔李煕範(イ・ヒボム)平昌五輪組織委員長〕をもたらすだろうというバラ色の展望も出てきた。しかし、大前提はまさに興行の成功だ。世界各国からの観客でぎっしり埋まらなければ競技場の熱気はもちろん、中継放送の質も落ちるほかない。世界各国の観客がとにかくたくさん来なければならない。外国人が競技も見て、近隣の観光地も見て回って、ショッピングして韓国商品を買わなければならない。それでこそ純然なドル収入が入るのだ。 (中略)

今からでもグローバル・マーケティング的アプローチが必要だ。何より重要なのはこれを顧客の観点から見ることだ。私たちが売りたいものではなく、買いたがる顧客の観点で見た時、新しい突破口が出てくる可能性がある。
(引用ここまで・太字引用者)

 韓国経済新聞が平昌冬季オリンピックに対して警鐘を鳴らしはじめました。

 開幕まで80日。いまだに前売チケットは30%台しか売れていない。
    ↓
 韓国政府はユーザーの「なにが欲しいのか」という視線から見直す必要がある。

 ほうほう、なるほど。
 確かに平昌オリンピックにはそういう視点こそが必要とされているのかもしれませんね。
 韓国での関心がいまひとつ盛り上がらない。
 というのも日本で感じるよりも、遙かに「チェ・スンシルによって食い物にされた」という印象が韓国において大きいことが原因だとされています。

 ほら、なにしろいまは「ろうそく革命」によって成立した政権ですから。
 それ以前の政権によって為されたことはアンタッチャブルなのです。特にチェ・スンシル関連は。
 韓国のNTTドコモにあたるKTのオリンピックをサポートしますという垂れ幕が、ろうそくデモの主会場であった光化門側からは撤去された……というのもそういう部分があったのかもしれませんね。

 さて、その「顧客視点」から平昌オリンピックを盛り上げる方法が韓国経済新聞から提唱されます。
平昌、一歩進んで韓国で世界の人々が買いたいものの中で最も代表的なのは、まさに韓流である。その中でも若い韓流スターに対する関心が何より高い。今でも数多くの若い韓流ファンが韓流スターの歌を理解するために韓国語を学び、また、彼らのライフスタイルを体験するために韓国旅行を夢見る。この需要を平昌に連結すれば問題は意外に容易になることができる。

昨年10月に忠清南道(チュンチョンナムド)の鶏龍(ケリョン)大学で開かれた陸軍行事「地上軍フェスティバル」を例に挙げよう。軍隊の各種装備と示範が果たして日本などの外国人にとって何の魅力になるだろうか。ところが、当時鶏龍市と儒城(ユソン)一帯の宿泊施設は数日前から満室になった。当時軍服務中でこの行事の司会を務めた韓流スター、イ・スンギのためだった。韓流ファンにとっては行事が重要なのではなく一般公演よりもっと近くで自分が憧れるスターに会えるということが途方もない価値だった。

平昌五輪こそが過去20年間余り韓国で広まった「韓流革命」の花になることができる。主管部署が文教体育部で開幕・閉幕式を韓流革命の主役である宋承桓(ソン・スンファン)総監督が導いている構造だからこそ最善の組み合わせだ。

種目ごとに韓流スターを広報大使に委嘱し、彼らが五輪に参加することができるようにすれば平昌五輪の価値は完全に新しくなる。世界各国の韓流ファンが韓国と平昌を訪れることができる名分ときっかけを作ろうということだ。もう一度誘致するためには何年かかるかもわからない冬季五輪への懸念から出た話だ。
(引用ここまで)

 ……韓流スターを広報大使、それも種目ごとに任命して客寄せパンダにすればいいんですって!
 すごいや、韓国経済新聞。これは誰にもできない発想だね!

 まあ、実際のところ、確実な手段ではあると思いますけどね。
 日本で開催されるバレーボール大会を見れば会場を満員にするにはいい手段であるのは間違いないでしょう。
 逆説的にいえば「もはや手段を問うている場合ではない」という状況なのがよく分かります。
 スポーツに関係なくてもなんでももうすでに「客を入れたもんが正義や! 勝ちなんや!」という状況。
 手段と目的が逆転していようがなんであろうが構わない。
 なにしろ年が明けたら一ヶ月後にはオリンピックが否応なしに来てしまうのですから。

 客寄せパンダでもなんでも使わないと無理なところにまで追いやってしまったというか。
 競技者としてキム・ヨナでもいたら多少は違っていたのでしょうけどね。
 ま、日本は日本でがんばるので、韓国は韓国でがんばって。もしかしたら、韓国人は東京オリンピックに来ることはできないかもしれませんけども。
 韓流スター、いいじゃないですか?
 がんばってくださいね(棒読み)。

超人気!北海道産マスカルポーネチーズ使用☆濃厚ティラミス・ファミリーサイズ(240g)
パティスリー KIWAMI-DO
2016/10/2

韓国メディア「昨日の日韓戦、真の勝利者はワイルドカードを使わなかった韓国代表だ!」

「痛恨の敗北?」本当の勝者は日本ではなく、ソン・ドンヨルである(ノーカットニュース・朝鮮語)
本当に惜しかった。戦いに勝ったが、惜しくも勝利を渡した。宿命のライバル対決であることを勘案すれば、深いため息が出るほどの勝負だった。

しかし、頭を下げる必要はない。客観的に劣勢だった戦力差を考慮すると、敵を倒す直前まで行き、延長接戦を繰り広げただけでも拍手を受ける必要があった。一度の敗北は、今後、より大きな試合で勝利のための基礎として十分だった。 (中略)

敗北は残念ながら成果は少なくなかった。何よりも日本と戦えるという自信を得た。もちろん勝ったら、その効果はさらに増しただろうが、1点差、それも延長負けは若い選手たちには、より貴重な経験になることだろう。

当初APBCは24歳以下又は入団3年以下のプロ選手が出る大会だ。ただし経歴・年齢に関係なく、選抜できる3人のワイルドカード(WC)があった。しかし、韓国代表チームは日本とは異なり、WCを使わなかった。 (中略)

宣監督は「2020年の東京オリンピックが東京ドームで開かれるこの球場を経験した若い選手がほとんどいなかった」とし「だからいっそWCより若い選手を連れて行って、東京ドームを経験するのがよいのではないかと思う」と語った。結局、宣監督は今回の大会にベテランを連れて行かなかった。 (中略)

日本のWCはこの日勝敗に大きな影響を及ぼした。山川は1-4でリードされた6回2点本塁打を放ち、追撃の足場を用意した。勝負に仮定は無意味であるが、日本のWCによるホームランがなかったら、韓国が勝利する可能性が高かったことも事実である。 (中略)

今回の大会は目標ではなくプロセスである。代表チームが本当に集中して眺めるのは、来年のアジア大会と2019年のプレミア12、2020年の東京オリンピックである。WCがなくても、日本をこの程度進めただけでも、代表に与える効果は大きい。「君たちはWCがあってこそ勝つことができたのだろう?」という心理的な優位性を得るに値する。特にプレミア12やオリンピックでは、この記憶は大きく作用することができる。(中略)

韓国は負けたが、その敗北には収穫が多かった。特にこの日の敗北は、選手たちに歯ぎしりする闘志を育て与えてくれたはず。APBC開幕戦の真の勝者は、おそらく日本ではなく宣監督率いる韓国野球かもしれない。
(引用ここまで)

 昨日、アジアプロ野球チャンピオンシップ2017という大会が開幕しまして、日本−韓国戦がありました。
 4-3で負けてた最終回、1死から押し出しで追いついたのですが、勝ち越しはできずに延長タイブレークで7-8xのサヨナラ勝利。

 さて、今回の大会はU-24(もしくは入団3年目)までの選手+3人のワイルドカードという編成がとられていまして。
 若手のアピールの場としての意味もあるのですね。
 で、日本、台湾はワイルドカードを使っているのですが、韓国はワイルドカードを使わなかった。
 将来に再戦があったときに「我々はワイルドカードを使わなかったのに1点差だった」という精神的勝利ができるので実質的勝利だったそうですよ(笑)。

 でも、フル代表戦だったらワイルドカードとか関係ない。
 U-24だけの大会が他にあるわけでもない。
 もちろん、東京オリンピックはフル代表戦ですし、その翌年にあるWBCもフル代表戦。オリンピック予選も兼ねるであろうプレミア12もフル代表。
 その「心理的優位性」はどこで使うんでしょうかね……。

 今日は台湾−韓国戦。明日は台湾−日本戦で日曜日に上位2カ国による決勝戦。いずれも東京ドーム。
 昨日、韓国代表はブルペンから6人を投入していてけっこうな消耗度合いのまま台湾戦を迎えるわけですね。日本も7人を投入していますが、中1日の休養日があります。

 ふーむ、真の開幕戦勝者は韓国代表……ね。

阿Q正伝 ─まんがで読破─
魯迅 / バラエティ・アートワークス
イースト・プレス
2009/4/1

平昌オリンピックプラザ、やはりこの世の地獄の模様。ここで吹きっさらしで夜に4時間……か

強風、大勢の観客移動で揺れる開会式スタジアム 大統領府も舌打ちする不手際…(産経新聞)
一部を撤去しやすいように建てられたスタジアムは安全問題が懸念されていると中央日報は報じる。現場労働者の話として「大会後、撤去しやすいようにアルミ構造物で建設している」と伝えている。

 この話を裏付けるように、ノーカットニュースは撤去しやすいように一時的に建てられたため、「強い風が吹いたり、多くの観客が一斉に移動すると、はっきり感じられる揺れが起こる」と報じた。さらに、9月に施設を視察した大統領府の関係者は「『どうしてこんな不十分な準備をしたのか不思議だ』と舌打ちした」と伝えた。

 この“揺れ”報道に対し、大統領府と安全管理公団はそれぞれ2度の点検を実施し「安全に問題はない」と結論づけた。国民の不安を払拭するために最大入場人員の70%の2万8000人をスタジアムに招き、国民自らの目で安全を確認してもらう方針だという。

問題点はほかにもある。スタジアムには屋根と外壁がなく、観客は酷寒への対応も必要だ。中央日報によると、12年からの5年間で開会式が開催される2月9日の平均気温は氷点下8.3度。13年には同20.3度を記録したという。なのに、平昌組織委の関係者は「観客のほとんどが膝かけ毛布と湯たんぽに頼って4時間以上震えることになる。適当な対策がなく、心配が山積だ」と懸念している。さらにトイレも不足。中央日報が確認したところ、観客3万5000人が入場する会場でトイレは10個だけだったという。
(引用ここまで)

 今月2日に掲載された記事の再掲。産経はけっこうこういうパターンをやってくれて「あれ、これ前に見たな」ということがありがちなのですけども。
 今回は割とありがたい。
 この記事が出た後、4日にこけら落としのK-Popコンサートがあって、低体温症を起こした人が入院したというわけですね。
 いろいろとこちらのほうが「開閉会式場」としての情報がまとまっていて分かりやすいので、リンクしておきましょう。

 要するに撤去が予定されている部分は撤去を優先しているためにアルミ骨組みの安普請。
 しかも、設置されている場所はこんな場所。



 オリンピックスタジアムとオリンピックプラザが別途あるんですが、まあ場所としてはほぼ同じ。
 平野部にぽつりとあってまるっきり吹きっさらしなのが分かるかと思います。
 そして緯度は仙台と同程度。
 つまり、宮城球場……じゃなくて、えーっとKoboパーク宮城で野球が2月上旬に開幕して、壁もなにもない最高に風の通りやすい状態で観戦しなくちゃいけないってところですか。

 あれか、拷問か。
 ちなみに使い捨てカイロは零下になると化学反応を起こせなくなって暖かくなりません。
 平昌オリンピックプラザの収容人数は3万5千人。それなのに現状でトイレ10個。
 うむ、取材しないという決断は正しかった気がします。

狼の口 ヴォルフスムント 1巻 (HARTA COMIX)
久慈 光久
KADOKAWA / エンターブレイン

2011/7/21

平昌五輪の開閉会式場が完成! 記念コンサートだ → 観客が低体温症で病院搬送……本番はさらに極寒の予定……

平昌コンサートで低体温症 本番は寒さが課題 組織委「対策進める」(産経新聞)
屋根のない平昌開・閉会式場で低体温の患者... 寒波対策に穴(ニューシス・朝鮮語)
 平昌冬季五輪の大会組織委員会は6日、開閉会式会場となる平昌五輪スタジアムで4日夜に開かれたコンサートで、観客5人が軽度の低体温症で病院に搬送されていたことを明らかにした。スタジアムには屋根がなく、外壁の隙間から風が吹き込む構造になっている。寒さがより厳しくなる2月の五輪に向け、ソウルで取材に応じた李煕範会長は「(外壁に)風を遮断する幕を設置するなど、対策を進める」と述べた。

 組織委などによるとコンサート開催時の気温は最低で2度程度だったが、冷たい風のため、体感気温は氷点下だったとみられる。日中を含めた2月の平均気温は氷点下4・5度で、午後8時に始まる開閉会式では寒さへの対応が不可欠となる。
(引用ここまで)

 まだ11月頭でも低体温症を起こしてバタバタ倒れる状況。
 本番の2月は氷点下は確実。開会式は夜8時からでマイナス10度突破もありえるという土地柄。
 というか、そもそもそういう状況は想定されていて半年前に報道までされているのに対策なしで長時間のコンサートとかやっちゃったっていう。
 さすが人命軽視の特亜3カ国、核実験場でもオリンピックの開閉会式場でも似たようなことやってますね……という感じで締めようかと思っていたのですが。

 ……ああ、違うな。
 これは「考えなしにコンサートを開いた」んじゃないや。
 モルモットとして、とりあえず氷点下にならない状況下ではどうなるかという実験だわ。
 K-POPのコンサートだったら観客は体力のある若者中心。
 この時期であればなにかあっても死者までは出ないだろうという想定で、まず大観衆を入れたらどうなるかのテストパターンです。

 で、実際に低体温症の患者が出て「ほら、対策が必要でしょ?」となってみたわけです。
 ちなみに2月の本番では体感気温はマイナス20度になるであろうと想定されています。

みんなが知りたい南極・北極の疑問50 南極点の標識が毎日移動しているって?南極の地下にある地底湖の正体とは? (サイエンス・アイ新書)
神沼 克伊
SBクリエイティブ
2010/10/18

平昌冬季オリンピックまであと100日 → チケット売上は約30%……そうだ、日本に頼ろう!

【社説】聖火奉送始まった平昌五輪、情熱・好奇心に火を付けなくては(中央日報)
韓国首相、日本に「キム・ヨナ−浅田真央のガラショー」提案(中央日報)
平昌五輪入場券は10月末現在で全体の30%しか売れていないという。ところで最近中央選挙管理委員会が「自治体や各教育庁が8万ウォン以下の競技場入場券を住民に提供する場合公職選挙法違反とはみない」という解釈を出した。国民権益委員会もやはり「五輪公式後援企業が団体購入した入場券の場合、5万ウォン以下ならば不正請託と金品授受禁止法に抵触しない」という有権解釈を出した。五輪チケット団体購入の道が開かれた形だ。チケットを持っていても競技場に来ない「ノーショー」の客をどれだけ減らすかが大会興行のカギだ。
(引用ここまで)
韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相が24日、日本オリンピック委員会の竹田恆和委員長と会い、世界的なフィギュアスケート選手で現在は引退したキム・ヨナと日本の浅田真央の「平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)ガラショー」を提案した。

李首相はこの日、ギリシャ・オリンピアで行った武田委員長との面談で、安倍晋三首相夫妻の出席も呼びかけながら「キム・ヨナと浅田真央が平昌五輪に参加してガラショーをしてみてはどうだろう」と提案した。竹田委員長は具体的な返事を控えたまま笑顔で返答した。

李首相は「両国が2002年の成功的なワールドカップ共同開催の経験をうまく活かして2018平昌冬季五輪と2020東京夏季五輪期間中に両国国民の相互訪問を奨励しよう」と要請した。

竹田委員長は「平昌冬季五輪の成功を確信している。可能な限りのあらゆる支援をしていきたい。2002年ワールドカップの協力精神を活かして、平昌五輪が成功することを期待し、協力していきたい」と約束した。
(引用ここまで)

 平昌冬季オリンピック開会日まであと100日となりました。
 相変わらず盛り上がっていません。

 8月末の世論調査で「チケットを買って見に行きたい」と答えた韓国人は8.7%。
 9月には中国人が買ってくれるんじゃない?→なんで俺たちが!?というような記事も出てましたね。
 思えば6月に韓国の国会議長が来日した時点で「日本人が平昌に来ないなら韓国人は1人も東京オリンピックを見に行かせない!」という誰も損をしない話をしていましたっけ。
 もうあの時点で相当な焦燥感があったのでしょう。
 チケット売り上げが100日前の現時点で全体の30%。

 もはや地方自治体からのチケットばらまきもOKとお墨付き。
 そして韓国の首相は「キム・ヨナと浅田真央がガラショー(記念のショーとかそういう意味)をしてみてはどうか」と提案してきたと。
 日本のメリットゼロじゃないですか。
 平昌に出せる日本のアスリートはいろいろいますが、東京にこれる韓国のアスリートって誰よ。
 アーチェリーの選手とか来てもらっても困るんですよね。

 平昌冬季オリンピックは大多数の日本人からしてみたらフィギュアスケートとスピードスケートくらいしか見に行く価値のある競技はない。
 滑降の競技場はイージーモード、花形のアイスホッケーはNHL所属選手は出場なし
 体感気温マイナス20度の開会式場で凍死寸前になるのもいやな話ですし。

 それでも開催そのものはちゃんとできると思うのですよ。ところどころ、笑い話になりそうなぐだぐだ感を出しつつも。
 ただただ、選手が競技で大けがをしたり、それ以上の事態が起きないことを祈るばっかりです。

断る力 (文春新書)
勝間和代
文藝春秋
2009/2/20

「韓国のメッシ」がセリエAで出場機会がないのはイタリアの差別だ!

2試合ベンチのイ・スンウ、22日キエーヴォ戦に出場なるか…注目(WoW! Korea)
 イ・スンウは8月末、セリエAの昇格チーム=エラス・ヴェローナFCに移籍した。ファンの期待は高まったが、現在まで1試合のみ出場。第6節のラツィオ戦で後半に交代投入され、チーム内最高の評点を獲得するなど、成功的なデビュー戦となったが、それ以降は出番がない。

 練習試合で3アシストを決めるなど、存在感は示しているイ・スンウ。ファンの間では「監督ではなく、クラブ側が望んで連れて来た選手のため、なかなか出場機会が与えられないのでは」、「イタリア特有の東洋人差別情緒が関係しているようだ」などの分析が提起される一方、「まだ、コンディションが十分とはいえない」、「あと少し、見守るべき」などの反応もみられる。

 ファンの期待を一身に背負う”韓国サッカー期待の星”イ・スンウが、”ヴェローナダービー”に出場し、これまでの心配を吹き飛ばしてくれるか、注目が集まる。
(引用ここまで・太字引用者)

 20日の記事ですね。
 実際の22日の第9節にはイ・スンウは出場しています。78分からの12分出場。得点なし。試合は見ていないので、なんともいえません。
 で、太字部分の「分析」ですが。

 イタリアにかぎらず欧米には明白に東洋人、黒人への差別心がありますよ。
 ぱっと見、すんごい人のよさそうなご婦人であっても、「I hate you!!」くらいのことは普通に言います。
 ですが、サッカーの試合には実力があれば出られるのですよ。
 実際に長友は今季、インテルが左サイドバックを強化していますがレギュラーを勝ち取ってます。インテルは今節までで暫定首位。
 前節のナポリとのアウェイでの首位決戦ではスタメンフル出場、スコアレスドローにだいぶ役立ってましたわ。さっきまでやってたサンプドリア戦でも84分まで出場してました。

 お、インテルの次節はイ・スンウのヴェローナとの試合ですね。イ・スンウは左のウインガーらしいので長友とのマッチアップはなさそうですね。
 ……まあそれ以前にマッチアップというか顔合わせ自体がないような気がしますが。

 イタリア進出の開拓者であったアン・ジョンファンが全然試合に出られなかったことが影響しているんですかね。
 アン・ジョンファンもけっきょくはイ・スンウと同じだっただけです。

ふるさと納税しないとなー。

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ