楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

ウリとナム

 相互RSS募集中です

ムン・ジェイン、新年最初の視察先はゾンビ企業の大宇造船海洋→「支持基盤の労組から支援を受けるために絶対に構造改革はやらせない!」

【社説】構造改革待ったなしの2大業界にアメを与える韓国政府(朝鮮日報)
【社説】税金で不良企業を生かす悪循環断たねば=韓国(中央日報)
 これまで韓国の主力産業とされてきた造船と自動車の2つの業界がどちらも深刻な状況となっている。まず現代・起亜自動車が今年の販売目標を昨年よりも8.5%低く設定し、特に海外市場に関しては10%以上引き下げた。これほどの下げ幅は前代未聞のことだ。双竜自動車、ルノーサムスン、韓国GMなど韓国の自動車メーカー5社全体の販売実績も落ち込んでいるが、その理由は言うまでもない。現代自の中国重慶工場では作業員の平均賃金が94万ウォン(約10万円)だが、韓国の蔚山工場で働く作業員の平均給与は800万ウォン(約85万円)で、双方にはほぼ9倍の開きがある。ところが生産性をみると重慶の方が蔚山に比べて1.6倍も高い。このような企業の業績が好調だとすれば、それはもはや経営によるものではなく魔術と言うべきだろう。

 現代重工業は今年の売上げ目標を昨年よりも2兆ウォン(約2100億円)低い8兆ウォン(約8500億円)に設定した。これは10年前に比べるとほぼ半分近い落ち込みで、このような目標設定の仕方もこれまで聞いたことがない。大宇造船海洋に至っては2年以上にわたり13兆ウォン(約1兆4000億円)もの資金援助を受けているが、それでも復活の兆しは全く見えない。大宇造船海洋株の多くを保有する韓国産業銀行が資金援助も行っているのだが、その資金は国民の税金だ。中堅の城東造船海洋やSTX造船に至ってはもはや企業そのものを破綻処理した方が良いとの判断が下されている。造船業界の構造改革はもはや1日も先送りできない。時間を引き延ばせばそれだけ国全体の損失が膨らんでしまうからだ。ところが韓国政府は城東造船とSTX造船の処理を含む業界全体の構造改革を最初から否定している。理由は失業者が大量に発生し、政府の支持率が下がってしまうためで、そうなると当然地方選挙に悪影響が及ぶからだ。このように復活の可能性がない企業の従業員に国民の税金で給与を与え、いたずらに延命するのはもはや経済政策ではなく政治的行為だ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は新年最初に大宇造船海洋を視察したが、その理由も構造改革はしないとする一種のシグナルだった。
(引用ここまで)
今年の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の最初の外部日程は慶尚南道巨済(キョンサンナムド・コジェ)の大宇(デウ)造船海洋訪問だった。3日に玉浦(オクポ)造船所を訪れた大統領は、北極航路を行き交う液化天然ガス(LNG)運搬船「ヤマル5号」に乗り、「専門家らは造船景気が2〜3年後から徐々に回復するものと予想している。韓国造船産業がこの厳しい時期だけしっかりと耐え抜けば再び造船強国として跳躍できるだろう」と延べた。その上で造船産業競争力強化対策をまとめると強調した。

大統領が財界賀詞交歓会の代わりに造船会社の現場を訪問したことが示唆するものは少なくない。市場は大統領の発言に敏感に反応した。大統領訪問当日に大宇造船海洋の株価は12.5%上昇した。しかし大統領が新年の初めから特定産業に対する支援を公の場で言及したことが適切なのかをめぐっては議論が起きている。内外に間違ったシグナルを与えかねないためだ。 (中略)

当てのない希望事項に頼るには大統領の発言が呼び起こす波紋はあまりに大きい。造船業界はすでに設備規模縮小と人員削減など独自の構造調整を進めている。現代重工業は今年の売り上げ目標を昨年より2兆ウォン引き下げ、サムスン重工業は役員の30%、全チームの25%を削減する高レベルの構造調整計画を立てた。これに対し地域経済を心配する人たちは構造調整に反対している。下請け業者の連鎖倒産などにより地域経済が焦土化しかねないという点からだ。労働界も同様だ。全国金属労働組合と造船産業労組連帯などは昨年末に国会を訪れて造船所の再建対策を要求し、受け入れられない場合には政権退陣運動に乗り出すと脅しをかけた。

こうした状況で大統領の発言は構造調整反対論に力を与える副作用を生みかねないと金融圏と専門家らは懸念している。特に地方選挙を控えて政治論理が介入し、税金で不良企業を支援して第2、第3の衝撃波が韓国経済を脅かすかもしれない。造船産業という患者に対してはこれまでの実態調査と討論の過程を経てすでに診断結果が出ている。投薬ではなくえぐり取る手術が必要だというのが結論だ。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインが正月一発目に、ゾンビ企業として名高い大宇造船海洋を視察して「構造調整しないぞ!」という言外のアナウンスをしたことで、一斉に保守派メディアが非難を浴びせています。
 自らの支持基盤である労働組合をウリとして優遇するために、完全に終了している韓国造船企業を再編することもなく、構造調整することもない。
 M&Aで自らの長所を伸ばすことも、短所を切り捨てることもしない。
 現状を是認する延命策を講じて、アホほどの高給を垂れ流すだけ。

 パク・クネの弾劾騒ぎで半年以上に渡ってなんの対策もしてこなかったのを、そのまま受け継いでさらに税金投入。
 去年の3月時点で5兆8000億ウォンの追加支援が決定され、ムン・ジェインはそれを諸手を挙げて喜んでいました。「造船はまた孝行息子となるだろう」だのなんだの言っていましたね。
 その方針を継続するというわけです。

 大宇造船海洋はおととしの10月時点で「公金投入されて元気そのもののゾンビ企業」となっていたのですが。
 まあ、なにがいいってこうやって大宇造船海洋をはじめとしたゾンビ企業に公的資金を垂れ流せば、本来こういった援助が必要な他の企業にスタートアップで援助することもできなくなるし、ゾンビ企業は硬直化して動きが取りにくくなる。自ら構造改革もしなくなる。
 日本の輸出企業にとって韓国企業はバッティングするシーンが多いので、こうやって無駄な方面に資金を費やしてくれることは歓迎すべきことなのですよね。
 造船企業への資金提供に関してはWTO違反の疑いもあって、日欧から提訴の脅しも入っています。

 いやなんというかね……。
 ムン・ジェイン大統領様最高です!
 ちなみにこうやって非難している朝鮮日報に対しては、ネチズンから「朝鮮日報がまた大統領の足を引っ張っている」というコメントが殺到するというね。地獄絵図。
 まあ、もっとやってくれとしか言いようがありません。

自分はバカかもしれないと思ったときに読む本 (河出文庫)
竹内薫
河出書房新社
2015/5/11

韓国で弾劾反対デモへ寄付した人物に捜査が入る→「寄付者リストが流出したら人生は終わりだ」と恐れる理由とは?

朴大統領弾劾反対デモに寄付、韓国警察が2万人分の口座を照会(朝鮮日報)
 警察が、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾に反対する「太極旗デモ」に支援金を送った市民を捜査対象にしていたことが5日、確認された。支援金を送った市民2万人の金融口座を照会していたものだ。銀行が最近、取引内訳照会があったことを通知したことから、これを知った人々は不安に陥っている。太極旗デモを支援していたことが分かると、会社などで不利益を被るのではないかと懸念しているためだ。

 「大統領弾劾棄却のための国民総決起運動本部」(弾棄国)は2016年11月から「太極旗デモ」を開くと同時に、市民を対象に支援金を募った。団体がメンバーを対象に支援金を募るのは問題ないが、一般から支援金を募るためには政府の事前許可を受けなければならない。弾棄国はそうした手続きを踏んでいなかった。 (中略)

 問題は、少額の寄付で自身の政治的意向を表明した一般市民までが捜査対象になっていることだ。各銀行が昨年末、口座照会があったことを当事者に通知したことから、こうした事実が明らかになった。 (中略)

当事者は不安を隠せずにいる。特に、公務員などの懸念が強い。現政権で人事上の不利益を被る可能性があると考えているのだ。ある公立小学校教諭は「政府はその気になりさえすれば太極旗デモ支援者リストをいくらでも見ることができるのでは。こうした(寄付した)事実が分かれば、昇進できないかもしれない」と不安を口にした。 (中略)

太極旗デモに支援金を出した市民は、警察が確保したリストが別の用途に使用されるのではと心配している。太極旗デモに支援金を出したある市民は「ろうそくデモに金を出した人は、そうした事実が明らかになっても不利益を被る心配がないだろう。だが、政権が変わったため、私たちは事情が違う」と言った。
(引用ここまで・太字引用者)

 ろうそくデモに対して、パク・クネの弾劾反対運動を繰り広げていた「太極旗デモ」というのがあったのですが。
 警察車両によってろうそくデモときっちり分断されていたりしましたね。
 あのデモの主催者が寄付金を受け取るのは違法だったということで、寄付・送金した人間のリストが作られて捜査されているとのこと。
 そして、そのリストがどのように使われるかを心配している送金者が多数いるとのことです。

 引用部分の最後にあるこそが太字部分、韓国人の本音でしょうね。
 政権からウリではないと認定される人々がどのような目にあうか。
 それが済州島4・3事件[Wikipedia]だったり、保導連盟事件[Wikipedia]だったりします。
 現代においてさすがにそういった虐殺にまで至ることはないでしょうが、リストが流出したとしたらさまざまなシーンで不利益を被るであろうことは目に見えています。

 一時期は「韓国広報専門家」ともて囃されていたソ・ギョンドク教授もイ・ミョンバク政権とつながりが見つかったということでコメント部隊の一員と認定されていました。
 実際にはそういった形で支援されたことはなかったようなのですけどね。
 それでももはやムン・ジェイン政権となった現在の政府から支援を受けることは難しいでしょう。
 韓国で「ウリではない」と認定されるということはそういうことなのです。

 ウリでないものを擁護するものまたウリではなくなる。
 ナムの連鎖ともいうべき現象があるので、それを恐れた人間は口を閉ざす。ちょうど現在、韓国の経済学者からムン・ジェインが実行している「所得主導成長主義」への疑義の声が上がらなくなったように。
 2+2は5であるように。

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)
ジョージ・オーウェル
早川書房
2009/7/18

韓国で元旦からさっそく違法駐車で消防車が出入りできずに立ち往生……韓国メディア「安全大韓民国」を再整備しなければ!

【社説】消防署前に日の出観光客の無断駐車、暗たんたる市民意識=韓国(中央日報)
だが、いつのまにか警戒心が蒸発してしまった。新年初日、江原道江陵市(カンウォンド・カンヌンシ)の鏡浦(キョンポ)119安全センターの前が日の出観光客の駐車場に変わったのが象徴的だ。消防署員が20万人の観光客の安全を懸念して鏡浦海水浴場に現場点検に出ていた間、車両約10台が安全センターを占領した。当時、センターには出動したポンプ車1台と救急車1台の他にポンプ車1台が待機していた。消防署員がいちいち車の持ち主に電話をかけて車を移動させるのに40分以上がかかったという。万一、非常状況が発生したとすればどうなっただろうか。いくら異例の日だとしても消防車道まで妨げた常識に欠けた駐車にあ然とするばかりだ。

銭湯も改善されたことがなかった。ソウル消防災難本部が提川事故以来、銭湯・サウナ319カ所を点検してみると、120カ所に問題があった。非常通路に障害物を置いておいたり、合板を設置して出口を防いだところが多かった。提川のそっくりだった。火災事故を他人事のように考える事業主の不感症が蔓延している。

新年、喫緊の課題は「安全大韓民国」のあり方を再整備することだ。政府と国会が乗り出し、消防隊員が救助する過程で車両と施設を壊しても責任を問わず、無断駐車を強力に処罰する法案を早急に整備しなければならない。米国・カナダ・英国など先進国にはすでに整えられているのになぜためらっているのだろうか。市民意識の見直しも重要だ。事故が起きる時に限って興奮せず、通常からしっかりとした安全意識を備える雰囲気を作らなければならない。政府・地方自治体・学校が乗り出すべきだ。「安全大韓民国」はただで得られるわけではない。
(引用ここまで)

 一年の計は元旦にあり、とはよく言ったもので。
 韓国で元旦からさっそく消防車の出入りを妨害。
 スペースがあればすぐにでも違法駐車というのは韓国における習慣なのですね。
 いまひとつ記事からシチュエーションが見えないのですが。
 おそらくは日の出の名所に消防署があり、人出に対して署員が巡回に出たところ、あっという間に違法駐車されて消防車・救急車が出入りできなくなったということかな。
 韓国メディアってこういうシチュエーションの解説が異様に下手で「どういう状況なのよ?」ってなることが多くあります。

 正直、韓国における公共モラルに関して言及することに飽き飽きなのですが。
 その構造を含めて何度も何度も書いていますしね。
 違法駐車で消防車が火災現場に向かえないことも、その4日後には同じ場所で違法駐車が発生していることも、救急車に対して道を譲らないことも、セウォル号が沈んだことも、スクールゾーンで停止線を守ろうとしないこともすべて背景構造は同じ。
 たとえフィナンシャルタイムズあたりが「原因を文化的説明に求めることは意味がない」とかしたり顔で言ってても、実際に原因の多くが文化にあるのだからしかたがない。

 1)事件・事故発生
 2)マニュアル無視や法令無視が原因と分かる
 3)大事故等であれば「今度こそマニュアルを遵守する社会を構築しよう」とか社説が出る
 4)3日ほど経過
 5)1に戻る

 公を無視してウリしか擁護しない社会なのだから、韓国人にとってはそれが当然であって、遵法意識なんて育たなくて当然なのです。
 安全大韓民国(笑)。

違法駐車で被害拡大の韓国のビル火災、わずか4日でまた違法駐車だらけ……

29人死亡堤川ビル火災から4日、現場周辺はすでに違法駐車だらけ(朝鮮日報)
 25日に忠清北道堤川市の商業ビル火災事故現場に行った。同日午後5時、火災を起こしたビルの向かいにあるスーパー「Sマート」の右側に隣接する長さ70メートルの道路の両側には、乗用車16台が違法駐車していた。道路の幅は約6メートル60センチ。違法駐車された道路の両側の車の間隔を測ってみると、2メートル85センチ前後だった。中型車1台がかろうじて通れるくらいだ。そのうち5台を両手で押してみたが、ハンドブレーキがかかっていてビクともしなかった。

 この堤川ビル火災では29人が死亡した。被害が大きくなったのは、違法駐車や非常口がふさがれていたことなど、基本的な安全上の注意が守られていなかったからだ。火災があった日、周辺道路の違法駐車のせいで、消防車は火災現場接近・救助に支障を来した。しかし、火災発生のたった4日後には同じことが同じ場所で行われていた。

 消防隊は21日の最初の通報から7分後の午後4時、現場に到着した。しかし、すぐに消防車両を救助作業に投入することはできなかった。火災を起こしたビル周辺の道路に違法駐車・停車車両が多く、火災現場への接近が難しかったからだ。

 消防車はすぐ近くの道路を迂回(うかい)して現場に向かおうとしたが、これも違法駐車車両のせいで阻まれた。結局、大きな道路に出て約500メートル遠回りして反対側に行った。また、救助作業に必要なスペースを確保するのに約30分間、違法駐車・停車車両を移動させなければならなかった。 (中略)

火災現場ビルの周辺には、集合住宅や商業ビルが密集しているが、駐車場が設けられている建物はあまりなかった。近くの5階建て商業ビルは、駐車スペースが5台分だけだった。火災現場ビル周辺の商業ビルで飲食店を経営している人は「スポーツセンター利用者は駐車場のない商業ビル前に違法駐車をするので、うちの店に来る客も駐車する所がなくなり、苦労することが多かった」と話した。近くのカフェの経営者も「店の前の道路に違法停車するのを当然だと考えている人がいる。駐車場が足りなければ車で来なければいいのに、そうでないのが実情だ」と言った。別の住民は「駐車場が足りないので、仕方なく違法駐車することがある」と告白した。慶一大学消防防災学科のコン・ハソン教授は「『自分の車1台くらいなら…』という考えが災害を大きくする。こうした意識が変わらなければ、どんなに制度を改正しても災害を繰り返し招くだろう」と警告した。
(引用ここまで)

 堤川ビル火災では消防車が到着しても違法駐車の列によって阻まれて消火活動に遅れが出たという報道がありましたが。  火災からわずか4日後には元の木阿弥になっていたと。

 テグの地下鉄放火事件の時も、そしてセウォル号沈没事故の時も。
 同じように「我々の社会は変わらなければいけない」と言い続けていました。
 まあ、それ以前の三豊デパート崩壊事件、聖水大橋崩落事件の時も同様でした。
 今度こそ我々は変わるのだ、と。
 事故直後は反省したような話が盛んに出てくるのです。

 ですが、のど元過ぎれば熱さ忘れる。
 すぐに元通り。地下鉄はATSを切って運行されるし、どうせ春になれば道路は陥没するし、事故こそ起こっていないけど船の過積載も変わっていないでしょう。
 この堤川ビル火災の翌日からも、なにも変わることなく韓国の道は
 公に信頼を置くことなくウリとナムのウリだけを信じ、ナムに対してはなにをしてもいいという韓国社会そのものの構造を変化させなければ意味はないのです。
 「これが国か」って大統領を弾劾したところで、違う陣営から同じような連中が出てくるだけ。
 しょせんは同じ構造の中で育ってきた人間ですからね。ていどの違いはあっても、背景に抱えているものはなにも変わらないのです。
 それがこの「違法駐車再開」にはしっかりと現れていますね。

韓国社会:「コンビニバイト辞めます」→店の品を万引きしたと告訴、「違法駐車ですよ」→監視車に飛びこんで保険金ゲット……誣告のはびこる国だった

「違法駐車見逃して」…拒否され駐車監視員の車に体当たり(朝鮮日報)
最低賃金を要求して「窃盗犯」に追い込まれたコンビニアルバイト「無嫌疑」(聯合ニュース)
 自営業者の男(53)が9月25日、ソウル市江南区内の住宅街で、自分の車に「駐車違反ステッカー」が貼られているのを見つけた。取り締まりを終えた同区の駐車監視員が車に乗って出発しようとしていたところだった。この自営業者は走っていき、閉まっていた窓をたたいて「少しの間だけ事務室に寄ってきたところだ。一度だけ見逃してほしい」と言った。だが、駐車監視員は自営業者の要求を拒否した。

 すると、現場を立ち去ろうとした駐車監視員の車に自営業者がぶつかってきた。そして一言、声を上げて座り込んだ。そして立ち上がると、携帯電話機で駐車監視員を撮影し、脚を引きずって「通報する」と叫んだ。保険会社は一般的な交通事故だと判断、診断書などの書類だけを見て自営業者に保険金100万ウォン(約10万円)を支給した。自営業者に科せられた違法駐車の罰金は4万ウォン(約4000円)だった。

 しかし、駐車監視員は警察の取り調べに「(自営業者は)『罰金を払うのは嫌だ』と抗議中に故意にぶつかってきて、オーバーアクション(大げさな動き)をした」と悔しさを訴えた。警察は、駐車監視員の車のドライブレコーダー映像を分析し、自営業者が徐行する車の前に走ってきて立ちはだかった様子を確認した。ソウル・水西警察署は、虚偽の交通事故を通報して保険金を手にした容疑で自営業者を書類送検したと20日、明らかにした。

 飲酒運転をしたドライバーに対して保険金詐欺を働いた駐車場係員も摘発された。ソウル市江南区駅三洞で駐車場係員をしていた男(50)ら2人は昨年7月、酔ったドライバーが通行人の女性をひいて逃走する様子を目撃した。この車は駐車場係員ら2人がいた方向にバックし、2人のすぐ横を走り去っていった。女性が警察に通報すると、2人は車と接触もしていないのに「私たちも被害者だ」と主張して保険金としてそれぞれ100万ウォンを手にした。
(引用ここまで)
自分が働くコンビニで商品を購入した後、無意識にビニール袋を使用したことで店主から窃盗申告を受けたアルバイトに対して警察が容疑がないと結論した。清州興徳警察署は16日、A(19・女)某の窃盗容疑について「容疑なし」に終結したと発表した。

警察関係者は「被害額が40ウォンとわずかで不法に取得しようとした意思もないと判断され、疑いなしで事件を終結した」と説明した。 当初コンビニ店主が主張した被害額も誇張されたことが分かった。 コンビニ店主はこの10日に112(訳注:犯罪通報番号)窃盗申告をしながら、「Aさんがビニール袋50枚(1千ウォン相当)を盗んだ」と主張した。

しかし、警察が調査して明らかにAさんの使用ビニール袋は、わずか2枚だけだった。 防犯カメラ分析の結果、Aさんは4日午後11時50分頃、コンビニアルバイトを終えた後、1枚あたり20ウォンのビニール袋2枚を使用した。 この日の午後5時から深夜までアルバイトを終えたAさんはおやつに食べるお菓子を買って清算した後、販売台のビニール袋に入れたものである。

警察の調査では、Aさんは「物を買って、思わずビニール袋使っただけで盗む意図はなかった」と述べた。コンビニ店主は警察で「契約期間のすべてを満たさず辞めるという言葉に怒ってビニール袋を盗んだと申告した」と述べたと伝えられた。 Aさんは去る9日の賃金をきちんと受けていないことを置いて「最低賃金を計算してくれ」と要求してコンビニエンスストアを辞めた。店主は翌日、Aさんをビニール袋窃盗容疑で申告した。

労働界はコンビニ店アルバイトに「報復性申告」をしたことに反発、抗議集会を予告した。非正規職のない忠北づくり運動本部は18日午前11時、Aさんが働いていたコンビニの前で集会を開き、店主の謝罪を要求する計画だ。 この団体の関係者は「正当な賃金を要求するアルバイトを窃盗犯に追い込ん警察に通報することで報復したことに対して店主が公式謝罪しなければ不買運動を繰り広げるだろう」と述べた。
(引用ここまで)

 虚偽告訴、いわゆる誣告罪についてほぼ同じ構造を持つ事件2つ。
 以前から日本に比べて韓国では偽証と誣告が異常なくらいに多いという話は出ていたのですが。
 このふたつを並び立てることにちょっと疑問があったのですよ。
 偽証に関しては完全に「ウリとナム」のウリ(身内感)で説明がつくのですが、誣告罪については「ナムだから虚偽告訴で訴える」というのは成り立たないよなー、と感じていたのです。

 ちょうどこのふたつの記事が出てきたことで「ウリとナム」のような文化的背景ではなく、「怒りを抑えられない」韓国人の性質に由来するものではないかなぁ……と感じるようになりました。
 聯合ニュースの日本支社長は「韓国人は酒を飲んでけんかをして、それでストレスはすべて解消する」とか言っていましたが。
 そんなコミュニケーション方法があっていいわけないのですよね。ちなみにそれをまんまやったハンギョレ新聞の記者がけんか相手の記者を撲殺していましたっけ。
 怒りは残るし、それが暴走する社会なのです。

 ところどころに「ウリであれば身内で守るが、ナムであればなにをしても構わない」という部分が散見できますが、それよりは「怒りを抑えきれずに誣告」というパターンでしょうね。合わせ技的な部分もなくはないですが。
 過去エントリでの「異常なくらいに多い」という記事では、人口あたりの誣告罪件数は日本の542倍でした。

 朝鮮日報あたりがよく「こんな社会では先進国とはいえない!」と叫んでいたりするのですが、そもそも「韓国が先進国である」ということ自体が勘違いなのです。
 韓国も公を優先する社会になれれば変わるだろう……そんなふうに考えていた時期がわたしにもありました(AA略)。

韓国人に生まれなくてよかった
武藤正敏
悟空出版
2017/6/1

ムン・ジェイン、極左の暴力でも主導者らに特赦の準備を開始。やっぱりどこまでもウリのためだけの権力者の模様

【社説】原則・基準のない「コード特赦」は法治主義を害する=韓国(中央日報)
【社説】過激派・暴力活動家の赦免は韓国の法治に反する(朝鮮日報)
韓国政府がクリスマスや旧正月を契機に特赦を検討している。特赦は大統領の固有権限だ。文在寅(ムン・ジェイン)政権が国民統合レベルで特赦をすれば反対する理由はない。問題は、和合よりも葛藤を深め、しない方が良かったという結果をもたらすコード赦免を推進しているという点だ。

法務部が22日、朴相基(パク・サンギ)長官の名義でソウル中央地検をはじめとする全国検察庁に送ったという特赦関連業務指示公文書は誤解を招くのに十分だ。道路交通法違反などの民生事犯とともに、公務執行妨害、暴行、傷害、集示法(集会及び示威に関する法律)違反などで処罰を受けた者に対する特赦検討用の身元資料要請がある。特に済州(チェジュ)海軍基地建設、慶南密陽(ミリャン)送電塔、THAAD(高高度防衛ミサイル)配備反対集会、ソウル龍山(ヨンサン)火災惨事およびセウォル号関連集会の5件の集会を特定し、関連者全員に関する資料を要請したという。(中略)

進歩陣営が「良心の囚人」という李石基(イ・ソッキ)氏、鄭鳳株(チョン・ボンジュ)氏、ハン・サンギュン氏、韓明淑(ハン・ミョンスク)氏に対する特赦も同じだ。そうでなくとも人事問題、司法府コード化などへの批判で国が騒々しいが、「コード特赦」まで強行すれば、その副作用は相当なものになるだろう。政府が一日も早くコードから抜け出し、統合と協治の道に向かうことを期待する。
(引用ここまで)
 赦免はそもそも法治の原則に反するため、これを実行するには国家の統合など明確な目標に沿った上で最低限の範囲とし、また赦免に反対する側もある程度納得できるよう手続きを進めねばならない。しかし現在法務部が検討を行っている受刑者たちは、どう考えてもその対象にふさわしくない。

 済州海軍基地建設反対運動は結果的に工事を14カ月も遅延させ、273億ウォン(現在のレートで約28億円、以下同じ)もの損害をもたらした。この損害は言うまでもなく国民の税金だ。しかし今済州島に基地がない状況など考えられるだろうか。当時は基地建設を阻止するため全国から職業活動家が集まり、ありとあらゆる方法で妨害活動を行っていた。その後、彼らに国の損失を少しでも賠償させようとしたが、現政権発足後はそれさえなかったことになってしまい、しかも今度は彼らが犯罪を行った事実さえ消し去ろうとしているのだ。これと関連して2015年にもソウル都心で激しいデモが起こり、デモ隊が機動隊バスやパトカーなど71台を破壊し、74人の警察官や機動隊員に負傷を負わせたことも忘れてはならない。
(引用ここまで)
 ろうそく革命の支援者から依頼された「特赦しろ」という言葉を跳ね返せるかどうか。
 ただ単にウリとナムをひっくり返しただけではなく、自ら述べたように「国民統合の大統領」として立つことができるかどうかの試金石がこの特赦依頼だったわけですが。
 特に内乱煽動罪で有罪判決を受けたイ・ソッキ、ソウルの暴力デモを主導したハン・サンギュンといった本格的な犯罪者たちをどう扱うのか。

 最初から120%結果が分かっているのに「これは試金石ですよ」なんていうのはアレですが。
 でもまあ、実際に試金石になるものといえるでしょう。これから4年半、内政をどう切り盛りしていくのか。
 韓国に混沌をもたらしてきた左派、極左らはムン・ジェインにとってのウリでもあります。彼らのためだけに働くのか、それとも法と秩序を重んじるこれまでにないタイプの大統領になるのか。

 パク・クネも当初は「わたしは特赦をしない」と宣言していたのですが、経済界からの「会長からのトップダウン命令がないと韓国経済はまわらない!」という悲鳴にも似た要請で会長クラスの特赦を認めざるを得ませんでした。散々渋っていたのですが、SKの会長を特赦していましたね。
 それでも特赦をウリのためにはほとんど使わなかった印象です。
 イ・ミョンバク政権は連発していたように感じましたが、あくまでも印象であって証拠の数字があるわけでもないです。

 さて、ムン・ジェインが特赦を本当に行うのか否か。まだ検察への情報収集のレベルではありますが。
 ま、民主労総や民衆連合党といった左派からの依頼を断ることができるわけありません。韓国人というものはそういうものなのですよ。

クリスマス・プレゼント
ジェフリー・ディーヴァー
文藝春秋
2005/12/10

ムン・ジェイン、極左団体から暴力デモ首謀者らの特赦依頼を受ける。「ろうそく革命」の功労者からの依頼を断ることができるのか注目

チュ・ミエ、「イ・ソッキ、ハン・サンギュン釈放 」民衆党の要求に答えず(聯合ニュース・朝鮮語)
民衆党指導部は2日、国会で共に民主党チュ・ミエ代表に会って拘束収監されているイ・ソッキ前統合進歩党議員と民主労総ハン・サンギュン委員長の釈放を要請した。

民衆党キム・チャンハン共同常任代表はこの日、チュ代表を訪問した席で「キャンドル政府が入ったにも関わらず「積弊政府」の朴槿恵政府の関係者とハン・サンギュン、イ・ソッキのような「良心の囚人」が同じ刑務所にいる」とし「「良心の囚人」が早く出てくることを願ってやまない」と述べた。

キム・ジョンフン共同常任代表は「昨年のようにキャンドルを持った美しい縁を持っている」とし「時には応援し、時にはより迅速に進展することができるように情熱を尽くして働くようにする」と語った。
(引用ここまで)

 共に民主党のチュ・ミエ代表に対して、民衆連合党の共同代表であるキム・チャンハンが「ハン・サンギュンとイ・ソクギの釈放を頼む」と依頼したというニュース。
 だいぶ解説が必要な感じなので書きましょう。
 ハン・サンギュンは「世界最悪の労働組合」ともされる民主労総の元委員長で、一昨年のソウルで繰り広げられた暴力デモの首謀者です。
 最近、何度かその暴力デモの様子の動画を貼っていて好評なので、今回も貼っておきましょう。



 このデモのあとに寺に逃げこんだもののそこの信者から「迷惑だから出てけ」といわれたアレですね。
 なぜかそのときパンイチだったそうですが。
 なんでも最近は「ろうそく革命の成功」によってだいぶ増長しているらしく、獄中からムン・ジェインに対して公開討論を求めていたりするとのことです。

【社説】法と原則を無視する韓国警察・検察は恥を知れ(朝鮮日報)
 問題のデモは全国民主労働組合総連盟(民主労総)などが中心となって2015年11月14日にソウル都心で行われ、10時間以上にわたり現場を完全な無法地帯としてしまった。デモ隊は「ソウルをまひさせろ」などと叫び、一方で彼らを制圧しようとした機動隊員らも113人が負傷した。 (中略)デモを主導した民主労総のハン・サンギュン委員長(当時)は後に裁判で懲役3年の実刑判決を受け今も刑務所に服役している。

 白氏の死亡は残念なことだ。しかし機動隊員らは違法デモを阻止する任務を遂行中だった。警察も「正当な職務の遂行だった」と説明している。ところが政権が変わるとおかしなことが次々と起こり始めた。服役中のハン氏は大統領との公開討論を求め、警察庁長は「警察の方が間違っていた」として謝罪し、検察は放水を行った機動隊員らを起訴した。彼らは政権が変わった後も自らの地位を守り、あるいは昇進するために、法と原則を無視している。彼らこそ自らの言動を恥じるべきだ。
(引用ここまで)

 そして民衆連合党は、パク・クネによって解散させられた統合進歩党の系譜を継いでいる政治団体(国会議員ゼロ)。
 もうひとり、釈放要求されているイ・ソッキなる人物は内乱陰謀罪等で逮捕され、裁判では内乱扇動罪で有罪になった元統合進歩党の国会議員です。
 「戦争が起きたら北朝鮮に同調して、通信、石油、鉄道、ガスといったインフラを一気に攻撃し、武装発起する」というような話をしていたということで、2015年に懲役9年、公民権停止7年が言い渡されています。

 こんな輩が与党代表と会って、話をするだけでなく特赦を求めるという時点で異常事態なのですが。
 韓国では彼らに対してクリスマス特赦が与えられるのではないかという噂です。
 ただ、ろうそく革命を支援してきた民主労総は民衆連合党のバックにおり、かつセットで特赦を求めてきたということで無視はできなかったということなのでしょう。

 この特赦要求、ムン・ジェインにとってはひとつの踏み絵となるといっても過言ではないですね。
 「ろうそく革命」の名の下にどんな人間でも特赦してしまうのか。
 それとも社会秩序を優先することができるのか。

 民主労総、民衆連合党共に北朝鮮に近い団体です。心情的にはムン・ジェインと相当に近い位置にいる団体、人物であるといえるでしょう。
 そういった連中からの要請を、「ろうそく革命」の名の下の要請を断ることができるかどうか。
 残りの任期でムン・ジェインがなにを起こすかの雛形になると思いますよ。ちょっと注目です。

ムン・ジェイン「公企業から縁故採用を一掃せよ!」→ネチズン「さすがムン・ジェイン!!」……そんな韓国が韓国でなくなるような改革ができるんですかねー?

文大統領「公共機関全数調査してでも採用不正究明しなければならない」(ニュース1・朝鮮語)
ムン・ジェイン大統領は23日、「まず、必要に応じてすべての公共機関を全数調査してでも採用不正の真相を徹底的に究明してほしい」と促した。

最近現職国会議員関与疑惑が提起されている江原ランド採用不正に続き、金融監督院などの公共機関の内部で相次ぐ採用不正問題が浮上すると、積弊清算の一環として、実態把握と強度の高い根絶策作りを注文したものである。
ムン大統領は同日、大統領府で主宰したシニア・アドバイザー会議で「最近、一部の公共機関で明らかになった採用不正を見れば、公共機関の採用不正が偶然に発生する例外事件ではなく、日常化した不正ではないかと疑われる」とこのように明らかにした。

ムン大統領は「特に社会の有力者の便宜によって不正が(あった)という点で、公共機関の採用不正は社会に蔓延する反則と特権の象徴として見られる」とし「最も公正であらねばならない公共機関が、むしろ私たちの社会公平性を崩してきたわけで、国民に非常に大きな失望感を与え、青年に深い挫折感と背信感を与えるのに十分である」と叱責した。
彼は「政府は今回の機会に採用不正など反則と特権の輪を完全に切るという覚悟であってほしい」と強調した。

続いて「請託者と採用不正を犯した公共機関の従業員に対しては厳重な民事、刑事責任と民事責任を問う」とし「不正な方法で採用された当事者にも採用を無効にするか、キャンセルする案を検討願いたい」と注文した。
さらに「採用手続きの透明性を確保することができるように法制度を改善し、監督システムも強化せよ」と付け加えた。
それとともにムン大統領は「もし今回のような総体的採用不正が再び再発する場合は、公共機関と一緒に、主務省庁も重い責任を負うべきだ」と警告した。
(引用ここまで)

 さらに「不正な採用を知っていて見逃していた人間はボーナス没収」という罰則も作ろうではないかと言っていますね。
 公企業に縁故採用なしを宣言したわけです。
 もちろん、ネチズンは大喜び。NAVERニュースでのコメント数は5000を突破してまだ増加中。

 ただなぁ……そういったウリとナムを抱えてきたからこそ韓国社会というのは成り立ってきたのですよ。
 ウリと認定した人間はどこまでもウリに尽くし、ナムを排除する。
 韓国では「ウリとナム」という言いかたはせずに、「情(ジョン)でのつながり」みたいな言いかたをしますが。
 ジョンがある、ないというような感じ。日本語の情とは異なる概念なので、ジョン(情)と書いたほうがいい気がしますね。

 ジョンがあるからこそ、偽証が日本の671倍になったりする。
 アリバイ工作をしたり、場合によっては身代わり出頭したりもする。
 そういうことの見返りとして、相手が困っているときに同じような行為を行う。
 縁故採用もその一環ですね。

 韓国を韓国たらしめてきた最大の構造要因が「ウリとナム」であり、その表現としての縁故採用であったわけです。
 それをこうして法律で断ち切ることができるのか。
 韓国が韓国でないものになることができるのか。これもムン・ジェイン政権の実施する社会実験として注目すべき点です。
 ムン・ジェイン政権の間だけであれば、そういうこともできるかもしれませんがね。


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
ファイブスター物語 14巻
2018/02/18
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ