楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

軍事

 相互RSS募集中です

米韓国防長官「なにがあってもTHAADミサイルは配備する」 → ただし、次期政権では覆される模様

韓米国防長官「THAADは計画どおり」で一致、上半期にも配備(東亞日報)
李在明氏「李承晩は親日売国、朴正熙は独裁者」(朝鮮日報)
韓民求(ハン・ミング)国防部長官とジェームズ・マティス米国防長官は31日、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をはじめ北朝鮮の核・ミサイル脅威の対応能力を持続的に強化することで合意した。

両長官は同日午前20分ほど電話会談を行い、このような内容を骨子とする堅固な同盟態勢の維持を再確認したと、国防部が明らかにした。

最近、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射脅威と関連して両者は、北朝鮮が韓米両国の転換期的状況を誤認していつでも挑発を強行する可能性があると見ている。国防部関係者は、「両者は、戦略爆撃機の韓半島出撃など米国の強力な拡大抑止(Extended Deterrence)と堅固な連合防衛態勢で北朝鮮の挑発を抑止し、有事の際には即時に圧倒的に対応できる万全の態勢を維持することで一致した」と明らかにした。

「限韓令」(韓流禁止令)など中国の対韓報復措置にもかかわらずTHAADは計画どおり配備するという点も再確認した。軍関係者は「両国長官がTHAADを支障なく配備することで意見が一致した」とし、「早ければ今年前半期に(THAAD1砲台が)配備できるだろう」と話した。
(引用ここまで)
李市長は韓米両国の国防長官が米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備を計画通り進めることで合意したことについて「特定の国に従属して屈辱的な態度を取れば、この国は存続が難しくなる。必ず撤回すべきだ」と主張した。
(引用ここまで)

 マティス国防長官とハン・ミング国防部長官が訪韓前に電話会談。
 で、「中国からどのような報復があろうともTHAADミサイルを配備する」という意思を確認した、と。
 まあ、独立国であれば当然の話ではあるのですが。
 決定した国防関連の問題を他国の介入によって曲げたとなれば、その他国の属国であることが確定してしまう。
 独立国であればそれだけは避けたいところでしょう。

 ただ、次期政権はどうなるか不明。
 ムン・ジェインは「次期政権で考えるのが適当だ」とかいう訳の分からない話をはじめている。次期政権担当者は自分がなる可能性が一番高いのに。
 パン・ギムンは不出馬決定。THAADミサイル配備を支持していた唯一の有力候補でしたが。
 イ・ジェミョンは「慰安婦合意もGSOMIAもTHAADもみんな反対じゃ!」という考え。引用した記事についてはまた別途取り上げます。
 アン・チョルスは配備決定当時に「国民投票で決めよう」とか言い出してましたね。

 ムン・ジェインはノ・ムヒョン直系の左派です。
 ノ・ムヒョンは在任当時、「アメリカから戦時統制権を奪い返すぞ!」って言い出して日本を含めた周辺国から「ダメだこりゃ」と匙を投げられた人物でした。
 その系譜を継ぐということは、反米であることに間違いありません。
 反米のていどがどのくらいかは不明ではありますが……。

 次期政権で韓国はもう破滅するんじゃないかってくらいのところまで追いやられる可能性があります。
 なので、任期を全うできたらそれだけでけっこうな実績になると思うのですが……。
 まあ、破滅に近い状況になるでしょうね(笑)。

最強 世界のミサイル・ロケット兵器図鑑
坂本明
学研プラス
2015/4/28

アメリカ国防長官、最初の訪問地は韓国へ→韓国人「北朝鮮への圧力になるぞ!」……圧力の方向性が違うでしょ

韓経:マティス米国防長官、最初の訪問地に韓国選択…北核威嚇に強力な「警告」のメッセージ(中央日報)
米国のジェームズ・マティス国防長官がドナルド・トランプ政府スタート後の最初の訪問地として韓国を選んだ。米国のアジア重視戦略を確認し、北朝鮮を圧迫して中国を牽制しようとする意図だという分析が出ている。

韓国国防部は26日、韓民求(ハン・ミング)国防部長官が2月2日にマティス長官と韓米国防長官会談をすると公式発表した。

マティス長官は来月2日から3日まで韓国を訪問し、続けて3〜4日に日本を訪問して安倍首相を表敬訪問し、稲田朋美防衛相と会談する。

マティス長官の韓国・日本訪問は就任13日にしてトランプ政府閣僚のうち初の海外出張だ。ジェフ・デービス米国防総省報道官は25日(現地時間)、「今回の訪問は日本および韓国との持続的同盟責任を強調し、米国と日本・韓国間の安保協力を一層強めることになるだろう」と話した。

米国が韓国に国防長官会談を先に提案したのは韓国に対する確固たる防衛公約を再確認しつつ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)挑発威嚇を加える北朝鮮に強力な警告のメッセージを伝えようとする措置であると分析されている。また、THAAD(高高度ミサイル防御体系)配備に対する反対の立場を守り、南シナ海の緊張を高めている中国を牽制しようとする布石の意味合いもあると専門家たちはみている。
(引用ここまで)

 マティス国防長官がまず韓国を訪問って、どう考えても理由はTHAADミサイルの配備をどうするんだって話をしにくるんですよね。
 北朝鮮の対する圧力という面もあるでしょうけども。
 現状はTHAAD配備を決めたはずなのに、いまだにロッテ所有のゴルフ場を借り上げることもできていない。
 それなのに中国当局からはロッテに対して対抗措置で突き上げがきている。

 韓国全体に対しても稼ぎ時の春節の観光客も制限されて、韓国人俳優だの韓国人歌手だのは活動を禁止される。それどころか韓国人俳優が画面に出るとモザイクかかってしまう始末。
 次期与党の共に民主党議員が解決のために議員外交するつもりが、カウンターパートではない王毅が出てきてメロメロで帰ってきたりもしている。

 そんな中、トランプ政権の国務長官が最初に訪問する国が韓国。
 最後通牒まではいかないにしても、それに等しいレベルの話を言い渡されるのでしょう。
 もしくは「ムン・ジェインという候補が次期大統領として最有力らしいが、THAAD配備に反対なんてことは言わないよな」と釘を差しにくるのか。
 ちなみにムン・ジェインは「次期政権に持ち越し」という微妙な物言いに終始しています。
 まあ、どっちにしても米国防長官が持ってくるのは、うれしい話でないことは間違いない。

 まさかこの段階に至っても「なんてことだ、アメリカの国防長官の初訪問国が韓国だなんて。韓国はモテモテだ」とか思っていないだろうな。
 思ってそうだよなぁ……。

米中もし戦わば 戦争の地政学 (文春e-book)
ピーター・ナヴァ
文藝春秋
2016/11/29

韓国野党国会議員が訪中 → なんと王毅外相が歓待 → 完全にメロメロでレッドチーム再参入決定的

THAAD:韓国政府を無視する中国、共に民主訪中団を歓待(朝鮮日報)
THAAD:中国が仕掛けた「離間の計」にはまった韓国最大野党(朝鮮日報)
THAAD:中国高官「制裁しているのは中国国民だ」(朝鮮日報)
 韓国野党、共に民主党の禹相虎(ウ・サンホ)院内代表は4日、所属国会議員7人が中国を訪れ、王毅外相らと会見したことについて、「過去に国会議員が会見した中国政府関係者の中では、最も高いクラスとの会見だった」とした上で、「中国が韓国の文化産業の中国進出を阻んだり、観光客(の韓国渡航)を制限したりしていることに抗議し、それを回復するのが主な目的だ」と説明した。

 しかし、外交関係者は「今中国政府が韓国外交部(省に相当)を無視し、民主党を歓待するのは、韓国国内での対立を助長し、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を撤回させる戦略だ」とし、「議員外交は必要だが、中国の意図に丸め込まれれば、結局『韓国は思い通りに揺さぶれる国だ』という認識を植え付けることになりかねない」と懸念を示した。
(引用ここまで)
 中国はこれまで、THAAD問題に関して金章洙(キム・ジャンス)駐中国大使など韓国政府関係者とは接触を避けているが、共に民主党議員の訪中団に対しては閣僚級関係者が出てきて会談し、晩さん会で歓待した。しかし、韓国政府関係者は「韓国内部を分裂させて自分たちの考えを貫こうという中国の狙いにはめられたもの」と言った。共に民主党は、THAAD反対を党の公式見解に決めているわけではないが、文在寅(ムン・ジェイン)前代表ら主流派は「次期政権が決めるべきだ」として現政権のTHAAD配備に実質的に反対している。また、同党は基本的に北朝鮮との交流・協力再開を主張し、そのため南北が対峙(たいじ)している状況を打開して対話を勧めるべきだとしている。この延長線上でTHAAD配備を事実上、白紙化しようとしているのではないかと思われる。
(引用ここまで)
訪中団関係者は会談後、「我々は、限韓令(韓流スターや韓国ドラマ・映画などを対象にした制限令)や韓国行きチャーター機の運航不許可、サムスン製・LG製バッテリーに対する不利益などは(韓国の)国民感情を悪化させる可能性があるので、中止すべきだと話した」と言った。この関係者によると、王毅外相はこれに対して、「(THAAD配備の)加速化プロセスという言葉が(韓国側から)出なければいいのだが。配備が遅くなったら、確執という状況を転換する努力をする」と答えたとのことだ。別の関係者は「中国側は『なぜ我々がしていないこと(北朝鮮の核のこと)に対して、我々が責任を取らなければならないのか」と強い不満を見せ、THAADに反対し、容認できないという考えを示した」と伝えた。だが、その一方で、「THAAD配備は韓中(国交樹立)25周年(に当たる今年)に、新たに中国の安全保障を阻害するものだ。『中国は(韓国の)安保を阻害したり、直接危害を加えたりしていないのに、なぜそんなことをするんだ』という中国の国民感情も理解してほしい」と言ったという。

 共に民主党訪中団のTHAAD報復中止要請に、孔鉉佑次官補は「中国国民の感情を無視する政策はできない。制裁しているのは中国国民だ」と答えたという。これは、最近の韓流スターや韓国ドラマ・映画に対する中国の制裁の動きを間接的に認めたものだ。

 だが、この関係者は「中国側は『韓中はこれを克服できる方法を探るため額を突き合わせて共に努力しよう』とも言った」と語った。
(引用ここまで)
 うわ、共に民主党の国会議員団に対して王毅外相が出てきたのか……。
 人たらしの基本ですね。自分を高く評価してくれる(ように見せている)っていう。
 なんだかんだで共に民主党はイ・ミョンバク政権とパク・クネ政権の9年ちょっと、まったく権力というものに無縁だったのです。
 前回の大統領選では惜敗と言っていいレベルで負けたこともあって、権力への渇望はかなり強いものになっているでしょうね。

 そんなところに「あいつらはしょうがないですねぇ。わたしはあなたたちの本当の価値を知っていますよ」とばかりに副局長が訪韓して相談をしてくる。現行政府は無視して
 そして訪中したら自分たちのカウンターパートではない、圧倒的な高位にある外相が出てきて話を聞いてくれる。
 挙げ句の果てに「我々は仲間だ。問題を克服できるように共に努力しよう」とか言われちゃう。

 これはもうメロメロでしょ。
 ちょろすぎる。
 韓国の次期政権は確実に左派政権になりますが、誰がなってもレッドチーム再参入は間違いなさそうですね。 

プロトコールとは何か 世界に通用する公式マナー (文春新書)
寺西千代子
文藝春秋
2016/11/20

 

中国が韓国のTHAAD配備へさらなる圧力「旧正月への増便不許可」……ただし、現政権とは交渉するつもりはない模様

【社説】韓国を軽視・無視、日本と中国の異常な動き(朝鮮日報)
1月の韓国機増便認めず、中国がTHAAD配備に揺さぶり(朝鮮日報)
 韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)が締結されてから1カ月が過ぎた。北朝鮮の核の脅威に対処するのに必要な情報を得られることから、韓国政府は国内の激しい反発を抑えてこの協定を締結した。しかしこの協定は日本が隣国を侵略し、数百万人の命を奪った過去と絶縁した国になったという仮定の上に成り立つものだ。そのような前提を日本側も知らないはずはない。ところが今回、防衛相が靖国神社参拝を強行した。このように最近、日本では韓国を軽視、あるいは無視する態度がたびたび見られるようになった。韓国が感情的な対応から抜け出せないからだろうか。

 このような状況で韓国の民間団体が釜山の日本領事館前に慰安婦少女像を設置した。釜山市東区庁は28日、今回の少女像の設置が許可なく行われたことから、当初はこれを撤去した。しかし文在寅(ムン・ジェイン)前共に民主党代表が東区庁を「親日」と非難し「釜山市民による少女像の設置は真の独立宣言だ」などと反発したため、設置を阻止しないことにした。法律に沿って対応した東区庁長は「謝罪する」と発言した。韓日関係が今後非常に厳しい状況になる徴候がここでも表面化し始めたようだ。

 これとは別に、中国外交部(省に相当)の陳海・アジア局副局長が26日に韓国を訪れ、政界や経済界の関係者と接触していたことが29日までにわかった。陳海氏は中国外交部で米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題を担当する人物だ。大統領選を前に韓国国内でTHAAD配備反対の世論を高めるのがねらいだろうか。一国の外交官が他国に一方的にやって来て、その国の外交当局と接触もせず勝手に行動するとなれば、これはその国と外交関係があると言えるだろうか。

 日本と中国によるこれら一連の動きは、直接的には韓国の国政マヒによってもたらされたものだが、より大きな観点からみれば、これまでの対中、対日外交の失敗を示すものとも言えるだろう。中国と日本の異常な動きはこれから起こる出来事の何らかの前兆と考えるべきではないだろうか。
(引用ここまで)
 チャーター機運航は通常1カ月単位で申請するもので、運航の前月20日ごろに各航空会社が中国民航局に申請して許可を得る。中国民航局が不許可の方針を知らせてきたのは今月28日夜のことだった。翌29日に航空各社がそれぞれ国土交通部に報告したことで多数の不許可が明らかになった。 (中略)

 この期間は、中国外務省でTHAAD問題を担当する陳海アジア局副局長が、韓国政府が思いとどまるよう伝えたのにもかかわらず一方的に訪韓し、韓国国内の政財界関係者に接触した時期と重なる。26日から30日までだった陳海副局長の訪韓は、THAAD反対世論を高めるのが目的だったと見られている。中国政府がチャーター機運航を不許可にすることで、陳海副局長の訪韓効果を最大限引き出し、「THAAD配備が続く限り報復する」と警告しているのだ。
(引用ここまで)

 釜山の慰安婦像とその設置の経緯に関してはもう何度も書いているので割愛。
 ちょっと面白かったのは、中国外交部から副局長がやってきてTHAADミサイル配備に関して野党側国会議員や経済界と接触していたという話。
 もはや韓国政府を交渉相手としては見ていない、ということですね。

 ついでに中国政府から「春節(旧正月)の韓国向けチャーター機は申請却下」というアシストも得て、THAADミサイル配備……というか、Xバンドレーダーの配備をなんとしてもやめさせるという不退転の決意が見て取れます。
 その交渉相手は現在の政府ではなく、次期政権である野党であったり、経済界であったりするわけですね。
 実務的だなぁ……。

 韓国からは幾度となく「韓中関係はビジネスパートナーであって、安保政策に対して中国からの一方的な制裁などありえない」という話が出ていましたね。でも、いわゆる韓流制限、そして韓国への渡航制限。そして稼ぎ時の春節でチャーター機の運行不許可。
 韓国側からは「大国である中国がこんな制裁をするなんて!」っていう恨み節が出ていましたが、これこそが中国のやりかたそのものですわ。

 実際にはTHAAD配備だけではなくて、一度自分の陣営にきた国が裏切ってブルーチームに戻ることについての制裁も含まれています。
 恭順には報酬を与えるのが冊封制度ですが、裏切りにもそれなりの対価がついて回るということでしょう。
 一度は天安門でスリーショットを撮らせるくらいの高い席次を与えたにもかかわらず、THAADミサイル配備を決定した。 
 これを許してしまっては他の国に面子が立たないし、同じように冊封体制から離脱する国も出かねない。 

 「うちらを裏切ったらこうなるんやでー」 という見せしめにちょうどよかったということでしょう。

習近平はいったい何を考えているのか 新・中国の大問題 (PHP新書)
丹羽 宇一郎
PHP研究所
2016/10/14

韓国独自技術で製造される戦闘機KF-X、プロモ映像はエースコンバットからのパクりだった

KF-X project stole game footage for demo video(THE KOREA TIMES・英語)
韓国最大の戦闘機開発プロジェクトとなるKF-Xのプロモーション映像にテレビゲームの映像が盗用されていた。
10秒ほどの空戦と爆撃戦の映像はバトルフィールド3とエースコンバットアサルト3から許可なく盗用されたものであり、著作権侵害となっている。
一瞬ではあるが、オリジナルの英語字幕が映り込んでいるのが分かる。

この「ADDによるKF-Xプロモーション」とされる映像は1年前にリリースされ、1万2000回以上YouTube等で再生されているKF-Xの宣伝動画であり、KF-Xには2028年まで30兆ウォン規模のコストがかかるとされている。
この動画作成には4000万ウォンが投入されている。

にもかかわらず、関連したすべての部署が著作権侵害の責任を認めようとはしていない。
KF-X計画を推進するADD(国防科学研究所)は「まったく著作権侵害には気づかなかった」と映像製作下請けのNabixに責任を押しつけた。
「コリアタイムスの指摘によってNabixとともに当該映像をチェックしてみたところ、著作権を侵害する映像が挿入されていることを確認した」とADD広報のシン・ファンギュは語った。「我々はまったく気がついていませんでした」。
彼は当該シーンを削除すると語った。

NabixはKF-X計画を推進するKAIこそがこの問題の責任者であると述べた。
「KAIから派遣されてきた調査員がすべてに渡って、言葉や文章といった細かい部分まで含めて指示を行ってきた」とNabixのCEOであるキム・ユンガクが語った。「KAIはF-35のプロモーション映像のようなものを作れといってきた。挿入すべきさまざまな情報や映像クリップも提供されたんだ」

彼は「ゲームの画面が提供されたかどうかは覚えていない」とも語り、同時に「これは政府のプロジェクトなんだ。なにも自由にできるような余地なんてない」とも語った。

KAIも同様に無罪を主張した。
「ゲーム映像は我々が提供した素材には含まれていない」とKAI広報のキム・スンピルは語る。「どのようにしてそのゲーム映像が混入したのかはまったく不明だ」

バトルフィールド3の映像はシングルプレイミッションの一部であると確認された。エースコンバット:アサルトホライズンのものはトレイラー映像のものであった。

ADDはコリアタイムズに対して映像を削除し、関係者に代わり映像盗用について謝罪すると語った。
コリアタイムズはEA、およびバンダイナムコに接触したものの、回答はなかった。

KF-Xは韓国独自のジェット戦闘機として、老朽化の激しいF-4/F-5を代替する目的で開始されている。ロッキードは韓国政府によるF-35購入の見返りとして、その技術供与を行うとしている。
(引用ここまで)

 そのADD謹製の映像がこちら。


 見ていて、なんか既視感があるなぁ……と思っていたのですが、この記事でピックアップした動画でしたね。
 さすがにゲームから盗用したモノであるとは気づかなかったなぁ。

 ま、韓国ではよくあること。
 「独島は韓国独自の領土である」という韓国政府の広報動画にNHKの坂の上の雲からの映像を盗用していたなんてこともありました。
 なんかの歌手がPVでFF7ACをまんまパクったなんてこともありました。

 「韓国独自技術で製造される初のジェット戦闘機」のプロモーション映像がこうなんですから、「韓国の独自技術」がどのていどであるかよく分かるのではないでしょうかね。

18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書)
福井健策
筑摩書房
2015/1/10

 

お笑い韓国軍:欠陥手榴弾で死亡事故 → 原因調査委員会立ち上げ → 最終報告に驚愕……

韓国軍:手りゅう弾爆発事故、原因不明で迷宮入りか(朝鮮日報)
 2014年9月に海兵隊教育訓練団(浦項)、昨年9月に陸軍第50師団新兵訓練場(大邱)でそれぞれ死傷者3人を出した手りゅう弾爆発事故について、韓国軍当局は1年にわたり調査を行ったが、原因を突き止めることはできなかった。

 韓国国防部(省に相当)は、手りゅう弾の品質に異常があったかどうかを確認するため、民間人7人と軍関係者6人からなる調査委員会を立ち上げ、昨年10月から今年9月にかけて、事故のあったものと同じ年(2005年)・同じラインで製造された手りゅう弾全量(5万5155発)を調査した。しかし、国防部が22日に発表した調査結果では、手りゅう弾の品質に欠陥は確認されなかったという。

 手りゅう弾の品質に異常はないという結論がひとまず出たことにより、14・15年の手りゅう弾爆発事故は迷宮入りする可能性が高まった。昨年の陸軍50師団の事故では、教官の中士(軍曹に相当)1人が死亡、訓練兵1人と別の中士が負傷した。14年の海兵隊の事故では訓練兵が死亡し、教官の中士など2人が負傷した。国防部では、手りゅう弾の品質に異常は見つからなかったものの、性能は改善することとした。安全ピンを抜いてもすぐには爆発しない信管を取り付けた「熱応力手りゅう弾」を開発して、20年以降配備するという。
(引用ここまで)

 ピンを抜いてから規定の時間待って投げる、という手榴弾が規定秒数よりも前に爆発する事故、というのが韓国軍で起きていたのです。
 2015年には訓練兵の腕を切断、すぐ横にいた教官が死亡。近くにいた兵も軽傷
 2014年には訓練兵が死亡。
 で、その事故調査が終了したのだけども、原因不明で終了。
 不良品率20%ともされていたのですが、その原因が不明。

 ……なにが怖いって、事故が起きてもその原因が分からないということくらい怖いことはない。
 いくらでも同じことが起きえますから。

 まあ、この「原因究明」自体も怪しいものでして。
 検査中に4発の爆発が確認されたそうなのですよ。
 ですが、1日100件まで検査ができるという装置に1000件もやらせてしまったせいで、爆発が起きたのがノイズのせいか、検査装置が熱を持ったせいかが分からないという体たらく。
 けっきょく原因不明でお蔵入り。実に韓国らしいお話ですね。

うわ、安っ。
モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2015/06/03

 

韓国人「韓国が空母を保有し、艦載型KF-Xを搭載すれば中国もアメリカも一目置くはず! そして日本は国富を受け渡すはずだ!」……妄想乙

トランプの時代、韓国型空母建設に国益を最大化する必要がある(アジア経済)
次に、韓国はどのような準備をすべきか? 4万t級の韓国型空母の建造を介して、米国の対中国包囲網に積極的に加担する必要がある。韓国型空母の建設を介して低迷期に入った造船業を生かしながら、海上作戦ヘリコプターとKF-X(韓国型戦闘機)を変形した艦載機を国内開発することで、造船業と航空産業を同時に発展させる必要がある。新型艦艇建造技術を蓄積して軍事技術と艦載機を輸出することで、防衛産業を国の新成長動力として育成する必要もある。

空母が建設できたのであれば、我々の目前の海を通って太平洋に進出しようとする中国海軍の計画を牽制することができる。中国は韓国の顔色を見ることになるだろうし、米国と日本は韓国にもっと頼るようになるだろう。北朝鮮と中国の挑発を最先鋒で受け止めているので、日本に安全保障借款を提供するために、米国を介して圧迫すれば日本から多くの部分で譲歩を受けることもできるだろう。

米国は第2次世界大戦当時、真珠湾を空襲した日本をまだ信じていない。したがって、韓国がアジアで警察の役割を米国と一緒に実行することを望んでいるので、米国をよく説得すれば日本の国富を一部韓国に持ってくることもあるだろう。米国も根本的には日本が大きくなることを望まないのだからなおさらだ。トランプの当選が韓国にはむしろよい機会なのである。

チェ・オソク韓国防衛産業学会会長
(引用ここまで)

 またおまえか。
 以前にも「艦載型KF-Xを搭載した4万トンの韓国型空母を建造しよう」というネタがあったのですが。
 まったく同じチェ・オソクなる人物によるものでした。というところに言及できるのが楽韓Webの積み重ねというわけですかね。

 今回の記事は「トランプが次期大統領として当選したから、こういう流れになる。それに対して韓国はどう動くべきなのか」という体裁になっているのですが。
 言っていることが1ミリも変わっていないという。
 いわく「中国への牽制になり、アメリカからは感謝され、日本を島国の中に押し込めることができる」と。
 韓国軍出身の保守派の論客っぽいのですが、韓国の国力の見極めができていないというか。

 ソ・ギョンドクが安倍総理のアメリカ議院演説を阻止しようとしていたときにも「真珠湾を思い出せ!」みたいな広告を出していましたが。
 「真珠湾攻撃をした日本をアメリカは信用していない」という考えは、濃度の差こそあれども韓国人の多くが共有しているっぽいのですよ。
 アメリカは韓国と共に朝鮮半島を守るために戦ってくれた血盟国家であり、アメリカにとって韓国の重要度は日本よりもはるかに上なのだ、というように。

 朝鮮半島は「韓国を守るため」ではなく、純粋に地政学的な問題だったのですがね。
 ついでにいえば日韓併合も。
 なので「韓国は重要な国だ」という前提が間違っているので、結論も間違っている。

 そもそも空母を1隻持ったからってそんなにプレゼンスが上がるわけないだろうに……。
 まあ、「空母保有国」という言葉が魔力を持っているのは確かなのでしょうけどねー。

艦隊これくしょん -艦これ- ねんどろいど 空母ヲ級 (ノンスケール ABS&ATBC-PVC 塗装済み可動フィギュア)
グッドスマイルカンパニー
2014/6/22

日韓軍事情報包括保護協定締結 → 北朝鮮がSLBM発射 → 日本からの情報提供ゼロ

日本 韓国に北のSLBM情報提供せず=先月に軍事協定締結(聯合ニュース)
韓国の政府筋は15日、日本が韓国と軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結してから約20日が経つが、北朝鮮が先週、陸上施設で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射実験を行ったことに関する情報を韓国に提供しなかったことを明らかにした。

 日本は自国の軍事衛星で発射実験の動向を把握したとされる。日本は5基(予備1基含む)の軍事衛星を運用し、朝鮮半島地域を監視している。

 これに対し、韓国軍の関係者は「GSOMIAは締結されたが、まだ日本から情報提供を受けるには時期的に早い」として、「両国の情報担当部署間で情報交換に関する追加的な協議が必要だ」と述べた。

 韓国軍は米国から関連情報の提供を受け、関連動向を確認したとされる。

 韓国と日本が締結したGSOMIAは先月23日、発効した。
(引用ここまで)

 GSOMIAっていうのは無制限に当該国に情報を与えるって話ではなくて、与えた情報に対して保護をするという協定。
 いわば機密保持協定であって、それがあったからってなんでもかんでも左から右に情報を与えるってわけじゃないことくらい理解できそうなもんですけどね。
 情報を与える、与えないの主体は日本にある。一定以下のレベルと認定された情報は無条件かつ自動的なのでしょうが。

 「○○に関しては探知できたらくれ」と事前に協議されていたものであれば半自動的に出すこともあるかもしれませんけどね。
 それであっても手元の資料を元にして伝えるということもあるでしょうし、その情報の中でも出すものもあればそうでないものもある。
 当たり前のことです。

 まあ、韓国には日米からの情報提供が必要なのですよ。
 2月にあった北朝鮮の衛星打ち上げで日米韓がそれぞれイージス艦を周辺海域に展開させていたのですが、韓国海軍だけがロケットをロストしています。

北の弾道ミサイル「見失った…」韓国軍の“手抜き防衛”に国民激怒 信じられない軍事力(産経新聞)

 なにしろあのお笑い韓国軍ですからね……。
 イージス艦のフェイズドアレイレーダーでロストするんだったら、もうなにをもってしても無理。というわけで日米からの情報提供が必須となるのです。

イージス艦はなぜ最強の盾といわれるのか 圧倒的な防空能力をもつ戦闘艦の秘密 (サイエンス・アイ新書)
柿谷 哲也
SBクリエイティブ
2009/8/17

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ