楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

整形

 相互RSS募集中です

韓国人女性、美容施術を受けているのは42%。希望者はその倍……

韓国女性、10人中4人は美容施術の経験有り(朝鮮日報)

外資系製薬会社韓国アラガンが28日に明らかにしたところによると、市場調査会社カンター・ヘルスに依頼して21歳から55歳までの韓国の成人女性450人にアンケート調査をした結果、42%がボトックスやフィラーなどの美容施術を受けた経験があることが分かった。

さらに、まだ美容施術を受けたことはないが、施術を受ける意向があると回答した女性は25%、今後手術を考えてみたいと回答した女性は17%だった。全回答者の84%が美容施術を受けた経験がある、あるいは今後受ける意向があると回答したことになる。美容施術を受ける考えがないという女性は16%だけだった。

美容施術とは、エラ張りや眉間のしわの改善などに使われるボトックス注射、鼻やアゴの先に注入して高さを出すフィラー注射などのことで、外科的処置が行われる美容整形手術とは違う。


 韓国での移動はタクシーではなく、なるだけ地下鉄を使っているという話をしたことがありますが、こういう部分を実際に見たいからというのが大きな理由なのですよね。
 で、この42%が美容施術を受けているというのは実感します。
 そのうちの半分かそれ以上がこういったプチ整形ではない、メスを入れたものもしているって感じですね。

 このアンケートは21歳から55歳というやや広めのレンジで行われていますが、もう少し若い世代に狭めればさらに増えると思います。
 地下鉄に座っていたら左右の席と前にほとんど一緒の顔をした女性に囲まれたって話はしましたっけ?
 最初は「え、三つ子?」とか思ったのですが、別に話をするわけでもなく別個に行動していたので他人だったと思われるのですが。
 大学生か新社会人かというくらいの世代でした。
 揃いも揃っていわゆるK-Popなんかのテンプレート顔だったので、そういう手術を受けた人たちなのでしょう。
 あれはちょっとしたホラーでしたね……。異次元への扉を開いてしまったのかと思いましたわ。
 
 韓国では女子ゴルファーであっても「なんで(賞金を稼いでいるのに)整形しないの?」とか普通に言われるそうですから。
 このアン・ソンジュという選手はそれが苦痛で日本にきたという話をしていたのですが、 けっきょくだいぶ手を入れたというオチでしたっけね。
 まあ、金があったら手を入れるというのは基本なのでしょう。 

克っちゃん→韓国→北朝鮮と技術の流れがあるのに草
ダーリンは70歳 (コミックス単行本)
西原理恵子
小学館
2016/1/20

韓国人「整形して性格が変わった!」→90% 「副作用があった」→

整形手術の経験者91.3%「整形が性格も変える」=韓国(中央日報)
キム・ジュドク誠信女子大メーキャップデザイン学科教授らが16日に韓国美容学会誌に発表した内容によると、2014年9−10月に美容のための整形手術を受けた20代以上の女性402人のうち91.3%が「美容整形が性格の変化に影響を及ぼすか」という質問に対して「及ぼす」と答えた。この調査で「及ぼす」という回答率は販売・サービス・自営業従事女性(94.7%)が最も高かった。

整形手術を受けることになったきっかけに関する質問では「容貌に満足できないから」(59%)という回答が最も多かった。このほか「肌の老化改善のため」(20.1%)、「周囲の勧め」(7%)、「他の人もみんなしているから」(4.7%)の順だった。

目の整形をした人の中では「二重まぶた」(67.8%)が最も多く、「切開」(14.4%)が後に続いた。鼻の整形は「高くする」(49.6%)、「鼻先」(29%)の順だった。顔の輪郭の整形は「あご」(35.2%)、「ほお骨」(29.7%)、「補形物挿入」(29.7%)が多かった。

整形後の満足度は高かった。「イメージが良くなった」で答えた人が43%で、40.9%は「自信が高まった」と回答した。6.1%は「社会的競争力が高まった」と答えた。一方、「副作用があった」という回答は29.9%だった。
(引用ここまで)

 そりゃまあ……そうでしょうよ。
 美容整形手術というのは基本的に心理的にそこに追いこまれてやるものですから、性格も変わりますわ。
 どれだけ周りの人間が「前のほうがいい」とかなんとか言ってても、本人が納得していないのだからしょうがないのですよね。
 ただ、それをやってしまうともはや「外見が悪いからこういう扱いになっているのだ」という言い訳もできなくなる両刃の剣。
 そういう意味もあって「性格が変わる」のでしょうけども。
 個人的にはそこまで思うのであればご自由にって感じですけどね。

 ここ何年か1年に1回のペースで韓国旅行をしていますが、人数がますます増えている感じがします。
 そしてますますテンプレートの量産顔に集中してきている。
 高尺スカイドームに地下鉄で向かったときに、椅子に座ったら右隣、左隣、そして前に立っている人の顔の造形が8割同じだったときには衝撃を受けました。
 なんというか、別の惑星に来たかのような衝撃。「ヤック=デカルチャア」とつぶやかずにはいられませんでした。いや、実際にはつぶやいてないですけど。

 Photoshopで履歴書の写真が双子のようっていうネタがありましたが、物理的にも同じになりつつあるのでしょうね。
 しかし、副作用が30%なぁ……。
 そこまでしなくちゃいけない社会なんでしょうけど。

 参考リンク:2014年の整形通りレポート

ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲
西原理恵子 / 高須克弥

韓国でハゲ治療 → 植物人間に

自毛植毛手術で植物状態に、執刀医に懲役1年6月・執行猶予2年=ソウル中央地裁(朝鮮日報)
 韓国の私立大学教授のAさんは2013年初め、薄毛に悩んだ末、ソウル・江南の形成外科クリニックで自毛植毛手術を受けた。

 クリニックの院長は手術の際、Aさんに麻酔薬のプロポフォールを投与し、後頭部の毛包や毛髪などの頭皮組織を切除した。だが切除した部位の止血と縫合を行うとき、Aさんの血中酸素濃度(酸素飽和度)が急激に低下。急いで大学病院に運ばれたが、一時的に酸素が脳に十分供給されない状態となり、脳に致命的な損傷を受けた。今なお体が不自由で意思疎通も難しい状態だ。

 Aさんの家族はこの院長を検察に告訴。クリニック側は手術時の応急処置が不十分だっただけでなく、緊急状況への備えもしていなかったことが、検察の調べで明らかになった。

 ソウル中央地裁刑事11部(キム・ガンサン裁判官)は25日、業務上過失致傷罪に問われたこの院長に懲役1年6カ月、執行猶予2年の判決を言い渡したことを明らかにした。キム裁判官は「手術で起きた副作用に被告がきちんと対処できなかった事実が認められる」と、判決の理由を説明した。同院長はAさんの家族が起こした損害賠償請求訴訟でも、8億7000万ウォン(約8500万円)の賠償を命じる判決を言い渡された。
(引用ここまで)

 整形手術の一環ですね。
 まあ、韓国ではよくある風景なのでしょう。情報が少ないのでなんともいえませんが、麻酔のプロポフォールの副作用による呼吸不全かな。
 麻酔医がいれば対応できたでしょうし、副作用に対するマニュアルでもあれば素早い対応ができたのでしょう。

 でもま、実際にはこうだった。
 以前も両あご手術で複数の死亡事故がありましたっけね。
 両あご手術は韓国のお家芸になっている(大手術過ぎて他ではあまりやらない)のですが、日本からも韓国へ整形手術を受けに行くなんて人もいるようです。
 手術そのもののリスクだけではなく韓国ではこういうリスクがあることを承知しておく必要があると思います。
 過当競争なので手術にかけるコストを減らしているのでしょう。

ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲
西原理恵子 / 高須克弥

【画像あり】「日本のCG」は不気味の谷を越え、「韓国人」が不気味の谷に落ちる

[単独]電気料金の爆弾投げ韓電...福利厚生費」こんこん」(聯合ニュースTV/朝鮮語)

 昨日も取り上げたニュースなのですが、ニュース自体はどうでもよくてですね。
 なんというかこう、自分の中でうまく消化できなかったのでああいう形で紹介したのですが。
 いや、これすごいでしょ。

bukimi1

 やばすぎる。

 日本ではCG少女の「Saya」が「不気味の谷を越えた」としてちょっとした話題になりましたが。


 禁断の比較をしてみましょうか。

bukimi2
 
 聯合ニュースTVのほうは動画で解像度が低いこともあって怖さ倍増。
 韓国では話題になったりしないのかなー。



整形:「命の危険性がある」ほどの両あご手術で世界一の国って?

<韓流2.0時代>世界1位水準に上がった韓国の「整形手術」(中央日報)
中央SUNDAYは世界韓流学会と共同で世界中で人気を呼んでいる韓流の本質について分野別に集中分析した「韓流2.0時代」を掲載する。

2014年度の世界の整形統計を見ると、興味深い現象を見つけることができる。人口1人あたり全世界で整形手術を最も多く施行している場所が韓国だという事実だ。特に両あご整形手術と鼻の整形手術の施行数字は、人口の数に関係なく絶対的に韓国が世界1位を占めている。問題は、あごの手術と鼻の手術はいずれも米国や日本のような先進国では手術の難しさや失敗確率(再手術率)が高いという理由で敬遠しているというところにある。

日本のように保守的な国では、非手術の整形件数が手術の整形よりも3倍近く多い。唯一、韓国と似たような数で両あごと鼻の手術を多く行っている国は整形天国ブラジルだ。リオデジャネイロ公衆病院の整形科長マルセロ博士は「美人は生き延び、みにくい人々は死ぬという大衆哲学が流行している」と紹介する。リオカーニバルのデザイナーであるホアオ・トリンタ氏も「知識人たちだけが不幸を好み、貧しい人々は華やかさを好む」と断定する。ブラジルに蔓延する貧困と新たに登場した新自由主義経済が合致して、女性たちを危険な両あご整形手術と失敗率の高い鼻整形に追い込んでいるという説明だ。ところでこのようなブラジルの現象よりもワンランク上にいるのが韓国だ。それならば、なぜ韓国は両あご手術と鼻手術トップ国に発展したのだろうか。 (中略)

男性の欲求を満たす女性の美はさらに両親たちによっても強要される。江南の整形外科が、入試終了後の冬休みにシーズンを迎える理由がここにある。入試を終えたばかりの娘たちを母親が半強制的に整形外科に連れて行って二重まぶたの手術をさせるのはよくあることだ。さらには両あごと鼻の手術もさせる。すでに大学を卒業したり就職したりした女性たちもさらに「かわいくなってこそ」と思っているので貯めたお金で整形外科に向かう。市場は能力の競争だけを通じて自身の労働価値が評価される所ではなく、自身の美貌も価値尺度の重要な要因になるという事実を後になって悟ったのだ。

整形の文化的な含意を探求する外国学者には「韓国の女性たちが世界で最も勇敢だ」という言葉が流行している。言いかえれば韓国人女性たちが世界で最も自信のない人々だと言えるという話だ。 (中略)

このような危機の女性たちに、人生の成功のパートナーとして現れた存在が韓国の整形外科医だ。今や韓国の整形外科医は医療専門家というよりも危機感が高まった韓国人女性たちにとって勇気を奮い立たせてくれる成功のカウンセラーでありキャリアパートナーだ。人工的に装着する美しさによって、女性たちに自尊感と社会的権力を与える新しいパラダイムの生産者だ。

若い女性たちが教会や寺院で心の安定と自信を得てきたように、そして弁護士を通じて自分たちに加えられた精神的・肉体的迫害に対し補償を問うてきたように、今や整形外科医を通じて自分たちの未来のキャリアと成功をデザインしようとしているのだ。 (中略)

整形外科院長も彼女たちを支える重要な支柱としての位置づけを確立したわけだ。したがって女性たちにはお金がさらに重要だった。女性の美しさという長年の価値に新しく「富む者はますます富を作り、貧しい者はますます貧しくなる」という構造が絶えず速いスピードで重なっていく理由だ。
(引用ここまで)

 韓流2.0とかいう言いかたは飽き飽き。
 というか、韓国政府が2013年に韓流3.0を提唱していたので、バージョンが落ちているというオチだったりするのですが。
 常に「新たなる韓流」を探しているのです。
 で、今回は「整形」がそれだということなのですが……。
 どうも整形が蔓延しすぎている社会に批判的であるような?


参考画像:韓国整形通りより。
「狎鴎亭駅4番出口 Vラインの顔型! 繊細な顔の輪郭」


 現実問題としてはこういった手術というような技術は数をこなせばこなしただけ上昇します。最適化がなされていくのですね。
 両あご手術数で世界のツートップがブラジルと韓国であれば、それだけ技術もおのずと高くなっているのでしょう。
 ブラジルと韓国が命を賭してまで苛酷な整形をしなければならない国であるというのはなんとなく理解できますね。
 女性が経済的に厳しく、権利がそれだけ蔑ろにされている。
 美貌で抜きんでる以外に社会に認められる要素がないということなのでしょう。

 ま、実際に「20代おばあさん」って呼ばれていたような韓国人女性が整形するのはしょうがないかなとも思います。リンクはしませんので、興味があったら各自で検索してください。
 そして、世の中にそういうものを受けたいと考える人が一定数確実に存在するのも確かなのです。
 美容整形は主として心の問題ですからねぇ……。

 それが韓流2.0認定っていうのであれば、まあそういう社会なんだろうな……ということを世界に向けて喧伝することになるわけですが。

整形美女 (光文社文庫)
姫野 カオルコ
光文社
2015-05-15

 

日本人女子高生が韓国で整形手術を受けた結果→

日本の女子高生、術前・術後写真を無断使用した釜山の形成外科医院長を告訴(朝鮮日報)
 重度のうつ病を患った後、韓国で整形手術を受けた日本の女子高生が、自らの手術前後の写真を無断で使用したとして、釜山市の形成外科医院の院長を告訴した。

 釜山鎮警察署は3日、釜山市内の形成外科医院のA院長が、医療法に違反したという告訴状が受理され、捜査を行っていると発表した。

 告訴状を出したのは日本の女子高生Bさん(18)。警察によると、2014年7月、A院長の形成外科医院で目と鼻の整形手術を受けたBさんは先月、副作用を訴え、再手術を受けようとしたところ、自分の目の写真が無断で医院の宣伝冊子に使われている事実を知った。

 裏切られたと感じたBさんと両親は医院側に強く抗議した後、A院長の処罰を求め、釜山鎮警察署に告訴状を提出した。

 一時、自殺を図るほどの重いうつ病に苦しみ、精神科に通院していたBさんは、自分を変えたいとの思いから、整形手術を受けることを決心し、A院長の形成外科医院を訪れた。手術前後に撮影した写真について、ほかの目的に使用しないでほしいという意思をはっきりと伝え、日本に帰ったという。

 さらにBさんは警察で、「医院側は手術の結果を評価し、医学発展や教育のために写真を撮影すると説明しただけで、写真を公開することには全く同意していなかったのに、写真を無断で使われた」と主張したという。

 これに対しA院長は「手術後に写真の(ほかの目的での)使用を拒否する意向を表明したということが、関連文書で十分に表記されていなかったというミスにより発生した事態だ。問題の写真は外に流出しておらず、医院内部の案内冊子だけに使用した」と釈明した。その上で「冊子は全て廃棄しており、Bさん側と円満に解決できるよう努力している」と付け加えた。

 警察は近日中にA院長を呼んで事情聴取を行い、患者の同意なく手術前後の写真を使用したことが、患者の医療情報を漏えいしてはならないと定めた医療法に違反しているかどうか見極める方針だ。
(引用ここまで)

 以前から書いているように整形が必要な人って、いわゆる「心のケア」が必要な人なのです。
 なのでそれで解決ができるようであればバンバンすればいいと思うのですよ。韓国の整形広告だとそれはもうすごい人たちが出てきますので、あれができるんだったらやるべきだよなぁ……って感じます。
 日本人にとって「隠れて手術する」のには韓国は絶好のロケーションでもありますし。

この画像は整形通りのレポートから。


 でもって、この日本人の高校生の場合もうまくいったのでしょうね。
 いわゆる「会心の出来」だったからこそ、掲載したのでしょう。
 日本と韓国で「美容整形」の重さはだいぶ異なっていることも理解せずに。

 ま、実際には副作用があって再度訪れたからこそ今回のことが判明したわけですが。
 副作用というか手術の失敗のことを考えると、韓国での手術はどうなのよって思いますね。



中央日報が韓国人レースクイーン画像をざくざく掲載……掲載……

レースクイーンのキム・アビン、熱い太陽の日差しを受けて…(中央日報)
 実は他のネタを延々と「あーでもない、こーでもない」とうんうん唸りながら書いていたのですよ。
 切り口が気に入らなくて他のニュースも見てみようかと思ったり。
 でも、この記事の画像を見たらなんかこう……馬鹿馬鹿しくなったので、そっちはとりあえず保留。

 2枚目をピックアップした編集者を小一時間問い詰めたい。
 いくらなんでも、もうちょっとどうにかできるだろ……。


「アボカドの写真」から分かってしまう、日韓の豊かさの違い

「大きなアボカド、味わってね!」(朝鮮日報)

 ……なぜこのふたりの組み合わせにしたのだろう。
 使用前と使用後でこうなりますっていう見本市?
 そして、なぜそのマニキュアを選んだのかと小一時間。メイクさんはおらんのか。

 アボカドやら魚やら主題が変わってはいるものの、こういうパターンの記事が朝鮮日報には定期的に掲載されています。
 そのたびに思うのですが、コンパニオンらしき女性は全部違う人なのかどうかと。
 もう、本当にスタンプで押したような顔をした『韓流美人』しか出てこないのですよ。ある意味で整形通りの見本市みたいな感じです。

 しかし、この記事もそうなのですが韓国の新聞はどれも写真がひどい。
 3枚目の写真は被写界深度(ピントの合う範囲)を浅くしているのですが、なんでその手法をとろうと思ったのか(笑)。
 今回の画像はそうでもないのですが、広角レンズを使っているのに人物を端に寄せることが多いので顔がゆがんで写ったりすることも普通です。
 ……と、ここまで書いていて普通の社会人が写真を趣味にできたり、撮影構図や手法を気にしたりするような社会は圧倒的に豊かなのだということに思いいたりましたよ。
 そういう意味で韓国では一般的ではないのだろうなぁ……。


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ