楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

サッカー

 相互RSS募集中です

サッカー韓国代表監督シュティーリケ、留任が決定 韓国サッカー協会「更迭しても次の監督を用意できないので……」

[オフィシャル]シュティーリケ監督、続投確定。大韓サッカー協会「再び信頼する」(InterFootball・朝鮮語)
プランBはなかった。大韓民国サッカー代表チームウリ・シュティーリケ監督の留任が確定され、契約期間である2018、ロシアワールドカップまで指揮をとる。 (中略)

しかし、選択肢がなかった。一言でいえばプランBがなかった。実際にすべての状況が悪化している。もしシュティーリケ監督を更迭した場合、確実な選択肢が必要だったが完璧な代替者を選ぶためには時間、財政などが良くなかった。また、後任監督は最終予選3試合を行わなければならにワールドカップ本大会出場が有力でもない状況で、指揮をとる監督がそれほど多くない。

過去2014年、ブラジルのワールドカップの失敗も教訓になった。当時のサッカー協会は、W杯本大会進出に成功し、チェ・ガンヒ監督が退いたあとにロンドンオリンピックで銅メダルを獲得したホン・ミョンボ監督に指揮を任せた。当時も多くの論争があったが、あまりにも絶大な支持を誇っていたホン・ミョンボ監督だったので問題が生じなかった。しかし、結果的には徹底的に失敗し、協会はその時の教訓を忘れなかった。

確実な候補群がないことも問題であった。協会の予算がそれほど豊かではない状況で、誰もが望むような監督を連れて来ることは容易ではなかった。
(引用ここまで)

 今日の技術委員会で更迭か留任かの判断がされていたウリ・シュティーリケの留任が発表されました。
 14:30にはじまって15:30には発表の予定だったのですが15分ほど遅れての発表となりました。
 この遅れが現状の韓国代表の位置を如実に語っていますね。

 ちなみに韓国国内では「更迭せよ」との意見が多数を占めていました。
 中国戦でのスコア以上の完敗を恥とする意見が多かったようですね。
 この発表記事から10分ほどで500オーバーのコメントがついていて、そのほとんどが「なぜ更迭しなかった」というものばかり。
 「韓国サッカーは今日終わった(〜2017.04.03)」「2022年の用意をはじめよう」っていうコメントにはクスっときましたけども。

 まあ、すごく簡単にいえば韓国には「新監督を招聘するコネも予算もない」ってことなのです。
 韓国国内で待望論のあるホン・ミョンボはブラジルで失敗していますし、そもそも現在は中国の2部リーグで監督をやっています。
 アギーレはけっきょく八百長の嫌疑なしということになったらしいので空いているけども、日本のお古の上にサラリーも相当なものになるでしょう。

 選択肢がシュティーリケしかない、っていう消極的な留任決定。
 ……まあ、そもそも監督がどうこうっていう問題じゃないですけどね。bんr  選手のクオリティーが低いことと、ソン・フンミンがいなくなっただけでアウェイとはいえ中国にせり負ける層の薄さこそ議題にすべきでしょうけども。

 監督だけに問題をなすりつけて辞める辞めないっていうなんてところは、どこかで見た構造と一緒ですね。
 おっと、コメントは2300を超えました(笑)。

勝負哲学
岡田 武史 / 羽生 善治
サンマーク出版
2011/10/5

韓国が中国に敗れてW杯最終予選A組2位は3チームが争う混沌状況、勝ち点18前後でワールドカップ進出か? シミュレーションしてみた

<W杯サッカー>韓国、中国に敗れる…容易でない本大会行き(中央日報)
韓国はこの日の敗戦で3勝2敗1分け(勝ち点10)となった。シュティーリケ監督はW杯本大会直行のために「勝ち点22」獲得を目標にしているが、この日の敗戦で本大会への道のりは険しくなった。目標を達成するには韓国は残り4試合を全勝で終えなければいけない。カタール戦(6月13日)、ウズベキスタン戦(9月5日)がアウェーであるうえ、難敵イランとのホーム試合(8月31日)も残っている。

一方、中国は3敗2分け後に初勝利をつかみ、W杯本大会進出へのわずかな望みをつないだ。韓国は中国と32回対戦し、2敗目(18勝12分け)を喫した。2010年の東アジアカップ(0−3敗)以来7年ぶり、2回目の敗戦だ。 (中略)

一方、同じ組のウズベキスタンはこの日、アウェーでシリアと対戦し、0−1で敗れた。ウズベキスタンは3勝3敗(勝ち点9点)となった。
(引用ここまで)

 さて、中国に衝撃の敗戦を遂げてしまった韓国代表ですが、韓国国内では「このままでは2位以内も危ない」という論調が出てきました。
 実際にどんなもんかというのをチェックしてみましょう。現在のところ、イランはほぼ突破決定。
 2位争いは勝ち点10の韓国、勝ち点9のウズベキスタン、勝ち点8のシリアに絞られてきていると思われます。
 それぞれの対戦相手を見てみましょう。

●韓国 勝ち点10
 03/28 シリア(H)
 06/13 カタール(A)
 08/31 イラン(H)
 09/05 ウズベキスタン(A)

●ウズベキスタン 勝ち点9
 03/28 カタール(H)
 06/13 イラン(A)
 08/31 中国(A)
 09/05 韓国(H)

●シリア 勝ち点8
 03/28 韓国(A)
 06/13 中国(H)
 08/31 カタール(A)
 09/05 イラン(A)

 それぞれカタール、イラン戦を残していて、ここでそれぞれイランが勝ち、カタールが負けるという想定で勝ち点3を計算しましょうか。いや、実際は分かりませんが。まあ、そういう想定で。

 韓国はシリア戦で勝てば勝ち点16で最終戦のウズベキスタン戦を迎えられます。
 ウズベクはイランに負けてカタール・中国に勝つとして、勝ち点15で韓国戦。
 シリアは韓国戦に引き分ければ勝ち点15までは見えています。おそらく1位抜けしているであろうイラン戦がアウェイなのがきついところですね。さすがにホームのイランで勝ちを計算するのは厳しそう。

 つまり、韓国は28日のホーム開催のシリア戦で引き分け以下だと本当にやばいことになりそうです。
 この場合、勝ち点14(負ければ12)で最後のアウェイのウズベク戦に臨むわけです。
 逆にシリアに勝てば勝ち点16でウズベキスタンを上回って、余裕を持って戦える。

 韓国は最後まで予選を楽しめそうです。
 リーグ戦で下位にいる勝ち点供給機に負けると、一気に苦しくなるというのがよく分かりますね。直接対決で負けるのとほぼ同じダメージとなるわけですから。
 シリアも初戦でカタールに負けたのがここまで響いているわけです。
 そういうわけでキャスティングボートは中国とカタールが握っているといっても過言ではなくなってきました。

 まあ、ありそうなシナリオはウズベクがカタール戦、中国戦のどちらかでヘタこいて韓国が楽になるってパターンかなぁ。
 今回のシリア戦でもそうですが、本当に堪え性がないのですよね……。

ワールドカップがもっと楽しめるサッカー中継の舞台裏 (角川SSC新書)
村社 淳
KADOKAWA / 角川マガジンズ
2014/6/13

【韓国の反応】韓国代表、中国に衝撃の敗北。韓国人「シュティーリケを更迭しろ!」

韓国、中国に0-1衝撃敗... W杯本大会赤信号(マイデイリー・朝鮮語)

 何度か「NAVER配信のニュースでコメントが1000を超えたら相当に大きなニュース、5000を超えたら大事件であるという証」という話をしてきています。
 この対中国での敗戦、それも半ば以上為す術ないままでの敗戦は相当にショックだった模様です。
 現時点で19000オーバーのコメントが寄せられています。じわじわ増えているので2万件を突破するかもしれませんね。
 これ以外のニュースにも多くのコメントがついています。
 いくつか他の記事も含めてコメントを紹介しましょうかね。

「これがシュティーリケとリッピの差だよ」
「シュティーリケ更迭が答え」
「チャ・ブングンはアウェイの地で更迭された。シューティリケもそうすべきだ」
「(FWの)キム・シンウクはなにをしていたんだ。髪の毛だけ派手にして(訳注:緑色のモヒカンでした)」
「(中継した)JTBCはグランドスラム達成だ。野球サッカー青瓦台と。ふふふ(訳注:野球でもサッカーでもケーブルテレビ局のJTBCが放映すると負けるというジンクスがあります)」

 ざっくりコメントの半分くらいはシュティーリケの更迭を求めているものです。つまり、韓国代表が弱いわけではないと言いたいのでしょう。
 監督を更迭させたところで誰にやらせるつもりなのやら。

 さて。これまで韓国−中国戦は31回行われてきて、中国代表は1勝18敗12分と圧倒されてきました。「恐韓症」にかかっているとまで揶揄されていたほどでした。韓国代表にはそれ故の慢心があったのかもしれませんね。なにがあっても中国には負けないだろうと。
 中国代表はゴールキーパーがありえないミスを犯して得点されてしまい、士気がぐだぐだになって大量失点とかいうパターンを踏むことが多かったのですが。
 昨日の試合ではそのキーパーが大当たり。見ていただけでもファインセーブが3回くらいありました。

 とはいえ、韓国が根本的に攻め手を欠いていたのも間違いなかったですね。
 リッピの戦術か、それとも戦う精神を叩きこまれたのか。守備もこれまでとは異なり、組織的でした。
 中国は今回、ワールドカップに行けなかったとしても、強くなるかもしれません。面倒だなー。 

宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術 (朝日新書)
宮本 恒靖
朝日新聞出版
2012/6/13

W杯最終予選:韓国代表、アウェイで中国に痛い敗戦。A組もかなりの混戦に

 おっと、なんと韓国代表がこれまで2引分のみで勝ち点2だった中国に負けました。
 これで韓国の勝ち点は10のまま。
 シリア−ウズベク戦の試合結果によっては3位転落もありえます……と思ってたらウズベキスタンがPK献上で負けました。ウズベクは毎度毎度堪え性がないなぁ……。

 これでシリアが勝ち点8、ウズベキスタンが勝ち点9、韓国が勝ち点10と一応、2位はキープ。
 シリアはホームで韓国と引き分けた試合が効いてますね。

 いやぁ、それにしてもアウェイとはいえ中国に負けるとは……。中国のゴールキーパーがきれっきれだったのですが、それを差し引いても韓国には攻め手がなかったように見えました。
 韓国ではこれまで「中国は恐韓症にかかっている」とか言っていて、実際に最後に勝利したのは2010年の日本開催だった東アジアカップにまで遡ります。3-0での負けだったかな。
 このときの韓国代表はKリーグの選手をメインにしていたので、それほどのダメージはなかったのですが。
 今回はワールドカップ予選なのでほぼフルメンバーでの敗退。
 28日は自力で突破も見えてきて士気が上がるであろうシリアとの試合。ホームとはいえ、油断できなくなっていますね。
 韓国メディアは「A組なら楽々突破だ」みたいに書いてましたけど、ふたを開けたらこう。
 アジアは全体的に底上げされてきている、ということなのでしょう。
 おっと、さらにイラク−オーストラリアが引き分け。これで日本代表はちょっと楽になったかな。

ワールドカップがもっと楽しめるサッカー中継の舞台裏 (角川SSC新書)
村社 淳
KADOKAWA / 角川マガジンズ
2014/6/13

韓国サッカー協会会長「2030年のワールドカップは韓国、中国、日本、北朝鮮の共催で!」 → JFA会長「寝耳に水。なにも聞いてません」

30年W杯 日中との共同開催目指す=大韓サッカー協会長(聯合ニュース)
田嶋会長 韓国の30年W杯4カ国共催意向に「寝耳に水」(スポニチ)
大韓サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長は2日、ソウル市内で会見を行い、現時点では議論の段階とした上で、「南北を含む、中国、日本と2030年ワールドカップ(W杯)を共同開催したい」と話し、韓国と北朝鮮、中国、日本の北東アジア4カ国による共同開催を進める考えを示した。 (中略)

 鄭会長は「2002年の韓日W杯に続き、2030年にもわが国民の応援の声が響きわたればうれしい」とし、「当該国と(共同招致のために)協議していく」と話した。
(引用ここまで)
 韓国サッカー協会の鄭夢奎会長が30年W杯を日本、中国、北朝鮮を含む4カ国で共催したい意向を示したことを受け、日本サッカー協会の田嶋会長は「寝耳に水。相談したこともないし、相談を受けたこともない。びっくりしている」と驚きを隠さなかった。

 国際サッカー連盟(FIFA)は26年大会の出場チーム数を現行の32から48に拡大することを決定。スタジアムの確保など運営面のハードルは上がるが、日本は50年までの単独開催を目指す方針を打ち出している。
(引用ここまで)

 2026年のワールドカップから出場国が48カ国になることが予告されています。
 48カ国が出場するとなると、韓国での単独開催は確実に無理。国力的に。
 そこで日韓中+北朝鮮というオプションで勝負に出ようということでしょう。

 北朝鮮というのがキモなのですよ。
 これまでもオリンピック誘致なんかで「北朝鮮を開催国として扱うことで平和の祭典という意味を強調させることができる」なんてお為ごかしを言ってきましたっけ。
 まあ、北朝鮮と韓国が合同で入場したことはあっても、共催なんかしたこたないのですけどね。

 グループリーグは3カ国が1グループの16組になるということなので、会場もこれまでも多く必要になることでしょう。
 どっちにしても日本でもかなり厳しいかな。
 いま4万人以上収容のスタジアムが12くらい? 付随施設の問題もあるけど、正式には4万人以上じゃない吹田と建設途中の新国立も含めればグループリーグはなんとかなるか……。
 準決勝ができる6万人収容はさいスタと日産スタジアムくらい。新国立も同規模。
 FIFAが求める決勝開催可能なスタジアムは8万人以上。新規建設するのかなー。

 でもまあ、次のアジアでの開催は中国で……でしょうね。どう考えても。サッカー振興の意味でも、経済力の面でも。
 2030年に中国がひとつであれば、ですけど。
 というか48カ国参加のワールドカップを開催できるのはアジアでは中国か日本だけでしょ。

 そこにすがりつくようにしておこぼれをもらおうとしているだけなのですよね。
 ……なんだ、2002年と同じじゃないですか。
 どっちにしても韓国と一緒になにかやるなんてもう勘弁。

FIFA審判委員長、「ビデオ判定が長い? 2002年のスペインだったら5分だって長くないと思うんじゃないかな」

FIFA ref's chief defends Club World Cup VAR trial after Ronaldo goal(ESPN・英語)
 FIFAの審判委員会の責任者であるマッシオ・ブサッカは日本で行われているクラブワールドカップにおいてテストされているビデオ判定に対する批判に対して反論を行っている。 (中略)

 主たるビデオ判定に対する批判は時間がかかるというものだ。

 しかし、ブサッカは「(判定に)タイムリミットは設けられていない」、大事なことは「正確な判定が行われることだ」と述べている。

「スペインは韓国でのワールドカップでの試合で判定が修正されるのであれば、30秒だろうと5分だろうと待つことを気にしたりはしないと思います」とブサッカは2002年のワールドカップで完璧に決められたように見えたふたつのゴールを取り消された挙げ句にPKで敗退したスペインを例に挙げた。
(引用ここまで)

 FIFAの審判委員長という重要な立場にいる人物が、今回のクラブワールドカップから導入されているビデオ判定について擁護しています。
 「正確な判定が必要だ」として、具体例を挙げるときにマラドーナの神の手でもなく、1966年のイングランド−西ドイツの誤審でもなく、2010年のその逆の誤審でもなく。
 韓国−スペイン戦の「誤審」をピックアップするところに、2002年のすべてが込められていると思いますね。

 まあ、もうちょっと洗練されたやりかたをする必要があるとは思いますが。
 ゴールについてオンサイドであったか、オフサイドであったかすべてビデオ判定するんですかねぇ……。

電通とFIFA〜サッカーに群がる男たち〜 (光文社新書)
田崎 健太
光文社
2016/2/20

ソン・フンミンがアジア人初のプレミアリーグ月間MVP → クラブのカレンダーには掲載されず……

ソン・フンミン、2017年トッテナム公式カレンダーから除外(スポーツ韓国)
ソン・フンミン(トッテナム)が2017年に球団公式カレンダーで抜けた。現地メディアも意外という反応である。

トッテナムが球団公式ホームページを通じて販売を開始した新年のカレンダーは、月ごとに12人の選手の写真が含まれている。 1月は、ハリー・ケーンが飾られており、続いてウーゴ・ロリス(2月)ヤン・フェルトンゲン(3月)トビー・アルデルヴァイレルト(4月)エリック・ダイアー(5月)デル・アリ(6月)クリスティアン・エリクセン(7月)ヴィクター・ワニャマ(8月)エリック・マヌエル・ラメラ(9月)ダニー・ローズ(10月)カイル・ウォーカー(11月)フィンセント・ヤンセン(12月)の順である。

ほとんど主戦級選手だが、今年の夏に新しく合流したワニャマとヤンセンも掲載されている。ただしソン・フンミンはムサ・シソコ、ムサ・デンベレなどとともに名前を上げなかった。去る9月イングランドプロサッカープレミアリーグ(EPL)今月の選手賞を受賞するなど、今シーズン主力選手として跳躍したことを考えてみれば、意外としかいえない。

現地週刊誌のハートフォードシャーマーキュリーも「シソコとソン・フンミンの両方トッテナムのカレンダーに陥った」と関連ニュースを伝えた。この媒体は、特に「市場性の良い選手の一人であるうえ、9月、今月の選手賞を受賞した「コリアンスター」ソンフンミンの名前が除外された」とやや意外という反応を示した。

一方、ソン・フンミンは昨年9月、アジア選手としては初めてEPL今月の選手賞を受賞した。当時、彼はリーグ3試合で4ゴール1アシストの大活躍を見せた。ちょうど10月と11月には、リーグ7試合に出てゴールを記録していなかった。彼の最後の攻撃ポイントは、先月2日、マンチェスター・シティー戦1アシストである。
(引用ここまで)

 ソン・フンミンは9月の3試合で4ゴール1アシストという活躍で、プレミアリーグの月間MVP獲得してましたね。
 楽韓Webでは10月の頭に「体調のピークを開幕時に持ってきて、他の選手が本調子じゃないときにゴールを量産する」という話をしていました。
 で、それ以来、2ヶ月間ゴールゼロ。
 ここ数年、いつものパターンなのですけどね。今年は特にオリンピックがあったので、ピークがさらに前倒しになっていたのでしょう。
 そもそも、前線に貼りついてゴールしか狙わないというプレースタイルの選手なのに、ゴールがないんじゃお話にならないのですよ。

 で、そんな選手がカレンダーに掲載されなかったっていう話なのですが。
 まあ……顔と言ってもいい1月には載せられない。さりとて後半に載せたら、そこまでいるかどうかも分からない。
 今シーズンも「ブンデスに復帰するんじゃないか」と散々言われていましたからね。
 そういう微妙な選手は載せない、で終わりじゃないですかね。

 そういえばレバークーゼンの2014年カレンダーの表紙はソン・フンミンでした。
 内田にボールを奪われているシーンでしたが(笑)。

そういえばオシムの新刊が出ていたのだった。
急いてはいけない 〜加速する時代の「知性」とは〜 (ベスト新書)
イビチャ・オシム
ベストセラーズ
2016/9/8

韓国代表、U-16に続いてU-19でも予選リーグ敗退、育成方針大失敗!?

U-19韓国代表、“歴史的大逆転”で敗退…2連勝スタートなのに(Qoly)
バーレーンで行われているAFC U-19選手権。

U-20ワールドカップの予選も兼ねるこの大会で、グループAに入った韓国はタイとバーレーンにそれぞれ勝利し、グループステージで連勝スタートを飾り首位に立っていた。

しかし、最終節に波乱があった。

サウジアラビアとのゲームで逆転負けを喫し、なんとグループステージ敗退が決まったのだ。

32分に先制した韓国であったが、その後38分と64分にそれぞれ失点。1-2で敗れ、2勝1敗でグループステージの戦いを終えた。

しかし他会場で行われていた試合で、開催国であるバーレーンが3-2でタイに競り勝つ。この結果、韓国とバーレーン、サウジアラビアが勝ち点6で並び、AFCが定めるレギュレーションによって順位决定がなされた。

今大会では勝ち点が並んだ際、グループ全体での得失点差ではなく、当該チーム同士の結果が参照される。

この3チームは「当該チーム同士の勝ち点」、「当該チーム同士の得失点差」が全て同じであり、対象となったのは「当該チーム同士での総得点」。

これにより、2試合で6点をあげたバーレーンが1位、4点をあげたサウジアラビアが2位に入り、3点の韓国は勝ち点6をあげながら3位に転落してしまったのだ。

国際トーナメントにおいて2勝1敗で敗退するケースは時折見られるが、2連勝スタートからの敗退はかなり珍しいと言える。韓国は来年開催されるU-20ワールドカップのホストカントリーであるためすでに出場権を手にしているが、ショッキングな形で大会を後にすることとなった。
(引用ここまで)

 AFC U-16選手権に続いて、AFC U-19選手権でも韓国代表が予選リーグで敗退。
 サッカーの予選リーグで1弱は危険なのですよね。こんな風に2勝してもリーグ敗退の危険性があるので。

 さて、これまで日本代表もアンダーエイジの代表で勝負弱いことが指摘されてきて、往々にしてU-16/U-19の準々決勝で敗退してU-17、U-20ワールドカップへの切符を逃してきました。
 それをもって「これで世界でもまれる経験を逃すことになった」って批判されてきました。

 でも、さすがにAFC選手権で予選リーグ敗退、それもU-16、U-19揃ってなんて事態は記憶にないなぁ……。
 U-23になる五輪代表ではそれなりに結果を残していますしね。アンダーエイジでのフィジカルに問題があるのは間違いないのですが、成長線が閉じる頃になれば対抗できるようになる、という感じかな。
 テクニックとフィジカルのバランスがこの時期になれば取れるようになるのでしょうね。

 その一方でフィジカルエリート(だけ)を選んで選抜してきた韓国代表にとって、これは緊急事態といえるのですが。
 あ、それでも来年に開催するU-20ワールドカップは韓国でやるらしいのですよ。
 というわけで開催国枠をキープできているんですって。
 よかったですね、開催国で。

これだけは名著といってもいいと思う。
28年目のハーフタイム (文春文庫)
金子達仁
文藝春秋
1999/10/10

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
Blu-ray+DVD+デジタルコピー版
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ