楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

サルベージ

 相互RSS募集中です

セウォル号がついに地上へと引き揚げられる。しかし、捜索は難航の模様……

セウォル号陸揚げ 船体を埠頭に移動(聯合ニュース)
 韓国南西部・全羅南道の木浦新港に停泊中の運搬船に積載されていた旅客船セウォル号が9日、同港の埠頭(ふとう)に陸揚げされた。

 陸揚げ作業は同日午前9時から始まった。特殊移動装備のモジュールトランスポーター(MT、陸上に運ぶためのタイヤ付き運搬装備)で少しずつ埠頭に移された船体は午後5時半に完全に陸揚げされた。埠頭内の所定の場所に設けられた台座の上に船体を下ろす作業が残っている。
(引用ここまで)

 リンク先には画像もありますが、やっぱりでかいなぁ……。
 改造されて総トン数6825トンのフェリーですからね。
 全長146メートル、全幅22メートル、全高14メートル。長さはサッカーのフィールドをはるかに上回っているほど。

 これを捜索目的だろうとなんだろうと解体するなっていう遺族会の主張がいかにでたらめなものか、陸揚げしてみるとよく理解できます。
 目の当たりにしたらとんでもないでしょうね。
 立てるわけにもいかないでしょうから、全幅22メートルを横倒しにしたままで捜索させろってことなんでしょうが……。
 実際に陸揚げ前に事前捜索があったのですが、70分かけて24メートルしか進めなかったとのことです。

「70分の捜索で24メートルしか入れず」…客室の壁崩落したセウォル号(中央日報)

 船体を横たえているわけですから壁が床代わりになるのですが、3年間も海水につかっていたせいで壁がぼろぼろになっててろくに歩くことも難しいというような状況だそうです。
 地上に揚げたのに捜索のための犠牲者が出そうな勢いですわ。 

 でもまあ……解体しないままでの捜索をやらせるんだろうなぁ。

例の件もあるので沈没つながりでついでに。
日本以外全部沈没 パニック短篇集 (角川文庫)
筒井康隆
KADOKAWA / 角川書店
2015/1/25

 

セウォル号が3年ぶりに水上に姿を現す……なお、捜索は後日の予定

セウォル号、水面から13mへの引き揚げ、今日の午後または夜完了(聯合ニュース・朝鮮語)
セウォル号を水面上13mまで引き上げる作業が当初の予想よりも遅くなると思われる。

当初この作業は、23日午前11時までに完了することが予想されたが、この日の午後遅くまたは夕方にまでに完了すると修正された。

海洋水産部は23日午前10時現在の高さ22mのセウォル号船体を海底面から24.4mまで引き揚げたと述べた。
(引用ここまで)

seworu170323

 このイラストが分かりやすいので聯合ニュースの記事を選んでみました。

 去年の4月頃に想定されていた技術をそのまま使っているようですね。
 船体の下にビームと呼ばれるいかだのようなものを敷き、それを左右両方からクレーンで引き上げる。左右のクレーンの動きをシンクロさせるために引き上げににだいぶ時間がかかるそうです。
 そのためにスケジュールは遅れ気味の模様。
 まあ、7000トンクラスの船をこんな風にして引き揚げるなんてこと自体が世界でもはじめてのチャレンジでしょうからねぇ……。
 当初は一切の傷をつけないということだったのですが、ビームに固定するために船体に穴を開けてワイヤーを通しているそうです。

 23日14時現在で水面から6メートルのところまで上昇させたとのこと。
 夕方にかけて水面から13メートルまで引き上げ、半分ちょっとが水上に出た状態で、数日かけて木浦(モッポ)港に曳航していく。
 そこからさらに陸揚げさせて、船体を切断する……とのことですが。

 さて、陸揚げさせてから船体に傷をつけることに反対しているセウォル号遺族会がどのような妨害活動に出るのか。
 ろうそくデモからこっち、セウォル号について世間の関心も薄れていたのですがこの引き揚げ作業は韓国のほぼすべてのチャンネルで中継されている状況。
 ここで面目躍如とばかりに大暴れしてほしいものですが。

水中考古学 クレオパトラ宮殿から元寇船、タイタニックまで (中公新書)
井上たかひこ
中央公論新社
2015/10/25

ついにセウォル号の引き揚げ作業開始、反対していた遺族会はどう動く?

セウォル号 本格的な引き揚げ始まる=沈没から3年(聯合ニュース)
 韓国海洋水産部は22日午後8時50分から、2014年に南西部の珍島沖で沈没した旅客船セウォル号の本格的な引き揚げに着手したと明らかにした。

 作業が順調に進めば23日午前11時ごろには水面上13メートルの高さまで船体が引き揚げられると予想される。14年4月の沈没からおよそ3年を経て再び水面上に姿を現すことになる。 (中略)

 海洋水産部の金栄錫(キム・ヨンソク)長官は同日午後に珍島を緊急訪問し、本格的な引き揚げ作業を指揮している。同部は23日午前10時に珍島郡庁で記者会見を開き、進行状況について説明する予定だ。
(引用ここまで)

 セウォル号の引き揚げがようやくはじまり、明日の昼頃には海上に横たわった姿を現すことになっています。
 で、港にクレーンで引き揚げてから船体を切断して最後の捜索を行う予定になっているのです。
 まだ行方不明者が9人ほどいる。さらにいえば登録されていない乗船者もいたのではないかということで、引き揚げてからの隅々への捜索が待たれていたのですよ。

 ただ、まだ大きなハードルが残っていまして。
 セウォル号遺族会が船体の切断に大反対しているのです。
 セウォル号を解体することは真相究明をせずに迷宮入りさせようとするための陰謀だ、みたいな主張を繰り広げているのですね。
 船体を完全な形で引き揚げなければならないと。

 ついでに「特別調査委員会と遺族会が技術検討をして完全体で引き揚げなければならない」みたいなことも言っていました。
 聖遺物かって突っ込んでましたが。
 その特別調査委員会も去年9月末に解散
 ここのところ遺族会も静かでした……というか、パク・クネの弾劾一辺倒で、不法占拠していた光化門広場もろうそくデモに乗っ取られた形になってましたしね。

 遺族会にとってここが最後の花道というか、見せ所になるんでしょう。
 またハンストでもやるんでしょうかね。

韓国左派の陰謀と北朝鮮の擾乱
高 永
ベストセラーズ
2017/3/25

セウォル号引き揚げ作業、順調に遅延 「7月には終了」→「9月末には」→「10月」→「年内無理かも……」

韓国のセウォル号引き揚げ作業にまた遅れ、年内完了も困難か=韓国ネット「やる気がないんだろ」「政権が代わった頃に真実が明らかになる」(レコードチャイナ)
韓国海洋水産部によると、引き揚げのため船体下部に設置するリフティングビーム8個のうち、現在までに設置が完了したのは2個。先月21日に1個目を設置した後、2個目は20日余りたった今月14日にようやく設置が終わった。今後残りを設置していくが、船体下の土砂が硬く、当初の計画通り進めるのは難しいという。現在は、ワイヤーをさらに活用する、船尾を若干持ち上げるなど、補完作業について検討が行われている。

これについて同部の金栄錫(キム・ヨンソク)長官は16日放送されたテレビ番組の中で、「年内の引き揚げを目標に最善を尽くし作業に当たっているが、最悪の場合には年内の引き揚げが難しい可能性も排除できない」と述べた。

セウォル号引き揚げ作業をめぐっては、この春には今年7月を目途に、以降は同10月末までに、と完了目標時期が遅れる事態が続いている。
(引用ここまで)

 中国企業が請け負っているセウォル号引き揚げ作業が順調に遅延しているとのこと。
 約7000トンの船体+1000トン以上の積み荷を海水もろとも形状を維持したままで引き揚げるなんていう、異常にハードルの高い作業をやらせているのですから、遅延は当然だと思いますけどね。
 さらに引き揚げてからも傷ひとつつけるなとか遺族会が言い出していまして。

 水中であるていど分割してパーツごとに引き揚げるならこんな苦労はしなくて済むのですが、なにしろ『聖遺物』扱いですからね。
 引き揚げ以降も傷をつけるな、そのまま保存しろって言ってるのですが、どうなることやら。
 場合によっては政府側か遺族会側のどちらかが実力行使にも出るんじゃないかなぁ。

 ちなみに犠牲になった高校生たちが使っていた教室も学校側に「使うな、そのまま保存しろ!」って言っているというね。
 光化門広場も未だに不法占拠したまま。  もはやセウォル号遺族会は最強のクリーチャーと化しているのですよ。

「少年A」被害者遺族の慟哭(小学館新書)
藤井誠二
小学館
2015/12/6

セウォル号遺族会「セウォル号は聖遺物である。傷つけることはまかり成らん!」と宣言。捜索にも文句をつける

海洋水産部、セウォル号引き揚げてから船体を切断する(ハンギョレ)
 海洋水産部は29日、「専門家たちが1カ月にわたり、セウォル号を引き揚げてからの船体の整理方法を検討した結果、セウォル号が倒れた状態で客室部分だけを分離し、上向きにしてから作業する方法(客室直立方式)が最適だとの結論を下した」と発表した。船体整理とは残された遺体を探し、残存物を搬出・分類・処理する作業を指す。(中略)

 遺族と特別調査委員会は、船体自体が事故原因を明らかにする証拠であるだけに、船体が傷つけられれば真相究明が難しくなるとして、切断に反対している。特別調査委員会の関係者は「政府のやり方で船体を切断すれば、事故原因として機器の欠陥の可能性を提起した大法院(最高裁)の判断を全面的に無視することになる」としたうえで、「セウォル号事故の真相究明を永遠に迷宮入りにしようとする意図」だと批判した。

 しかし政府は、専門家8人が技術検討を行った結果、切断せずには船体整理が難しいと発表した。政府は、セウォル号が横倒しになっている状態で作業を行うのは「9階建てマンションの高さ(22メートル)に相当する船体が横だおしになっているため、作業環境が劣悪で事故の可能性もある」と指摘した。地上や水中で船体を切断せず、直立させる方法についても「船体を直立させる過程で客室が損傷を受けるリスクが高く、時間もかなりかかる」と説明した。

 一方、遺族たちは、政府が決定した方式についてさらに技術検討を行う必要があると主張した。遺族側は同日、声明を出し、「客室部分は沈没当時、船尾を中心にひどく破損しており、2年以上も海中にあったため、壁やパネルがかなり損傷されているはず」としたうえで、「このような状況で、客室部分だけを切断して持ち上げた場合、客室が崩壊する可能性が高い」と指摘した。遺族側は「船体引き揚げの原則は残された遺体と船体の完全な引き揚げ」だと強調し、「特別調査委員会・遺族と共同で再度技術検討を実施すべきだ」と主張した。
(引用ここまで)

 韓国政府はセウォル号を引き上げたら横倒しにして、客室を切り出して捜索をするという方針を固めたそうです。
 まあ、横倒しの状態でも全幅で22m。マンションだと8階くらいですかね。この状況で捜索しろっていうのも大変ですわ。
 アクセスのしやすさを確保しないと捜索側に被害者が出るレベル。
 7月の時点でおおまかな方向性は出していて、その時点で既にモンスターたち遺族会と真相究明委は切断に反対していたのですよ。

 彼らがなにを言っているかというと、「聖遺物としてセウォル号を保存しろ」という話です。
 「真相究明のためには現状を保存しろ」ってことですが、いまさら真相究明とかいわれても……ね。
 引き揚げでも最低限の毀損だけが認められる云々で、サルベージの工法をいろいろと制限することになって中国企業が引き揚げを行うことになったわけです。
 1000億〜4000億ウォンともいわれる、異常な高額となった引き揚げ費用もそれが原因。

 ここまで捜査権と裁判権の移行以外はほぼすべて彼らの要望を取り入れ続けてきた韓国政府ですが、さすがに三次被害まで出す危険性もある捜索をしたくはないだろうなぁ。ちなみに二次被害は沈没時の捜索での死者です。
 9月中には引き揚げ作業を完了したいとしていますが……。


セウォル号引き揚げ事業を7月までに完了へ、一切の傷をつけずに地上へ引き揚げ捜索作業へ……

セウォル号引き揚げは7月に完了……今月中にエアバッグ等の設置作業を開始へ(聯合ニュース/朝鮮語)
セウォル号引き揚げの本格的な作業が来月始まると海洋水産部が14日、明らかにした。

セウォル号沈没してから2年を迎える二日前、この日のブリーフィングでヨン・ヨウンジン海洋水産部セウォル号引き揚げ推進団長は「7月引き揚げを目標に船首を持ち上げるためのリフティングフレームの設置など高難度の工程に突入する」と説明した。

セウォル号内部のタンクに空気を入れて、外部にエアバッグなどを設置し浮力を確保した後、船首を持ち上げて船体の下にリフティングビームをインストールする。海上クレーンで吊り上げビームを引き上げフローティングドックに上げフローティングドックを浮上させる方式で引き揚げられる。

未収拾の遺体が失われることを防ぐための横200m、縦160m、高さ3mの鉄製フェンス36は、インストールが完了した。

今月末まで船体内のタンク10個に空気を注入し、棒型エアバッグ27個、そしてポンツーン(水タンクの形の大型エアバッグ)9個を設置する作業が行われる。

現在、水中のセウォル号の重量は8300tほどだが、タンクに空気を注入するなどの作業が完了したら、5千tの浮力が確保されて引き上げ重量は3300tとなる。

以降、船首を引き上げるときのクレーンのワイヤが耐えられる重量は700tにとどまる。

しかし、船尾は海底に触れた状態で船首を引き上げるために、地盤が2千600tの重量に耐えてくれる。

ただし、浮力の確保はセウォル号を水の外に取り出すための準備段階だ。

船首を持ち上げ、引き上げ用のビームなどを設置してクレーンで引き上げフローティングドックに上げるなど、後の作業が「実際の」引き揚げに該当すると見ることができる。

特に海洋水産部は船首持ち上げるときとフローティングドックに載せられたセウォル号が水面上に現れるときこそが引き揚げの過程で「最も注意する時点」と見ている。

セウォル号は完全に沈没してから初めて船体が動かす上に、セウォル号が水上に上がったと同時に浮力が消えて荷重が増加するためである。

船首を5度ほど上げる作業は、5月に開始され、約一ヶ月間続く。

6月には引き上げた船首下にリフティングビームを19本まとめて入れて船首を再度下ろし、船尾の下にも昇降ビーム8本を入れる作業が行われる。

セウォル号惨事2周期を控えた12日、全羅南道珍島郡のセウォル号沈没海域で中国の上海サルベージバージが引き揚げ事前作業を広げるために停泊している。

セウォル号の「台座」になったリフティングビーム両端にワイヤーが92本結ばれる。

ワイヤーは、1万2千t級の海上クレーンには直接に接続されず、海上クレーンにつながれた昇降フレームへと接続される。

リフティングフレームは、ワイヤが船体に触れて船体を損傷することがないようにして、ワイヤのそれぞれにかかる荷重を調節して船体が平衡を保つようにする。

セウォル号がフローティングドックに上がる日は7月中旬気象や潮流が良好なとき決定される予定である。

フローティングドックは、半潜水状態で待機してセウォル号の下に敷いた後に2〜3日かけて徐々に浮上する。この時点で沈没したセウォル号がはじめて水中から姿を現す。

セウォル号を載せたフローティングドックは、タグボートに引かれて、全南内港に移る。

以降、造船所などで利用する大型輸送機器である「モジュールトランスポーター(M / T)」がフローティングドックからセウォル号を取り出し陸上に移す。この時が引き揚げの仕上げとなる。

セウォル号が移る港は木浦新港と光陽港が有力である。

木浦新港は距離(110辧砲光陽港(240辧砲茲蠅盖離が近いが、民間が運営する港にセウォル号を長く係留することが負担となる。光陽港は距離が遠いという欠点と、政府が所有するという長所がある。

どの港へとセウォル号が赴くかは、今月中に決定される見通しである。

セウォル号を引き揚げたら、世界的に類を見ない事例として記録される。

長さが145mである船体を水の中で切断せずに引き揚げている事例は、世界的に初めてだからだ。

ヨン・ヨウンジン団長は「現場条件が難しいが引き揚げ作業にすべてのリソースと能力を集中して引き揚げが正常に行われるように最善を尽くしたい」と述べた。
(引用ここまで)

seuorugo

 セウォル号の引き上げが本格的にはじまるというお話。
 文章ではかなり分かりにくいのですが、一度船首を上げて海底にビーム(鉄製のいかだのようなもの)を敷いてそれごと引き揚げるという方式を採るそうです。
 えひめ丸は500トンクラスだったけども、水深600メートルから30メートルへの浅瀬への引き揚げ。
 セウォル号は7000トンクラスで水深30メートルから地上への引き揚げ。
 んー、比較対象にはならないか。

 ただ、えひめ丸みたいに水面近くまで引き揚げての捜索が一番効率がいいと思うんですけどね。
 水の浮力を利用できるというのもあるし。

 わざわざ地上に持ってきてまで作業する意味が不明なのですよ。
 しかも、100億円以上、最大で200億円にもなろうかという費用をかけて。
 ついでにいえばそのサルベージ技術が韓国にはなくて、中国企業にやってもらってまで。

 ま、国民感情なのでしょうけどね。最後のひとりまで行方不明者を見つけなければならないっていう



韓国のサルベージ会社が「フェリー亀山」を着水させた?

東日本巨大地震:打ち上げられた船、韓国企業が移設(朝鮮日報)
>  今月17日、宮城県気仙沼市の大島港。3000トン級の大型クレーンが、陸地に打ち上げられていた306トンクラスのカーフェリーを持ち上げ、海に下ろした。このフェリーは、今年3月に発生した東日本巨大地震の津波によって、海から200メートルも打ち上げられたままになっていた。

 5カ月ぶりにフェリーが海面に下ろされるや、集まった島の住民たちが歓声を上げた。その中に「やったぞ! おれたちの手でやった!」という韓国語が混じっていた。

 フェリーを海に下ろした立役者は、海難救助を専門とする韓国企業「コリアサルベージ」に所属する専門家9人だった。専門家たちは今年5月からフェリーの移設作業に取り組んでいた。日本の災害現場で、海外の企業が復旧作業に取り組む唯一のケースとなった。(中略)

 今年3月11日、大島には高さ15メートルの津波が襲った。港に停泊していた306トン級の「フェリー亀山」などが、津波によって陸地に打ち上げられた。これらのフェリーは、島の住民約3100人が気仙沼市中心部へ行き来するための交通手段だ。
(引用ここまで)

 ふむ、ワケが分からないよ。
 というのも今月の20日に、以下のような記事がありまして。

「フェリー亀山」着水(三陸河北新報社)

> 東日本大震災の津波によって気仙沼市大島の浦の浜港の陸地に打ち上げられていたカーフェリー「フェリー亀山」(306トン、定員250人)が17日、旅客船「海来(みらい)」(160トン、定員300人)が19日、サルベージ船の大型クレーンにつり上げられて、約5カ月ぶりに海に戻った。(中略)

 作業には海洋工事・建設会社「吉田組」(本社・姫路市)が所有する1万トン級サルベージ船「第28吉田号」が使われた。
(引用ここまで)

 前者の「韓国の会社がやった」と、後者の「吉田組が所有するサルベージ船を使った」というのは必ずしも完全に矛盾する項目ではありませんが。
 でも、わざわざ韓国のサルベージ会社に日本のクレーン船をレンタルさせてまで作業をさせるかというと正直なところ疑問です。
 んー、続報が必要かな。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ