楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

いつもの内紛

 相互RSS募集中です

ノ・ムヒョンの息子が追悼式で誰彼かまわず暴言を吐きまくった理由

故・盧武鉉元大統領の息子、追悼式で与党代表に暴言(朝鮮日報)
【社説】前職大統領の息子が取るべき言動(朝鮮日報)

盧元大統領の長男・盧建昊(ノ・ゴンホ)氏(42)は政権与党の代表として追悼式に出席した与党セヌリ党の金武星(キム・ムソン)代表に対し「権力を使って元大統領を死に追いやっておきながら、反省もない」などと暴言を浴びせた。建昊氏はさらに「国家の最高機密である首脳会議の議事録まで選挙のために利用し、国の権力を総動員して少数派を抹殺した。このように社会全体で際限なく地域対立、イデオロギー対立をあおっておきながら、権力だけは絶対に手放さず、私的な欲望ばかりを満たそうとしている」「国の基本秩序を根本から揺るがせた」などと非難した。これら建昊氏の発言を受け、野党の一部議員や、親盧派の中でも特に古くから盧元大統領を支持してきた議員らは「これこそ盧武鉉マインド」などと叫びながら称賛や歓声を送った。 (中略)

 新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)代表は追悼式が終わった直後「今こそ盧武鉉・金大中(キム・デジュン)元大統領の心を安かにしてさしあげよう」と呼び掛けたが、建昊氏や親盧グループの暴言に対する遺憾表明などはしなかった。このように親盧派が声を大にし始めたことで、今年2月に党代表に就任し、「有能な経済政党」「安保政党」といった中道路線を掲げてきた「文在寅体制」も壁にぶつかった。「親盧」を「親文(文在寅代表)」にすることを目指す文代表の思惑にもブレーキがかかった。

 新政治民主連合内部の親盧と非盧の両グループの対立は以前から非常に深まっていたが、盧建昊氏の演説と追悼式における非盧派への攻撃はこれに油を注いだ。親盧派はキム・ハンギル議員には「ごみ」、無所属の千正培(チョン・ジョンベ)議員には「裏切り者」といった非難を浴びせ、ペットボトルなどを投げ付けた。
(引用ここまで)
 建昊氏の一連の発言はあらかじめ準備していた原稿をそのまま読み上げたものだという。つまり建昊氏は亡き父の追悼にやって来た客を侮辱する言葉を喪主でありながらあらかじめ準備し、公の席でこれを読み上げたわけだ。この日、建昊氏の姿は元大統領の息子ではなく、まさに親盧派の活動家そのものだった。 (中略)

 また建昊氏以上に失望を禁じ得なかったのは新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)代表だった。追悼式後、文代表は「盧元大統領の前で親盧・非盧の各派に分裂し、対立する姿は本当に恥ずかしい」と述べ、同じ野党の両派に対立をやめるよう呼び掛けた。しかし追悼式の際、自らのすぐ隣に座っていた金武星代表を公の席で侮辱する事態が起こったことについては、謝罪の言葉など一切口にしなかった。文代表は盧元大統領の遺族や親盧派、さらにその支持者たちが最も信頼を寄せている親盧派のリーダー的存在だ。その文代表が今回の追悼式で起こった不祥事について何も語らないのは、まさに政治的責任逃れに他ならない。
(引用ここまで)

 楽韓Webではまったく扱わなかったのですが、4月の末あたりに韓国では国会議員の補欠選挙が4選挙区でありました。
 例の統合進歩党の解党にともなう選挙ですね。で、この4選挙区で3つを与党のセヌリ党が取りました。
 ソン・ジョンワンリストでイ・ワング首相が辞任した直後だったので、与党不利かという話も出ていたのですが安定して強かったとのこと。
 パク・クネがアレでイ・ワングがあんなんでも、国民が与党支持に回ったのはそれ以上に野党に期待できないという共通認識があったからのようです。

 野党は虎視眈々と来年の総選挙と再来年の大統領選挙で与野党逆転を狙っていたのに、もはや党内で代表のムン・ジェインの責任を問う勢力もある始末。

 で、この騒ぎ。
 じり貧になった輩がやりそうなことです。
 より小さな単位で政争を起こして離散集合を繰り返す。で、弱者連合になって烏合の衆と化していく。
 生活の党……じゃなくて、「生活の党と山本太郎と仲間たち」でしたっけ? あれと同じことですね。
 アン・チョルスの新政治民主連合からの離脱もありえるかなー。

弱者の戦略(新潮選書)
稲垣 栄洋
新潮社
2014-12-26


バルサの韓国人3人組をFIFAに訴えていたのは韓国サッカー協会内部からだった

バルサ移籍禁止通達、クラブは裏の企みを確信。韓国サッカー協会の不可解な動きと疑問点多いFIFAからの処分(サッカーチャンネル)
> 全世界のサッカー協会を傘下に置いているFIFAが、FCバルセロナとスペインサッカー協会に、海外からの未成年選手登録と移籍の過程に規約違反があったとして処分の通告を出してから、約2週間が過ぎた。

 この件の発端は奇妙だった。一昨年にバルセロナのユース組織に所属している韓国人国籍の選手が、「匿名で」訴えられたのだ。それも、現地紙によれば、その訴えは韓国サッカー協会から来たという。

 クラブ側は、「韓国サッカー協会からバルサのユース組織であるラ・マシアで育成して貰えないかと話を持ち込まれたのに、そんなことはありえない」と反論しているが、現実に選手らは公式戦でプレーさせて貰えなかった。
(引用ここまで)

 ああ、ありそうだわ。
 まず、3人のユース年代の韓国人をバルサで育成してくれという話は韓国サッカー協会から持ちこまれた。
 で、その3人に対してFIFAへの提訴かなにかがあったと。
 それも韓国サッカー協会から。

 韓国の事情に詳しくない人間であれば「そんなことがあるわけがない」と一蹴するでしょう。
 しかし、我々はこれを表現する言葉を知っています。
 「内紛」ですね。

 ボクシング協会でもスケート連盟でもあるのですから、サッカー協会でないわけがないのですよ。
 というか、韓国人が3人以上いるところで内紛がないわけないのです。

 いつものように主流派と非主流派の争いなのか、それとも「育成は国内でやるべき」という考えの人間がいるのか。
 そこまでは分かりませんが、おそらくこのスペインでの報道は真実なのでしょうね。
 このリーク自体も韓国サッカー協会内部から出てるんじゃないかなぁ……と思います。実際の話。
 韓国の掲示板とかでは「日本人が嫉妬でやったに違いない!」とか言われていたのですがね。ま、この内紛のほうがはるかに納得できますね。


 

全日本テコンドー協会、「お金がないので……」と公益社団法人認定返上

テコンドー協会:公益認定返上へ 財政基盤なく(毎日新聞)
>  全日本テコンドー協会が6日、東京都内で理事会を開き、内閣府に公益社団法人の認定取り消しを申請する方針を固めた。23日の総会でこの方針を諮る。協 会関係者は「収入が少なく、組織を維持する経済基盤がない。定款や諸規定も見直したい」と理由を説明した。公益法人の取り消し申請は極めて異例。(中略)

 同協会を巡っては、内閣府が昨年12月、一部正会員を資格停止処分とし、総会で議決権を行使させないことは一般法人法に抵触するとして、協会に是正を勧告。12年にも国の補助金の不適切処理が問題化している。
(引用ここまで)

 最後の補助金の不適切処理っていうのは、コーチに与えられるはずの報酬を境界に強制的に寄付させていたという件ですね。いくつかのスポーツ系の協会がこれをやって返還を求められていました。
 テコンドー協会も同様に返還を求められていたのですが、他の協会が一括や短期での返還に応じていたにも関わらず、テコンドー協会だけが「3000万円を30年かけて返還する」という異常な返還計画をしていたのですよ。
 で、その時にも「テコンドー協会は財政基盤が弱いから」という理由だったのです。

 公益社団法人であるということは税制上で異常なほどに恵まれるのですが、その一方で財務状況がすべて公になるということでもあるのですよ。
 それで財政状況が厳しいと言っているということは、実際にダメなんだろうなぁ……という気はしますが。
 公益社団法人として財務を公開するのがデメリットになったんだろうなぁ……とは思っていません。思っていませんよ?

 ま、毎度おなじみの内紛を起こして、かつあんだけ分裂合流を繰り返してりゃ、まともな組織であるっていうほうがおかしいですわな。

ツマヌダ格闘街(1)
上山道郎
少年画報社
2013-08-30


ビクトール・アンに続いて14歳の弟もロシアに帰化? 原因はスケート連盟内の内紛?

ビクトール・アンの14歳弟もロシア国籍取得か(朝鮮日報)
> ショートトラックのロシア代表ビクトール・アン(28)=韓国名:安賢洙(アン・ヒョンス)=は弟アン・ヒョンジュン(14)=梅松中学校=がロシア国籍を取得する可能性について否定していないことが分かりました。

 ビクトール・アンは先月21日、ロシアの週刊誌「エクスプレス・ガゼタ」とのインタビューで「弟も自分のようにショートトラックで成功することを願って いる。今はテクニックを向上させるためいいトレーニングを受けるべき重要な時期だと思う。そのためにいくつか重要な決定をするかもしれない」と語りまし た。今すぐ国籍変更につながるという話ではありませんが、弟をいい選手にするため特別な措置を取る可能性もあることを示唆したものです。

 「ロシースカヤ・ガゼタ」や「ソビエト・スポルト」などのロシア紙は先月23日、ビクトール・アンの父アン・ギウォンさん(57)とロイターのインタビューを引用、アン・ヒョンジュンがロシア国籍を取得する可能性に関して報道しています。アン・ギウォンさんは「大韓スケート連盟が改革を拒否するなら末息子(アン・ヒョンジュン)の国籍変更を考えるかもしれない」と言いました。アン・ギウォンさんは具体的にロシアとは言っていませんが、兄に倣ってロシア行きを決める可能性もあると十分推測できます。
(引用ここまで)

 ビクトール・アンの弟までもがロシアへの帰化を考える。
 どういう背景かなぁ……と思ったのですが、もしかしたらいじめがあるのかもしれませんね。
 学校、もしくは練習の現場で。

 韓国のウリ意識というものは異常で、日本における「空気を読む」以上の濃さなのです。
 日本にも会社や団体への帰属意識を異常なほどに求める輩がいますが、あれが異常な割合で存在するのが「ウリ」だと思ってもらえればまあ間違いはないでしょう。

 異常なまでに濃厚な結果、兵役回避や大学推薦のために堂々と八百長が行われるような事態になっています。

韓国ショートトラックで大学推薦入学枠のためにまた八百長騒ぎ

 さらにいつものようにスケート連盟内でも内紛を起こしていまして。
 この記事にも出ているビクトール・アン(アン・ヒョンス)の父親は連盟の副会長と遠征から帰国した空港で殴り合いとかもしていました。

 この空港での殴り合いとか見ても、アン・ヒョンスは内紛の主流派ではなかったのでしょう。
 その結果としてロシアに帰化したということなのかな。

 そういう行動をしたら親兄弟共に糾弾される世界ですから、なんらかの圧力がきていたのかもしれません。
 なんというか、しんどい国ですね……。


 

「全米に慰安婦像を建立してやる!」 → 韓国人同士の内紛で立ち消えへ

「慰安婦碑」設置プロジェクトが米国で頓挫、在米韓国人団体の思惑外れ(韓フルタイム/livedoor)
>在米韓国系団体が全米各地での設置を目指している「慰安婦の碑」設置計画が、最近、相次いで頓挫しているという。(中略)

記事は、思わぬ事態に直面している原因について、「日本の積極的なロビー活動」があると指摘している。ニュージャージー州のパリセイズパークには、2010年に米国で初となる慰安婦の碑が建立されたのを皮切りに、これまで計5個の碑が乱立しているが、これを問題視した日本領事館と自民党議員は12年5月、同地を訪れ、自治体側に碑の撤去を求めた。

ブエナ・ビスタ市議会では当初、慰安婦の碑建立に肯定的な雰囲気があったが、日本領事館が市議会議員に手紙を送ると反対派が増え、結局、計画は立ち消えとなったという。

また、韓国系団体が内部で対立したり、準備が整わないまま計画を見切り発車していることも、計画が行き詰まる原因となっている。
(引用ここまで)

 主導権を巡って内部分裂するとか、在米だろうと在日だろう韓国人は韓国人なのだなぁ。

 テコンドーの競技団体なんかもまったくと言っていいほど同じ経緯で、利権や主導権を巡ってトップが対立して内部分裂したのですよね。
 岡本が個人の資格でオリンピックに派遣されたことがありましたが、あれは内部分裂で代表する団体が存在しなくなってしまい、JOCが窮余の策としてああせざるを得なかったのですよ。

 秀吉の朝鮮征伐の前にも、李氏朝鮮から日本の事情を内偵するために朝鮮通信使が派遣されたのですが、内部分裂していた正使と副使がまったく違った報告をしたおかげで、戦争に対する用意ができなかったので一気に平壌まで攻めこまれたというような歴史もあります。

 ちなみに現地の在米日本人や日系人が、慰安婦像建立に反対してそこそこ活動しているらしく。
 ありがたいことです。
 こちらから現状ではなにもできませんが、父祖の魂を偽りで傷つける行為には立ち上がらなくてはならないと思っています。応援してますよ。


 

韓国のスケート界は醜態も世界トップクラスだった(KBS WORLD)

韓国のスケート界は醜態も世界トップクラスだった(KBS WORLD) [14:45]
記者:「今回またしても大会を征したわけですが…感想を一言!」
アン:「そうですね、この前のオリンピックに引き続きまして、今回もショート・トラックを応援、おお・・応援 応援して下さいまして、ほほほ本当に…」

こういう感じで、何かに気を取られてインタビューに集中できない様子…。
しきりと向こう側に目をやりながら、上の空の答えを発しているではありませんか。
それで、アン・ヒョンス選手が気にする「向こう側」で何が起っていたかというと、アン・ヒョンス選手の父と近年絶好調のショート・トラック界を束ねる「韓国氷上連盟の副会長」が取っ組み合いの喧嘩をしているのです。

 これは記事自体が面白いので、ちょっと読んでみてくださいな(笑)。
 記事本体はリンクがなくなっちゃいましたが、WebArchiveがありましたので。WebArchive

 日本のスケート連盟からも内紛は出てきていますけど、さすがにここまでみっともなくはないもんなぁ。
 空港で公衆の面前で殴り合いて。

 実はこのふたり、4年前にも殴り合ってるんですよね(笑)。
 聯合ニュースの日本支社長曰く、韓国人は殴り合いでストレス解消できるらしいのでそういうことなのでしょう。


 

ショートトラック韓国代表、派閥争いの末ついに暴力沙汰(朝鮮日報)

ショートトラック韓国代表、派閥争いの末ついに暴力沙汰(朝鮮日報) [21:00]
> アン・ギウォンさんは今回の世界選手権大会でコーチと選手が組んで故意にアン・ヒョ ンスのプレーの妨害をしたと主張した。また、「1000メートルと3000メートルでコーチの指示を受け、ほかの派閥の選手らがアン・ヒョンスのプレーの邪魔をした」とし、関係者に暴言を吐くなどの騒ぎを起こし、これを阻止しようとしたキム副会長にまで乱暴をした。

 これに対し代表チームのソン・ジェグンコーチは「ほかの選手たちも順位に入る実力を持っており、以前のように1人の選手のためにほかの選手が犠牲になるという作戦は立てず、純粋な競争体制にした」とし、「アン・ヒョンスを妨害しろと指示する必要はない」 と憤慨した。
(引用ここまで)

 まぁ、韓国人らしいというべきですかねぇ。
 どんだけ隆盛を誇っても基本的には内乱を優先するっていう民族ですから。
 外患があっても、まずは内乱っていうのは朝鮮半島の基本ですよ。

 秀吉の朝鮮征伐とかでも、こっちはやる気満々なのに正使副使の争いで「侵攻の意思なし」ってことになっちゃってあのざまですからねぇ。


 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ