楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

サッカー

 相互RSS募集中です

韓国人から「次期代表監督はヒディンクだろ!」との声……もう就任先のないロートルだよ?

「ヒディンク再び呼ぼう」世論の中、サッカー協会刷新論が激しく起こる(ヘラルド経済・朝鮮語)
ヒディンク前韓国代表監督の韓国人名はフィ・ドングク=喜東丘である。
住民登録証まで出た。これはヒディンク監督への愛があまりにも深いために韓国国民がつけた名前であり、作ってくれたものである。彼が韓国人だったらよいという願望を抱いている。
多くの国民は彼がふたたび韓国サッカー代表チームを引き受けてくれることを望んでいる。

次の2つのシーンは妙であった。

・昨年9月にサッカー協会はヒディンク監督側からの韓国代表監督就任の提案を受けても、これを通知しないことが明らかになって「嘘波紋」に包まれた。最近失敗に終わったスコラーリ監督迎え入れ過程も10ヶ月前ヒディンク事態と似ているという分析も出ている。純粋な選考以外の影響が作用しなかったかという疑問を持つようにする。

・シン・テヨン監督は、ロシアワールドカップでグループリーグ敗退した後、帰国してまるでホテリアーがVIPゲストを迎えるときのようにサッカー協会洪明甫専務に腰を深く下げて挨拶した。洪明甫専務がわずか一歳上である。シン監督は代表運営に責任を持つ独立した位置にある身分だったのではないかと、国民はこのような風景を目撃して少なからず困惑した。

これらの風景だけを見ると、韓国サッカー監督になるにはサッカー協会の手足になってこそ可能なのかもしれないとの想像をすることになる。もちろん想像だが、心証のある部分も存在している。

今、韓国サッカーは、高速突破と体力があるという韓国的サッカーの本能を起こす司令塔を探しているが、容易ではない状況だ。先の想像が正しければ、新監督は現行の協会ではなく新しい協会でなければならない。KFAの刷新がまず必要であり、新しい監督は後で見つけてもいいという意味である。

ワールドカップが終わってほとんどの国のサッカー協会は、4年後のワールドカップに向けて既存のDPと決別し、「新しい酒は新しい皮袋に」と表現されている刷新に着手した。

さらに、日本はヴァヒド・ハリルホジッチ監督はW杯開幕2ヶ月を残して電撃更迭し、スペインはフレン・ロペテギ監督をグループリーグ第1戦の直前に突然解任する劇薬処方まで下げた。16強脱落の苦杯を飲んだアルゼンチンはホルヘ・サンパオリ監督と決別を宣言した。

二大会連続ワールドカップ本選脱落という成績を残した韓国は今回のロシアのワールドカップでの戦略の不在とミスが重なり、2連覇終った後に、ドイツとの最終戦で2-0で勝利して全敗の屈辱を免れた。

連敗当時には「あの連中がなぜ代表にいるのか」、「サッカー協会と監督は何も戦略がない」、「基本的な技巧すら備えていない様子のサッカー行政は不妊行政か」、「また特定の学閥を前面に出した情実サッカーか」という非難が殺到した。ホン・ミョンボ監督が2014年のワールドカップでグループリーグ敗退する際にも情実抜擢議論が国民を激怒させたことがある。

文化体育観光部が耳を傾けなければならない部分だ。サポーターは2002年韓日ワールドカップの後に消えた代表の闘志とスピードを蘇らせ与える新しい顔を望んでいる。

既存のシステムに新しい監督を選任するよりは選手、専門家、文体部などが一緒に新しい構造を作成し、新しい監督を選任しなければならないという声も聞こえる。莫大な血税を使う機関だけにこれまでの徹底監査を繰り広げるべき、という指摘だ。

1勝2敗の結果は「失敗ではないが、成功でもない」ということだった。釈然としなかったヒディンク監督選任不発問題が10ヶ月ぶりに再びふくらんでいるが、もしかしたら「知り合いの人間を充てる」次元であれば、これらを文体部の徹底監査対象にならなければならないという声も高い。
(引用ここまで)

 いまだに韓国人からは「フース・ヒディンクを監督に!」という声があるのですね。
 どうも「監督さえヒディンクに戻ればベスト4の栄光を取り戻せる」というような意識があるっぽい。
 韓国人の中では「韓国にはワールドカップでベスト4になったほどの実力があるのに、それが協会や監督のせいで発揮できずにいる」という設定になっている感じですね。
 もちろん、アジア最終予選でアウェイではイラクはもちろん、中国、カタールに負けてシリア、ウズベクに引き分けて勝ち点2しか稼げなかったというのが実力であることをよく理解している人も多いのですが。

 それ以前にヒディンクのサッカーはもう通用しないと思います。
 チェルシーで暫定監督やっていた頃を見るかぎりではですけども。まあ、戦術をアップデートできているのかもしれませんが。
 チェルシーの暫定監督就任以来、監督をやっていないという事実がすべてを物語っているような気がします。
 最後に韓国代表監督で一稼ぎすればいいんじゃないかなぁ。

 個人的には次回の予選ではリッピに率いられている中国がちょっとやな感じかな……と。E-1やアジア最終予選では、あの中国がちゃんと組織的に守備をしてましたからね。
 前回の予選を半ば以上諦めたこともあって、同じ代表監督下ですでに2年プレイしているというアドバンテージもありますし。
 開催国がカタールだから枠もおそらくはひとつ減ることでしょうし。
 とりあえず日本代表がベスト16に滑り込んだことで、それ以上の削減はないと思いますが。
 決勝が終わってすべてリセットだなー。今回の大会は全体的によい結果だったように思えます。楽しかった。

 

ソン・フンミン、兵役免除を賭けて来月のアジア大会へ。金メダル以外韓国帰国コースへ

【コラム】「孫興民、軍隊に行け」シュート(中央日報)
2002年10月10日晩、釜山(プサン)九徳(クドク)運動場で2002釜山アジア競技大会男子サッカー準決勝の韓国−イラン戦を取材した。延長戦まで引き分けで終えた両チームはPK戦に入った。イランのネクナム、韓国の李東国(イ・ドングク)、そしてイランのカエビまですべてゴールを決めた。その後、韓国の李栄杓(イ・ヨンピョ)が力いっぱい蹴ったボールはクロスバーに当たって夜空に向かった。イランが5−3で勝った。李栄杓は2002韓日ワールドカップ(W杯)ベスト4ですでに兵役免除を受けていた。W杯に出場できなかった李東国はアジア競技大会でも金メダルを獲得できず、翌年2月に入隊した。夜空に向かったそのシュートは「李東国、軍隊に行けシュート」だ(韓国が3位決定戦でタイに勝って李東国は銅メダリストになった)。

2018アジア競技大会ジャカルタ・パレンバンが8月18日に開幕する。アジア競技大会の位置づけは以前ほどでない。周囲を見ても大きな関心はない。ただ一つ、サッカー代表と野球代表の兵役問題を除いてだ。

今回のアジア競技大会サッカーの観戦ポイントは「孫興民(ソン・フンミン)の兵役」の一つだけであるようだ。孫興民は否定できない韓国現役選手「1トップ」であり、アジア競技大会サッカー代表「オーバーエージ(23歳超過選手)」の3人にも入るだろう。しかしほかのことより「孫興民の兵役」ばかりが話題になる状況が異様だ。残りの22人は何だろうか。 (中略)

急いで兵役法を改正しよう。オリンピック(五輪)のメダルやアジア競技大会の金メダル一つで兵役免除を受ける現システムを改めよう。さまざまな国際大会を追加するものの、大会の難易度に基づいてポイントを定め、一定のポイントに達すれば兵役を免除する制度にだ。そうしてこそ五輪4位の選手やアジア競技大会の銀・銅メダリストも笑うことができ、兵役免除を受けると現役選手でありながら「国家代表を引退する」と言う選手も減り、アジア競技大会の準決勝で誰かが「孫興民、軍隊に行け」シュートをしても孫興民は泣かないだろうから。
(引用ここまで)

 いまのところ、スポーツ選手が兵役免除になる手段はふたつだけ。
 ひとつはアジア大会で金メダルを獲得すること。
 もうひとつはオリンピックで銅メダル以上を獲得すること。

 2002年のワールドカップで4位になったとき、および2006年のWBCで4位になったときは特例で兵役免除(2週間への短縮)がありました。
 これも法治よりも国民感情を優先する一例に挙げられますかね。

 ただ、他のスポーツをやっている選手から抗議の声が挙がりまして。
 「オリンピックで4位になっても免除されないものをなんで単一競技の大会で免除されるようになっているんだ!」と。
 そこは「単一競技の世界大会で4位以上になれば兵役免除」というように制度改正すればよかったのでしょうが。
 そうなると兵役免除が多くなりすぎるのではないかということで、WBCとワールドカップでの兵役免除のほうが消滅しました。

 ただ、いくら世界選手権等で好成績を挙げても、オリンピックとアジア大会の時に調子を崩していたら兵役免除にはならないということで以前から問題になってはいたのです。
 というわけで以前からポイント制というのが考慮されています。
 たとえばオリンピックで銅メダルを取れば30点、銀メダルなら50点、金メダルなら70点というようにして、100点以上になれば兵役免除……というような感じですかね。
 規模の小さいアジア大会だったらそれぞれ10点、30点、50点というようになる。
 これなら各種競技の世界選手権や、サッカーのアジアカップでもポイントを割り振ることは難しくないということでかなり昔から考慮されている話ではあるのですが。
 兵務庁が兵役免除を増やしたくないということで有耶無耶になっている、というのが現状です。

 今日知ってもどこでも使いようのない韓国知識ですね。

 んで、ソン・フンミンですが優勝が確実視されていた前回の仁川で開催されたアジア大会時には所属クラブのレバークーゼンから「そんな小さな大会のために怪我のリスクを冒してまで選手を派遣できない」とされて選出されず。
 本人がU-23として出場できる機会だったロンドンオリンピックには父親の命令で出場せず。
 ロンドンオリンピックのときはかなりのブーイングをくらっていましたね。要するに銅メダル以上は絶望だから出ないんだろうと。
 実際には銅メダル獲得で兵役免除者が20人ほど生まれたわけですが。

 来月のアジア大会のオーバーエイジ枠で出場が確実視されていますが、金メダル以外は兵役免除なしの一発勝負。
 記事にあるようにイ・ドングクは兵役免除を獲得できずに2年間、尚武FCに所属してました。その後にプレミアリーグに移籍しましたが、サポーターの選ぶワーストストライカーに選出されていましたっけ。
 おそらくはソン・フンミンにとってこれが兵役免除を獲得できる最後のチャンス。
 まあ、生ぬるく見守りたいところですかね。
 ちなみに一般の兵役免除率は6.4%。財閥の子弟は33%。
 さらにサムスングループの子弟になると73%。うん、まあ財閥叩きがあったもしょうがないな、という部分ではありますかね。

軍バリ! 1 (ヤングマガジンコミックス)
イ ユジョン / イ ヒョンソク
講談社
2006/5/2

韓国サッカー協会「世界的なカップ戦やビッグリーグで優勝した監督が望ましい」「韓国サッカーのレベルにあった監督が必要だ」……それではここで元監督の名言をごらんください

サッカー:海外メディア「韓国がハリルホジッチ氏と接触」(朝鮮日報)
 アルジェリア・メディア「DZ FOOT」は7日(韓国時間)、大韓サッカー協会がハリルホジッチ氏に対し、監督就任をオファーしたと報じた。同メディアは「韓国は申台竜(シン・テヨン)監督に代わる新たな司令塔を探している。ハリルホジッチ氏は既にアジアで良い経験を積んでいる。韓国にとっては非常に魅力的な人物」と伝えた。 (中略)

 今回のW杯で決勝トーナメント進出を逃した韓国は、新監督候補を10人前後に絞って人選作業を進めている。キム・パンゴン国家代表監督選任委員長は「外国人監督を招くのなら、世界的なカップ戦やビッグリーグで優勝した経験豊富な監督が望ましい」として「9大会連続でW杯に出場している韓国サッカーのレベルに合った監督が必要だ」と基準を説明した。
(引用ここまで)

 時期的にサッカーネタが多くなるのは仕方ないか。
 デュエルを重視するハリルホジッチのサッカーと、もはや縦ポンしかできなくなっている韓国サッカーの相性がいいとは思えませんね。
 それ以前に「日本のお古」という事実だけでも彼らには我慢できないことなんじゃないでしょうかね。
 もしハリルがなんかの理由で来日するんだったら「ありがとう」って断幕出したいくらいですね。
 確実に今回の16強進出は彼の手腕が要因のひとつでもあります。

 それはそれとして。
 韓国代表監督の採用基準、というものがなかなか面白い。
 「世界的なカップ戦やビッグリーグで優勝した経験豊富な監督が望ましい」んですって。
 「9大会連続でワールドカップに出場している韓国サッカーのレベルにあった監督が必要だ」……か。

 それではここで2004年6月から1年ちょっとに渡って韓国代表監督をやっていたヨー・ボンフレール監督の名言をごらんください。

「誰がやっても無理」

 お疲れ様でした。

レッドカード 汚職のワールドカップ (早川書房)
ケン・ベンシンガー
早川書房
2018/7/15

ワールドカップ:韓国代表に海外組は5人だけ……しかもKリーグ出身はひとりだけ……日韓の差はこうして生まれた?

【コラム】なぜ韓国サッカーは魅力を失ったのか(朝鮮日報)
 鄭夢奎会長は16年、再選を果たした。W杯に行くまでの過程は前大会と同じだった。ロシアW杯が開幕するたった1年前、申台竜(シン・テヨン)氏が代表監督に就任したが、今回も結果はグループリーグ敗退だった。世界最強のドイツを倒しはしたが、本質的には監督選任や代表運営などで失敗した4年前とほぼ同じだった。 (中略)

 鄭夢奎会長がトップを務めるHDC(旧:現代産業開発)は「アイパーク」というブランドで有名だ。建設はもちろん、最近では流通関連事業において積極的にブランドを展開している。その鄭夢奎会長に対し、「韓国サッカー」というブランドの価値が下降を続けていた最中に何をしていたのか尋ねたい。この6年間の任期中、同会長のリーダーシップが見られなかったという見方は多い。

 鄭夢奎会長は先日の記者懇談会で、韓国代表に対する関心が下がった理由を尋ねられると、「南北首脳会談をはじめとする大きなトピックが多かった」と答えた。明確な原因の分析と対策を期待していた記者としては失望した。

 商品が売れなければ頭を痛めなければならない。誰もが納得する名将を迎えるなどの思い切った投資も必要だろう。問題を自分ではなくよそのせいにばかりするのは正しい姿勢ではない。今こそ韓国サッカーの経営者として確かなリーダーシップを示すべき時だ。
(引用ここまで)

 一応、こんな風に「今回の韓国代表は失敗したのだ」と書いている記者もいますよ、ということでピックアップしてみました。
 さて、今回の韓国代表には23人中5人しか欧州組がいないのですが。
 数も少ないですし、ちょっと全員を見てみましょうか。

・イ・スンウ(ヴェローナ)
・ク・ジャチョル(アウクスブルク)
・キ・ソンヨン(スウォンジー→ニューカッスル)
・ソン・フンミン(トッテナム)
・ファン・フィチャン(ザルツブルク)

 この5人のうち、Kリーグを経由しているのはク・ジャチョルだけ。
 他の4人は直接ヨーロッパに渡っています。
 パク・チュホもドイツからKリーグへの出戻りなのですが、プロ経験はJリーグからスタートしてバーゼル→マインツ→ドルトムント→蔚山現代という経路。
 ここ何年か、Kリーグから欧州挑戦が途絶えているのですよ。
 その最大の理由が移籍金。

 ヨーロッパのクラブはアジアからの移籍に対して多額の移籍金は支払いません。まあ、何千万円のレベル。香川は35万ユーロとかでしたね。長友の175万ユーロはチェゼーナへのレンタルで結果を残してからの完全移籍金でしたし。
 ところが中東のクラブは数億円レベルの移籍金をぽんと支払ってくれます。
 イ・ミョンジュという将来を嘱望されていたKリーグ所属の選手がいました。
 元新人王でベスト11にも選出された選手。ヨーロッパからも声がかかっていたそうですが中東はUAEのアル・アインに移籍
 移籍金は500万ドルでした。さすが原油の力。
 同時期に移籍した原口が50万ドル。大迫で7500万円。
 結果、原口も大迫もいまだにドイツでプレイして日本代表に選出されていますが、イ・ミョンジュは3年契約が終了して去年にFCソウルに出戻り。さらに兵役を果たすために2部の牙山に移籍。

 所属していたクラブにとっては500万ドルの移籍金を残してくれたことはありがたいのでしょうが、サッカーという競技にとってはどうだったのでしょうね。
 世界最高の水準でプレイする、ということは重要な経験じゃないかなと思うのですが。

 現状で日本代表は23人中15人が海外組。スタメンの11人のうち、10人が海外組。
 スタメン中、唯一のJリーグ所属だった昌子にもヨーロッパから移籍の話がきているとのこと。
 クラブや選手がなにを目指しているか、という大きな違いが今回の結果の違いを生んだように思えますけどね。

明日発売だけどもまだ画像はない。オシムのロングインタビューが掲載されているとのこと。
Number(ナンバー)特別増刊号 激闘日本代表 ロシアW杯決勝トーナメントベスト16・ベスト8詳報 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))
文藝春秋
2018/7/10

韓国メディアが「日本はグループリーグのボール回しすら忘れて16強進出を褒めたたえている」と日本代表を酷評

日本メディア、「ボール回し」さえ擁護……「何が悪い!賛美しよう」(STNスポーツ・朝鮮語)
日本代表が5日午前(韓国時間)、自国に帰国した。日本は今回のワールドカップに参加したアジア諸国の中で唯一16強に上がる成果を出した。帰国する選手団を日本国民は歓待した。

日本が今回のワールドカップで良い成果を出したのは事実だ。しかし、瑕疵もあった。去る28日のグループリーグ第3戦、ポーランド戦がそれである。当時、日本は後半終了を残し、ポーランドと0-1で負けていた。

突然、日本がボール回しを開始した。攻撃する意思は全くなかった。ただ時間を浪費しただけだった。ワールドカップの試合を見るために莫大なお金を使った観衆はブーイングを浴びせた。これらの反応にも日本代表チームは、ボールを回し続けた。

日本がボールを回したことには理由がある。当時、日本は同じ組のセネガルと勝ち点、得失点差、得点など、すべての指標で同率を成した。しかし、そのまま試合は終了ば、日本が上がる状況だった。警告、退場などを受けると、減点されるフェアプレーポイントで日本がセネガルをリードしたからである。日本は終了のホイッスルが鳴るまでボールを回し続け、結局フェアプレーポイントの差で16強に進出した。 (中略)

日本は16強戦となるベルギー戦で名勝負を繰り広げた。しかし、グループリーグの時のボール回しのために、より良い評価を受けられない状態だ。

しかし、日本のメディアは称賛一色だ。5日、日本のマスコミ<サンケイスポーツ>は「ボール回しが国内、国外で多くの批判を受けた」と認めて切り出した。

しかし、「国外の批判はどうすることができない場合でも、国内の批判は理解できない。西野朗監督が混乱の中で16強に進出したことを知りながら、批判するか」と声を高めた。

それだけでなく、「ルール違反したことは全くない。ルールの中で戦ったのに何の問題があるのか。何が悪い。規定どおりグループリーグを通過したものである。批判する理由がない」と説明した。

また、媒体は「むしろ脱落した場合は、より多くの批判を受けたものである。失点して脱落しても、フェアプレーの評価で押されて脱落しても『もったいない』などの批判を受けただろう。胸を大きく張って西野ジャパンの快挙を称賛しましょう」と付け加えた。
(引用ここまで)

 日本が決勝トーナメントに進出したことが血の涙を流すくらいに口惜しいということは理解できました。
 ま、それでもポーランド戦における試合そのものへの酷評は甘んじて受け入れるしかないでしょうね。
 ただ、グループリーグ3戦目というものはああいったことが起きがちでもある。

 ベルギー−イングランド戦も「世紀の凡戦」だのなんだの言われていたわけです。ベルギーが1点入れたあと、イングランドは2位通過を受け入れて攻めようとしない。ベルギーも1位通過が決まったのでよしとする。
 それとなにも変わらない。
 コロンビアとセネガルの状況を鑑みて、残り15分でセネガルが同点に追いつけるかどうか。ポーランド相手に日本が点を挙げられるかどうか。
 西野監督はすべての条件を鑑みてもっとも確率が高いと思われるところに手持ちの財産をすべて賭け、成功したのです。

 前も書いたようにマイアミの奇跡だなんだいわれてもグループリーグを勝ち抜けることができなければなんの意味もないということをよく知っている。
 ボール回しができずにワールドカップに出られなかったドーハの悲劇があり、2勝してもグループリーグ勝ち抜けができなかったマイアミの奇跡を経て、日本代表は「グループリーグを勝ち抜けるため」の手段を選べるようになったのです。
 日本サッカーのポートフォリオですよね。勝ち点4を得て、なんとかギリギリでグループリーグを抜けられるまでにはなっている。
 文句なしの勝ち抜けはまだ難しい。

 韓国がドイツに勝ったのも、引き分けではグループリーグ敗退が決まってしまうドイツが前掛かりになったところをコーナーを得てゴールしたというだけ。
 ベルギー−イングランド戦、日本ーポーランド戦、韓国−ドイツ戦。
 三者三様の出来事ですがいずれもグループリーグ3戦目であるからこそ起きた事態であって、通常の試合では起きない珍事であったのは間違いありません。

 で、この韓国メディアは「グループリーグ3戦目のボール回しがあったから、ベルギー戦でどれだけ健闘しても世界から評価されない」って主張しているんですが。
 その世界ってどの世界のことなんですかね?
 少なくとも英語メディアであの試合について最大級の評価をしていないところはないと思いますわ。
 ポーランド戦を「ハラキリ寸前だった」って書いたタブロイドのザ・サンですら手のひら高速回転で「もう少しでベルギーは崖下に落とされるところだった」と評価。
 ベスト16の8試合では屈指の好試合だったのは間違いないでしょ。1番面白かったと言っても過言ではないと思いますね。
 まあ、デブライネをイエローもらってでも止めるっていう、あとひとつまみのマリーシアが欲しかったのは実際かな……。
 ただ、あの試合ができたこと自体が財産ですよ。
 戦前のぐだぐだはそれとして断ずるべきだけど、それはそれとして決勝トーナメント進出と、ベルギー戦の健闘は褒めたたえていいと思います。
 ん、韓国? ドイツに勝ったので失敗ではなかったらしいので、名将シン・テヨン続投でいいんじゃないんですかね。韓国は韓国でがんばれー。

韓国公共放送のサッカー解説員「ベルギーがゴール! ありがとうございます!」と叫ぶ→「あれは延長戦がなしになったことへの感謝だった」と言い訳

<W杯>日本−ベルギー戦、韓国解説委員の不公正発言に批判殺到(中央日報)
<W杯>韓国の解説者、日本−ベルギー戦の不公正中継を謝罪(中央日報)
ナセル・シャドリの後半追加時間の逆転ゴールでベルギーが日本に3−2で逆転勝利を収めて2018国際サッカー連盟(FIFA)ロシアワールドカップ(W杯)ベスト8に進出した中、KBS(韓国放送公社)サッカー解説委員ハン・ジュニ氏の発言が問題になっている。 (中略)

この日の試合解説を担当したハン解説委員は、シャドリのゴールが入ると「シャドリ、ありがとうございます。シャドリをなぜ(試合に)投入したのかとさっき(言ったけれど)。非常に間違っていました。謝ります。ありがとうございます」とコメントした。

続いてハン解説委員は興奮した声で「シャドリ選手のゴール、当然感謝して謝罪します。今のベルギーの5人の選手による電光石火のような最後のカウンター攻撃、これがサッカーですね」と付け加えた。
(引用ここまで)
ハン解説委員は3日、tbsラジオ番組「キム・オジュンのニュース工場」の電話インタビューで、不公正中継という批判について「本能を隠せなかった。敗れたチームには申し訳ない。瞬間的にそのような言葉が出てきた」と話した。続いて「韓国サッカーと日本サッカーは比較される側面があり、日本の競技力が良かった。長所と特性をよく生かしていた。我々が小さく見える状況もあった。瞬間的に本能が発現した」と伝えた。
(引用ここまで)
 ハン・ジュニというKBSの解説者が、アディショナルタイムにおけるベルギーのゴールに対して「ありがとうございます」と叫んだ、とのこと。
 その「解説」がKBSという公共放送に乗せるべきものであったのかと議論を呼んで。
 今日の午後になってから「申し訳なかった」と謝罪したのだそうですよ。
 「日本の競技力がよかったので我々が小さく見えるような状況だった。本能が発現した」とと。

 別に……ねえ。
 韓国が日本を嫌っているなんてことはいつものことですし?
 本能だったらしかたないんじゃないですかね。
 コンディション万全で優勝候補の一角とされているベルギーが、日本といい勝負をしてしまっていた。
 なんだったら日本がベスト8に限りなく近づいた瞬間もあった。

 韓国人にしてみたら、日本のサッカーがはるか彼方に消え去ってしまうような感覚だったのでしょうね。
 「世界ランキング1位のドイツに勝った」とはいえ、けっきょくグループリーグをどちらも突破できない最下位決定戦をやっていただけ。
 リーグ最終戦という特異性がなければ勝つことはできなかっただろうということを、どこかで自覚しているのでしょう。
 そういった入り混じった感情が「ありがとうございました」という言葉に帰結した、ということなのでしょう。

 公共放送がそういった解説をすべきなのかという話であれば、ソチオリンピックの時に浅田真央をけなしにけなしたという前例もありますし。
 社会構造が反日無罪なのだからしょうがない。
 ちなみにさらに「(延長で)残業しないで済んだことに対する感謝だった」とか言っているようです。

ハン・ジュンヒ、「抗日」と「定時退社」誤解ハプニング... 「残業ないことに発言したもの」(ヘラルド経済・朝鮮語)

 ……それならそれで(どうでも)いいんじゃないですかね?
 さらにいうとネチズンらの大半はこの「ありがとうございます」発言に理解を示しています。
 ま、楽韓Webではこういった発言があった、ということを伝えるまでです。
 そもそもうちは「韓国で言われていること」をそのまま伝えることこそが、日本人にとって一番よいことだと思ってはじめたサイトですからね。

韓国サッカー代表監督はシン・テヨンが留任? あるいはファン・ハールのような著名監督を起用か?

シン・テヨン留任? 更迭? 外国人監督?... 韓国サッカーに置かれた三つの道(スポーツ京郷・朝鮮語)
韓国サッカーが4年後に開催されるカタールワールドカップを狙った準備を開始する。

大韓サッカー協会は2日、「具体的な日付は確定していなかったが、代表監督選任委員会が近々行われるだろう」と明らかにした。

代表監督選任委員会は9月のAマッチまでに、ロシアワールドカップまでの契約が満了したシン・テヨン代表監督(48)の留任か新監督選任するかどうかを決定する。新監督を選ぶなら、その対象を外国人監督にするのか、国内監督を選任するかどうかを決定しなければならない。韓国サッカーの前に三つの選択肢があるわけだ。 (中略)

当初の目標であった16強進出に失敗したことについて失望したが、王者であり国際サッカー連盟(FIFA)ランキング1位、ドイツを相手に2-0で勝利を獲得し、雰囲気が変わった。

新監督が昨年9月に成績不振で更迭されたウリ・シュティーリケ前監督に代わって火消しとして緊急投入され、主軸選手たちが大挙負傷で離脱した点を勘案すれば、再評価が必要だという声もある。来年1月にアラブ首長国連邦(UAE)で開かれるアジアカップまで契約を延長した後、成否に応じてカタールワールドカップまで再信任しようという案が出てくる。車範根前代表監督は私見を前提に、「ドイツに負けたというのであれば(留任が)難しいだろうが、勝ちさらにいい試合をしたので、機会を与えることも一つの方法だ」と話した。 (中略)

チョン・モンギュ大韓サッカー協会会長は、新監督を選任する場合、国内の指導者ではなく、オランダ人ルイス・ファン・ハール監督のような世界的な名将を望んでいることが分かった。

名将を連れて来るために必要な費用を買う余裕ができるかが変数だ。ファン・ハール監督は、2014年ブラジルのワールドカップ当時、オランダで年俸だけで28億ウォンを受けた。新しい監督がコーチングスタッフとトレーナーなどを追加で連れて来る条件を提示する場合、これらの給与を含めて年間合計30億〜40億ウォンの予算が必要である。
(引用ここまで)

 そもそも、一度シュティーリケの代表監督更迭が騒がれたことがあるのですが。
 その理由が「更迭して再度外国人監督を採用したいのだけども、金もなければコネもない。そもそも時間すらない」というネガティブなものだったのですよ。
 で、何戦かしたもののやっぱり更迭ってなった結果がシン・テヨン。
 つまり、「金もなければコネもない。時間はさらになくなった」という状況下で採用された監督だったのです。
 そんな選考を経て選ばれた監督が留任って……とてもよいと思います

 この夏に予定されているアジア大会、そして来年のアジアカップ。
 たとえアジアカップまでであったとしても、確実に時間を浪費してくれるわけですからね。
 それでなくても今回のアジア予選でぎりぎりだったのに、その予選ラスト2戦でイラン、ウズベク相手に1点も入れられなかった監督ですよ?
 2戦とも引き分けだったので1点も取られなかったという言いかたもできますが。
 ま、そのていどの監督に対して留任の話が出るという時点で現在の韓国代表のレベルを知ることができるってなところなのでしょう。

 で、その一方で欧州で著名なルイス・ファン・ハールのような監督を引っ張ってきたいというのがKFA会長のチョン・モンギュ(元会長のチョン・モンジュンとは別人。甥)の意向なのだそうですが。
 最大の問題はギャランティだそうです。
 チョン・モンギュが会長をしている現代産業開発は不動産開発を主要事業にしているのだから、ここ数年のバブルでけっこう潤っているはずなのですよね。
 今年に入ってからはきつい状況になっているかもしれませんが。
 そもそもスタッフ込みで40億ウォンならポケットマネーで払えるくらいの小銭でしょうに。
 まあ、監督を著名な人物にしたところで……ねぇ?

大迫半端ないって tシャツ すぐに配送できる 2018ワールドカップ 日本代表 サッカー おもしろい 半袖Tシャツ シャツ メンズ 男女兼用 無地 軽い 柔らかい
OTYTY
2018/6/26

韓国人「ベルギー代表が正義を執行した!」「アジアで世界ランキングトップ5に勝ったのは韓国だけ」

日本、歴史的死闘も韓国メディア辛口「底力不足で大逆転劇」「特有の弱点明らかに」(THE ANSWER)
「衝撃逆転負け」日本代表監督、「何が不足しているのか……」(SPOTVNEWS・朝鮮語)
「後半守備崩壊」日本、攻防の結果2-3逆転負け...ベルギーの劇的な8強(sportalkorea・朝鮮語)

 あえていうのであれば、後半の早い時間で得点、追加点が入ってしまってベルギーに充分な時間があったというのが敗因かなぁ。
 さすがにトラップやパスが雑になるとかベルギーも焦りが見えてきたのですが、交替メンバーが入ってきたから落ち着いてきてしまった。ベルギーの1点目のループも技ありというか、シュートでもセンタリングでもいいという落ち着きがあったシュートでした。
 最後は力負けしてしまった。ヨーロッパとアジア、サッカーという競技に接してきた歴史に負けたというようなイメージ。
 でもまあ、朝の5時まで起きていた価値はある試合でした。

 文字通りに死闘でしたが、なぜか韓国メディアは「守備崩壊」だの「底力が不足している」だのなにやら上から目線で評価しているのが苦笑ポイントですかね。
 ネチズンのコメントも「ベルギーが正義を執行した」とか「世界のトップ5に勝てるアジアのチームは韓国だけ」とかいうものが多数。
 もちろん「試合を楽しんでしまった」というようなコメントもありましたけどね。

 まだまだ外国人監督も必要でしょう。将来は宮本、長谷部あたりがやってくれるのでしょうけども。
 韓国はシン・テヨンを留任させればいいと思いますよ。
 チョン・モンギュKFA会長はファン・ハールを招致したいとかいっているらしいですけどね。

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
朝鮮紀行
6/28まで50%ポイント還元中。
ブラックパンサー MovieNEX
一応、韓国関連かな
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ