楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

デモ

 相互RSS募集中です

韓国人「韓国は弾劾先進国、我々の精神を輸出してトランプを弾劾しよう。アメリカに行くぞ!」 → 防弾青年団を結成 → 入国拒否で終了

韓国の反米団体「訪弾青年団」、米国入国を拒否される(朝鮮日報)
「米国に行って反米デモを行い、トランプ大統領の弾劾運動を繰り広げる」と宣言していた韓国の青年団体が、米国入国を拒否された。「訪弾青年団(訪米トランプ弾劾青年遠征団)」は25日、ビザ問題を理由にメンバーの米国入国を拒否されたことを明らかにした。「訪弾青年団」は全国民主労働組合総同盟(民労総)、韓国進歩連帯、民主社会のための弁護士会(民弁)など、65の団体からなる「戦争反対平和実現国民行動」の青年メンバーらが18日に結成した団体だ。

 「訪弾青年団」のメンバー10人は25日午後4時55分に仁川国際空港を出発するニューヨーク行きのユナイテッド航空機に搭乗する予定だった。しかし、搭乗前に同航空の職員から、ビザに問題があるため米国入国ができないと通告されたという。メンバーらは直後に空港で記者会見を開き「自由民主主義国家の米国が、若者を恐れて入国を認めなかった」と主張した。
(引用ここまで)

 朝鮮日報では訪弾青年団となっていますが、実際には防弾青年団です。ネーミングの解説はのちほど。
 この防弾青年団という代物、なんでも「大統領弾劾の先進国である韓国から、アメリカに大統領弾劾を伝えに行くべき」という信念を持った青年団なんだそうで……。
 シンシアリーさんは「弾 劾 先 進 国」と珍しくフォント芸をしてその様子を楽しまれていましたね。

 シンシアリーさんは気づいていないようですが、このネーミングは防弾少年団というK-Popグループのパロディです。たぶん。
 うちもどんな曲をやっているかはまったくもって知らないのですが、BABYMETALのMETAL RESISTANCEが去年のビルボードワールドアルバム年間チャートで3位になっていたときに、5位だか6位に入っていたBTSというのが防弾少年団という人たちらしく。
 それでなんとなく覚えていました。

 訪問の訪と、防の読みが朝鮮語で同じ(방)ということで、「訪米トランプ弾劾青年遠征団」という団体の略称を防弾青年団と命名したのでしょう。
 ただ「防弾青年団」だと弾劾を防ぐって意味になりますね。漢字を知らないからそんなこと気にかけないでしょうけど。

 「防弾青年団」とか言ってますが、記事中にもあるように中身は「世界最悪の労組」こと民主労総とかの反米セクトに過ぎなかったのでしょう。国連本部前とホワイトハウス前で糾弾集会を開くとか予告していたのですが、10人全員の入国拒否というオチに終わりました。
 入国拒否の理由はいつものように明かされず。

 反米「防弾青年団」、美入国拒否されて... 「国内でトランプ弾劾活動」(聯合ニュース・朝鮮語)
防弾青年団FACEBOOKページ(FACEBOOK)

 そこそこ若い人たちみたいですね。
 それにしても、お揃いのパーカーが超だせえ(笑)。
 やばいくらいにださい。「制服だからこれ着てくれ」って言われたらどんなに心情的に同調していようが、絶対にやりません(笑)。
 Facebookでは「それでも自由の国か!」とか「なにを恐れているのか!」等々のイキったコメントが出てます。ついでに一時期、このFACEBOOKのページが規約違反で削除されていたとかで、「FACEBOOKも糾弾する!」って激オコさんです。
 なんでサヨクの皆さんはTwitterだのFacebookを使っておいて、規約違反で削除されるとこうして怒るのでしょうね(笑)。
 他のメディア使えばいいのに。

 いや、なかなか楽しいオチでした。
 日本も見習うべきだと思うなぁ。

服を着るならこんなふうにのセールは今日までのような気がする。
服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)
縞野やえ / MB
KADOKAWA / 角川書店
2015/12/10

米国教授「韓国社会はデモをやりすぎ、ムン・ジェインは改革を急ぎすぎ……もっと未来を見据えなければ……」

米識者が忠告「デモと街頭政治、韓国の民主主義には毒」(朝鮮日報)
「デモと街頭政治が習慣になったら、韓国の民主主義にとっては毒だろう」

 民主主義論の世界的な権威に挙げられるスタンフォード大学のラリー・ダイアモンド教授(68)が、現在の韓国政治の状況について投げ掛けた忠告だ。(中略)

 ダイアモンド教授は、東アジア研究院(EAI)主催のカンファレンスに出席するため、最近韓国を訪れた。教授は、本紙のインタビューで「街頭政治は最後の手段だ。問題が起こるたび利害団体が街角に飛び出すのは、民主主義のためにならない」と語った。 (中略)

「デモが続くと、結局は一番声が大きい勢力、一番よく組織化された勢力が注目されることになる。そのせいで民意がねじ曲げられ、政策にきちんと反映されないということも起こり得る」とダイアモンド教授は診断した。また、理想的な価値にこだわって間違いを犯す左派政権の限界も指摘した。「社会的不平等を解決しなければならないという焦燥感のせいで、(過激な政策を急進的に推し進め)しばしばやり過ぎるケースがある」という。

 ダイアモンド教授は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権について「社会構造的な改革など、当面している課題を避けずに正面から取り上げるべき」とアドバイスした。韓国社会が直面している「不都合な課題」には、高齢化や年金改革などを挙げた。こうした課題は「進歩と保守の問題ではなく、『数学の問題』に近い」と語った。ダイアモンド教授は「最も有能なリーダーは、政治的に難しい課題を避けない。現在だけでなく、未来についても責任を負わなければならない」と語った。 (中略)

ダイアモンド教授は「ソーシャルメディアが情報共有や民主化など、前向きな役割を果たしたのは事実だが、自分と似た考えの者同士でしか集まらない『社会的同質化(homophily)』現象が深刻」と語った。実際、米国では利害が衝突する二つの集団の間で共通分母が全くなく、討論そのものが成り立たないというケースがしばしばあるという。互いに見たいものしか見ないせいで、知っているファクトそのものが異なっているからだ。「相互尊重がないのは民主主義にとって実に致命的」とダイアモンド教授は語った。
(引用ここまで)
 民主主義研究の権威ということで、言葉を選んで使ってはいますが。
 一般論という前提ではありますが。
 要するに韓国に対してこういうことを言ってますよね。

 ・デモをやりすぎている。
 ・声の大きいだけの勢力が力を持ちすぎている。
 ・左派政権(要するにムン・ジェイン)は過激な政策を推し進めすぎる。
 ・ムン・ジェイン政権が本来やるべきなのは社会構造の改革。
 ・未来へつなげる政策を意識しなければならない。

 一度、デモで政権を倒すという目的が達成されたなら、そこですべてをフラットすべきだったのですよね。ムン・ジェインも「国民統合をすべきだ」と当選当時は語っていたものでした。
 だけども、現実は「ろうそく革命」を支持した労組を優遇している。組閣は徹底したお友達内閣

 で、左派特有の構造もなにも無視した「改革・革命」をやってしまって、社会そのものが死ぬという不思議な風景が隣国で繰り広げられる様子をこれから観察できるわけですが。
 小国や資源国がこんなことをするのであればともかく、世界的に見れば中堅かそれ以上に発達しているはずの民主主義社会がやってしまうのですから、興味深いとしか言いようがありません。

 まあ、その「革命」を止めたが最後、盟友だったはずの労組がろうそくを持って牙を剥いてくるのは間違いないのだからしかたないですね。


親北系団体がTHAAD配備反対を名目にアメリカ大使館と日本大使館へ包囲デモを計画……なんでや、日本関係ないやろ!

反THAAD団体、米日両大使館の包囲デモを計画(朝鮮日報)
 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反対する市民団体が、今月15日の光復節(日本の植民地支配からの解放記念日)にソウル市内の米国大使館を「人間の鎖」で包囲し、大規模集会を開くと発表した。市民団体は日本大使館も人間の鎖で包囲することを計画しているという。

 人間の鎖を計画しているのは、約200の市民団体で構成される「8・15汎(はん)国民平和行動推進委員会(以下、平和行動)」。15日午後3時30分から、ソウル広場で市民1万人が参加する「8・15汎国民大会」を開催し、THAAD配備撤回と韓米合同軍事演習の中止などを求める予定だ。その後、米国大使館と日本大使館まで行進し、大使館を「人間の鎖」で包囲してデモを行う計画だという。

 しかし警察は、大使館前までの行進は許可したものの、大使館の後方への行進は禁止すると通告した。大使館のような外交関連機関は、建物の境界の道路から100メートル以内での集会・デモが禁止されているからだ。

 このため、人間の鎖が成功するかどうかは裁判所の決定にかかっている。「平和行動」側は、警察の禁止通告の効力停止を求めてソウル行政裁判所に仮処分を申し立てる予定だという。

 THAAD配備に反対する市民団体が米国大使館を包囲するデモを計画したのは今回が2回目だ。6月24日には全国民主労働組合総連盟(民労総)など数十の団体で構成される「THAAD韓国配備阻止全国行動」も「人間の鎖」で米国大使館を取り囲もうとした。このときソウル行政裁判所は、大使館が休みである点などを考慮し、20分以内に迅速に通過するという条件で行進を許可した。集会に参加した約3000人は580メートルの「人間の鎖」を作って米国大使館を包囲した。米国大使館は韓国外交部(省に相当)に抗議した。
(引用ここまで)

 なんでや、日本関係ないやろ……となるところですが。
 まあ、彼らの中では米帝が不法に韓国に関与しており、その傘下に日本がいるという構造認識なので問題はないのです。
 あくまでも「日本やアメリカを守るために韓国が犠牲になっている」という考えなのですね。
 THAADの恩恵を受けてるのはおまえらだろって話なのですが。

 さて、韓国でTHAAD配備に反対している輩は左派の親北系団体。
 THAADが配備されている星州で発電機の燃料を納入させないために検問をしている無法者の集まりです。
 現在のムン・ジェイン政権は70-80%という高い支持率を得ており、大統領選挙からムン・ジェインを支持・応援してきた彼ら親北系団体はもはや国全体が彼らのものであるくらいの考え違いをしている状況なのですよ。
 その証拠に、記事中にあるように6月にはアメリカ大使館に対してデモを行うことに成功しています
 当時、ハンギョレの記事では「ついにアメリカ大使館前でデモをやってやった!」っていう感慨が書かれていて、「ああ、ムン・ジェイン政権ではアメリカ大使館ですら取り囲まれることが基本になるのだなぁ……」と思ったものです。
 さすがにその後、アメリカ大使館から韓国政府に対して正式な抗議文章が送られています。
 星州での検問も警察は手出しをしていませんしね。

 アメリカ大使館から正式な抗議を受けた上で2回目のアメリカ大使館前でのデモが認められるようなことがあれば、もうこれからの5年間、もしくは13年間はずっとこのままデモが行われることになるのでしょう。
 ちょっと心のどこかで「アメリカも日本と同じ苦しみを味わえばいいんだよな」という気持ちがないといったら嘘になるかな(笑)。
 親北系団体と書きましたが、実質的には北朝鮮のスパイも混じっているという話です。
 彼らの究極的な目的は北朝鮮主導の赤化統一を手助けすることですから。
 その手段として使えるミサイルを無効化してしまうTHAADは彼らにとって不倶戴天の敵なのですね。

 その一方でTHAAD配備そのものについては賛成している韓国国民のほうが多いのが実情。
 とはいえ、アメリカ大使館に向けてデモを行うような親北系団体を冷遇していたらろうそくデモを起こされること間違いなし。
 このあたり、どうやって綱渡りしていくのでしょうかね〜。

韓国で弾劾反対デモで死者、重体者が発生、報道陣からも怪我人……けっこうな混沌状態になっている模様

朴氏支持者2人死亡=警察と衝突、60人負傷−韓国(時事通信)
韓国の朴槿恵前大統領が罷免された10日、ソウルの憲法裁判所付近で朴氏支持者とみられる男性2人が倒れ、病院に搬送されたが、死亡した。また、消防当局によると、厳戒態勢を敷いた警察と朴氏派が衝突するなどし、60人が負傷した。

 韓国メディアによると、死亡したのは72歳と60歳の男性。2人の死因など詳細は不明。72歳の男性は憲法裁周辺の道路上で血を流して倒れていた。60歳の男性は周辺の駅地下で意識を失った状態で発見されたという。

 憲法裁付近では、弾劾に反対する集会参加者らが警察とにらみ合い。一部が「憲法裁を粉砕しよう」などと叫び、警察車両に突進し、バスを破壊。報道陣に鉄パイプのようなものを投げ付けたり、集団で殴りかかったりした。

 共同通信総務局によると、取材中の共同通信の韓国人男性カメラマン(53)が朴氏支持者とみられる複数の男から暴行を受け、頭部に全治2週間のけがをした。

 朴氏支持者と警察のもみ合いの様子を撮影していたところ、後方から投げ付けられた鉄パイプがカメラマンの顔面左側を直撃。さらに後ろから殴りかかられ、後頭部に血がにじむけがをしたという。
(引用ここまで)

 太極旗デモ参加者=パク・クネ支持派=保守派=高齢層っていうことがよく分かりますね。
 まあ、必ずしも高齢者というわけではないのですがメインの支持層は高齢者であることに間違いはないです。
 72歳の男性の死因は、最新の報道では「デモ参加者が警察車両を奪って、他の警察車両にぶつけた際にその車両のスピーカーが脱落し、男性の頭にぶつかった」というものだそうです。
 ……けっこうな混沌状態じゃないですか。
 60歳の男性の死因はまだ不明。
 その他に重体が2名。軽傷者が60名とのことです。

 判決前日に太極旗デモの主催者が「私はもう充分に生きた(ので、このデモで死んでもかまわない)」という趣旨のことを言っていましたが、何人かの人間にとっては実際の話になっていますね。
 逮捕者も出ているそうです。そりゃそうだ。
 もはや太極旗デモ参加者は捨て鉢気味。
 世の中でもっとも怖いのは、ひろゆきが言うところの「無敵の人」、すなわち持たざる者であるという話がありますが。
 それを地で行っている感じですね。

底辺の人間がゼロから金を稼ぐ方法
底辺
底辺
2013/1/17

3月1日に韓国の慰安婦像周辺で大規模デモ。もはや撤去は夢のまた夢?

独立運動記念日の来月1日 釜山の日本総領事館周辺で集会(聯合ニュース)
慰安婦問題解決へあす定例集会 3・1節で参加者多数か(聯合ニュース)
ソウル日本大使館前の少女像 区の公共造形物として管理へ(聯合ニュース)
 団体は少女像を移転しないよう求めるとともに、東区に像の周辺に張られている張り紙の撤去や像の管理を促す方針だ。

 集会には約1000人が参加する予定で、日本総領事館の周りを一周する平和的な行進も行う。

 集会は当初、警察が外国公館の業務妨害などの恐れがあるなどとして禁止としたが、団体は釜山地裁に集会禁止通告処分の取り消しを求める仮処分申請を裁判所に申し立てた。このほど地裁は「集会やデモに関する法律上、外国公館前の100メートル以内での開催を禁止している集会に当たるが、これまで行われた集会から、平和的な集会になることが予想される」と指摘。「集会日は祝日で、領事館の業務の妨害にならず、暴力・大規模デモで外交機関の機能や安寧を侵害する懸念が低い」と判断し、開催を許可した。
(引用ここまで)
 旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)があす3月1日にソウルの日本大使館前で、慰安婦問題の解決を求める定例の「水曜集会」を開く。今回の集会は、日本の植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動を記念する韓国の「3・1節」と重なることから、1000人ほどの市民が参加すると挺対協は予想する。

 梁氏は「3・1節に外交部まで行進しようとしたが、許可が下りなかった」と残念がった。それでも集会には、寒さのためにしばらく出てこられなかった慰安婦被害者の女性も出席するという。

 挺対協は2012年から、日本政府に慰安婦問題への正式な謝罪と法的な賠償を要求するための「1億人署名運動」を展開している。日本の人口に迫る数の署名を集めて日本政府に圧力をかけたい考えだ。

 これまで集めた署名は200万人を超える程度。梁氏は「署名運動の初期には慰安婦問題にかかわる団体が中心だったが、今は韓国政府の態度などのためにむしろ大衆の関心が強まった」と話す。韓国政府が釜山の日本総領事館前にある少女像の移転を要求したことが明らかになった今が、運動を広げる好機とみている。今年、署名集めに特に力を注ぐ考えだ。
(引用ここまで)

 釜山の慰安婦像周辺でのデモは警察によって却下されていましたが、地方裁判所が許可したので開催できることになりました。
 ま、茶番というべきか知ってたというべきか。
 1000人で日本総領事館を一周する「平和の輪」を作るそうですよ。これが裁判所によると「安寧を侵害することのないデモ」なんだそうですわ。

 そしてソウルでは祝日である31節に水曜集会が合わさる形になるので、1000人規模の集会になるであろうと予想されているとのこと。
 31節といえば、韓国の対日感情がもっとも激しくなる祝日です。
 これに昨今のろうそくデモの勢いが加わってどうなるのかってところですかね。

 どちらにしてもけっこうな人数の義務警察(徴兵による警察勤務)が警備にあたっているでしょうから、それほどの大きな騒ぎにはならないんじゃないかとは思うのですが。
 これほどの大きな話題になっている以上、慰安婦像の撤去はないでしょうね。
 特に次期政権は左派になることは間違いありません。つまり、釜山のギョレハナ、ソウルの挺対協といった北の傀儡らと親和性の高い政権になるわけです。
 最有力候補であるムン・ジェイン慰安婦合意の再交渉を高らかに語っているからには、撤去という選択肢はありえないでしょう。

 ただし、韓国政府が撤去しない、あるいは撤去できない状況にあるほうが慰安婦合意は活きるのです。
 次の政権の5年間は韓国政府が慰安婦合意によって課された義務を履行しない状況が続くわけです。
 日本政府は「振り上げた拳を下ろせない状況に追いこまれる」のですね。朝日新聞的な視点からすると。
 で、拳を下ろせないから困ったなーという状態にあり続ける、と。
 これはこれで全然悪いことじゃなかったりするのです。駐韓大使は一時帰国したまま、高レベル経済協議も通貨スワップ協定の再開協議も止まったままってことですからね。
 無理に「親密な隣国関係」とか「良好な隣国関係」なんて結ばなくてもいいのですよ。もはや。

慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界
杉田水脈
産経新聞出版
2017/3/1

ろうそくデモVS.パク・クネ擁護デモがソウルで大激突!?

弾劾賛成派と反対派 ソウルであす大規模集会=衝突懸念も(聯合ニュース)
 約1500の団体でつくる「朴槿恵政権退陣非常国民行動」は4日午後5時から光化門広場で14回目となる集会を主催し、2月中の朴大統領の弾劾成立、朴大統領に近い黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相の辞任などを訴える。

 主催側は、弾劾を審理する憲法裁判所に朴大統領側が大量の事実照会や証人を申請したり、弁護人団全員の辞任を示唆したりして審理の引き伸ばしや中断を図っていると主張する。朴大統領が保守系メディアを選んでインタビューに応じ、自身の立場を強弁したこと、国政介入事件で起訴された朴大統領親友の崔順実(チェ・スンシル)被告が捜査に露骨に不満を見せたことなどは、朴大統領側が組織的な「反撃」に出たことを意味すると見なしている。

 一方、朴大統領支持団体も弾劾反対を訴える集会を続ける。保守団体などでつくる「大統領弾劾棄却のための国民総決起運動本部」は4日午後2時から、ソウル市庁付近で11回目となる集会を開催する。

 集会では、マスコミの捏造(ねつぞう)報道や親北朝鮮勢力による扇動が弾劾政局をつくったとし、朴大統領が弾劾される理由はないと主張する予定だ。また、朴大統領に絡む疑惑を調べる特別検察官の捜査が政治的に行われていると訴えるようだ。

 賛成派と反対派の集会場所は500メートルほどしか離れておらず、衝突も懸念されることから、警察は双方に自制を求めている。
(引用ここまで)

 第何回になるのかよく分からない、パク・クネ糾弾のろうそくデモが光化門広場で開催。
 ろうそくの光がよく見えるようにということで午後5時から。
 ですが、それよりもかなり前から三々五々集まるというのがパターンと化しているそうです。

 でもって、パク・クネ擁護のデモがソウル市庁前で午後2時から開催。
 こちらのソウル市庁前広場もデモのメッカですね。

 記事中にもありますが、かなりの近さ。歩いて5分とかそのくらいです。
 Googleマップで見ても分かる近さ。

image

 韓国のデモにおける気性の荒さはよく知られていると思います。
 「ろうそくデモでは皆が規律を守っていた」というような話になっていますが、あれは目の前に敵がいなかったから、なのですよ。少なくともうちはそう考えます。
 これまでのろうそくデモは原則として「その場にいる人間はすべてウリ」という扱いだったのです。
 デモの取り締まりをしている警察ですらウリ扱いで「平和にデモができるようにがんばってください」みたいな薄ら寒い扱いをしていました。  ウリ扱いをすることで衝突を避けていたというべきでしょうかね。

 それが実際に敵である「パク・クネ擁護派」が目の前にいて、「弾劾反対!」とかやりだしたらどうなることか。
 特にろうそくデモ側は「すごい民主主義」やら「世界4大革命」を成し遂げたという自負にまみれている状態。
 精神的な特権階級みたいなものになっているのです。
 それを頭から否定するパク・クネ弾劾反対運動に出会ったらどうなるのか……。

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 【60周年記念版】 [Blu-ray]
東宝
2014/07/16

韓国人「この平和なデモを『ろうそく革命』と呼ぶべきだ、『最高の国民』による真の市民社会の到来だ」

【社説】世界が驚くろうそく革命の力=韓国(中央日報)
世界が驚いている。世界11位の経済大国、透明社会を代弁するIT天国である韓国で起きた国政介入と国紀紊乱、憲政秩序破壊に開いた口を閉じられずにいる。だが世界は別の事実にさらに驚いている。国家元首の退陣を要求する革命的な波がガラス窓1枚壊すことなくこれほど平和的に進められるということに驚いている。国家的暴力性と市民的成熟さが不思議に共存する韓国社会を世界の人たちは驚きの目で眺めている。 (中略)

こうした非正常を正すために国民が広場に集まった。みぞれが降り体感温度が大きく下がった良くない天気にもかかわらず、ソウル・光化門(クァンファムン)広場と全国津々浦々を明るく照らしたろうそくの火は消えなかった。「風が吹けばろうそくの火も消える」というある与党議員の「妄言」をあざ笑うかのように、土曜日のろうそく集会は5週目を迎えた26日にソウルの150万人を含め全国で190万人(主宰側推定)の市民が集まってろうそくを手にした。過去最大規模のろうそく集会だ。

今回のろうそくの火はこれまでのろうそくの火とも違う。紙コップに差し込まれたろうそくの姿は似ていたが、その紙コップの中には過去のように憤怒だけが込められたのではない。希望もともに込められた。大韓民国をもてあそんだ主犯とその加担者を懲らしめるのにとどまらず、そうした憤怒の力を、主権を盗んで行った彼らが決して取り付くことはできない土壌の新しい社会を建設する動力にしようとする市民の意志だ。

この滔々とした波をただの集会やデモとして片付けるのは正当でない。それは時代の転換を知らせる名誉な市民の「ろうそく革命」とされるのが当然だ。

英国の名誉革命と米国革命で新たな政治体制が作られ、フランス革命で自然法と人権が普遍的価値として受容されたとするならば、いま韓国のろうそく革命はこの地に真の市民社会が到来したことを告げる祝砲といえるだろう。ろうそく革命のエネルギーは一民間人により公的システムが壊され、牽制を受けない大統領1人により国政の全てを思うままにする故障したシステムを修理するエネルギーに転換されなければならない。階層・地位・性別に関係なく、だれでも努力しただけ保障を受けられ、成就しようと思う人に機会が与えられる公正な社会に転換されるための呼び水として使われなければならないだろう。ろうそく革命のエネルギーが韓国社会が一段階アップグレードされ先進化する動力として昇華される時、ろうそくの火は消えず永遠に国民の胸の中で燃え上がるだろう。すでに「最悪の大統領」は過去になり、「最高の国民」たちが新しい未来を開いている。
(引用ここまで)

 韓国人は最高の国民だけども、選んだ大統領が悪かっただけ。
 だから、こうして最高のデモで退場を願うのだ。これはろうそく革命だ。

 いやはや。



 韓国人のデモがいつもは暴力に発展するから、こうした平和的なデモが珍しいのでしょうけども。
 ちょうど1年前に暴力デモを行って、警察が鎮圧するのに放水車を使って死者が出たほどだったのです。
 香港で韓国人がWTOの閣僚会議に反対して暴れまくって、600人が逮捕されたなんてこともありましたね。
 双竜自動車の工場を破壊したこともありましたっけ。

 ろうそくを掲げて「ハヤハヤハヤー」って合唱してれば素晴らしい未来が開けるみたいな、意味のないお題目を唱えるのはむしろ悪業だと思いますわ。
 どうなることがゴールで、韓国がどうなることが目標なのかさっぱり見えていないこんなデモで国がよくなるわけないのです。

 1年前の暴力デモの翌週には「仮面をつけてのデモ禁止」っていうパク・クネの方針に反対した一般市民が、けっこうな人数が仮面をつけてデモに参加して「平和なデモ」とやらをやったのですよ。
 それで韓国はよくなったのかって話です。 

世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史
スティーブン・ジョンソン
朝日新聞出版
2016/8/5

韓国で150万人参加(主催者発表)の第5次パク・クネ辞任要求デモ。「我々は平和デモの歴史を作っている」と誇らしげ

ソウルで大統領退陣要求デモ「最大規模」か(TBS)
190万群衆、世界に誇れる平和デモの歴史を記す(ニューシス・朝鮮語)
市民は最後まで非暴力・平和デモを維持した。

市民は時々逸脱を示す少数の参加者に非暴力を強調し、独自の自制させた。また、警察のバスに花ステッカーを貼るなど平和な抗議方法を選択した。

午後10時頃、本集会が終了した後、最も多くの人波が集まった清雲洞一帯でも、市民と警察の間の衝突なしに平和集会が続いた。 (中略)

学生は自由発言、スローガンや歌斉唱を繰り返し、じっくり声を高めた。「アリラン木洞」の替え歌である「下野」や「これが国か」などを歌ってピケットとキャンドルを高くした。歌手 GOD(ジオディ)の「ろうそくひとつ」をみんなで呼ぶこともした。 (中略)

市民は「私たちは、憲政史上初の大統領府近くで平和デモをする、歴史を書いている」と誇っていた。
(引用ここまで)

tractor

 画像はTBSの動画から。
 農民たちはトラクターで乗り付ける気満々だったようですが、警察に阻止されて小競り合い。流血沙汰になって30人が逮捕連行されたそうです。
 これ見て「一揆かよ……」って口からこぼれましたけどね。
 こういった暴力的な要素は事前に排除されていたというのが実際のようです。

 というか中継を見るかぎりではソウルの光化門広場にはほとんど立錐の余地もなく人がいたので、あれじゃあ暴力沙汰もなにもないわなって感じ。
 あの辺りは光化門に向かって左右はオフィスビル、光化門の中の景福宮は公園みたいなだだっ広い空間。略奪が起きそうな場所でもありません。

 パク・クネからしてみたら暴力沙汰でも起きようものなら戒厳令発動ができる。
 デモ参加者からしてみたら、その口実を与えるわけにはいかない。
 平和的に行われているように見えるというだけで、行為そのものが対峙要因のひとつなのですね。平穏なデモを崩したら負け要件を満たしてしまうという。

 しかし、このデモはどこまで行けば「勝利」なんですかね。
 パク・クネが辞任することはまずない。弾劾が国会で成立したとしても、実際の罷免はそれから数カ月後。
 勝利要件としては弾劾成立……かなぁ。
 年内くらいまでは毎週末ああして集まって大騒ぎして帰っていくんでしょうかね。国全体の生産性がだいぶ落ちそうな話ではあります。

一揆の原理 (ちくま学芸文庫)
呉座勇一
筑摩書房
2015/12/10

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ