楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

日韓関係

 相互RSS募集中です

韓国政府「河野外相演説の竹島領有は不当だ」と恒例の抗議 → あれ、でもあのときには抗議してこなかったよね?

「河野外相の発言は不当な領土権主張」 韓国政府が撤回要求(聯合ニュース)
第196回国会における河野外務大臣の外交演説(外務省)
 韓国政府は22日、「日本政府が外相の外交演説を通じ、わが固有領土の独島に対し、再び不当な主張を繰り返したことを非常に遺憾に思う。直ちに撤回をすることを求める」とする外交部報道官の論評を発表した。

 また、歴史的・地理的・国際法的に明白な韓国固有の領土に対する誤った主張をやめ、謙虚に歴史を直視する姿勢を示すべきだと強調した。
(引用ここまで)

 ちょっと面白いなぁと感じたことがありまして。
 この抗議は昨日の国会における外相演説として出された「日本固有の領土である竹島については〜」という発言に対してのものなのです。
 同じような文言は岸田外相時代にも述べられていますし、民主党政権時代にも玄葉外相時代には語られています。
 前原、岡田の際には語られていませんが、それ以前の麻生政権時の中曽根(弘文)外相の時にも語られていませんでした。

 で、国会で演説があったあとには韓国政府からの抗議がくるという、まあ言ってみればお約束の展開になるのですよ。
 ここ何年かのパターンでした。

 ただですね。
 バンクーバーにおける日韓外相による朝食会の時にも「竹島問題についても簡潔に提起した」とあったのです。
 このときはなんの抗議もありませんでした。
 本来だったらこっちのほうに抗議すべきところなのでしょうけど、なぜか完全にスルー。
 おそらくですが、韓国政府としてはこんなところで竹島問題に言及されるというのは意外だったということなのでしょう。発言自体がノーマーク。さらにはそれが外務省サイトに明示されるということもノーマーク。
 逆にいえばそういった韓国政府にとって意外な場所で言及があったほうがいいし、あるべきなのでしょう。
 ちょっと面白い時代に入ってきたかな、という感触がありますよ。

日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21)
保阪 正康 / 東郷 和彦
KADOKAWA / 角川書店
2014/9/10

安倍総理の施政方針演説で、もはや韓国は「重要な隣国」ですらなくなった。そして日本国民もそれを認めている

施政方針演説で改憲を強調した安倍首相、「韓国は重要な隣国」言及せず(中央日報)
安倍首相にとって韓国はもう「重要な隣国」ではない(ハンギョレ)
施政方針演説要旨(時事通信)
安倍首相はこれまでの施政演説で韓国に関連して「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と表現してきたが、今年はこの表現を使わなかった。

彼は「韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこれまでの両国間の国際約束、相互の信頼の積み重ねの上に、未来志向で、新たな時代の協力関係を深化させていく」にとどめた。
(引用ここまで)
 安倍首相は22日の通常国会開会の施政方針演説で、2015年から韓国について書いてきた「重要な隣国」という表現を使わなかった。2013・2014年の演説では韓国について「基本的な価値や利益を共有する最も重要な隣国」としたが、2015年には「最も重要な隣国」に、2016年と昨年には「戦略的利益を共有する重要な隣国」と表現し、韓ー日関係の格を下げた。今年はこの表現さえもなかった。 (中略)

 安倍首相に続き、外交演説に乗り出した河野太郎外相は直接的に日本政府の本音を打ち明けた。河野外相は「日韓合意は、慰安婦問題について『最終的かつ不可逆的』な解決を確認した両国の約束だ。これを守るのは、国際的かつ普遍的原則」だとしたうえで、「日本側は日韓合意で約束したことはすべて誠実に実行しており、韓国側も責任を持って合意を着実に実施するよう、引き続き強く求める」と述べた。
(引用ここまで)

 日本にとって韓国は「基本的価値を共有する国」でも「重要な隣国」でもなくなった。
 もはや「戦略的利益を共有する重要な隣国」ですらない。
 「両国間の国際約束、相互の信頼の積み重ねの上に」とあるようにこの部分、つまり慰安婦合意を履行できなければ韓国とは協力関係すら結べないのだ、という話を通常国会冒頭でできるようになったのです。

 あ、そうそう。昨日までの4件の世論調査に続いて、朝日新聞の世論調査も出たのですが。

「慰安婦問題について、おうかがいします。2年あまり前に、日本と韓国は、慰安婦問題について、最終決着することで合意しました。その後、韓国の新しい大統領に選ばれた文在寅(ムン・ジェイン)さんは今月、日本に再交渉は求めないが、日本による被害者への「心を尽くした謝罪」などが必要だと述べました。あなたは、韓国政府のこの対応に納得できますか。納得できませんか」
 これだけ恣意的な質問内容でも……

納得できる 8%
納得できない 79%
その他・答えない 13%

 ──という結果になりました。

 日本人の民意として、完全に韓国に対しての反感が確定している。
 「約束を守ることのできない連中だ」という印象が確定し、安倍政権を支持する理由のひとつとなっているわけです。
 だからこそ、施政方針演説という「政策の大まかな展開説明」の場においてもこうして韓国についても格下げした状況で言及できる。圧倒的な民意があるから。

 ハンギョレは「安倍総理にとって」と矮小化していますが、そうじゃないですよね。
 日本にとって、日本人にとって韓国は重要な国ではなくなってしまった、ということなのです。
 なにしろ、韓国が自らその価値を減じているのですから。慰安婦合意を反故にすることは「我々はこれほどまでに約束すら守れない国なのだ」と宣言したも同然。
 世論調査の結果も、施政方針演説での扱いも当然の成り行きという以外にないと思いますけどね?

シャチハタ スタンプ ビジネス用 A型 XAN-104H2 印面13×27ミリ 重要 ヨコ 赤
シャチハタ
2008/12/2

「韓国の新措置に納得できない」が85%超! 日本の世論調査に見る韓国への嫌悪感

FNN・産経新聞合同世論調査 (FNN)

 今回の産経新聞・FNNの合同世論調査を含め、これまでムン・ジェイン政権が出してきた慰安婦合意に対する新措置、謝罪要求に対しての日本の世論調査は4件を確認しています。

読売新聞世論調査 
 ・韓国を信頼できない 78%
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置に納得できない 86%
 ・要求に応じない日本政府の対応を支持する 83%

NHK世論調査
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置について納得できない 82%

JNN世論調査
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置、謝罪要求について理解できない 85%

●産経新聞・FNN合同世論調査(今回)
 ・韓国を信頼できない 80.5%
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置について納得できない 90.8%
 ・新措置に「応じない」とする日本政府の対応を支持する 88.6%

 4つの世論調査をざっくり見てみると……
 「韓国を信頼できる相手だとは思えない」とする層が80%前後。
 「慰安婦合意の新措置」に対して理解できないとするのは85%前後。
 その新措置に対して応じないとする「日本政府の対応」を支持するのも85%前後。
 圧倒的民意といっても過言ではないですね。

 あとで安倍総理の施政方針演説にも触れる予定ですが、韓国の格を落とすのも当然といえるでしょう。
 日本国民の意思がこの件については絶対に譲らないと腹を据えている感じですね。

韓国リスク 半島危機に日本を襲う隣の現実 (産経セレクト)
室谷克実 / 加藤達也
産経新聞出版
2017/12/30

韓国への日本人の怒りがいまひとつ伝わっていない模様……「最後には日本が折れる」と思っている?

「韓国よ、日本人は怒っている」元駐韓大使が日本合意反故を嘆く(ダイアモンドオンライン)
 最後に、『中央日報』が、読売新聞が実施した世論調査の結果を報道しているのを紹介しよう。それによれば、韓日慰安婦合意について、韓国政府の追加要求に応じないとした安倍政権の方針を「支持する」と答えた日本人が83%に上ったということである。韓国の人々がこれを、「日本人は相変わらず反省がなくけしからん」と受け止めたのか、それとも「韓国がいつまでもゴールポストを動かすのはまずい」と考えたのか。恐らく、今は前者であろう。ただ、反省の気運が出始めたことには注目している。

 日韓関係が改善するとすれば、それは韓国が自己の論理に固執せず、日本側の考えにも耳を傾け、より客観的に判断できるようになったときである。恐らく今の文政権ではこれは難しいであろう。
(引用ここまで)

 元駐韓大使の武藤正敏氏によるコラム。
 ざっくりとここ1ヶ月ほどの日韓関係をなぞっているので、まとめとして読むのもありかなと。
 最後の段落はわりと示唆に富んでいると思います。

 かねてから毎日新聞の澤田克己氏も、そして楽韓Webでも指摘していることなのですが。
 どうもこう、日本側が本気が怒っているということが韓国側に伝わりきっていない感じがします。
 今回の慰安婦合意に対する新規措置云々に関して日本の世論調査では80%を大きく超える数字で「納得できない」と国民の大多数が拒絶していることが理解できます。

 この数字自体は韓国メディアでも報じられているのですが、そこにつくコメントも「韓国では(慰安婦合意反対に)100%だ!」とかいうピントの外れたものが多数。
 同様に韓国政府にも伝わっていない感じがしています。
 っていうか伝わっていたら去年の日韓外相会談で通貨スワップ協定再開協議を持ちかけたり、新年の大統領談話で「とまあ、慰安婦合意はともかく心からの友人になりたいのでツートラック外交するね」とか言えたりしないでしょう。  韓国側からしてみれば「戦犯国である日本が韓国に対して怒りを持つなどありえない」という意識が先行しているんでしょうかね。

 日本から見た日韓関係は基本的価値観すら共有しておらず戦略的利益を共有するだけの間柄であり、韓国は「適切にマネージする」相手である、と何度も繰り返して言い渡しているのですが。
 実際にオーストラリアのターンブル首相との日豪首脳会談では「基本的価値と戦略的利益を共有する『特別な戦略的パートナー』である日本とオーストラリア」という発言が出ているほど。
 そういった発言の比較とかしないんですかね。

 韓国にはいまだにどこか甘えというか、「最終的には日本が折れる」ことを期待している部分がある、というのは実際なのでしょう。
 カン・ギョンファの発表した「慰安婦合意の再交渉は求めないが、自発的に謝罪しろ」なんて方針はそれを如実に現していると感じます。
 なんかこう、決定的な話が出ないと理解できないのかねぇ。普通なら直後の河野外相による「まったく受け入れられない」という発言で理解してもらえそうなもんですが。

プライムであったとは!
超人機メタルダー
東映

韓国メディアが「竹島は日本領土」発言で河野外相を警戒しはじめた模様。

口さえ開けば強硬発言の河野外相「北の微笑外交に目を奪われてはならない」(中央日報)
日、さらに「独島挑発」... 河野外相「私たちの領土」(国民日報・朝鮮語)
日本の河野太郎外相は16日(現地時間)、カナダ・バンクーバーで開かれた「韓半島(朝鮮半島)安保および安定に関する外相会合」の演説で、「この会合の最中にも北朝鮮の核・ミサイル開発は進んでいる」と危機感を訴えた。

河野外相は北朝鮮の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)参加問題で南北間対話が進められていることに対しては「歓迎する」としながら、北朝鮮に「時間稼ぎ」の意図があると指摘した。同時に「(北朝鮮は)制裁解除や財政的支援、各国間の分断を狙っている」と強調した。

河野外相は「今は圧力を緩和するときでも、北朝鮮に報いるときでもない」とし「国際社会の制裁は徐々に効果をもたらしており、北朝鮮が対話に関与していることがその証し」と主張した。
(引用ここまで)
河野太郎(写真)日本の外相がガンギョンファ外相と会った席で、「竹島(日本が主張する独島の名称)は日本固有の領土」と主張したと、日本の極右媒体産経新聞が18日報じた。

新聞によると、河野外相は、カナダのバンクーバーで開催された「韓半島安保と安定に関する外相会議」を契機に、16日強長官との朝食会東から、このような言及をした。

彼は独島発言のほか、韓国で日本植民地時代に強制徴用労働者賞(像)設立の動きと関連し、韓国政府が中断させてほしいという要求もあった。

これに対して韓国外交部当局者は「当時の川長官は河野外相に独島が韓国領土という立場を再確認した」と述べた。続いて「最近、日本政府が独島に対する自国の立場を強化しようとする動きがある」と説明した。
(引用ここまで)

 よいですね。
 まだ韓国から「否定的な論調気味」くらいのものではあるのですが、河野太郎外相を警戒するような記事がちらほら見えてくるようになりました。
 これまで外交の矢面に立つことの多い外務大臣は、二国間交渉ではさほど強い言葉を使ってこなかったのが実際でした。
 岸田前外相はその傾向が強かったイメージがありますね。あれは「強硬派の安倍と対話派の岸田」という内閣における両面性の演出を見据えたものだとは思うのですが。

 河野外相は二国間会合できっちり「慰安婦合意に対してさらなる措置を求めるのはまったく受け入れられない」と宣言し、かつ徴用工像問題と領土問題である竹島にも言及。
 就任当初は韓国側から「あの河野談話を出した河野洋平の息子を外相にするとは、安倍もようやく謝罪する気になったのか」くらいの期待が出ていたものでしたが、就任直後の会見で「慰安婦合意は着実に履行するべき」って発言して「後頭部を殴られた!」って話になっていました。
 その後も「河野談話を出したのは別の河野さん」発言もあり、着実にポイントを重ねている感じ。

 まだ韓国メディアから直接的な非難は出ていないのですが、「河野外相が妄言」みたいな記事が出てきたらまあ対韓外交としては満点ではないですかね。
 こういったリーダーシップを持つ外相が出てきたことは歓迎すべきことだと思いますわ。

 なお、下の記事の「竹島は日本の領土」発言についているコメントは66個ほど。まだまだ韓国にとっての「妄言具合」が足りないということかな。

外相は恐れられるくらいでちょうどいい。
外交回想録 (中公文庫)
重光葵
中央公論新社
2011/7/25

朝日新聞:嫌韓へのトリガーは2002年のW杯 → 「日本人は韓国を脅威に感じたのだ」とかいう嫌韓論、古いなぁ……

(02→18 韓国への視線は:上)嫌韓、共催W杯が刺激した スポーツ熱狂の影、平昌は?(朝日新聞)
 草の根チームでサッカーを楽しむ名古屋市の宮沢弘さん(52)は、その光景をはっきり覚えている。

 韓国で1次リーグを見て回った。埼玉スタジアムであった日本―ベルギーを映す大田(テジョン)駅前のパブリックビューイングは、日本のチャンスにブーイングが起きた。「『敵だ。負けちまえ』の雰囲気で、共催ウェルカムモードの報道とは全く違っていた」

 決勝トーナメントでは、韓国の李天秀(イチョンス)がイタリアのマルディーニの頭を蹴るラフプレーが許せなかった。日本がベスト16だったのに対し、韓国はベスト4。誤審騒動もあった。「あんな勝ち方は日本人からすると、うれしくない。韓国の選手もファンも、俺たちとは違う」

 韓国の印象が悪くなった。 (中略)

 「ネットと愛国」などの著書があるジャーナリストの安田浩一氏は「W杯から韓流ブームの時期に韓国を『発見』した人が多かったのでは」とみる。「こうした人々にはそれまで韓国は遅れた小国に過ぎなかった。それが、その力や高度に発展した社会を見せつけられ、一部の日本人には脅威に映った」 (中略)

 今年2月、平昌(ピョンチャン)冬季五輪が開幕する。慰安婦問題の日韓合意について韓国側が新たな方針を示し、安倍晋三首相の開会式への出席が政治案件になっている。ネットでの言説に詳しい評論家の古谷経衡(つねひら)氏は「運営面やメダル争いにからんで『嫌韓派』にネタを与える『絶好の機会』になるだろう」とみる。
(引用ここまで)
 レイバーネット日本の安田浩一による「その力や高度に発展した社会を見せつけられ、日本人に脅威に映った」って嫌韓論、古いなぁ……。
 3世代くらい古い。テム・レイの回路くらい古い。
 5周くらい廻って逆に目新しさを感じるくらいの古さ。
 「そういえばそんな話、よく韓国から出てたわwww」って草生えるくらいの目新しさですけどね。

 豊田有恒先生のように日本人が韓国を知る前に「一部の韓国企業は日本にとっても脅威になるほどに成長するだろう」と予測し、実際にそれが的中したほどの慧眼の持ち主であってですら「いい加減にしろ韓国」と嫌韓に転じたように。
 うちが興味を持って調べているうちに「これは日本人に知らせなくては」ということから楽韓Webを作ったように。
 知ったからこそ嫌っているのがいまの「嫌韓新時代」なのですよ。

 朝日新聞の論説委員が言うように「先入観を抱かずにありのままの韓国を知るべきだ、とする勢力の立場が狭まっている」という状況になっている。
 日本人の多数がありのままの姿の韓国を見て嫌っているからに他ならない。世論調査で86%が「韓国政府のやることを認められない」って語るって言うのはそういうことですわ。

 中途半端に知ったからこそ親しみを感じていたころもあったのですよね。それがKARAとか少女時代とかのころの話。
 2010年前後くらいですかね。
 そこからイ・ミョンバクの蛮行があって、中央日報による原爆は神の懲罰発言があって、世界遺産の登録妨害があった。
 すっかり「日本は韓国というものを知った」のです。それもありのままの韓国を、ですね。
 そういえばワールドカップ云々で思い出しましたが、楽韓Webは去年の12月で15周年でしたわ。

しかし、1994年にこれが書けているってすごい人だよな……。
いい加減にしろ韓国 (ノン・ブック)
豊田有恒
祥伝社
1994/3/31

韓国外相「日本はツートラック外交を了承した。未来志向の日韓関係だ」

[インタビュー]ガンギョンファ 「南北対話、制裁・圧迫の枠組みから外れるものではない」(聯合ニュース・朝鮮語)
-日本の河野太郎(河野太)外相との朝食会合をした公開することができる部分は。

▲今日はちょうどお互いに楽に話しするために、非公式に朝食会をした。様々な懸案、慰安婦の合意発表後のそのような状況について話し平昌にも話していた。詳しい話は、互いに詳細に開示をしないことにした。

-慰安婦問題と関連し、日本と中長期的に解決すべき問題だと表現したが、日本ではこれが、中長期的云々ではなく、もはや話すことがないと頑固に出てくる。日本の態度の変化を追求することができるか。

▲状況というのが、また両国の立場はこのように発表直後に出てくるような立場と、いくつかの歳月が流れた後に変わった状況では、さらに一歩進んだ、もっと成熟化され、かつ鍛えられたような立場が出てくることができる。基本的に私たちの政府の立場は、前回の合意として、この問題が解決されたのは、絶対ではないのだ。特に被害者の立場から見たとき。基本的には人権の問題を政府間における政治的交渉で解決をしようとした試み自体が問題の本質に照らして見た時は間違った方法であった。

今回の検討の結果、明確な結論が出てきたものであり、そのため私たちは日本に対してよりこの問題をめぐり交渉をしたり、追加のことを要求していないと結論が導き出されたのだ。これ政府と政府の間でいかなる交渉になることではないからだ。

日本はそこに政府の立場が出る。それでも日本は私たちに重要な隣国であり、この問題に認識の違いがあるか分からないが、他の経済協力、実質協力こんなところは、私たちがツートラックにするという立場を持ったのだ。

河野外相とはそのような面で良い意見をたくさん交わした。特に合意を成し遂げたわけではない、お互いこれからちょっと進むという意見で共通していた。

-日本はツートラック外交を納得するか。

▲私たちの立場では、そのように解釈をしている。
(引用ここまで・太字引用者)

 ……「日本はツートラック外交を納得したと解釈している」のだそうですよ。

crocop

 以前であれば密約の存在なんかを考慮に入れないとダメだったのでしょうけどね。
 現状の外交状況であれば「カン・ギョンファが勝手に言っている」と判断してまあ間違いないところでしょう。
 というか、日本とのツートラック外交は新年会見でムン・ジェイン大統領が述べた「聖なるお言葉」であるからして、韓国としてはそれを掲げるしかない。
 一応、日本も「未来志向の日韓関係」というお題目は掲げている。昨日の外務省の日韓外相会談(朝食会)の報告でもそのような記述はありますね。

 だけども、それは「適切にマネージされた結果」としてそういう側面もあるということであって、あくまでも日韓関係の一丁目一番地は慰安婦合意の履行なのですよ。
 それがなければ韓国側が求めている通貨スワップ協定も、漁業交渉すらもなしよ、というだけの話。

理不尽な人に克つ方法(小学館新書)
援川聡
小学館
2014/2/8

河野外相「韓国の新方針はまったく受け入れられない」と再度断言 → 日韓外相会談に見る河野太郎の有能さ

河野太郎氏、慰安婦新方針に拒否伝達 韓国は五輪への安倍首相訪韓要請(産経新聞)
日韓外相朝食会(外務省)
 河野太郎外相は16日午前(日本時間17日未明)、カナダのバンクーバーで韓国の康京和外相と会談した。康氏は2015年末の日韓合意では慰安婦問題は解決できないとする韓国政府の新方針を説明。河野氏は「韓国側が日本にさらなる措置を求めるのは全く受け入れられない」と述べ、新たな協議を拒否すると同時に、合意の着実な履行を求めた。

 韓国政府による9日の新方針発表後、両国閣僚が会談するのは初めて。日本外務省によると、会談は一対一で通訳を付けず、朝食を交えて実施した。

 会談で康氏は、2月9日開幕の韓国・平昌冬季五輪に合わせた安倍晋三首相の訪韓を改めて要請した。河野氏は国会日程を踏まえて検討すると述べるにとどめた。
(引用ここまで)
(3)また、河野大臣から、「旧民間人徴用工」をめぐる問題について我が方の立場を伝え、特に、我が方公館前等に「労働者像」を設置する動きについて、適切な対応をとるよう強く申し入れた。
(4)竹島問題についても簡潔に提起した。
(引用ここまで)

 北朝鮮核問題について約20カ国の外相が集まって対策を練るバンクーバー外相会合がはじまりまして。
 この場でも「最大規模の圧力で北朝鮮の非核化を目指す」という方針を述べていますね。
 まあ、こういってはなんですが外相が集まって会合すること自体が、北朝鮮に対しての圧力になるような場なので目新しい話はなくても当然でしょう。

 ちなみに韓国外相にあたるカン・ギョンファ外交部長官は「片手に圧力、片手に対話」というような言いかたで南北会談について理解を求めたとのこと。
 ざっくりこちらも目新しい部分はなし。

 で、河野外相はカン・ギョンファとの朝食会で二国間会合があって、引用部分のようなことを話したそうです。
 日本側からは「新方針については受け入れられない」以外に言うことはないですしね。

 ただまあ、外務省のサイトから引用した3、4についてはちょっと評価したい。
 こういう小さな外相会談でも懸念を述べておくのはよいことです。
 特に現在、民主労総は日韓関係を悪化させることを目的として、徴用者像を釜山総領事館の慰安婦像横に立てようとしています。ソウルの日本大使館前の慰安婦像横は挺対協が反対しているので現在のところは推進を諦めている模様。
 今年の3月1日か、8月15日のどちらかに強行突破して建てる可能性があるので注目。
 もちろん、日韓関係で懸念となっている竹島問題にも言及すべきでしょう。

 こういう原則論大事。
 個人的には外相になる以前から河野太郎を評価していたのですが、思っていた以上に有能じゃないのかなーという感じです。
 ついでにいえば、双方共に英語に長けているので通訳を必要としないというのもよいところ。
 再生可能エネルギーにやたら拘泥しているところを除けば、時期首相というのも充分にありなのではないですかね。

「小さな政府」を唱えていることが分かります。河野太郎の政治家としての自己紹介って感じ。250円。
これからの日本の政治の話をしよう
河野太郎
ビンワード
2012/12/1

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
ファイブスター物語 14巻
2018/02/18
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ