楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

いつものアレ

 相互RSS募集中です

平昌オリンピック開会式のメイン演出家がいきなり辞任……原因はいつものアレ

[取材ファイル] [単独]平昌五輪の開会式の演出家電撃辞退(SBS/朝鮮語)
2018平昌冬季オリンピックまで1年5ヶ月になってから開会及び閉会式演出家のチョン・クホ氏が電撃辞任を宣言して衝撃を与えています。チョン・クホ氏の辞任の背景には、ソン・スンファン総監督との不協和音が最大の要因であることが明らかになりました。これにより、全世界に大韓民国と江原道平昌を知らせる開会式と閉会式が正常に行われるか、大きな懸念を生み出しています。平昌組織委員会の内幕をよく知っている関係者A氏がSBSとの通話で明らかにした顛末は次のとおりです。

平昌冬季オリンピック組織委員会は、2015年7月「ナンタ公演」企画者であり、TVタレントとしてよく知られているソン・スンファン氏総監督に選任した。ところが、彼は国際大会や大規模な公演を実際に演出した経験が不足していた。そのため文化体育観光部が有名なファッションデザイナーの出身であるチョン・クホFILAコリア副社長を開会及び閉会式の演出家として推薦した。チョン・クホ氏が国立舞踊団の公演である「饗宴」を使用して、優れた演出力を誇示したためである。以後ソン・スンファン総監督の企画案を文体部が好ましく思わないのに対しチョン・クホ氏の企画案は、大好評を受けた。最終的には調整した結果、チョン・クホ氏の案が80%、ソン・スンファン氏のアイデアが20%程度採択された。開会式の公演は全10種類で決定されたが、このうち8つがチョン・クホ氏のアイデアである。

ソン・スンファン総監督とチョン・クホ演出家は完成されたシナリオを持って今月初め、大統領府を訪問してパク・クネ大統領に報告した後、裁可まで受けています。問題はその直後からはじまりました。チョン・クホ氏は平昌組織委員会に正式契約を要求しました。

しかし、組織委員会は、チョン・クホ氏がいろいろとすることが多く、開会式と閉会式の演出を担当して行うことができるか分からないという理由で中断忌避し、契約を延期したとします。チョン・クホ氏を除く他の芸術監督とはすべて契約を結んでおり、これらの多くはチョン・クホ氏のように他の仕事を持っている人たちでした。

その結果、チョン・クホ氏は7ヶ月間組織委から一銭も受けずに自分のお金を使いながら無料サービスをしたということです。

関係者A氏は「チョン・クホ氏は平昌組織委員会が特に自分だけ不公平に接する背景にソン・スンファン総監督がいると信じている」としながら、二人の葛藤の原因についてこう述べました。

「ソン・スンファン総監督が、元の1年半前にチョン・クホ氏を美術監督として使おうとしたがチョン・クホ氏が拒否して失敗に終わった。ところが、文体部の推薦で演出家がされ主導権争い、簡単に言うと「パワーゲーム」が生じたのだ。開 - 閉会式を眺める二人のコンセプトが、基本的に他のことも摩擦の要因となった。ソン・スンファン氏は、小学生も面白く見ることができる開 - 閉会式を構想したのに対し、チョン・クホ氏は韓国の伝統と文化のよさをしっかりと示すことができることに焦点を合わせた。

最近チョン・クホ氏は、自分のアイデアを使わずに、演出陣名簿から自分の名前を抜いてもらう公式要請しました。ソン・スンファン総監督が指揮する開 - 閉会式に自分の名前を入れてないことを意味でした。しかし、物理的な時間が非常に不足するため、企画案を今になって置換は容易ではない。平昌組織委員会は、すでに確定された開 - 閉会式構成案をもとに、公演代理店の選定に出ました。

これと関連しソン・スンファン総監督は「すでに構成案が出てきた公演代理店選定のための入札に入る。 9月21日に代理店が具体的なディテールを持って出てプレゼンテーションをする。最も優れたディテールを持って出てきた代理店をひとつ選ぶ。平昌組織委員会の監督団が用意した構成案と代理店が用意したディテールな演出を調整して最終的なシナリオを来年2月末までに国際オリンピック委員会(IOC)に報告する。平昌オリンピック開会式と閉会式では、東洋の美を最大限にお見せするつもり。 2020年に東京オリンピック、2022年には北京オリンピックが開催されることを考慮して、日本、中国とは差別化された韓国の美しさを世界で現代的な感覚で演出だろう」と言いました。

ソン・スンファン総監督はチョン・クホ氏との対立について、「特別なことはない。組織委員会のチョン・クホ氏と一緒に働いてきたが、彼は身を引くという言葉はまだ聞いていない。葛藤の要因がないのに葛藤説がなぜ出るのかは、私も分からない」と完全否定しました。

チョン・クホ氏の辞任は、平昌冬季オリンピックの開 - 閉会式に否定的な影響を与えること間違いありません。元の企画案を主導した当事者が代理店と一緒に、実際の公演を推進して指揮しなければ、自分のアイデアを100%実現することができないからです。

リオオリンピック開会式と閉会式は非常に少ない予算でも、世界の人々を感動させました。平昌冬季オリンピック開・閉会式の予算は1,000億ウォンが超えるが、内部分裂のために成功した演出を保証することはできない危機に置かれました。
(引用ここまで)

 またいつものように内紛。
 まんま豊臣秀吉の元に「戦争の用意はあるか否か」を確かめにきた朝鮮通信使の正使と副使が、政争の具として報告を扱ったのと同じですね。
 単純に演出家VS.演出家だけではなく、平昌五輪組織委と韓国政府(文体部)の対立でもあるのですよ。

 主導権をどちらが取るのか。成功したときの称賛は誰が受けるべきなのか。失敗したときの責任配分はどうなるのか。
 そういった複数の要因が入り混じりながら、負の部分は相手側に正の部分は自分側に引き込もうとしているのです。
 まあ、そういった内部抗争はどこでもあることですが、韓国ではその度が過ぎているのです。
 常に過剰なのですよね。

 先日のエントリでも進捗率は14%とされていてオリンピックプラザ(開閉会式場)はいまだに本格着工に至っていませんが、これも平昌五輪組織委と韓国政府の費用負担比率の争いだったりします。こっちも後ほどエントリ予定。

 これで実際に開閉会式がどうなるかは分かりませんが、演出家がいない演出になるのは間違いないところ。
 そもそも、こういうもので2人体制なんてうまく行くわけがないのですよ。
 芸術家なんて我が強い連中ばっかりなんですから。
 しかし、韓国では著名な人間を7ヶ月もの間、手弁当で働かせるとか……上も下も「情熱ワーク」(情熱ペイ)ですか。


韓国海軍最新の救助艦、「魚群探知機」を装備されていた……

韓国海軍最新鋭救助艦に魚群探知機が装着されていた(ハンギョレ)
相次ぐ防衛事業不正 抜本的な見直し推進へ=韓国(聯合ニュース)

 セウォル号事故後、海軍の救助艦である統営(トンヨン)艦の投入論議が盛んに行われていた5月、統営艦の音波探知機がマグロ漁船などに付ける魚群探知機を改良した装備に交替されていた事実が遅れて明らかになった。 核心装備である音波探知機の性能問題で海軍が統営艦の受け取りを拒否したため、防衛事業庁がまともな検査も行わずに軍用には不適切な装備を付けて海軍に渡そうとしたのではないかという疑惑が起こっている。 (中略)

 会議で海軍本部通信電子技術課は「(現在)統営艦に設置されているSH90は魚群探知機として知られている装備」で軍用には使えないと明らかにした。

 当初、軍需業者であるハケンコ(米国Hakenko)は統営艦と掃海艦に6219万ドル(約660億ウォン)規模の音波探知機MS3850(5台)を納品することにしていた。 だが、該当装備が要求性能を充足できなかったため海軍は統営艦の受け取りを拒否した。こうしたなかで4月16日にセウォル号事故が起き、現場に投入されないまま造船所に停泊中だった統営艦に関連して軍と防衛事業庁に対する非難の世論が沸き立った。 この頃、5月にハケンコが防衛事業庁の許可を得て統営艦に商用の魚群探知機であるSH90を搭載した。 SH90を製作したメーカーは、ホームページでSH90がマグロの群れなどを追う魚群探知機(Fish findingsonar)と紹介している。

 海洋装備業者のある関係者は「軍用音波探知機と魚群探知機では目的が全く違う。 魚群探知機は下側の観側が主用途だ。 広く水平方向を探知したり、速い速度で移動する物体などを探知する必要がある軍用音波探知機より探知範囲が狭く性能が劣る。 特に商用品では軍が要求する具体的条件を満足させることはできない。 改良したと言っても限界がある」と話した。 (中略)

 チン・ソンジュン議員は「軍艦である統営艦に魚を釣る魚群探知機を付けさせたということは安保を放棄するに等しい。 セウォル号以後、統営艦投入論議が広がると、自らの失敗を隠蔽しようとしたハケンコを助けようとしたものと見られる。 厳重な問責が必要だ」と話した。
(引用ここまで)

 ……面白い。
 「泥縄」っていうのはこういうのを言うんでしょう。 
 この水上救助艦・統営というのは、韓国海軍に納入される予定だったものです。
 最新式のセンサーを搭載するはずが、40年前のセンサーを取り付けられていたので軍に受け取り拒否をされたというものです。
 その原因はいつものポッケないないです。

 さらにその40年前のセンサーを魚群探知機に入れ替えて「これで納入できませんか」って話にしようとしたという。
 セウォル号事故で「なぜ去年のうちに納入されていたはずの救助艦が現場に投入されないんだ!」という話になりまして。
 で、あまりにも統営に話題が集中してしまったので、センサーを取り替えて急いで現場投入できるように頑張ったのでしょう。

 がんばった結果が魚群探知機だったというのは……まあ韓国らしいところですかね
 これだけでなく、いろいろと陸空海の三軍すべてでお笑い韓国軍コントショーをやりつづけているのですが、今回のものもなかなかのものです。



 

セウォル号事故でも活躍したはずの韓国水上救助艦、就航できない理由はいつものアレ

最新鋭の水上救助艦に40年前のソナー搭載!?
> 韓国の技術で建造された最新鋭の水上救助艦「統営」(3500トン級)。同艦の中心装備である音波探知機(サイドスキャンソナー)が、1970年代に建造された救助艦「平沢」と同一の仕様であることが17日までに分かった。これは、1590億ウォン(現在のレートで約166億円、以下同じ)を投じて建造した「統営」の音波探知機の性能が、40年前と同水準ということを意味する。「平沢」は、1970年代に建造され米海軍で活動したイーデントン級救難艦を、退役後の1996年に韓国海軍が取得し、再就役させた船だ。

 監査院は今年5月から7月にかけて、国防部(省に相当)や防衛事業庁(防事庁)などを対象に、韓国軍の「防衛産業制度の運営および管理の実態」について監査を実施した。その結果、2010年に「統営」に搭載するサイドスキャンソナーの機種選定を行った際、合同参謀本部(合参)が要求した軍作戦要求性能を、防事庁が「平沢」レベルに無断で変更していたことが明らかになった。さらに防事庁が、2億ウォン(約2090万円)台のソナーを、特定の業者から41億ウォン(約4億2700万円)で購入していたことも判明した。

 座礁船の救助や沈没船の探索・引き揚げといった任務を遂行する「統営」は、2012年9月に進水し、運用試験評価を経て、昨年10月末に韓国海軍へ引き渡される予定だった。しかしソナーをはじめとする中核装備で次々と問題点が明らかになり、韓国海軍は現在も引き渡しを受けることを拒否している。このため「統営」は、今年4月の旅客船セウォル号沈没事故の際には救助現場に投入されなかった。

 監査院は、納品不正の容疑者を検察に告発する予定だ。
(引用ここまで)
  セウォル号の事故が起きた最初期この水上救助船があるのだけども、投入できないのはなんでだって話が出ていまして。
 当時は「船自体は完成しているけどまだ艤装ができてない」というように解説されていました。
 なので、うちも「艤装の済んでいない船なんぞ石のタヌキだ」と思っていたのですよね。

 しかし、本来であればすでに就航していなければいけないスケジュールだったのだそうですよ。
 でも、就航できていなかった。
 ふたを開けてみたら勝手にソナーを40年前の船と同レベルの仕様にした上、市価の20倍の価格で購入していたので引き渡し拒否ということでした。

 ……なーんだ、いつものことじゃないですか。
 対空砲だと思っていたものはただの鉄の管を取りつけたオブジェでしたし
 F-16の整備には廃部品が使われていました
 軍靴の接着剤は弱くてソールがはがれる始末

 原発やKTXでも同じようにあった、不正部品で差額をがめようとした例のアレ。いつものアレです。
 あまりにもいつものことすぎて、なんの感慨も覚えませんし、一切のコメントも浮かんできませんわ(笑)。

 この船が予定通りに就航していたら、セウォル号事故で活躍したのかっていわれてもアレですしね。
 現場にたどり着けないとか、電源系が全部おしゃかになってタグボートで牽引されているとか、ソナーを実践ではじめて使ったので運用がまともにできなかったとかなると思います。
 それが韓国社会というものですから。
 
トップをねらえ! Blu-ray Box
日高のり子
バンダイビジュアル
2012-02-24

 

韓国社会:またいつもの不正部品で差額を懐に。ばれても処罰は減給3ヶ月だけ

“鉄道マフィア”が部品性能試験の成績書を偽造=韓国(中央日報)
>中央日報が2012年9月の鉄道技術研究院の「試験成績書不適正活用など特別監査結果」報告書を6日に入手し、分析した結果だ。報告書によると、鉄道技術研究院のパク元責任研究員は当時、AVTのレール締結装置の性能試験をせず虚偽試験結果と成績書様式をAVT側にメールで送った。AVTは「欠陥がなく製作図面に適合」などの結果が書かれた成績書を鉄道公団に提出した。しかし発行日時・番号がない成績書だった。これを疑わしく思った鉄道公団の性能検証委員会が研究院に正式に発行照会をし、偽造が明らかになった。

しかし鉄道技術研究院はパク元研究員の不正を摘発しながらも、減給3カ月の軽い処罰で終えた。またAVTは成績書偽造という重大な欠陥にもかかわらず、翌年、鉄道公団が発注した湖南高速鉄道のレール締結装置の独占納品を獲得した。

ソウル中央地検は先月28日、AVTの納品不正に関与した容疑で、鉄道技術研究院とCコーポレーションを家宅捜索した。検察は空港連係レールの設計を引き受けたCコーポレーションのキム代表が、パク元研究員と組んでAVTに有利な試験成績書を作成したとみて捜査中だ。2人は鉄道高校土木科の同期生だ。また、成績書偽造事件当時、AVTのキム常務はキム代表と同じ韓国鉄道学会の会員だった。今回の捜査の対象には鉄道学会の会員が多数含まれている。
(引用ここまで)

 「証明書偽造」で必要とされているクオリティをこなしているのかどうか不明な部品を納入。
 本来、必要であったクオリティのある部品との差額を懐に入れる。
 韓国でのいつものパターンですね。

 原発KTX各種兵器の部品でもまったく同じように証明書を偽造して発覚。
 先日の「国の格が低いから逮捕請求却下」の逮捕請求内容も検査してないのに検査をしたという、一種の証明書偽造でした。
 日本へ違法入国するときも、パスポート偽造や指紋偽造をしていましたね。

 これだけやっているのですから、他の分野にないわけがない。
 むしろ、こういった証明書偽造をするエージェントが存在するはずです。

 でもって、こういうのは韓国の、朝鮮半島での伝統なのですよ。
 銅銭を鋳造する役人が原料の銅をがめていて、代わりに鉛を使っているので市中でまったく銭の信頼性がないという話を、イザベラ・バードが朝鮮紀行で書いています。
 李氏朝鮮から綿々と続く伝統なのです。

 伝統だからこそ、違和感を感じることなく同じような犯罪に手を染めることができるんじゃないかなと。
 強烈な仲間意識である「ウリ」によって偽証罪の人口あたりの発生件数が日本の671倍になるのと、構造的には同じだと思われます。

 セウォル号沈没事故を契機として、こういう馴れ合いを一掃したいというのがマスコミの空気なのですが、そううまくはいかないであろうことは歴史によって証明されています。
 ひとつの事柄が自分たちの益にならなくても、それが巡り巡って将来的な益を侵害しそうだという臭いに敏感なのですよね。
 だからこそ、韓国では贈収賄は終わらないのです。部品の証明書偽造も同じことです。

偽造の手口―現代犯罪の実情
偽造防犯研究会
データハウス
2005-03


「日韓局長級協議の議題は慰安婦問題だけだ」と韓国大使が断言した……いつものアレです

局長級協議の議題 慰安婦問題でほぼ合意=韓国駐日大使(聯合ニュース)
慰安婦に絞り協議、日本側と「約束」 韓国の駐日大使(産経新聞)

韓国の李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日大使は7日、ソウル市内で記者団に対し、日本との局長級協議について、「慰安婦問題だけでまずは始める考えだ。(日本側と)ほぼ合意している」と明らかにした。4月中旬の開催については「(実現するよう)努力する」と述べた。

 慰安婦問題に関しては、「日本の政治指導者たちも本心は同様だ。(慰安婦問題について)一度向き合おうとしている」と述べた。(中略)
――局長級協議の議題は。

「まずは慰安婦問題だけで始める考えだ。具体的に誰が何をするかについては決まってないが、ほぼ合意している」(中略)
――法的に解決済みという日本が慰安婦協議に応じる理由は。

「慰安婦問題は1965年の請求権協定締結時に懸案として浮上しなかった。請求権交渉の別途条項の中には(協議された)以外の紛争は(外交上のルートを通 じて)解決していくというものがある。我々は(日本との協議で)これを示す。誰とは明かせないが、日本の政治指導者たちと話をしてみると、本心は同様だ。 一度は向き合って検討してみようというのだ。しかし、政治的な負担にならないよう表には出てこない」
(引用ここまで)
   ↓
> 一方、日本政府筋は「議題が慰安婦問題に絞られることはない」と主張した。日韓は協議開催では大筋合意しているものの、元慰安婦女性の賠償請求権問題だけを扱いたい韓国と、他の両国間の懸案を幅広く扱うべきだとする日本との間で調整が難航している。
(引用ここまで)

 まず間違いなく、「そんなことは言っていない」になると思います。
 韓国独特の「言ってしまえば勝ち」という精神、声闘ですね。
 いつものことです。

 コンサートの出演者とか韓国代表監督だとかを先にアナウンスだけしておくってヤツ。オファーよりも前に発表。
 断られたら「もう発表しているのにこっちのメンツはどうなる!」ってアレ。
 昔ならそれも通用したかも知れませんが、もはやその手は見え透いているのですよ。
 無理。

 もし、いまの日本で局長級会議でそんな風に議題を絞ったとしたら、ヘタをしたら罷免されますわ。
 もしくは外務省で誰がそんな話をしたのかが個人特定されて、大炎上すらありえる。
 この「大嫌韓時代」で「慰安婦問題だけを外交問題として語る」なんてのは煮えたぎる油壺に手を突っこむような行為ですわ。
 大やけど必至なハイリスクなのに、見返りのほとんどないローリターンな貧乏くじを引きたがる輩はいませんよ。

南大門の建材、いつものアレでロシア産の金剛松が使われていた

 [独占スクープ] “崇礼門の柱にロシア松使った”(時事ジャーナル/韓国語)

 元ネタはシンシアリーさんのblogから。

 時事ジャーナルというのは韓国の週刊誌で、やや硬めのところ。
 週刊新潮とか文春よりもちょっと硬めかなぁ……。
 そこのスクープだそうですよ。

 すべて国産(韓国産)の金剛松を使って再建されていたはずの南大門。
 しかし、実態はロシア産の金剛松を使われていたそうです。

 「国宝1号」の南大門(崇礼門)を、外国産の建材で再建。
 国内に材料がないとか、充分な太さの木材がないとかじゃなくて。
 いつものアレ。

 原発の不正部品KTXのブレーキ国産化不正部品採用対空砲の砲身がただの鉄の管だった……とかいういつものアレ。

 なんでもロシア産の金剛松は韓国産のそれの1/100だったということで。
 こんな風に崇礼門が話題にならなければ、こんな検証が入ることもなかったのでしょう。
 ありとあらゆるシーンでこういった中抜きが行われていて、実際に判明しているのは氷山の一角でなければこんな風に判明しませんよ。
 不正部品、不正素材での中抜き自体が日常そのものなのでしょうね。

 32本中、7〜8本の柱がロシア産だそうで、もはや取り壊して最初から再建し直したほうが早いんじゃないっていう話まで出ているそうです。

 国宝1号まで中抜きの対象。
 なんというか……哀れな人たちです。


 

KARAメンバー脱退で3人に? ツアーチケットもまるで売れていない模様

KARAメンバー脱退で改めて注目 なぜK−POPグループには揉め事が多い?(RealSound)
“解散・脱退”報道のKARA ツアーチケットまったく売れず「ヤフオクで半値以下でも入札ゼロ」(サイゾー)


 最初の解散報道を見ても楽韓Webで取り上げようと思いつかなかったほどにどうでもよかったのですが、とりあえずは書いておくべきかなと。
 韓国のこういうグループで分裂しないほうが珍しいくらいなので、分裂してもどうっていう話でもないのですし。
 ま、韓国グループのありがちな末路ということで。
 かなりどうでもよくて、書くのに逆に時間がかかってしまいました(笑)。

「あのブルック・シールズはコチュジャン大好き、韓食グローバル化へ!」 → やらせでした

【萬物相】道のり遠い「韓国料理の世界化」(朝鮮日報)
>  農林水産食品部(省に相当)は一昨年、米国の映画女優ブルック・シールズがニューヨークの韓国食料品店でコチュジャン(トウガラシみそ)とチャプチェ (韓国春雨)を手に取る写真を韓国で紹介し「ブルック・シールズさんはビビンバを食べて以来、韓国料理が好きになり、自分で作ることもある。特にコチュ ジャンの味が好きだ」とPRした。これを見た多くの人々が事情を知らずに「米国の美人女優も韓国料理のとりこになった」と浮かれた。ところが、米国の雑誌 に掲載されたこの写真は韓国料理グローバル化の成果をPRしようと演出されたもので、ブルック・シールズが韓国料理を好きだと言ったことは実際にはないこ とがおとといの監査院の調査結果で明らかになった。韓国料理のグローバル化を輸出実績の目標達成よろしく強引に推し進めれば、事実でないことを創作し、あ らぬ事に金を使う羽目になる。
(引用ここまで)

 『演出』ってさらっと書いていますが、これって要するにお金を渡してコチュジャンとチャプチェを手にとってもらって、写真を撮影した……という話ですよね。
 安いなぁ。
 しかもそれがブルック・シールズってところにまた安さを感じる。
 いかにも歳のいっちゃった官僚あたりが考えそうとでもいうべきか。

 韓国では「日本料理も政府主導のプロモーションをやったからこそ世界に普及した」って話になっているのですが、かつて日本政府がこんなみっともない真似をしたかどうか、調べてみたらいいのに。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ