楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

サッカー

 相互RSS募集中です

サッカー韓国代表、中国にがっぷり四つで組まれて2-2で引き分け……ホントに君らワールドカップ出ちゃうの?

「恐韓症は古語」シン・テヨン号、中国と2-2で引き分け(ノーカットニュース・朝鮮語)

 中国代表と韓国代表(Kリーグ+Jリーグ組)がE-1選手権で対決。2-2の引き分け。
 リッピが中国代表に就任してから90分をきっちり見たのははじめてでした。
 中国代表の最大の弱点だった守備の規律のなさが解消していますね。
 かつてのパターンだとゴールキーパーが「えええ?」って口に出るくらいのどえらいミスをしでかしてゴールを許して、それをきっかけにしてディフェンスが士気を落として失点連発というような感じでしたが。

 この試合ではラインコントロールも規律もしっかりしていました。
 前半9分に先制したものの、12分、19分とゴールされて逆転。それでもなんとか耐え続けて75分に同点ゴール。
 このレベルだったら、欧州組込みとはいえ韓国がアウェイで負けるのも当然というべきか。
 もはや韓国の国内(+Jリーグ)組だけじゃ無理という感じです。もちろん、中国代表にはまだまだ粗さは残っていますが、リッピの下で次のワールドカップ予選を全部こなしたらどうなるか……。
 いや、これは怖い相手になるかもしれない。眠れる龍が目を覚ましたかもしれませんね。
 日本代表戦もどうなることやら。

 え、韓国ですか?
 んー、ホントにこいつらワールドカップ出るの?
 いや、実際に出るのはこのメンバーの半分ってところなのでしょうけども。
 いまからでも監督代えたほうがよくない?
 4-2-3-1もハマっているようには見えなかったけどなー。

 なお、試合終了から十数分でネチズンのコメント数2000を突破。
 ほぼ諦念。シュティーリケがどうこうとか、欧州組がどうこうって問題じゃない状況です。

サッカー最新戦術ラボ プレスvsビルドアップ (学研スポーツブックス)
西部 謙司
学研プラス
2017/8/29

ワールドカップ:ドイツ監督「韓国代表選手? チャ・ブンクンなら知ってるが今の選手は……」 → F組の韓国はすべてにおいて劣勢

<W杯サッカー>F組にスウェーデン・メキシコ「韓国は1勝のいけにえ」(中央日報)
<W杯サッカー>「F組の韓国、才能・パワー・組織力すべて劣勢」=日本メディア(中央日報)
【W杯グループ展望|F組】ドイツが飛び抜けた存在。対抗筆頭はスウェーデンか(サッカーダイジェストWeb)
特に、スウェーデンとメキシコは韓国を「1勝のいけにえ」にあげた。来年6月18日、韓国と初競技を行うスウェーデン現地メディアは「初相手がドイツでない韓国というのは幸運」という代表チームのキャプテン、グランクヴィストの発言を紹介して「韓国はW杯の初競技で勝利を収められる相手」と評価した。

韓国と23日、第2戦を行うメキシコのあるメディアも「韓国は20年前に大きい喜びを抱かせたチーム」としながら「韓国を相手にした甘い記憶」とし、“蛙ジャンプ”映像を見せた。この映像はメキシコが1998年、フランスW杯で韓国に3対1で勝利した競技でクアウテモク・ブランコという選手が球を両足に挟んで韓国の守備選手の足を跳び越える場面だった。
(引用ここまで)
 タレント力でも組織力でも劣る韓国も苦戦は必至。頼みの綱であるソン・フンミンが大爆発でもしないかぎり、光明は見出しにくい。
(引用ここまで)

 中央日報は「サカダイが『パワーでも劣っている』と書いた」とありますが、そうは書いていないですね。
 まあ、すべてが劣っているのは実際ですが。
 F組各国のメディアも「よし、まずは韓国戦で1勝」っていう計算でしょう。
 グループリーグで三強一弱の構図になると、「一弱に負けると死」という構図になってしまうためにどこも手を抜こうとしなくなる。
 なので、どこも全力で当たろうとするのですよ。

 それはH組における日本代表も同じ立場ではあると思います。
 でも、日本の場合は「なにかあったら足を掬われる」という感覚はあるでしょうね。ヨーロッパでプレーしている選手も少なくありませんし。

 ドイツのレーヴ監督も日本の選手なら何人か挙げられたでしょうが、韓国代表選手を誰も知らなくて、横からソン・フンミンがいるでしょっていわれてなんとか「そうだ、ソン・フンミンは知っている」って言えるていど。
 というか、「チャ・ブンクンだったら知っているんだが……」というレベルだったとのこと。

「率直」レブ監督 「韓国の選手はよく分からないが、チャ・ブンクンはよく知っている」(スポーツ朝鮮・朝鮮語)

 そういえばドイツにいる韓国人、見なくなりましたねぇ……。コンスタントに試合に出てるのはク・ジャチョルくらい?
 そのク・ジャチョルも70分以上の出場は14節中5試合だけか。
 日本人プレイヤーも少なからず苦戦していますが、韓国人プレイヤーはそれ以下の状況ですねぇ。


韓国人「3敗決定だな」→ワールドカップ、韓国が強豪国に囲まれてネチズンお葬式状態

韓国、ドイツ、スウェーデン、メキシコとFの組み合わせ、険しい(スポーツ朝鮮・朝鮮語)
シン・テヨン号来年、ロシアワールドカップ相手が選別された。ディフェンディングチャンピオンドイツ、北欧のスウェーデン、北中米強者のメキシコと一緒に戦うことになった。(中略)

韓国はグループリーグで、スウェーデン、メキシコ、ドイツの順で正面対決する。スウェーデンとは、6月18日ニジニ・ノヴゴロドで第1戦を行う。第2戦の相手であるメキシコとは6月24日ロストフで戦う。最後ドイツとの第3戦は、6月27日カザンで対決する。
(引用ここまで)

 今回の抽選は比較的、ばらけた感じではないでしょうかね。
 死の組もなければ楽な組もない。あえて言うならA組は楽っぽいですが、それでもレベルは均衡している感じ。G組はイングランド、ベルギーで決まりかな。
 H組の日本代表もきついはきついですが、F組の韓国ほどじゃないな。

 F組は韓国の敗退だけは決まったってとこですかね。
 むしろ、F組は3カ国による死の組って感じ。2勝1敗で得失点差なんてこともありそうですね。ある意味において韓国がキャスティングボートを握っているかもしれない。

 まあ、そもそもAFCからはイランと日本以外は出場資格なんてあってないようなものなので。
 ドイツ、メキシコ、スウェーデンと試合できるというのはちょっと羨ましいかもしれませんかね。
 ワールドカップのグループリーグでなければ。

 深夜にもかかわらずネチズンからは4000を超えるコメントがついています。
 きっちりお葬式状態。
 韓国代表はワールドカップの空気感でも楽しんでくるのがよいのではないでしょうか。お疲れさまでした。

FIFA 腐敗の全内幕 (文春e-book)
アンドリュー・ジェニングス
文藝春秋
2015/10/30

「韓国のメッシ」がセリエAで出場機会がないのはイタリアの差別だ!

2試合ベンチのイ・スンウ、22日キエーヴォ戦に出場なるか…注目(WoW! Korea)
 イ・スンウは8月末、セリエAの昇格チーム=エラス・ヴェローナFCに移籍した。ファンの期待は高まったが、現在まで1試合のみ出場。第6節のラツィオ戦で後半に交代投入され、チーム内最高の評点を獲得するなど、成功的なデビュー戦となったが、それ以降は出番がない。

 練習試合で3アシストを決めるなど、存在感は示しているイ・スンウ。ファンの間では「監督ではなく、クラブ側が望んで連れて来た選手のため、なかなか出場機会が与えられないのでは」、「イタリア特有の東洋人差別情緒が関係しているようだ」などの分析が提起される一方、「まだ、コンディションが十分とはいえない」、「あと少し、見守るべき」などの反応もみられる。

 ファンの期待を一身に背負う”韓国サッカー期待の星”イ・スンウが、”ヴェローナダービー”に出場し、これまでの心配を吹き飛ばしてくれるか、注目が集まる。
(引用ここまで・太字引用者)

 20日の記事ですね。
 実際の22日の第9節にはイ・スンウは出場しています。78分からの12分出場。得点なし。試合は見ていないので、なんともいえません。
 で、太字部分の「分析」ですが。

 イタリアにかぎらず欧米には明白に東洋人、黒人への差別心がありますよ。
 ぱっと見、すんごい人のよさそうなご婦人であっても、「I hate you!!」くらいのことは普通に言います。
 ですが、サッカーの試合には実力があれば出られるのですよ。
 実際に長友は今季、インテルが左サイドバックを強化していますがレギュラーを勝ち取ってます。インテルは今節までで暫定首位。
 前節のナポリとのアウェイでの首位決戦ではスタメンフル出場、スコアレスドローにだいぶ役立ってましたわ。さっきまでやってたサンプドリア戦でも84分まで出場してました。

 お、インテルの次節はイ・スンウのヴェローナとの試合ですね。イ・スンウは左のウインガーらしいので長友とのマッチアップはなさそうですね。
 ……まあそれ以前にマッチアップというか顔合わせ自体がないような気がしますが。

 イタリア進出の開拓者であったアン・ジョンファンが全然試合に出られなかったことが影響しているんですかね。
 アン・ジョンファンもけっきょくはイ・スンウと同じだっただけです。

ふるさと納税しないとなー。

韓国代表、11月の親善試合はアイスランド、コロンビアと決定! → 嘘でした

サッカーW杯:大韓サッカー協会会長、ヒディンク騒動を謝罪(朝鮮日報)
シン・テヨン号、11月のAマッチ、アイスランド - コロンビアの成功できるか(スポルタルコリア・朝鮮語)
 大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長が19日、ソウル市内のサッカー会館で記者会見を開き、「韓国代表チームの実力不振や大韓サッカー協会に対する批判が相次いでいることについて、理由のいかんを問わず、会長として申し訳ない」と述べた。

 申台竜(シン・テヨン)監督が率いるサッカー男子韓国代表チームは、ワールドカップ(W杯)アジア予選第9戦・第10戦(2分)と先日のヨーロッパ遠征2連戦(2敗)で振るわず、サポーターたちの怒りを買っている。こうした中で、ヒディンク財団側関係者の発言として「ヒディンク監督待望論」が浮上、同協会の対応が不十分だったことまで伝わり、非難の声が殺到している状況だ。

 鄭夢奎会長は、ヒディンク騒動について「対応を早期に明確にできなかったとのご指摘は謙虚に受け止めるが、これが事の本質を覆い隠すことはできない。今回の騒動の本質は、(我々が)サポーターの皆さんのご期待に沿えていない点にある。今後はさらに積極的に支援・投資する」として、「W杯までの継続的チーム強化と親善試合」「コーチングスタッフ補強」「協会組織改編」などを約束した。
(引用ここまで)
中国が11月にAマッチで、アイスランド、コロンビアを相手するという報道があった。これにより、シン・テヨン号Aマッチ相手もアイスランド、コロンビアのが候補に浮上した。しかし、現時点での可能性は低いと思われる。

A代表のアイスランド、コロンビアの対決の可能性は、中国が、アイスランド、コロンビアと11月にAマッチに臨むという報道から始まった。中国メディアは11月のAマッチ期間に2018ロシアのワールドカップ本大会に直行した、アイスランドとコロンビアとの戦いすると伝えた。 (中略)

しかし、中国報道とは異なり、中国が、アイスランド、コロンビアと11月にAマッチを払うことは、確定していなかった。ジョジュンホン大韓サッカー協会メディアチーム長は「アイスランド、コロンビアのも考えた。しかし、私たちが知っているの見地から、中国と試合の契約をしていないこと聞いた」と伝えた。
(引用ここまで)

 チョン・モンジュンの従弟であるチョン・モンギュが記者会見を開いて、昨今の騒動について謝罪したそうです。

 チュニジアに親善試合を断られる
 ここ6戦勝利なし。
 ヒディンクがアドバイザーになるのかなんなのか不明。
 11月の韓国国内での親善試合もまだ決まっていない。

 あまりにもぐだぐだでサポーターからの怒りを買って、出迎える空港でデモをされてしまったということもあってこの会見に至ったそうですが。
 内容を見てもまだなにも決まっていない。ただの謝罪会見。

 その一方で一時、「11月の親善試合はアイスランドとコロンビアで決まり!」という報道があったのですよ。
 というのも中国でアイスランドとコロンビア戦が行われるという報道があったからなのですね。
 これまで多くの場合、日本での親善試合が発表されるとそのあとになって韓国からも試合の申し出あって、連戦をするというパターンが確立されていました。
 もちろん、日本と一緒に交渉したというわけではなく、「日本に来るのでしたらついでに韓国ででもどうですか」というものなのですが。このパターンを知る人からは「バリューセットかよ」と嘲笑されていたものです。
 ですが、11月に関しては日本はヨーロッパでブラジル、ベルギーとの親善試合でバリューセットは使うことができません。
 というわけで、寄生先を中国に替えてバリューセットをやろうとしたそうなのですが。

 実際には中国もなにも決まっていなくて韓国も決められていないという状況。
 11月のAマッチデーは6〜14日。あと2〜3週間しかないっていうのに。
 でもまあ、アイスランド、コロンビアとやるのであればなかなか悪くない選択だとは思います。アイスランドは去年のユーロ2016での躍進も印象的でしたし。

 あと12月の東アジア選手権……じゃなくてE-1選手権でしたっけ?(このネーミングしたヤツは積弊勢力として高く吊されるべき)
 リッピの率いる中国がどうなっているのか、ちょっと見てみたいですね。それだけでもけっこう見所のような気がします。
 北朝鮮と韓国は……まあ、いいとして。

やる夫 コロンビア 長袖Tシャツ
サモエスキー
2012/12/4

サッカー韓国代表、FIFAランキングで中国以下の62位まで下落。W杯ポット4が確定。にも関わらず、代表監督は「抽選会前までがんばる」と発言

10月のFIFAランキング、中国よりひどい無能さ(NAVERスポーツ)
大韓民国サッカー代表チームのFIFAランキングが60位圏外に押し出された。9月にランキングから51位だった大韓民国サッカーは、10月にランキングでなんと11階段や離れた62位を記録した。これまでの不振が反映された結果だ。

世界の62位のFIFAランキングは、アジアでは5位に該当する。アジア総4.5枚のチケットが与えられるワールドカップであることを勘案すれば、今、韓国サッカーの地位を象徴的に物語る数字とすることができる。(中略)私たちは、中国よりも下に置かれたのは、FIFAランキング集計史上初めてのことだ。韓国サッカーに誇りを持つサッカーファンたちにはそれこそ失望を超え衝撃的な場面である。

アジアで5位、しかも中国より下の順位は、それ自体で残念なことである。しかし、より残念なのは実利を取りまとめるなかったのだ。今回の10月にFIFAランキングは、来年に開かれる2018年のFIFAロシアのワールドカップ本大会の組み合わせ抽選のためのシード/ポット割り当ての唯一の基準であるからである。FIFAは、以前のワールドカップシード/ポット割り当ての順位と地域手配など、さまざまな基準を動員したことを廃止し、今回は単純に10月のFIFAランキングだけ分類基準にすることにした。

これらの原則によって大韓民国は最下位である4番ポットが既に確定したのだ。 (中略)

FIFAは「2017年10月のFIFAランキングに基づいてワールドカップシード/ポット割り当てをする」と、すでに組み合わせ抽選原則を明らかにしていた。しかし、大韓サッカー協会と代表チームは、この基本的な情報の共有が不足していたようだ。代表のシン・テヨン監督は昨日親善試合など出張を終えて帰国した記者会見でこのように述べた。「12月の抽選会までいくら(FIFAランキングを)引き上げても、4ポットに入らないようだ。ランキングではなく、ワールドカップのロードマップを作成すると考えている。」10月のランキングがロードマップの基礎だということ、もうすべてが決定されたことすらも知らなかったのだ。

今回のワールドカップの組み合わせ抽選で11月や12月FIFAランキングは何の意味もない。10月のランキングだけが次のワールドカップのための準備に含まれる。数回のAマッチを使用してスコアを削ってしまった私たちに、4ポートが指定されたのは単純に競技力不振の問題として見ることができない。代表行政をはじめと大韓サッカー協会の総体的無能の結晶だ。

実際に私たちの代表チームは、10月の半分が過ぎた今も11月初めにあるAマッチ2試合の相手チームを定めていない。W杯本大会まで残されたAマッチデーは11月と3月の二回だけだ。12月の東アジアカップは欧州組なく行われる予定である。ワールドカップまで8ヶ月も残っていない限られた時間を、なぜこのように無駄に消費することができるのだろうか。「無能」という言葉を課するしかない状況である。
(引用ここまで)

 ……これはさすがに無能の謗りを受けてもしかたないなぁ。
 日本も先日のハイチ戦でぎりぎり引き分けることができたので、ポット3の可能性を微妙に残しているのですが。
 本来であればあれは勝たなければいけない試合で、ポット3の可能性を少しでも高くするための組み合わせだったのでしょうけどね。

 それにしても代表監督が10月のFIFAランキングでポットが決まるということを知らなかったなんてのはないわー。
 たとえ協会から知らされていなかったとしても、自分で情報収集すべきレベル。
 ……2軍相手のモロッコ戦でソン・フンミンが代表で370日ぶりとなるゴール(でもPK)を挙げた以外、得点できなかったっていうのはこのあたりの意思疎通ができていなかったせいでもあるんですかね。
 選手がロシア、モロッコの2連戦の結果によってポットが決まるということを周知されていなかった可能性もあるということか。

 で、さらに11月6〜14日が国際Aマッチデーなのですが。
 韓国代表は11月に国内で親善試合をする予定をかなり前からアナウンスしていました。
 いまだにその対戦相手を発表すらできていない。
 チュニジアのことがあったので完全決定していない段階では発表できないってことでもあるのでしょうが。
 チケット販売のスケジュールもあるだろうに。
 そりゃまあ、代表サポが空港で「韓国サッカーは死んだ!」ってデモする状況ではあるか……。

無能の人・日の戯れ(新潮文庫)
つげ義春
新潮社
1998/2/26

韓国代表サポ「韓国サッカーは死んだ!」と空港で抗議デモ。「弱いのは協会と監督の責任だ!」だそうです……

「韓国サッカー死亡」 空港で抗議デモ、申監督の会見中止(朝鮮日報)
 ふがいない試合が続いて世論の批判の矢面に立たされているサッカー韓国代表の申台竜(シン・テヨン)監督が15日、遠征先のモスクワから仁川国際空港に帰国した際、ファンの激しい抗議デモに遭ってインタビューの中止という事態に追い込まれた。

 申監督は欧州での親善試合2試合のため今月2日に韓国を出国し、試合が終わった後も金鎬坤(キム・ホゴン)技術委員長と共に現地に残り、ワールドカップ(W杯)ロシア大会のベースキャンプ地などを視察してから帰国した。9時25分の到着予定だったが1時間ほど遅延した。

 申監督は当初、空港で記者会見を開く予定だった。代表チーム監督は、帰国した際に空港でインタビューを行うのが慣例になっているからだ。この日は取材陣に対し、欧州2連戦の成果とベースキャンプ地視察などについて説明する予定だった。

 しかし、サッカーファンの団体「サッカーを愛する国民」のメンバーらが午前中から空港で抗議デモを繰り広げた。メンバーたちは「韓国サッカーは死んだ」「文化体育観光部(省に相当)、サッカー協会の不正を調査せよ」と書かれた横断幕を掲げてデモを続けた。

 メンバーらは声明で「国家代表チームは2018年W杯ロシア大会を前に、国民に対しサッカー史上最悪の挫折感と苦痛を与えた。このような危機をもたらしたのは、無能な監督と大韓サッカー協会に責任がある」と主張するとともに、申監督と金委員長の辞任を要求した。

 デモ現場が異様なムードに包まれていたため、サッカー協会は申監督が到着する前に、インタビュー会場の設備を撤去したという。申監督は結局、サッカー協会と協議の上でインタビューを中止し、予定されていたゲートとは異なるゲートから出てきた。帰国インタビューの場所はその後、ソウル市内のサッカー会館に変更された。
(引用ここまで)

 これは面白い。
 なにが面白いって「文体部はサッカー協会の不正を調査せよ!」って文言を掲げてデモをしているという部分。
 つまりですね、ムン・ジェイン政権で追求されている「積弊」がサッカー協会にもある、と彼らは思っているのですよ。
 もっといえば、韓国サッカーが現在のようなていたらくなのはサッカー協会の責任だ、と。
 シン・テヨンは大した手腕も持っていないのに代表監督に就任できてしまったのはおかしいではないか、と言ってデモをしているのです。

 「韓国サッカーはもっと強いはずなのに、サッカー協会がそれを邪魔している」というのが彼らの主張なのですね。

 サッカー協会さえちゃんとしていれば、倍達民族である韓国にふさわしい強さを誇れるはずなのに。
 サッカー協会がダメだから、ガーディアン紙から23カ国中22位とされるようになってしまったのだ。
 つまり、これらの主張の裏側には「韓国サッカーはアジアでもっとも強いはずだ」という自負心が彼らの中にあるということなのです。

 まあ、この主張が全部間違っているとも思いませんが。
 ワールドカップ予選残り2戦で監督交代。
 予算も時間もないからという理由で国内から「3点獲られた以外は完璧な試合」っていうコメントを残したシン・テヨンが就任。
 引き分けふたつでなんとかワールドカップへのチケットは得られたものの、それ以上の収穫はほぼゼロ。
 10月の親善試合はヨーロッパ遠征でロシア、チュニジアと戦うと聞いたときは「悪くない選択だなぁ」とか思っていたのですが、チュニジアからは「韓国とやって得られる利がない」と向こうからキャンセル。
 ヨーロッパ遠征の2連敗も含めて6戦連続で勝利なし
 おまけに11月の国際Aマッチデーは「国内で2戦」って言っているけど、まだ対戦カード発表できていないというような状況。
 ひとつひとつの動きが笑ってしまうくらいに効果的でないのですよね。

 選手のほうもここ数年、誰ひとりとしてKリーグからヨーロッパに向かっていない。
 ヨーロッパにいる選手もレギュラーはほぼいない。ソン・フンミンすら今節含めてスタメンフル出場ゼロ。
 これじゃサッカー協会が打てる手もそんなないですよね。

すべては「先送り」でうまくいく
フランク・パートノイ
ダイヤモンド社
2013/3/28

英紙、ワールドカップ出場決定国のランキング発表、日本は19位。韓国は…… → 韓国ネチズン「韓国のこの順位は過大評価されすぎだろ!!」

英ガーディアン「韓国、ワールドカップ確定23チームのうち22位」(ニュース1・朝鮮語)
World Cup 2018 power rankings: Germany on top among qualified 23(The Guardian・英語)
韓国サッカー代表チームが「2018国際サッカー連盟(FIFA)、ロシアワールドカップ」出場を確定した23チームのうち22位という評価を受けた。

英日刊紙ガーディアンは11日(現地時間)、ロシアワールドカップ進出を確定した23チームのパワーランキングを選定、発表した。韓国は22位にとどまった。ワールドカップに初めて出るのパナマが韓国よりも順位が低い唯一のチームである。

この媒体は、韓国に対して「最近、ロシアに2-4、モロッコに1-3で敗北するなど、3月以降、1勝も上げられずにいる。ワールドカップでの成功を期待するのは難しい状況だ」と否定的に評価した。 (中略)

ガーディアンは「シン・テヨン監督が赴任したが、ファンの信頼を得ていない。一部のファンはヒディンク前2002年ワールドカップ監督の就任を望んでいる」と付け加えた。
(引用ここまで)

 英ガーディアン紙が現在までにワールドカップの地区予選突破が決まっている23カ国をランキングして、ちょっとしたコメントを書いています。
 1位ドイツ、2位ブラジル、3位スペイン、4位フランス、5位ベルギー。
 日本は19位。まあ、現状評価はこんなもんでしょう。文句はございません。11月のベルギー、ブラジル2連戦は自分の位置を確かめるための試合になるでしょうね。
 いかにして上のチームと戦えるようにするか、という。

 さて、このランキングで韓国は22位。下には北中米予選から初出場のパナマだけ。
 さぞかしネチズンは憤っているのだろうなぁ……と思っていたらそうでもなく。

「中国にもやられるのにパナマよりも上だと?」
「すべてやめて大韓サッカー協会の解体手順を踏まなければ……お願いだから……」
「過大評価されてますね。我々が北中米予選を通ってきた国にどう勝つというのか」
「ワールドカップで1分2敗ならまあ奇跡」
「そもそも23カ国の中に入ること自体が間違い」

 おおよそこんな感じで自虐しまくり。諦めモードに入ってますね。
 若干、「2002年のようにやらなければ!」という声があるていど。
 韓国代表の現状というものをよく表しているとは思います。
 本当にヒディンクはこんな状態の韓国に来るんでしょうかね?

図解・日本人のランキング (角川新書)
統計・確率研究会
KADOKAWA / メディアファクトリー
2015/2/10

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ