楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

サムスンライオンズ

 相互RSS募集中です

韓国でのイ・スンヨプを見にテグ市民野球場に行ってきた

鮎ごはんを食べた日と同じ日の夕方。
 釜山に戻り、そこからKTXで東大邱へ。
 なんとアルストム社製の初代KTX!
bp00

 ブレーキ音が静かだったような気がするんだけど、まあ気のせいかな。

 ざくっとKBOのスケジュールを調べたところ、テグの大邱市民運動場野球場でサムスンライオンズVS.SKワイバーンズの試合があることが分かりました。
 東大邱の駅前にある観光インフォメーションセンターで英語で「大邱球場に行きたいのだけど」(I'd like to get to Daegu Ballpark)と聞いたのだけども通じてない。たぶん、"ballpark"が分からなかったんだろうなぁ……。あまり一般的な単語でもないし。
 韓国語で「野球」を意味する「ヤグ」を繰り返したら、バスでこうこうこう行ってくださいとなりました。
 このバスがひどいのなんの……。いつか機会があったら書きましょう。

 というわけでやってまいりました、大邱市民運動場内にある野球場。

 外観とかはありません。なぜなら試合開始時間ギリギリ着だったので……。試合前セレモニーとかあったら見たかったんですけどね。

 で、外野指定席は8000ウォン。安っ。
 中に入るとその安さの理由が分かります。
 ただまあ、メジャーリーグクラスと言われているチャムシルの球場でも入場料金は同じくらいの安さだったりするのですけどね。

 bp01

 せまーい。上の画像は28mm相当で撮影した画像。

 18mm相当の魚眼レンズで撮影してもこう。
bp02

 割と球場に足を運んでいるほうだと思うのですが、これはせまい。東京ドームよりもはるかに狭いんじゃないかなぁ。東京ドームは屋根があるのでちょっと圧迫感があってせまく感じるのですが、それよりも狭いと思います。
 収容人数は1万3000人ちょい。
 これに何メートルかのラッキーゾーンがあったわけか。こりゃ普通に50本打てますわ。

 ひどいひどいと言われ続けてきた座席ですが、改修されてちょっと見られるようにはなっています。ビジター側の外野はスカスカだなー。平日の夜っていうのもありますが。
bp03

 電光掲示板。イ・スンヨプは6番DH。
bp04

 選手紹介にはギリギリ間に合ったのですが、イ・スンヨプが紹介される時は声援の圧力が違いました。さすが国民的打者。
 去年はちょっと調子を落としていたようですが、今年は復調気味とのこと。

 ……おっと、いました。DHなので他のベンチにいるプレイヤーと談笑中。大邱野球場はホームが3塁側ベンチなのです。
bp05

 で、ベンチの上には韓国プロ野球でおなじみのチアリーダーと応援団長。
 この応援団長、日本で開催されたアジアシリーズにもきてましたね。
bp06

 2回の表の1打席目。やっぱり声援が圧倒的です。
 んでシングルヒット。
bp07

 落ちる球には相変わらず弱げ。
bp09

 そして左対左のクロスファイヤーにも相変わらず弱い模様。
bp08

 ちなみに撮影はE-M5+14-150mm+デジタルテレコンで600mm相当。

 この日のイ・スンヨプは3打数1安打1打点2四球。
 12-4でサムスンライオンズが勝ったそうです。そうですっていうのは、KTXの時間があったので途中で帰らざるを得なかったので。
 球場からKTXの東大邱駅に距離があるんですよね。

 そんなわけであとは球場レポートでも。
 球団マスコットがセグウェイでやってきて、記念品を投げ込んだり。
bp10bp11

 空気砲的なもので打ちこんだり。
bp14

 攻守交代時に審判にミネラルウォーターを渡したり。
bp12bp13

 それにしてもぶっさいくなマスコットだなぁ……。造形に関しては日米に及ぶところではないというのは正直なところ。

 球場内ではやたらと焼きイカ……というかスルメ? が売れていまして。
 焼きたてを出すためにコンロが並んでいます……っていうか、これって買った人が焼くのかな、もしかして。
bp15

 うちはクーリッシュもどきを買いました。
bp16

 あと攻守交代時に電光掲示板に時間が秒刻みで表示されるのですが。
bp17

 これはなんなのかなーと思ったのですが、攻守交代を素早くするために促しているのですね。たぶん。
 12秒以内に投球しないとボールになるというルールもありましたし、試合時間を意識しているのかな。

 最後に出る直前のホーム側ベンチすぐ上の様子。
bp18

 よく入ってますね。韓国では最近、野球が人気だというのも頷けました。

 誰がプレーしても、どこでプレーしても、どんなプレーをしても野球は野球。
 見てて楽しかったですよ。 


 

アジアシリーズ:サムスンライオンズ、豪代表のキャンベラ相手に準決勝敗退

キャンベラ延長戦制す! 豪州勢初の決勝進出/アジアS(サンスポ)

 あらま。
 今年はアジアシリーズが台湾で開催されていまして。
 開催地が台湾ということで中国が参加しないので、オーストラリアとイタリアからリーグ優勝チームが招聘されているのですよ。
 で、台湾の前期優勝チームも参加して計6チーム。2組に分かれて、上位2チームが準決勝進出というシステムです。

 当然、イタリアとオーストラリアがお豆扱いになるのかなと思っていたら、オーストラリア代表のキャンベラは楽天ともいい試合をして、さらに台湾の前期優勝チームであるライノスを破って準決勝進出。
 さらにサムスンライオンズを破って決勝進出です。

 オーストラリアはメジャーにもそこそこ人材を出していますし、あなどれない相手ではあると思っていましたが。
 これはサムスンライオンズの不甲斐なさを糾弾すべきなんでしょうね。 
 野球という競技が広まっているという言い方もできると思うけど、それにしてもなー。

実況パワフルプロ野球2013
コナミデジタルエンタテインメント
2013-10-24

 

サムスンライオンズ監督「ソフトバンクに大敗したのは作戦にすぎない!」

<アジアシリーズ>ソフトバンクに大敗のサムスン監督「作戦だった」(中央日報)
> 柳仲逸監督は27日、台湾チャンピオンの統一を破った後、笑みを見せた。 「昨日(26日)日本のソフトバンクに大敗し、国民に申し訳なかったが、すべて作戦だった。 理解してほしい」。柳監督は「決勝戦では総力を尽くしてソフトバンクに勝つ」と語った。
(引用ここまで)

 へー(棒読み)。
 確かに先発させたのは本来は中継ぎだったりする投手らしいのですよ。
 ただ「手を抜いた」というか、それ以前の問題だったように思いますけどね。
 ま、とりあえずは決勝戦でお手並み拝見ということで。

アジアシリーズ:ソフトバンク、サムスンライオンズ相手に余裕の勝利で2勝目

<アジアシリーズ>サムスン、ソフトバンクに0−9で完敗(中央日報)

 山田の立ち上がりにちょっと不安がありましたが、2回以降は余裕の試合。
 2回以降はサムスンライオンズはヒット2本だったのかな?
 あれだけフリーランニングされてるんじゃ勝てるわけないわなっていう。
 あと1点でコールドゲームだったんだから、どれだけの差があるかっていう証明でもあるのですよね。

 台湾の統一ライオンズには最後にヒヤッとさせられましたが、今日はもうなにも心配することなしでした。
 台湾の統一ライオンズは延長でオーストラリアのパースに勝って2勝1敗1勝1敗。明日の統一−サムスンが、いつものように日本への挑戦者決定戦になるのかな。

イ・スンヨプ、韓国球界に復帰!

オリ、李大浩獲得へ…スンヨプ退団(デイリースポーツ)
<野球>李承ヨプ、韓国復帰を電撃決定(中央日報)

 122試合に出て打率.201/51打点/15本塁打。出塁率.257/長打率.365/OPS.622。
 まあ、外国人枠を消費してまで使う選手じゃないのは確かですかね。オリックスは貯蓄銀行に出資していたということですし、いい宣伝になったかもしれません。
 来年からはFA権入手で外国人扱いではなくなったのかな。ま、どっちにしても今となっては関係ありませんが。

 それよりも楽しみなのは韓国に戻ってどれだけ打つかということですね。テグ市民球場はラッキーゾーンを取り除いてしまったのでホームラン50本は無理かもしれませんが、.320/110打点/42本くらいは期待できるでしょう。怪我さえなければ。

 なにしろあのイ・ビョンギュが打率.338(3位)、75打点(8位)、17本塁打(9位)を打ててしまうリーグですから。
 イ・ボムホは怪我かなんかで、けっきょく110試合にしか出場できずにギリギリ規定打席を満たせなかったようですが、それでも打率.302/77打点/17本塁打とそこそこの活躍はしたようです。
 来年の韓国リーグが楽しみですね(はぁと)。

 あと、イ・デホなぁ……。あのリーグで光っているように見えるものは宝物じゃないよ?
 ちゃんと宝物は探さないとないと思う。というか、イム・チャンヨンがたまたま日本に向いていただけで。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ