楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

パクリ・偽物

 相互RSS募集中です

韓国に春の訪れ「ソメイヨシノの自生地は済州島だ!」の記事が今年も → ただし、学術的な論争はすでに終結していた模様

【取材後談話】「ポートマック川沿いのソメイヨシノも済州島産」(週刊朝鮮・朝鮮語)
数百種の桜の中でも最高挙げられるのは、王桜です。ソメイヨシノを置いて韓国と日本は100年以上の起源の戦争を繰り広げています。 (中略)

週間朝鮮2442号にソメイヨシノと蜜柑の父であるエミール・タケ神父の話を紹介しました。

記事が出た後、ソメイヨシノの専門家であるチョン・ウンジュ江原大教授からの「記事に問題がある」との連絡を受けました。日本は桜を政治外交的に活用してきました。1912年、米国の親善の意味で桜の何千本を送信します。ワシントンポートマック川沿いに植えられたソメイヨシノです。そのソメイヨシノの故郷を置いて韓日間済州島産という主張と日本で取り入れたという主張が結論のない戦いを繰り広げています。記事でチョン教授の言葉を借りて、韓日桜の議論の顛末を説明しながら、「ポートマック川沿いのソメイヨシノも済州島産」と伝えた部分が問題でした。「ソメイヨシノは正しいが、済州島産である」という言葉はありませんでした。

韓国の学者の間でもその問題についての意見はそれぞれ違うし。チョン教授は、「ただでさえ日本側の攻撃に悩まされて死ぬほどである」と訴えをしました。一言、間違ったあとは膨大な抗議が殺到するということです。それほど日本人にソメイヨシノの起源は、敏感な問題です。国内も「ソメイヨシノグローバル化に乗り出した」という声が遅れて出てきています。両国で発見されたソメイヨシノは遺伝的に同じです。韓国にはソメイヨシノの自生地があり、日本はいまだに自生地を発見しませんでした。それにもかかわらず、「さくら外交」に出てきた日本がソメイヨシノの起源が韓国だということを容易に認めていないようです。
(引用ここまで)

 今年も春ということで、「ソメイヨシノ韓国起源説」が出てまいりました。
 韓国側の主張はざっとこんな感じ。

 ・ソメイヨシノの自生地は済州島である。
 ・日本はソメイヨシノの自生地を発見できていない。
 ・ソメイヨシノと済州島の桜の遺伝子は同一。

 その他にもワシントンの桜祭りでアメリカ人が眺めている桜はすべて韓国産なんていうのもありましたね。
 この記事はそれを否定する教授がいるということですが。

 もう、今年の1月にすべての科学的な結果は出てしまっているのですよね。
 こちら、本日の読売新聞から。

「ソメイヨシノ」はどこからやって来たのか(読売新聞)
 済州島のエイシュウザクラはソメイヨシノの起源だとする昔の説が韓国では今も信じられており、勝木さんは韓国のメディアからその件で取材を受けたこともある。学界でも、エイシュウザクラにソメイヨシノの学名「プルヌス・エドエンシス」をそのまま使ったうえで、同じ仲間ながら少しだけ違うソメイヨシノの「変種」と位置づけていて混乱していた。

 そこで今回の論文では、済州島の現地調査と形態学的な検討を踏まえ、エイシュウザクラはエドヒガンとオオヤマザクラの種間雑種と位置づけ、エドヒガンとオオシマザクラの種間雑種(ソメイヨシノ)とは厳格に区別した。勝木さんによると、国際組織の専門誌に論文を掲載したことで、学問的には「ソメイヨシノとエイシュウザクラは別物」ということが決着し、ソメイヨシノは純日本産であり、まさに「日本の桜」だと位置づけられるという。
(引用ここまで)

 森林総合研究所からのプレスリリースがこちら。

‘染井吉野’など、サクラ種間雑種の親種の組み合わせによる正しい学名を確立(森林総合研究所)
ポイント
・4つの種間雑種の学名を、エドヒガン等の親種の組み合わせで整理しました。
・Cerasus × yedoensis という学名は、エドヒガンとオオシマザクラの種間雑種名として用いるべきことを示しました。
・韓国済州島のエイシュウザクラは、‘染井吉野’と異なり、エドヒガンとオオヤマザクラの種間雑種(C. × nudiflora)であることを明らかにしました。
(引用ここまで)

 ……だいぶ研究者もむかついていたんだなぁ。
 TAXONというジャーナルに論文が掲載されたそうです。
 門外漢なのでTAXONの位置づけが分からないのですが、「植物分類の命名に関する専門誌」ということで学術的には完全終結といってもいい状況ですね。

 ただし、フォークロアとして韓国国内に蔓延る「ソメイヨシノは韓国起源」は消えることはないでしょうけども。
 これは「日本人が最愛のソメイヨシノであるが、その起源は韓国にあるのだ」というマウンティングしたいがためのものであって、事実がどうであろうと関係ないのですよ。
 というわけで来年のこの時期もまた、「ソメイヨシノの自生地は済州島」といういつものアレを見ることになるでしょう。

 楽韓Webの「韓国のソメイヨシノの自生地を訪れてみた」レポートもごらんください。

桜 (岩波新書)
勝木 俊雄
岩波書店
2015/2/20

韓国のダサソーが敗訴後も営業継続で罰金50万円。一応、店名は変更しているのですが……

「ダサソー」経営者に罰金刑50万円 韓国地裁 ダイソー類似商標で営業続け起訴(産経新聞)
 韓国の水原地裁は26日、日本の100円ショップ「ダイソー」の商標と類似した「ダサソー」の店名で雑貨店経営を続けたとして、商標法違反罪などに問われた流通業経営者に500万ウォン(約50万円)の罰金刑を言い渡したと明らかにした。地裁は「消費者を混乱させた」と指摘した。
(引用ここまで)


 ダサソーについては現地レポートを書いていますのでごらんください。

おめでとう! 韓国のダサソーはダサヨーに進化した!!

 ダサソー改めダサヨーは100円ショップというよりは激安個人経営のスーパーマーケット。生鮮食品なんかも売っていて、小バエが飛んでいるようなお店です。
 今回の判決はダサヨーとしても営業を許さないということなのかなぁ。この記事からはそのあたりは見えてきていません。

 ちょっと意外だったのは、韓国がこういった知的財産権を守る方向に転換しつつあるということです。
 ダサソーに関しても地裁ではダイソー側敗訴、高裁で逆転勝訴大法院(日本の最高裁相当)では上告棄却で勝訴確定というものでした。
 今回の罰金は名称で敗訴したにも関わらず、いまだに営業しているという理由。

 こういった知財に関しては地裁レベルでは負けても、高裁で逆転勝訴ということがけっこうあるって感じになってきましたね。
 バーバリーチェックの訴訟では地裁でもバーバリー側が勝訴していましたし。

 とはいえ、仏像返却訴訟については高裁で逆転しても地裁でのトンデモ判決が日本側に与えたインパクトが色あせるとは思えないのですが。

裁判中毒 傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)
今井亮一
KADOKAWA / 角川書店
2014/12/10

韓国の「広告の天才」が作った「日本の歴史歪曲に反対する」ための作品をご覧ください……天才?

韓国・慶尚北道−イ・ジェソク広告研究所、日本の独島わい曲対応のための広告物公開(中央日報)
「広告の天才」イ・ジェソク氏が独島(ドクト、日本名・竹島)に目を向けた。慶尚北道(キョンサンブクド)はことしに入って日本の独島挑発が続くと、独島わい曲に積極的に対応するためにイ・ジェソク氏(35)と協力することを決め、初めてとなる作品を19日に公開した。慶北道とイ・ジェソク広告研究所は22日、島根県が主張する「竹島の日」に対応して開かれるソウル光化門(クァンファムン)広場の独島守護汎国民誓約大会に合わせて海外配布用の広告物草案2点を公開した。

白黒写真とステッカーを組み合わせたポスター型広告の下には、「YOU CAN HIDE IT.BUT YOU CANT ERASE IT(歴史を隠すことはできるが、決して消すことはできない)」というメッセージを大きく表記した。この広告は独島領有権についての直説法の代わりに、歴史問題に関連した政治家の妄言と歴史教科書わい曲等を暗に言及している。日本のわい曲された歴史観と反省しない態度を国際社会に告発することによって、独島に対する日本のごり押し主張を封じ込めるという戦略だ。

慶尚北道とイ・ジェソク広告研究所は独島問題がこれ以上韓日だけの問題ではなく、世界平和を脅かす国際問題であるということを広めていく計画だ。金醉董淵ム・グァンヨン)慶尚北道知事は「韓国が厳しい局面にあるごとに独島侵奪野心を露骨化する日本の仕業を全世界に知らせなければならない」と話した。独島広告を企画・制作したイ氏は「独島は銃声のない戦場」とし「韓流ブームの主役として、文化コンテンツ強大国である韓国を代表する広告人として、広告だけは日本に遅れを取ることはできないという覚悟で制作に臨んだ」と感想を明らかにした。
(引用ここまで)

 それでは件の広告とやらを見てみましょう。
 中央日報日本語版では1枚だけですが、記事中にあるように2枚あります。

pakuriposter1pakuriposter2

 画像は中央日報韓国版の記事から。
 小学館、ポケモンカンパニー、任天堂、ソニー、サンリオのライツ部門を敵に回すかぁ……。どこまで戦えるのか見ものですね。とりあえず何社かには連絡しておきましょう。
 ……まあ、パクリというか著作権侵害以前にセンスの問題でアレですが。
 このていどが「広告の天才」なのだから苦笑するしかないというか。

 自治体が観光目的でポケモンを無断使用してポケモンカンパニーに抗議された前例とかあるのにねぇ……。

 ちなみに「韓国人の反応」は「あなたこそ真の愛国者」とか「広告レベルが違う」とか絶賛の嵐。
 出すほうのレベルと受け止めるほうのレベルが均衡しているんですね。
 あとピカチュウの顔が妙なんですが、著作権対策なのかなぁ……。

プライベートからビジネスまで 60分でわかる! 図説 著作権 (ディスカヴァー携書)
中川勝吾 
ディスカヴァー・トゥエンティワン 
2011/12/15

またまた「韓国の独自技術で作られた」巨大ロボットが登場……なんでこんなパチモノを発表したの?

韓国の巨大有人ロボ「METHOD-1」は本当に完成間近?『不審な点が多い』との指摘も(engadget)
韓国の中小企業が造った有人ロボットの動画が、ソーシャルメディアなどで、本当に完成したのかを巡って議論になっている。

「アバター」などのSF映画に登場しそうな出来栄えに称賛する声も多いが、メーカーの技術力に対する疑問も少なくない。(中略)

「メソッド-1」は動画で、搭乗者の操作で2歩歩いて腕を動かし、かなりの完成度に到達したとみられる。

「韓国未来技術」は、京畿道・群浦(グンポ)に研究所がある産業機械の製作会社というくらいしか知られておらず、会社のウェブサイトも見つからない。

ブルガロフ氏は「メソッド-1」を近い将来、企業の生産現場に投入するとともに、両足を車輪に交換した新しいモデルを開発して、日本の福島第一原発の災害復興に使う計画だと、自分のFacebookで明らかにしている。

「いちばんよく質問されるのは動力源のことです。この会社の短期的な目標は、ロボットが投入されないような産業分野にロボットのプラットフォームを開発することです。もう一つの現実世界での適用可能性は、車輪を取り付けて、平らでない地形に十分な動力源と活動可能な場所を作り出すことです。改良型は既に開発中であり、福島の原発事故の復興現場に投入することを計画しています」

しかし、ロボットが本当に商用化に近い段階のかはまだ不明で、海外メディアは「不審な点が多い」と指摘している。

SF映画やゲームに登場するロボットや機械のデザイナーが、ほとんど知られていない中小企業と組んで、最先端のロボットを開発した背景が判然としないことや、「メソッド-1」の技術力を証明する証拠も、ブルガロフ氏がネットにアップした動画や写真しかないという点だ。

アメリカの科学技術メディア「ライブサイエンス」は、記者が会ったことのある主要なロボット研究者が「韓国未来技術」を聞いたことがなく、ブルガロフ氏も「メソッド-1」の開発に参加している研究者の実名や所属機関を明かすことを拒否したと、22日に報じた。

ライブサイエンスは「メソッド-1」の動画でも、ロボットの脚の関節が物理の法則に反するほどスムーズに動作し、製品のデモンストレーションがあった韓国未来技術の実験室が、あまりにも整然としているなど、不審な点が少なくないと伝えた。
(引用ここまで)

 このMethod-1なるロボット、動画によると腕部のマスタスレイブシステムを実現しており、操縦者の腕の動きに追随した動きを見せています。



 ロボット自体は実際に存在すると思います。
 そしてあるていどは動くものではあるのでしょう。

 ただし、二足歩行はクレーンで吊って自重を限りなくゼロにした状態で、二足歩行風のものを撮影したものです。
 マスタスレイブで動くように見せているものと、二足歩行で全身像が写っている動画はCGです。

 問題はなんでそんなパチモンを作っているのか、その理由がさっぱり分からないのですが……。
 動画がバイラルマーケティングではないかという話も出ているですが、売るものもなければ当該の会社は上場すらしていないようなので意味がない。
 投資詐欺が、あるいは資金を出している上層部をだまそうとしているのか。
 以前、韓国では「世界のどこも完成させていない電気自動車を韓国の中小企業が独自技術で作り上げた!」というテレビ番組を作って、それが全部嘘だったというオチを見せたことがあります。あれを思い出しましたね。

 実際のところはイ・ミョンバクの魚ロボットくらいの完成度であるのは間違いないです。
 ものすごくくっだらないオチに終わるんじゃないかなぁ……と予想します。
 現状で一番あり得るのはYouTuberだったというオチかな。なんで企業の製品紹介ビデオに広告ついてんだよっていうね。

先行者たち (鶴見俊輔集)
鶴見 俊輔
筑摩書房
1991/10

韓国独自技術で製造される戦闘機KF-X、プロモ映像はエースコンバットからのパクりだった

KF-X project stole game footage for demo video(THE KOREA TIMES・英語)
韓国最大の戦闘機開発プロジェクトとなるKF-Xのプロモーション映像にテレビゲームの映像が盗用されていた。
10秒ほどの空戦と爆撃戦の映像はバトルフィールド3とエースコンバットアサルト3から許可なく盗用されたものであり、著作権侵害となっている。
一瞬ではあるが、オリジナルの英語字幕が映り込んでいるのが分かる。

この「ADDによるKF-Xプロモーション」とされる映像は1年前にリリースされ、1万2000回以上YouTube等で再生されているKF-Xの宣伝動画であり、KF-Xには2028年まで30兆ウォン規模のコストがかかるとされている。
この動画作成には4000万ウォンが投入されている。

にもかかわらず、関連したすべての部署が著作権侵害の責任を認めようとはしていない。
KF-X計画を推進するADD(国防科学研究所)は「まったく著作権侵害には気づかなかった」と映像製作下請けのNabixに責任を押しつけた。
「コリアタイムスの指摘によってNabixとともに当該映像をチェックしてみたところ、著作権を侵害する映像が挿入されていることを確認した」とADD広報のシン・ファンギュは語った。「我々はまったく気がついていませんでした」。
彼は当該シーンを削除すると語った。

NabixはKF-X計画を推進するKAIこそがこの問題の責任者であると述べた。
「KAIから派遣されてきた調査員がすべてに渡って、言葉や文章といった細かい部分まで含めて指示を行ってきた」とNabixのCEOであるキム・ユンガクが語った。「KAIはF-35のプロモーション映像のようなものを作れといってきた。挿入すべきさまざまな情報や映像クリップも提供されたんだ」

彼は「ゲームの画面が提供されたかどうかは覚えていない」とも語り、同時に「これは政府のプロジェクトなんだ。なにも自由にできるような余地なんてない」とも語った。

KAIも同様に無罪を主張した。
「ゲーム映像は我々が提供した素材には含まれていない」とKAI広報のキム・スンピルは語る。「どのようにしてそのゲーム映像が混入したのかはまったく不明だ」

バトルフィールド3の映像はシングルプレイミッションの一部であると確認された。エースコンバット:アサルトホライズンのものはトレイラー映像のものであった。

ADDはコリアタイムズに対して映像を削除し、関係者に代わり映像盗用について謝罪すると語った。
コリアタイムズはEA、およびバンダイナムコに接触したものの、回答はなかった。

KF-Xは韓国独自のジェット戦闘機として、老朽化の激しいF-4/F-5を代替する目的で開始されている。ロッキードは韓国政府によるF-35購入の見返りとして、その技術供与を行うとしている。
(引用ここまで)

 そのADD謹製の映像がこちら。


 見ていて、なんか既視感があるなぁ……と思っていたのですが、この記事でピックアップした動画でしたね。
 さすがにゲームから盗用したモノであるとは気づかなかったなぁ。

 ま、韓国ではよくあること。
 「独島は韓国独自の領土である」という韓国政府の広報動画にNHKの坂の上の雲からの映像を盗用していたなんてこともありました。
 なんかの歌手がPVでFF7ACをまんまパクったなんてこともありました。

 「韓国独自技術で製造される初のジェット戦闘機」のプロモーション映像がこうなんですから、「韓国の独自技術」がどのていどであるかよく分かるのではないでしょうかね。

18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書)
福井健策
筑摩書房
2015/1/10

 

日本人芸術家が韓国企業にパクられた → 警告文送付 → 韓国企業「おまえに著作権はない! 逆提訴する!」

芸術家・奈良美智、アウトすぎる絵柄パクリを見せる会社に警告文を送るも、逆に訴えられる……だと?(ITMedia)
 ポップアート分野で世界的に高い評価を得ている芸術家の奈良美智さんが、韓国のコスメ製品の絵柄があまりにも自分のものに似ているため、警告文を送ったところ、逆に韓国の裁判所に訴えられたとツイートし話題となっています。


 奈良さんは「韓国のコスメ会社の製品のなのだけれども、あまりにも自分の絵柄っぽいので、警告文を送ったら、逆に韓国の裁判所に訴訟を提起されました・・・」とツイート。写真を見ると確かに奈良さんの絵柄そっくりです。

 続くツイートで、「訴えないことで改心を期待したのだけど、先方は逆に『著作者は会社側』『奈良に損害賠償請求の権利はない』と言ってる」と相手の主張も紹介。「著作権専門の弁護士さんと相談しながら対応します」「営利主義の会社を責めはしないけれども、僕が問いたいのはその会社よりも、あくまでもデザイナーとその周辺です」とつづっています。
(引用ここまで)

 今日現在でまだ当該の韓国企業は販売を続けていますね。

[1 + 1イベント]クルグァンクッション:本品+リフィル(W.Lab)

 このパクリ側の画像をみたら、奈良美智という名前は知らなくてもああ、あの人ねとなるのではないでしょうか。

pakuri_cushion

 一応、奈良美智の画像検索結果もリンクしておきましょうか。
 これでパクリではなく、 著作権は自分たちにあると強弁できる。
 まだまだ韓国の遵法意識ってのはこんなもんなんだろうなといういい例といえますかね。
 上海の大江戸温泉物語と似たようなもんですわ。

グーグル、アップルに負けない著作権法 (角川EPUB選書)
角川 歴彦
アスキー・メディアワークス
2013/10/10

原宿で韓国対台湾のかき氷対戦が勃発!? というか韓国のはパクりですよね?

韓国発「ソルビン」日本初上陸!原宿に1号店 - 一大ブームを巻き起こしたかき氷、日本限定商品も(FASHION PRESS)
韓国・釜山発の「雪氷:ソルビン(SULBING)」が日本初上陸。2016年6月30日(木)、「ソルビン ハラジュク(SULBING HARAJUKU)」を、東京・グリーンオーク原宿にオープンする。

2013年に韓国の釜山に1号店をオープンした「雪氷:ソルビン」は、韓国の伝統菓子に斬新なアイデアを加え、現代風にアレンジしたスイーツを提供するコリアンデザートカフェ。口に入れた瞬間にすっと溶けてしまうふんわりとしたパウダースノーのようなミルクかき氷が、若者を中心に大ヒットし、韓国で一大かき氷ブームを巻き起こした人気店だ。

日本1号店となる「ソルビン ハラジュク」では、香ばしいきな粉とパリパリのアーモンドがマッチした看板商品の「インジョルミ・ソルビン(きな粉餅かき氷)」や「センタルギ・ソルビン(生いちごかき氷)」、冬にも大人気のホットスイーツ「インジョルミ・トストゥ(きな粉餅トースト)」などに加え、日本限定の商品も提供する予定。
(引用ここまで)

 最初にこれを見たときに「んー、なんかを思い出すなぁ」とは感じたのですがスルーしていたのですよ。
 んで、さっきふと思い出したのですが。
 これ、台湾のシェファーピンのパクりですね。
 雪花氷でシェファーピン。
 雪氷(ソルビン)という名称も、ミルク氷をふわふわに削るっていう手法もまんま。

 せめて名称くらいは避ければいいのにね。
 プレスリリースからイチゴのかき氷を持ってきたのですが、これ。

image
 最初、下の部分はキムチかと思ったのですがさすがにそんなことはなかったですね(笑)。
 いつだったか「韓国のパッピンスが上陸」って話題もあったはずですが、水際で阻止されちゃったのかな。
 こっちのエントリから日韓台のかき氷を見ることができます。韓国のはソルビンではなく、パッピンスですけども。

 あとついでに、楽韓さんが去年の夏だったかに原宿のアイスモンスターに入って食べたマンゴーセンセーション(雪花氷)を置いておきますね。

2016-06-16-15-34-28
2016-06-16-15-34-43
 そういえば、このソルビンというお店も原宿ということで原宿で台湾対韓国の戦いということになるんでしょうか。
 アイスモンスターはもうおなじみで、行列も延々とできていたお店ですが。
 ソルビンって聞いて日本人が思い浮かべるのは、殺菌に使うソルビン酸なんじゃないかと思いますがねぇ?


例の「韓国人天才少年」、指導教授は解任。本人は「反省文なんて絶対に書かない!」と大騒ぎ

韓国の天才少年が指導教授の論文を盗作、危ぶまれる博士学位取得(朝鮮日報)
 韓国で「天才少年」と呼ばれたソン・ユグン君(19)が在学する科学技術連合大学院大学(UST)は9日「ソン君の指導教授を務めた韓国天文研究院のパク・ソクチェ研究委員を先月教授職から解任した」と発表した。解任の原因は、ソン君とパク・ソクチェ氏が国際的な学術誌『天体物理学ジャーナル』に昨年掲載した論文が盗作との判定を受けたためだ。論文の捏造(ねつぞう)ではなく盗作を理由に教授が大学から解任されるのは異例だ。大学側は「研究における不正行為への意識を高めるため、一罰百戒の次元で今回の措置を取った」と説明している。

 USTは韓国政府が出資する研究機関と連携する大学で、学生はこの連携元の研究機関に所属する立場にあり、学位の取得を目指しながら自らの研究も並行して進める。また教授は研究機関に所属する研究者が務める。ソン君は12歳だった2009年にUSTに入学し、韓国におけるブラックホール研究の権威とされるパク・ソクチェ氏から指導を受けてきた。

 論文が撤回されたことで、今年2月に予定されていたソン君の卒業も先送りされている。ソン君の博士学位論文は昨年11月にすでに審査を終えた。しかしUSTは博士学位取得の条件として、学位論文以外のほか有力学術誌に1本以上の論文を掲載するよう義務づけている。USTは在学期間を最大9年としているため、ソン君は来年2月よりも前に論文を発表できなければ、卒業ができなくなる。研究者の間では、パク・ソクチェ氏がソン君の卒業を急ぐ余り、論文盗作という禁じ手を犯したとの指摘も相次いでいる。

 問題の発覚を受けてUSTは研究倫理委員会を招集し、4カ月にわたる調査を行った上で、パク・ソクチェ氏の解任を議決した。USTの文吉周(ムン・キルジュ)総長は「研究者にとって研究倫理は何よりも重要だ。この点を考慮しかなり厳しい処分を下した」とした上で「明らかにはできないが、品位をおとしめる別の理由もあった」と説明した。 (中略)

 一方でソン君も問題の論文で筆頭著者となっていたため、USTはソン君に対しても何らかの処分を下すことにしている。処分の内容についてUSTの関係者は「2週間の謹慎処分を下した上で、反省文を書かせることになりそうだ」と説明した。これに対してソン君は「処分を受けることは不当」との意見をすでにUST側に伝えているという。

 ソン君は中学と高校に通わず高卒検定考試(高校卒業程度認定試験)をパスし、8歳で仁荷大学に入学したことで大きな注目を集めた。ところが大学生活に適応できず退学し、その後はパク・ソクチェ氏の勧めでUSTに進学。航空宇宙工学の修士・博士統合課程(一貫制博士課程)に在学している。
(引用ここまで・太字引用者)

 これは前回の論文盗作についての件ですね。
 懲罰がようやく決定して、盗作を主導したといわれている指導教授が教授解任処分になったと。
 来年の2月までに有力学術誌に論文が掲載されないと卒業が認められないので、急いで論文を掲載したかったと。

 要するに「天才少年」本人は掲載に値する論文を書けなかった、ということなのでしょうね。
 パク・ソクチェ氏がパトロンのようにして、この天才少年を操ろうとしていた、というところかな。
 でも思いのほか才能が伸びなかった。しかたがなく、自分で論文を書いて「天才少年名義」で発表した……なんていうストーリーがしっくりきます。

 で、天才少年本人には「2週間の謹慎処分+反省文」で手打ちにしようとしているとのことですが、本人は「反省文は書かない」と主張しているそうです。

 韓国における「科学神童プログラム」で第1号認定者としてさまざまな恩恵を受けてきて、19歳にして甲乙葛藤の甲、いわば現代の両班になりきってしまったのでしょうね。
 8歳で大学入学できればたしかに天才少年ですが、20歳前後で大学院中退となったら、ちょっと頭がいいただの人。

 しかし、この「科学神童プログラム」という名称が、ファン・ウソクの「最高科学者」にかぶってしまってしょうがないですね。
 やったことの規模の大小はありますが、やっていることは似たようなもの。
 末路はどうなるんでしょうかね。
 ファン・ウソクにはクローン技術っていう「手に職」があるおかげでなんとかやっていけているようですが、この元天才少年はなにかできるのかなぁ……。

昇格する!論文を書く (角川oneテーマ21)
宮川 俊彦
KADOKAWA / 角川書店
2014-03-20


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
もやしもんがようやくKindleで解禁。純血のマリアもね。
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
Blu-ray+DVD+デジタルコピー版
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ