楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

サッカー

 相互RSS募集中です

「韓国人バルサデュオ」の挑戦、バルサBの2部への昇格で完全に終了〜

バルセロナB、外国人クォーター「ブラジルの2人」への登録……スンホ - スンウは?(スポーツソウル・朝鮮語)
百勝号とイ・スンウが所属するスペインのFCバルセロナが2部昇格を成し遂げた2群(バルセロナB)の外国人クォーターを2枚、ブラジルの選手たちに割く予定である。

スペインの有力ジャーナリストであるヘラルド・ロメロは、自分のSNSを介して2017〜2018シーズン、スペイン2部リーグでプレーするバルセロナBの外国人選手が守備マーロン・サントスとミッドフィルダービティニューロで決定したようだと述べた。ブラジル出身でマローンは1年前に入団し、バルセロナ1軍の試合にも二回出場するほど成長性を認められている。ビーティニューは、最近まで自国名門パルメイラスで走った。次のシーズン前にバルセロナが契約を締結して2軍に下がった。

バルセロナBは、26日に終了し昇降プレーオフで1勝1分けの記録、2年ぶりに2部リーグ昇格を決めた。2部では各チームの外国人選手を二人だけ置くことができるので、現在のバルセロナB所属のペク・スンホ、今年の夏から年齢の問題でユースチームを離れて2軍に行かなければならないイ・スンウには大きな制約もあった。ロメロの分析によると、バルセロナBはセンターバックと攻撃的MFにそれぞれ一人ずつのブラジル人選手を置くことで結論する可能性が大きい。
(引用ここまで)

 今シーズン、スペインの3部リーグ(セグンダB)に所属していたバルセロナBは地域優勝してプレーオフを勝ち抜いたことで2部リーグ(セグンダ)に昇格しました。
 これによってイ・スンウとペク・スンホの「バルサデュオ(旧バルサ三銃士)」はバルサBへの昇格の芽が絶たれたことになりました。
 スペイン2部ではEU域外の登録選手は2人まで。
 その2枠は両方ともブラジル人が登録されるであろうという報道。
 というわけで「バルサデュオ」のバルセロナBへの昇格は完全になくなったと。

 というかそもそも、EU域外枠とかまったくなくていくらでも出場できた3部リーグで、イ・スンウはベンチ入りすらなし。ペク・スンホは1試合出場16分。
 そんな選手が2部に上がって枠をもらえるわけがないですよね。
 一時期、バルサBの昇格に伴ってスペインの4部リーグに三軍にあたるバルサCを作ろうかという話もあったのですが立ち消えました。
 このまま「FCバルセロナ」というブランドにすがりつくというのであれば、1年間は完全に浪人ですね。


 ふたりともバルセロナの未成年者移籍についての違反で公式戦に出られない時期がけっこう続いていたのですよ。2年だかそこら、まるっきり公式戦出場ゼロ。それで伸び悩んだっていうのは大きいですかね。
 久保くんが日本に帰ってきたのは、18歳まで公式戦に出られないのであればプレイヤーとしての成長に弊害が大きすぎると判断したからなのでしょう。
 それに比べてイ・スンウは「韓国に帰るくらいならサッカーをやめる」とか言ってましたっけ。
 まあ、どちらの対応が人生として正解だったかなんてことは、あと20年ほどしないと分からないでしょうけどもね。

伸ばしたいなら離れなさい 〜サッカーで考える子どもに育てる11の魔法〜
池上正
小学館
2017/5/28

韓国メディア「アジアの宝石、イ・スンウにシャルケ04が興味」→ 5分後 →「イ・スンウ、バルサB昇格に失敗」

イ・スンウ、ドルトムント続いシャルケも迎え入れ推進(スポータルコリア・朝鮮語)
   ↓
スペインメディア「イ・スンウ、バルサB昇格の機会得られなかった」(スポーツ朝鮮・朝鮮語)
イ・スンウは、アジアの宝石として評価されている。(中略)

イ・スンウの活躍は、ドイツのクラブの注目をひきつけた。ドルトムントに続いてシャルケがイ・スンウに関心を示した。最初の報道は、スペインの日刊紙「ムンド・デポルティーボ」だった。媒体は21日(韓国時間)、「イ・スンウがドルトムントとシャルケの関心を受けた。シャルケもドルトムントのようなイ・スンウの状況を注視している」と報道した。
(引用ここまで)
   ↓
「コリアンメッシ」イ・スンウ(19)がスペインのバルセロナを自ら去らなければならない状況に直面した。バルセロナB(2軍)に昇格するチャンスを得られなかったものである。

去る20日(韓国時間)、スペインのスポーツ紙ムンドデポルティボは「バルセロナがイ・スンウに国際サッカー連盟(FIFA)規律を受ける前のような感触を得られなかった」と「複数の欧州クラブがイ・スンウを迎え入れしたいとは異なり、バルセロナはイ・スンウ側に昇格提案をしていなかった」と報道した。

続いて「カルレス・アレニャ、マルク・ククレージャのように同じ年齢の選手たちとは異なり、イ・スンウはバルセロナプロ登録のための跳躍の機会が与えられなかった。フベニールAから間違いなくキャッチする機会(2軍昇格)を受けることができなかった」と伝えた。

イ・スンウだけでなく、チャン・ギョルヒもバルセロナB昇格不可通知を受けて最近、韓国に帰ってきた。

このニュースにバルセロナの事情に精通した複数の関係者も首を縦に振った。この関係者は「イ・スンウがすでに20歳以下ワールドカップに出場する前にバルセロナから2軍行き不可通知を受けた」とし「フベニールA(18歳以下のチーム)でバルセロナBに上がる選手たちは、すでにミーティングが終わった状態だ」と明らかにした。

事実イ・スンウはFIFA出場禁止懲戒期間である2015年7月からバルセロナBに昇格されたというニュースが聞こえてきた。しかし、現実には乖離があった。2016年1月6日FIFA懲戒が解けるとイ・スンウの所属チームはバルセロナBではなく、フベニールAであった。イ・スンウはフベニールAから技量を証明しなければならなかった。当時バルセロナBの人材が1軍訓練に大挙参加する状況が発生して、フベニールA選手を引き上げて2軍訓練と試合を並行しなければならない状態だった。そのためイ・スンウのプロ契約が進行されただけであり、バルセロナの内部では大きな意味がなかったことが関係者たちの証言だ。 (中略)

イ・スンウのバイアウト金額は1200万ユーロ(約150億ウォン)として知られている。しかし、イ・スンウの最終所属チームはフベニールAだ。フベニールAで最も高いバイアウト金額は300万ユーロ(約38億ウォン)である。バルセロナBに昇格したのであればバイアウト金額が最小1200万ユーロまで走る。「コリアンシャビ」パク・スンホ(20)のバイアウト金額である。

次に、イ・スンウの未来はどうなるか。

イ・スンウの契約期間は、2018年6月までだ。複数の欧州チームのラブコールを受けているイ・スンウだ。しかし、バルセロナB昇格カードも獲得できなかった選手に300万ユーロのバイアウトを支払う球団は現実的にないように見える。
(引用ここまで)

 上の「シャルケ04が〜」という記事が配信されたのが今日の5時46分。
 下の「バルサB昇格失敗」という記事が配信されたのが今日の5時50分。
 「ドルトムントもマンチェスター・シティも、そしてシャルケ04までもがイ・スンウに興味を持っている!」という記事が出た5分後には「イ・スンウ、バルサBへの昇格失敗」って記事が出る面白さ。
 韓国サッカーの移籍話はこうでなくちゃいけません。

 ここで「サンキュー! ペルージャ!」じゃなくて……えーっと、「世界有名球団のスカウトたち『サンキュー! バルセロナ!』」とかになるんでしょ?


 ちなみにスペインでのソースはこちら。

A Lee le salen varias ‘novias’ por Europa(ムンド・デポルディーボ・スペイン語)

 前にも書いたように、ジェフユナイテッド市原・千葉に所属している指宿が19-20歳のときに10ゴール、20ゴールをそれぞれ19歳、20歳のシーズンで挙げています。
 そのていどがスペイン3部であるセグンダBの水準なのですよ。
 そのセグンダB所属のバルサBにすら昨シーズン1試合13分しか出場できず、今シーズンは出番どころかベンチ入りの機会すらなかった選手が、大化けするわけがないのです。
 いやまぁ、スポーツ選手はなにがきっかけで大きく変貌するかは分かりませんけどね。

 そもそも、ユースなんてちょっと光るくらいの選手を山ほど取って、磨きをかける場所ですから。
 磨いた結果として、宝石になるのかそれともただの石で終わるのか。どうせトップチームで活躍できる選手なんて1世代にひとり出るかどうか。
 育成に失敗したらまた次の選手を取る。それだけの話で終了です。

伸ばす力 レヴィー・クルピ 世界で輝く「日本人選手」育成レシピ
レヴィー・クルピ
カンゼン
2014/6/11

【韓国の反応】「アジアの宝石」イ・スンウがドルトムントに移籍へ。韓国人「ドルトムントなら正解だ!」

ドルトムント、「アジアの宝石」イ・スンウ迎え入れ推進(InterFootBall・朝鮮語)
ボルシア・ドルトムントが韓国U-20ワールドカップ代表チームのエースイ・スンウ(19、バルセロナ)の加入を推進しているという。

ドイツのメディア「ビルト」は18日、「アジアの宝石がボス監督のもとに向かうかもしれない? ドルトムントはバルセロナの新星イ・スンウに関心を持っており、加入を推進している。ドリブルが得意なイ・スンウは祖国である韓国で開催されたU-20ワールドカップを通じてドルトムントスカウトの目を捕らえた」と報道した。

続いて、この媒体は「ドルトムントは7月13日から19日まで、日本と中国のツアーを通じてピーター・ボス新監督がデビューを行う。そして、そこから浦和レッズ、ACミランなど試合を行うが、このときイ・スンウが出場する可能性がある」と具体的な事実を報告した。

ドルトムントがイ・スンウを迎え入れたい理由は明らかである。イ・スンウは、今回のU-20ワールドカップで韓国代表チームのエースの役割を果たしており、2ゴール1アシストを記録して注目された。特にイ・スンウは、アルゼンチン戦で素晴らしい突破ゴールを記録し、自分の価値を証明した。

着実にビッグクラブのラブコールを受けている。イ・スンウはバルセロナユース所属で、すでに多くの注目を集めており、2011年に入団し、韓国のメッシュという評価を受けた。しかし、バルセロナのスーパースターメッシ、ネイマール、スアレスの間で1軍のチャンスをつかむことが難しい状況であり、現在のマンチェスター・シティなどがイ・スンウを注目している。
(引用ここまで)

 「アジアの宝石」イ・スンウがバルセロナからドルトムントへ移籍するという話が出てきて、韓国がだいぶ沸いています。
 ……19歳になって3部のバルセロナBに1試合すら出場できなかった選手が、ブンデスリーガで今季3位、ドイツ杯で優勝、CLに出場するリーグ屈指の強豪に移籍して出場できるつもりでいるっぽいのですよ。
 代理人も「話があるのは本当」とかコメントしていて、それが記事になってしまうレベル。

 ドルトムントでは同世代のプリシッチ、デンベレといった選手はアメリカ代表、フランス代表に招集されつつ、主力としてやっている。ふたりともリーガ、ドイツ杯あわせて40試合以上出場していますね。
 そこに韓国のA代表にすら招集されていない、プロリーグでデビューすらしていないイ・スンウがやってきてどれだけ出場機会があるのかって話なのですが。
 まあ、U-23に回されて終わりな気がします。

 ざっくりとコメント欄を見ても歓迎7割、無理だろうとするもの3割。多くは「ドルトムント移籍! すばらしい!」みたいな感じですが、サッカーを知っているユーザーは「ドルトムントなんて無理すぎる」といった諦観ってところです。
 コメント数は1500オーバーでけっこうなバズり具合。かなり大きなニュースとして扱われているってところですね。
 いくつかコメントも紹介しておきますか。

・ビルトなら正しい情報かも。バルサで継続が難しいくらいなら、少しでも可能性のあるドルトムントに行くのがよいのでは。
・ドルトムントなら可能性がある。ストライカーを育ててくれるから。
・ドルトムントが初進出するプロの大人の舞台であれば最適だ。うまくいけば大きくなれる。
・行こう、スンウよ。
・一日も早くプロデビューするのがいい。
・ドルトムントでレギュラーとしてプレイできるくらいならバルサAでもベンチに入れる。いま、イ・スンウのレベルでドルトムントに行ってもレンタルに出されるだけだ。オーバメヤンが移籍すればチャンス? ちょっと客観的に見てくれ。チ・ドンウォンがドルトムントにいたときのことを忘れたの?
・スンウがバルサで成功している様子を見たい。
・イ・スンウが全北に移籍してもレギュラーになれるかどうか。現実を直視しろ。
・チ・ドンウォンのドルトムント在籍時は記憶から消すググポンたち。

 移籍できるならしてもいいんじゃないですかねー。

(プーマ)PUMA サッカー ボルシア・ドルトムント ホーム レプリカ半袖シャツ 749821 [メンズ] 01 サイバーイエロー/ブラック L
PUMA(プーマ)
2016/5/17

カタール戦で骨折のソン・フンミン、W杯予選絶望か?

孫興民が右腕骨折で手術へ、「全治に8〜12週間」との見方も(東亞日報)
カタール戦で負傷した孫興民(ソン・フンミン=25、トッテナム・ホットスパー)が結局手術を受けることが決まった。医療関係者たちは、孫興民の離脱が予想以上に長引くだろうと分析している。所属クラブはもちろん代表チームの戦力にも大きな影響を与えそうだ。

医療界の関係者によると、孫興民は16日、ソウル慶煕(キョンヒ)大学病院で右腕の手術を受ける。正確な診断名は「橈骨近位端骨折」だという。橈骨近位端とは前腕(肘から手首にかけて)の肘に近い骨のことを指す。孫興民は14日、カタール・ドーハで行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第8戦(2−3の負け)で前半30分頃、浮き球を争う過程で右腕をケガをした。代表チームの関係者は、「孫興民はケガをした後もプレーを続けたいと言ったが、右腕で地面を着いては痛みを訴えてので結局交代された」と話した。

大韓サッカー協会は同日、「手術後の回復期間は4週間ほどを予想している」と明らかにした。しかし、医療界の関係者の見方は違った。孫興民の状態を知っている医療関係者は、「孫興民の(ケガをした部位の)状態が良くない。回復には8〜12週間がかかりそうだ。この部位のケガは、再手術を受ける場合もある」と話した。ソウルJS病院のソン・ジュンソプ院長(元代表チーム主治医)も、「この部位が骨折して手術を受ける場合、4週間で完治するのは難しい。回復期間は8〜12週間とみるべきだ」と話した。手首の負傷が多いバスケットボール選手の場合はどうだろうか。プロバスケットボールチームのトレーナーの一人は、「骨の大きさによって差があるが、手術後に完璧に骨がくっつくまでには少なくとも6週間がかかる」と話した。
(引用ここまで)

 回復に8-12週間ということは、2ヶ月半後の8月末、9月頭に行われるワールドカップアジア最終予選のイラン、ウズベキスタン戦に間に合わないかもしれないという状況。
 そもそも、これだけ窮地に追いこまれているのは中国戦に負けたからなのですよね。
 で、中国戦での負けの大きな要因がソン・フンミンの出場停止(前戦まででイエローカード2枚)にあったのは間違いないところ。

 今回のカタール戦で途中同点に追いつきながら勝ちきれなかったのもソン・フンミンの退場が大きな要因ではあるのでしょう。
 くらげのようにゴール前を漂って、得点以外のなんの役にも立たないと言われることも多いのですが、なんだかんだでプレミアリーグで14得点を挙げたのは事実ですしね。
 その得点力を韓国代表が失うのは厳しいというのも実際なのでしょう。

 WADAがドーピングではないと認定したので、酸素カプセルにでも入って治りを早くするとかなんとかするんじゃないでしょうかね。

活性酸素の話 病気や老化とどうかかわるか (ブルーバックス)
永田親義
講談社
1996/9/20

 

韓国サッカー代表監督、シュティーリケ解任。なお、後任は決まらない模様

韓国代表監督解任 最終予選アウェー0勝の惨状、そして厳しい今後(Yahoo! JAPAN)
次期監督は韓国人+最終予選経験者... 事実上のホ・ジョンム(NAVERスポーツ)


 案の定、成績不振を理由にシュティーリケが解任。
 ただし、後任監督は決まっていません。以前も書いたように人脈も予算もない状態ですから。
 2010年のワールドカップでグループリーグを勝ち上がってベスト16を記録したホ・ジョンムが第1候補となっている模様。2002年以降では最高の成績ですし、外国人監督を招聘する時間も人脈も予算もないということでまあ妥当な人選ですかね。
 吉崎エイジーニョが書いているように前回のワールドカップ本戦からホン・ミョンボが指揮を続けていたら面白かったと思うのですけどね。

 さて、ちらと次戦以降のシミュレーションなどもしてみますか。

 韓国はホームのイラン戦、アウェイのウズベキスタン戦を残して勝ち点13の2位。
 ウズベキスタンはアウェイの中国戦、ホームの韓国戦を残して勝ち点12の3位。
 シリアはホームのカタール戦、アウェイのイラン戦を残して勝ち点9の4位。

 次戦を順当に韓国が負け、ウズベクが勝ち、シリアが勝ちとなると、勝ち点と順位は以下のように変動します。

2位 ウズベキスタン 15
3位 韓国      13
4位 シリア     12

 最終戦、ウズベキスタンは引き分け以上で勝ち抜けられる。逆に韓国は最終戦をアウェイで勝たなければならないという絶体絶命のピンチ。
 それどころか、シリアがカタール戦を勝つと得失点差は0以上。韓国がイラン戦に負けると得失点差は0以下。
 シリアがアウェイのイラン戦を勝って、かつ韓国がウズベクに対して引き分け以下なら当然シリアが3位。
 もしくはシリアが引き分けであっても韓国がウズベクに負けると得失点差によっては韓国は4位転落でワールドカップへの道が絶たれる可能性すらある事態に追い込まれているのです。
 その割には危機感があまりないような気がするのですけどねー。

宮本式・ワールドカップ観戦術 サッカー世界地図の読み解き方
宮本恒靖
朝日新聞出版
2014/5/13

ワールドカップ予選で韓国代表が最下位カタールに衝撃の力負け、最終戦のアウェイでウズベクと天王山へ

韓国、敵地でカタールに痛恨敗戦…残り2試合は上位との直接対決(サンスポ)
 試合はホームのカタールがサポーターからの大きな後押しを受けながら、前半に先制点を挙げる。さらに、51分にも大きな追加点を決める。しかし、ここから韓国が猛反撃。10分足らずで2点を挙げ、試合を振り出しに戻す。それでも、カタールが再び意地を見せ、74分に決勝点。そのまま3−2で韓国を下した。

 敗れた韓国は、3位ウズベキスタンとの勝ち点差を広げられず、1のまま。残り2試合は3位ウズベキスタンとの直接対決を残している上、次戦はロシア行きを決めた首位イランとの一戦になるため、厳しい戦いが予想される。
(引用ここまで)
 韓国代表がカタール代表にワールドカップ予選で負けまして。
 これがいくつかの理由でけっこう衝撃的なものとなっています。

1)A組最下位のカタールに力負け。
2)2点先行され、追いついたにも関わらず最終的に力負け。
3)早い時間にソン・フンミンが怪我で退場(骨折で全治2ヶ月)。
4)8戦して勝ち点わずか13点であるにも関わらずA組2位をキープ。 5)最終予選のアウェイで初得点(でも負け)。

 中国戦でもそうだったのですが、ソン・フンミンがいなくなるといきなり点を取るオプションがなくなってしまう。
 力負けした大きな原因はソン・フンミンを欠いたことでしょう。
 シュティーリケは以前、「まともなストライカーがいないから負けた」って言って反感を買っていましたが、それが真実であることを韓国代表自ら証明してますね。
 そもそもホームでも2-3と危うい勝利だったので、アウェイであれば当然このくらいの結果はあり得たのですが。

 ソン・フンミンは腕の骨折だそうですが、全治2ヶ月なので8月末のホームのイラン戦には出場できる模様。
 このイラン戦で勝つことができれば2位抜け決定なのですが、まあ難しいでしょう。何年勝ってないのっていうレベルで勝てていない相手です。
 さて、イランに負けて、中国に負けて、カタールに負けて4勝1分の勝ち点13であるにも関わらず、A組2位。
 ウズベキスタンは勝ち点12。次戦は中国ホーム。ここで引き分け以上なら9月のアウェイでのウズベキスタン戦が天王山となるのですが……。
 ウズベキスタンもけっこうヘタれているが実際。
 前回も勝てば出場というシチュエーションで負けてましたしね。確実に実力は伸びてはいるのですが。

 何度も解任の危機をくぐり抜けてきたシュティーリケですが、今度という今度こそはきついかもしれませんね。
 ま、解任したとして誰にやらせんのよっていうのが最大の問題ですね。
 前回は「予算も人脈もないから」という理由でシュティーリケ留任という結論でしたが。

宮本式・ワンランク上のサッカー観戦術 (朝日新書)
宮本恒靖
朝日新聞出版
2012/6/13

ムン・ジェインが北朝鮮を含んだ日中南北のワールドカップ共催を提案しなければならなかった理由とは

W杯 北朝鮮含む北東アジア共同開催提案=文大統領がFIFA会長に(聯合ニュース)
 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、青瓦台(大統領府)で国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長と会談し、「南北を含む北東アジアの隣国と共にワールドカップを開催できれば南北や北東アジア平和に役立つと思う」と述べた。

 文大統領は「2030年のワールドカップにそのような機会があることを望む」とし、インファンティノ会長に協力を要請した。 

 ただ、青瓦台関係者は「インファンティノ会長が就任した際、サッカーのすそ野を広げるためワールドカップの共同開催を支援すると話しており、文大統領が希望を話したもの」として、北朝鮮や中国、日本などとのW杯の共同開催を公式に宣言する意味ではないと説明した。
(引用ここまで)

 以前、韓国サッカー協会会長のチョン・モンギュ(チョン・モンジュンの甥)も同様に「日中と南北朝鮮での共催を」という話をしていましたね。
 グループリーグで48カ国参加の新方式では、韓国は共催を求めていくしか手がないのです。
 韓国サッカー協会からしてみれば当然の提案ともいえます。

 ですが、ムン・ジェインがこの共催案を話しているのはちょっと異なる部分からなのですよ。
 ムン・ジェインは政治家としてはノ・ムヒョンの系譜を継ぐ人物です。そのノ・ムヒョンは金大中の系譜をついでいます。
 すなわち、ムン・ジェインの対北朝鮮外交は太陽政策が基本路線。
 大統領選挙中には金大中時代の支援で造られ、パク・クネの対北制裁の一環として閉鎖されている開城工業団地の再開や、イ・ミョンバク時代に停止された北朝鮮観光事業の再開を公約として述べていましたね。
 アホほどの親北であるというのが政治家としてのスタンスなのです。

 ですが、現状で外交的には太陽政策を推進することはできません。
 であれば、他の角度から北朝鮮のアシストになろうというのが、この提案の主眼に他ならないのです。
 なんとしてでも北朝鮮と対話のきっかけを掴みたいムン・ジェインにしてみれば、スポーツ外交が現状では一縷の希望といったところ。
 まだ就任当初なのでこのくらいの動きですが、おそらく残り1年前後からはなりふり構わない動きを見せると思います。
 ちょっとだけ予言しておきましょうかね。

金正恩の核ミサイル 暴発する北朝鮮に日本は必ず巻き込まれる (扶桑社BOOKS)
宮崎 正弘
扶桑社
2017/5/31

ACL済州暴行:イタリアメディアも「済州ユナイテッドに重い懲戒」とだけ報じ、挑発云々は相手にしてもらえず

「済州に重い罰則」と伊メディア報道 韓国側の“浦和が挑発”との主張には一切触れず(フットボールZONE Web)
 済州ユナイテッド(韓国)は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の浦和レッズ戦で、数々の蛮行を起こしアジアサッカー連盟(AFC)から選手たちやクラブへの処分が下されたが、イタリアの海外サッカー専門メディア「トゥットカルチョ・エステーロ」も「浦和レッズに対する騒動を巻き起こしてきた済州ユナイテッドの選手たちに重い罰則」と報じている。(中略)

 記事はあくまでも済州が浦和に対して一方的に暴行を働いたとしており、韓国側が主張する浦和側の挑発には一切触れていない。試合後にも「本物の人狩り」などと厳しい論調で済州の蛮行を報じていたが、済州が完全なる加害者であるという認識は全く変化していない模様だ。
(引用ここまで)

 済州ユナイテッドに対して課された罰則が重い懲戒であるのは間違いないところ。
 煽ったタイトルつけて「AFCは除染しろー!」とか「こんな懲戒は軽すぎる!!」とかいえばPVぐんぐん上がったりするんでしょうが、うちはそういうのやってないんで。

 前回のワールドカップでスアレスがイタリアのDF、キエッリーニに噛みついてFIFAから9試合の代表戦出場停止、4ヶ月のサッカー活動停止、罰金10万スイスフラン。
 2007年、CL決勝トーナメントで試合後の乱闘でバレンシアのベンチ選手だったダビド・ナバーロは相手の鼻を折ってUEFAから7ヶ月の出場停止。相手は誰だったかなー、インテル−バレンシア戦だったのは覚えているのですが。あのときは両方のクラブに同額の罰金だったと記憶しています。
 これらを基準にすれば軽い懲戒ではないのは明白です。

 ただ、肘打ちのベクなんとかという選手に関しては、ナバーロの過去から見てもちょっと軽い気はします。怪我が重篤ではないというのもあるのかな。
 この選手に追加懲戒が云々っていう話がネットでは出ているようですが、少なくともAFCのサイトにはそんな情報はありませんでしたね。

 世界の認識も「済州ユナイテッドがいうところの浦和の挑発」云々ではなく、暴力行為があったことに対して懲戒されたということで恐らく終了でしょう。済州側は控訴云々をしていますが、スポーツ仲裁裁判所まで行く度胸はないと思います。

未来放浪ガルディーン(2) 大暴力。 (角川スニーカー文庫)
火浦功
KADOKAWA / 角川書店
2014/9/1

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ