楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

イ・スンヨプ

 相互RSS募集中です

アジアシリーズ:サムスンライオンズ、豪代表のキャンベラ相手に準決勝敗退

キャンベラ延長戦制す! 豪州勢初の決勝進出/アジアS(サンスポ)

 あらま。
 今年はアジアシリーズが台湾で開催されていまして。
 開催地が台湾ということで中国が参加しないので、オーストラリアとイタリアからリーグ優勝チームが招聘されているのですよ。
 で、台湾の前期優勝チームも参加して計6チーム。2組に分かれて、上位2チームが準決勝進出というシステムです。

 当然、イタリアとオーストラリアがお豆扱いになるのかなと思っていたら、オーストラリア代表のキャンベラは楽天ともいい試合をして、さらに台湾の前期優勝チームであるライノスを破って準決勝進出。
 さらにサムスンライオンズを破って決勝進出です。

 オーストラリアはメジャーにもそこそこ人材を出していますし、あなどれない相手ではあると思っていましたが。
 これはサムスンライオンズの不甲斐なさを糾弾すべきなんでしょうね。 
 野球という競技が広まっているという言い方もできると思うけど、それにしてもなー。

実況パワフルプロ野球2013
コナミデジタルエンタテインメント
2013-10-24

 

イ・スンヨプ、パク・チャンホは韓国野球界の2枚看板!

野球:「10番目の球団」創設、ファンの8割超が賛成(朝鮮日報)
>「プロ野球界最高の人気スター」については、ハンファの朴賛浩(パク・チャンホ)が12.6%で1位、次いでサムスンのイ・スンヨプ(11.1%)、ロッテのカン・ミンホ(5.4%)の順だった。
(引用ここまで)

 パク・チャンホとイ・スンヨプというのは韓国における2枚看板なのですねぇ。
 日本でいうならイチロー、松井、松坂、ダルビッシュクラス……って感じでしょうか。
 ちなみにイ・スンヨプの成績ですが今日の時点で打率.332/53打点/15本塁打。韓国もだいたいシーズンが半分終わったところ。
 以前に怪我さえなければ.320/110打点/42本塁打と予想しましたが、本塁打以外は達成できそうですかね。
 本拠地から5メートルのラッキーゾーンが撤去されていたのを忘れていました。

 あ、首題の第10球団の設立はロッテ、サムスンあたりが反対して保留になっているそうですよ。

日本から韓国球界に行ったパク・チャンホ、イ・スンヨプ、キム・テギュンが大活躍!

<野球>朴賛浩、韓国初舞台で初勝利(中央日報)
> 朴賛浩の成績は6イニング1/3で4安打・2失点・5奪三振となった。 ハンファは朴賛浩の好投などで斗山を8−2で降し、今季初勝利をマークした。
(引用ここまで)

 あのパク・チャンホが6回1/3を被安打4、自責点2、奪三振5、与四球2で勝利投手。
 WHIP(1回における出塁者数)が0.95、防御率2.84。
 ふーむ。

 ちなみに韓国リーグは今日までで7戦が終了していますが、イ・スンヨプの打撃成績は──
 打率.346 打点5 本塁打0 四球6 三振2 出塁率.469 長打率.538 OPS1.007

 あのキム・テギュンの打撃成績は──
 打率.462 打点7 本塁打0 四球2 三振3 出塁率.483 長打率.577 OPS1.060

 ホームランこそ出ていませんが、ふたり揃ってOPSが1.000超え。  ふたりとも水に慣れている韓国球界に戻って生き生きと打っているさまが目に浮かぶようです。
 あ、でもそうするとこれまで韓国球界で1度も投げたことのないパク・チャンホが好投できた理由がないな……。
 えーっとえーと……。
 た、食べ物があっていたのかな?

 韓国で2度の三冠王になっているイ・デホの成績は……書くまでもないので、こちらを参照してください。

韓国でオープン戦が終了。イ・スンヨプ、キム・テギュン共に打率4割を突破する大活躍

 韓国のオープン戦が今日終了しました。
 んで、気になる(ならない?)出戻り組の成績でも書いてみようかなと。
  • イ・スンヨプ(Web魚拓) 打率.429 7打点 2本塁打 出塁率.457 長打率.643 OPS1.099
  • キム・テギュン(Web魚拓) 打率.400 8打点 2本塁打 出塁率.483 長打率.760 OPS1.243

 キム・テギュンは規定打席未達ですが、OPSが去年のロッテでの成績(.663)のほぼ倍。
 イ・スンヨプはオープン戦で規定打席に到達した選手中、2人のみとなる4割打者のひとり。こちらも打率(.201)、OPS(.622)ともにほぼ去年の倍。
 もちろん、オープン戦なので若手との対戦なんかもあったとは思いますが、それにしてもこの躍動ぶり。
 韓国での「落ちる球がない」「インハイを攻められない」という環境は本当に楽なのでしょうね。

 それにしても打率4割なぁ……。

オープン戦:イ・デホは日本で打率.250、イ・スンヨプは韓国で打率.464

<野球>李大浩「オープン戦不振? シーズンに実力発揮する」(1) - (中央日報)
<野球>李大浩「オープン戦不振? シーズンに実力発揮する」(2) - (中央日報)


 イ・デホのオープン戦終了時成績が、12試合、打率.250でホームランゼロ、3打点。
 韓国では2010年に44本のホームランを打ちましたが、それ以外のシーズンでは30本に到達したことがゼロ。
 韓国で所属していたロッテ・ジャイアンツのフランチャイズであるサジク球場は両翼95m、センター118mの小型球場。
 パ・リーグのフランチャイズは最小でも両翼99.5m、センター120mの日本の球場+統一球に対応できるかどうか。
 あと韓国にはない縦の変化球と、儒教的に攻められないインハイに対応できるのか。
 雨の日にすっぽ抜けた藤川のフォークボールは打っていましたが。
 キム・テギュンと同じ末路にならないといいですね。

 んで、韓国に帰ったイ・スンヨプは7試合に出場して打率.464、1本塁打、4打点。出塁率に至っては.500。
 韓国は4月1日までオープン戦が続くので、まだ半分ていどしか消化していませんが。

 とりあえずイ・デホに関してはデータ収集の段階だとは思いますが、なんともなぁ……。

イ・スンヨプ、韓国球界復帰に向けてインタビュー「日本ではチャンスをもらったのに活かせなかった」

インタビュー:イ・スンヨプ、韓国復帰への思い語る(朝鮮日報)

 イ・スンヨプのいいところが出ているインタビュー。
 「チームがチャンスを与えてくれた時、自分自身がそれを生かすことができなかったのです」って言えるところは野球選手の厳しさをちゃんと知っているとでもいうか。
 「野球が面白くない」とか「日本の選手たちの態度は本当にひどい。表向きはよくしてくれるが心を開かない」とか、自分が通用しなかった言い訳をするよりよっぽどいい。
 それでも「日本のコーチの従ったんで自分のスタイルを見失った」とかも言っていますけどね。それでも主体が「見失ってしまった」という自分の責任を認めていますし。
 イ・ジョンボムやイ・ボムホやイ・ビョンギュのように韓国で大活躍してほしいですね。

Web魚拓:1 / 2 / 3

イ・スンヨプ、韓国での通算本塁打記録に挑戦……ってもう超えてんじゃん?

野球:イ・スンヨプ、韓国で再び新記録に挑む(朝鮮日報)
>  2003年にサムスンで本塁打56本、アジアのシーズン最多本塁打記録を立てたイ・スンヨプが新たな挑戦を行う。「この8年間、韓国の野球選手たちの実 力は以前と比べものにならないほど向上したし、勝負欲や情熱も高まっている。各チームの優れた投手と早く勝負したい」と熱く語った。

 そして「韓国野球界に復帰したら、あと27本の通算本塁打記録に挑戦したい」とも。イ・スンヨプが95年から03年までの9年間に韓国で放った本塁打数 は324本。通算本塁打1位のヤン・ジュンヒョク(引退、351本)まで27本と迫っている。イ・スンヨプが9年の間に韓国で見せた実力を、今後5年間で 着実に発揮すれば、本塁打だけでなく最多安打・2塁打・塁打・得点・打点記録も狙える。同部門の1位は10年のシーズン終了後に引退したヤン・ジュンヒョ クだ。
(引用ここまで)

 うん、故障さえなければサムスンライオンズのテグ市民球場なら60本は行けるんじゃないかな。ラッキーゾーンがなくなったといえども、あのミニミニ球場なら。
 というか、あのイ・ボムホとイ・ビョンギュが帰国してからでも活躍できるKBOだったら。
 というか、韓国と日本の合算でいいじゃん?
 どう見たって日本でのホームラン1本は韓国での2本弱くらいの価値はありますよね(笑)。

イ・スンヨプ、退団会見。印象深いのはロッテでの初年開幕戦

李承ヨプ「力になれず申し訳ない」 オリ退団会見(産経新聞) 野球:イ・スンヨプ「オリ低迷の責任を感じる」(朝鮮日報)

 なんだかんだで8年間もいたんですねぇ……。
 まあ、最後の試合で4打席3三振、かつ最後の打席がイ・スンヨプだったということで戦犯気味に思えるかも知れませんが、そもそもが6番か7番打者の実力なんだからそれほど気にすることもないんじゃないかなと。

 2006年の成績は立派でしたが、それがフロックであったことを自ら証明し続けてしまいましたからねぇ。1年だけ大当たりっていうのはどの選手にもよくあることでして。
 まー、韓国人選手だからこそ楽韓Webでもこれだけピックアップしていますが、そうじゃなかったらそんなこともないていどの選手ですよね。
 ま、お疲れさまでした。韓国ではがんばって!

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
Blu-ray+DVD+デジタルコピー版
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ