楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

ソン・フンミン

 相互RSS募集中です

ソン・フンミンがアジア人初のプレミアリーグ月間MVP → クラブのカレンダーには掲載されず……

ソン・フンミン、2017年トッテナム公式カレンダーから除外(スポーツ韓国)
ソン・フンミン(トッテナム)が2017年に球団公式カレンダーで抜けた。現地メディアも意外という反応である。

トッテナムが球団公式ホームページを通じて販売を開始した新年のカレンダーは、月ごとに12人の選手の写真が含まれている。 1月は、ハリー・ケーンが飾られており、続いてウーゴ・ロリス(2月)ヤン・フェルトンゲン(3月)トビー・アルデルヴァイレルト(4月)エリック・ダイアー(5月)デル・アリ(6月)クリスティアン・エリクセン(7月)ヴィクター・ワニャマ(8月)エリック・マヌエル・ラメラ(9月)ダニー・ローズ(10月)カイル・ウォーカー(11月)フィンセント・ヤンセン(12月)の順である。

ほとんど主戦級選手だが、今年の夏に新しく合流したワニャマとヤンセンも掲載されている。ただしソン・フンミンはムサ・シソコ、ムサ・デンベレなどとともに名前を上げなかった。去る9月イングランドプロサッカープレミアリーグ(EPL)今月の選手賞を受賞するなど、今シーズン主力選手として跳躍したことを考えてみれば、意外としかいえない。

現地週刊誌のハートフォードシャーマーキュリーも「シソコとソン・フンミンの両方トッテナムのカレンダーに陥った」と関連ニュースを伝えた。この媒体は、特に「市場性の良い選手の一人であるうえ、9月、今月の選手賞を受賞した「コリアンスター」ソンフンミンの名前が除外された」とやや意外という反応を示した。

一方、ソン・フンミンは昨年9月、アジア選手としては初めてEPL今月の選手賞を受賞した。当時、彼はリーグ3試合で4ゴール1アシストの大活躍を見せた。ちょうど10月と11月には、リーグ7試合に出てゴールを記録していなかった。彼の最後の攻撃ポイントは、先月2日、マンチェスター・シティー戦1アシストである。
(引用ここまで)

 ソン・フンミンは9月の3試合で4ゴール1アシストという活躍で、プレミアリーグの月間MVP獲得してましたね。
 楽韓Webでは10月の頭に「体調のピークを開幕時に持ってきて、他の選手が本調子じゃないときにゴールを量産する」という話をしていました。
 で、それ以来、2ヶ月間ゴールゼロ。
 ここ数年、いつものパターンなのですけどね。今年は特にオリンピックがあったので、ピークがさらに前倒しになっていたのでしょう。
 そもそも、前線に貼りついてゴールしか狙わないというプレースタイルの選手なのに、ゴールがないんじゃお話にならないのですよ。

 で、そんな選手がカレンダーに掲載されなかったっていう話なのですが。
 まあ……顔と言ってもいい1月には載せられない。さりとて後半に載せたら、そこまでいるかどうかも分からない。
 今シーズンも「ブンデスに復帰するんじゃないか」と散々言われていましたからね。
 そういう微妙な選手は載せない、で終わりじゃないですかね。

 そういえばレバークーゼンの2014年カレンダーの表紙はソン・フンミンでした。
 内田にボールを奪われているシーンでしたが(笑)。

そういえばオシムの新刊が出ていたのだった。
急いてはいけない 〜加速する時代の「知性」とは〜 (ベスト新書)
イビチャ・オシム
ベストセラーズ
2016/9/8

韓国人「ソン・フンミンの得点を奪いやがって!」 → トットナムFWのSNSが大炎上

サッカー:「ソン・フンミンの得点機会奪った」 ラメラSNSに韓国語で罵詈雑言(朝鮮日報)
リーグのトッテナムで活躍しているソン・フンミン(24)。そのチームメートで同い年のエリック・ラメラ=アルゼンチン=のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)アカウントは3日、韓国語の罵詈(ばり)雑言で炎上した。同日未明、リーグ首位のマンチェスター・シティ戦にトッテナムが2−0で勝った直後のことだ。コメント2000件のうち、ほとんどに「おまえの欲がソン・フンミンのゴールチャンスを奪った」などと書かれていた。

 後半20分、トッテナムが2−0でリードした時だった。ラメラは同僚のMFデレ・アリが得たPKを蹴ろうと、ボールを拾い上げてペナルティースポットの方に歩いていった。すると、ソン・フンミンはラメラを止め、自分にボールをよこせというジェスチャーをした。しかし、ラメラはボールを抱え込んで断った。2人は約5秒間どちらがボールを蹴るかでもめたが、結局ラメラが蹴り、相手GKにセーブされた。

 この出来事については、イギリスだけでなく韓国のサポーターの間でも「どっちが蹴った方が良かったのか」をめぐりさまざまな見方が出ている。英サッカー界のレジェンド、イアン・ライト氏は中継放送で「調子が良かったソン・フンミンが蹴った方が良かった」と言ったが、同じく名選手だったガリー・ネヴィル氏は「監督がラメラをPK時に蹴る選手の二番手に指定していたようだ」と言った。
(引用ここまで)

 毎度毎度のSNS荒らし。
 PKをゆずらなかったからといって、トットナムのストライカー同士であるエリック・ラメラとソン・フンミンが争う。それ自体はさほど問題のある行為でもなく。
 充分にありえる話。

 それに対して韓国人ネチズンがまたもやエリック・ラメラのFacebookに突撃してコメント2000件。
 Facebookには翻訳機能があるので、たとえ韓国語であろうとも読もうと思えば読めてしまうのですよね。
 アルゼンチンの代表選手が相手であろうとこれ。
 まあ、オリンピックであろうとなんだろうと突撃するので、体面とか関係なく、自分らの積もった恨を晴らしたいだけの連中ですわな。

 これまでの実績として、アテネ五輪では体操個人総合で金メダルを奪われたといってハム兄弟のホームページを荒らす
 ロンドン五輪ではフェンシングで韓国人選手に勝ったハイデマンのFacebookを荒らす
 ソチ五輪ではフィギュアで金メダルを取ったソトニコワのFacebookを荒らす。
 リオ五輪ではサッカーで「ベッドサッカーを繰り広げた」として、ホンジュラスの選手のインスタグラムを荒らしまくり
 スコールズの「ワールドカップを開くべきではなかったバカな国」という発言に対して、イギリス代表のサイトを荒らすなんてこともやってましたね。
 栄光のアグリーコリアンとしての実績をまたひとつ重ねたってところでしょうか。

 ちなみにソン・フンミンは絶好調で、現在のところ4ゴールを上げています。
 多くの選手がシーズン全体を見据えてまだ本調子ではない状況の前半にピークを持ってきて、シーズン開幕当初はスコアを量産するというのはいつものパターンではあるのですが。
 今年はオリンピックに向けてさらにその傾向が強くなっているのかな。
 そして終盤になるとスタミナがなくなってヘロヘロになるというのもまたパターン。

いい加減にしろ韓国 (ノン・ブック)
豊田有恒
祥伝社
1994/3/31

兵役回避失敗のソン・フンミン、ヴォルフスブルクへの移籍で「個人同意」も移籍金額で時間切れ?

"ソン・フンミン、ヴォルフス個人の交渉終了...移籍金カギ」(聯合ニュース/朝鮮語)
ドイツ・ブンデスリーガ復帰説が出ているソン・フンミン(24・トッテナム)がヴォルフスブルクと移籍に同意した現地報道が出てきた。

欧州サッカー専門媒体90minは26日(現地時間)ソンフングミンヴォルフスブルクと、この夏の移籍のための個人的な条件に合意したと明らかにした。

この媒体は、しかし、ヴォルフスブルクがソン・フンミン移籍に必要なトッテナムが要求する移籍金を満たしていませなかったと説明した。

移籍金だけ円満に妥協が行われた場合ソンフング民度個人的に同意しただけドイツブンデスリーガに復帰することができるという意味で解釈される。

この媒体は、トッテナムは2500万ポンド(約368億ウォン)の移籍金を要求しているが、ヴォルフスブルクは、これを支給するようではないと予想している。

それとともにヴォルフスブルクは2000万ポンド(約290億ウォン)程度を考えていると付け加えた。

続いてヴォルフスブルクスポーティング・ディ・レックスクラウス・アルロープ菅"私たちはそのような能力を備えていない」と述べたと伝えた。

ソン・フンミンは、1年前ブンデスリーガレバークーゼンでイングランド・プレミアリーグトッテナムに移籍した。昨シーズン、彼は28試合に出て4ゴールを決めたが、満足のいくプレーを見せてくれはできなかったという評価を受けた。
(引用ここまで)

 レヴァークーゼンから2200万ポンドでトットナムに移籍して、レヴァークーゼンのSD(スポーツディレクター)から「いやぁ、あの移籍はおいしかったわぁ」と回顧されたソン・フンミン。
 オリンピックでは兵役免除をゲットできずに、嘲笑されてクソコラGPが開催されていたのは記憶に新しいところ。
 昨シーズンは飼い殺し……というかまったくの実力不足でろくな結果を残せなかったのですが、移籍話が浮上してきました。

 クムホタイヤからトットナムへ入金があったので今シーズンも同じような使われかたをするものだとばっかり思っていたのですが。

トッテナム・ホットスパーとのスポンサー契約締結(クムホタイヤ)

image
画像もクムホのプレスリリースから。

 記事曰く「ソン・フンミンとヴォルフスブルク間の合意はできているが、ヴォルフスブルクとトットナムの合意がまだ」であると。
 トットナムは2500万ユーロ(ポンド?)を要求しているのだけども、ヴォルフスブルクは2000万ユーロ(ポンド?)が限界だと主張。
 クムホの入金もあったことですし、トットナムとしてはできるだけ速くにスクワッドを空けたいところなのでしょうけど、移籍金の損失も見逃せない。

 難しいところですね。
 プレイヤーの資質云々は置いておいて、単純に経済的な問題として。
 ブンデスリーガに戻るのが本人の幸せのためなんでしょうけどね。

 なにしろ、トットナムへの移籍の際に夜逃げを糾弾してきたチャノハールがトットナムに移籍してきてしまうのですよ。
 針のむしろでしょ、これ。

 なお、夏の移籍市場が閉じるのは現地時間の8月31日。
 これ以外にも移籍できる韓国人はいるんでしょうかねー。


韓国代表を敗退に導いたソン・フンミン、兵役決定記念でクソコラGP!

[リオフォト]オリンピックサッカー、ホンジュラス戦敗退後、オンラインに登場したソン・フンミン非難の写真(中央日報/朝鮮語)
ブラジルのベロオリゾンテミネイロンスタジアムで14日(韓国時間)開かれた2016年リオ五輪男子サッカー準々決勝ホンジュラス戦で韓国が1-0で敗れベスト4進出が挫折した。

この日の試合でゴールできなかったソン・フンミンを非難する合成写真がオンライン上に回っている。
兵役未了となっているソン・フンミンの境遇を当て付けて憲兵が連れて行く姿に変形させたり、泣いている姿の写真に新郎新婦マトジョルという字をつけておいたりした。

これらの合成写真を見たネチズンたちはほとんど非難の意見が多かった。胸を痛めているソン・フンミンを奨励するどころか戯画させる必要まであるのかということだ。
(引用ここまで)

 ホンジュラス戦で敗退したということで、ソン・フンミンの兵役が本決まりになりました。まあ、30歳ギリギリまで回避するのかな。先代夜逃げことパク・チュヨンを見習うのでしょうが。
 で、試合後に泣き崩れていたソン・フンミンですが、彼を両脇から抱きかかえていた韓国代表スタッフのジャージが紺色だったのですが、これが憲兵の隊服と同じということでこんなコラが作られたのです。

huengmin_kusokora

 画像は大本であるらしいイルベから。
 http://www.ilbe.com/8596726009

 兵役に強制連行って感じですか。

 記事にある下のマトジョルというのは韓国の結婚式で新郎新婦が互いに土下座をしあう儀式みたいなものですね(明日から使えない韓国知識)。
 結婚式にかぎらず土下座をしあう状況をマトジョルともいうようですが。

 その他にも「韓国オリンピック代表、銀メダル獲得!」っていうリンクをクリックするとドッグタグの画像になるというものもイルベあたりであったようで。
 銀メダル=ドッグタグ=軍の認識票ってことで、兵役が決まったことを揶揄しているのですね。 

 丸刈りになって尚州尚武のユニフォームを着てるというコラ画像もDCinsideにありました。
 http://gall.dcinside.com/board/view/?id=lgtwins&no=9657836

huengmin_kusokora2

 なんかこう、ソン・フンミンが韓国人に総体として嫌われているというのがよく分かるクソコラ具合ですね。
 前回のロンドンオリンピックでアジア予選、オリンピック本戦とU-23への招集を拒否し続けていて、クラブを優先し続けていたから……かな?

Photoshopおいしいネタ事典
諫山典生
翔泳社
2016-02-25


「韓国代表のソン・フンミン放出は信じられないほどにいいビジネスだった。うちはより良いクラブになったね!」とレバークーゼンSD談

ソン・フンミンの移籍金に感謝するレヴァークーゼンSD 「チームを強くできた」(Goal.com日本語版)
CL出場権を獲得したことで選手が集まる一方、好成績を上げればさらなるビッグクラブからプレーヤーたちを狙われることになる。だがフェラーSDは、トッテナムへ移籍した韓国代表FWのソン・フンミンを引き合いに出し、主力選手の放出がチームのクオリティーを向上させる場合もあると話している。

「尋常ではないほどの高額なオファーが届けば、それを受け入れるのもレヴァークーゼンの歴史だ。去年のソン・フンミンが良い例だね。トッテナムが支払ってくれた大金で我々は(ケヴィン・)カンプルとチチャリート(ハビエル・エルナンデス)を獲得できたんだ。未だに信じられないよ」

「ソンに対してネガティブなことを言うつもりはない。だが事実としてチームはより良くなったんだ。これからも良い取引があれば受け入れるだろうね。もっとも、反対に非常に痛い移籍もあり得るけどね。ベルント・レノが移籍したとすれば、もちろん喜ぶことはできなかっただろうね」
(引用ここまで)

 「ベルント・レノが移籍したとすれば、もちろん喜ぶことはできなかっただろう」けど、ソン・フンミンを2200万ポンドで売り払えたのは喜ばしいってとこですね。
 守備力ゼロのフォワードをフィールドに置いておくよりは戦術の幅も増えたでしょうし。
 なにしろ「ブンデスリーガでもっともキュートなプレイヤー」であるチチャリートをまかなえたのは大きいですわ。チチャリートがソン・フンミンの1/3で獲得できたっていろいろおかしい。
 マンチェスターユナイテッドはどうしてああなっちゃったんだろうなぁ……。

 さて、韓国代表もワールドカップ最終予選に向かって強化試合を組んでいます。
 先日、代表メンバー20人が発表されたのですが。
 中国クラブから4人、中東から5人(カタール3人、サウジ、UAE各1人)。Kリーグから3人、Jリーグから2人。
 いわゆる「ヨーロッパ4大リーグ」からはチ・ドンウォン、ホン・ジョンホ(ともに独)、ソン・フンミン、キ・ソンヨン(共に英)の4人だけ。あとは英2部とルーマニア1部。
 中東、中国所属でほぼ半分とか、日本とはだいぶひどい差がついたもんだ……。

 でも、ヨーロッパでスペイン、チェコと連戦はちょっとうらやましいかな。



トットナム、韓国人ストライカーのソン・フンミンを放出へ……無駄金となった2200万ポンドをどこまで取り戻せる?

Tottenham ready to sell Son Heung-Min less than a year after signing him(Telegraph)
トッテナム、韓国代表FWソン・フンミンを1年で放出か(Qoly)
ソン・フンミン、「得点力の低いFW」2位の不名誉な記録=英メディア(Wow!Korea)
英国の『Telegraph』は20日、「トッテナムは韓国代表FWソン・フンミンを売却する準備をしている」と報じた。

昨夏、ドイツのバイアー・レヴァークーゼンから2200万ユーロ(約31億円)の高額な移籍金でトッテナムに加入したソン・フンミン。

しかし、チームがレスターと優勝争いを繰り広げた中、ソンはハリー・ケイン、デル・アリら強力な攻撃陣の牙城を崩せず、28試合4ゴールと期待外れの結果に終わった。

シーズン終盤には2ゴールを決めているが、最終節のニューカッスル戦では先発起用されたものの、低調なパフォーマンスにより前半で交代。チームは1-5で大敗し、宿敵アーセナルに抜かれて3位でシーズンを終えた。

記事ではこのことから、「マウリシオ・ポチェッティーノ監督の下での運命は決まってしまったかもしれない」とし、「もし獲得に費やした2200ユーロを取り戻せるのならクラブはソンを売却する可能性がある」と伝えている。

その売却先の有力な候補として、ソンの評価が高いドイツになるのではないかとのことだ。
(引用ここまで)

 Qolyの記事では2200万ユーロだの2200ユーロだのになっていますが、2200万ポンドの間違いです。
 今日のレートでは34億円ほどですが、当時は「41億円のアジア人最高額の移籍金でトットナムへ!」みたいな記事にあふれていました。
 楽韓Webでは夜逃げ騒ぎを起こしていたほうを大きく扱っていましたけどね。

 ま、正直それほどの選手かって言われたら、そうでもないとしか答えようがない。
 ドイツブンデスリーガでは二桁得点を記録していましたが、PA付近でふらふらと漂っているだけでろくに守備もしないような献身力がほぼゼロの選手。
 時折、ミドルシュートが決まるってだけで、その特性を周囲が理解していないと活躍できない選手なのですよ。
 それでもメッシクラスの活躍をするのであれば守備免除もされるでしょうが、そこまでの得点力があるわけでもない。
 視野が広いわけでもない
 周囲が得点のためのフォローをしないと成立しない選手なのに、なぜか獲ってしまったトットナムの問題だと思いますけどね。

 「評価されているドイツ」にクーリングオフしたいってありますが、むしろドイツでこそどのクラブでも評価は定まっていると思いますが……。まあ、得点力に苦しんでいる中堅クラブで獲りたいってところはあるかなぁ。
 移籍金2200万ポンドはどう考えても無理だと思いますが(笑)。
 1/3……いや、ヘタしたら1/4もあるかなぁ。


サッカー韓国代表選手に故障者続出! 「韓国人の身体的競争力は上位圏」のはずなのに?

<サッカー>孫興民に李青竜まで…両翼を失った韓国代表(中央日報)
2018ロシアワールドカップ(W杯)の2次予選、クウェートとの遠征試合(8日)を控えたサッカー韓国代表に悪材料が発生した。代表チームのエース、両ウイングの孫興民(ソン・フンミン、23、トッテナム)と李青竜(イ・チョンヨン、27、クリスタルパレス)が負傷したのだ。李青竜は代表チームから外れ、孫興民も合流が不透明だ。

 孫興民は先月26日(日本時間)、マンチェスターシティとのイングランドプレミアリーグ第7戦で右足を痛めた。攻撃型MFで先発出場した孫興民は後半32分に交代した。活発な動きを見せていた孫興民だったが、交代する時は足を引きずっていた。ただの打撲と考えていた孫興民は時間が経っても痛みが引かないため、トッテナムの医療スタッフを訪ねて治療を受けた。

 診断の結果、足底筋膜炎だった。足の裏の筋肉を覆っている膜の炎症で痛みが生じる。孫興民は膜が微細に裂けた程度の比較的軽いけがだ。スポーツ医学専門医のソル病院のナ・ヨンム院長は「アーチ形の足の骨を支える足底筋膜に過負荷がかかり、痛みにつながる。サッカー選手にはよくあるけがで、特に孫興民のように活動量が多い選手に頻繁に生じる」と説明した。ナ院長は「足底筋膜部位は血液の循環がよくない部位なので炎症が発生すれば回復も遅い」と話した。 (中略)

 クリスタルパレスで激しいポジション争いをしている李青竜もけがをした。李青竜は先月28日に行われたワトフォードとのプレミアリーグ第7節を控え、チーム練習中に右足首を捻挫した。このため李青竜はワトフォード戦のメンバーから抜け、回復に2週間ほどかかるという診断を受けた。
(引用ここまで)

 ソン・フンミンが復帰まで数週間の怪我。
 イ・チョンヨンが2週間ほどの怪我。
 monKIことキ・ソンヨンもリーグ初戦で負傷して出たり出なかったり。前節はフル出場したようですが。

 足底筋膜炎は厳しいなぁ……。
 ランをやっているときになったことがあるのですが、もう全然なにもできなくなってしまうのですよね。足裏なので、なんの運動もできないのです。できるといったら体幹トレくらいかな。

 それはともかく。
 この代表クラスに連続した怪我で思い出したことがあるので書いておきます。

 韓国人には「矮小な日本人よりも韓国人のほうが身体能力が優れている」という認識があるのです。
 いや、身体能力にかぎらず、すべての能力において日本人に勝っている。むしろ日本人相手どころでなく世界でもトップクラスっていう認識ですかね。
 根拠ですか? 太陽が毎日東から上がってくることに証明がいらないように、韓国人が優れていることは当然なのですよ。
 ……いや、ホントに。
 ていどの差はあれども、多かれ少なかれこういう考えかたをしています。

 その根拠としてはオリンピックのメダル数とかを挙げることもありますね。
 アテネではメダル数で日本に負けていたので「人口あたり、GDP比のメダル数なら勝ちだ!」とか言い出していましたっけ。
 ロンドンでは金メダル数は日本より多いのですが、金銀銅のメダル数では日本にけっこうな差をつけられています。だからなのかは分かりませんが、ロンドンオリンピックでのメダル数への言及は少なかったのですよ(笑)。

 在日韓国人に「我々は世界に冠たる壮健な倍達民族なのだ」というような話を真顔でされて「……はあ、そうですか」としかリアクションできなかったこともあったりしますね。
 でも、現実にはこうしてサッカーの主力級選手が怪我をするし、メジャーでは選手生命を脅かされるような怪我もしている。
 「選ばれた民族」みたいな幻想から脱却して、等身大の自分たちを見ることができるようになればいいのですけどね。
 例の「世界10位圏経済大国」みたいな異常な造語とかをやめることが……できないだろうなぁ。

今日発売のSAPIOはちょっと面白かった。

【今蘇る】ソン・フンミン、英トットナム移籍のためにチャンピオンズリーグすっぽかし【夜逃げ伝説】

(ゲキサカ)
 トッテナム加入が秒読みとみられるレバークーゼンの韓国代表FWソン・フンミンだが、後味の悪い旅立ちとなりそうだ。 (中略)

 同紙によると、クラブ間では合意に至っていない段階にも関わらず、フンミンはチーム練習を無断欠席した上で、26日には渡英し、トッテナムへのメディカルチェックへ向かっていたという。チームメイトのチャルハノールは電話とSMSで連絡を取ろうとしたものの、返事はなかった。

 チャルハノールは「ソンは偉大な選手だ。だが彼は彼の父親や代理人の間違った助言に従っているのは残念だと思う」と韓国代表FWの選択に肩を落とした。

 また、レバークーゼンのシュミット監督は「彼は偉大な選手であったが、間違ったアドバイスに従ってしまっているようだ。我々チームにとっても、彼自身にとっても理想的とは程遠い行動だった。欧州CLでプレーするよりも、移籍することが彼にとって大事だったんだろうね」と皮肉っている。
(引用ここまで)

 韓国籍を持つモナコ人であるパク・チュヨンがリーグアンのリールから夜逃げしたことを思い出しますね。
 あのときはまだ契約はしていなかったときでした。
 なので、パク・チュヨンのあの夜逃げはまだ「信義にもとる」というものだったのですよ。

 でも、今回は完全に契約中。
 それもチャンピオンズリーグのプレーオフ中。
 CL本戦に出られるかどうかはクラブにとってはかなり大きな問題ですが、ソン・フンミンにとっては大した問題ではなかったのでしょうね。

 しかし、レヴァークーゼンからトットナムへの移籍って微妙だと思いますけどね。
 レヴァークーゼンはドイツブンデスリーガで4位、CLプレーオフからの参加できるクラブ。
 トットナムはプレミアリーグで5位前後が定位置。ここ数年、ELにしか出られていない。
 微妙。

 記事中にもあるように、 ソン・フンミンは異常なくらいに父親の言うことを絶対的に守るのですよね。
 ロンドンオリンピック代表にもなれる年齢だったのですが、親父曰く「どうせ兵役免除に必要なメダルが取れるわけもない」で招集を頑なに拒否。
 で、クラブを優先してどうなったかはご存じの通り。
 パク・チュヨンにならって兵役も夜逃げするんでしょうかねー。


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
Blu-ray+DVD+デジタルコピー版
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ