楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

韓国人vs.外国人

 相互RSS募集中です

米韓首脳会談前日、国務省から「北朝鮮船舶の瀬取りを許さない」との声明が発表→さらに瀬取りの監視網にカナダが再参加。制裁を緩めつもりはゼロの模様

米、「瀬取り」支援で制裁辞さず=対北朝鮮圧力維持を要請(AFPBB)
カナダが再び参加 「瀬取り」監視(日経新聞)
米国務省のナウアート報道官は22日、国連加盟各国に対し、洋上で物資を積み替える「瀬取り」で北朝鮮に石油精製品が違法に渡るのを阻止するよう求める声明を発表した。瀬取りを支援する個人や団体、船舶を対象に制裁も辞さないと警告した。(中略)

ナウアート氏は、北朝鮮が瀬取りで安保理決議に基づく制裁をかいくぐろうとしていると指摘。「国際社会は、北朝鮮が非核化するまで安保理決議を履行し続けなければならない」と訴えた。
(引用ここまで)
外務省は22日、北朝鮮による「瀬取り」を阻止するため、在日米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)を拠点とした航空機での警戒監視活動にカナダが再び参加すると発表した。同国が加わるのは4月以来。

警戒監視活動は日米が恒常的に実施中。オーストラリアとニュージーランドも期間を決めて活動に参加している。
(引用ここまで)

 アメリカ国務省が「北朝鮮船舶による瀬取りは許さない」と宣言。
 わざわざこのタイミングで、というのが分かりやすいですね。
 ムン・ジェインが渡米し、米韓首脳会談が行われる直前。
 5月に報じられたタンカーによる関与だけではなく、おまえらの石炭密輸も分かっているんだぞ、という警告でしょう。

 さらにカナダが再度、北朝鮮の瀬取りの監視活動に参加。
 こちらは国際的な制裁を緩めるつもりはない、という警告になるわけですね。
 去年、北朝鮮の成長率を大きく落とすことに成功した制裁の包囲網を崩すつもりはないし、崩したところにはセカンダリーボイコットを適用するぞと。
 もちろん、板門店宣言やピョンヤン宣言で提唱された南北鉄道接続についても監視しているでしょうし、アメリカ側の「閉鎖の決定を支持する」としていた開城工業団地再開への態度が変化しているとも思えません。

 アメリカとIAEAが査察に入る非核化が先であり、経済支援も終戦宣言もその後にくるものだとするアメリカ側の態度を米韓首脳会談でなんとかしようと考えていたのでしょうが。
 完全に先手を打たれていますね。

韓国大統領府、今度はアメリカ国営のボイス・オブ・アメリカの記者を出禁に。「北朝鮮産石炭問題」を積極的に取り上げた記者……だそうです

韓国大統領府、米メディアVOAに突然「出て行け」(朝鮮日報)
 韓国大統領府が14日、韓国内で取材中の米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)に所属する記者に「報道支援をするのは難しい。外信記者らが加入している『大統領府団体カトクパン』から出てほしい」と言った。大統領府職員や外国人記者など約140人が参加しているこの「カトクパン」は、大統領府の記者会見や告知、取材関連の質問・回答などがやり取りされる、メッセンジャー・アプリケーション「カカオトーク」のグループチャットルームだ。

 大統領府海外メディア秘書官室は同日、「外信記者登録基準を満たしていない記者がいるようだ」として、VOA側にこうした見解を伝えた。これについてVOA関係者は「大統領府は『VOA韓国語サービスは韓国語で記事を送るため、我々が所管するメディアではない。(カトクパンから)出ていかなければならない』と言った」と明らかにした。(中略)

 大統領府周辺では「VOAは最近、北朝鮮産石炭の韓国密輸入疑惑や、『板門店宣言誤訳騒動』など、現政権にとって芳しくない報道をしたことが影響しているのではないか」という声も聞こえてくる。これについて、大統領府関係者は「特定の報道や特定の記者を問題視しているというのは事実でない」と否定した。(中略)VOA側では「(大統領府が問題視している)取材記者の前任者が『石炭疑惑』を積極的に報道したのが影響しているのではないか」と言っている。 (中略)

 北朝鮮関連のニュースを多く取り上げてきたVOAは、7月の国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁委員会専門家パネル報告書を引用、「北朝鮮産石炭」の韓国密輸入問題を集中的に報道した。今月12日には南北が共同で国連に提出した板門店宣言の英語版について「『年内に終戦宣言合意』という内容が含まれており、北朝鮮側の解釈に近いように見える」という趣旨の報道をした。
(引用ここまで)

 韓国大統領府がボイス・オブ・アメリカに対して「外信記者登録の基準を満たしていない記者は退場しろ」と見解を伝達。
 で、その記者はここのところ、「北朝鮮産石炭の密輸疑惑」について多くの報道をしていた者だった……と。
 ここでまた「ムン・ジェイン政権による報道陣への圧力が明らかになった!」とするのは簡単なのですが。
 というか、「まーたビッグブラザーの登場かよ」というようなムン・ジェイン政権独自のやりかたであるという面は完全にあるのですが。

 まあ、けっきょくのところ韓国の権力者ってこういうものです。
 パク・クネの場合は逆鱗の場所が「空白の7時間」についてであり、犠牲になったのは加藤達也氏でした。
 で、今回は逆鱗の場所が「南北関係の真実」であり、犠牲になったのがVOAの記者であるという話でもあるのですよ。
 韓国政治あるあるというべきか。

 先日も韓国大統領府から朝日新聞が出禁処分になりました。
 この時も原因は「北朝鮮側が激怒したから」だったということです。
 今後も変わりなくこうした処分は続いていくのでしょうね。
 しかし、今回はアメリカ政府が運営費を拠出するVOAに対しての処分ですからね……もうちょっと問題は深くなるかもしれません。

韓国で炎上を続けるBMW、リコールでの部品交換は2ヶ月後から開始とのアナウンス。そして「安全確認」された車両もまた炎上……

来年までこのまま走れ?... BMW「部品交換」さえ支障(MBC・朝鮮語)
[ニュースデスク]◀アンカー▶ 一昨日(16日)は、ソウル、今日は釜山でBMW車がまた引火しました。
すべて安全診断を受けて運行許可が出た車両です。
安全診断の結果を信じて運行をしてもいいものなのか疑うしかない状況です。
ところが、BMW側が火災の原因として指摘された部品の交換スケジュールを当初の予定より二ヶ月以上遅延させると通知していることが確認されました。イ・ギジュ記者です。

◀レポート▶ 信号待ちのBMW車の隣に白い煙が上がってきます。
今日の午後3時頃、釜山で運行していたBMW 420dの車両から臭いと一緒に煙が発生し、警察と消防車が出動しました。
去る3日、安全診断で異常なしとの判定を受け、来年2月に排気ガス循環装置EGR交換時まで運行してもよいとされた車両でした。

パク某さん/火災発生BMW車主 「(EGR)交換日程も来年2月から始まるという話……」

安全診断を受けた車両であっても相次いで出火している状況で、EGR交換までこのまま車を運行すべきか車主は不安です。
さらに、BMWはEGRモジュールの交換日程も一方的に遅らせています。
BMWが当初約束した交換時期は8月20日からでした。

キム・ヒョジュン/ BMWコリア社長(13日)「8月20日からは改善された部品と交換を通じて迅速にリコール措置を...」

が、BMW車主が集まった掲示板には、BMW側が最近部品供給の遅れを理由に予定されていた部品の交換スケジュールを10月以降に2ヶ月程度延期すると通知してきた情報提供が相次いでいます。
特にBMW火災の大部分を占める520dと420dなど、いわゆるN47型エンジンを搭載した車種の交換日程が遅れています。
一歩遅れて部品交換を申請した車両は、最初から12月か来年2月にでも交換が可能である通知を受けています。

ソン・スンファン/弁護士(BMW集団訴訟代理人) 「(韓国の消費者より)ヨーロッパの消費者を優先的に部品交換するのならば、ドイツ本社に私たちの消費者のための積極的な取り組みを...」

BMW側は「エンジンの種類に応じ部品供給に差が発生して遅れている」と説明したが、「どのような部品がどのように遅延するかなどは公開することができない」と明らかにした。
一日最大1万台行われた安全診断とは異なり、部品交換は一日で1400台前後が可能であり、実際のリコール完了時期は、より遅れる可能性があります。
約束した安全診断とリコールまで次々と遅れており、BMWは不安な車との汚名に続き、不信まで抱えています。
(引用ここまで)
 そもそもBMWに「出火対策のために改良した部品」は存在するんでしょうかね?
 韓国でだけ出火事故が頻発し、その原因もよく分かっていない。エンジンルームから出火したのは排ガス循環装置(EGR)が高温になるからとのことですが、なぜEGRが高温になるのかが分かっていない。
 BMW本社から何人ものエンジニアが投入されているとのことですが、原因特定には至っていない。
 原因特定されたらなんらかの形でアナウンスしそうなものですが、少なくとも現在までそれはない。

 その一方で同じ部品を搭載しているEUでもリコールははじまったとのことで、こちらは32万台規模。
 韓国でのリコールは10万台規模。まあ、どちらも小さくはない。計40万台以上のリコールですから、手間も時間もかかることでしょう。
 「リコールするから」というだけで部品の製造速度が上がるわけでもなし、いきなり工場のラインが増えるわけでもない。可能なかぎりの増産はするでしょうけども。

 で、リコールに伴う部品交換が遅れているのは韓国市場を後回しにしているせいだ、という話が出ているのですね。
 こういう場合、自分たちは常に被害者であり後回しにされるというのが韓国人の自覚というか被害妄想なのですが。
 「○○に比べて対応が云々」ってアレですね。
 たとえば「アメリカは日本に対してロケット開発で技術移転を認めたのに、韓国には認めなかった〜」というようなパターン。
 そりゃまあ、商売でも技術移転でも相手によって態度を変えるというのは当然でしょうが。

 ただ、少なくともBMWの場合は韓国を優先するんじゃないでしょうかね。
 また燃えた、また燃えたとYouTubeに動画アップが続くようであれば企業イメージにも傷がつくというものでしょう。

徹底カラー図解 自動車のしくみ
野崎 博路
マイナビ出版
2017/6/21

スクープ連発で韓国大統領府から出禁になった牧野愛博ソウル支局長、情報機関から尾行される

物陰に男、不自然な携帯電話 記者も尾行された韓国の夜(朝日新聞)
 7月のある夜。韓国焼酎を飲みながら、「この前は大変だった」と取材先がため息をついた。彼は脱北者。北朝鮮の警察・軍事機関にいた人物で、私が定期的に会食している取材先の一人だ。

 前回会った5月末に気になることがあった。食堂に入る時、尾行されている気配を感じたからだ。若い男が後をついてくる。念のため、店にすぐ入らずに様子をうかがった。若い男は携帯電話をいじりながら、十数メートル離れた物陰に立っている。思い切って近づくと、きびすを返して立ち去った。会食して別れる際、取材先の脱北者に「もしかすると、尾行されるかもしれない。気をつけて」と言って送り出した。

 果たして7月に再会したとき、この取材先はその後のいきさつを語ってくれた。駅で地下鉄を待っていると、自分に注がれる複数の視線を感じた。男性が2人、女性が1人。取材先は私の「警告」が頭の隅にあり、列車の中でもさりげなく周囲をうかがっていた。するとこの3人が代わるがわる取材先のそばに張り付いたという。1人は不自然な格好で携帯電話を操作していた。「私の顔写真を撮影したのだと思う」。取材先はそう言いながら、焼酎をあおった。
(引用ここまで)

 朝日新聞の牧野愛博ソウル支局長が尾行された、という話。
 ちらっと調べたのですが紙面にはなかったのでオンライン版のみのレポートなのでしょう。
 尾行したのは国家情報院(旧KCIA)か軍の情報機関である機務司令部(キムサ。最近、戒厳令をパク・クネ政権に提案した件で叩かれまくっています)の要員かその協力者ではないかとの憶測が載っています。

 牧野支局長は北朝鮮関連ではスクープを連発し、朝日新聞が韓国大統領府から出入り禁止処分になったことは記憶に新しいところ。
 出禁の直接的な韓国の国家安保室長がボルトン補佐官に対して、北朝鮮の核兵器を海外に搬出する形で非核化を行うのはどうだろうという提案をしていた、という記事ですね。
 これに対して北朝鮮当局が「我々の頭越しにそんな提案をしたのは本当か?」と激怒して詰問してきたので「朝日新聞の報道が嘘」ということにせざるを得なかった、というわけで朝日新聞を出禁にしたというのが真相であるなんて話もありましたね。

 産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が名誉毀損で告訴されていた時にも、盗聴や尾行があったと著書で明らかにしていました。
 国内メディアは抑えつけることができても、「韓国の実情」を暴いてしまう外国の特派員は目の上のたんこぶといったところなのでしょう。
 特に牧野支局長はスクープを連発していることもあって、政府内部・大統領府内部にいるであろう情報源を特定したいのでしょうね。

加藤達也産経新聞前ソウル支局長の尾行、盗聴についてはこの本に
なぜ私は韓国に勝てたか 朴槿惠政権との500日戦争
加藤達也
産経新聞出版
2016/2/2

牧野愛博朝日新聞ソウル支局長の情報源の深さはこの本でよく分かると思います。
北朝鮮核危機 全内幕 (朝日新書)
牧野 愛博
朝日新聞出版
2018/2/13

アラブ語圏難民「政治弾圧され逃げてきた」 → 韓国人アラブ語通訳「金を稼ぎに来た」→難民不認定……なにそれ

アラブ語圏難民「弾圧された」、通訳「金を稼ぎに韓国に来た」(朝鮮日報)
 ソウル高裁はこのほど、スーダン国籍のAさんが起こした難民不認定決定取消訴訟で、原告勝訴の判決を下した。法務部の難民不認定処分が間違っていたということだ。

 判決文によると、Aさんは2015年末に韓国に入国した後、難民申請をした。Aさんは難民申請書類に「スーダンで大学の不正を告発したところ、反政府系人物だと見なされて拷問を受けた」と書いて申請した。ところが、法務部が面接調査後に作成した調書に書かれていた状況は全く違っていた。調書によると、Aさんは難民申請理由を問われた際、「韓国に長期滞在して金を稼ぐため」と答えたことになっていた。これでは難民申請者が自ら難民ではないと語ったことになる。面接時のアラビア語通訳はチャンという人物が務めた。

 法務部がAさんの陳述などを根拠に「難民不認定」決定を下すと、Aさんは「面接でそんなことは言っていない」と主張、訴訟を起こした。ソウル高裁はAさんの訴えの方が面接調書よりも説得力あると判断した。その理由は通訳チャン氏の経歴にあった。

 高裁は判決文で、「チャン氏が通訳を務めた別の難民申請者の面接調書にも『私は金を稼ぐために韓国に来た』という回答内容が多かった。チャン氏が通訳した面接調書にひときわそうした記載が多いということは、通訳上、深刻な問題があるということだ」と述べた。 (中略)

チャン氏はソウル市内のある私立大学経営学部の学部生で、アラビア語を二重専攻していることが分かった。法務部の話では、チャン氏が2年間に担当した難民の面接件数は100件以上に達するという。法務部は内部調査で、同氏が通訳として関与した難民不認定決定のうち55件を職権で取り消した。このうち2件は再面接で難民として認められた。チャン氏は法務部の内部調査で、「私の通訳は間違っていない」と主張したとのことだ。
(引用ここまで)
 「韓国人の『できる』と日本人の『できない』は信頼するな」なんて話をネットで目にしたりしますが。
 まあ……典型例かなぁ。
 「専攻が経営学部で、アラビア語も取っている」というていどの学生に通訳を任せるという時点でアレですが。
 以前にもネパール人女性が「みすぼらしい格好をしていて、言葉が通じなかった」という理由で精神病院に入れられて6年放置されていたなんて事件がありました。
 それよりはなんぼマシか。

 こういうのって統計でチェックできるのですよね。難民全体の供述内容の割合と、通訳Aによって記された割合とが乖離していたらなんらかの問題がある、というように考えられる。なんらかの特異な点が存在することを浮かび上がらせるために使える手法ですね。
 ちなみにこれは大手企業でも通信チェックで行われています。メール、SNS、クラウドのアクセスで「通常の使われ方よりも乖離している」ということでチェックされるのですよ。大手企業にお勤めの方は気をつけて。
 アップルから中国企業に企業秘密を土産に転職しようとした中国人が逮捕されてましたっけね。

元アップル社員を中国に戻る直前に逮捕−企業秘密盗んだと米当局(ブルームバーグ)

 韓国ではここのところ、難民問題が急激にクローズアップされつつあります。ビザなしで入ることのできた済州島にはイエメンからの難民が500人上陸してるとのことで。
 この記事もその流れの一環でしょうね。
 「人権を重んじる」とされている左派政権であるムン・ジェインがどんな対応をするかがけっこう注目されています。
 そもそもムン・ジェイン自身の両親が朝鮮戦争で北朝鮮からの避難民というバックボーンがあったりするのですが……。

シリア難民 人類に突きつけられた21世紀最悪の難問
パトリック・キングズレー
ダイヤモンド社
2016/11/25

韓国メディア「韓国は核燃料の再処理を認められていないのに、日本だけに再処理を認めた日米原子力協定が自動延長された!」と騒動……韓国に認められない理由というのがあるのです

「日本にだけ再処理認める」…日米、30年満期の原子力協定を静かに延長(中央日報)
日米原子力協定が30年の満期を迎える16日に自動延長されると、日本メディアが報じた。核兵器非保有国のうち唯一日本だけに使用済み核燃料の再処理によるプルトニウム製造を認める協定だ。

自動延長は両国は再交渉せず自動延長される方向ををあえて選択したからだ。

日本経済新聞は15日、「1988年に発効した協定の満期が近づくと、両国内には再交渉を通じて数十年満期の新しい協定を作ろうという動きもあったが、結局、1月に双方は再交渉の代わりに自動延長を選択した」とし「これは自国にも再処理の権利を認めてほしいという韓国など国際社会の目を意識したものだ」と報じた。 (中略)

結局、原子爆弾を約6000個製造できるプルトニウム47トンが国内外の関連施設に保管されている。このように日本だけに特恵を与えた日米間の協定を眺める国際社会の目は厳しい。

同紙は「中国は日本の核保有の可能性を指摘し、将来の核開発を見据えるサウジアラビアなども反発している」とし「特に韓国は、日本だけに再処理が許されているのは不公平だとして、米韓原子力協定を改定して再処理を認めるよう米国に要請した」と紹介した。
(引用ここまで)

 理由は不明なのですが、韓国では日米原子力協定が改定される、もしくは破棄されるという見通しでした。
 いや、なんでって言われても……。
 敢えて言うなら記事中にあるように「日本のプルトニウム保有量が多すぎる」かつ「稼働している核燃料サイクル施設がない」ということですかね。

 「国際社会の目は厳しい」ってありますが、騒いでいるのは中国と韓国くらいなもんじゃないですかね。
 韓国も核燃料の再処理を求めてきていたというのは「韓国の国際的地位は日本と同じ」というアレです。
 敗戦国(戦犯国)である日本がやるのであれば、なぜ韓国に許されないのだという話。

 ただ、日本政府はかねてからIAEAの優等生とされていまして。
 報告も査察もしっかり受けています。
 量的には多くても管理はしっかりしている。 
 
 それに比べると韓国はかつてプルトニウム精製、ウランの濃縮を秘密裏に行っていて、かつそれをIAEAに取り上げないように圧力を加えていたのです。
 そんな国、信頼されなくて当然なのですけどね。

イランへの制裁復活でもっとも被害を受けるのは韓国企業?

イランで大規模工事受注の韓国建設業界、米の核合意離脱でピンチ(朝鮮日報)
 トランプ米大統領のイラン核合意離脱宣言で、韓国企業が再びピンチに陥っている。建設業界は最大の海外発注国であるイラン市場の悪化により直接打撃を受ける。原油価格上昇による韓国経済全般の間接被害はもちろん、電子・情報技術(IT)分野などメーカー各社は輸出で直接被害を受けるものと見られる。

 建設業界では、かつての状況が繰り返されるのではないかと懸念している。現在、韓国の建設各社がイランで受注した工事は約8兆ウォン(約8000億円)規模と言われている。現代エンジニアリングは昨年3月、現代建設と共に30億9800万ユーロ(約4028億円)規模の「サウスパ12区域」ガス田拡張工事を受注し、SK建設は昨年8月、タブリーズ精油工場近代化事業の基本契約を1兆7000億ウォン(約1727億円)で締結した。大林産業は一昨年12月にイスファハン精油工場の改善工事契約を2兆2334億ウォン(約2270億円)で獲得した。ただし、これらは3件とも着工前の金融調達段階なので、工事費を受け取れないなどの実質的な被害にまでは至らない見通しだ。

 それよりも深刻なのは今後の問題だ。イランは2016年の経済制裁解除以降、韓国建設各社の海外部門にとって「恵みの雨」をもたらしてきた。韓国建設各社の昨年の対イラン受注額は52億3000万ドル(約5740億円)で、2位インド(29億1000万ドル=約3193億円)を大きく引き離し発注国1位だった。

 対イラン輸出企業もピンチだ。米国は今年11月以降、イランと取引する第3国の企業や個人も制裁する「セカンダリー・ボイコット」に踏み切る見通しだ。このため、イランとの貿易窓口にこれまで使われてきたウォン建て決済口座が閉鎖される可能性も高まっている。イランに工業製品を売り、輸入した原油代金と相殺するという方法が不可能になり、自動車・冷蔵庫・ディスプレイなどの輸出業者が打撃を受けることになる。
(引用ここまで)

 2016年のイラン核問題での制裁解除後、パク・クネがイランを訪問して42兆ウォン規模の経済協力を結んできたという話がありましたね。
 けっきょくMOUに法的拘束力がなかったり、そもそもMOU自体を結んでいなかったというオチだったのですが。
 その後、監査してみたら話半分かそれ以下だった、なんてこともありました。

 それでも当時から異常なほどの前傾姿勢でイランとの取引をしていたのですよ。記事にあるように、特に建設業界は異様でしたね。韓国国内の不動産価格抑制政策があったので、国外に出なければという方針だったのかもしれません。
 あまりにも前傾姿勢過ぎて、パク・クネ政権当時から「制裁が復活したら目も当てられない」というような話が出ていたほどでした。

 で、2年ちょっとしてアメリカは制裁を再開することになったわけですが、当初の懸念の通りになったというね。
 韓国にはイランから巨額の預金があって、利子をつけてこなかったためにそれを引き上げるという話が出たことがありました。
 イランが制裁を受けていたので、ろくに利子もつけずに放置していたのですね。当時の韓国における定期預金の利率は3%前後だったのに、0.1%に設定していたという。
 あの話の顛末がどうなったかは確認できなかったのですが、イランへの投資を急いでいたのはそのあたりの問題もあったのかもしれません。

 制裁解除後の市場を一気に取りに行こうという戦略だったのでしょうが。
 まあ、拙速だったという非難は避けられないかな。
 利益を掴むにはリスクテイカーでなければならない、という金言はありますが……トランプ政権になってからこっちはリスクが高くなりすぎてましたね。

中東情勢を知るのによい本でした。
中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌 (NHK出版新書)
高橋 和夫
NHK出版
2016/6/11

タイ人「韓国旅行……若い人はともかく、ほとんどの人にとっては1回で充分な国ですね」

韓国旅行は1回で充分…日本は見るもの多い(中央日報)
22日に韓国を訪れたタイのSNSスターのエリカさん(26)は「インフルエンサー」と呼ばれる。ユーチューブやインスタグラムなどSNSを通じて流行を広める「影響力ある個人」という意味で、タイと韓国、日本、中国などを歩き回りビューティー・ファッション製品とカフェ、ホテル、旅行地を紹介して後記を残す。 (中略)

2年前にSNSを始めたエリカさんのインスタのフォロワーは約12万人、ユーチューブの購読者は49万人に達する。彼女のユーチューブ動画は再生回数100万回をはるかに超える。主な購読者は20〜30代の女性、特に中産層以上が多い。そのため韓国の化粧品はなくてはならない素材だ。

10回ほど訪れたソウルで最もよく行く所は弘大(ホンデ)のクラブだ。「午前8時まで夜通しでパーティーをする所は世界でソウルにしかない。多国籍のクラバーからあふれる熱気が良い」とした。だがタイの既成世代にとって韓国はそれほど魅力的な観光地ではないと指摘した。エリカさんは「ソウルのパッケージツアーコースには景福宮(キョンボックン)、昌徳宮(チャンドックン)、曹渓寺(チョゲサ)、奉恩寺(ポンウンサ)が必ず含まれるが、実は王宮と寺はタイの方がもっと多い」とした。これに対し日本は旅行地、食べ物、ショッピング、記念品など見るたびに新しい。そのため「タイの人たちに韓国はワンタイム『イナフ』(1度で足りる)だが、日本は『トゥーマッチ(見るものが多い)』」と話した。 (中略)

――観光地として韓国と日本を比較するならば。

「若い世代に韓国は行きたい国だ。Kビューティー、クラブ文化、美しいカフェは明らかに競争力がある。だがそれまでだ。特に韓国を初めて訪れる既成世代は主にパッケージツアーを利用することになるが、コースが千編一律的だ。食べ物はビビンバとプルコギ一色だ。特に『オレンジソース(コチュジャン)』がほとんどすべての料理に入っている。これに対し日本は行くたびに新しい。富士山と温泉など旅行地ごとに特色があり、食べ物も多様だ。また、どの都市どの町に行っても買いたくなる特産品が並んでいる。また、韓国はとてもソウルに集中している。タイ人の中に釜山(プサン)を知る人は多くない」
(引用ここまで)

 たかだか26歳のYouTuberに「一定以上の年齢の人は韓国に来ても面白くないでしょう」って言われちゃうっていう。
 ここでもやっぱり日本にはリピーターが多く、韓国は「1回で充分」となってしまう。
 以前から「韓国旅行にリピーターが少ない」「再訪問者数をなんとかしなければ」っていうのは連呼されていることです。
 まあ、実際にはリピーターが少ないのではなく、韓国の観光地に価値がないだけなのですが。
 世界遺産ですっていって土饅頭見せられても困るっていう話ですわ。
 なにしろ韓国人が国内旅行をせずに日本に来ているっていうくらいですから、その競争力のなさが分かるというものでしょう。

 タイからの訪日観光客は2017年の1年間で延べ98万人。2011年にはさすがに減少しましたが、それ以外は右肩上がりで訪日観光客は増えています。
 ひとりあたりのGDPが6000ドルで人口7000万人の国からそこまでよく来てもらえているなぁ……と思えるほど。
 ちょっと前のソンクラーンの時期には東京でもタイ人とおぼしき人を見ましたね。
 やはりリピーターが多いのは間違いない。

 民主党政権時代のようにアホほどの円高になっているのであればともかく、現在の為替水準は日韓で大きく変わらない。
 それであれば単に「どちらの国に魅力があるのか」という勝負になりますわな。

 そうそう、韓国国内で慰安婦像が100を超えたらしいので、スタンプラリーとかやるのどうでしょうかね? ダメ?
 個人的には韓国内に11あるらしい亀甲船レプリカを巡る旅は少し興味があります(笑)。
 でもまあ、韓国人が求める「韓国に来てもらえる要因」というのはそういうんじゃないのでしょうね。
 実はPSYのヒットが韓国人にとってはあまり好ましいものでもなかったというのと同じことで。

物語 タイの歴史 微笑みの国の真実 (中公新書)
柿崎一郎
中央公論新社
2007/9/1

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
「統一朝鮮」は日本の災難
半額以下のセール中。25日まで。
2001年 宇宙の旅
4K ULTRA HD+デジタルリマスター Blu-ray
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ