楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

サムスン電子

 相互RSS募集中です

サムスン電子のCMに富士山を使われるとむかついても、ASUSが使うとそんなことがない件

 AsusのZenfone3 Zoomという機種がありまして。
 日本だとZenfone Zoom Sという機種名です。デュアルレンズで、片方は光学2.3倍ズームレンズを搭載しているということから、カメラ機能に注力されているモデルであることが分かります。インカメも1300万画素。
 日本ではSIMフリーで販売されていて5万円ちょっとと、それなりの高級機扱い。

 台湾でのASUSダイレクトショップがあって、桜と富士山を使ったプロモーションがされています。

zenfone3zoom

 YouTubeでも動画がアップされています。台湾の著名なカメラマンが使った……というような筋書きっぽいですね。


 ふとサムスン電子が富士山(によく似た独立峰)をCMに使っているのを思い出したのですが、あのときみたいな不快感がないのです。

 台湾の会社だからかとも思ったのですが、それも違う。
 サムスン電子のアレは「信頼の置ける日本のものですよ」と消費者を騙しにかかっていたのに比べて、Zenfone3 Zoomのこれは「美しい桜や富士山をこの機種で撮ればさらに美しく撮れますよ」というものだからなのではないかと。
 尊重されているのが理解できるからではないかなと思い当たりました。

 韓国人の日本への対応はリスペクトに欠けるのですよね。
 一事が万事。
 まあ、欠けているリスペクトは日本人へのそれだけではありませんが。

ASUS ZenFone Zoom S SIMフリースマートフォン (シルバー/5.5インチ)【日本正規代理店品】(Snapdragon 625/4GB/64GB/5000mAh) ZE553KL-SL64S4/A
ASUSTek
2017/6/19

「物証はないが心証で有罪」は韓国の上級審でも通用するのか? → 国民情緒法があるかぎり、事態は変わらない

サムスン副会長懲役5年、韓国法曹界が見た判決の意味(中央日報)
法曹界内外で最も多く取り上げられているのは「暗黙的請託」を認めるかどうかだ。1審裁判所はサムスンの乗馬支援を朴前大統領に対する賄賂だと判断した。すなわち、サムスン側が明らかに請託はしていないが、暗黙的に継承作業に関し請託したその代価として支援が行われたという判断だ。だが、明確な請託がない状況で情況証拠だけで賄賂のやりとりがあったとみるには無理があるという指摘が出ている。検察官出身のあるロースクールの教授は「具体的な請託はなかったが、一種の禅問答を通じて両側が望むところを実現したと見るのは作為的だ。控訴審でも再び論争になるだろう」と指摘した。

「消極的な賄賂提供」の判断も控訴審で扱われるものと見られる。裁判所は李副会長などに対する有利な量刑要素として「大統領の要求を簡単に断ったり、無視したりすることは難しかったと見られる点」を取り上げた。ある判事出身弁護士は「大統領の要求を無視できず従った点を認めながらも、賄賂供与と見た部分は問題になる可能性がある」と話した。
(引用ここまで)

 「もっと重罰を科すべきだった」という国民情緒法の人々に比べて、法曹界からはあるていどまともな声が上がっているってところですかね。
 ただまあ、こんな原則論も当事者じゃないから言える(書ける)わけですよ。

 たとえば今回の裁判で無罪判決、あるいはそれに近しい判決(執行猶予等)であれば、抗議のデモが起きたでしょう。
 それも相当に激しいそれが。
 判事の家族構成や自宅住所といったプライバシーはすべて暴かれ、私生活は破壊されていたでしょうね。
 実際に検察からの逮捕状請求を棄却した裁判官はそんな目に遭ってます

 国民情緒法に反したら、あるいは「ろうそく革命」に対して反革命分子として認定されたら、人生は終わりなのですよ。
 そんなリスクを背負ってまで、「黙示的請託」を否定し、贈賄がなかったという事実認定ができる裁判官が存在するのかどうか。
 楽韓Webでは事前から「イ・ジェヨンは国民感情的にも、ムン・ジェイン政権の成り立ちからも有罪にならざるを得ない」と語ってきましたが。

 まあ、現実にそうなってみるとそれはそれでがっくりきますね。
 こんな国を相手に正論を語らなくてはいけないのですから。

今日、サムスン電子副会長に贈賄容疑の判決。日本からもこの裁判に注目すべき理由とは?

サムスン副会長、きょう宣告…サムスン側「証拠と法理だけで判断を」(中央日報)
李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の賄賂供与容疑などに対する1審宣告が25日(午後2時30分開始)に下される。李副会長が拘束されて189日ぶりだ。裁判を引き受けたソウル中央地裁判所院刑事合意27部(部長判事キム・ジンドン)の決定により生中継は行われない。

李副会長の容疑は大きく4つだ。朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官チームは事件の本体である賄賂供与の他に、賄賂供与の手段に当たる資金調達(横領)、チョン・ユラ氏への乗馬支援契約(犯罪収益隠匿)、海外送金(財産国外逃避)などの過程で個別的な容疑を適用した。7日、特検チームは懲役12年を求刑した。

2015年9月〜2016年2月のチョン・ユラ氏への乗馬支援、ミル・Kスポーツ財団と冬季スポーツ英才センターなど非営利法への支援に入った資金の全額〔298億ウォン(約28億9000万円)〕が朴槿恵(パク・クネ)前大統領がサムスングループの経営権「継承作業」を助けることに対する包括的な代価だというのが賄賂供与容疑に対する特検チームの公訴事実だ。2014年11月、ハンファとの防衛産業をめぐるビッグディールから2016年サムソンバイオロジクスの上場まで一連の事案がいずれもサムスングループの支配権を「継承する作業」という主張だ。 (中略)

サムスン系列会社のある役員は「李副会長が最後の弁論で『三人成虎(3人が虎が現れたと話すと、すべての人が信じることになるという意味)』を言及した。裁判は世論や雰囲気でなく証拠と法理によって厳格に行われなければならない」と話した。
(引用ここまで)

 このサムスン電子副会長の裁判、パク・クネや加藤達也氏のそれほどではないにしても、日本でもそれなりに注目すべき裁判ではないかと。
 主たる容疑は贈賄。
 その理由は「元気だけども死の淵にあるイ・ゴンヒから一刻も早く権力委譲をしなければならない」ということが挙げられているのです。
 なにしろ、いまイ・ゴンヒが死んでしまうと相続税は6000億円以上になるとのことなので、権力委譲を急いでいたのだろうと。
 かなり無理矢理だった企業合併を韓国の年金機構に賛成させてまで行ったのはこのあたりが原因で、そのためにチェ・スンシルに贈賄を行ったとされているのです。
 チェ・スンシルが牛耳る乗馬協会に多額の寄付を渡し、その娘には3億円の馬を与えた。
 その結果、大株主であった年金機構が企業合併に対して賛成に廻ったのだ、と。

 そう、この事件はチェ・スンシル関連事件なのですね。
 つまり、「ろうそく革命」によって打倒された旧政権である悪の権化、パク・クネ政権を傀儡としていた女帝チェ・スンシルに贈賄することで多額の利益を得ようとしていた、イ・ジェヨンが裁かれるターンなのです。
 ……というのが検察の描いているこの裁判に関する容疑なのですが。
 まあ、正直なところ無理筋。最初の逮捕状請求は裁判所から棄却されたほどに無理筋。
 その棄却の判断に対して韓国民が立ち上がり、初回の棄却判断をした裁判長のプライベートをひとつ残らず暴き、息子のサムスン電子への就職というデマまで拡散されたおかげで、2回目の逮捕状請求ではめでたく逮捕、そしていまだに拘留が続いています。

 国民感情としては完全に有罪。
 そして、パク・クネ政権を否定するために生まれたムン・ジェイン政権としても有罪。

 ムン・ジェインが大法院長官の指名をここまで遅らせてきたのは、この判決言い渡しにあわせてきたんじゃないかと思われる部分もあるのですよね。
 この裁判の裁判長に「我々の意向を受け入れるなら地裁の所長クラスで、最高裁判官の経験がなくても大法院長官になれるのだ」と見せつけるため。
 そのためにサムスン電子副会長は半年間拘留され続け、さらにはムン・ジェイン政権の公取委員長までが裁判に参考人として出席している
 有罪にする気満々。

 日本からの注目点は、まさにこれ。
 韓国の裁判官はこの無理筋(本来であれば逮捕状請求すら棄却されるレベル)の裁判、しかし、国民と政権からは有罪を下すことを期待されている裁判に対してどのような判断を下すのか。
 日韓関係を破壊することができる徴用工裁判にも波及する判決なのですよ。
 注目の判決は午後2時半から言い渡されます。

そこをなんとか 1 (花とゆめコミックス)
麻生みこと
白泉社
2008/3/5

サムスン電子会長イ・ゴンヒ、意識がなくても続けてきたIOC委員を辞任……まだ委員だったのか……

イ・ゴンヒ会長IOC委員の辞任... スポーツ外交「赤信号」(MBN)
国際オリンピック委員会IOCが、スイスのローザンヌで理事会を開き、イ・ゴンヒサムスン会長のIOC委員職辞任を発表しました。

IOCは「もうイ会長をIOC委員とみなさないでくれ」との家族からの要請を受け、このように決定しました」と明らかにした。(中略)

電話インタビュー:チェ・ドンホ/スポーツ評論家
「李健煕会長は一介のIOC委員の役割を越えてIOCに多くの影響力を持っていたので、李健煕会長の辞任は我が国のスポーツ外交において非常な打撃であるという点は明らかでしょう」
(引用ここまで)

 心筋梗塞で倒れてからこっちの3年以上まったく意識はなく、一度すら人前に出てきたことがないのだけども、すっかり元気であるという話のイ・ゴンヒがIOC委員を辞任したそうです。 
 ……いまだにIOC委員であったほうが驚きですけどね。

 「あなたもIOC委員になりませんか、意識がなくてもやれる仕事です」

 とかいうコピーでも作れるんじゃないでしょうか。まあ、実際に青年層向けの雇用を作るためのファンドに200億ウォンを意識のないままで寄付していましたしね(笑)。
 さすがに平昌オリンピックの前にやめさせておこうという家族からの依頼だったそうですが。

 それをもって「韓国のスポーツ外交に赤信号が点滅した」っていう韓国のニュースもどうなんですかね。
 意識がない、意識を回復する可能性がほぼない人物がIOC委員を辞めて「スポーツ外交に赤信号」って、そんなもんとうの昔にダメだったってことでしょ。
 まあ、もはや開催できるようなメジャーな世界選手権や大会もないので、被害の拡散もないでしょうけどね。個別種目の大会くらいならまあ、イ・ゴンヒがいなくても開催できるでしょうし。さすがに。

武田信玄 風の巻
新田次郎
文藝春秋
2005/4/10

サムスン電子会長イ・ゴンヒ、心筋梗塞で倒れてから3年経過したものの「実は元気」だった→この情報が唐突に出てきた理由とは?

「サムスンのイ・ゴンヒ会長、健康状態は良好」(ハンギョレ)
 3年前に倒れたサムスン電子のイ・ゴンヒ会長の健康が良好であると知らされた。イ会長は2014年4月、心筋梗塞で倒れ、3年余りにわたり病院で治療を受けている。1日、サムスングループの事情に精通した核心関係者は「イ・ゴンヒ会長の健康状態は、コミュニケーションが難しいことを除けばとても良好だ。元気な状態だ」と明らかにした。また「ベッドに横たわっているだけでなく、看病人の助けを得て車椅子に座り、病室の廊下を行き来してもいる」と付け加えた。息子のイ・ジェヨン副会長が今年2月贈賄容疑で拘束された後、イ会長の健康状態が外部に知らされたのは今回が初めてだ。

 イ・ゴンヒ会長の病状は、2014年に彼が突然倒れた以降、グループ未来戦略室を通じて「徐々に快方に向かっている」など状態が伝えられもした。その後、サムスングループの未来戦略室が主要社長団会議後に行っていたブリーフィングを2015年下半期に廃止し、イ会長の健康に関する情報も途絶えていた。
(引用ここまで)

 「健康状態が良好」であれば、それはそれでよいんじゃないでしょうかね。
 以前から車いすに乗っている……乗せられているという話題は出ていましたし。
 コミュニケーションはできないけども、1日2回の経営報告は受けたりしてましたしね
 意識はないけども、パク・クネの作った青年雇用ファンドに200億ウォンも寄付をしていたりもしました。
 さて。
 肝心なのは、なぜこの時期に「イ・ゴンヒ会長は元気だ」なんて話題が出てきたのかということですが。
 ちなみにイ・ゴンヒの生死は韓国においては株式市場を揺らすほどの大ニュースとなります。

 サムスン電子副会長であるイ・ジェヨンは権力継承を急いで第一毛織とサムスン物産の合併を急いだということになっています。
 直接の逮捕原因はその合併を急ぐために、パク・クネおよびチェ・スンシルに対して賄賂を使い、大株主である国民年金に「合併賛成」のコメントを出させたということです。
 会長であるイ・ゴンヒが心筋梗塞で倒れ、明日をも知れない状況になっている。
 その権力をイ・ジェヨンに集中させるためにサムスン電子株を多数持っているサムスン物産と、イ・ジェヨンが大株主であった第一毛織の合併が必要であり、かつ急ぐ必要があった。
 さもないと相続税が6兆ウォンにも及び、それを支払うためには手持ちの株式をすべて売っても間に合わないという状況に追いこまれているから、焦っていたのだ……というストーリーです。

 さて、この裁判は昨日結審し、今月末にも判決が予定されています。
 ここで「実はイ・ゴンヒはまだまだ元気だ」という情報がリークされれば、「明日をも知れないイ・ゴンヒからの相続を恐れていた」というストーリーが成立しなくなるのですね。
 おそらくは判決に影響を及ぼそうとしてリークされた情報ではないかと。
 でもまぁ、現状のムン・ジェイン政権下で最大の悪とされている財閥の長が無罪というようなことにでもなれば、またぞろ裁判官は糾弾され、ヘタしたら自宅前でろうそくデモすら起こされかねないような状況です。
 イ・ジェヨンの最初の逮捕状請求を棄却した裁判官には「息子がサムスン電子に就職しているそうだ」なんて噂まで立てられました。この裁判官には息子なんていなかったにも関わらず。
 この状況に抵抗できるような裁判官は韓国には存在しないでしょうねぇ……。

「財閥絶対殺すマン」の公取委員長がサムスン電子副会長の法廷で証言。これは罪状がどうだろうと有罪待ったなし……なぜなら……

サムスン副会長裁判、結審直前で急展開(JBPress)
 絶好調の業績だが、サムスン電子やグループ企業の首脳の間には、浮かれた様子はまったくない。それどころか、「重苦しい空気が漂っている」(韓国紙デスク)という。

 というのも、グループの事実上の総帥である李在鎔サムスン電子副会長が依然として拘置所にいるからだ。(中略)

 李在鎔副会長とサムスングループは、副会長によるグループ経営権継承を支援するよう朴槿恵前大統領に請託し、この見返りを提供したということだ。いったいどういうことか。 (中略)

 そんなおり、判決まで1か月という時点で、ここにきて突然、李在鎔副会長とサムスンを不安にさせる「サプライズ」が相次いでいるのだ。

 7月12日、李在鎔副会長の公判に、崔順実氏の娘が「証人」として登場した。(中略)

 娘の証言では、サムスン側は、「崔順実氏の娘」だけを支援したということになり、これまでの崔順実氏やサムスン側の主張とはまったく異なる内容だ。

 この証言が出た2日後の7月14日には、もっと興味深い「サプライズ」が続いた。

 この日午前、ソウル中央地裁の入り口に、就任したばかりの金尚祖(キム・サンジョ=1962年生)公正取引委員長が姿を見せた。地裁に公取委員長が何のために来たのか?

 李在鎔副会長の裁判の証人として出廷したのだ。

 「年休を取得して個人の資格で来た」 (中略)

 「結審直前に、崔順実氏の娘、公取委員長が相次いでサムスンと李在鎔副会長に不利な証言をした。政権が、合併に関与したかのように読める文書まで出てきた。政権の意向や世論が、判決に影響を与えるとは言いたくないが、判決に影響がないと言い切る自信もない」

 韓国紙デスクはこう語る。

 8月末に出る判決。すでにこの時点で、6か月間、拘置所生活を送ることになる李在鎔副会長にとって、運命の判決が近づいている。
(引用ここまで)


 画像はソウルのサムスン電子本社。
 サムスン電子の実質的総帥のイ・ジェヨン副会長が2月に逮捕状再請求が通ってしまって、逮捕されてから約半年。
 あれ自体もけっこうな衝撃でしたが、半年にわたって独房に拘束されたままというのもちょっとした衝撃。
 現状のサムスン電子には会長のイ・ゴンヒもいない(いや、まだ存在はしているけど)、副会長のイ・ジェヨンもいない。
 でも、半導体のスーパーサイクル状態でめっちゃ収益上がってますけどね。……もう1年、自民の政権復帰が早ければエルピーダもこの好景気を(死んだ子の年を数えるモード)。

 さて、8月末にイ・ジェヨンに対して判決が出る予定となっているのですが、これについてはもう有罪間違いなし。
 記事中に詳しいのでここではざっくりと書きますがイ・ジェヨンはサムスングループ継承にあたってサムスン物産と第一毛織を合併させるという必要性に迫られたのです。
 このとき、大株主のヘッジファンドから「合併時の比率がおかしい」と反対されたのですが、さらなる大株主の国民年金が賛成に回って合併成立しました。ちなみにそのヘッジファンドは後日、情報開示に問題があるとして捜査の手が入りました。いつものことですが。
 この国民年金が賛成に回るようにとパク・クネへの口利きをチェ・スンシルに依頼したのではないか、という疑惑が持たれています。その主体が法人としてのサムスン電子なのか、イ・ジェヨンなのか微妙なところではないかと感じているのですが。
 チョン・ユラを勝たせるために超高性能な馬を買い与えたりしたのが後援にまわっていたサムスン電子で、これらが賄賂にあたるのではないかという疑惑ですね。

 で、その裁判に「財閥絶対殺すマン」こと現在の公取委員長であるキム・サンジョまで参戦。
 「公休を取って私人の資格できた」ということですが、そもそも公取委員長がこうして法定で証言すること自体が異例。
 以前からムン・ジェイン政権は「持ちすぎている財閥を叩いて格差を小さくする」という政策方針であったため、その方向性を堅持できるであろうキム・サンジョを強行任命したほどなのですよ。
 そのキム・サンジョがこうして証言していることで、裁判所は政権の意向を汲み取って有罪判決を出さざるを得なくなったわけです。

 財閥として韓国そのものよりも大きな存在と化しているサムスングループの首根っこを、ムン・ジェイン政権は抑えつけることができるのか。
 イ・ジェヨンへの判決はその試金石であり、有罪以外はありえない状況になっていると思います。

ルポ 絶望の韓国 (文春新書)
牧野愛博
文藝春秋
2017/5/19

サムスン電子「Galaxy S8に音声対応アプリと専用ボタンを搭載!」 → ユーザー「なんでこんなものを搭載した!」とクレーム続出、その理由とは?

サムスンスマホ「S8」、音切れと画面破損で不満続出(朝鮮日報)
 22日現在、インターネットの各種コミュニティーの掲示板には「再生ボタンを押しても音が出ない」「(動画共有サイト)ユーチューブや音楽が、1−2秒で聞こえなくなる」「音楽を聞いていると突然音が聞こえなくなり、電源のオフ・オンをするとまた聞こえるようになる」など、音響に関する問題を指摘するS8ユーザーの声が次々と寄せられている。「イヤホンを差すと聞こえる」「スピーカー側を強く押すとまた聞こえるようになる」など解決策も書き込まれている。音響の問題は海外でも指摘されている。英国のIT専門メディア「トラスティ―ド・レビュー」は11日(現地時間)、ユーザーが投稿した動画と共に「オーディオの欠陥はハードウエアの問題という可能性がある」と報じた。

 「ギャラクシーS6エッジ」のときから指摘されていた曲面スクリーンの耐久性についても、問題視する声が相次いでいる。S8は全てが曲面スクリーンの機種として発売されているため、スクリーンの角が割れるケースが頻発しているのだ。あるユーザーは「リビングのソファーに落としたが、スクリーンの角が割れてしまった」と話した。
(引用ここまで)

 朝鮮日報では音切れとedgeディスプレイに起因する画面破損だけが問題であるかのように書いています。
 それにしても音切れの問題はしょぼい。700ドル以上するスマートフォンにおいてはありえないしょぼさ。
 これ以外にもGalaxy S8は海外マスコミではけっこう叩かれていまして。
 なぜかForbesがよく「Galaxy S8、けっこうしょもないぞ」みたいな記事を書いています。

4 Problems With The Galaxy S8 That Samsung Can Fix With The Galaxy S9(フォーブス・英語)

 「もはやGalaxy S9に期待したほうがいい」みたいな感じの記事ですね。

 その最たるものがBixbyボタン。Galaxy S8の画面左側に物理ボタンが備えられていまして、これはBixbyという音声対応ソフトウェアが起動するものなのですが。
 現在のところ、韓国語にしか対応していません。
 さらに韓国語ユーザーに言わせるとろくに使えない機能だとのこと。なんでGoogleアプリにかぶせてきたのか理解できない、とのことです。

 つまり、韓国人ユーザー以外にはなんの恩恵もない、そして韓国人ですらまともに使えないソフトに専用の物理ボタンを搭載してコストを上昇させてしまっているのですね。
 しかも、このボタンを他の用途に転用することはできません(笑)。
 英語対応は「春の遅く」とされていたのですが、遅れに遅れていて「今年上半期には……」とされています。ちなみに英語以外の言語にも対応予定なのだそうですが、いつになるかは分かりません。
 ちなみに本体の発売は4月21日でした。

 あと指紋認証が最悪とのこと。
 認識速度が遅いだけでなく、カメラの横に備えたせいでどうしてもレンズに触れてしまって汚れるという、現在のスマートフォンの使用用途として根本的な問題を抱えている。
 デザイン性を優先したようですね。

gs8p_camera
画像はドコモのサイトから。……これはひどいな。

 他にも搭載しているAPUのSnapdragon835はQC4.0に対応しているのに、なぜかいまだにQC2.0にしか対応していない。
 爆発騒ぎを起こしていたGalaxy Note7でもQC2.0にこだわっていました。チップセット自体はQC3.0に対応していたはずなのですが。
 画面が異常に赤い個体がある。
 虹彩認証をハックされた、等のレポートが上がっています。

 まあ、もっとも売れているスマートフォンのひとつであることは間違いないからこそ、こういったレポートが上がってくるのでしょうけどね。
 ま、どちらにしても曲面ディスプレイは個人的に使いづらいので買いません。

日本市場で振るわないサムスンのスマホ。シェアの低下理由は日本人の対韓感情にあり?

日本のスマホ市場シェア、サムスンは3.8%で5位…1位は?(中央日報)
サムスンのスマートフォン、日本でなぜ力を発揮できないのか(中央日報)
日本のソニーは1−3月期にスマートフォン110万台を出荷して13.5%のシェアを記録した。ソニーは出荷量で2位だが1位のアップルとの格差は大きい。富士通が5.9%、シャープが4.1%と続いた。

サムスン電子の1−3月期の日本のスマートフォン市場シェアは3.8%で5位にランクされた。サムスン電子の日本のスマートフォンシェアは2012年の14.8%から2013年に10.7%、2014年に5.6%、2015年に4.3%、2016年に3.4%と下落傾向を見せている。
(引用ここまで)
市場調査会社のストラテジーアナリティクス(SA)が22日に明らかにしたところによると、1−3月期に日本市場でサムスン電子のスマートフォンのシェアは3.8%で5位にとどまった。サムスンの墜落の裏にはアップルの善戦がある。iPhoneの1−3月期の日本市場でのシェアは51.3%に達した。アップルはiPhone7シリーズを発売した昨年4−6月期に初めて四半期シェア50%を突破した。

日本だけではない。SAによるとサムスン電子は中国のスマートフォン市場でも1−3月期に3.1%のシェアを記録し8位に落ちた。昨年1−3月期のシェア6.7%が1年で半減した。ファーウェイ、OPPO、vivo、シャオミのような現地企業だけでなく、アップルのシェア7.7%にも大きく及ばなかった。

中国と日本でサムスン電子のスマートフォンが売れない理由は何か。微妙な競争心理が原因のひとつとみられる。電子業界関係者は「韓日中の国民は競争的に『われわれの技術の方が優れている』という自負心があり、お互いの製品を排斥したりする。米国製品にはこうした拒否感がないものとみられる」と話す。
(引用ここまで)

 サムスン電子の日本におけるスマートフォン市場で最大のシェアを取っていたのが2012年。
 2012年の頃であれば、ギャラクシーS2〜S3くらいまでの頃。
 当時はまだまだAndroidは洗練されていなくて、比較的パワフルなプロセッサを搭載していたギャラクシーSシリーズの動作が他のAndroidよりもよかったのですよね。
 この頃はまだドコモがiPhoneの取り扱いをしていなかったので、そのシェアを取ることができていた……ともいえますが。

 実はサムスン電子がもっともドコモに推されたのは、その次のギャラクシーS4の頃なのですよ。
 ラインナップにiPhoneのないドコモはXperia AとギャラクシーS4の2機種を前面に押し出すことで、「うちもスマートフォンありますからね」という広告戦略をとらざるを得なかったのです。
 これが2013年の春モデルだったかな。
 ですが、その推しに推された年からシェアの下落がはじまっている。

 2012〜13年になにがあったかといえば、イ・ミョンバクの天皇謝罪要求です。
 あれは本当に日本人の表情が変わった事件でした。
 外務省の外交に関する世論調査でも完全に数字が入れ替わったものでしたね。

 広告戦略では推されていたにも関わらず、大きくシェアを落としたのは日本人の対韓感情があったからではないか、と思われるのです。
 ま、2013年9月からはドコモもiPhoneを扱いはじめているので、それが大きな原因でもあるのですが。
 それでもソニーはなんだかんだで2位のシェアをキープしている。
 一方でサムスン電子は3.8%で5位。
 そこにはドコモによるiPhone取り扱い開始以外の理由があるはずなのですよね。

 最終的には「サムスン」のロゴを外すところまで追いこまれたのですが、シェアは復活せず。
 どうにか5〜6位くらいに食いこめるかどうかといった存在感のままでしょう。
 ちなみに韓国のスマートフォン市場シェアは50〜60%くらいがサムスン電子、15〜20%くらいがLG、アップルが10%強くらいでその次につける……という構造まま、この数年間は推移しています。
 日本のiPhoneどころの騒ぎではないレベルでサムスンばっかりでしたね。

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ