楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

北朝鮮関連

 相互RSS募集中です

ムン・ジェイン「北朝鮮の核はブラフ。キム・ジョンウンは心の底では対話を求めているのですよ」……ダメだこりゃ

軍事演習中止なら核実験凍結 北朝鮮大使発言に「関連ない」=韓国(聯合ニュース)
【社説】北朝鮮に対する認識があまりにも甘い文大統領(朝鮮日報)
韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は22日の定例会見で、北朝鮮のケ・チュンヨン駐インド大使が同国のテレビ局とのインタビューで、韓米合同軍事演習を中止すれば核・ミサイル発射実験を中止できると発言したことについて、「核実験は国連安全保障理事会決議など国際規範に反する不法行為で、北の脅威に対応する目的の合法的な自衛的軍事訓練と関連付けられる事案ではない」と述べた。 (中略)

 ケ氏は「一定の状況で核とミサイル実験の凍結条件を議論する意思がある」として、「例えば、米国側が暫定的であれ恒久的であれ大規模な軍事訓練を中止すれば、われわれも(核とミサイル発射実験を)暫定的に中止することが可能だ」と述べていた。
(引用ここまで)
 韓米首脳会談を1週間後に控え、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は複数の米国メディアとのインタビューに応じ、北朝鮮の核とミサイルに対する基本的な考え方を明らかにしている。それは要約して言えば「核廃棄を目標とはするものの、まずは核とミサイルの凍結を前提条件に対話を始める」というもので、「凍結を入り口、廃棄を出口」とするいわば2段階の解決策だ。文大統領はトランプ大統領との首脳会談でこの問題について意見を交換する意向を何度も語っており、またそのたびに「トランプ大統領の考えにも近い」と強調している。韓米両国は首脳会談に先立ちすでに事前の調整作業を進めているが、おそらく核問題の解決策とTHAAD(米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」)などの問題では、すでに表面化している韓米間の意見の違いを首脳会談では何としても表に出さないようにするだろう。もしそれもできないようなら、韓米間の摩擦は本当に深刻なレベルにあると言わざるを得ない。 (中略)

 例えば文大統領は米CBS放送とのインタビューでも「対話優先」の基本的な考えを表明している。文大統領は「金正恩氏は核とミサイルでうそをついているが、(自分たちの安全に対する保証を)強く願っているのだろう」との見方を示した。過去にも北朝鮮の核とミサイル開発を「行き過ぎた見方」とする指摘は根強く存在した。つまり「北朝鮮にはそのような実力もないし、あったとしても脅迫用にすぎない」という考え方だ。このような考えに基づけば、北朝鮮に「政権と体制の保証」といった適当な見返りさえ与えれば、核開発を放棄するとの結論につながる。しかし今やこのような考えを持つのは韓国の太陽政策(宥和〈ゆうわ〉政策)論者以外にはいないだろう。 (中略)

 文大統領が本当に「北朝鮮は核とミサイルでうそをついている」と認識しているのであれば、その現状認識はあまりにも甘いと言わざるを得ない。米国政府と議会が「最も緊急かつ危険な脅威」との見方を示している問題を、韓国が「うそ」と考えているとすれば、これは言葉のミスというにはあまりにも考え方の隔たりが大きい。
(引用ここまで)

 北朝鮮からも揺さぶりにきてますね。
 「アメリカが(北朝鮮に対して脅威を見せつけている)米韓軍事合同演習をやめるのであれば、核とミサイル発射実験を暫定的に中止することができる」という話題を駐インド大使がしてきたと。
 太陽政策を金大中、ノ・ムヒョンから引き継いでいるであろうムン・ジェインにとっては対話の糸口をとにかく探りたいはずだと北朝鮮から見られているということです。

 さすがにこの口車に乗るようなことはなかったようですが。
 でも、ムン・ジェインの基本方針は「対話優先」であることに間違いはないのです。なにしろ「核実験・ミサイル発射を『凍結』すれば無条件でに対話する」と大統領本人が述べ、大統領府外交・安保特別補佐官はアメリカでそれに上乗せして「アメリカは核廃棄が条件だというが、米韓が歩調を合わせる必要などない」と断言しているのですからね。
 さらにムン・ジェインは「北朝鮮の核とミサイルはうそに過ぎない」とCBSとのインタビューで答えたとのことですが、なんとなくしっくりこなかったので原文をチェックしてみました。

Top 5 takeaways from S. Korean president's interview with Norah O'Donnell(CBSニュース・英語)
 So there is a possibility that Kim Jong Un continues to make the bluff with his nuclear weapons programs. But deep inside he is actually yearning or wanting dialogue.
(引用ここまで)

 「キム・ジョンウンは核兵器でブラフをかけているが、彼は心の内では対話を心底求めているのです」ってところですかね。
 ……。
 …………。
 ……うむ、ダメだこりゃ。

 そこ以外のインタビューも読んでみましたが、これは甘ったるい。
 スタバのバターミルクビスケットをトーストして、なおかつ生クリームを乗せたくらいに甘ったるい。
 これまでもいくつかの公約や発言から分かっていたことではありますが、肉声になるとなおのことムン・ジェインに現実把握能力に欠けていることがよく分かってしまうなぁ。
 北朝鮮を脅威であるとは毫ほども感じていないってところです。
 武藤正敏元駐韓大使は「ムン・ジェインは北朝鮮のことしか頭になかった」と書いていましたが、まさにそんな感じ。
 いや、ホントにダメだわ。あとでワシントンポストでのインタビューもチェックしなければ……。

Kindleで買ったので読んでみます。
韓国人に生まれなくてよかった
武藤正敏
悟空出版
2017/6/1


あとこちらも買ってきたので読みましょうかね。
韓国新大統領 文在寅とは何者か
澤田克己
祥伝社
2017/6/7

北朝鮮に収監されていた米学生死亡でアメリカが戦争の大義名分ゲット、同時にトランプは「北朝鮮問題で中国の努力は効果がなかった」とツイート……

トランプ大統領「北朝鮮問題解決に習近平主席の努力は効果がなかった」(中央日報)
米学生死亡:米国で高まる「北への報復論」(朝鮮日報)
トランプ大統領は20日、ツイッターに「北朝鮮問題と関連して習近平中国国家主席と中国の努力を非常にありがたく考えるが、そうした努力は受け入れられなかった」と書いた。続けて「少なくとも中国が努力したということはわかる」と付け加えた。

140字の短い文面だが北朝鮮に抑留され帰還してから6日後に死亡したオットー・ワームビア氏(22)のショックが米国を強打した中で出てきた発言という点で注目される。これに先立ちトランプ大統領はワームビア氏を死に至らしめた北朝鮮の責任をより強く非難し、「残酷な政権」と規定した。

この日の発言はトランプ政権発足後初めて21日にワシントンDCで開かれる米中外交安保対話を翌日控えて出てきたものだ。CNNはトランプ大統領の発言が北朝鮮の核問題解決に向けた対中圧迫をさらに強化するという意味であったり、さらにはこれ以上中国に依存しないで独自の解決策を模索すると示唆したものと解釈できると分析した。
(引用ここまで)
 北朝鮮に1年5か月にわたり拘束され、今月13日(現地時間)に昏睡状態で解放され帰国した米国人大学生、オットー・ワームビアさん(22)が、帰国から6日後の19日に死亡した。トランプ大統領は同日「残酷な北朝鮮政権を糾弾する。オットーさんの不幸な運命は(北朝鮮)政権が犯した悲劇」と声明を発表した。マケイン米上院軍事委員長も「米国市民のワームビアさんが金正恩(キム・ジョンウン)政権に殺害された」と強く非難した。

 ワームビアさんの死に対し米国国内で怒りの世論が高まっているため、今月末に予定されている韓米首脳会談では米国が対北朝鮮制裁強化を主要議題として扱うとの見方が出ている。 (中略)

ティラーソン国務長官は同日「残りの3人の米国人を釈放するよう求める予定」と述べた。
(引用ここまで)

 いま、アメリカがもっとも得がたいものはなにか。
 それは戦争の大義名分です。
 イラク戦争で「大量破壊兵器を隠し持っているイラクを叩かなくてはならない!」ってアレをやってしまったもので、戦争しづらい状況になっています。
 できたとしてもトマホーク巡航ミサイルによる空爆がいいところ。
 北朝鮮は核開発・ミサイル実験を繰り返していることから大量破壊兵器を所有していることは間違いありませんが、2回続けて同じ名分を使うのは難しい。
 しかも、1回前のそれはいろいろ大失敗に終わっている。

 それでも北朝鮮はどうにかしなくちゃいけないというというわけで、中国に協力を依頼してみたりしたのですが。
 どうもそれもうまく行っていない模様。「100日の期限」にはまだ時間があるものの次の手を考える必要があったのは間違いないところ。

 そこに飛びこんできたのが、オットー・ワームビア氏が意識不明の状況で釈放され、その6日後に亡くなったという今回の事件。
 アメリカからしてみたらカモがネギしょって麺汁持って、麺棒抱えてやってきたようなものです。
 さらにまだ数人のアメリカ人が北朝鮮に捕らわれていることがクローズアップされました。
 「自国民の保護のため」という口上は、古今の戦争へ突入する理由ランキングで不動の1位。
 それができないのであれば国家の体を為していないと国民から突き上げられるのです。

 逆にいえばなんで北朝鮮はそんなものを提供したのか。
 収監していたのだから「囚人として教化を行っている」って言い訳で10年以上、ずるずると時間をかけることもできたはずなのですけどね。

 「習近平の努力は効果がなかった」というツイートは、イコールで「もう北朝鮮問題で中国の協力は必要ない」という宣言に他ならないわけで。
 時計の針が大きく進んだように思えます。

北朝鮮とのケンカのしかた (祥伝社文庫)
豊田有恒
祥伝社
2003/4/20

ムン・ジェイン政権が「我々はなによりも北朝鮮融和姿勢を優先する」と宣言……国連もアメリカも敵に回す模様

文在寅氏「挑発中断するなら無条件に対話」融和姿勢さらに鮮明に 南北首脳会談記念式典で(産経新聞)
統一部長官候補者「開城工業団地、再開すべき」(中央日報)
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、2000年の当時の金大中(キム・デジュン)大統領と北朝鮮の金正日(ジョンイル)総書記の初の南北首脳会談を記念した式典で演説し、「北朝鮮が核とミサイルの追加挑発を中断するなら、北朝鮮と条件なしに対話に出ることを明言する」と語った。対北融和姿勢をさらに鮮明にした形だ。

 北朝鮮が核放棄によってこれまでの南北間の合意を履行する意思を示せば「積極的に手助けする」と指摘。「ひざを交え、これまでの合意をどうやって履行するか協議する意思がある」ともし、「米朝関係の正常化まで包括的に論議することもできる」と強調した。

 文氏の対話への前のめり姿勢は、現在は対話の状況にないとして制裁を強めるトランプ米政権との足並みを乱す恐れもありそうだ。
(引用ここまで)
13日、統一部長官候補者に指名された趙明均元統一外交安保政策秘書官が開城(ケソン)工業団地の再開への意思を表明した。

趙氏はこの日、記者会見で「南北関係は複雑な方程式のようだったが、過去10年間、さらに複雑になった」とし「南北関係の改善、平和な韓半島(朝鮮半島)の実現に向けて最善を尽くしたい」と述べた。また、「新政府に入り南北関係が解消されるかどうかを直ちに評価する状況ではない」としつつも「開城工業団地は再び再開すべきだ」とした。開城工業団地の発足当時、開城工業団地事業支援団長を担当していた彼は「具体的な事項を詳細に把握して(開城工業団地の再開について)話す」ともした。このような発言は「開城工業団地の再開は国連安保理決議違反」(コリー・ガードナー上院外交委員会アジア太平洋小委員会委員長)という国際社会の見方とかけ離れている。趙候補者は南北首脳会談に対しては「具体的に話すのは難しいが、必要であれば南北関係を解決するために推進していくことができる問題」と話した。
(引用ここまで)

 ふーむ。
 ムン・ジェインの北朝鮮傾倒がなおのこと見えてきましたね。
 馬脚を現すのはもうちょっと遅くからかと思っていたのですが、就任1ヶ月ちょいでバンバンきてます。
 まず、ムン・ジェイン本人が「北朝鮮が核開発とミサイルの追加発射を中断するのであれば、北朝鮮と条件なしに対話することを明言する」と宣言。
 これ、以前もやっているのですよ。しかもアメリカに対して。

 先月、韓国から米中日に対して特使が派遣されましたが、その際にアメリカに派遣された特使は「アメリカも核開発とミサイル実験の中止が対話の前提条件であると言っている」とやってしまったのですよ。
 で、それに対してアメリカはVoice of Americaで「そんなことは言っていない。対話条件は中止ではなく、非核化と大量破壊兵器の廃棄のみだ」って反論されたのです。

【コラム】文大統領特使の発言に噛みついた米国務省(朝鮮日報)

 で、さらに与党議員が訪米して「アメリカは北朝鮮との対話を望んでいる」と、韓国のマスコミに言ってしまったと。その際にもVOAで「アメリカは北朝鮮に対してすべてのオプションをテーブルに乗せている」って言われてしまったというね。
 ついでにこの与党議員はアメリカ側に「開城工業団地と金剛山観光の再開が必要になる」とも宣言したそうですよ。 
 アメリカは中国に対しても飴を用いて対北朝鮮への圧力をかけてくれってお願いしている状況であるにも関わらず、核開発、ミサイル開発の源泉となる外貨収入への道を韓国が開こうとしている。
 軍事同盟を結んでいるはずの国が、ですよ。

 で、さらに統一部長官まで同じことを言い出してきた。
  「開城工業団地を再開すべきである」と。……もうね。まあ、変に引っ張って「あれ、現実も見えているのかな?」みたいな期待をする必要がないという意味では楽な相手ではありますが。
 「対北朝鮮をなによりも優先する」という基本ステータスが丸見えですし、事前からあるていど分かっていたことですが。
 いやー、それにしてもなー。

まんまこれ
赤い韓国 危機を招く半島の真実 (産経セレクト)
櫻井よしこ / 呉善花
産経新聞出版
2017/5/9

トランプ大統領の「朝鮮半島に2隻の原潜を派遣した」というセリフが意味するものとは?

原子力潜水艦の朝鮮半島沖派遣、トランプ氏が比大統領に漏らす=米紙(ロイター)
米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ大統領がフィリピンのドゥテルテ大統領に対し、原子力潜水艦二隻を朝鮮半島沖に派遣したという情報を漏らしていたと報じた。

4月29日に行われた電話会談の要旨として同紙が報じたところでは、トランプ氏は「(朝鮮半島沖に)原子力潜水艦二隻を配置している。使用したいわけではないが」などとドゥテルテ氏に話した。
(引用ここまで)

 おや、ミシガン以外にも改オハイオ級を派遣していたということですか。
 一部では機密の暴露という話にもなっていますが、巡航ミサイル原潜は姿を見せてなんぼという部分があります。戦略ミサイル原潜とは性格を異にしたものなのです。

 以前も書いたように、改オハイオ級はトマホークを最大で154発搭載できるお化け原潜です。
 戦略核ミサイルは核攻撃をされたら、世界の海のどこからでも同等以上の反撃ができるという「反撃力」を主眼としている兵器です。ですから、どこにいるかを明かすことはそれほどしません。
 かわぐちかいじの沈黙の艦隊はその反撃力をやまとが国連に委託する、という話でしたね。

 一方で巡航ミサイルのトマホークは気軽に使える兵器なのです。米中会談中にシリアにぶっ放したように、現代戦の空爆における主力兵器です。
 改オハイオ級が朝鮮半島周辺に2隻いるとしたら、それだけでトマホークが300発以上。
 もちろん、その他にもミサイル駆逐艦から発射されるものもあるでしょうけども。そういう意味で改オハイオ級は、北朝鮮空爆があるとしたら主力兵器とすらいえる存在なのです。

 というわけで、「この海域に改オハイオ級がおるで!」というアピールだけでも強大な圧力になるのですよ。
 いつでもトマホークをお届けできる、ということなのですね。
 なのでトランプもあえてリークされることを前提にして話したのではないか……というのは買いかぶりすぎかもしれませんけども。
 まあ、実際にそういう意図があってもまったくおかしくないということではあります。

名作ではありますよ。
[まとめ買い] 沈黙の艦隊(モーニングコミックス)
かわぐちかいじ
講談社

米中会談で習近平「北への圧力は100日の猶予が欲しい」→約50日経過→3回目のミサイル実験……圧力効いてる?

北朝鮮対応「100日猶予を」 中国・習主席、米に要求(朝日新聞)
米原子力空母2隻が東海へ…6月上旬にも韓半島海域で合同訓練(中央日報)
 北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり、中国の習近平(シーチンピン)国家主席が4月初旬のトランプ米大統領との会談で、米国が北朝鮮に対して具体的な行動をとるまでの猶予期間として「100日間」を求めていたことがわかった。(中略)ただ北朝鮮は21日も弾道ミサイル発射を強行しており、どこまで効果が出ているか不透明だ。

 米国や日本の複数の関係筋が明らかにした。会談でトランプ氏は、北朝鮮の対外貿易の約9割を占める中国に経済制裁を強めるよう求めた。その上で、中国が協力しない場合、北朝鮮と取引がある大手金融機関を含む複数の中国企業を制裁対象に加える米政府独自の新たな制裁を検討していると説明したという。
(引用ここまで)
米国が早ければ来月初め、韓半島(朝鮮半島)海域で原子力空母2隻が同時に参加する合同訓練を行う。

米CNNは19日、2人の国防省官僚の言葉を引用し、「カール・ビンソン」(CVN 70)と「ロナルド・レーガン」(CVN 76)が韓半島東海(トンヘ、日本名・日本海)で合同訓練をすると報じた。北朝鮮が14日に発射した中距離弾道ミサイル(IRBM)「火星12」が大気圏再進入に成功したという米情報当局の評価に続く措置だと、CNNは伝えた。米空母2隻が同時に韓半島海域で合同訓練をするのは今回が初めて。
(引用ここまで)

 複数の英語メディアも同様に「習近平主席が100日の猶予を要求」という記事が出ているので、これは実際なのでしょうね。
 「中国が北朝鮮に対して圧力をかけなければアメリカは独自でやる」と大見得を切った割に、民間人の避難訓練は6月に設定している等アメリカ側の動きがどうもゆったりしているなという印象はあったのですよ。
 この100日の猶予というのがあったから、ということでしょうかね。

 ただ、その100日のうちのほぼ半分はすでに過ぎています。
 その間にミサイル発射実験は3回(うち1回が失敗)行われている。
 一方で核実験の兆候はあったものの、中国の圧力で中止されていたという報道もあった。
 中国の圧力が効いているんだかいないんだか、ちょっと分からない感じですかね。

 どちらにせよ、当初から疑問符がつけられていた「どれほどの猶予が中国に与えられているのか」という話が明瞭になりました。
 米中会談が行われたのが4月7日。
 そこから100日は7月16日。7月半ばまでになんらかの目に見える成果が上がらなければ……ということになるのでしょう。

 ちなみに空母ロナルド・レーガンと空母カール・ビンソンの合同訓練が6月から。
 ふたつの空母打撃群が朝鮮半島海域に集合して、さらに改オハイオ級のミシガンも随行していることでしょう。巡航ミサイルトマホークだけでも数百発を抱えている状況。
 アメリカ側は合同訓練を終えれば準備完了で、いつでもってところですかね。

 そしてまったく出番のない韓国に苦笑。

艦これアンソロジーコミックも多くがポイント還元セール対象よ。
艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(17) (ファミ通クリアコミックス)
コミッククリア編集部
KADOKAWA / エンターブレイン
2017/5/15

空母ロナルド・レーガンのメンテと訓練が終了、朝鮮半島周辺に空母2隻体制の異例事態へ

北朝鮮牽制の米空母交代へ、ロナルド・レーガン派遣(CNN)
「ロナルド・レーガン」に不具合、出港を延期(読売新聞)
米空母カール・ビンソン、引き続き西太平洋で北をけん制(朝鮮日報)
 同艦は定期整備を終え、出港に向けた準備を進めてきた。不具合について米海軍は「安全性に影響はない」としている。日本政府関係者によると、出港後は、日本海で警戒中とされる原子力空母「カール・ビンソン」と入れ替わるか、2隻態勢になる可能性もあるという。
(引用ここまで)
 原子力空母「カール・ビンソン」(CVN70)を中心とする米機動部隊が、今週中に東海(日本海)を離れるとしていた当初の計画を変更し、当分は東海など西太平洋地域にとどまり続ける予定でいることが15日までに分かった。北朝鮮が14日にアラスカを攻撃できる弾道ミサイルを発射したことから、北朝鮮に対する軍事的圧迫のレベルを引き続き維持する必要がある、という判断に伴うもの。

 韓国海軍の関係者は「韓国の大統領選挙が北朝鮮の挑発なく無事に済み、第7艦隊所属の空母『ロナルド・レーガン』(CVN76)が修理を終えて最近試運転に入ったため、両空母は直ちに交代するとみられていたが、北朝鮮のミサイル挑発で滞在期間がさらに伸びるようだ。現在も、カール・ビンソン機動部隊は韓国海軍と機動訓練を行っている」と語った。これに伴い韓国軍では、二つの空母打撃群が韓半島(朝鮮半島)周辺で同時に活動するという異例の状況が1カ月以上続くこともあり得る、という見方もなされている。(中略)

韓国海軍の関係者は「米軍の空母打撃群の動きは、海軍レベルではなく米国の国家安全保障会議(NSC)レベルで決定されている。西太平洋を担当するロナルド・レーガン機動部隊が復帰しても、カール・ビンソンの航路は局地的な観点からではなく国の戦略的な観点から決定される」と語った。米国のドナルド・トランプ大統領が強調してきた北朝鮮の脅威が一段と深刻化しているだけに、カール・ビンソン機動部隊を引き続き韓半島周辺にとどまらせると政府レベルで決定した可能性が高い、という意味だ。
(引用ここまで)
 最初、CNNの報道を見たときに「ああ、カール・ビンソンは遊軍としてロナルド・レーガンの代わりだったのか。交代だったらここ何ヶ月かの攻撃はないってことかな」と思っていたのですが。
 一昨日の北朝鮮による弾道ミサイル発射実験でまた状況が変わったということでしょう。

 空母単体ではなにかあった場合に対処しきれない。
 北朝鮮が空母打撃群に対してなにかできるとは思いませんが、故障することもあるでしょうし、艦載機が離着艦に失敗することもありえる。
 本格的に動くのであれば複数の空母があったほうがいい。
 というわけで複数の空母が並び立つようであれば、アメリカ軍は本気なのだという話を書きました。

 個人的な見立てでは今回のカール・ビンソン派遣はロナルド・レーガンのメンテ対策で、すんなりと交代だと思っていたのですが。
 ……並び立ってしまいましたね。
 青山繁晴氏が「年内にも〜」という話をしていることを扱ったエントリでも「ロナルド・レーガンのメンテ明けがひとつの山場」的なことを書きました。
 アメリカが機会を狙っているということに間違いはなさそうです。

レーガン いかにして「アメリカの偶像」となったか (中公新書)
村田晃嗣
中央公論新社
2011/11/25

北朝鮮の弾道ミサイルは新型? 2000kmの高高度軌道が意味するものとは?

北ミサイル、北極星2型か新型の可能性も……ICBM関連するかどうかに注目(聯合ニュース・朝鮮語)
北朝鮮が今回発射した弾道ミサイルは、2月に打ち上げた北極星2型や改良型、あるいは先月続々試験発射に失敗した新型弾道ミサイルであることがあるという分析が出ている。(中略)

ミサイルの飛行距離が700劼脆行時間は約30分に達した点から見て、かなりの高さまで上がった可能性が大きい。

米国太平洋司令部は北朝鮮のミサイルの飛行分析を基に、米国本土を射程に置く大陸間弾道ミサイル( ICBM)ではないと判断した。 (中略)

アメリカの声( VOA)放送は先月27日、構成の防眩飛行場北側で北極星2型ミサイル発射に使われた移動式発射台( TEL)が人工衛星に捕捉されたと報道した。

これにより、北朝鮮の今回のミサイルが北極星2型や改良型であることができるという観測が出ている。
(引用ここまで)

 高度2000kmのいわゆる「ロフテッド軌道」を描いて700km飛翔した、かつ北極星の改良型であれば運搬車からの発射。
 このふたつの意味することは北朝鮮のどこからでも(中朝国境地域からでも)韓国のほぼ全域が攻撃対象になるということなのですが……。
 そして高高度から落ちてくるので弾体のTHAADでも迎撃が難しい。
 それが分かっているのかいないのか、そのあたりの報道が韓国ではまったく出ていません。
 まあ、スカッドがある時点で韓国はターゲットとされているので、大きな意味はないと言われればその通りなのですが。

 ついでにいえば30分飛翔したということで、理想的な軌道であればアメリカ本土に届くのではないかという疑問も出てきます。
 中距離弾道ミサイル(IRBM)とありますがICBMとしての運用もできるものではないのかと。

 IRBMであろうとそれ以上のものであろうと、どちらにしても国連安保理決議違反であることに変わりはないのですよね。
 とりあえず日米中からは非難のコメントが出ています。
 特に「アメリカから圧力を加えてくれと依頼されていた中国」がその国際会議である一帯一路の開催初日にミサイルぶっ放されたことから、気分をえらく害しているようです。
 いわば「おまえの圧力なんか効いてねえよ」って宣言しているようなもんですからね。
 思ったよりも効いていなかった、というより国内事情を優先したということになるのかな。

 そして挑発行動は止めないという宣言でもあるのでしょう。
 あとは気になるのは日本海に展開しているはずのカール・ビンソンの随伴艦や日本のイージス艦がどういう対応をしていたのか。
 探知のみで迎撃態勢をとらなかったのか等々、気になるところではあります。
 去年2月の弾道ミサイルをロストしていた世宗大王級はどうだったのか、なんてのも。

週刊ニューズウィーク日本版 「特集:コリア・リスク」〈2017年5月16日号〉 [雑誌]
ニューズウィーク日本版編集部
CCCメディアハウス
2017/5/9

昨日からすでに北のミサイル発射の兆候はあった → 韓国人「安倍が戦争したすぎて夢でも見たんだろ」 → 結果……

 ミサイル発射そのものについてはまたあとで扱います。30分飛翔で日本のEEZ外の日本海着弾ってことは高高度軌道をとったのかなー。

 昨日の夕方に朝日新聞が「北朝鮮北部で弾道ミサイル発射の兆候」という報道を行っていました。

北朝鮮、弾道ミサイル発射の兆候 文政権でも挑発か(朝日新聞)
 北朝鮮西部、平安北道亀城(ピョンアンブクトクソン)市付近の飛行場で13日未明、弾道ミサイルの発射に向けた動きがあったと軍事関係筋が明らかにした。実際に発射されたかどうかは確認されていない。韓国で南北対話を重視する文在寅(ムンジェイン)政権が誕生したが、北朝鮮は軍事挑発を続ける方針とみられる。

 同筋によれば、飛行場に移動発射台が展開。13日未明までに、ミサイルを起立させる作業が行われたという。北朝鮮は従来、実際の軍事作戦も想定し、夜明けと同時に発射するケースが多い。米韓両軍は13日昼の時点で、ミサイル発射の事実を確認していない。
(引用ここまで)

 軍事関係筋ってどの国の軍事筋なんだろうっていうのが気になりますけどね。
 朝鮮半島西部ということで、成功率の高いミサイルがここから打ち上げられることが多いのです。逆に実験的なものは東海岸から打ち上げられることが多い。
 3月に4発のスカッドERが同時発射されましたが、このときも自信があったからこそ西側からの発射になったのでしょう。
 今回も同様であるていどの信頼性の高いものを使ったのではないでしょうかね。

 他には同じような報道がなかったので、朝日のスクープだと思われます。

 さて、この報道が韓国でも引用される形で報道されました。

日メディア「北、今日の夜明け弾道ミサイル発射の動きあった」(聯合ニュース・朝鮮語)

 この聯合ニュースの報道自体は引用だけで、なにも付け加えられていないのですが。
 ここでのチェックポイントはやはり、韓国人のコメントです。
 500件オーバーのコメントが掲載されているので、けっこうな注目記事になったのは間違いありませんね。

 もっとも共感ボタンが押されている(1183回)コメントはこちら。

・「韓半島で戦争勃発を望んでいるチョッパリたちが」

 毎度毎度の妄想ですね。「景気の悪い日本は朝鮮戦争での好景気が忘れられないのだ」というアレです。その他のコメントもちらっと見てみましょうか。

・「日本の安倍チョッパリどもは本当に戦争勃発を願っているな」
・「韓半島は大韓民国の領土だ。チョッパリどもがなぜ覗いている」
・「日本:昨日も今日も歴史歪曲の動きが分かります」
・「安倍が(戦争を)したいんだろ」
・「アメリカも中国も静かなのに? 安倍が夢を見たんじゃない? 戦争戦争の歌を歌ったんだろ、夢の中で」

 韓国の反応を書くのが主眼のブログではないのでこのあたりにしておきますが、その他のコメントもほぼ似たようなもの。

 楽韓Webでは今回の北朝鮮核問題について「韓国人がまったく当事者意識を持っていない」と書いてきました。

韓国を覆う「戦争になるわけない」という意識はどこから来ているの?
韓国人若者の「ムン・ジェイン当選が当選すれば韓国はすべてうまく行く!」という叫びに見るデジャ・ヴュ感

 今回も同様に当事者意識がないということが確認された、というわけですね。
 で、実際に翌日にはミサイルを撃たれていたというオチ。
 これ、けっきょく開戦して最初の砲弾が撃ち込まれてもやっていそうですわ。

笑う免疫学 ――自分と他者を区別するふしぎなしくみ (ちくまプリマー新書)
藤田紘一郎
筑摩書房
2016/1/10

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ