楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

カン・ギョンファ

 相互RSS募集中です

対日外交最終兵器ことカン・ギョンファ韓国外相、「日韓関係をアップグレードする」ために訪日する模様

対日関係格上げに努力=共同宣言20周年で韓国外相(AFPBB)
韓国の康京和外相は11日、ソウル市内で開かれたセミナーで演説し、1998年10月に当時の小渕恵三首相と金大中大統領が日韓パートナーシップ共同宣言を発表してから来年で20周年となることに触れ、「意味ある年だ。これを契機に韓日関係をさらに一段アップグレード(格上げ)するため努力していく」と述べた。

 また、「わが政府は、歴史を直視しながら、韓日関係を未来志向的に発展させるため努力している」と強調。「難しい問題はうまく管理する一方、北朝鮮の核・ミサイル対応での協力や、経済、人的交流などの実質的協調を強化していく」と語った。韓国外務省は、慰安婦問題をめぐる日韓合意の交渉過程などに関し、検証作業を進めているが、歴史問題と、安保・経済などの分野の協力を切り離す「ツートラック(2路線)」外交を取る方針を重ねて表明した形だ。
(引用ここまで)

 韓国でネチズンと元慰安婦に圧倒的に支持され、金大中政権時に現行の制度になってから国会での認証を経ずに生まれたはじめて外相であり、「対日外交最終兵器」として期待されてきたカン・ギョンファが「日韓関係をアップグレード」するために訪日するのだ。
 ……ですって。

 慰安婦合意検証タスクフォースによる検証結果は発表される前に来るということですが、実際の「検証結果」はもう入手していることでしょう。検証委員長は「結論自体はもう出ている」と発言しています。
 今回の訪日はその結論を持ってきて、河野外相にぶつけてみるという試みが行われるのではないかなと。
 公にする前に日本側の対応を探るという役割を担っているのでしょうね。

 まあ、これまでの王毅に相対してきた時の対応とか、中国に対する三不を嬉々として国会で答弁して主権を放棄したなんて経緯を見ると、カン・ギョンファの外交センスはほぼゼロ。
 元アナウンサーで英語を流暢に話すことはできる。そして国会で事務方として働いてきた実績はある(ただし評価はアレな模様)。
 だけども、それで外相に抜擢されるっていうのはやっぱり違うよね、という当然の話で終了ってところですかね。
 そんなのを強行任命したムン・ジェインも当然、アレ。

 実際の外交経験がなかろうとなんだろうと、外交というものが基本は正面からのぶつかり合いで利害の削りあいであるということを理解してりゃいいんですよ。
 最低限守るべきラインと最高点の間で削りあいで得点を争うゲームなんですから。
 誰であろうと、なんであろうとそこさえ守れる人物ならOK。
 カン・ギョンファがそうであるとはとても思えないのですよね。
 もちろん、ムン・ジェインの任命センスも含めて。
 あれだけ強行して任命した以上、自分の間違いを認めるわけがありませんし、そもそも「三不」が間違いだとは毫ほども思っていないようですし。

 前任のユン・ビョンセはどうだったのよって話でもありますが。あの人は無難ではあったのかな、と思います。キャラとしては立っていましたが。

日本人として知っておきたい外交の授業 PHP文庫
中西 輝政
PHP研究所
2015/8/31

韓国外相が19日に来日、ただし慰安婦合意検証結果は持ってこない模様→「日本がツートラック外交を受け入れないかもしれないから」……ですって

韓国外相 慰安婦合意検証報告書の発表前訪日で調整=19日にも(聯合ニュース)
 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意を検証しているTF(タスクフォース、作業部会)が報告書を公表する前に日本を訪問する可能性が高いことが11日、分かった。

 複数の外交消息筋によると、康氏は早ければ19〜20日に訪日し、河野太郎外相と会談する方向で調整を進めている。実現すれば、就任後初めての訪日となる。

 年内の報告書作成を目標に検証作業を続けているTFは資料の検討や関係者の聞き取りなどを終えたが、TFの委員全9人の意見をまとめなければならず、報告書の発表は来年に持ち越される可能性もあるという。

 韓国政府関係者は康氏の訪日について、「日本の外相との日程調整が問題だが、TFの報告書が出る前に訪問する方向になると思う」と伝えた。

 韓国政府がTFの報告書発表前の訪日を進めているのは、報告書がもたらす影響を意識したためとみられる。報告書の内容次第では両国関係が冷え込み康氏の訪日が延期され、文在寅(ムン・ジェイン)政権での対日関係の新しい出発に影響を与える恐れがある。

 康氏がTFの報告書が発表される前に訪日すれば、歴史問題と、北朝鮮核問題や経済分野での協力を切り離す「ツートラック」で対応する方針を伝え、こうした方針を報告書の内容と関係なく維持する姿勢を示すとみられる。
(引用ここまで)

 既報のようにカン・ギョンファが19日に来日する方向で調整中。
 ただし、慰安婦合意についての検証タスクフォースが出すであろう(実際にはもう出ているであろう)結論の報告書については持ってこないことになりそうだ、というお話。
 結論が出てからだと外相訪日を拒絶される可能性もあるから……ってよく分かってるじゃないですか。

 日韓関係の一丁目一番地は慰安婦合意の速やかな履行にあるのです。
 履行できないというのであれば、日本側は関係性を最低限に絞るしかない。そのために「最終的かつ不可逆的に解決」したのですから。
 解決したものを、再交渉なり破棄なりでやめるというのであればそれなりのリスクを背負ってもらうしかない。
 子供でも分かる理屈ですよね。

 で、もうひとつ注目したいのは「歴史問題と、北朝鮮核問題や経済分野での協力を切り離す『ツートラック』で対応する方針を伝え、こうした方針を報告書の内容と関係なく維持する姿勢を示すとみられる」とあるのですが。
 ……ね?
 韓国では無条件でツートラック外交が日本で受け入れられ、歴史認識問題以外の話は受容されると考えているのですよ。
 それについて日本が受け容れるかどうかという話はまったくない。
 受け容れるに違いないとしか思っていない。
 韓国側が本気で切り離せると考えているかどうかはまあ、置いておいて。
 日本側がそれを受容するかどうかは別なのです。

 北朝鮮核問題に対しては協力する部分はあるでしょうけども。
 でも、それは圧力をもっと高めろという韓国の行動に対しての抗議や、「人道的支援はする」といったムン・ジェインの姿勢を問うものであって「協力」かどうかはちょっと怪しい。
 そもそも軍事同盟を結んでいない以上、今回の件で可能な協力は最低限のものにしかなりません。

 外相訪日が報告書の出る前であろうと、後であろうとやることは変わらないし、むしろ訪日で外相会談があったあとに「再交渉云々」だの「破棄云々」だの報告書が出たらよけいに印象が悪いと思いますけどね。
 ……というか、慰安婦同意について文句をつけるのであれば、どうしたって印象は悪くなるし関係性は悪化する一方なんですよ。
 それを避ける方策を考えるのではなく、結論を繰り延べしても状況は悪化しかしないのです。
 そもそも、自分たちでトランプ大統領訪韓時の晩餐会に独島エビだの慰安婦のゲストだのやっておいて、日本側の心証を刺激しているのですから。
 当然、帰結するところはひとつでしょう。

 パク・クネが「日本が歴史認識を正すまで日韓首脳会談は行わない」なんて言ってましたが、それでなにか日本が困ることがありましたかね、っていう話なのですけどもね。
 日本は釜山の総領事館横に慰安婦像を設置されたときの対抗措置徴用工裁判に対するムン・ジェインの言葉に対して河野太郎外務大臣の訪韓拒絶日韓漁業交渉の停止とその方向性をがっちり出していますよ。
 そんな日本に対して、韓国のできることってなにかあるのかと。
 中国のTHAAD圧力のように観光客を少なくしてみるとかやってみますか?

ヒストリエ(1) (アフタヌーンコミックス)
岩明均
講談社
2004/10/22

韓国外相のカン・ギョンファ、19日にも来日。慰安婦合意検証タスクフォースの結論を持ってくるか?

文大統領、13日に中国を国賓訪問…習主席と首脳会談(中央日報)
韓国外相、19日にも初来日で調整(TBS)
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が13日、中国を国賓訪問する。訪中期間に文大統領は習近平国家主席と首脳会談を行う。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は6日午後の記者会見でこのように明らかにし、「文大統領は習主席との首脳会談と国賓晩餐、そして李克強首相をはじめとする中国指導者らと会い、国交正常化25周年を迎えた韓中関係の発展の現況を評価し、未来の発展方向を協議する予定」と述べた。
(引用ここまで)
 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が、今月19日にも初来日する方向で調整されていることが、複数の日韓関係筋の話でわかりました。
 河野外務大臣との会談では、北朝鮮情勢や来年に持ち越しとなる日中韓サミットの早期開催について話し合うものとみられます。
 また、最終的かつ不可逆的な解決を確認した従軍慰安婦問題をめぐる「日韓合意」に関して近く韓国側がまとめる検証結果についても説明がある見通しです。
(引用ここまで)
 これはちょっとスケジュール的に面白いかな。
 ムン・ジェインが朝貢使として中韓首脳会談をこなしてから、カン・ギョンファがその報告に日本に来るという感じですね。

 ちなみにかつての朝貢使は中国の皇帝に会うことができるのは毎月16日の朝のみだったのですね。
 中旬に訪中と聞いて若干の期待を込めていたりしていたのですが。
 さすがに中国もそこまであからさまなスケジュールにはしなかったようです。

 さて、この場でTHAADミサイル配備問題について言及があるかどうか。
 この中韓首脳会談はそこにしか価値がないといっても過言ではありません。
 楽韓Webでは今回についてはなにも言ってこないと見ていますが、さて。

 その一方で外交部長官のカン・ギョンファが19日にも訪日。これも既報でしたね。
 それまでに慰安婦合意検証タスクフォースからの結論が出るということなのか、あるいは公表前に結果を持ってきて日本側の反応を見ようというのか。
 こちらも見どころはそれくらいですかね。

 あとは王毅に対してなにも言えなかったカン・ギョンファですが、果たして河野太郎にはなにか言えるのか、というあたりでしょうか。
 経歴を見てもこれまでは事務方ばかりを相手にしてきたのでしょうから、海千山千の政治家相手は荷が重いのでしょうね。
 こんな素人を国会を無視して任命強行までしなくちゃいけないのですから、ムン・ジェイン政権周辺には本当に人材がいないのだなぁ。
 そんな人材難の政権に入れなかったホサカ教授って(笑)。

最終兵器彼女(1) (ビッグコミックス)
高橋しん
小学館
2000/5/30

カン・ギョンファ韓国外相、年内訪日へ……慰安婦問題再燃か?

韓国外相、12月下旬に来日へ 慰安婦問題で説明方針(朝日新聞)
 韓国の康京和(カンギョンファ)外相が12月下旬に初来日する方向で日韓両政府が調整している。複数の日韓関係者が明らかにした。韓国政府は慰安婦問題の最終的で不可逆的な解決をうたった2015年の日韓合意の検証結果を同月中に出す方針で、康氏はこの間の経緯や政府としての考え方を説明する考えだ。しかし、内容次第では、日韓関係に亀裂が生じる可能性もある。(中略)

 ただ、日本政府は最近の韓国政府の動きに不信感を強めている。韓国大統領府はトランプ米大統領が訪韓した11月、夕食会に竹島の韓国名を冠した「独島(トクト)エビ」入りメニューを公表。安倍晋三首相は北朝鮮への人道支援を打ち出す文氏に、電話で人道支援への懸念を伝えたばかりだ。

 一方の文政権は対日関係を、慰安婦問題などの歴史問題と安全保障・経済協力とに切り離して進める戦略をとっている。日韓合意に批判的な国内世論を無視できないながらも、来年2〜3月の平昌冬季五輪の成功には日本の観客動員が必要だからだ。
(引用ここまで)

 韓国外交部長官であるカン・ギョンファが今月下旬に訪日する可能性があるということで調整中。
 下旬ということは、おそらく慰安婦合意検証についてのタスクフォースによる結論が出てからの訪日となるでしょう。
 その概要を説明に来るというのが最大の目的ですね。

 慰安婦合意検証の結果は「覆してよい」というものになるはず……というか、ムン・ジェインがそうするためのお墨付きを与えるための課程に過ぎない。
 そしてお墨付きを得たムン・ジェインが大々的に「罪人であるパク・クネが結んだ合意など無効だ」と高らかに宣言してネチズン大興奮。
 支持率うなぎ登りまでが想定済みのテンプレート。
 それが韓国側のこれからの基本方針となるでしょう。

 で、カン・ギョンファはそれを伝えにくるという役目なのですが。
 これで日本は嫌韓新時代は新章に突入ですよ。
 それでなくとも記事にあるように「晩餐会の独島エビと慰安婦招待」で「こいつらなんなん?」という反感が積もってきているところです。
 わざわざそこに着火しにくるのですから、大変な役割ですよ。
 いまだに日本に対して「ツートラック外交」が通用するつもりでいるのでしょう……。朝鮮日報元主筆の金大中のように、日本に来たら現実を理解するんでしょうかね。
 韓国保守系メディアはムン・ジェインの経済政策も外交政策も不安視しているのですが……。
 まあ、王毅外相になにも言えなかったり三不を国会で嬉々として発表してしまうなんてあたりで、外交部長官としての技量はまったくないということが判明しているので、河野太郎にけちょんけちょんにやられて帰るのがよいと思います。

中国政府「THAAD撤収のために中韓が協力しよう」→韓国政府「え、三不で終わったんじゃなかったの?」

サード撤退求め続けている中国、反論のない韓国(東亞日報・朝鮮語)
中国が段階的にTHADDミサイルを撤収するという、いわゆる「THAAD配備の段階的処理に韓中が合意した」と改めて言及し、韓国にTHAAD撤収を要求した。中国はこれを韓中間の合意内容として既成事実化しようとする意図を露骨化しているが、「THAAD問題は二度と取り上げられることはない」といっていた韓国政府は、しっかりとした反論すら出さずにいる状況で議論が予想される。

王毅外交部長は22日、北京の釣魚台(釣魚臺)で開かれたカン・ギョンファとの外相会談の冒頭発言で「先日、(先月31日)中韓双方は共同発表文を通じてTHAAD問題の段階的処理についていくつかの合意を達成した」とし「米国のミサイル防衛システム(MD)に加入していない韓国に一時的に配置されているTHAADは、中国の安全保障の利益を毀損しないなどの内容について韓国の立場表明を重視する」と明らかにした。続いて、「中国には『言葉には、必ず信用がなければならず行動は、必ず結果が伴わなければならない』(言必信行必果)という言葉がある」とまで言及し「韓国側は引き続き、この問題を適切に処理してもらいたい」と韓国にTHAADミサイルの撤収を要求した。カン長官はムン・ジェイン大統領の翌月訪中協議のために中国訪問をしている。中国の論理どおりなら、韓国は韓中関係の改善を対価としてTHAAD撤収の約束を守るために努力しなければならないことになる。

最近李克强中国首相がムン・ジェイン大統領に「THAAD問題の段階的処理に韓中が合意した」という主張を初めて取り出した後、王部長がこれを再度取り上げ、先月31日、韓中発表文の内容と強調した。それでも「THAAD問題が封印された」と発言をしたカン長官は冒頭発言では「段階的処理合意」という発言に対してどのような反論もなかった。

中国外務省関係者は最近、東亜日報の記者に「段階的処理」の意味について「手順を踏んで、最終的には朝鮮半島からTHAADミサイルを撤収すること」とし「最初のステップは、先月31日、韓中合意」と明らかにした。この日、韓中外相会談で先に陸慷中国外交部スポークスマンも定例ブリーフィングで、「THAADミサイルの段階的処理に韓中が合意した」と強調しながら、「中国は、THAAD配備に反対する立場が全く変わらなかった」と述べた。
(引用ここまで)

 カン・ギョンファは中国側からは発表されなかった年内のムン・ジェイン訪中についての打ち合わせにきたようなのですが。
 それにも関わらず、まず最初にTHAADの話題。
 ふむ。
 中国はTHAAD撤収に向けて前進を続け、中韓の二国間でなんらかの会合があったときには必ず言及するというようにしているわけですね。
 つまり、中国にとっては「約束」であろうと「立場表明」であろうとどっちでもよかった。
 現時点でのステータスは「三不」でよい。
 しかし、将来的にはTHAADミサイルそのものを撤収させることが両国の目標であると認識している。
 ムン・ジェインの訪中が本当に年内にあるのかどうかは不明ですが、そのときにもこうして「THAADミサイル配備について」を言われるのでしょう。

 中国が狡猾なのは、ちゃんと中国人観光客に韓国旅行を再開させているところなのですよ。
 韓国政府は「これでTHAAD問題はすべて終わった」としているので、もはやなにも言えない。少なくとも、圧力はなくなったのは事実。ここで抗議でもしようものなら、元の木阿弥だろうと想像させているわけですね。

 ま、実際にはTHAADミサイルを配備しているのは在韓米軍ですから、韓国政府が単体でどうこうできるわけないのですが。
 もちろん、中国の最終的な目論見はTHAADミサイル撤去に留まらず、米韓同盟の破綻ですからそのための手順をコツコツと進めているといったところでしょう。
 「バランサー」を自認しているわりには、交渉事がまるっきりなにもできないっていうのは致命的ですよね。

国内情勢が厳しいから対外的に強く出るしかない、というのもあるのでしょうね。
ルポ 隠された中国 (平凡社新書855)
金 順姫
平凡社
2017/10/13

韓国外相「トランプ大統領がおかしな人物かって? たとえそうでもこの席で私は話せませんよ」……時も場所もわきまえず口の軽い外相とか最悪だわ……

「トランプ大統領はおかしい?」「ハハハ」…韓国外交トップの軽率な笑い(中央日報)
トランプ米大統領の訪韓(7、8日)を目の前に控えた5日夜、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官がトランプ大統領について「とても自由奔放で格式張ったところがなく率直だ」と評価した。この日、SBS(ソウル放送)のパイロット番組『キム・オジュンのブラックハウス』でだ。進行者のキム氏が「トランプ大統領については『狂っている』『狂人の戦略』などの言葉を聞くが、会ってみた印象はどうか」と尋ねると、康長官はこのように答えた。

キム氏が「(トランプ大統領が)少しおかしいと感じるところはなかったか」と改めて尋ねると、康長官は「おかしいところなんて…そうだとしても私がこの席で話すことができるでしょうか」と答えた。キム氏が「あるのですね」と話すと、康長官は「ハハハ」と笑った。キム氏が「あるということで…」と確認した時もただ笑うだけだった。

対米関係に関する直接的な質問もあった。キム氏が「外交部もそうだが、米国の観点で世界を見たり北の問題を眺める場合が多いのでは」と指摘すると、「朝米関係が重要だから」とし「外交部自体が対米外交に投資する人員、相対的に(対米外交の)比率が高いため、そこの重みが非常に大きいのは事実」と述べた。続いて「その部分も実際、革新方向の一つだが、その比率を何とか軽くして…」と答えた。さらに「外交部内の中国側の力を高める部分は明確にある」と話した。

15分ほど行われたインタビューで、康長官が外交トップとして出す対外政策的なメッセージは多くなかった。真摯な時事番組でないだけに現政権で最も注目される長官として「セレブリティ」の姿に焦点を合わせて制作されたのかもしれないが、進行者と康長官の後ろに見えるコーナーの名称「きつい対談」というには康長官の発言に重みはなかった。
(引用ここまで)

 ……軽いなぁ。
 とてつもなく行動が軽い。

 ユン・ビョンセも韓国モテモテ宣言なんてやっちゃってましたけども、あれは「米中に挟まれていないか?」っていう疑惑に対して、自分たちの業績を過大に言ってしまった勇み足でした。
 まあ、それでもあの話は軽すぎましたけどね。
 「韓国は米中から責められているのではなく、どちらからも求められているモテモテ状態なのであって、これが我々のハイレベルな外交力による成果なのだ」なんてのは外交部長官の言葉ではありません。

 でも、カン・ギョンファのこれはさらにダメだわ。
 この時期にこんな番組に出演して、かつインタビュワーに言いたい放題させて、あまつさえ「トランプ大統領におかしいところがあるとしても、この席で言えることでしょうか」なんて言ってしまう。
 やっている行動が軽すぎる。
 わざとやっているなら悪質ですし、意識していないのなら無能です。

 こうすることでどんな波紋が拡がるのか計算の上でやっていて、「トランプ大統領の訪韓寸前」であるということも考えた上で、かつそれが外交的に意味があるということならまだギリギリ許せますが。
 これ、絶対そうじゃないですからね。
 ただの口の軽い、英語が上手な元女子アナおばさんでしかないっていう。

 まあ、このていどの人間が「対日外交最終兵器」扱いの外交部長官で、かつそんなていどの人間を国会の同意なしに史上初めて強行登用せざるを得なかったムン・ジェイン政権の実際の能力というものがよく理解できます。
 韓国人には生まれなくてよかったけど、ムン・ジェインが大統領でいてくれてよかった。
 本当にそう思いますよ。ええ、本当に。

天下一の軽口男 (幻冬舎単行本)
木下昌輝
幻冬舎
2016/4/6

韓国の中国に対する「三不」の約束にアメリカが激オコ → 韓国政府、慌てて「あれは『約束』じゃない!」と言い訳するものの……問題はそこじゃない

THAAD:韓中関係修復合意、米国で相次ぐ懸念の声(朝鮮日報)
THAAD:韓国外交部「『三不』は『約束』ではないと中国に伝えた」(朝鮮日報)
 韓国と中国が終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題の関係修復に電撃合意したことについて、米国の複数のシンクタンクが1日(現地時間)、「合意は米国を非常に驚かせた」として、これがトランプ大統領の訪韓時に問題になる可能性があるとの見方を示した。米国メディアも合意の背景に関心を寄せている。

 米紙ニューヨーク・タイムズは同日、韓中合意に関する記事で「公式的にはトランプ政権は(韓中の)雪解けを歓迎した。しかし、米政権のある高官は、この合意が問題を複雑にする可能性があることを認めた」と報じた。

 また、米戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン副所長は同日、ワシントンDCで行われたトランプ大統領のアジア歴訪に関するセミナーで「トランプ政権は米日だけでなく韓米日の安保協力を強化しようとしている。そのような状況で韓国政府が中国と共に発表した声明は、人々を非常に驚かせた」と述べた。グリーン氏はさらに「中国政府によると、韓国はTHAADの追加配備、韓米日3か国の軍事同盟、米国のミサイル防衛(MD)システムへの参加を否定した」として「韓国の発表文では(この部分が)あいまいになっているが、万が一これが事実なら、韓米日の協力を堅固にして中国を通して北朝鮮に圧力をかけようとしていたトランプ政権の努力を阻害するだろう」と指摘した。また「この部分は(トランプ大統領のアジア歴訪でわれわれが絶対に見守るべき部分だ)と主張した
(引用ここまで)
 韓国外交部(省に相当)は康京和(カン・ギョンファ)長官が国会国政監査で発言した ▲終末高高度防衛ミサイル(THAAD)追加配備中止 ▲ミサイル防衛(MD)不参加 ▲韓米日3カ国軍事同盟に発展しない、といういわゆる「三不」という立場を、中国側が「約束」と表現していることについて、「中国側に問題提起した」と2日、明らかにした。「三不」という立場は韓中合意文には入っていない。しかし、康京和長官が国会でこれを述べ、中国外務省報道官が「約束」と表現したことから、韓国政府が「三不」で裏合意したのではないかという見方が出ている。

 韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は同日の定例記者会見で、「(『三不』という立場について)中国外交部が『約束』だと言っているが、それに対して抗議する予定があるのか」という質問に、「『約束』という表現を使ったことについて、我々は中国側に問題提起した。その後、その表現は中国語の表現で『立場表明』に変わったと聞いている」と答えた。
(引用ここまで)
 約束かそうじゃないかとか関係ないから。
 韓国政府が「三不」を表明した時点で終了なのですよね、この話は。
 中国が「韓国は中国に対して『THAADの追加配備をしません』『日米韓の三国同盟を結びません』『アメリカのミサイル防衛システムに参画しません』と約束した」と言い、カン・ギョンファが国会でそれを追認してしまっただけで大問題。
 「約束」の部分が問題なんじゃない。
 あのマイケル・グリーンですら「この表明は人々を驚かせた」って言ってしまう。

 アメリカの逆鱗に触れているのですよ。
 北朝鮮に対しても、そして中国に対しても日米韓でアメリカを頂点とした疑似三国軍事同盟でやっていこうというのが、アメリカの意向でした。将来的には三国同盟もあり得るというのが基本的な方針だったのでしょうね。
 それにちょくちょく反抗していたのが韓国で、その理由は「日本とは歴史問題が解決されていないから一緒にやれるわけがない」というもの。
 それが建前であるということはアメリカも充分に理解した上で、日本と韓国に慰安婦合意を結ばせて歴史問題を解決した……はずなのです。
 それでもまだ「三不」、特に「日米韓の三国同盟を結びません」とやってしまった。

 それでなくとも韓国訪問は日数が少ないってブーブー言っているのに、なおのこと優先順位を下げられるし、話す内容はこの件だけになるってものでしょう。
 本当にトランプ大統領の訪韓、及び韓国国会での演説が楽しみになってきましたわ。

ルトワックは韓国を軍事同盟国とは見てない感じだったなぁ……
戦争にチャンスを与えよ (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2017/4/20

韓国外相が天皇訪韓を「日韓関係発展の契機となる」と評価……その一方で国連核廃絶決議案は「日本の被害が強調されすぎている」と棄権

「天皇訪韓なら韓日関係発展の契機になる」韓国外相(聯合ニュース)
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は30日、天皇の訪韓問題について、「天皇の訪韓が実現すれば両国関係の発展のための大きい契機になるであろうと評価している」と述べた。同部に対する国会外交統一委員会の国政監査で、国会議員からの質問に答えた。

 その一方で「ただ、訪韓のための条件が整わなければならず、日本政府との協力、調整が必要な部分であるため、現時点ではいつ実現できるかについては予想するのが難い」と説明した。
(引用ここまで)

 対日外交最終兵器ことカン・ギョンファ外交部長官が、天皇訪韓について発言。
 政治的、外交的に利用する気満々ですね。
 まあ、韓国側もまだ訪韓の条件が整っていないので、具体的にいつになるかは分からないという自覚があるということは望みともいえるでしょうか。

 ちなみに昨日、駐日韓国大使が着任しまして。
 羽田で記者に対してまた「天皇訪韓が〜」とかなんとか言っていたりします。

天皇訪韓 両国関係発展に重要な意味=韓国の新駐日大使(聯合ニュース)

 陛下の訪韓は両国にとってよろしくない、と楽韓Webでは書いています。万が一の事態になったら、もはや日韓関係は「ただの隣国」どころじゃないものとなるでしょう。
 その可能性が残る間は訪韓すべきではないのですよ。それが両国のためというものです。

 さて、最初のカン・ギョンファが国会査察で天皇訪韓を〜という記事、当然ですが韓国版聯合ニュースでも報じられています。

カン・ギョンファ、天皇訪韓問題に「訪韓行われれば、関係の発展に大きなきっかけ」(聯合ニュース・朝鮮語)

 ですが、日本版の文章量はこの韓国版のざっくり半分ほど。
 韓国版ではまだ他にもカン・ギョンファが国会査察で述べた話があるのですよ。
カン長官は最近、国連総会第1委員会の「核兵器全面撤廃に向けた共同行動」決議に政府が棄権した理由を尋ねた自由韓国党ユ・ギジュン議員の質疑に「原爆被害の問題を編集に入れながら、当社が「私たちの国民の犠牲者も多くあります。この部分も一緒にテキストに込めてほしい」要求をしたが...(残念)」と答えた。前外交部当局者は、この決議は、特定の国の原爆被害の問題が過度に強調されて放棄したと説明した。
(引用ここまで)

 この「特定の国の原爆被害の問題」というのは日本のことなのですが。
 一方で「日韓関係を発展させるために天皇訪韓を」って言っておいて、その一方で「日本の原爆被害が強調されすぎている!」と核廃絶決議を棄権。
 どの口が関係発展とか言っているんだかな。
 そして、そういう都合の悪い部分を削除する聯合ニュース・日本版も気持ち悪いったらない。
 こうして韓国版を持ってこられたら削除した部分なんてすぐ分かるのにね。
 そういえばホワイトハウスでのムン・ジェインのファンクラブ結成の話とかも日本版・英語版で削除していましたが、なんの都合が悪いんですかねぇ?

自分の都合を押しつける人 (角川新書)
片田 珠美
KADOKAWA / 角川書店
2016/8/10

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ