楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

ロボット

 相互RSS募集中です

またまた「韓国の独自技術で作られた」巨大ロボットが登場……なんでこんなパチモノを発表したの?

韓国の巨大有人ロボ「METHOD-1」は本当に完成間近?『不審な点が多い』との指摘も(engadget)
韓国の中小企業が造った有人ロボットの動画が、ソーシャルメディアなどで、本当に完成したのかを巡って議論になっている。

「アバター」などのSF映画に登場しそうな出来栄えに称賛する声も多いが、メーカーの技術力に対する疑問も少なくない。(中略)

「メソッド-1」は動画で、搭乗者の操作で2歩歩いて腕を動かし、かなりの完成度に到達したとみられる。

「韓国未来技術」は、京畿道・群浦(グンポ)に研究所がある産業機械の製作会社というくらいしか知られておらず、会社のウェブサイトも見つからない。

ブルガロフ氏は「メソッド-1」を近い将来、企業の生産現場に投入するとともに、両足を車輪に交換した新しいモデルを開発して、日本の福島第一原発の災害復興に使う計画だと、自分のFacebookで明らかにしている。

「いちばんよく質問されるのは動力源のことです。この会社の短期的な目標は、ロボットが投入されないような産業分野にロボットのプラットフォームを開発することです。もう一つの現実世界での適用可能性は、車輪を取り付けて、平らでない地形に十分な動力源と活動可能な場所を作り出すことです。改良型は既に開発中であり、福島の原発事故の復興現場に投入することを計画しています」

しかし、ロボットが本当に商用化に近い段階のかはまだ不明で、海外メディアは「不審な点が多い」と指摘している。

SF映画やゲームに登場するロボットや機械のデザイナーが、ほとんど知られていない中小企業と組んで、最先端のロボットを開発した背景が判然としないことや、「メソッド-1」の技術力を証明する証拠も、ブルガロフ氏がネットにアップした動画や写真しかないという点だ。

アメリカの科学技術メディア「ライブサイエンス」は、記者が会ったことのある主要なロボット研究者が「韓国未来技術」を聞いたことがなく、ブルガロフ氏も「メソッド-1」の開発に参加している研究者の実名や所属機関を明かすことを拒否したと、22日に報じた。

ライブサイエンスは「メソッド-1」の動画でも、ロボットの脚の関節が物理の法則に反するほどスムーズに動作し、製品のデモンストレーションがあった韓国未来技術の実験室が、あまりにも整然としているなど、不審な点が少なくないと伝えた。
(引用ここまで)

 このMethod-1なるロボット、動画によると腕部のマスタスレイブシステムを実現しており、操縦者の腕の動きに追随した動きを見せています。



 ロボット自体は実際に存在すると思います。
 そしてあるていどは動くものではあるのでしょう。

 ただし、二足歩行はクレーンで吊って自重を限りなくゼロにした状態で、二足歩行風のものを撮影したものです。
 マスタスレイブで動くように見せているものと、二足歩行で全身像が写っている動画はCGです。

 問題はなんでそんなパチモンを作っているのか、その理由がさっぱり分からないのですが……。
 動画がバイラルマーケティングではないかという話も出ているですが、売るものもなければ当該の会社は上場すらしていないようなので意味がない。
 投資詐欺が、あるいは資金を出している上層部をだまそうとしているのか。
 以前、韓国では「世界のどこも完成させていない電気自動車を韓国の中小企業が独自技術で作り上げた!」というテレビ番組を作って、それが全部嘘だったというオチを見せたことがあります。あれを思い出しましたね。

 実際のところはイ・ミョンバクの魚ロボットくらいの完成度であるのは間違いないです。
 ものすごくくっだらないオチに終わるんじゃないかなぁ……と予想します。
 現状で一番あり得るのはYouTuberだったというオチかな。なんで企業の製品紹介ビデオに広告ついてんだよっていうね。

先行者たち (鶴見俊輔集)
鶴見 俊輔
筑摩書房
1991/10

あの「イ・ミョンバクの魚ロボット」を作った研究員に実刑、なんと殺人よりも重い量刑が……

韓国の「泳げない魚ロボット」の研究員に懲役刑=韓国ネット「希代の詐欺」「すべての元凶、李明博前大統領はどうなる?」(レコードチャイナ)
2016年8月5日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国の李明博(イ・ミョンバク)政権下で進められた河川の水質検査用魚ロボットの開発に際し、業者らから莫大(ばくだい)な金額の賄賂を受け取っていた容疑で起訴された研究員に実刑が言い渡された。

韓国水原地裁は5日、収賄などの容疑で起訴された韓国生産技術研究院所属のユ研究員(54)に対し、懲役7年と罰金1億6000万ウォン(約1460万円)、追徴金1億ウォン(約910万円)の支払いを命じる有罪判決を言い渡した。
地裁は量刑理由として、ユ研究員が捜査の過程で虚偽の証拠をつくるなどし、誠実に業務に当たっている科学分野の研究員らの名誉を傷つけたと説明した。

ユ研究員は13年3月、魚ロボットを開発した2つの業者から1億ウォンの賄賂を受け取り、試作品を検収したように見せ掛け物品の代金9000万ウォン(約820万円)余りを受け取っていたとして起訴された。
(引用ここまで)

 イ・ミョンバク政権における、四大河川事業の中でも目玉だった水質検査のために投入される予定だった魚ロボット。
 当初のスペックでは巨大になりすぎて周囲の魚のストレスになるということで、1.5メートル級の魚ロボットを3機1チームで遊泳させる。
 相互に通信を行い、さまざまな検査の結果をリアルタイムで伝える。
 泳ぐ速度は時速9kmほどで、必要に応じて川を遡り検査地点に自律的に向かうことができる。
 いわばIT強国である韓国ならではこその水質検査ロボットだったのです。

 まあ、すべて達成できなかったのですが。

 最大通信距離は50m。川の中央にいたら川岸に届かない。
 相互に通信できるかどうか、稼働できたロボットが1機だけだったので不明。
 要求スペックは時速9kmだったのだけども、実際には時速0.8kmで川流れする。

 魚ロボットを開発できなかった研究員に懲役7年の実刑。
 全体的に刑罰の軽い韓国において、かなりの重い量刑です。

 以前、「日本統治時代はよい時代だった」と語った95歳の老人が撲殺されるという事件がありましたが。
 酒を飲んでいて心神耗弱が認められたので懲役5年の実刑でした。

 人を殺すよりも重い刑罰が科せられた、というわけですね。
 大統領のメンツを潰す、ということに対してこういった判決が出る……という一例でした。


 

イ・ミョンバクの「ロボット魚」完成 → 「群れぬ! 泳げぬ! 通信せぬ!」

57億ウォンかけたが…川にも近づけない韓国の魚ロボット(1) (2) - (中央日報)
‘4大河川 ロボット魚’成功?…‘ウソ’だった(ハンギョレ)

> 57億ウォン(約5億7000万円)を予算で支援され、2010年6月から2013年6月まで魚ロボットが開発されたが、結果は完全な失敗だった。9つの 試作品のうち7つは監査院が監査をする前にすでに故障していた。残り2つのうち1つも監査院が今年3月、実際にテストをしている途中に故障し、監査が終わるまで直らなかった。結局、1つで性能検査をしたが、当初の目標とはかけ離れた結果が出た。
事業計画書の目標によると、魚ロボットが水中で泳ぐ速度は秒速2.5メートルだった。しかし監査院の実験では秒速0.23メートルにしかならなかった。速度は10分の1ほどだ。

水中での通信距離目標は500メートルだった。その程度になってこそロボットに搭載されたセンサーが統制室に伝えられ、実質的な水質監視が可能だ。しかし 実験では50メートルにすぎなかった。4大河川の川幅は50メートルを超えるところが多いが、実際、川岸でも通信するのが難しいレベルということだ。 (中略)

実験項目の中には3つの魚ロボットが水中で群れを作って目標物に到達する「群集制御」機能もあったが、作動するものが1つしかないため、この機能は調べることもできなかったという。 (中略)

研究の成果ではないが成果として包装したり、研究費8915万ウォンを用途外に使った不正行為も摘発された。
(引用ここまで)

ロボット肴

 2011年に投入予定だったものが、2013年に延期されていた「4大河川の水質監視用魚ロボット」ですが、けっきょくはまともなものが作れずに有耶無耶に終了。
 2011年の時点で楽韓さんは「有耶無耶になるんじゃないか」と考えていましたが、案の定。

 9機製造されたうち、監査を受けられたのは2機だけ。
 その2機のうちの1機も故障。
 「3機で群れて泳ぐ機能」が装備されていたのだけども、まともな機体が1機しかなかったので検証できない。 おまけに秒速23センチでしか泳げない。実際の川に放流したら流されるでしょうね。

 22兆ウォンを投入した4大河川再生事業の一環だったのですが、韓国独自の製造手法による抹茶ラテを産み出しただけですべてが無駄に終わってます。
 このロボットの予算が5億7000万円(笑)。
 で、この研究費のうち900万円が流用されていたというオチ。

 そもそもまっとうな技術力なんかないんですから、こんなもんですよ。
 ま、こう言っちゃなんですが、最後の研究費流用も含めてすべて想定内に収まったというところですかね。


 

2016年、仁川ロボットランドでテコンVと握手、約束だ!

韓国の野心的なロボット・テーマパーク(ニューズウィーク日本版)
>  2016年、君はどこにいるだろうか? 答えは1つしかない──韓国・仁川に開園予定の世界初のロボット・テーマパーク「ロボットランド」だ。サイボー グやアンドロイドたちに囲まれたアトラクションのほか、ロボット産業の育成施設も含むテーマパークになるという。

 ロボットランドは首都ソウルから西へ約30キロの港湾地区に建設され、総敷地面積は約75万平方メートル。ローラーコースターなどの各種アトラクションのほか、ロボット展示場や会議場、レストランやホテルなども併設される。

 ロボットランドのトレードマークとなるのが、韓国のアニメに登場するロボット「テコンV」の高さ111メートルにおよぶ巨大タワーだ。日本のお台場にあるガンダム像(18メートル)はもとより、ニューヨークの自由の女神(93メートル)より高い。

 ロボット産業の育成を目的とした、研究開発センターやロボット工学教育機関も完備される。つまり、ロボットランドに子供を遊びに連れて行って、間違って 置き去りにしてきたとしても、立派なロボットエンジニアになって帰ってくるかもしれない! もちろん、人類を踏みつぶすのではなく、人類の役に立つロボッ トを発明してくれることを願う。

   ロボットランドの総工費は約6700億ウォン(約650億円)、政府と民間企業、大学などが共同で拠出する。アトラクションや教育施設などは16年9月 までに、ホテルやコンドミニアムなどは18年までに完成する予定だ。そして政府は、2020年までに韓国の全世帯がロボットを1体ずつ所有するようになる ことを期待しているらしい。
(引用ここまで)

 コンドミニアム……。
 つまり、不動産分譲も込みで計画されているのですね。
 そして、建設予定地はあの仁川。
 そう、すべての韓国ウォッチャーがその名前を聞くだけで失笑を禁じ得ないとすら言われているあの仁川。
 サッカークラブの給料すら遅配しているあの仁川です。

 「仁川」で「コンドミニアム」を含めた「テーマパーク」の建設。
 三重苦ですよ。
 まあ、うちらにとっては「ウォッチ先が増えた!」と大喜びするだけなのですが。
 等身大で111メートルのテコンV像とか見たいわー。
 完成できたら見たいわー。

 ちなみにこのロボットテーマパークが最初に報道されたのは2009年頃で、その時に報道されていた完成予定は2013年でした。さらにいうと、そのあたりですでにテコンVの等身大像は「製造が無理」という理由で却下されてました。
 第2の韓流ワールド(当初完成予定2012年)かなぁ……。


韓国型パワードスーツで造船作業者を守れ! 秘訣はクレーン!

韓国型アイアンマン登場? 大宇造船が“着るロボット”試演(中央日報)

 記事のタイトルだけ見て「サイバーダインのHALみたいなもんかなぁ……」って思って記事をクリックしたら出てきたのがこれ。

20130402143901-1

 ……クレーン(笑)。
 これ、吊ってるよね?
 HAL最大の利点は、こういったオプションを使わずに装着しただけですぐに使える、扱う対象(人や物)に負担を与えないというものがあるのですが。

 ピコーン! ひらめいた!

 うん、それでもこれはこれでありかな。
 最初からクレーンで吊る用のフックを部品に取り付けておけばいいわけでしょ?
 大宇造船が下請けにそういう負担を強いればすぐですよ。
 うん、これで解決。

S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク6S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク6 [おもちゃ&ホビー]
商標: バンダイ
(2013-05-31)
 

着脱可能な韓流スターのスキンをかぶせたK-POPスターロボットが年内に発売!

K−POPスターロボット、少女時代のダンスを踊る(中央日報)
K−POPロボット 年内に発売=韓国企業が開発へ(聯合ニュース)
 > 少女時代の曲「Gee」に合わせて踊るロボットが登場する。東部ロボットは年末までに、自社の知能型ロボット「ホビス・ エコ(HOVIS Eco)」に脱・付着可能な韓流スターのスキンをかぶせた「K−POPスター」ロボットを製作する予定だと25日、明らかにした。
(引用ここまで)

 中央日報の記事にはベースになるロボットの画像が出てますが。
 ……HUBOアインシュタインが産んだ不気味の谷よ、もう一度ってとこですか。
 まあ……アレですね、うまく動くといいですね。

高らかに2011年10月投入を宣言した水質監視用ロボット魚、2013年にあっさり延期

4大河川 ロボット魚、MB任期中に投入できず(ハンギョレ新聞/livedoor)

 以前にあったロボット魚を水質監視のために放流するという話だったのですが、イ・ミョンバク政権の間には実現できないことが決定したようです。
 4大河川整備計画の華のようなものだったのですが、当初は韓国の技術力に応じた1.5mの巨大魚の予定だったのですよ。で、上のリンク先にあるように他の魚が驚くんじゃないかというように言われて、50cmの小型なものの3匹編成になったそうです。
 大統領勅命で。
 で、小型化を命題とされたもののけっきょく投入予定までに完成させることができずに、外観モデルだけを提示して終了。

 1.5mのそれと50cm×3の編成だと内部体積が全然違うってことすら分からないのかな、経済大統領様は。
 記事中では2013年6月以降に投入予定と言っていますが……このまま有耶無耶になって終わりじゃないですかね。
 2013年の楽しみがひとつ増えました。


 

ロボットを作りたいのなら一芸入試でも微積分のレポートを出そう!

【社説】微分積分につまずき崩れた「ロボット王」の夢(朝鮮日報)
> 専門系高校(実業高校)出身で、ロボット製作分野での創意力を認められ、筆記試験なしの入学査定官制選抜試験でKAIST(韓国科学技術院)に入学した学生が、1年生の1、2学期に「微分積分」の科目で続けて F(不合格)判定を受けたことを苦にして、自ら命を絶った。
(中略)
 北海道でカムイ・スペース・ワークス(CSW)というロケット開発会社を経営する植松努氏(44)は、中学時代から飛行機について勉強を始め、地方の工業大を卒業した後、自動車修理工場を経営し、2004年から小型ロケットの開発を始めた。植松氏のロケットは、50回以上の発射試験を経て日本の宇宙航空開発研究機構の実験ロケットに選ばれた。
(引用ここまで)

  KAISTといったら韓国の工学系大学としては最高峰のところなんですが、そういうところとはいえども一芸入試で入れたのなら微積分なんてどうでもいいという考えかたはできないんだろうな。
 そもそも論として、そんなところに入学させたこと事態が問題なんじゃないかという話が。KAISTっていったら英語で授業するところですし。記事中にもありますが。
 でも、そういう多様性はまだまだないのでしょうね。

 そして、この記事にカムイロケットの段は必要であるのかどうか。
 要するに日本ではそういう多様性が花を咲かせることもあるよという例として出しているんだろうけど。
 最強の主将ことパク・チソンも韓国では選手生命が絶たれる寸前だったのを大学のコーチにJリーグのテストを受けてみろって言われて、どうにかなったとか。
 あるいはこういう話だったらアメリカでもいくらでも転がっていそうですけどね。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ