楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

ノーベル賞

 相互RSS募集中です

ムン・ジェイン「日本の中小企業はノーベル賞を受賞しているのに、韓国では財閥に潰されている」と都合のいい時だけ日本を持ち出す

韓経:文在寅大統領「日本企業がノーベル賞受賞する時に韓国は大企業が中小企業の技術奪取」(韓国経済新聞)
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、今年初めての公正経済推進戦略会議を主宰した席で、政策成果を出すための革新成長ドライブとは別に公正経済政策も持続的に展開していくとの意志を強く現わした。

文大統領は「日本のある中小企業研究所でノーベル賞受賞のニュースが伝えられる時、韓国は大企業に技術を奪われた中小企業の事例を聞き続けなければならなかった。公正は革新の基盤であり個人が能力を発揮できる土台だ」と強調した。

文大統領は所得主導成長、革新成長、公正経済の経済政策3大軸のうち公正経済に最も厚い点数を与えながらも「これ以上進捗しない停滞した感じだ」として参席者を叱咤した。

執権3年目を迎え「経済成果」を強調しているが、革新成長を成し遂げるためには公正経済が後押ししなければならないという既存の立場を繰り返し明らかにした。

文大統領は「革新も包容もすべて公正経済が後押しされてこそ成し遂げることができる。革新的アイデアと製品が保護されなければ革新は埋もれてしまうだろう」とした。
(引用ここまで)

 日本の中小企業がノーベル賞を受賞……どこ?
 青色LEDを実用化した日亜化学ですかねぇ。
 この「日本がノーベル賞を〜」というのは、単に韓国の財閥支配の状況がひどいという比較に持ち出しているだけで大きな意味はありません。
 そもそも韓国は中小企業だろうが大企業だろうが大学だろうがノーベル賞取れてませんし。
 持論である「積弊清算」のために、都合のいい時だけ日本を見習えって言っているだけの話。

 ま、実際に財閥系が中小を潰すというのは韓国のありがちなパターンなのですよ。
 ニッチな分野を開発しても、あるていど収益があるという目論見が出た時点で財閥が一気に資本を使って潰しにかかる。
 細かいところでは町のパン屋が財閥系のパリバゲットに駆逐された、なんて話もありますね。
 韓国で3000店舗を超えているってことですから、ひとつの町にひとつのパリバゲット。
 ですが、そういう経済構造を選んできたのもまた韓国人なのです。

 口では「財閥が憎い」だの「財閥が韓国経済を支配している」だのと言いながら、大半の学生はサムスンに就職するのが夢になっていて就職試験には10万人が殺到する。
 口では「不動産投機は悪だ」だの「私の内閣にはそんな悪人は採用しない」と言いながら、大半が不動産投機をしててもそのまま大臣になっちゃってる。
 つい先日も、自分が所有している不動産付近の開発を進めたということで与党の国会議員が離党してましたっけね。

 ムン・ジェインが「積弊」とするものは韓国そのものの姿なのですよ。
 セウォル号の沈没事故が韓国社会の映し鏡だったのと同様のことですね。

韓国メディア「韓国人はノーベル賞コンプレックスから抜け出すべき」とは言うものの……

韓経:【コラム】韓国、ノーベル賞コンプレックスから抜け出せ(中央日報)
韓国の科学界の人たちはノーベル賞授賞式が開かれる10月になると頭を上げられない。国内総生産(GDP)比の国家研究開発予算は2015年基準1.21%で世界1位でありながらノーベル科学賞と縁がないという指摘を避けるのは難しいためだ。隣国の日本がノーベル科学賞受賞者を輩出することにでもなれば科学界に向けられた非難のレベルはさらに強くなる。

今年も全く同じだった。今月初め、京都大学の本庶佑特別教授が今年のノーベル生理学・医学賞の受賞者に選ばれたというニュースが伝えられると、すぐ「22対0」という見出しの論評があふれた。日本と韓国のノーベル科学賞受賞者数が国家競争力の現住所を見せるというのが主な内容だった。 (中略)

本当の問題はノーベル賞コンプレックスが韓国科学界の環境改善につながらないというところにある。ノーベル賞受賞不発の知らせが伝えられた直後には「国家研究開発政策を基礎科学中心に再編しなければならない」「20〜30年がかかる長期研究にもっと多くの支援をしなければならない」という声に力付けられるがこうした雰囲気は長く続かない。 (中略)

いま韓国に必要なことは基礎科学に対する確固とした哲学と地道な投資だ。なぜノーベル科学賞受賞者を輩出できないのかという叱咤は10〜20年後にしても遅くない。
(引用ここまで)

 まあ、言っていることは正論。
 でも、問題は韓国で正論なんて通用するわけがないってところなのです。

 「韓国人は素晴らしい能力を持った民族である」というテーゼは、韓国国内においてはもう定理です。
 韓国においては朝に東から太陽が出るのと同じくらいの常識。
 特に日本に勝っていることは当然のことなのです。
 「いまは日本に差をつけられているけども、数学オリンピックや科学オリンピック、ブレークダンスやeスポーツで世界をリードしている韓国の若者は人材競争力で覇気も創意力も劣っている日本の和かもにに明らかに勝っている」なんて書いちゃうくらい。
 ちなみにこの記事は9年前のものですが、明白な勝負はつきましたかね?

 「韓国人は優秀」なのだけども、ノーベル賞、フィールズメダルといった世界的な科学等に関する賞を受賞できていない。

 ノーベル賞の自然科学部門では日本、インド(インド出身者)に大きく水をあけられ、台湾、中国も受賞済みなのに韓国人の受賞はゼロ。
 国会で「ノーベル賞を受賞できないなら未来創造科学部(現在の科学技術情報通信部)長官は喪服を着てこい」とか吊し上げられちゃう。
 ノーベル文学賞が取れないのは「韓国語があまりにも優秀だから」とか言っちゃうし、「ノーベル委員会は韓国語を学んで韓国人にノーベル文学賞を与えるべき」とかも語っちゃう。
 なんだったらもっと直接的に「ノーベル賞を取れないのは日本のせいだ」という本まで書いちゃうくらい。
 「未来の受賞者」の像を置くための台がいくつもあるのも同じですね。

 コンプレックスがあるからこそ韓国人だって言いかたもできるかな。
 そして、そのコンプレックスから抜け出すにはノーベル賞受賞が必要だという矛盾。
 実際に受賞したらしたで今度は1:22(もしくは24、もしくは来年以降はそれ以上の差)という目に見える数字が出ちゃってまた問題になるのでしょうけどね。

湯川秀樹博士の著作。旅人 ある物理学者の回想も今日まで60%オフ。
創造的人間 (角川ソフィア文庫)
湯川秀樹
KADOKAWA / 角川学芸出版
2017/2/25

慰安婦団体理事長「元慰安婦がノーベル平和賞を受賞できなかったのは日本のせいだ」

「金復東おばあちゃんのノーベル平和賞推薦したが『日本の壁』高かった」(韓国日報・朝鮮語)
ユン・ミヒャン日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯理事長がノーベル平和賞に日本軍慰安婦被害者金復東祖母(92)を推薦したと発表した。国際社会での日本の壁にぶつかって金祖母が受賞者に名を上げなかったと説明した。

ユン理事長は6日、自分の社会関係網サービス(SNS)フェイスブックのアカウントに、このような事実を公開した。彼はFacebookを介して「長年の蝶の動きの最前線に立って活動しておられる金復東祖母をノーベル平和賞に推薦した」とし「欧州連合議員、日本の女性学者、韓国の国会議長などが推薦状を送ったが、最終的に(受賞者が)残念」と書いた。蝶の動きは、日本軍慰安婦被害者をはじめとする展示性暴力の被害者連帯活動をいう。 (中略)

ユン理事長は「ムクウェゲ、ナディア・ムラド生存者、金復東。このように三人が受賞者であったとしたなら、世界の女性の人権運動史に与える力がなおのこと大きかった」とし「しかし、最終的には、コンゴとイラクは選択したが、日本は隠した」と述べた。金さんの受賞挫折に「日本の壁」があったことを意味する。彼は「国際社会で『日本』の壁が本当にひどい」と吐露した。 (中略)

ユン理事長は「ダイナマイトという武器を使って稼いだお金でノーベル賞を与えていて、その意味が我々の祖母の崇高な活動と意義が異なることもあるが、現実的にノーベル賞が世界には、特に平和領域に与える意味が大きい」とし「ノーベル平和賞委員会があまりきれいに見えない」との意見を述べた。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインがノーベル平和賞発表時にスケジュールを空けていたなんて話があるようですが、楽韓さんのところでは確認はしてません。
 発表の数分後に大統領府から「期待なんてしていなかった」というコメントが出たのは確認してますけどね。

 さて「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」というのは挺対協のこと。
 挺対協と正義記憶財団が合併してこの名称になりました。
 ユン・ミヒャンが理事長であることはそのまま。
 で、その団体から「今回のノーベル平和賞を元慰安婦のハルモニが受賞できなかったのは日本のせいだ」とのコメントがありました。

 韓国で起きた都合の悪いことは基本的に日本のロビー活動のせいですからね(笑)。
 慰安婦コインで大儲けを狙った慰安婦像の作者夫妻はコインが発行中止に追い込まれると「これは日本の圧力だ」と言いふらしていました。ちなみに「証拠はない。心証だ」とのこと。
 ベトナム戦争における韓国軍性暴力被害者がアメリカで会見した時も「日本政府のロビー活動だ」という話が韓国から出てきましたね。日本人でもそう信じている輩がTwitterで噂をばらまこうとして失笑されてましたっけ。
 アメリカで拡がる「韓国疲れ」も原因は日本のロビー活動ってことになってましたね。
 ちなみに「韓国の中国傾斜論も日本によってアメリカに広げられた話」と思いこんでいます。
 実際にアメリカに行ってみたらアメリカ人からも「中国に傾斜している」って言われたと驚愕したソウル大の教授なんかもいました。

 斯様に都合の悪いことはすべてにおいて日本のせいなので、もちろんノーベル平和賞を受賞できなかったのも日本のせい。
 ま、ただの思考停止ですけどね。

 でもって最後には「ダイナマイトという殺人兵器で稼いだ汚いお金でできた賞なんていらない」と酸っぱいブドウを炸裂させる。
 投影と合理化という防衛機制の典型例をまんま見せてもらうことになるとは。
 ま、そうやって悪者にしてりゃいいんじゃないですかね。
 こうしてうちにとってもネタになりますし、それを日本に知らせることで韓国疲れをさらに深めることができるのです。

ノーベル賞の100年 自然科学三賞でたどる科学史 [増補版] (中公新書)
馬場錬成
中央公論新社
2009/11/1

韓国人「もしかしてムン大統領がノーベル平和賞を受賞するんじゃ?」とそわそわし通し

もしかしたらムン大統領?... 今日ノーベル平和賞発表に注目(聯合ニュース・朝鮮語)
ノルウェーのノーベル委員会は5日午後6時頃(韓国時間)、ノーベル平和賞受賞者を発表する。

特に今年は、4・27南北首脳会談と6・12北米首脳会談を契機にドア大統領とキム・ジョンウン北朝鮮国務委員長、ドナルド・トランプ米国大統領の受賞の可能性が提起されたという点で注目を集めている。ただし、今年の平和賞ノミネートは、南北首脳会談が開かれる前の去る1月に終了したことが知られ、現実的に受賞の可能性は大きくない観測が優勢だ。
(引用ここまで)

 今日の18:00にノーベル平和賞が発表予定ですが、韓国メディアが妙にそわそわしてます。
 「もしかしてあるんじゃない?」「いや、ノミネートは2月1日までだからダメだ」「唐突だったオバマも就任は1月20日だったから間に合った」「躊躇するな!」「タイム誌もキム・ジョンウンとムン・ジェインを候補にしているぞ」等々と。

 タイム誌が南北首脳を候補としているのはホントのこと。

Here Are the Favorites to Win the 2018 Nobel Peace Prize(TIME)

 でもまあ、人権問題に厳しいノルウェーノーベル委員会がキム・ジョンウンをどう扱うかは難しいところ、という論評。
 そもそも金大中の単独受賞になったのもそのあたりが原因であるとの話ですし。

 あえて言うなら他に候補者が見当たらない。
 タイム誌が他に候補としているのは……

 ・カタルーニャ独立を主導した(そして失敗した)カルラス・プッチダモン
 ・国連難民高等弁務官事務所、フランシスコ法王
 ・サウジでむち打ち刑に処されているライフ・バダウィ(ブロガー)
 ・アメリカ自由人権協会
 ・トランプ大統領。

 まあ、アウン・サン・スー・チーが受賞しているくらいなので、どうでもいいっちゃーどうでもいい。
 でも、韓国人・韓国メディアが「平和賞があるかも」ってそわそわしているのは面白いとこですね。あの国での「ノーベル賞」というものが持つ権威がよく分かります。

わたしはマララ
マララ・ユスフザイ / クリスティーナ・ラム
学研プラス
2013/12/6

韓国人「ノーベル賞の自然化学部門は望めない。でも平和賞ならPSYも防弾少年団もムン・ジェインにだって資格がある。非核化できてない? そんなことで躊躇するな!」

【コラム】ノーベル賞の唱歌=韓国(中央日報)
2000年10月、故金大中(キム・デジュン)大統領の受賞の便りを地方のある国道で聞いた。車を停めた。こんなこともあるものだ、湧き上がる感情に気づいた国道沿いコスモスもからだを震わせた。 

  その後18年間、一度もこのときのような慶事は起きなかった。とにかく、世界10位経済大国と「ノーベル賞1人輩出」はあまり釣り合わない。小国であるルクセンブルク(3人)、ルーマニア(3人)、クロアチア(2人)、リトアニア(1人)も受賞者を輩出した。スウェーデンと地理的・文化的親和性があるにはあるが、昨年米国ポップ歌手ボブ・ディラン(Bob Dylan)を文学賞受賞者として発表した時は論争を呼んだりもした。彼の低音声に混ざった抵抗メッセージが核戦争に対する重々しい警告音であることは世の中が十分知っているが、ノーベル文学賞までは想像することができなかっただろう。水原市(スウォンシ)が用意した「高銀(コ・ウン)創作室」の前で待機中だった取材陣は虚しい気持ちで散った。

科学と経済学は強大国ががっちりと独占しているので、あえて考えるに及ばない。韓国研究財団が残念な気持ちを込めつつノーベル賞に近い科学者6人を発表した。論文本数や被引用数、影響力指数を総合して有力候補を用心深く論じたが「受賞確信」はつけなかった。的中率が高いことで知られる情報分析企業「クラリベイト・アナリティクス」が発表した予想名簿にも韓国人科学者は含まれていななかった。多分、今年も米・英・独・仏の4大強国の独占か、たまに日本やロシアがこの中に入るかもしれない。

それなら平和賞が残った。想像力を精一杯発揮して希望の松明を灯すなら、韓国に有力候補がないわけではない。歌手PSY(サイ)はどうか。あの有名な馬ダンスで世界を楽しませた韓国の大衆歌手PSY、強いていえば祖父と孫、母親と息子・娘が手首を交差してリズムを取ったその世代和合の機運を世の中に伝播したとすれば十分に平和賞候補だ。戦争が国家間だけに起きるわけではないので、名付けて「世代和合賞」。

流ちょうな英語で世の中を驚かせた防弾少年団(BTS)も有力候補だ。(中略)

そしてもう一人。文在寅(ムン・ジェイン)大統領。2018年の世界秩序を平和側にけん引するために最も際立った行動をしている人物だ。(中略)今後のは米国・中国・ロシア・日本の危険千万な力学を平和ムードに変える道案内になることを期待するなら、ノーベル平和賞を受賞しない方がむしろおかしい。 (中略)

まだ具体的な成果が出ておらず、スウェーデン・アカデミーは迷うかもしれない。躊躇するな。就任12日目の米国大統領オバマにも授けた事例があるではないか。「今後傾ける努力を応援する趣旨」が2009年ノーベル委員会の説明だったから、(引用者注:ムン・ジェイン、キム・ジョンウン、トランプの)3者共同受賞もハナから断念する理由はない。「うまくやりなさい!」という激励メッセージ、そして世界国家の平和念願が韓半島にあふれる可能性は充分だ。ノーベル賞を歌う秋の歌、あと数日が残った。
(引用ここまで・太字引用者)

 毎度おなじみノーベル症の季節となりました。
 本邦からはオプジーボ開発のきっかけとなった本庶佑教授が医学生理学賞を受賞したことで盛り上がっています。

 この記事、引用するためにけっこう削りましたが、すごいですよ。
 ぜひリンク先を読んでほしいくらい。
 平和賞でPSYがどうこうだの防弾少年団がどうこうだの、軽く書いているように見せていますが、その実は血涙を流しながら書いているんじゃないかっていうレベル。
 そこまでノーベル賞を渇求しているのかって引いちゃうくらい。

 ちなみに自然化学部門について「たまに日本やロシアも入るかもしれない」とか書いていますが21世紀に入ってからは日本人受賞者数はアメリカに次いで2位。
 とてもじゃないですが「たまに入る」レベルじゃない。
 まあ、自然化学部門において韓国人が「あえて考えるには及ばない」というのはその通りではあると思いますけどね。

 韓国人はオリンピックにおけるメダルの多さや、少年向けの数学オリンピックの成績なんかで毎度毎度「我々は優秀な民族である」と語り続けています。
 そんな自称「世界最優秀民族」であるところの韓国人にとっては今年も「10月は残酷な月」となりそうですね。

荒地 (岩波文庫)
T.S.エリオット
岩波書店
2010/8/20

今年も韓国メディアが恒例のノーベル症発症中。まずは「韓国人にもノーベル賞クラスの研究者は存在する」からどうぞ

「韓国人科学者6人、既にノーベル賞級の研究成果」(朝鮮日報)
 ソウル大学の玄沢煥(ヒョン・テクファン)教授や米ハーバード大学のキム・フィリップ教授など韓国人科学者6人が既にノーベル賞受賞者レベルの研究成果を出しているとの分析結果が出された。

 これは、韓国研究財団が21日、「論文被引用側面においてノーベル科学賞受賞者級の研究成果を出した韓国人科学者の現況分析」という報告書で明らかにしたものだ。同研究財団は過去10年間にわたりノーベル科学賞受賞者たちの平均論文被引用数(ほかの論文に引用された回数)を上回った韓国人科学者は計6人で、3年以内にこれに到達すると予測される研究者も7人いると説明している。

 物理学ではキム・フィリップ教授と米ラトガース大学のチョン・サンウク教授、成均館大学の李永熙(イ・ヨンヒ)教授が論文被引用数で過去10年間にノーベル物理学賞受賞者26人の平均値を超えたことが分かった。キム・フィリップ教授は蜂の巣状の炭素新素材であるグラフェンの研究で、チョン・サンウク教授は磁場と電場が消えても磁性と電極が維持される新物質の研究で、李永熙教授は多発形態の電気電子新素材であるカーボンナノチューブの研究で、それぞれ世界的権威と言われている。

 化学で、過去10年間の受賞者26人の論文数と被引用数の平均値を上回った研究者は、玄沢煥教授と蔚山科学技術院(UNIST)のキム・グァンス教授が選ばれた。玄沢煥教授は均一なナノ粒子合成法、キム・グァンス教授はリチウム二次電池の電極新素材開発が代表的な研究成果に挙げられる。生理医学では細胞の特定分解酵素を最初に発見した延世大学のイ・ソグ教授がノーベル賞受賞者25人に匹敵する成果を出したと分析された。
(引用ここまで)

 論文被引用数は確かに大事なファクターだけど、それはイコールでノーベル賞を受賞する、受賞できるって話じゃないんだけど。
 ノーベル賞は原則として発明よりも発見。
 物事を発展させるよりも原点がどこにあったかを重視している。
 田中耕一氏がノーベル化学賞を受賞したのは、その側面がよく分かる事例だと思いますね。

 でも「我々はすでにノーベル賞クラスの人材を育成している」という記事が出てしまうほどに、韓国が自然科学部門のノーベル賞を欲しているのだということがよく分かるということでもありますが。
 そして韓国ではそういう側面からでないとノーベル賞を追うことができない、ということでもあります。

 ちなみに韓国でUNIST(蔚山科学技術院)に所属しているロドニー・オルフ特訓教授(……特訓?)が候補として挙げられている……ということで記事になっていました。

2018ノーベル賞予測結果を発表…韓国UNIST、ノーベル賞受賞予想者を確保(中央日報)

 招聘した教授がノーベル賞受賞予想者……か。
 以前にも「韓国生まれのノーベル賞受賞者」というのを取り上げていましたっけね。
 化学賞を受賞したチャールズ・ペダーセンが釜山出身だということで、そこそこの話題記事になったそうです。
 ちなみにチャールズ・ペダーセンの母親は日本人。

 来月頭からノーベル賞各賞が発表される時期になったので、韓国メディアでもこういった記事が出ているのでいくつか紹介していきましょう。

はやくも韓国で「ムン・ジェインとキム・ジョンウンにノーベル平和賞を!」の声……米朝首脳会談もまだなのに?

「ノーベル賞受賞確率、文在寅−金正恩が1位、トランプ2位」=英ブックメーカー(中央日報)
10月に発表される今年のノーベル平和賞の受賞者は誰になるだろうか。 

  「4・27板門店(パンムンジョム)宣言」で韓半島(朝鮮半島)に急速に平和的な雰囲気が醸成され、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長、トランプ米大統領らが有力な候補に浮上している。 

  毎年ノーベル賞受賞者を予想する英ブックメーカー(賭け屋)のラドブロークスでは29日(現地時間)、文在寅大統領と金正恩委員長が「2018ノーベル平和賞」受賞者分野で4対6の賭け率で1位になっている。4対6は100ドルを賭けて当たれば166ドルを受けるという意味であり、多くの人が2人が受賞する可能性が高いとみているのだ。「トランプ大統領」はラドブロークスで1対10の賭け率で、「国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)」と共に2位で並んでいる。  (中略)

ブルームバーグ通信は27日、「トランプ大統領と金正恩委員長のノーベル賞受賞は冗談でない」と題した記事で、「米朝首脳会談が南北首脳会談ほど順調に進行し、韓半島の平和が復元されれば、2人ともノーベル平和賞を受ける可能性がある」と論評した。 

  リンゼー・グラハム共和党上院議員も27日、メディアのインタビューで「非核化が実現すればトランプ大統領はノーベル平和賞を受けるべき」と話すなど、共和党の一部でも似た主張が続いている。 
(引用ここまで)

 さっそくノーベル平和賞云々の声が出てきてますね。
 まだ米朝首脳会談の場所すら決まっていない段階でこれっていうのもすごいな。
 以前の韓国旅行で木浦にある金大中のノーベル平和賞記念館に行ったことがありますが、韓国人のノーベル賞への渇望具合に哀れになったものでしたが。
 思えばあれも南北首脳会談で受賞したものでしたっけ。
 似たような受賞理由で2回受賞なんてあるんでしょうかね。

 というか、ボルトン大統領補佐官が「リビア式で検証可能な非核化を」と提唱していますからね……。

非核化の手法が焦点に米「リビア式」視野(日経新聞)

 アメリカ側の意向としては徹底的にやる、ということですね。
 しかし、実兄を暗殺した国家指導者が平和賞候補なぁ……。
 そういえばミュンヘン協定が結ばれたときは、「これでヨーロッパに平和が訪れる」ってことになって、ヒットラーがノーベル平和賞の候補になったんでしたっけ。

ムン・ジェイン陣営が「ノーベル平和賞」を求めるのには理由がある

李明博元大統領の逮捕状請求 21日にも可否審査=韓国(聯合ニュース)
文大統領ノーベル平和賞推進委員会結成へ…トランプ・金正恩の共同受賞も推進(中央日報)
巨額の収賄など李明博(イ・ミョンバク)元大統領の在職中(2008〜13年)の疑惑について捜査している韓国の検察は19日、収賄容疑などで李氏の逮捕状を請求した。大統領経験者で逮捕状を請求されたのは全斗煥(チョン・ドゥファン)氏、盧泰愚(ノ・テウ)氏、朴槿恵(パク・クネ)氏(公判中)に次ぎ4人目。逮捕状が発付されれば、大統領経験者が同時期に2人収監されることになる。 (中略)

 収賄が疑われる金額は、大統領在任中に情報機関の国家情報院(国情院)が青瓦台(大統領府)に上納した資金やサムスングループが肩代わりした自動車部品メーカー「ダース」の訴訟費用など、110億ウォン(約11億円)台に上る。

 また350億ウォンに上る裏金作りなどさまざまな疑惑が取り沙汰される「ダース」について、検察は李氏の実兄が会長だが、実質的な所有者は李氏であると判断した。

 逮捕状の請求について、検察は李氏の収賄容疑の額だけで100億ウォン台に達するなど事案が重大なことや、客観的な物証があるにもかかわらず、李氏がほとんどの疑惑を否認しているほか、関係者の取り込みなど証拠隠滅の恐れがあること、李政権時代に国情院の資金を受け取った金伯駿(キム・ベクジュン)元青瓦台総務企画官が逮捕され、その件の主犯とされる李氏の逮捕状を請求しないのは公平性に欠けることなどを考慮したという。
(引用ここまで)
大韓民国職能フォーラムは20日、職能フォーラムの会長団など30人余りが集まり「文在寅大統領ノーベル平和賞推進委員会」を結成し、初めての発起人会議を行う予定だと19日、明らかにした。彼らは5月8日、国会憲政記念館で文大統領就任1周年記念式を開催して推進委創立大会を行う。

彼らは文在寅大統領をノーベル平和賞に推薦する一方、ドナルド・トランプ米大統領、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長など3人共同受賞も共に推進すると明らかにした。

職能フォーラムのチョン・イルボン常任会長は「北朝鮮の核実験と弾道ミサイル発射で差し迫った韓半島(朝鮮半島)の戦争危機を文大統領の積極的な仲裁で対話局面に導いた」とし「平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)の成功的開催と女子アイスホッケー合同チームの成功で人類の普遍的価値である平和の大切さを全世界に発信した」として推進委発足の趣旨を説明した。
(引用ここまで)

 現大統領は国民(の一部)が集まって「ノーベル平和賞候補だ!」と称える。
 その一方で元大統領には逮捕状請求となる。
 コントラストが面白い。

 ムン・ジェイン支持派はなにかといっては「ムン・ジェインにノーベル平和賞を!」って話をするのですよ。ろうそくデモを主導したからとかいう話でもありましたし。
 ムン・ジェイン本人も「韓国人はノーベル平和賞に相当する」みたいな薄らぼけたコメントをしていましたっけ。
 このノーベル平和賞を希求していることには、ひとつの大きな要因があるのではないかと思われます。

 今回、イ・ミョンバクへ逮捕状請求が行われました。
 全斗煥以降の大統領で退任後に逮捕状が発行されなかった大統領は3人います。金泳三と金大中、そしてノ・ムヒョン。
 金泳三は国をIMF管理下にたたき落としたということで評価は散々。いまでも「国を売った」だのなんだの言われています。
 ノ・ムヒョンは「逮捕状の発行」こそされませんでしたが、その寸前に自死を選んだというだけ。

 唯一、まともな晩年を過ごすことができたのは金大中くらいなものですが、これはノーベル平和賞を受賞したことと無関係ではないでしょう(参考エントリ:韓国の金大中ノーベル平和賞記念館に行ってみた結果)。
 とはいえ、金大中は大統領就任以前の人生が波瀾万丈すぎて、晩年を静かに過ごせたと言ってもプラスマイナスゼロくらいの感じですけども。 

 というわけで、ムン・ジェインはいまから退任後の保険作りをしているともいえるでしょう。
 後に覆せないくらいの実績を積み上げることができれば、退任後も安泰だということです。おそらく退任後の8年は革新政権が継続するでしょうが、その後はまだ分からない。
 がんばって保守側を殲滅することで報復すらできないようにしていますが、どうなるかは分からないのが実際。
 そういう意味においてノーベル平和賞があれば、退任後も安全だと考えている……少なくともそういう側面があるのは間違いないと思います。

 候補となる理由として挙げられている「朝鮮半島を戦争危機から対話局面に導いた」っていうのは、大きく揺り戻す可能性があると思いますけどね。

韓国現代史 大統領たちの栄光と蹉跌 (中公新書)
木村幹
中央公論新社
2008/8/25

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
「統一朝鮮」は日本の災難
半額以下のセール中。25日まで。
2001年 宇宙の旅
4K ULTRA HD+デジタルリマスター Blu-ray
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ