<野球>李大浩「金泰均? 私の相手は日本最高の打者たち」(中央日報)
「よ く私は日本に進出した韓国の選手と比較される。 まだやってもいないのに私の未来の成績を予想する。 最近帰ってきた金泰均(キム・テギュン、29)と比べる人もいる」と話した。 李大浩は「しきりに韓国の選手と比べるのはよくない。 日本リーグに進出すれば現地で活躍する最高の打者たちと競争し、実力で勝たなければいけない」と強調した。
(引用ここまで)

 まあ、こう言いたくなるのも分からないではないですが。
 でも、これまで2006年のイ・スンヨプを除いて惨憺たる成績を韓国人打者は並べてきたわけですよ。
 特にキム・テギュンとは、右の中距離ヒッターであり、韓国国内ですらホームランが1シーズン30本を超えたことが1回しかないというところまで共通しています。
 比べられて当然。

 問題はあの巨体が内角攻めに対応できるかどうかと、落ちる球。どうも話によると門倉にカモにされていたことから縦の落ちる球には対応できないんじゃないかという気がしています。
 まさにここで語られているレポートのままなのですよね。
 おそらく統一球は低反発でこのまま行くでしょう。
 無理だと思うんだよなぁ。
 キム・テギュンは今年、去年の1/5の打席しか打っていませんが、去年は21本打てたホームランが1本。
 つまり、あのままのペースで1シーズン過ごしたとしても5本。
 数字のぶれを見込んでも二桁打てたかどうか疑問です。
 ……とまあ、韓国人打者としては不利な条件しかないのですけどね。
 ま、オリックスも放映権料、スポンサーフィー、韓国で運営する貯蓄銀行の広告塔としての役割を期待した上での契約だから成績は問わないのでしょうけど。