楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

チョン・ユラ

 相互RSS募集中です

「財閥絶対殺すマン」の公取委員長がサムスン電子副会長の法廷で証言。これは罪状がどうだろうと有罪待ったなし……なぜなら……

サムスン副会長裁判、結審直前で急展開(JBPress)
 絶好調の業績だが、サムスン電子やグループ企業の首脳の間には、浮かれた様子はまったくない。それどころか、「重苦しい空気が漂っている」(韓国紙デスク)という。

 というのも、グループの事実上の総帥である李在鎔サムスン電子副会長が依然として拘置所にいるからだ。(中略)

 李在鎔副会長とサムスングループは、副会長によるグループ経営権継承を支援するよう朴槿恵前大統領に請託し、この見返りを提供したということだ。いったいどういうことか。 (中略)

 そんなおり、判決まで1か月という時点で、ここにきて突然、李在鎔副会長とサムスンを不安にさせる「サプライズ」が相次いでいるのだ。

 7月12日、李在鎔副会長の公判に、崔順実氏の娘が「証人」として登場した。(中略)

 娘の証言では、サムスン側は、「崔順実氏の娘」だけを支援したということになり、これまでの崔順実氏やサムスン側の主張とはまったく異なる内容だ。

 この証言が出た2日後の7月14日には、もっと興味深い「サプライズ」が続いた。

 この日午前、ソウル中央地裁の入り口に、就任したばかりの金尚祖(キム・サンジョ=1962年生)公正取引委員長が姿を見せた。地裁に公取委員長が何のために来たのか?

 李在鎔副会長の裁判の証人として出廷したのだ。

 「年休を取得して個人の資格で来た」 (中略)

 「結審直前に、崔順実氏の娘、公取委員長が相次いでサムスンと李在鎔副会長に不利な証言をした。政権が、合併に関与したかのように読める文書まで出てきた。政権の意向や世論が、判決に影響を与えるとは言いたくないが、判決に影響がないと言い切る自信もない」

 韓国紙デスクはこう語る。

 8月末に出る判決。すでにこの時点で、6か月間、拘置所生活を送ることになる李在鎔副会長にとって、運命の判決が近づいている。
(引用ここまで)


 画像はソウルのサムスン電子本社。
 サムスン電子の実質的総帥のイ・ジェヨン副会長が2月に逮捕状再請求が通ってしまって、逮捕されてから約半年。
 あれ自体もけっこうな衝撃でしたが、半年にわたって独房に拘束されたままというのもちょっとした衝撃。
 現状のサムスン電子には会長のイ・ゴンヒもいない(いや、まだ存在はしているけど)、副会長のイ・ジェヨンもいない。
 でも、半導体のスーパーサイクル状態でめっちゃ収益上がってますけどね。……もう1年、自民の政権復帰が早ければエルピーダもこの好景気を(死んだ子の年を数えるモード)。

 さて、8月末にイ・ジェヨンに対して判決が出る予定となっているのですが、これについてはもう有罪間違いなし。
 記事中に詳しいのでここではざっくりと書きますがイ・ジェヨンはサムスングループ継承にあたってサムスン物産と第一毛織を合併させるという必要性に迫られたのです。
 このとき、大株主のヘッジファンドから「合併時の比率がおかしい」と反対されたのですが、さらなる大株主の国民年金が賛成に回って合併成立しました。ちなみにそのヘッジファンドは後日、情報開示に問題があるとして捜査の手が入りました。いつものことですが。
 この国民年金が賛成に回るようにとパク・クネへの口利きをチェ・スンシルに依頼したのではないか、という疑惑が持たれています。その主体が法人としてのサムスン電子なのか、イ・ジェヨンなのか微妙なところではないかと感じているのですが。
 チョン・ユラを勝たせるために超高性能な馬を買い与えたりしたのが後援にまわっていたサムスン電子で、これらが賄賂にあたるのではないかという疑惑ですね。

 で、その裁判に「財閥絶対殺すマン」こと現在の公取委員長であるキム・サンジョまで参戦。
 「公休を取って私人の資格できた」ということですが、そもそも公取委員長がこうして法定で証言すること自体が異例。
 以前からムン・ジェイン政権は「持ちすぎている財閥を叩いて格差を小さくする」という政策方針であったため、その方向性を堅持できるであろうキム・サンジョを強行任命したほどなのですよ。
 そのキム・サンジョがこうして証言していることで、裁判所は政権の意向を汲み取って有罪判決を出さざるを得なくなったわけです。

 財閥として韓国そのものよりも大きな存在と化しているサムスングループの首根っこを、ムン・ジェイン政権は抑えつけることができるのか。
 イ・ジェヨンへの判決はその試金石であり、有罪以外はありえない状況になっていると思います。

ルポ 絶望の韓国 (文春新書)
牧野愛博
文藝春秋
2017/5/19

チェ・スンシルの娘、チョン・ユラへの逮捕状請求が棄却 → 韓国人「まだ金の力が通用する国なんだ!」

検察、「チョン・ユラ拘束」を失敗……チェ・スンシル圧迫捜査戦略難航(ニューシス・朝鮮語)
拘束避けたチョン・ユラ、チェ・スンシル宅で閉じこもる……検察、反撃への備え(聯合ニュース・朝鮮語)
検察がチェスンシル(61)氏の娘であるチョン・ユラ(21)さんを相手に請求した逮捕令状が棄却された。国政壟断事件の「最後のパズル」と呼ばれたチョン氏身柄確保に失敗し、追加捜査又は公訴維持の過程で動力を確保しようとしていた検察の計画が難航するものと思われる。

チョン氏拘束を契機に、現在のすべての容疑を否認しているチェ氏の心境の変化を引き出すことができるとしていた展望も期待にとどまる可能性が大きくなった。

3日法曹界によると、検察はチョン氏身柄を確保した後、梨花女子大学入試と学士不正、サムスングループによる乗馬特恵支援、ドイツ内で使用された資金の流れなどを強く調査する予定だった。

この過程でチョンさん追加の疑いを捕捉するか、すでに裁判中であるこれらの疑いが具体化されることを検察は期待していた。チョン氏はチェさんの犯罪行為だけでなく、チェさんとパク・クネ大統領の間で行われたことを誰よりもよく知っている人物に見えるだけに、裁判に渡された各人物公訴事実のすき間を満たしてくれるものと予想したものである。

チョン氏の弁護人であるイ・ギョンジェ弁護士の発言も同じ脈絡で読まれる。弁護士は前日チョン氏の令状審査後、記者たちと会って「検察がチョン氏を拘束しなければならないという論理を強く説いた」とし「チョン・ユラ氏を介して梨花大不正論争を再開したいと言っていた」と伝えた。 (中略)

一方、当初この事件自体が朴元大統領を拘束にするという頂点をとっただけに、検察がチョン氏拘束に注力することはないという観測もある。

検察出身のある弁護士は「幼い年齢だったチョン氏が知っていること自体が多くない」とし「チョン氏を拘束するかどうかは、この事件の大きな幹ではない。検察の今後のアクションに大きな影響あるようには見えない」と予想した。
(引用ここまで)
拘束の岐路に立っていたものの危機を脱した「秘線実勢」チェ・スンシル氏の娘チョン・ユラ(21)氏が3日未明、逮捕状棄却直後母親所有ソウル市江南区ミスンビルに戻って休息を取りつつ閉じこもっている。 (中略)

検察は、チョン氏のいくつかの疑惑をめぐってまずは業務妨害、偽計公務執行妨害の疑いで逮捕状を請求した。犯罪収益隠匿規制法違反、外国為替取引法違反、賄賂などの他の容疑は、今後の補強捜査が行われる可能性が予想される。

検察が令状棄却事由などを綿密に検討した後、激しい反撃に出ると予想される中、チョン氏側が今後どのような動きを見える注目される。
(引用ここまで)

 逃亡先だったデンマークから韓国へ帰国した、チェ・スンシルの娘であるチョン・ユラに対して韓国検察は逮捕状の請求を行ったのですが、裁判所からは棄却されました。
 まあ、冷静な第三者の視点からしてみたら、当時18だかそこらの子供がどれだけこの事件の主犯として関わってんだよって話になります。
 結果として一流大学への入学やら、とんでもないレベルの馬を買い与えられたといった利益は受けたのでしょうが、じゃあその主犯なのかと。
 公判維持が難しいと考えた、というところでしょうかね。

 ただし。
 若年層に関していうのであれば、嫌悪の対象としてはパク・クネよりもチェ・スンシルよりもチョン・ユラの存在が大きいのですよ。
 まさに金の匙をくわえて生まれてきた人物で、かつ大した実力もないのにアジア大会の乗馬競技で金メダル獲得(馬がすごかったので)、それを高らかにかざして韓国では最高峰の女子大学とされている梨花女子大へ不正入学
 なんというか、韓国人の子供たちが脳裏に描く嫌悪すべき存在をそのまま具現化させたような存在なのです。

 しかも、その嫌悪に対して「親の金も実力のうちだ」とかFacebookで煽ってくる。
 中学生以上の大学生以下の韓国人にとっては死んでほしいくらいの存在ではないかと。
 そして、少なからずそういった若年層の支持によってムン・ジェイン政権は成立したという側面があるのです。
 実際、NAVERでのコメント数は上の記事が約3500、下の記事が約7500。聯合ニュースのほうはまだまだ伸びているって感じです。
 すでに判事の名前も個人情報も筒抜けでネット上に出回っている状況。

 サムスン電子副会長のイ・ジェヨンも同様にまず逮捕状請求が棄却されて、判事に対して大ブーイングが上がり、2回目はきっちり国民情緒法によって逮捕されました
 同じような経緯を経るのではないかなー、と思われます。

朴槿恵と亡国の民 (扶桑社BOOKS)
シンシアリー
扶桑社
2017/4/25

「親の金も実力のうちだ」でお馴染みのチョン・ユラ、不正入学はこうして行われた

チョン・ユラ容疑者はこうして面接でトップになった…入試の再構成(中央日報)
2014年9月22日、当時のナムグン・ゴン入学処長はユン・ソクヒョン管理部処長とぺク・ジヨン相談部処長を呼ぶ。入学願書受付の締め切りから1週間後だった。ナムグン処長は「(キム・ギョンスク新産業融合大学長が)チョン・ユンフェ氏の娘がうちの大学に志願したと知らせてきたので総長に報告してきたところだ」と説明した。ナムグン処長は、「チョン・ユンフェ氏とは誰ですか」という崔京姫総長の質問に対し、朴槿恵(パク・クネ)大統領との関係を紙に描いて説明したという。「選抜するようにと。そして私(総長)は知らないことにしてほしいと」。2人の部処長が記憶するナムグン処長の言葉だ。

翌月18日、体育特技者の面接考査があった。キム・ギョンスク学長はぺク・ジヨン相談部処長にぎこちなく「私は学長だが、ここ(面接)に入ってもよいか」と尋ねる。「かまいません」と答えると、キム学長は「ハム・ジョンヘ教授が体調を崩してやむを得ず私が来た」と伝えた。ペク部処長は面接委員名簿に一度変更があったことは聞いていたが、誰が委員かは機密事項であるため知らなかった。ペク部処長が当時の面接委員名簿を見て驚いたのは2年後だった。朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官チームが取り調べの過程で見せた1、2次面接委員名簿にキム学長の名前が2つともあった。キム学長は最初から面接委員に含まれていたのだ。

面接考査が始まる前、面接委員のオリエンテーションがあった。ナムグン処長はあいさつの言葉を述べた後、「今回、うちの学校にアジア競技大会の金メダリストが志願したというのを知っているでしょう」と話し始めた。驚いたユン・ソクヒョン部処長が面接委員に「冗談と思って聞いて独立的に評価してほしい」と話したが、「総長が無条件に選ぶように話した」というナムグン処長の言葉と重なった。ナムグン処長は面接委員らにこのように叫んだ。「金メダルです、金メダル!」。しかしメダルの実績は考慮しないことを3週前の「入学選考公正管理対策委員会」会議で決定していた。 (中略)

2015学年度随時募集体育特技者選考の合格者発表が最終決定した10月28日の教務会議の前、ナムグン処長はユン部処長とともに崔京姫総長を訪ね、チョン・ユンフェ氏の娘が合格したと報告した。崔総長は「それは誰ですか」と尋ねた。ナムグン処長は「大統領の側近」という表現を使いながら説明していた。すべて聞き終えた崔総長の言葉はこうだった。「そうですか。私は事後報告を受けたということにしてください」。
(引用ここまで)
 いまはデンマークで「なにがなんでも韓国には帰らない」と抵抗しているチョン・ユラの、2年ほど前の梨花女子大での面接の様子を採録したものだそうですが。
 ……コントみたいですね。
 特に「金メダルです、金メダル!」ってとこ。
 このシーンでチョン・ユラ(チョン・ユンフェ)は乗馬服姿でアジア大会の金メダルを首からかけていたそうです。 

 ナムグン・ゴン処長というのが入学に関する責任者で、キム・ギョンスクというのは当時の健康大学の学長だったはずですが……翻訳の問題か、いまはそういう立場にいるのか。ま、ともかく。
 このふたりは国会の参考人質問で「私は知らなかった、あいつが責任者」というのをやりあっていたのですよ。 
 けっきょくはどちらも関与していて、逮捕されたということなのですが。

  で、この「コント・面接」のあとに当然のように合格し、例の韓国における最高の名言「親の金も実力のうち」という発言をfacebookに残したのでした。
 そしてその発言もあって、チョン・ユラはチェ・スンシルよりも韓国の若者たちには恨まれているという話です。 
 そんな部分もあって、韓国に帰りたくないと抵抗しているのでしょうね。かつて「おまえらは下民なんだよ」と見下していた人間に哀れみの目で見られるわけですから。

 でもまぁ、こんな「事情のある面接」は韓国でいくらでもある風景。
 企業でも大学でも同様です。
 その風習を利用して、どこの馬の骨とも分からない人間が「○○さんからこちらで面接を受けなさいと言われた」と電話しただけで入社できてしまうという詐欺事件が起きるのですよ。
 「○○さんからの紹介では入社させないわけにはいかない!」となってしまうのですが実際には知り合いでもなんでもなく、ホームページで役員の名前を見て口に出しただけだったという。

 昨今のろうそくデモは「そういった風習をもうやめよう」という部分が大きく、そのために若者の参加が多かったという話ですが。
 ……まあ、彼らの望む「キレイナ韓国」を彼らが生きているうちに見ることはできないでしょうけどね。 

呆れた哀れな隣人・韓国 (WAC BUNKO 248)
呉善花 / 加瀬英明
ワック
2016/12/24

 

韓国メディア「韓国のスポーツ特待生は不正の温床だ。もうやめるべき」……それ以前に韓国社会を変えないと彼らはどうすればいいのやら……

【社説】韓国のスポーツ選抜廃止、まずは延世大・高麗大から(朝鮮日報)
 韓国で「体育特技生」と呼ばれるスポーツ特待生が100人以上在籍する全国の17大学に対し、教育部(省に相当)が先日監査を行ったところ、全ての大学で不正が行われていることが分かった。一般的にどの大学でも学生が通常3回以上の警告を受ければ除籍となるが、これらの大学は体育特技生にはこのルールを適用していなかった。中には偽造された診断書を提出しただけで単位を認めたケースや、兵役期間中の学生の名前で他人が代理で試験を受けるのを認めたケース、さらに病院で長期入院をしていた学生が出席したかのように書類を捏造(ねつぞう)したケースもあった。

 これら17大学で過去20年にわたり不当に単位が与えられた体育特技生は322人、関与した教授は448人に上っていた。崔順実(チェ・スンシル)被告の娘チョン・ユラ氏とめいのチャン・シホ氏のような不正は、ごく一部の限られた大学だけの話ではなかったのだ。逮捕・起訴された元梨花女子大学総長の弁護士も、裁判で「なぜ梨花女子大学だけが問題になるのか」と激しく抗議した。この主張も決して間違っているわけではない。

 韓国で体育特技生制度が導入されたのは1972年。オリンピックなど国際的なスポーツ大会でメダルを獲得すれば、これが国威発揚につながると考えられていた時代だ。この制度の導入をきっかけにスポーツ選手たちは幼い時から勉強とは全く関係のない生活を送るようになったため、今も体育特技生たちはほとんどが大学に入るのに必要な学力はない。しかも彼らを大学に入学させるための入試での不正行為も深刻だ。 (中略)

 小学校の時から体育特技生として大学に入ることを目指し、日々猛練習を続ける児童・生徒は韓国国内でおよそ8万人はいるという。その中でプロのスポーツ選手や指導者になれるのは1%にも満たず、残りは社会でスポーツ以外の仕事に従事して生きていかねばならない。しかし勉強もせずスポーツしか知らない彼らは大人になってどのような仕事に就けるのだろうか。小中高校の若いスポーツ選手たちは将来、誰もが高麗大学や延世大学に入る夢を持っているそうだ。だとすればまずはこの両大学が「スポーツ特待生制度は名門大学になじまない」という事実を認め、思い切って制度を廃止すべきではないだろうか。それが大学の真の名誉を高めるだけでなく、大学スポーツ全体に画期的な転機をもたらすはずだ。
(引用ここまで)

 おおきく振りかぶってだったかな、初戦敗退したシード校のキャプテンが大学受験するってエピソードの時に「部じゃ一番(頭がいい)ですかね」って言ったときに、先輩が「野球部なんてバカばっかりじゃねーか」っていう自虐ネタがありましたが。

 韓国の体育特待生のそれは日本の強豪校どころの騒ぎじゃないのですよ。
 下手をすると小学生の時からまるっきり勉強をしたことがないっていうレベル。
 特にひどいのは女子ゴルフで、学校にすら行かせないでクラブを振らせ続けるっていう話です。
 なので、チョン・ユラの大学・高校の「ほとんど通学していない」等々のエピソードを聞いた時も「日本ならともかく、韓国だったら普通のことじゃん?」って思ったのですけどね。

 チョン・ユラは(サムスン電子に買わせた)馬の持ってる技術が8割以上であるとはいえ、アジア大会で馬術団体金メダルを取っているのです。
 たとえ入学概要に馬術がなくても、あるいはアジア大会で金メダルを取ったのが一芸入試の期間内のことでなくても。
 実力が(馬に)あったのは間違いない。
 そういう人間に対しては韓国ではマニュアルに囚われずに「柔軟に対応する」ことが当然のことだったのですよ。
 逆に言えば若年層にとってはそういった旧来の(ろうそく革命以前の)ヘル朝鮮そのものを体現していたのがチョン・ユラであったとはいえるでしょうね。
 だからこそ怒りの矛先がチョン・ユラ、チェ・スンシル、パク・クネに向いたのだという言い方もできるかな。

 記事にもあるように特別扱いが当然というのが韓国社会の習いでした。
 その分、大学に行かせられるかどうかは生死の分かれ目なので、テコンドーでもショートトラックでも不正があるのですけどね。

 大学に行けなければまともな人間としては扱ってもらえないという韓国社会が前提で存在しているのだから、スポーツ選抜もあってしかるべきだと思いますわ。
 制度を撤廃するならまずは社会構造そのものを変革しないと。
 ……なんかすごいウォッチャー的なまっとうなエントリですね、これ。

[まとめ買い] おおきく振りかぶって(アフタヌーンコミックス)
ひぐちアサ
講談社

チェ・スンシルの娘、送還決定も「絶対に帰らない、デンマークの最高裁まで争う」と宣言、最後は難民申請まであり?

デンマーク検察、チョン・ユラを韓国への送還決定……チョン・ユラ側「最高裁判所まで訴訟」(ソウル経済新聞・朝鮮語)
デンマーク検察がチョン・ユラ氏を韓国に送還することを決定した中でチョン氏の弁護士は、これを不服として裁判所に訴訟を提起すると明らかにした。

デンマーク検察は17日(現地時間)、「韓国検察で処罰受けるためにチョン氏を送還することを最終決定した」と明らかにした。
チョン氏は去る1月、デンマークオールボーから地元警察に逮捕され、後にデンマーク検察は、韓国側の要求に応じて送還するかどうかを検討してきた。モハマド・サン デンマーク検察庁次長検事は「韓国のチョンさん送還要求に対して徹底的に検討した結果、すべての要件がデンマークの送還法に準拠すると判断した」と述べた。

この日チョン氏の弁護を引き受けたピーター・マーティンブルリンケンベル弁護士は「今回の決定は、非常に政治的だと信じている」とし「韓国検察がチョン氏を通じて母親(チェスンシル)を圧迫しようとする懸念を持っている」と述べた。
続いて彼は「検察の送還決定に対して異議を申し立てをするということは、以前から決定していた」とし「私たちは、まず地方裁判所に訴訟を提起し、続けて高裁に行くだろう、可能であれば、最終的には最高裁判所まで行くだろう」と付け加えた。

ブルリンケンベル弁護士はいつ異議を提起するか、特定の日付を明らかにしなかった。チョン氏側は、今月21日までに裁判所に送還拒否訴訟を起こすことができる。
(引用ここまで)

 チェ・スンシルの娘であり、韓国の若年層にとってはスプーン階級論の象徴として憎悪の対象となっていたと言っても過言ではないチョン・ユラ。
 韓国で21世紀中は語り継がれるであろう名言、「親の金も実力のうちだ」を生み出した人物としても知られていますね。
 そのチョン・ユラ、海外逃亡していて20歳にしてすでに結婚、出産、離婚を経験しているそうです。

 今回、デンマーク検察から送還決定を知らされても、最高裁まで徹底的に粘るという宣言をしているのは息子がいるからでもあるとのこと。
 以前から韓国には帰らないと宣言してましたけどね。
 海外には1兆円ともされるチェ・スンシルの財産もありますし、なにより韓国に帰れば地獄が待っているのは間違いない。
 チェ・スンシルやパク・クネがどう扱われているか知っているでしょうから、最大限の抵抗をするでしょうよ。
 それよりなにより嘲笑の対象となるのが辛いでしょうね。「ダイヤモンドの匙」を持っていて受験でも学内でも他人を見下していたはずが、いまや韓国における最下級の人間ですから。

 ユ・ビョンオン(もはや懐かしいな。セウォル号の実質的オーナーです)の長女は3年前にフランスで逮捕されたのですが、いまだに韓国に送還されていません。
 最終的には政治難民の申請まであるのではないかとの話もあります。
 チュ・シンスではないですが「韓国に帰ったらなにもかも終わり」ですからね……。

この1冊で韓国問題丸わかり!Part.2―――やっぱりこの国はホントにおかしい【歴史通増刊】
ワック編集部
ワック
2016/11/4

サムスン電子トップに逮捕状再請求、前回国民から総糾弾された裁判所はまた却下できるのか?

韓国特別検察   サムスントップの逮捕状を再請求 (聯合ニュース) チョン・ユラ容疑者の3億円の馬、サムスンが購入したか確認へ(中央日報)
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が絡む疑惑と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件を調べる特別検察官チームは14日、サムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長に対し、朴大統領に巨額の賄賂を提供し、会社の金を横領した容疑で逮捕状を再請求した。

 サムスングループ傘下のサムスン物産と第一毛織の合併にサムスン物産大株主で政府所管の国民年金公団が賛成したのは、サムスンの系列会社が崔被告側の法人に資金を提供したことに対する見返りだったと捜査チームはみている。

 捜査チームは李副会長の別の容疑も追加した。サムスングループ傘下のサムスン物産と第一毛織の合併後、新規のグループ会社間出資の解消に関し公正取引委員会がサムスン側に便宜を図った疑いや、馬術選手だった崔被告の娘が使う馬の購入をサムスンが支援したという疑いなどだ。
(引用ここまで)
李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(49)が32日ぶりに朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官チームに召喚された。午前9時25分ごろ車で特検チームの事務室があるソウル江南区(カンナムグ)大峙ビルに到着した李副会長は、記者らの前で「今日もすべての真実を特検で誠意をもって話す」と述べ、調査室へ向かった。「今日も」という言葉には、すでに事実を陳述していて今回も変わらないという意味を込めたと分析される。

先月19日に李副会長に対する事前拘束令状請求が裁判所で棄却された後、特検チームは「大統領の恐喝の被害者」「崔順実(チェ・スンシル)被告側に渡した433億ウォン(約43億円)は対価性がないお金」というサムスン側の主張を崩すための捜査をした。

焦点を合わせたのはチョン・ユラ容疑者が昨年10月に30億ウォンと知られる名馬「ウラジミル」と別の名馬「スタシャ」を入手することになった経緯と、2015年に公正取引委員会が「新規持ち合い禁止制度法執行ガイドライン」を導入した背景だった。

チョン容疑者は昨年2月、サムスン側が提供したビタナVなど馬3頭を保有していたが、国内で「崔順実国政壟断疑惑」が浮上した後の10月に「ウラジミル」と「スタシャ」に変えた。その過程を把握するために特検チームは大韓乗馬協会副会長の黄晟洙(ファン・ソンス)サムスン電子専務、チェ・ミョンジン・モナミ乗馬団監督らを呼んで調べ、チョン容疑者とともに2014年仁川(インチョン)アジア競技大会で金メダルを獲得した乗馬選手に会って調べた。

特検チームは同年9月27日に朴商鎮(パク・サンジン)サムスン電子社長(64)が独フランクフルトで会った崔順実被告からビタナVより良い最高レベルの馬を要求されたと把握している。特検チームの関係者は「複雑な過程を経たが、サムスンが馬3頭を処分して崔順実被告側が2頭を購入したのではなく、サムスン側が動いてデンマーク乗馬業者ヘルグストランと崔順実被告の間で馬を交換したという結論を出した。馬を処分したとすれば当然あるはずの馬を価格のやり取りが見られない」と話した。特検チームは崔順実被告の要求が「朴社長と黄専務→張忠基(チャン・チュンギ)未来戦略室次長(社長)」を経て李副会長に伝えられたとみている。これに対しサムスン側は「崔順実被告が朴社長に追加の支援を要請したが従わなかった。ウラジミル購買の過程に関与しなかった」と述べた。
(引用ここまで)

image

 おっと、面白くなってまいりました。
 前回、特別検察は逮捕状請求をしておきながら裁判所から却下されたという経緯があります。
 その際に却下した裁判官は「サムスンの手先か」「サムスン電子からいくらもらったんだ」「息子がサムスン電子に就職してる」と囂々の非難を浴びていたのです。
 それこそ「拡散希望:実は〜」みたいなアレで。
 名誉毀損で訴えていったら警察も裁判官も足りなくなるんじゃないのって勢いでした。

 というわけで今回は特別検察も罪状を足してきたのです。
 イ・ジェヨンに対して15時間にも及ぶ取り調べを行って、チョン・ユラが乗る馬術用の超一流馬を購入したのはサムスンであるという、いわゆるチェ・スンシル事件への紐付きをしっかりとさせた形での逮捕状請求。
 これまで報道でさんざん言われてきましたが、この罪状は前回の逮捕状請求では採用されなかったのですよ。

 これは特別検察が「国民情緒法」を使うために加えたものなのでしょう。
 前回の裁判官が国民から糾弾されたことを背景にして、「今回はチョン・ユラ関連の容疑もつけた。これを却下したらどうなるか……分かるよな」ということを言外に表しているのではないかと思われます。

 現在の韓国でチョン・ユラ、チェ・スンシル親子は諸悪の権現のような存在。
 それをサポートしてきたサムスン電子も同じこと。
 もし、これが却下されたらろうそくデモで吊し上げられること間違いなし。
 もちろん、一度却下されたにも関わらず再請求した特別検察のメンツも潰される。

 これを却下するようであれば、相当に肝の据わった裁判官であるといえるでしょうが……。
 さすがに今回は無理だろうなぁ。慰安婦像を強硬設置された釜山東区の区長みたいな立場ですからね。

児島惟謙(こじまこれかた) 大津事件と明治ナショナリズム (中公新書)
楠精一郎
中央公論新社
2011/7/25

チェ・スンシルの娘「やっぱり韓国には帰らない」と言い始める……そりゃま、高く吊されるもんな

チョン・ユラ容疑者「韓国に行かない」…帰国意思を撤回(中央日報)
デンマーク検察に6日前から拘禁されている崔順実(チェ・スンシル)被告(61)の娘チョン・ユラ容疑者(21)が条件付きの自主的帰国意思を撤回したことが伝えられた。チョン容疑者は現地にある知人に「韓国に帰らない」と話したという。外部と接触できないチョン容疑者の立場は、一部のメディアがチョン容疑者の知人の発言を引用して報道した。当初の「息子と一緒に過ごせるよう拘束なく捜査が行われるのなら自主的に帰国する」という立場から変わったのだ。 (中略)

3日(日本時間)にチョン容疑者に会った大使館の関係者は「チョン氏は思っていたより母性が強かった。『韓国に行って拘束されれば子どもの世話をする人がいない』と言って涙を見せた」と伝えた。チョン容疑者がデンマーク警察に逮捕されてから5日目、生後19カ月の息子に初めて面会した後、心境の変化を起こしたという分析もある。特検チームは「犯罪者とは交渉しない」とし、法に基づく犯罪人引き渡し請求手続きを進めるという立場だ。

チョン容疑者の決定にはデンマーク拘置所の生活環境も影響を与えたとみられる。デンマーク拘置所は無罪推定の原則に基づき刑が確定するまでは可能な範囲内で個人の自由を許容する。テレビや新聞を見ることに制約がなく、外部に食べ物を注文することもできる。弁護士との対話はもちろん外部との電話も可能であり、対応策の準備に不便がない状況だ。チョン容疑者はデンマーク3、4位圏のローファーム(tvc)所属の刑事事件専門弁護士を雇用し、韓国送還に備えてきた。特検チームの犯罪人引き渡し請求をデンマーク検察が受け入れても、チョン容疑者が裁判所に異議を提起すれば送還は特検期間を過ぎ、長ければ1年以上かかる可能性もある。実際、2014年のセウォル号惨事でフランスで逮捕された兪炳彦(ユ・ビョンオン)セモグループの長女はフランス裁判所で3審まで敗訴したが、また欧州人権裁判所に裁判を請求した。
(引用ここまで)

 ユ・ビョンオン(セウォル号の実質的オーナー=自殺)の長女はフランスで拘束されたあと、最高裁まで争って原審に戻されて、さらに敗訴。だけども欧州人権裁判所に裁判を請求。
 その後、韓国に送還されたという話は聞いていないので、まだフランスにいるのでしょう。
 最初に逮捕されたのが2014年の5月とかだったので、3年弱ほどフランスに居座っている。
 韓国に戻ればユ・ビョンオンの娘というだけで吊されるのは目に見えてますからね。
 そりゃあ最大限の抵抗をするでしょうよ。
 もっとも、いまだったらこっそり帰国しても誰も相手にしないかもしれませんが。

 韓国の報道を見ているであろうチョン・ユラも、そうすれば少なくとも数年はデンマークにいることができるのは理解しているでしょう。
 そして、韓国に戻ればユ・ビョンオンの長女の扱いどころではないバッシングを受けることは確定的。
 逃亡資金はたっぷりあるでしょう。チェ・スンシルは10兆ウォンともされる財産をヨーロッパに運び込んだとされていますから。
 スイスへの亡命が噂されていましたし、政治難民であるという申請をするのも手。
 取り得る手段は最大限利用して逃亡を謀ろうとするでしょうね。
 韓国に戻ったら「国民情緒法」で謂われのない罪を負わされるのは間違いないのですから。

奴らを高く吊るせ! [DVD]
クリント・イーストウッド
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2011/06/22

チェ・スンシルの娘、逮捕理由もあやふやなままデンマークで確保、韓国に送還される模様

デンマーク警察、娘と一緒にいたチョン・ユラ容疑者を拘束…韓国特検「強制連行手続きへ」(中央日報)
崔順実(チェ・スンシル)被告(61)の娘チョン・ユラ容疑者(21)が1日(現地時間)、デンマークで不法滞在の疑いで現地警察に逮捕された。デンマーク警察は最近、現地情報提供などを受け、オールボー市の住宅でチョン容疑者を含む4人を不法滞在容疑で検挙した。検挙当時、2015年生まれの娘も一緒にいたと、現地警察は明らかにした。こうした内容は警察庁を通じて朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官チームに2日、通知された。

特検チームは昨年12月に発足した後、チョン容疑者の身柄確保のためにドイツ捜査当局に司法共助を要請した。また、国内捜査の重要事犯に該当すると判断し、インターポールに国際手配(Red Notice)も要請した。特検の関係者は「今後、警察・法務部などと協力して国内強制連行手続きを踏むことになるだろう」と説明した。

チョン容疑者が国内に送還されれば、梨花女子大入学および学事管理関連特恵疑惑に対する捜査に弾みがつくと、特検チームは期待している。特検はこのほかチョン容疑者と関連する乗馬協会外圧疑惑、サムスンなど大企業からの特恵支援疑惑についても捜査している。

ただ、セウォル号沈没事故後にフランスで捕まった兪炳彦(ユ・ビョンオン)元セモグループ会長の長女の事例のように、チョン容疑者が現地で「韓国送還を阻止してほしい」という裁判を申請すれば国内送還手続きが長期化する可能性がある。2014年5月に逮捕された兪会長の長女の場合、フランスの裁判所が「韓国に送還するべき」という確定判決を出すのに約22カ月かかった。
(引用ここまで)

 チェ・スンシルの娘であるチョン・ユラがデンマークで逮捕されたそうですよ。
 EUをうろうろと逃走していたようですね。
 そして、相変わらず逮捕容疑がよく分かりません。デンマークの警察はインターポールから逮捕してくれという依頼があっただけということで確保したのでしょうけども。
 乗馬協会への圧力やサムスンからの支援なんて20歳にもなっていなかった本人が関わったとも思えませんしね。

 別になんの罪も犯していない無垢な人間だなんて言うつもりはありませんが、本当に逮捕する必要のある人物なのかというとだいぶ疑問。
 ま、韓国の「素晴らしい民主主義」の下においては反革命の象徴であり、憎むべき旧体制に連なるチェ・スンシルに関連する人間はすべて捕らえて高く吊さなくてはならないのでしょうけども。
 警察もろうそくデモによる革命の志に反するような行動をしたら、釜山市東区のように炎上するのでやむを得ないのでしょう。

 ちょうどシンシアリーさんが「魔女の娘だから逮捕されるんだ」と書かれていて、「ああ、それな」と語彙力を低くして激しく同意しましたわ。
 金玉均のように本人もろとも族誅されなかっただけでもマシってことかな。

教皇と魔女―宗教裁判の機密文書より (叢書・ウニベルシタス)
ライナー デッカー
法政大学出版局
2007/11

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ