楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

いつもの韓国人

 相互RSS募集中です

カーリング日韓戦:日本代表がミスショットすると「イエーイ!」と観客から声援……いつもの韓国人ですね

失敗で観客「イエーイ」、敵地でめげず カーリング女子(朝日新聞)
 カーリング日本女子のLS北見が韓国に粘り勝ち、開幕3連勝とした。1点を追う第9エンド、相手スキップが最終投で円心を通過させてしまう痛恨のミス。2点が転がり込んだ日本が、そのまま逃げ切った。会場は韓国の応援団でいっぱいだったが、サードの吉田知は「失敗して『イエーイ』って観客に言われたことがあまりなかったので、逆にすがすがしかった。もう失敗しないぞって思った」。
(引用ここまで)

 まあ、いつもの韓国人。
 以前にも釜山アジア大会のアーチェリーで山本博氏が「韓国選手との対戦では、射る度に携帯電話が鳴り響いた」と言っていましたね。
 結果、山本さんが優勝したというオチがついたのですが。

 カーリングでストーンを押すときではなくて、ミスしたときに沸くというのであれば多少は進化の兆しが見えてきているということなのかな。
 ま、どっちにしてもいやな観客であることに変わりませんけども。

 氷上のチェスとも呼ばれていますが、精神的にはゴルフのそれに近いのです。
 そもそもスコットランド発祥のスポーツでもありますし。
 ゴルフで観客にマナーが求められるように、カーリングでも「失敗して『イエーイ』と観客に言われたことはあまりない」のが当然。
 「パッションチケット」(=席埋め用無料チケット)で入るような観客が大半でしょうから、こうなってもしょうがない。
 そもそも平昌なんかを開催地として選んだIOCの問題でもあります。

韓国で落ちた橋、やっぱり原因はアレだった……なお、1年に1回のペースで落ちてる模様

建設中の橋崩壊、橋脚の手抜き工事が原因か(朝鮮日報)
 26日午後、京畿道平沢市内で建設中の「平沢国際大橋」が崩壊した事故で、崩れた床版(しょうばん)4枚のほかに、床版を支える橋脚5本のうち1本も崩れていたことが分かった。このため、橋脚が手抜き工事だったのではないかとの疑いが浮上している。橋脚と床版のうちどの部分が先に崩れたのか、究明するためにはさらなる調査が必要とみられる。

 工事は、地上であらかじめ床版を製造した後、油圧ジャッキを使って床版を橋脚上に少しずつスライドさせて固定する「押し出し工法(ILM工法・Incremental Launching Method)」が採用されていたが、この作業過程で問題が発生した可能性があるとの見方もある。ILM工法は韓国国内の橋の施工に広く導入されているが、これまでに崩壊事故が発生したことはなかった。ただし、事故が発生した平沢国際大橋のように往復4車線、幅27.7メートル規模の広い橋にこの工法が適用されたケースは初めてだという。
(引用ここまで)

 ……ですよねー。
 橋脚が手抜き工事か、なんらかの原因で脆弱なものであって支えきれなくなってバランスを失って落ちるというのが事故原因としてはありそうかな、とは思っていましたが。
 まあ、韓国の場合は単に手抜き工事ともいえないのですよ。
 韓国の場合、「自分たちがなにを作っているのか理解しないままに作っている」人間が多いのです。

 いつぞやのKTXの専用線でスラブ軌道を作っているときに、なぜか吸水スポンジを枕木コンクリートの中に組み入れたなんてことがありました。
 当然、冬になるとたまった雨水が凍って枕木を破壊するという事故が起きて、数万本単位で入れ替えるという間抜けな出来事になったわけです。
 あれなんか典型なのですけど、自分たちがどういうものを作っているのかを理解せずに作っている。
 防水だか撥水だかの充填剤が必要になったところで、吸水スポンジを仕込んだらどうなるか。
 想像できない。なにを作っているか知らないから。

 なので道路はうねっているし、春になると陥没する。
 作ったばかりの大学の建物でウォーターアクティビティが楽しめてしまう
 階段は均等な高さにならずに最後の数段で帳尻を合わせたりしている。
 仁川銀河レールは手抜きでかつ、この「なにを作っているか理解できていない」の複合型ではないかと考えています。

 そうでなければ、年に1回のペースで橋が落ちたりしないのです。

韓国で建設中の橋がまた崩壊(朝鮮日報)
 韓国では橋りょう建設工事中に床版が崩れる事故が後を絶たない。昨年7月に全羅南道霊光郡向化島と務安郡海際面をつなぐ七山大橋の工事で橋脚と床版の接続部が破損し、床版がシーソーのように傾いて6人が負傷した。

 また、2015年3月には京畿道竜仁市南四−東灘の国家支援地方道23号線に架かる橋の建設現場では、コンクリート作業中に床版スラブが崩れて作業員が十数メートル下に転落、1人が死亡、8人が重軽傷を負った。13年12月には釜山北港大橋と南港大橋を結ぶ接続道路工事現場で幅約4メートルの路肩(非常時道路区間)を作るためコンクリートを流し込んでいた鉄骨製構造物が崩れ、作業員4人が巻き込まれて死亡した。

 同じく13年7月、ソウルオリンピック大路汝矣島出入口と江西区傍花洞を結ぶ接続道路工事現場ではコンクリート製の床版が崩れ、中国人朝鮮族の作業員2人が下敷きになり死亡、1人が重傷を負った。12年には京畿道坡州市内の橋の建設現場でも床版が崩れ、作業員2人が死亡、12人が負傷している。
(引用ここまで)

 もうここまでくると社会構造として落ちているとしか言いようがない。1d20(20面ダイスを1回ふる)で1が出たら崩壊。
 考えてみたらセウォル号の沈没もそれですよね。
 めったなことじゃ船が沈没するような事態は起きない。だから過積載でも固定が適当でも問題なし……という感じだったのでしょう。
 まあ、見る人が見れば必然であったことはすぐに分かるのですけどね。

仁川の月尾島に観光用モノレールを作るよ! → 建造失敗 → レールバイクにしよう → 事業見通しできず → 小型モノレールにするか → また失敗……

月尾銀河レール→レールバイク→モノレール... 残ったのは凶物だけ(聯合ニュース・朝鮮語)
手抜き工事で開通できないまま撤去された仁川月尾銀河レールの後続の事業が混乱を経験し血税浪費の二の舞を演じている。

事業着手後10年間で建設費853億ウォンを含めて、金融費用まで約1千億ウォンの予算を浪費したが、責任を負う人はいない。

月尾島観光活性化のために企画された月尾銀河レール事業は、自由韓国党アン・サンス国会議員が仁川市長だった2008年7月起工式の後、本格的に推進された。 (中略)

月尾島を一周する6.1 kmに渡って橋脚とレールが設置され、4つの駅が新たに建設されるなど、工事は順調に行われているようだった。

しかし、完成目標時期が2009年7月に対して数回延期が重なった2010年6〜8月の試験運行中、車輪破裂事故が続出、到底開通することができない状況に至った。

後に検察の捜査で明らかになった事実だが、政治功績のために絶対に工期が不足している状態で工事を無理に推進したことが手抜き工事につながった。

完成後も数年間放置され、悩みの種と化していた月尾銀河レールは、2013年12月に新しい運命を迎えることになる。

当時のソン・ヨンギル市長率いる仁川市は月尾銀河レールをレールバイクに切り替えることにして、翌年5月には民間企業ガラムスペースを優先交渉対象者に選定した。

バイク型の軌道車両は、電動・手動兼用のキャップを被せる形で、気象条件が非常に良くない場合を除いては、4シーズン運行が可能なように推進された。

しかし、ユ・ジョンボク市長が2014年7月に就任した後、レールバイクの計画は全面白紙化された。

仁川市はレールバイクが天気の影響のために運行の安定性を確保しにくく自転車を漕がなければならない特性上、中高年層の利用率が低下すると見られるとして2014年11月に小型モノレールへの事業転換を定めた。

優先交渉対象者の地位を維持したガラムスペースはレールバイクを放棄し、小型モノレール事業計画を再開した。

月尾銀河レールの車両1編成における定員は70人だったが、モノレールの定員は8人で設計して重量を減らした。

モノレールは仁川駅から出発して、月尾島郊外路線を運行する47分間、窓から月尾島の景色を鑑賞したり、一部の区間ではバーチャルリアリティを楽しむことができるように設計された。

事業施行機関である仁川交通公社、ガラムスペースによる特殊目的法人仁川モノレールは2015年2月に実施協約を締結して2016年8月に完成を約束した。

月尾銀河レールの旧車両・レール撤去作業が昨年末に仕上げされモノレール事業は軌道に乗るかのように見えた

しかし、モノレール事業も現在事実上霧散したのが実情である。

仁川交通公社は、仁川モノレールの資金動員力が落ちて事業を行うことが困難実情とし、最近協約解約を議決した。

仁川モノレールは資金力は十分だと、事業継続の意志を強く示唆しているが、双方間の信頼が崩れた状況で事業推進が正常に再開されるかは非常に不透明である。

問題は、10年間も空回りし続ける月尾銀河レールに代案がないという点である。

民間資本を投入せずに仁川市の財政事業のみでモノレール事業を継続するには、市の財政状況が劣悪である。

また、仁川モノレールと協約を解約すると工事費の支払いをめぐる法的争いが避けられないので、他の民間事業者を見つけることも容易ではない。

既存の橋脚と4つの駅を全て撤去して月尾銀河レール事業を全面白紙化しようとすれ莫大な撤去費用がかかる上に、月尾島の商人からの反発も激しい。

仁川市の内外では、橋脚の上に安全柵やアクリルの透明壁を設置、観光客が桟橋の上を歩いて、海の風景を眺めることができる「スカイウォーク」で造成する案もアイディアとして取り上げられている。

追加費用の負担を最小限に抑えながら、観光資源として活用することができるという利点があるが、たかだか公衆歩道を作成しようとしただけで、1千億ウォンの費用を無駄にしたのかという非難を避けられない。

仁川交通公社が後続対策もなく、民間事業者へと責任をたらい回しする間に銀河レール構造物は、月尾島景観を真剣に損なう凶物から抜け出せずにいる。

仁川平和福祉連帯は最近の声明で、「月尾銀河レール事業が10年目の蛇行を経験しているが、誰も責任を負っていない」とし「血税と行政力を無駄にした責任をとってモノレール事業を決定した交通公社の経営陣と取締役は辞任しろ」と要求した。
(引用ここまで)

 みんな大好き月尾銀河レールの時間だよー。
 記事タイトルの凶物というのは見苦しい姿を見せている遺物……みたいな意味ですかね。

 月尾銀河レールの経緯がざっくりとですが理解できる記事になっているのがありがたいです。
 他にも試運転中の事故はかなりひどい頻度で起きていて、リアルに「ダメだこりゃ」になったのですけども。
 その後、一時期レールバイクにしようという話があったことだけは知っていたのですが、その経緯が分かったのは新たな収穫でした。

 その後、新たな小型モノレールとして生まれ変わる予定という話は既報ですね。
 2両編成定員70名だったものが、最大3両編成で1両あたりの定員を8人とすることで大胆な軽量化に成功したというものでした。
 具体的にいうと、こんな姿になったのです。



 さすがに苦笑するしかなかったですけどね。
 橋脚はそのまま生かして、レールを撤去してこのモノレール用のレールを敷設して2016年8月に「月尾モノレール」として開業予定でした。

 駅の建物なんかはけっこう立派なものなのですよ。詳しくは楽韓Webによるレポートをご覧ください。

 楽韓さん、韓国を行く:月尾銀がレールはこうして廃墟になった

 それなりに立派なものなので撤去にも相当な金額がかかるとされています。
 1月に訪韓した際に見てこようと思って下調べをしたのですが、まだ開業していないということしか分かりませんでした。
 実際には小型モノレール事業も破綻していたそうです。

 なんというか、案の定……って感じです。さすが仁川市。ありがとう仁川市。いつもネタを供給してくれて。
 そういえば仁川フューチャーシティも名称が「仁川スマートシティ」になってから以降の話をとんと耳にしないのですが、どこに行ってしまったのでしょうね。

廃墟本 THE RUINS BOOK
中田薫 / 中筋純
ミリオン出版
2016/2/22

韓国政府「イランから5兆円の事業受注したった!」 → 結果……

韓経:韓国の5兆円イランプロジェクト、「蜃気楼」で終わるのか(中央日報)
今年5月の韓国・イラン首脳会談後に青瓦台(チョンワデ、大統領府)が明らかにした50兆ウォン(約5兆円)規模のイランインフラ事業の受注は大半が誇張であることが分かった。青瓦台は当時、30件のプロジェクトが受注可能圏にあり、派生事業まで含めれば予想受注額は過去最大の456億ドル(約52兆円)でのぼると伝えた。

8日の国土交通部と建設業界によると、イランプロジェクト30件のうち最大規模のイスファハン−アワズ鉄道事業(53億ドル)は7カ月経過した現在、最も初期段階の妥当性調査をしていることが確認された。主要条件に合意して仮契約を結び、本契約を控えているという当時の発表と大きな差がある。受注の可能性を予断しにくい段階という説明だ。

本契約(GA)を締結したと発表された事業費27億ドル規模のペヘシトアバドダムおよび導水路事業も仮契約状態という。確認された事業予想金額も10億ドルに減った。

国土部の関係者は「イランプロジェクトはEPCF方式であり、イラン内部状況による変数が多い」とし「進行されるとしても事業性があるのか疑問」と話した。EPCFとは韓国が貸出・保証などを通じて発注先に工事費を与え、今後利子を付けて返済を受ける方式をいう。

今年の海外建設受注額はこの日現在234億ドルと、2006年(164億ドル)以来10年ぶりの最低水準となる見込みだ。
(引用ここまで)

 イランから帰国してきた当時のパク・クネはメディアからも韓国人からも絶賛の嵐を受けていたものでした。
 「さすが外交大統領!」というような声ばかりでしたね。
 なにしろ韓国の経済規模で5兆円のプロジェクトが成立したとなれば、日本では15〜20兆円に相当するわけです。
 東京−名古屋間のリニア新幹線ですら5兆円ちょっと。
 大国家事業といっても過言ではないものを決めてきた。そりゃまあ、褒め称えられますわな。

 当時から「法的拘束力のあるMOU(了解覚書)を結んだ」だの「すでに仮契約は済ませた」だの語られていました。
 でもまぁ、実際にはMOUすら結んでいないという状態だったのですが。
 今回の記事はその確認、ですかね。
 「27億ドルの本契約を結んできた」とされたダム事業は、実際には仮契約でどうなるかは不明。
 総事業予想金額も10億ドル。

 韓国ではいつものことなのですけどね。
 包み紙だけは常に派手で見栄えがするお土産を持ってくるのだけども、中味はとてつもなくしょぼい。
 思えばスマトラ沖地震の義援金なんかもそうでしたね。常に言葉だけは大きい。
 でも、実がともなっていないのですよ。

「続ける」習慣
古川武士
日本実業出版社
2010/11/20

平昌オリンピック開会式のメイン演出家がいきなり辞任……原因はいつものアレ

[取材ファイル] [単独]平昌五輪の開会式の演出家電撃辞退(SBS/朝鮮語)
2018平昌冬季オリンピックまで1年5ヶ月になってから開会及び閉会式演出家のチョン・クホ氏が電撃辞任を宣言して衝撃を与えています。チョン・クホ氏の辞任の背景には、ソン・スンファン総監督との不協和音が最大の要因であることが明らかになりました。これにより、全世界に大韓民国と江原道平昌を知らせる開会式と閉会式が正常に行われるか、大きな懸念を生み出しています。平昌組織委員会の内幕をよく知っている関係者A氏がSBSとの通話で明らかにした顛末は次のとおりです。

平昌冬季オリンピック組織委員会は、2015年7月「ナンタ公演」企画者であり、TVタレントとしてよく知られているソン・スンファン氏総監督に選任した。ところが、彼は国際大会や大規模な公演を実際に演出した経験が不足していた。そのため文化体育観光部が有名なファッションデザイナーの出身であるチョン・クホFILAコリア副社長を開会及び閉会式の演出家として推薦した。チョン・クホ氏が国立舞踊団の公演である「饗宴」を使用して、優れた演出力を誇示したためである。以後ソン・スンファン総監督の企画案を文体部が好ましく思わないのに対しチョン・クホ氏の企画案は、大好評を受けた。最終的には調整した結果、チョン・クホ氏の案が80%、ソン・スンファン氏のアイデアが20%程度採択された。開会式の公演は全10種類で決定されたが、このうち8つがチョン・クホ氏のアイデアである。

ソン・スンファン総監督とチョン・クホ演出家は完成されたシナリオを持って今月初め、大統領府を訪問してパク・クネ大統領に報告した後、裁可まで受けています。問題はその直後からはじまりました。チョン・クホ氏は平昌組織委員会に正式契約を要求しました。

しかし、組織委員会は、チョン・クホ氏がいろいろとすることが多く、開会式と閉会式の演出を担当して行うことができるか分からないという理由で中断忌避し、契約を延期したとします。チョン・クホ氏を除く他の芸術監督とはすべて契約を結んでおり、これらの多くはチョン・クホ氏のように他の仕事を持っている人たちでした。

その結果、チョン・クホ氏は7ヶ月間組織委から一銭も受けずに自分のお金を使いながら無料サービスをしたということです。

関係者A氏は「チョン・クホ氏は平昌組織委員会が特に自分だけ不公平に接する背景にソン・スンファン総監督がいると信じている」としながら、二人の葛藤の原因についてこう述べました。

「ソン・スンファン総監督が、元の1年半前にチョン・クホ氏を美術監督として使おうとしたがチョン・クホ氏が拒否して失敗に終わった。ところが、文体部の推薦で演出家がされ主導権争い、簡単に言うと「パワーゲーム」が生じたのだ。開 - 閉会式を眺める二人のコンセプトが、基本的に他のことも摩擦の要因となった。ソン・スンファン氏は、小学生も面白く見ることができる開 - 閉会式を構想したのに対し、チョン・クホ氏は韓国の伝統と文化のよさをしっかりと示すことができることに焦点を合わせた。

最近チョン・クホ氏は、自分のアイデアを使わずに、演出陣名簿から自分の名前を抜いてもらう公式要請しました。ソン・スンファン総監督が指揮する開 - 閉会式に自分の名前を入れてないことを意味でした。しかし、物理的な時間が非常に不足するため、企画案を今になって置換は容易ではない。平昌組織委員会は、すでに確定された開 - 閉会式構成案をもとに、公演代理店の選定に出ました。

これと関連しソン・スンファン総監督は「すでに構成案が出てきた公演代理店選定のための入札に入る。 9月21日に代理店が具体的なディテールを持って出てプレゼンテーションをする。最も優れたディテールを持って出てきた代理店をひとつ選ぶ。平昌組織委員会の監督団が用意した構成案と代理店が用意したディテールな演出を調整して最終的なシナリオを来年2月末までに国際オリンピック委員会(IOC)に報告する。平昌オリンピック開会式と閉会式では、東洋の美を最大限にお見せするつもり。 2020年に東京オリンピック、2022年には北京オリンピックが開催されることを考慮して、日本、中国とは差別化された韓国の美しさを世界で現代的な感覚で演出だろう」と言いました。

ソン・スンファン総監督はチョン・クホ氏との対立について、「特別なことはない。組織委員会のチョン・クホ氏と一緒に働いてきたが、彼は身を引くという言葉はまだ聞いていない。葛藤の要因がないのに葛藤説がなぜ出るのかは、私も分からない」と完全否定しました。

チョン・クホ氏の辞任は、平昌冬季オリンピックの開 - 閉会式に否定的な影響を与えること間違いありません。元の企画案を主導した当事者が代理店と一緒に、実際の公演を推進して指揮しなければ、自分のアイデアを100%実現することができないからです。

リオオリンピック開会式と閉会式は非常に少ない予算でも、世界の人々を感動させました。平昌冬季オリンピック開・閉会式の予算は1,000億ウォンが超えるが、内部分裂のために成功した演出を保証することはできない危機に置かれました。
(引用ここまで)

 またいつものように内紛。
 まんま豊臣秀吉の元に「戦争の用意はあるか否か」を確かめにきた朝鮮通信使の正使と副使が、政争の具として報告を扱ったのと同じですね。
 単純に演出家VS.演出家だけではなく、平昌五輪組織委と韓国政府(文体部)の対立でもあるのですよ。

 主導権をどちらが取るのか。成功したときの称賛は誰が受けるべきなのか。失敗したときの責任配分はどうなるのか。
 そういった複数の要因が入り混じりながら、負の部分は相手側に正の部分は自分側に引き込もうとしているのです。
 まあ、そういった内部抗争はどこでもあることですが、韓国ではその度が過ぎているのです。
 常に過剰なのですよね。

 先日のエントリでも進捗率は14%とされていてオリンピックプラザ(開閉会式場)はいまだに本格着工に至っていませんが、これも平昌五輪組織委と韓国政府の費用負担比率の争いだったりします。こっちも後ほどエントリ予定。

 これで実際に開閉会式がどうなるかは分かりませんが、演出家がいない演出になるのは間違いないところ。
 そもそも、こういうもので2人体制なんてうまく行くわけがないのですよ。
 芸術家なんて我が強い連中ばっかりなんですから。
 しかし、韓国では著名な人間を7ヶ月もの間、手弁当で働かせるとか……上も下も「情熱ワーク」(情熱ペイ)ですか。


韓国で宅配ピザチェーンの会長が「特別扱いをしなかった」とビルの警備員に暴行……普通の韓国人ですよね?

宅配ピザチェーン会長、ビル警備員に立腹し暴行(朝鮮日報)
 ソウル西大門警察署は3日、ビルの警備員に暴行を加えた容疑で、韓国2位の宅配ピザチェーン「ミスターピザ」を運営するMPK(Mr. Pizza Korea)グループのチョン・ウヒョン会長(68)に対し捜査を行っていると発表した。

 警察によると、チョン会長は今月2日午後10時ごろ、MPKグループがソウル市西大門区に新たにオープンした飲食店で食事を終え、出ようとしたところ、ビルの警備員(59)がビルの入り口のシャッターを閉めているのに気付いた。チョン会長は飲食店の従業員を通じ、警備員に「中に人がいるからシャッターを下ろさないように」と指示し、シャッターが開いた後、警備員を呼び出した。

 警備員はチョン会長に「ビルの中に人がいるとは知らなかった。申し訳ない」と陳謝したが、チョン会長は「私が中にいるのに、入り口を施錠するのか」と言いながら、警備員を押すなど暴行を加えたという。チョン会長は警備員に暴行した後ビルの外へ出て、その後警備員から話を聞いた同僚が警察に通報した。

 警備員は警察の事情聴取に対し「午後10時になったら、ビルの中に人がいても、正面入り口は施錠するのが原則となっているので、特に確認せずシャッターを閉めただけだ。いつも通りの業務をしただけなのに、頬を殴られるなど、侮辱的な暴行を受けた」と話した。一方、MPKグループの関係者は本紙の電話取材に対し「(チョン会長は)手を上げたが、周りの人がすぐに止めた。警備員とはもみ合い程度で済んだ。警察の取り調べを受けるほど大げさなことではないと思う」と語った。

 警察は「近日中にチョン会長を呼び出し、取り調べを行う予定だ」と話した。チョン会長は「警備員を呼んだのに10分近くも来なかったため、顔が合ってすぐ口論になり、その際に肩をつかんだのは認めるが、こぶしで殴打したり、頬を平手打ちしたりしたというのは事実ではない。事実関係はともかく、誤解を招く行動によって社会的に物議を醸したことはお詫びする」と語った。
(引用ここまで)

 韓国で業界2位の宅配ピザチェーンの会長が「自分がまだビルにいるにも関わらず、シャッターを閉めようとした」としてビル警備員に対して暴行。
 ふむ、文明人としては理解不可能ですが。
 韓国人の所行であれば充分にありえる行動ですね。
 当然すぎるというか、むしろそうでないほうが不思議です。
 そうでない場合なら記事になってもいいと思いますが、むしろなんでこんな当たり前の行動を報道しているんだろうという気持ちにすらなりますね。

 この人物は韓国で宅配ピザチェーンの業界2位会社を立ち上げた会長であると。
 多分に特別な人物なのですよ。
 どのくらい特別かといったら、時代が時代であれば貴族と同じ。いわば両班です。
 その両班たる人間が存在しているにも関わらず、ビルの警備員ごときがいつもと同じ行動を取っているのです。
 もちろん、彼はそういった両班がいることを理解していつもとは異なる特別扱いをすべきだったのですよ。
 両班様が出るまで勝手口を使わせるようなことなく、気持ちよく帰れるような心遣いが必要だったのです。

 それをこともあろうにシャッターを下げて、他の一般人と同じように帰れというわけです。
 そりゃまあ、両班である会長としたら激怒して当然でしょう。
 ボディガードを引き連れて足腰立たなくなるまで暴行されてもなんの不思議はなかったのに、押し問答だけで終わらせたなんてすごいですよ。

 ナッツ姫その父であれば、その場で殺すくらいしていたかもしれませんね。
 ビルやマンションの警備員なんてそんなくらいの存在なのですよ。
 韓国では。
 再度言いますが、韓国においてはなんら不思議な部分はないニュースですね。
 「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」なんていう日本の美徳は通用しないのです。
 現代の両班である彼らにとっては当然すぎる所行ですね。
 文明人である、という理解をするから間違うのですよ。
 「韓国」というフィルターを通すのであれば、当然なのです。
 彼らの言うところの「文化の違い」ですね。


韓国「消防服が検査なしで納入された」 → 政府「性能に問題ないんでそのまま着用しろ」 → 消防士「水は吸うし、凍りつくし……どうにかしてくれ!」

[独占]今度は「水を吸う消防服」論議...消防士安全の脅威(JTBC/朝鮮語)
[アンカー]
消防士が着る防火服を適切に検査していなくて問題になった防火服不良検査議論。たぶん覚えてことでしょう。国民安全処は問題となった防火服約2万着に再検査をして、一線に普及しましたが。今回の検査もやはり不良のままでした。最前線に立っている消防士は「水を吸い込む消防服」としながら不快感を訴えています。これは不便であるというだけではなく、実際には消防士らの生命と直結する問題でもあります。
ガンシンフ記者が単独報道していただきます。

[記者]
国民安全処が「何の問題もないので既存の防火服を着用するように」との決定を下したのが昨年4月でした。
shoubou0
「未検査の疑いのある特殊防護服をそのまま着用すると決定」

ところが消防士たちは、この防火服に重大な欠陥があると口を揃えます。

イ・ジョンイル/ソウル麻浦消防署鎮圧隊長:「撥水性が落ちた消防服は現場での作業中に吸水してしまうのです。氷点下の寒さでその水が凍ってしまい、重さも増えてしまうというジレンマが……」

大田地域の消防士:「長時間活動していると安全装備のささいな重さも非常な重さに感じるのです。水が染みこんでくると疲れで話すこともできず、すぐに肌に触れてしまいます」

消火時には放水を続けなければならず、消防服にとっては防水機能も防炎機能に劣らず重要な要素です。
実際に、現在の消防防火服の性能がどのていどのものなのか、直接着用して水をかけてみました。
ただでさえ装備が重い上に消防服が水まで含んでしまい、より力が必要になります。重量がどのくらい増えたのか検証してみましょう。

shoubou1

10分間、水を流しながら鎮圧状況を再現したところ、消防服の重量が1.8kgが増えました。

冬季にはさらに問題が深刻になります。取材陣が冷凍倉庫で実験を試みました。
氷点下15度の冷凍庫に15分ほど水を吸った消防服を使ってみました。凍りついてしまい、まともに動くことができません。

shoubou2

繊維研究機関関係者:「1.8kgほど重量が増加した場合、大量の水を吸収しているとみてよいでしょう。氷が凍るほどであれば耐水、撥水機能は機能していないと見てよさそうです」

過去5年間の火災を鎮圧である負傷した消防士は362人です。
不十分な消防防火服が消防士の安全を脅かしています。
(引用ここまで)

 去年の2月にいつものようにいつものごとく、防火性能の検査を省略した消防服が納入されたという事件がありまして。

いつもの韓国シリーズ:今度は不正認証された消防服5300着を消防署に供給で大混乱

 検査されていなかったものは5300着だったのですが、それが既存のものに混ざってしまって2万着が使えるんだか使えないんだか分からない状況になっていたのですね。
 実に韓国らしい事件だったのですが。

 その後、「どうやら検査されなかっただけで問題ないのでそのまま着用」という結論になったそうですよ。
 すごいですね。
 日本だったら経緯はどうであれ全量廃棄は間違いないと思いますが。
 このあたりで韓国のダイナミックさが象徴されているんじゃないかと思います。別の言葉で言うのであればケンチャナヨですけどね。 

 んで、その消防服を改めて装備したところ水は吸い込むは、凍りつくはで使い物にならないと。
 検査もしてない、性能は悪いと。
 おそらく要求性能はちゃんとしたものであったと思うのですよ。撥水性があり、零下○度でも凍らない……というような形で。
 でもって試作品はその要求性能を満たしているものだったのでしょうね。

 でも、量産品は見ての通り。
 試作品と量産品のクオリティの差は、そのまま製造費の差になるわけで。
 どこかで誰かがその差額を入手しているのでしょう。ま、いつもの韓国の風景です。

韓国人による恥韓論 韓国人による恥韓論シリーズ (扶桑社BOOKS新書)

旧正月に韓国を訪れた中国人観光客が徹底的にぼったくられた結果→

のり巻き1本1万ウォン...ユーカーの怒り(朝鮮日報/韓国語)
かつて春節連休に韓国を訪問した中国人チェンモ(25)氏は、ソウル東大門の屋台でのり巻き1本を1万ウォンで買った。ぼったくりであることを知りながら、争うことが嫌で帰国した彼は最近、ウェイポー(微博・中国版ツイッター)の記事で「屋台の主人は、私が中国人ということを知っては価格を上げて要求した。再び韓国に行きたくない」と書いた。

今年の旧正月連休、韓国は中国人観光客数を日本に逆転された。中国最大のオンライン旅行代理店のシートリップ(Ctrip)によると、今年春節期間、海外旅行先として中国人600万人が最も多く訪れた国はタイ、日本、韓国の順だった。昨年は韓国が日本の上となる2位だった。中国人観光客のための各種不法行為は、彼らの再訪問率を下げ、他の国に向かわせる主な要因として挙げられる。しかし、今年の旧正月連休にも、このような不法行為が減少どころか急増した。

警察庁は15日、「チュンジェ期間を含めて、1日から14日まで、外国人を相手にした「偽物」の商品販売、無登録宿泊施設運営、タクシー・コルバン不法営業などの不法行為414件を摘発して104人を立件した」と明らかにした。これは昨年チュンジェ期間外国人観光客対象不法行為の取り締まり件数(149件)よりも177%増加した数値だ。特に偽物(偽造商品)販売価格未表示などのショッピング関連の件数が178件で最も多かった。続いて無登録宿泊施設の運営などは84件、タクシー・コールバン不法運営は22件であった。

ソウル地方警察庁観光警察隊は、「ゲイリーソン9コンプレックスまゆクリーム」などの偽化粧品2万(10億ウォン相当)を作成しソウル明洞・弘大一帯で中国人に販売した疑いでA(41)氏など6人を立件し、売れ残った偽の化粧品4400点以上を押収した。偽物は本物を真似たが美白効果に欠かせない成分が入っていないことが分かった。また、警察は明洞で中国人など外国人観光客に偽ブランド品の財布やバッグなどを販売してきた販売店B(34)氏立件した。Bは、本物であれば数百万ウォンに達するルイヴィトンのバッグの偽物を9万ウォンに売った。警察関係者は「中国観光客の再訪問率が20%に過ぎない背景には、韓国商人たちのこのような不法行為のせいが大きい」と指摘した。

昨年韓国を訪れた中国人観光客は598万4000人余りで、前年比2.3%減少した。一方、日本を訪れた中国人は499万4000人余りで、歴代最高を記録した。MERSの余波で韓国行きをキャンセルした中国人が多かったのに対し円安で日本の買い物客が増え、両国を訪れる中国人観光客の差が大きく減ったのだ。

今回の春節連休にもその傾向のままで日本を訪れた中国人観光客が韓国を上回った。観光業界は偽物販売やぼったくり販売といった観光客を相手にした商人の不法行為もこのような傾向の変化の主要因のひとつとして見ている。ソウル東大門の商人キム某(37)氏は、「景気低迷で韓国人相手商売がうまくいかなかった一部のトレーダーが中国人観光客にぼったくりをして埋め合わせようとしている」と述べた。韓国観光公社によると、昨年、外国人観光客の全体苦情(1154件)のショッピング関連の届出が320件で最も多かった。このうちふっかけ料金と不親切関連の届出が全体の67.8%を占めた。
(引用ここまで)

 安定していますね。
 韓国海苔巻き1本1万ウォン。まあ、日本でいったら1000円の感覚。
 値段的には「ちょっとだけいいランチ」ってところでしょうか。
 恵方巻きでやたらと海鮮を使った高いものでもなかなか1000円は見つかりません。
 記事にある「韓国での1本1万ウォン」の海苔巻きがどんなものかは画像等ありませんけども、フツーのものなのでしょうね。

 検挙数はすでに去年と比べて177%。
 しかも、これってまだ春節が終わっていない段階での数字ですから。
 去年の数字は春節期間のもの。
 全体の数字を取ったらどうなるんでしょうかね。
 以前から「ぼったくり」というのは持たざるものからの均衡の働きかけだという話をしていますが。
 だからといって、ぼったくられていい気分になるわけがないのですよ。

 検挙件数がこれだけあったといっても、こんなものは氷山の一角そのもの。
 実際のぼったくりはもっとあったでしょうし、「食堂の外国人料金」ていどであればさらにあったでしょう。
 ついでに言うのであれば、観光客が不快に感じることは数え切れないほどにあったでしょうね。

 でもまぁ、そうやってぼったくりまくってきて「日本に中国人観光客を奪われる」という結果を出せたのだからよいんじゃないですかね。
 それでもやめられないというのが実際でしょうね。
 どこまで行っても貧民層が厚く存在しているし、民度も上がらないのでしょうがないのですよ。
 もう、石油王とかのレベルの富裕層に向けて「あえてぼったくりを楽しむ」とか「民度の低い連中の顔を見に行く」っていうようなツアーを作るしかないんじゃないですかね(笑)。


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ