楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

セウォルX

 相互RSS募集中です

「韓国人は狂牛病になりやすい」「殺人マクワウリ」に「セウォルX」……韓国人がデマ、都市伝説に振り回される理由とは?

【萬物相】厄介なうわさに振り回される韓国(朝鮮日報)
 韓国では、大きな事件や事故が発生すると厄介なうわさが幅を利かせ、科学と理性は力を失ってしまう。狂牛病がはやった時、ある前長官は「米国にいる人間の狂牛病患者25万−65万人が認知症患者として隠蔽(いんぺい)され、死亡した」と主張した。セウォル号の沈没事件の際は、あるテレビ局が「ダイビングベル」の装備を使用すれば海中で20時間連続で作業ができる」とでたらめの主張を展開。救助作業に混線をもたらした。結局この装備を投入するおかしな事態に発展した。当然何らの成果も上げることができなかった。同テレビ局は「セウォル号の潜水艦衝突説」を主張したネティズン(インターネットユーザー)と教授のインタビューを計53分の特集で放送した。

 韓国の厄介なうわさの特徴は、それが虚偽だと判明しても、誰も潔く認めて謝罪しないという点だ。セウォル号の潜水艦衝突説を主張したネティズンは、セウォル号が水面上に顔を出し、衝突説が虚偽であることが判明したにもかかわらず「結果をいとも簡単に断定するのは望ましくない」とコメントした。同ネティズンは、最初から事実に関心がなかったのかもしれない。同テレビ局も衝突説の報道について、その後一切言及していない。

 政府が8月12日、慶尚北道星州にある米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の砲台から出るレーダー電磁波を測定したところ、人体に無害であることが分かった。電磁波が健康に害を与え、マクワウリの農業を壊滅させるといううわさは、事実ではなかったのだ。にもかかわらず、THAAD反対団体と一部の住民は「信じられない。認めることができない」と繰り返す。厄介なうわさに便乗した政治家たちが誰なのか、皆分かっているにもかかわらず誰も謝らない。
(引用ここまで)

 韓国では異常なくらいに都市伝説が流行するというか……一般にまではびこるのですよ。
 韓国人は基本的に事実かどうかであるよりも、身内(ウリ)の中で流れている話を信じます。
 ぱっと見て科学的にありえない話であっても、ウリのほうが大事なのです。
 たとえそれがデマであろうとも。

 かつてはそのデマ、もしくは噂の範囲は狭いものでした。住んでいる集落や親戚の間でだけで流れていて、情報を占有していたのですね。
 ウリで情報を占有する、もしくは共有する。
 そうすることでなおのことウリとしての意識を再認識させ、協調をより強固なものへとしていったのです。

 それがいまやインターネット、テレビによって一瞬で駆け巡る状況になってしまった。
 噂、デマに関してウリの範囲が韓国全土になってしまったのです。「ここだけの話だけどね」という話が全土で広まるという地獄。
 セウォルXなんてその典型でした。
 これが大規模にデマを流通させる原因のひとつになっているのです。

 もうひとつ原因はありまして。
 これは「ウリ意識」を固める原因でもあるのですが、とにかく韓国では李氏朝鮮の時代からお上の流す情報がアテにならなかったのです。
 なんの前触れもなく法律が変わったり、税率税法が変わったり。
 下々の民はそれに対抗するために、「ウリ」を固めていったのです。情報共有組織とでもいうか、いち早く情報を得て、政府の唐突な方針転換に対抗しようとするためにウリ意識が形成されたというべきか。

 時を経て「大韓民国」になっても、「我々は最後までソウルを死守する!」って国会決議をした翌日にはソウルの橋を国民もろとも爆破するなんてことをやってましたしね。
 そのせいで政府の公式見解を誰も信じない。
 政府の話と、ウリで流通している話、どちらを信じるのかといわれたらウリを信じる。
 そうしないと命が危ないので。
 なのでデマを信じる。なにしろ、政府は嘘をつくものだと相場が決まっていますから。

 2008年にPD手帳という番組が「アメリカ産牛肉がBSEに汚染されており、vCJDの患者は認知症として隔離されてしまっている。かつ韓国人はvCJDへの感受性が高く、アメリカ人よりも狂牛病に感染しやすい」という「隠された真実」を報道した結果、全土でろうそくデモが繰り広げられたことがありました。
 中学生が「もう人生はおしまいだ!」とか叫びながらデモに参加していたものですが。
 その後、10年ほど経過しましたが、彼の人生は終わりになりましたかね? 違う意味で終わっている可能性は大きいですが。

 とまあ、斯様に韓国では人々がひとつの方向に向かって暴走しやすい傾向にあるのです。
 この傾向はすべてにおいて適用されています。国民情緒法も同じ文脈で語れそうですね。
 楽韓Webではその様子を「過剰」というキーワードで韓国人の特徴のひとつとして挙げています。
 面白いもので、取り巻く環境がどうなろうとも、どれほど時が経過しようともそれぞれの持つ国民性の芯にある部分は揺るがないのです。

次期大統領候補のソウル市長が「セウォル号沈没原因を再調査しろ」「ジャロ様ありがとうございます」と潜水艦原因説を持ち上げる理由

パク・ウォンスン、ジャロセウォル号ドキュメンタリー「セウォルX」に言及 "セウォル号偏見の中にロックされている」(韓経ドットコム・朝鮮語)
セウォル号潜水艦衝突説?朴元淳「ジャロの「セウォルX」に回答する必要がある」... 新しい特別調査委員会主張(東亞日報・朝鮮語)

去る23日パク・ウォンスンソウル市長は、自身のツイッターを通じて「ネチズンジャロがしばらくの間、見えなくて心配したがセウォル号の真実をドキュメンタリーに帰ってきた」という文を掲載した。

続いて、「犠牲になった子どもたちへのクリスマスプレゼントになりそうだ。セウォル号は、水の中に沈没されているのではなく、人々の偏見の中に沈没されている」と明らかにしこれと共にネチズン捜査隊「ジャロ」が掲載した「セウォルX( SEWOLX)のティーザー映像」のリンクした。

ジャロは、セウォル号真実が込められたドキュメンタリーである「セウォルX」を25日午後4時16分公開すると明らかにした。その映像公開は、現在のアップロードの問題で多少遅れている。

これに対して朴元淳市長は25日、「2年以上の時間も待っていた。真実を見つけるための労作を待っている時間は楽しみですらある。ジャロ様ありがとう。RTでジャロ様を応援しなければ」というツイートを掲載して応援のメッセージを伝えた。
(引用ここまで)
パク・ウォンスン市長は26日、自身のツイッターに対応する映像を共有した後、「「セウォルX」が語る真実、ネチズン・ジャロが長い忍苦の時間の中で見つかった真実に私たちは答えなければならない」という文を残した。

続いて「新しい特調委(特別調査委員会)を構成して、再原点から始めなければならない」とし「それでこそ国だ」という主張を展開した。
(引用ここまで)

 先日、「ジャロ(=文字?)」という「ネチズン捜査隊」が8時間以上もの「セウォル号の沈没原因は韓国海軍の潜水艦に衝突したためだ」というドキュメンタリー動画をFacebook、およびYouTubeにアップロードしたという話はすでにエントリを書きました。
 この新たな(実際には新しくもないのですが)陰謀説はセウォル号の沈没原因が韓国海軍であった、つまりすべての悪いことをパク・クネ政権の責任であったというものにしたい現在の韓国の空気に合致しています。
 8時間を超えるにもかかわらず、動画は1日で300万回以上が再生されている状況。

 一応、その動画にもリンクを張っておきましょうかね。


 動画のコメント、およびこの「セウォル号の沈没は潜水艦が原因である」という記事へのコメントを見てみたのですが、ほぼ「新たな真実が明らかになった!」と諸手を挙げての賛同。
 「ジャロ様ありがとうございます」だの「我々の国は国ですらなかった」だの。

 そして、次期大統領候補と目されているソウル市長のパク・ウォンスンがこのセウォルXにTwitterで言及。
 ネチズンの意識をそのまま反映するように「ジャロ様ありがとうございます」、そして「新たな特別調査委を立ち上げなくてはならない」と騒ぎを助長するようなツイートをしているのです。
 以前にも書きましたが、パク・ウォンスンは極左の位置にある人物です。
 かつ、今回の選挙では明らかに出遅れています。
 より激しくポピュリズムに迎合し、パク・クネ政権を悪とすることで自分の位置を引き上げたいと考えているのでしょう。

 あるいは北朝鮮の意向もそこには入っているかもしれませんね。
 ま、この動画によって韓国はさらなる混沌に叩きこまれたと言っても過言ではありません。
 まだ「この主張に反抗するものは非国民だ」までは行っていませんが、その寸前といったところですかね。
 パク・クネ政権にとって不利になることであれば、なんでも「真実」であるというところまであと一歩のところにきています。
 これから先はかなりの危険区域ですが……楽々と踏みいるのだろうなぁ。

と学会誌34
と学会
WARMACHINE
2016/9/12

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ