楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

伝統

 相互RSS募集中です

韓国人「韓進海運のドル箱路線が外国に奪われた!」 → ただの競売じゃん……

韓経:韓進海運の米国路線80%、外国に奪われた(中央日報)
9月に法定管理(日本の会社更生法に相当)に入った韓進(ハンジン)海運の米州路線運送量の80%が外国の船会社に移ったことが明らかになった。

米海運統計調査会社ピアーズによると、11月の韓進海運の米州路線物流量(週間平均)は前年同月比98.8%減の239TEU(1TEUは6メートルコンテナ1本)に終わった。昨年7.3%(2万355TEU)で業界4位だった市場シェアは0.1%に減少した。

1年間に減少した韓進海運の運送量の79.2%は外国の船会社が吸収した。マースク(デンマーク)は米州路線の物流量が35.7%増の3万890TEU(シェア10%)、MSC(スイス)は49.7%増の2万7146TEU(シェア8.8%)となった。両社のシェアはそれぞれ1.9ポイント、2.3ポイント増えた。
(引用ここまで)

 このニュースを見たときに……なんかこう、既視感というか。
 以前にも見たなぁという感覚があったのですが、うまく説明できずにスルーしていたのですが、ついさっきその正体が判明しました。
 すでに法定管理に入ったあとには、このアジア−アメリカ路線は売却が公告されていたのですよ。

裁判所、今日韓進海運の米州・アジア路線の売却公告(亜州経済)

 これが10月の記事で、「来月半ばには本契約が行われる」とあります。
 つまり、中央日報の記事で「奪われた」という韓進海運のアジア−北米航路は競売にかけられたものであったのです。普通に売られていったもの、です。 

 だけども、記事では「奪われた」となっている。
 これを、どこで見たかというと 「日帝に米を収奪された」っていうアレです。ただ単に商行為で米を日本に持っていっただけなのに、「奪われた!」となる。
 逆にいうのであれば、韓国人が言うところの「米収奪」が虚偽であることがよく分かる事例でもあるのですね。

 シンシアリーさんがいうところの「不当に奪われたという剥奪感こそが恨である」という話にも通じているように思えます。

韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する―歪曲された対日関係史 (小学館文庫)
勝岡 寛次
小学館
2001/07

韓国野党「水に落ちた犬は叩け!」 → パク・クネからの要求をすべて無視、辞任まで追いつめる模様

国政介入:「首相推薦」拒否の3野党、抗議集会には積極参加(朝鮮日報)
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入疑惑で混乱が続くなか、野党3党は9日、新首相の人事案を撤回する意向を示し、国会に候補者を推薦するよう求めた朴大統領の提案を「一顧の価値もない」とはねつけた。その代わり、12日にソウル中心部で計画されている抗議集会(ろうそく集会)に積極的に参加することを決めた。

 「国会での首相推薦」は野党側が先に提起したものだが、朴大統領がこれを受け入れるや、野党は8日「首相の権限が不明確だ」などとして大統領が国政の一線から退くよう要求。9日には、朴大統領の与党セヌリ党からの離党など、別の条件を掲げて議論そのものを拒んだ。米大統領選など、急変する国内外の情勢に関する議論もされなかった。

 最大野党「共に民主党」の秋美愛(チュ・ミエ)代表、野党第2党「国民の党」の朴智元(パク・チウォン)非常対策委員長、少数野党「正義党」のシム・サンジョン代表はこの日、「国会での首相推薦」を議論するため国会で会合を開いたが、この問題よりも12日の抗議集会に関する話し合いに時間を割いた。

 3党の報道官は会見で、3党の代表らは国会で首相を推薦してほしいという朴大統領の提案について「一切受け入れられない」「一顧の価値もない」と拒否したと伝えた。各党の代表らは、大統領が完全に国政の一線から退くことを保障しないまま、大統領府(青瓦台)が国会で首相を推薦するよう求めているのは、与党側の時間稼ぎにすぎないとみている。一方、3党代表は抗議集会に対しては「党の力を結集して積極的に参加する」との姿勢を示した。

 共に民主党は当初、12日に別の党員集会を開く計画だったが、これをやめて市民団体らの抗議集会に参加することを決めた。また、国民の党が大統領に突き付けたセヌリ党からの離党も、共に要求していくことにした。

 野党側は、制度的・政治的に難局を乗り越える代わりに、事実上の政権退陣運動を選んだ。共に民主党の秋代表は「憲法上の主権者である国民は大統領の退陣を要求している」と指摘し、国民の党の朴委員長も「大統領が国民の怒りに答えなければ、国民とろうそくを掲げるしかない」と述べた。また、正義党は大統領の下野とともにセヌリ党の解散も要求している。
(引用ここまで)

 パク・クネは「国会で首相候補を推薦してくれ(たら、こちらもその候補を指名する)」と白旗を揚げたのですが共に民主党、国民の党ともにそれだけでは足りないと言い出しました。
 曰く「一顧の価値もない」ということで完全に拒絶。
 そもそも「国会で推薦した人物を指名しろ」といっていたのは野党側なのですが、それを受け入れるようにしたら今度は「パク・クネが国政から退くことが優先だ」となる。

 韓国のいつものパターンですね。
 譲歩したら譲歩した分だけ要求が増える。別にこれは対日本に限った話ではないのですよ。
 水に落ちた犬は打つ、が基本方針の国ですから。
 日に日に弱体化しつつあるパク・クネを可能なかぎり叩いておいて、来る大統領選挙まで有利に展開しようという目論見なのでしょう。

 さらにこの週末に野党全体でろうそく集会に参加すると。
 でもって、一部野党は与党のセヌリ党に対しては解党まで要求。
 政局争いで徹底的に与党を叩こうという戦術ということですか。
 ……第三者の視点で見てもいまの韓国経済にはそんな余裕があるようには見えないのですけどね。
 面白いもので、どんな場合にあってもまずは内紛優先っていう韓国の伝統をきれいになぞっています。
 人はどんな事態になっても慣れ親しんだ文化や伝統から自由になれないのだなぁ……。

本当は怖い韓国の歴史 (祥伝社新書)豊田有恒
祥伝社
2013/1/25

韓国地震:歪んでしまった文化財を補修しなければ → できません! → その驚愕の理由とは……

[単独] "瞻星台・仏国寺大雄殿原型復元は難しい」(SBS/朝鮮語)
<アンカー>
先に見たように、文化財毀損が深刻な状態です。ところが、瞻星台と仏国寺大雄殿は現状回復するのが困難であることSBS取材の結果、確認されました。
その理由が何であるか、ガンチョンワン記者が単独報道します。

<記者>
先だっての19日の余震で国宝31号瞻星台がひどく揺れる様子です。
仏国寺大雄殿も余震に揺らぎながら被害が発生しました。

キム・ドクムン/国立文化財研究所研究室長(13日):「傾いてしまった文化財に対して、今後は我々が続く地震発生等に備えて、修理して補完しなければならと予想しています」

しかし、瞻星台と仏国寺大雄殿は100%円形の復元が困難になることがSBSの取材の結果を確認しました。
原型復元のために必要な精密実測調査報告書がないからです。

文化財復元の専門家:「もはや方法がないのです。参考にする資料がどこにもありません。あるていどデタラメに補修するしかないのです」

陜川海印寺の精密実測調査報告書です。
なんと500ページの分量ものこのレポートには、文化財の詳細図面と寸法、部材等が精密に記録されています。
文化財庁は、仏国寺大雄殿は今年から慶州市担当と責任を転嫁しました。

また、瞻星台は他の文化財から実測調査報告書を作っていたために遅くなったと釈明しました。

ノ・ウンレ/共に民主党議員:「民族の魂が込められた仏国寺や瞻星台であるのだから、万一の事態であっても備えておかなければならなかった。毀損された場合に原型へと補修することができないというのが今の現実です」

取材が始まると文化財庁と慶州市はふたつの文化財の実測レポートを来年までに完了する計画であったとしていますが、死後薬方文になりました。
(引用ここまで)

 ……ダイナミックコリア(唐突)。
 いや、すごいですね。

 韓国では東洋最古の天文台とされている瞻星台は韓国の国宝31号です。
 31番目に指定された。つまり、かなり早い段階で国宝となっていたものであってですらこう。

 ちなみに国宝1号である南大門が放火されたあとの復元工事でも内部構造はまったく図面に起こされておらず、でたらめにやったという事実があります。
 いや、一応図面にはなっていたのですが行方不明。
 在米韓国人だか韓国系アメリカ人の建築家が参加したときに記録した資料は存在していたのですが、それを参考にしたというわけでもなく。
 もちろん、日本の式年遷宮のように技術やノウハウを継承するような儀式もなく。
 まあ、なんとなくフィーリングで内部構造は「再現」したのだそうですよ。

 で、今回も地震で塔は歪み、仏国寺は瓦が落ちるなどの被害があったそうですが。
 どこにどう戻せばいいのかさっぱり分からない。そもそも地震で歪んだ場所なのか、最初からそうだったのかも分からない。じゃあしょうがないんで「デタラメに補修しよう」となる。
 この大胆さこそが韓国ですね。


韓国人「公職にあるものの腐敗がひどすぎる。SNSやスマホで明らかにされるようになったからだ!」……昔からあったってことですね

【社説】度を超えた公職の綱紀弛緩、大統領が正さなくては=韓国(中央日報)
公職社会の綱紀の緩みは度を超えた。概念のない公職者の逸脱現象は過去にもあった。しかしこのところ相次いで出てくる醜聞などを見れば国紀の乱れを心配しなければならない水準だ。 (中略)

何より検察権力の腐敗は国民の公憤を買っている。陳ギョン準(チン・ギョンジュン)検事長は友人の金正宙(キム・ジョンジュ)ネクソン代表から受け取ったお金で株を買い120億ウォンの差益を手にし、親族に仕事を融通する代価として財閥に対する脱税内偵調査を中断した容疑で逮捕された。検察幹部とは到底思えない破廉恥な犯罪だ。陳検事長の逮捕は彼と懇意にしている禹柄宇(ウ・ビョンウ)青瓦台民情首席秘書官をめぐる疑惑に拡大した。陳検事長の斡旋で親族が所有する1300億ウォンを超える江南(カンナム)の土地売却を成功させたという疑惑だ。禹首席秘書官は機動警察官の息子が入隊4カ月で花形職であるソウル地方警察庁の運転兵に配属される特恵を受けたという疑惑も受けている。

外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官も韓国政府がTHAAD配備を発表するまさにその時刻に百貨店でショッピングをしていて非難された。服の修繕を理由に掲げているが常識的に納得がいかない釈明だ。ナ・ヒャンウク教育部政策企画官は「民衆は犬や豚」という暴言で国民の公憤を買ったあげくに罷免された。洪起沢(ホン・ギテク)前産業銀行頭取は、就任して4カ月で突然休職届を出して潜伏し、韓国に与えられたアジアインフラ投資銀行(AIIB)副総裁のポストを失い国際的な恥をさらした。 (中略)

SNSとスマートフォンの発達で秘密がない社会になった。国民が公職者の一挙手一投足を手の平を見るよう見られるようになった。野党や非主流を脅迫して口をふさいできた旧時代的政治工作も録音記録ひとつで崩れている。IT技術の発展で社会が急速に民主化・透明化された結果だ。だが公職者だけはこうした変化を悟れないまま「官」が権力を独占した昔と変わらない認識の中に住んでいる。
(引用ここまで)

 ……ネクソンの代表から金を受け取っただけじゃなくて、さらにそこから投資で120億ウォンの差益を手にしたって、元金がどれだけだったのか気になりますね。あとでこれは調べましょう。
 でもまぁ、韓国の上層階級が扱う額というものはこういうものですよ。
 こうあらねばならない、としっかり感じましたね。
 逆にロッテ創業者の娘がたかだか20億ウォンの裏金を受け取って云々というのは、若干額が低いなとも感じわけです。

 面白いのはこういった公権力による利益要求が「度を超えた」というように記事タイトルではしているのですが。
 記事中では「秘密がない社会になった」ので明らかになるようになっただけ、という文脈であるところ。
 つまり、古代から綿々と受け継がれてきた韓国の伝統なのだけども、それが明らかになるようになっただけ。
 拡散されるようになっただけなのだ、という話になっているのですね。

 でもって実際もそうなのでしょうけども。
 ちなみに「民衆は犬や豚」という暴言を吐いた教育部高官は罷免されて、さらに年金まで50%削減されるという最大級の懲罰を食らってしまった層ですよ。
 公務員2級というとんでもない栄達を果たし、将来も高額年金が悠々自適。さらには天下りだって自由自在という立場から、まさに豚や犬と同じレベルになってしまったわけですね。

 韓国において利益供与というものはなんとしてでも必要なものなのですよ。
 ウリとナムでは待遇に大きな差があるこの国で、ウリの一員になるためには贈り物をするしかないのです。
 ……なんかプリミティブな経済人類学的な話になっているのですが。

 「これを送ったからには私はあなたのウリですよ」という確認作業なのですよね。
 で、ウリとなったからにはその見返りをもらわなければならない、というようになるわけです。

 ただ、それを一定限度額までに制限する「キム・ヨンラン法」が9月末から施行されます。
 まあ、こんな法律ごときで利益供与の風習が変わるものかなぁ……とは思いますが。ちょっと注目ではあります。ずっと「内需が萎縮する!」って大騒ぎしているんですけどね。

Discover Japan 2016年1月号 Vol.51[雑誌]

韓国ユニバーサルスタジオ、水資源公社とはなんら協議をしたことがないと米国本社からばっさり

米国ユニバーサルスタジオ "水資源公社と協議しない"(YTN/朝鮮語)
韓国水資源公社が最近発表した韓国版ユニバーサル・スタジオ造成計画が米NBCユニバーサル本社と具体的契約や協議なしに一方的に推進したことが明らかに論議が見込みです。

米NBCユニバーサル傘下のユニバーサル・パークアンドリゾート側は、自分たちは韓国水資源公社とどのような事業的な関係も結んでいないと明らかにした。

ユニバーサル側は韓国にユニバーサル・スタジオを造成するための機会を得るために続けて努力してきながらも、水資源公社との契約をしたり、具体的な協議をしたことはないと強調しました。

前水資源公社は22日、工事で開発する京畿道松山グリーンシティの国際テーマパーク複合開発事業の優先交渉対象者にユニバーサル・スタジオズ・コリアコンソーシアムを選定したと発表しました。

今回のコンソーシアム代表主管社であるUSKPHは、2007年にもユニバーサル・スタジオと京畿道、華城市と水資源公社などとコンソーシアムを構成して松山国際テーマパーク事業を推進したことがあり、当時の土地供給契約が締結されていない2013年の事業推進を中断しました。
(引用ここまで)

 なるほど。
 水資源公社はユニバーサルスタジオ側との契約主体ではないのに、なにを勝手に「契約した!」みたいな話をしているんだと。
 水資源公社はただの土地売却をするというだけの相手、ということですかね。
 ユニバーサルスタジオコリアというものができるとしても、おまえがなんで「優先交渉対象者はこちらです!」みたいな発表をするのだと。
 一応、水資源公社も上記のコンソーシアムの一員ではあるようですが。

 で、先日の「やっぱり嘘でした」の記事には「水資源公社内部では、米国のユニバーサル本社の歩みが事業で主導権を握るための戦略ではないかという見方もある」なんて記述もあったのですが。
 まさに投影の真髄でしたね。
 自分たちであれば主導権を握るために、こうやって嘘をつくのだという。


今度こそ本当にユニバーサルスタジオを韓国に誘致! → 嘘でした

「華城ユニバーサルスタジオ」合意なしに発表した水資源公社(中央日報/朝鮮語)
韓国水資源公社が京畿道華城に米国ユニバーサル・スタジオを誘致することにした事業が開始前から早くも暗礁に乗り上げた。水資源公社が米国ユニバーサル本社との合意もされていない状態で発表して、ユニバーサル側が公式抗議したことが確認された。水資源公社は、昨年12月22日5兆ウォンが投入される国際テーマパーク複合開発事業のための優先交渉対象者にユニバーサル・スタジオ・コリア(USK)コンソーシアムを選定したと発表した。

当時水資源公社は、記者説明会を開いて「国際テーマパークが2020年にオープンすれば、韓国は世界で5番目に、ユニバーサル・スタジオを誘致する国になる」とし「グローバルテーマパークのブランドであるユニバーサル・スタジオと韓流テーマセンターを設置し、滞在型複合リゾートにする計画である」と明らかにした。チェ・ギェウン水資源公社社長は、ユニバーサル・スタジオがどのていど関与するかという質問に「ユニバーサル・スタジオ自身が参加意向書を提出した」とし「優先交渉対象者に選定されただけに、今後の本格的な交渉をする」と答えた。チェ社長は2014年10月に米国を訪問し、ユニバーサル・スタジオのマイケル・シルバー社長と面談した。

 しかし、LA中央日報が昨年12月30日(現地時間)、米国ユニバーサル本社に問い合わせた結果、この発表内容は事実と異なることが分かった。ユニバーサル側は「我々は(水資源公社)プロジェクトに参加していない」とし「水資源公社とどのようなビジネス上の関係も結んでいない」と明らかにした。水資源公社が優先交渉対象者に選定したUSKコンソーシアムには、中国最大の国営建設会社である中国建築古墳有限公司(CSCEC)▶中国最大の国営旅行会社香港中国旅行有限公司(CTS)▶大宇建設などが参加している。コンソーシアムを主導する企業は、ユニバーサル・スタジオ・コリアプロパティホールディングス(USKPH)だ。

 本紙確認結果USKPHは、かつてユニバーサルの韓国内公式代理店だったが、2012年以降は契約解約されている。 USKPHは、米国ユニバーサルと韓国内のテーマパーク建設と関連協議をしているが、まだ米国本社と正式ライセンス契約はしていない状態だ。

 しかし、事業は正常に推進することがあるという立場である。ガン・ソングィ水資源公社のテーマパーク事業団長は「USKPHが華城国際テーマパーク事業に関心がある米国ユニバーサル本社の意向を持ってきて、これを根拠に発表したもの」とし「水資源公社と京畿道、USKPHが米国ユニバーサルと続け接触している」と述べた。水資源公社内部では、米国のユニバーサル本社の歩みが事業で主導権を握るための戦略ではないかという見方もある。

 しかし、ユニバーサルのテーマパーク事業に精通した関係者は、「ユニバーサルが韓国内のテーマパークの建設に関心があるのは事実だが、対象を京畿道華城だけには限定せずにいる」とし「韓国の他の投資家とも交渉中と聞いている」と述べた。彼は「ユニバーサルは韓国内のテーマパーク事業に確実な利益を確保してくれる投資家と事業地を探しているだけ」とし「水資源公社は、このようなユニバーサルの意中を知らないまま、あまりにも先に行ってブレーキがかかったようだ」と指摘した。
(引用ここまで)

 2014年に水資源公社からの土地の調達価格が高すぎるということで、ユニバーサルスタジオコリアの計画が白紙撤回されました。
 んで、なんでそこまで高値で売ることにこだわったかというと、イ・ミョンバクの4大河川整備事業で多大な負債を抱え込んだからなのですね。
 白紙撤回になったものの、記事によるとそれ以降も交渉自体はしていたと。

 でもって、去年の年末に華々しくリリースが発表されて「ついにユニバーサルスタジオコリアができます!」となったわけですよ。
 当時、他にもいろいろニュースがあったのでスルーしていたのですが、「あんだけもめておいていまさらユニバーサルスタジオが首を縦に振るもんかなぁ……」と思ってはいたのですよ。
 案の定でした。

 一応、まだ交渉はしているということなので、これが正式発表される可能性はなくはないとのことなのですが。
 なぜそんな先走った発表をしてしまうのかというと、もちろん「こうやって発表してしまえば先方も断りにくいだろう」という韓国伝統の考えかたがあるからなのですね。
 たとえばフェス開催に際してポスター等に勝手にアーティストの名前を載せちゃって「こうやって名前を載せたので、来ないとこちらのメンツが潰れるぞ!」っていうやりかたをするのです。
 韓国ではメンツを異様に大事にするので、それで折れることも少なくないのですね。
 でも、そのやりかたを海外でも同じように通用するものだと思ってやってくるのです。

 大統領府が「エリクソンが韓国に1500億円規模の投資をするぞ!」とか発表しちゃう。完全な嘘。
 「日本は韓国に文化財を返還した」と外交通商部が発表しちゃう。これも嘘。
 なので、韓国からはプレスリリースが出てもまだ信用できないということが多々あるのです。

 でもって、今回もまったくそのパターンであったと。
 こういうのを「交渉術」であると勘違いしている人間っていうのは少なからずいますが、それが政府とか公社がやるんだから救いようがないのですよね……。
 国の基本単位から嘘なのですから。


韓国気象庁のドップラーライダー騒動、原因は韓国伝統のアレだった!

気象庁 - ケイウェザーの悪縁... 5年目「泥沼」(韓国経済新聞/朝鮮語)
48億ウォンの気象観測装置であるライダー(LIDAR・写真)の設置に関して、気象庁と民間気象会社の間で産まれた葛藤が5年間続いている。国内気象産業の育成は無視したまま、双方が数回対抗告訴をして、監査機関に投書を入れるといった泥沼の戦いを繰り広げているという批判が出ている。

気象庁傘下気象産業振興院は20日、詐欺と業務妨害の疑いで国内最大の民間気象会社のケイウェザー代表をソウル中央地検に告訴した。振興院は「ケイウェザーが2011年の空港ライダー購入事業の入札に参加しながら虚偽の証拠を提出して性能を欺いた上に、価格を20億ウォン膨らませた」と主張した。ソウル中央地検が16日、ライダー入札に関与した振興院前・現職職員を入札妨害容疑などで在宅起訴してから4日経ってのことだ。

ライダーは空港の滑走路から急に吹く突風を検出して、航空機の安全な離着陸を助ける装備だ。国内では生産されていないためにケイウェザーがフランスメーカーの機器を持ち込み、気象庁に納品した。議論の核心は、ケイウェザーが納品したライダーの性能が規定された規格に適合するかどうかだ。当時気象庁は、2011年の入札直前ライダー装置の最大検出半径規格を従来15劼ら10劼亡墨造靴拭これに対してケイウェザーの競合他社であるW社と気象庁の一部の従業員が「当初の製品規格を気象庁が意図的に変更した」と首相室と警察に投書を入れてから葛藤が始まった。当時、気象庁長とケイウェザー代表が癒着疑惑が提起され、検察の捜査を受けた。検察はこれらについての証拠不足を理由に、昨年8月に無嫌疑処分を下した。

しかし、機器の配送、代金の支払いをめぐり気象庁とケイウェザーは民事訴訟を進行中だ。気象庁は2013年3月以降に「ライダー機器が当初の仕様に達している」との立場を180度変えた。昨年1審では「振興院が契約元本代金をあげなさい」とケイウェザーの手を上げた。控訴審宣告は今月末に下される予定である。訴訟が進行するにつれて、48億ウォンのライダーは、金浦空港と済州空港に放置されている。

振興院の今回の告訴は最近、検察が振興院前・現職職員を起訴するなど、検察の捜査がケイウェザーに有利な方向に進むと強硬対応に乗り出したというのが業界の分析だ。気象庁の関係者は、「ケイウェザーが自社の利益のために告訴と投書を乱発している」と主張した。一方、ケイウェザー側は「ライダー事件以来、気象庁が報復の次元で、すべての発注事業でケイウェザーを排除しながら、気象会社殺害に乗り出した」と反論した。

ライダー葛藤の内面にはS大学とY大気象とで両分されている気象業界の慢性的な学閥意識がある。気象庁をはじめとする気象業界には、S大とY大気象学科出身がほとんどである。 2011年当時、Y大主軸になった振興院幹部と業者が主導権を握るためにライダーに関連投書を開始したという疑惑も提起されている。気象専門記者出身の前庁長とケイウェザー代表などの新進勢力と気象庁主流公務員間の葛藤で起きたという指摘も出ている。
(引用ここまで)

 伝統の内紛が原因でした。  エントリタイトルに「原因は伝統のアレだった!」なんてエクスクラメーションマークをつけてみましたが、まあいつものことでした。
 韓国気象庁内にS大派閥とY大派閥があって、その主導権争いにドップラーライダー騒動が利用されたってことですかね。

 で、これは高裁判決のでる5日前の記事で、ここから気象庁側勝訴に逆転されたと。
 いわく「Kウェザーの提出した『スペックを満たしている』という証明書は、フランスで設置された機材による計測で、韓国に持ちこまれた機材と同じものとは認められない」のだそうで。
 でも、Kウェザーの勝訴だった地裁判決を頼りにすでに検察は気象庁の職員をすでに在宅起訴してしまっている……と。

 普通なら、こういう機器納入に関してのぐだぐだは理路整然とした説明ができないほうが存在していて、しどろもどろになってたりするものなのです。
 でも、今回に関してはどっちもなんかこう歯切れが悪い。
 おそらくはどっちもどっちっていう感触なのは、内紛でどっちも引け目があるというか落ち度があるからなのでしょうね。

 まあ、いい面の皮なのは空港側です。
 当初計画から5年が経過しようとしているのにいまだにドップラーライダーが設置されないっていうね。
 航空機にとって最悪なダウンバーストの発生を予見できる機械なので、スペックが満たされていなくてもとりあえずは有効に使えばいいものを……。
 まあ、そのあたりも含めて韓国らしいお話ではあるのですけども。


韓国でノーベル賞が出ないもっとも大きな要因は?

2004年ノーベル賞受賞者「韓国、ノーベル賞受賞できない最も大きな要因は…」(中央日報)
2004年にノーベル化学賞を受賞したイスラエル工科大のアーロン・チェハノバ(Aaron Ciechanover)教授は韓国からノーベル賞受賞者が出ないことに対して「文化的理由」を指摘した。

チェハノバ教授は19日、大田(テジョン)コンベンションセンター(DCC)で開かれた「2015世界科学首脳会議」で韓国記者団との共同記者会見でこのように明らかにした。

チェハノバ教授は「韓国は教育に多くの投資をしているがノーベル賞受賞者が出てこないのは文化的要因のため」と指摘し、「(学生たちは)消極的で、既存のものに対抗するということを特にしない」とし「先生を尊敬するよう強いる文化のため、学生たちは非常に謙虚だ」と説明した。

引き続き「イスラエルは討論中心の教育で、『先生は常に正しい』ではなく、自分がしたい話をする」とし「韓国の学生は討論をして先生に大胆に反対する話をするべきだ」と付け加えた。

韓国がノーベル賞受賞者を輩出できないもう一つの理由としては失敗を認めない文化を挙げた。チェハノバ教授は「韓国の両親は子供が一つの道だけを見て成功するように願っている」とし「初めは成功できるかもしれないが、結局はそのせいで成功することができなくなる」と惜しんだ。続いて「失敗を恐れてはならない」とし「失敗を通じて学ぶからあとで成功することができる。失敗を恥ずかしがったりするようなことがあってはならない」と強調した。
(引用ここまで)

 以前もサンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空の墜落事故で操縦士が上の地位にある教官に対して意見ができなかったことが事故原因という分析がありました。
 実際に年長者がいたのでサングラスもできなかったし、ゴーアラウンドもできなかったという事故調査結果が出ています。

 韓国人はことある毎に「儒教の影響なんてもうない!」と叫ぶのですが。
 そんなわけはないのですよね。いまだに外国人が訪韓したら「年齢はいくつですか」とすべてのインタビューで尋ねたりするのです。

 そんな背景を持つ社会ですから「あれ、もしかしたらこれは違うんじゃないかな……」って思っても、先人の業績を汚すことになるのでできない。
 明治時代の日本でもそんな空気があったようですし、現在の中国にも同じような儒教の影響があると聞きます。
 そんな社会じゃノーベル賞クラスの研究はできません。
 まあ、それだけじゃなくて「早く早く!」っていうパリパリ文化もあるので複合的な要因で形成されていると思いますけどね。


 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
材料入れてコトコト煮込むだけレシピ
100円セール中。
シン・ゴジラ
S.H.Figuarts メトロン星人
「ようこそウルトラセブン」
ダライアス 30th Anniversary Edition
PS4用+サントラCD7枚組

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ