楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

面白記事

 相互RSS募集中です

韓国での政権批判のコメント書きこみ犯、大阪総領事の座を狙っていた理由は「日本が沈没するから」……??

「コメント操作」ドリューキングが「大阪総領事」要求した理由は(ハンギョレ)
インターネットポータルサイトでムン・ジェイン政府誹謗コメントを書いて推薦数などを操作した疑いを受けているキム某(ID「ドリューキング」)氏が昨年の大統領選挙後のキム・ギョンス加え、民主党議員に大阪総領事職を要求したことが明らかに最近の議論になってている。これに対してキム氏が運営していた経済的共振化集団の会員が「いくつか預言のような内容がある。日本が沈没 する場合に備えたものである」と16日主張して目を引く。 (中略)

◆匿名> 日本は、最終的には崩壊すると信じているんですよ。だから日本を離れる資本があり、それらのための場所が必要なような時点が来るということで準備をするんです。当然あちらで影響がある人、このような人々とコネをつけなければなりませんし。

◇キム・ヒョンジョン>ちょっと待ってね。日本はあなたたちの預言、「ソンハ秘訣」によると、日本は沈没する。そのために政界にコネをつける。それはなんの言葉ですか? 沈没をするのになぜコネが必要ですか?

◆匿名>沈没したら多くの人がどこに行くか? 近くの韓国とか北朝鮮、満州とかそういったところに最終的には場所が必要になるだろう、現時点で我々の組織内部の人間が、そういったことに関しての準備する必要がある。このような計画があるんです。

◇キム・ヒョンジョン>私は今聞いてもこれが何の論理なのかはよくわかりませんが……そのためには、今総領事として行っておいてあらかじめベースを固める必要がある……このようなものですよね?

◆匿名>はい。
(引用ここまで)

 で、出たー。
 日本沈没説。韓国では基本的な認識のひとつです。
 韓国特派員が現地の人と仲良くなると「韓国に引っ越してきなさい。日本は沈没するのだから」って助言されるっていう話があるくらいで。
 日本人がこれといって正式に仏教のことを学んでいなくても「地獄」とか「三途の川」について知っているように、韓国では「日本は将来沈没する」というのは常識なのです。
 どんなに日本が優位であっても、二言目には「でも日本は沈没するんでしょう」って言われるくらい。
 日本列島が総じて沈むような事態だったらすぐ横の韓国が無事でいられるわけないのですがね。

 おそらくエドガー・ケイシーのアカシックレコード云々の予言から来ていると思われます。
 1958年から1998年の間に日本列島は太平洋に沈むというもので、これが韓国人の願望とあわさったものとなっているのでしょう。
 韓国では本当に一般的に知られている話なのです。
 ドリューキングは自分、もしくは自分が開催している団体(経済的共振化集団)のメンバーがそれに備えて日本の総領事にならねばならないという認識だったとのことです。

 わけが分かりませんかね。
 でもまあ、こうして「大仰なことを声高に叫ぶ」というのはカルトの首領がよくやる手段。
 主催していた団体のメンバーに向けて「私はムン・ジェインを支持した。その見返りとして日本大使、もしくは日本総領事になる」というような話が、自分を大きく見せるために必要だったのでしょう。
 なんというか……滑稽なことこの上ない事件ですね。

新装改訂版 眠れる予言者 エドガー・ケイシー
光田 秀
総合法令出版
2018/2/14

韓国ニュースサイトに政権批判コメントをマクロで書き込んでいた人物、実際にはムン・ジェイン支持者だった。犯行動機は「ウリなのに分け前をもらえなかったから」だった……

親ムンパワーブロガーである「ドリューキング」、大阪総領事の地位を要求していた(京郷新聞・朝鮮語)
ムン・ジェイン政府を批判するインターネット世論操作に拘束されたキム某(48)が大統領選挙後に加え、民主党議員に大阪総領事職を要求したと15日、確認された。金氏は、オンラインで「ドリューキング」というペンネームで活動してきた有名な論客で、これまで親ムン・ジェイン性向を示している。(中略)

コメント操作の疑いで逮捕されたデモ3人のうち、金氏は、オンラインで「ドリューキング」というペンネームで活動してきた有名ブロガーであった。彼運営するブログ「ドリューキングのデータウェアハウス」は、累積訪問者数万980万人に達している。2009年と2010年には、ネイバーのプレビュー・人文・経済分野」パワーブログ」で2年連続選ばれた。金氏は、2000年代から盧武鉉前大統領を公然と支持するなど、親盧武鉉・チンムン・ジェイン性向論客でも知られている。昨年の大統領選挙を控えてドア大統領を公開支持し、2012年の大統領選挙では、アン・チョルス当時大統領候補について「MB(李明博前大統領)の復活」と主張した。

金氏は、オンラインの認知度をもとに、2014年の「経済的共振化の会」というインターネットカフェを開 して会員を集めてオンラインだけでなく、オフラインでも有名政治家などを招いた講演会を開くなど歳を誇示してきた。 (中略)

しかし、民主党関係者は京郷新聞との通話で、「ドリューキングが海外公館を要求した。大阪総領事桁を要求したが拒否した」と述べた。金氏は、過去の大統領選挙でムン・ジェイン候補を助けたが、新政府発足後「対価」を受けないと「アンチ」に転じ犯罪を犯したのである。
(引用ここまで)

 どうもこの事件が腑に落ちないというか。
 共に民主党の代表が「NAVERニュースのコメントが政権批判に偏っているのはおかしい」として、コメント操作を疑ったら共に民主党党員の自作自演だったというもの。  面白いというか滑稽ではあるので扱いましたが。
 政権与党が「コメント操作がある」って糾弾するっていうのも変ですし、それに対して当該の会社が警察に捜査依頼をするというのも変。
 韓国らしいといえばらしい話ですが。オチも含めて。  なんとも腑に落ちない感はあったのです。

 ちなみに家宅捜索が入ったときに、この犯人がUSBメモリをトイレに流そうとしたというテンプレ行動もあったそうですよ。

世論工作、保守に被せ「証拠USB」トイレに流した民主党員(中央日報)

 さて、このドリューキングなるパワーブロガー、元々はノ・ムヒョン支持の立場にいたそうですね。累積訪問者数は980万人……パワーブロガーなのにユニークユーザーが980万人? 楽韓Webでもユニークユーザーは7500万人を越えてますが……。
 そのあたりの数字は国にもよるとは思いますけどね。
 まあ、どちらにせよ長年左派を応援してきた人物であることは間違いないようです。
 で、ムン・ジェインをパワーブロガーとして支持してきたのだから、大阪総領事の地位を渡せと共に民主党のキム・ギョンス議員に請託したとのこと。

 ですが、当然のように断られたと。
 この一連の動きでどうにか腑に落ちたという感じですかね。
 以前、民主労総がムン・ジェインに対してさまざまな要求をしており、ムン・ジェインはそれを受け入れざるを得ないという話をしています。
 「個人の意思がどうであれウリには報酬を、そしてナムには復讐を与えなければならない」と書きました。なぜなら「そうしなければ恨が晴らされず、その恨が自分に向かってくるからだ」とも。
 そのスケールの小さいバージョンが今回の事件です。
 韓国ではこうして支援者が「分け前」を要求する、というわけなのですね。

 とまとめたところで、これ関連でもうひとつ面白いニュースが入ってきてしまった……うう、もうひとつエントリを書きましょう。

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座
菅家 伸
ソーテック社
2016/11/3

韓国人「韓国は弾劾先進国、我々の精神を輸出してトランプを弾劾しよう。アメリカに行くぞ!」 → 防弾青年団を結成 → 入国拒否で終了

韓国の反米団体「訪弾青年団」、米国入国を拒否される(朝鮮日報)
「米国に行って反米デモを行い、トランプ大統領の弾劾運動を繰り広げる」と宣言していた韓国の青年団体が、米国入国を拒否された。「訪弾青年団(訪米トランプ弾劾青年遠征団)」は25日、ビザ問題を理由にメンバーの米国入国を拒否されたことを明らかにした。「訪弾青年団」は全国民主労働組合総同盟(民労総)、韓国進歩連帯、民主社会のための弁護士会(民弁)など、65の団体からなる「戦争反対平和実現国民行動」の青年メンバーらが18日に結成した団体だ。

 「訪弾青年団」のメンバー10人は25日午後4時55分に仁川国際空港を出発するニューヨーク行きのユナイテッド航空機に搭乗する予定だった。しかし、搭乗前に同航空の職員から、ビザに問題があるため米国入国ができないと通告されたという。メンバーらは直後に空港で記者会見を開き「自由民主主義国家の米国が、若者を恐れて入国を認めなかった」と主張した。
(引用ここまで)

 朝鮮日報では訪弾青年団となっていますが、実際には防弾青年団です。ネーミングの解説はのちほど。
 この防弾青年団という代物、なんでも「大統領弾劾の先進国である韓国から、アメリカに大統領弾劾を伝えに行くべき」という信念を持った青年団なんだそうで……。
 シンシアリーさんは「弾 劾 先 進 国」と珍しくフォント芸をしてその様子を楽しまれていましたね。

 シンシアリーさんは気づいていないようですが、このネーミングは防弾少年団というK-Popグループのパロディです。たぶん。
 うちもどんな曲をやっているかはまったくもって知らないのですが、BABYMETALのMETAL RESISTANCEが去年のビルボードワールドアルバム年間チャートで3位になっていたときに、5位だか6位に入っていたBTSというのが防弾少年団という人たちらしく。
 それでなんとなく覚えていました。

 訪問の訪と、防の読みが朝鮮語で同じ(방)ということで、「訪米トランプ弾劾青年遠征団」という団体の略称を防弾青年団と命名したのでしょう。
 ただ「防弾青年団」だと弾劾を防ぐって意味になりますね。漢字を知らないからそんなこと気にかけないでしょうけど。

 「防弾青年団」とか言ってますが、記事中にもあるように中身は「世界最悪の労組」こと民主労総とかの反米セクトに過ぎなかったのでしょう。国連本部前とホワイトハウス前で糾弾集会を開くとか予告していたのですが、10人全員の入国拒否というオチに終わりました。
 入国拒否の理由はいつものように明かされず。

 反米「防弾青年団」、美入国拒否されて... 「国内でトランプ弾劾活動」(聯合ニュース・朝鮮語)
防弾青年団FACEBOOKページ(FACEBOOK)

 そこそこ若い人たちみたいですね。
 それにしても、お揃いのパーカーが超だせえ(笑)。
 やばいくらいにださい。「制服だからこれ着てくれ」って言われたらどんなに心情的に同調していようが、絶対にやりません(笑)。
 Facebookでは「それでも自由の国か!」とか「なにを恐れているのか!」等々のイキったコメントが出てます。ついでに一時期、このFACEBOOKのページが規約違反で削除されていたとかで、「FACEBOOKも糾弾する!」って激オコさんです。
 なんでサヨクの皆さんはTwitterだのFacebookを使っておいて、規約違反で削除されるとこうして怒るのでしょうね(笑)。
 他のメディア使えばいいのに。

 いや、なかなか楽しいオチでした。
 日本も見習うべきだと思うなぁ。

服を着るならこんなふうにのセールは今日までのような気がする。
服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)
縞野やえ / MB
KADOKAWA / 角川書店
2015/12/10

韓国メディア「日本の『戦争の危険性が高まっている、韓国から個人資産を移動させるべき』という産経新聞の記事は韓半島の危機を過剰に煽った選挙対策だ!」……ああ……そう

 先日の産経新聞に記事が掲載されたネルソンリポートによる「個人資産があるのなら移動させておくべきだ」という件。ちょっと調べておきました。
 スティーブ・ハーマンというボイス・オブ・アメリカのワシントン局長、かつて日本、および韓国で外国特派員協会の会長だったという人物によって、ネルソンリポートの文章がTwitterにリークされています。


 ざっくりと訳しましょうか。

nelsonreportB
 訳文の転載禁止を明確にしておこう。「仮定上の偶発的なものではない」なんてもう死にたくなるようなヘタな文章ですしね。意味を把握することと翻訳は異なるのだな……。
 そもそもこれがネルソンリポートの文章であるかどうかも確定していないのです。
 ネルソンリポート自体がメールサービスなので、ソースもこれ以上遡れそうにないです。隔靴掻痒。

 まあ、これがそのままの文章であったとすると、英文はなかなかの言葉の強さ。うーん。「ネルソンリポートは北東アジアにおける情報源として重用されている」とのことですが、これまで扱ったことのない話なのでなんとも傾向が取れません。
 まあ、こういうレポートがありますよ、という話として聞いておいてください。

 さて、韓国にも先日の産経新聞経由でネルソンリポートの文章が伝えられていまして。

「米国当局者、韓国から個人資産移動非公式勧告」ネルソンレポート(ニューシス・朝鮮語)

 100近いコメントがついているのでそこそこ注目されたニュースであるといえるでしょう。
 今月の下旬に予定されている在韓アメリカ人の避難訓練なんかも併せて伝えられていますね。
 でもって、もうひとつネルソンリポートを扱っているニュースを見つけまして、こちら。

「アメリカの当局者、韓国で資産移動を勧告」... 産経、ネルソンレポート引用報道(国民日報・朝鮮語)

 書いていることはニューシスと基本的に同じなのですが、注目点はここ。
登録メンバーに対してのみ電子メールで情報を送信するネルソンレポートは、米国、アジアの政治や経済ニュースの正統という評価を受けている。

しかし、この日行われた衆議院選挙を控えて、延々と北朝鮮の脅威を強調してきた日本の保守言論が、選挙当日に朝鮮半島の危機状況をさらに強調したものであるという分析が出ている。
(引用ここまで)

 「産経新聞ガー」と分析しているそうですよ。
 選挙対策で過分に北朝鮮危機を煽っているのだそうです。
 見事なくらいに当事者意識に欠けてるなぁ……。
 ネルソンリポート本体 → VOAのワシントン局長のTwitter → 産経新聞 → 韓国メディアですから転載の転載の転載。
 そりゃまあ、大元の意図も理解すらできなくなるか。

日米同盟のリアリズム (文春新書)
小川和久
文藝春秋
2017/7/20

韓国人「中国では中日韓、日本では日中韓。韓国を最後に置くのは間違った認識なのでは?」→日本人・中国人「えーっと……うちら世界第2位と第3位の経済大国なんだけど……」

「日中韓」「中日韓」なぜいつも韓国が最後なのか?日本人と中国人の回答に、韓国人の反応は…(レコードチャイナ)
2017年7月10日、環球網によると、日本と中国、韓国3カ国の代表が歴史について互いの意見を出し合う韓国のテレビ討論番組で、「この3カ国は、日本では『日中韓』、中国では『中日韓』と呼ばれているが、なぜ韓国はいつも最後なのか」と韓国の代表が疑問を呈した。 (中略)

中国は日本に対して歴史的にわだかまりがあるため「中韓日」とするのが自然なはずなのに、それでも韓国を最後に持ってくるのはどこか無理があるのではないかと主張した。

そう問い詰められた中国の代表者は「正直なところ…国の実力によるのかもしれない」とし、国力は国民総生産(GDP)で明らかだとの考えを示した。

「地理的には『日韓中』が自然だと思うが、なぜ韓国が最後なのか」と話を振られた日本の代表が「国力による順番ではないか」との考えを淡々と示すと、韓国の代表者たちは言葉を失った。
(引用ここまで)

 この記事で面白いのは、韓国人は中国人は日本よりも韓国に配慮すべきだし、日本人は中国人よりも韓国人を優先すべきだという考えが透けて見えてくるところですね。

 中国人に対して「中韓日が正しくはないか」「日本とは歴史的なわだかまりがあるのだから、最後に記述すべき」なんてところはもうたまりません。
 韓国はもっといい扱いを受けるべき国なのだと主張しているのです。中国から見たときの序列として、日本よりは上なのではないかという話ですね。

 で、日本に対しては「地理的に近いのは韓国のほうなのだから日韓中が正しくはないか」と言い出す。
 ここもまた面白くて、統一された基準で並べようという提唱ではないのです。韓国が前に来る並べ方はなんであるか、が優先されているのです。
 並べ方はどうでもいい。序列として韓国が上にくるありかたであればいい。序列大好きな韓国人ならではのやりかたですね。

 最終的には日中のどちらからも「いや、国力順でしょ」って言われて沈黙せざるを得ないなんてオチもなかなか味わい深いところ。
 ノ・ムヒョン以降の大統領がすべてバランサーとしての役割を担いたがっているのは、実際の国力よりも上の位置にいたいからなのでしょうね。ムン・ジェインもその方針を継承していますし。
 我々はG20の核心メンバーなのだ、なんて自称もしていましたね。
 まあ……なんというか……がんばれよ。


韓国メディア「日米韓首脳会談でムンとトランプは同じ赤いネクタイ、安倍は仲間外れ。これが韓国大統領府の力だ!」……ああ、はい……

安倍を除いて赤いネクタイで統一したムンとトランプ。大統領府のコーディネートの機微(ソウル経済・朝鮮語)
ムン・ジェイン大統領とドナルド・トランプ、米国大統領、日本の安倍晋三首相が6日午後(現地時間)、G20首脳会議が開かれるドイツのハンブルク市の米国総領事館で韓米日首脳晩餐を開催した。特異な点は、ムン大統領とトランプ大統領は赤系のネクタイを合わせて、安倍首相は紺系の「点柄」ネクタイを結んだことだろう。これに対して、大統領府儀典チームとムン大統領コーディネートの「センス」が引き立っだったとの評価が出てくる。

ムン大統領とトランプ大統領は先月末に開かれた韓米首脳会談でも、青い系のネクタイを同時に結んだ。トランプ大統領は、共和党の象徴である赤い系のネクタイを主に着用するのに信頼感を与える青いネクタイをドア大統領と一緒に着用して堅固な韓米同盟を示したという分析が出た。この当時は、大統領府儀典チームがホワイトハウスとネクタイの色を事前調整したことが分かった。

ベルリンで開かれた韓米日の夕食では、各国当局が衣装において調整していないものと観測される。安倍首相が、他の色のネクタイを身に着けていたからである。トランプ大統領は韓米首脳会談を除けば、首脳会談で常に赤いネクタイを身に着けていた。トランプ大統領のワードローブには、赤いネクタイしかない笑い話が流れ出るほどだった。

パク・クネ政権で合意した日韓慰安婦合意の交渉について韓国と日本が米国を見つめ、お互いの主張を続けている中、ムン大統領がトランプ大統領と同じ色のネクタイを着用しながら、対外的に安倍首相を除け者にしたという主張が提起される。このため、ムン大統領がトランプ大統領と同じ色のネクタイを着用したのは、大統領府儀典チームやドア大統領のコーディネートが機微を発揮したものと解釈される。青瓦台の関係者は、「韓米日の夕食会では、衣装などについて事前調整がなかったと聞いている」とし「普通のネクタイの色は儀典チームとのコーディネートが定める。おそらくトランプ大統領がよく着けるネクタイの色を考慮してムン大統領も同じ色のネクタイの着用を進言したとみられる」と説明した。
(引用ここまで)

 小学校低学年の頃には「オレとこいつは○○が同じだから仲間な。おまえは××だから仲間はずれ〜」みたいなことをやっていましたね。
 青、緑なんかは男の色で、赤とか黄色は女の色だから〜みたいなこともやってたような覚えがかすかにあるようなないような……。

 日米韓の首脳晩餐会があって、出席者のトランプ、ムン・ジェインのネクタイが赤で、安倍首相が青だった……ということがニュース記事になる。
 あまつさえ、「情報戦に勝った」だの「対外的に安倍を除け者にした」とかいう話題になる。
 なんとも脳天気というか。
 さすがにこのニュースの韓国人コメントには「こんなことをニュースにするとかゴミか」とか「マスコミ再編が必要だ」なんてものも少なくありません。
 ただ、その一方で「ふふ、安倍が除け者」とか「グッジョブ!」みたいなコメントも少なくない。

 まあ……楽しそうでいいことじゃないですか。
 実際にはこの場で「北朝鮮戦略は圧力を基本とする」と宣言されてしまって、対話を呼びかけた先日のムン・ジェインによる演説はなんだったんだという感じではありますが。

服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)
縞野やえ / MB
KADOKAWA / 角川書店
2015/12/10

韓国の法務部長官候補「恋人の印鑑偽造で婚姻届を勝手に提出していた過去」が暴露される→韓国人「それでも検察改革は必要だ!」

韓国法務部長官候補、過去に女性の印鑑を偽造して婚姻届(中央日報)
アン・ギョンファン「こっそり婚姻届」生涯後悔...検察改革実現の機会を (聯合ニュース)
安京煥(アン・ギョンファン)法務部長官候補が42年前、女性の同意なく印鑑を偽造して婚姻届を提出し、約1年後に裁判所から婚姻無効判決を受けていたことが15日、確認された。ソウル家庭裁判所の1976年3月11日付の判決文によると、安候補は大学卒業後に知人の紹介で知り合った5歳年下のキムさんと交際し、75年12月にキムさんの印鑑を偽造して婚姻届を出した。

キムさんは安候補と合わない部分があったため婚約と婚姻をためらっていた。しかし安候補は偽造した印鑑で慶尚南道密陽郡府北面長に婚姻届を出し、2人は戸籍上夫婦となった。後にこれを知ったキムさんはソウル家庭裁判所に婚姻無効確認請求訴訟を起こした。判決文によると、安候補は「婚姻届を出せばキムさんがやむを得ず結婚するだろうと漠然と考えた」という趣旨で弁論した。

裁判所は「請求人の印鑑を偽造捺印し、虚偽の婚姻届を一方的に終えた事実が認められ、特に反証がない」とし「2人の間の婚姻届は合意によるものと見ることができず、民法で規定した『当事者間に婚姻の合意がない場合』に該当し、婚姻無効に該当する」と判決した。
(引用ここまで)

息子の関連疑惑にも「息子が在学していた学校の男女学生を厳密に分離させる学則を違反して重い懲戒処分を受けた」とし「私の手続きに介入したり、不当な影響力を行使したことは決してない」と釈明した。
(引用ここまで)

 「5人中、2人は5大不正を犯している」というように発表された、無事なはずの3人に入っているアン・ギョンファン法務部長官候補。
 なんと「こっそりと印鑑を偽造して、当時の恋人との婚姻届を偽造して提出していた」という過去が明らかにされました。

 ついでに息子関連についても疑惑が出てきています。
 詳細は「高校時代に女生徒を自分の寮に引っ張り込んだ」という事件だそうで。本来だったら退学に相当するもので、実際に最初の処分は退学だったとのこと。これに対してアン候補が手紙を送って「2週間の特別教育履修」へと大幅な減刑が為されたとのこと。
 親がソウル大学名誉教授の地位で不当な介入をしたのではないかということですね。

 ……もうね。なんというか人材の宝庫ですね。
 「韓国の上層にいる人物が悪事を働いていないわけがない」と書きましたが、これはそのさらに斜め上を行っているなぁ。
 野党議員からは「法務部長官ではなく、無法長官であれば適している」との揶揄の声も上がっているとのこと。うまい。
 さすがに「これはいくらなんでもゴリ押し無理だろう」という声もあるのですが、その一方で「(法務部傘下の)検察は改革されなければいけない」という声も挙がっています。
 ムン・ジェインの公約のひとつでもある「腐敗一掃」をやってくれるのではないか、という期待があるようですね。
 それにしたって、この人物はダメなんじゃないかって話ですが。

東南アジアの世界遺産で迷惑行為を繰り返す「自称日本人」に会ってみたら……

東南アジアで世界遺産に迷惑行為を繰り返す「アイ・アム・ジャパニーズ!」男を直撃! すると、流暢な韓国語を……(サイゾー)
 昨年、タイやカンボジアの世界遺産の遺跡などで立入禁止の区域に侵入したり、撮影禁止の場所での撮影、登ってはいけない遺跡によじ登るなどの迷惑行為を繰り返していた男が、いずれの場所でも「日本人」を名乗っていたことが、観光事業者や旅行者から報告されていた。ある目撃者によると男は昨年、カンボジアの世界遺産、アンコールワットでは飲んでいたジュースを遺跡の壁にかけたり、よじ登ったりして警備員に取り押さえられたが、「フロム・ジャパン」と叫んでいたという。

 現地では「迷惑な日本人」という声もあったほどだが、そんな迷惑男が先日出没したのが、ラオス南部にある世界遺産「ワット・プー遺跡」。

 同所は10〜12世紀に建てられたとみられるヒンズー教の寺院で、園内にはいくつかの宮殿などがある。警備員らを騒がせたのは、問題の自称・日本人がまたもや宮殿の壁を登るなどしていたため。声をかけられた途端に逃走していったというのだが、管理職員は「何年もかけて修復作業をしているのに、日本人はそれが理解できないのか」と激怒していた。

 しかし、不自然だったのは、男が赤い日の丸と「日本」の文字が書かれたシャツを着ていたこと。日本人観光客でそんな外国人向け土産のようなものを着ている人はほとんどおらず、本当に日本人かどうか疑わしかったため、その男の足取りを追った。 (中略)

 まさに建物によじ登って警備員に注意されていたところをキャッチ。男は「JPN」と書かれた紺色のTシャツを着ており、そこで「アイ・アム・ジャパニーズ」と叫んでいたのだが、世界遺産ではないから激しく怒られる様子もなく、そのため男は悪びれもせず連れの女性に写真を撮らせていた。  ひょっとすると、この迷惑行為を各所で宣伝しているのは当人なのかもしれない。下りてきた男を直撃。警戒されないよう、英語で「日本の方ですか?」、「どこの出身ですか?」などの質問をしてみたが、返答は「アイ・アム・ジャパニーズ」の1点張りだった。

 しかし、撮影していた女性との会話は、なんと韓国語。そこで、韓国語で「ハングッサーラミムニカ?(韓国人ですか?)」と聞いてみると、すかさず「ノー、アイ・アム・ジャパニーズ」と答え、日本語で聞いたことにはひとつも答えられなかったのである。

 この様子を見ていた別の韓国人女性グループの旅行客は「彼らは韓国人ですよ。会話が自然な韓国語でしたから」と言っていた。

 パスポートまで確認したわけではないが、どう見ても韓国人であるというのが結論だ。わざわざ旅行先で日本人のふりをして各地で迷惑行為をしているのは、日本人の評判を落とすためなのだろうか。だとすれば、なんとも手間のかかった反日工作である。
(引用ここまで)

 まあ、サイゾーなので眉につばをつけつつ見てはいますが。

 ……これまでの経験からすると、こういう韓国人がいてもおかしくないなぁ、とは思います。
 とはいえ、記事の写真にあるような人間を「日本人」と信じられるという人間はそうはいないんじゃないのかなぁ。

 言ってみれば、緑色の肌をして、真っ赤な目をした人間状の生物が「わたスは人間でシ」って書いたTシャツを着ていて近づいてくる人間に対して電子音声で「ワタシハニンゲンデス、ナカヨクシマショウ」って言ってきているようなもので。
 普通の人間なら「うわぁ、こいつ人間じゃねえぞ!」って思うのではないでしょうか。 

LIFE! ~人生に捧げるコント~ series 宇宙人総理 [DVD]
アニプレックス
2016/04/20

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ