楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

イグノーベル賞

 相互RSS募集中です

韓国人へ、ノーベル賞よりもイグノーベル賞のすすめ

【コラム】勇敢に理系に進んだところでノーベル賞も就職も解決するのか=韓国(中央日報)
今年も科学部門のノーベル賞の主人公は韓国ではなく日本だった。オートファジー(自食作用)研究に取り組んできた大隅良典東京工業大名誉教授が3日、医学生理学賞を受賞した。韓国メディアは羨望と嘆きを繰り返した。「誰も研究しない分野を開拓するのが楽しい」。多くの記事を読みながら目についた大隅教授の言葉だ。

文系の人気が高かった韓国も雰囲気が変わっている。「文系ですみません」という言葉はすでに陳腐な表現になった。就職しやすく大学入試に有利だという理由で高校から理系の選択が急増している。ソウル江南区(カンナムグ)のある高校は全校の上位100人のうち87人が理系を選択したという。数学・科学が怖いうえ理工系は出世が難しかった雰囲気のために文系を選んだ生徒が、工学部・医学部に行くと「勇気」を出しているのだ。

この子たちが成長すれば韓国も「第2の大隅」を輩出できるのだろうか。私立大の工学部にいる親せきは最近、公務員試験を準備中だ。「周囲には5級、7級公務員試験の準備をする友人が多い。研究室に残りたくても給料が少ないうえ、教授も高圧的なので、あきらめるケースが多い」とした。企業への就職も容易でない。大学院卒が自己紹介書に最終学歴を学部卒に下げて書いたりもする。大学院卒には月給を多く出さなければいけないという会社側の負担を考慮した苦肉の策だ。

獣医学部を卒業した弟も政府部処の公務員として勤務している。動物が好きで獣医師に向かった進路は卒業が近づくと急旋回した。「免許」を受ける専門職をあきらめた理由は安定した未来だった。弟の友人も不安感のため行政考試、立法考試に向かうケースが多い。弟は「文系では厳しいと脅しながら無理に理工系に向かわせるのではなく、確実なニンジンを約束して自然に人が集まるようにするべきだ」と語った。

我々は文系を出ようと理系をを出ようと答えはほぼ決まっている。「文系→公務員」の公式が「文・理系→公務員」に少し変わっただけだ。政府も変わらない。12日には政府外郭団体の研究機関が最下等級評価を受ければ機関長の成果年俸が「0」という記事が出た。実績が出なければ上から責任を問うという一種の「警告状」だ。工学部の院卒の友人は「政府から期間内に成果を出せと言われるが、百年の計があるのか」と不平をもらした。

昨年、青年の失業に関して「中東に行こう」という大統領の発言で騒々しくなった。最近の「理系に行こう」という言葉も同じだ。文系の人が理系に行く勇気さえあればノーベル賞も就職も解決するのだろうか。文系の兄に理系の弟がカカオトークでメッセージを送ってきた。「何をしても生きていくのは同じように難しい」。
(引用ここまで)


画像は「金大中ノーベル平和賞記念館のもの。

 今年も国会議員による監査がはじまってますが、未来創造科学部長官に向かって「またノーベル賞が取れなかった。喪服を着てこい!」ってヤツはやらないんでしょうかね。
 あれすごい面白かったので、毎年やればいいと思うのですが。ちょうど監査の時期とノーベルウィークが重なるのですよね。

 ま、それはともかく。
 要するに理系であろうとなんだろうと就職のためだけなのだ、ということですね。韓国の現状として。
 研究室に残りたくても教授が独裁者のように振る舞うし、そもそも食っていけない。
 それは韓国だけでもないような……。ただ、さすがにウンコ食わせようとする教授はいないと思いますけどね。

 日本でも「いまのノーベル賞は20年前の研究結果で、今の研究環境じゃノーベル賞は無理」みたいな話もありますし、実際にそうなのかもしれませんが。まあ、それは20〜30年経過してみないと分からない話。
 ただ、日本人研究者が13年連続でイグ・ノーベル賞を受賞していることは特筆に値すると思うのですよね。
 オリジナルの研究をして、論文という結果を出すことができる人物がこれだけいる。

 で、韓国人のイグ・ノーベル賞受賞者も存在するのですが。まあ、3人なので列挙してみますか。

・1999年 環境保護賞
 自ら香りを出すビジネススーツの発明に対して
・2000年 経済学賞
 統一協会の文鮮明へ、効率と安定成長を集団結婚産業に持ちこんだことに対して
2011年 数学賞
 世界が終わると予言したことによって、世界に数学的仮定や計算を行う際には慎重になるべきであることを教えたことに対して

 要するに論文への評価ではなく、イグノーベル賞のもうひとつの側面である皮肉の部分での受賞しかない。というかこっちの分野で3件も受賞してしまっている。
 イグノーベル賞を論文で受賞できるようになれば、様相が少し変わるのかもしれませんよ。

イグノーベル賞2回受賞の教授による著作
 粘菌 その驚くべき知性 (PHPサイエンス・ワールド新書)
中垣俊之
PHP研究所
2010/4/21

韓国人が3人目のイグノーベル賞受賞者を輩出! 今度も論文ではなく行動で受賞!

Winners of the Ig Nobel Prize 2011(IMPROBABLE RESEARCH)

 これまで韓国人は統一協会の金集めの手法や臭いの出るスーツでイグノーベル賞を受賞してきたのですが、さらにその系統のイグノーベル賞受賞者が増えてしまいました。
 他の5人との共同受賞ですが、韓国人のLee Jang Rim(李長林)という人物がイグノーベル数学賞を受賞しました。
 受賞理由は「1992年に世界が終わると予言したことによって、世界に数学的仮定や計算を行う際には慎重になるべきであることを教えた」ということだそうです。

 そういえばうっすらとですが1992年に終末を迎えるという予言がどうこうという事件が韓国であったことを覚えています。というわけでちょっと調べたのですが、CSIコップに詳細がありました

 李長林は1992年の10月28日に世界は終末を迎え、選ばれた人間のみが天国に向かうというような予言をしたと。
 んで、その信者2000人がその予言を受けて職を辞めたりなんだりいつもの韓国的しっちゃかめっちゃかがあったという事件だったそうです。
 一応、プロテスタントの教会のトップだったようですね。

 その後、詐欺の罪で2年間服役したとのこと。
 李長林は440万ドルを捨て鉢になった信者から借りて、1993年に満期になる債券に投資していたそうですよ。笑い話になるレベルだな。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ