イ・ミョンジュアル・アイン移籍、Kリーグ最高の選手の移籍にファンが物足りなさを表明(朝鮮日報/韓国語)

 このイ・ミョンジュという選手、ポジションはミッドフィルダー。攻撃型です。
 2012年のKリーグ新人王。さらに2013年には7得点4アシストでKリーグベストイレブンになっています。
 韓国代表でも何度か召集されているようです。
 ただ、ロンドンオリンピックには召集されていなかったようで、銅メダル獲得による兵役免除は手にしていません。
 また、「戦術面の問題」で今回のワールドカップには召集されていません。
 ただ、今シーズンはKリーグクラシック(1部)の11試合で5ゴール9アシストと八面六臂の活躍をしています。

 いわば若手のホープ。 香川のひとつ下で、大迫、柿谷、山口蛍なんかと同い年。
 これからの代表を担っていく戦力ですね。

 でも中東へドナドナ。 
 Kリーグで得点王になってもドナドナ
 他にも子供のころからエリート街道まっしぐらで、フランスのリーグアンでデビューしたナム・テヒという選手も中東行きでした。
 192cmと大型のフォワードでオランダの強豪クラブであるアヤックスと契約したソク・ヒョンジュンという選手も中東行きでしたね。

 原口はドイツに移籍決定、山口はイタリア移籍の噂。
 でも、Kリーグの若手で最高ともされている韓国人選手は中東行き。

 日韓の間にはとんでもない差がついてしまいましたね。
 あ、でも移籍金は500万ドルなんだそうですよ。原口が50万ユーロであることを見たら、だいぶクラブ財政には貢献しているといえますか。