楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

ハンファタレス

 相互RSS募集中です

KF-X:AESAレーダー開発で「海外サポート企業」を選定……え、独自開発は?

[単独] 「KF-Xレーダー」サポート海外メーカー年内選定(世界日報)
軍が近いうちに韓国型戦闘機(KF-X)事業の中核である多機能位相配列(AESA)レーダーの開発を支援する海外企業を選定する作業に着手することが分かった。 AESAレーダーの開発経験のある海外メーカーとの協力を通じ、国内で開発した技術を検証し、不足している分野の技術を確保するためだ。韓国型戦闘機事業では、建軍以来最大規模の18兆ウォンが投入される。

軍消息筋は、1日、「国防科学研究所(ADD)が近いうちにヨーロッパ・イスラエルレーダー関連の5つの防衛産業を対象にAESAレーダーの開発、海外技術協力業者選定手続きに入ると聞いている」とし「来る7日頃事業参加意思がある企業を対象に説明会を開き、提案要請書(RFP)を提供した後、10月中旬までに提案書を受け付けて検討した後、交渉している技術協力会社を年内に選定する」と明らかにした。

現在KF-X AESAレーダーの開発に参加する海外企業では、サーブ(スウェーデン)、タレス(フランス)、レオナルド・グループ(英国・イタリア)の系列会社であるセレックス、エアバスグループ(ヨーロッパ)、エルタ(イスラエル)5社が挙げられされる。これらの企業は、戦闘機のレーダーの分野で豊富な経験と技術を持っている。

当初、軍と部屋産業界では、ADDが海外企業を個別に接触し、技術移転の範囲と費用の規模などを交渉すると予測した。しかし、今回は不特定多​​数の企業を対象とした一般公開の競争ではなく、いくつかの企業のみ参加資格が与えられる「指名競争」方式が適用された。

軍関係者は、「AESAレーダーの開発能力があるか、韓国に技術移転が可能かどうか、私たちの側RFPに含まれている軍事機密を流出する危険性はないのかなどを考慮して、5つの企業を審査することにした」と明らかにした。この関係者は、選定された海外メーカーが2017〜2018年ごろに製作されることが知られているAESAレーダーのハードウェア技術実証用の試作品製作をサポートすると予想した。

業界ではAESAレーダーを開発しラファール戦闘機にシステム統合した経験があるタレスや技術移転・コストの面では、欧州メーカーより有利な条件を提示することができるイスラエル企業が有力と見ている。これに関連して業界関係者は、「KF-Xの円滑な輸出を考慮して、米国政府の輸出管理体制の国際武器取引規則(IATR)に抵触する技術を使用していない企業が最終的な競争の中で指名される可能性もある」と述べた。

AESAレーダーはKF-Xの「目」に該当する重要な装置である。アンテナがレーダーの角度を自在に調節しながら前方を注視して、地上・海上・空中の標的を同時に追跡することができる。昨年4月、米国がAESAレーダーシステム統合をはじめとするKF-Xのコア技術移転を拒否し、軍はADD主導国内開発方針に転換した。 ADDはAESAレーダーの開発に必要なソフトウェアアルゴリズムと試験評価、KF-Xとレーダーのシステム統合などの関連技術を海外先進企業で支援を受けて2026年までに開発を終える予定である。
(引用ここまで)

 久々のKF-Xネタ。
 散々これまで「AESAレーダーは純粋に国内技術のみで製造可能だが、国外からの輸入もオプションとして外したわけではない」とか言っていたのですが、時を経るに従って「セレックスESのもいいよね」だの「もちろん、ハンファタレスの合弁元であるタレス社のも外せない」だの言い始めてきていたのですよ。
 で、今回は「ハンファタレスをサポートする企業を決めましょう」と言い出した、と。

 AESAで難しいのはレーダーによる探査というか、探査した結果それがなんであるのかの見極めるソフトウェアなのですね。
 特に地上にある物体がなんであるのかを見極めるのは相当に高度なソフトウェア技術が必要とされます。
 それに加えて、他のアビオニクスと統合してシステムを連動させることも必要になってきます。
 むしろ、ハードウェアの製造よりもこれらの統合システムや、ターゲットを見極めるソフトウェアのほうが大切なほどです。

 アメリカから技術移転が断られたときにも、報道陣から「ハードはできたとして、統合システムはどうするんだよ」って話になっていて言葉を濁したなんてこともありましたね。
 そもそもAESAレーダーの開発企業選定の際にこれまで韓国軍と共同でAESAレーダーを開発してきたLIGネックスワンではなく、まったく開発経験のないハンファタレスが選定されたのは、タレス社のラファールに搭載しているAESAレーダーが目的ではないかというような話もしています。

 このあたりの「独自開発」は諦めて、他にリソースを回そうというのが本音なのでしょう。
 まあ、現実的な回答ではないかなとは思います。意外とまともに製造するつもりがあるのかなぁ……といった感じになってきましたね。
 エンジンは実績のあるF414、そしてロッキード・マーティンのサポートもある。
 楽韓Webで最初から言っているように「飛べる機体」自体はできると思うのです。
 そこへの過程はまだまだ楽しめそうですね。


韓国型戦闘機KF-X:試作経験のないハンファタレスがAESAレーダーの開発企業となれた理由……

[取材ファイル] KF-Xレーダー「選手交代」に姿を消した490億ウォン、そして...(SBS/朝鮮語)
韓国空軍の未来ともいえる韓国型戦闘機KF-X事業の最高核心技術であり、KF-Xの目玉となるアクティブ位相配列AESAレーダーシステム開発の優先交渉対象企業に、予想を覆しハンファタレスが選ばれてから議論が起こっています。 AESAレーダーを軍と共同で10年もの間、研究開発してきたLIGネックスワンの脱落が合理的に説明されていないためです。これまでの「LIGネクスウォンの技術があるから、AESAレーダー国産独自開発が可能である」という軍の説明も無意味になっています。

さすがに納得できない点が多々散見されます。LIGネクスウォンの脱落で、10年の間AESAレーダーの開発のためのLIGネックスワンに投資された国の資金490億ウォンが蒸発しました。共同研究してきた軍​​の最高の武器の研究機関である国防科学研究所ADDは、自らの10年の研究成果を否定したも同然です。

優先交渉対象企業を選定する際に不適格評価委員が参加したことのADDの釈明も虚偽であることが明らかになりました。選定過程でLIGネックスワンは協力対象中小企業を9社ほど確保したにもかかわらず、LIGネックスワンの中小企業協力加点が0点として処理されたことも疑問です。

「政府合同10年AESA研究」LIGネックスワンの脱落は、AESAレーダー事業の開発成功の可能性を下げます。 AESAレーダーの成否は、KF-X事業と大韓民国空軍戦闘力の成否とほぼ同じ意味を持っています。不安が増大しています。

政府はAESAレーダー核心技術開発事業を通じて、2006年から2013年までの応用研究1、第2段階を終えた2014年から2019年までの試験開発第1段階を進めています。ここで出てきた成果は、そのままKF-X用のAESAレーダーに適用する計画でした。 LIGネクスウォンは応用研究1、ステップ2と試験の開発1の手順を実行したメーカーです。

応用研究と試験開発10年の間に630億ウォンが投入されました。このうち490億ウォンは政府からのの公的​​投資であり、140億ウォンはLIGネックスワンによる投資です。政府は10年の技術の積み重ねも捨て490億ウォンも失っているというわけです。防衛事業庁に「490億ウォンと技術を返還する方法があるのか​​」と問い合わせましたが、いま現在まで返答がありません。

AESAレーダー優先交渉対象企業の評価は、LIGネックスワンに点数を与えるときには最小限のものを与え、削減する場合には大いなる削減点数となっています。 10年間にAESAレーダーを研究開発したLIGネックスワンと、AESAレーダーを施策したことすらないハンファタレスの技術スコアの差が1点もないことが判明しています。技術評価は総点100点のうち80点という大きな項目ですが、LIGネックスワンが0.97点上回ったに過ぎません。納得できない得点差です。

さらに技術力と技術計画に分かれた技術評価でLIGネックスワンは、技術力だけで上回っています。技術計画得点に至ってはAESA技術を開発したことがないハンファタレスに凱歌が上がっています。 AESAレーダーを開発したことのないメーカーの開発計画得点が、AESAレーダーを10年間試作開発しているメーカーのスコアよりも高いとは怪しさを感じられずにはいられません。

LIGネクスウォンが受けた中小企業協力加点は0点であることも受け入れられるものではありません。ハンファタレスは協力中小企業を20社、LIGネックスワンは9社提示しており、それぞれの点数は1.42点と0点です。 LIGネクスウォンが中小企業を1社すら協力企業として挙げなかったのであれば0点を得るかもしれません9社を提示したにも関わらず0点だったのです。

このようなでたらめな評価が判明すると、中小企業の協力加点はLIGネックスワンを落とすための仕掛けであったのではないかという憶測が国防部の内外から出ています。技術と価格評価でハンファタレスを引き離しているLIGネックスワンを中小企業加点0点にとは。

誰がどのように評価をしたか、そこに視線が集まります。AESAレーダー優先交渉対象企業の評価委員会にハンファタレスの研究課題を遂行中の教授が評価委員として参加したというニュースを、27日にSBS 8ニュースを介して伝えました。評価を主管したADDの釈明は、「会社に関連していない教授を探すのは難しかった」というものでした。

ところが、評価委員10人のうち民間人教授は問題になった評価委員1人だけでした。大韓民国でLIGネックスワンやハンファタレス研究課題を遂行していないレーダー専攻教授がただ1人もいなかったでしょうか?  ADDの釈明は嘘なのです。

評価委員10人のうち5人はADD側であり、3人は軍の人事、1人の防衛技術品質院のスタッフでした。民間の専門家中心の評価委員会が客観的に両社のAESAレーダー技術を評価したほうが、より公平であったことは想像に難くありません。

10年の間にAESAレーダーを開発しつづけてきたLIGネックスワンであってもKF-X用AESAレーダーの開発に成功する可能性は高くありません。米国と欧州でも30年近く試行錯誤して作り上げたAESAレーダーを、韓国はそれらを反面教師にして一気に開発するという計画だからです。研究の経験のないハンファタレスであれば、成功の可能性はさらに小さくなります。

一方、KF-X用のAESAレーダーを海外から導入する蓋然性は高くなりました。 AESAレーダーを輸入してKF-Xを開発する場合、外国の戦闘機を丸ごと買うのと大差ありません。お金を捨てて時間も捨てて性能改良も思いのままできない「うわべだけ国産」であるKF-Xとなることが危惧されています。苦難の独自開発を放棄して、外国AESAレーダーを輸入して簡単にKF-Xを作成しようとする者だけ気持ちよく過ごしている今日この頃です。
(引用ここまで)

 先日、技術評価委員のひとりがハンファタレスから研究費用を受けている教授であったという話が暴露されていましたが、話によるとKAISTの教授なのだそうですよ。
 でも、その民間の教授ひとりだけでLIGネックスワンからハンファタレスにできるわけないってされていまして。
 10人が共謀して行った……というか軍そのものから、そうしようとする意向があったのではないかという疑惑が生まれています。
 まあ、そりゃそうですね。

 で、その目的というのが「純国産」ではなく「外国から部品を買ってきて取りつける」という安易な方向性に傾いたからではないか、というもの。
 ハンファタレスはちょっと前にサムスングループからハンファへのいわゆる「ビッグディール」で売却された企業で、その名の通りにフランスのタレス社との合弁企業です。
 んでもって、フランスのタレスが最近になってラファール用のAESAレーダーの開発に成功しているのですね。
 韓国国内に「これを買ってきてつけりゃいいんじゃない?」っていう勢力があるのでしょう。
 むしろそうすることのほうが独自開発するよりも利点が多い、と考えたのでしょうね。

 ただ、以前も書いたように、参考例としているらしいグリペンNGは最初から「レーダー、アビオニクスその他諸々いろいろな企業から集めて統合しますよ」という前提でそれぞれの企業に呼びかけているのです。
 KF-Xはアビオニクスはおそらくロッキード・マーティン製。そこにAESAレーダーをタレスから導入するとしたら、全仕様をタレスがロッキード・マーティン側に開示する必要があるのですが……そんなことができるんですかね。

 そもそもKF-X自体、最初から「アメリカ製の部品を購入して組み立てるだけなんじゃないの?」という危惧はされていたのですが。
 多国籍になってなおのこと難しくなるような……。
 ま、どっちにしても「いつもの韓国独自」ならともかく、本当の意味での「韓国独自の戦闘機」なんてできるわけがないのですから、より現実的な解を求めるというのは理解できないわけではないですね。


【知ってた】KF-X:AESAレーダー選定会社から評価委員のひとりに多額の研究費用【案の定】

KF-Xまた騒音……評価委員の公正性論議に防衛事業庁「放置」(news1/朝鮮語)
韓国型戦闘機(KF-X)システム開発事業と関連し、アクティブ位相配列(AESA)レーダー製作業者の選定においてうわさが出ている。

特に昨年、米国の技術移転拒否の事実をしっかりと隠して議論を招いた防衛事業庁が「言葉を変えること」など、またうさんくさい態度を見せているという指摘である。

最近の論争は、AESAレーダー製作業者の選定過程で評価委員の一人が優先交渉対象者に選定された業者から数千万ウォンを受けて研究を行っている大学教授ではないかという疑惑が提起されている。

去る20日にハン・ミング国防部長官主宰で開かれた第94回防衛事業推進会議で防衛事業庁はAESAレーダー優先交渉対象者にハンファタレスを選定したと明らかにした。 AESAレーダーの研究開発をより活発に進めてきたことで知られているLIGネックスワンが脱落する異変が起こったのだ。

このような状況において評価委員にハンファタレスから研究を依頼された人員が含まれていたという疑惑が提起されたということは業者の選定公平性が損なわれた可能性を意味するものであり、防衛事業庁の立場では、これを積極的に解明しなければならない。

しかし、防衛事業庁は「セキュリティ」を名目として、噂に上がっている教授がハンファタレスから研究を受けたかどうかはもちろん、評価委員に含まれたのかすら確認することはなかった。

キム・シチョル防衛事業庁のスポークスマンは28日、国防部の定例ブリーフィングで「兵器システム獲得事業は、高度のセキュリティが要求される」とし「試験評価の評価委員のような部分は非公開とすることが原則だ」と明らかにした。評価委員選定の過程では教授がハンファタレスから研究を依頼されたという事実をいつ認知したのかという質問にも、キムスポークスマンは「確認することができない」と述べた。

評価委員を公開する場合、AESAレーダーの開発と関連した内容が外部に流出する可能性があり、彼らの身分や安全性を確保しなければならないというのが防衛事業庁の論理だ。

しかし、評価委員全体の身上公開でもなく、疑惑が浮き彫りになった部分の確認すらできないというのであれば業者の選定過程上の不公正性論議を育てる姿勢との指摘が出ている。

今回の評価では、中小企業の参加度に応じた加点を含めているかどうかと関連しても防衛事業庁は疑わしい対応で混乱を招いた。

この日のブリーフィングで、キムスポークスマンは、中小企業の参加に対して評価に反映されているか否かという質問に「確認して後日お知らせする」と述べた。これは防衛事業推進委員会による結果発表時の当局関係者による「中小企業の参加に関する部分は、業者の選定に影響を及ぼさなかった」という言葉とは明らかに温度差がある発言である。

数時間後、防衛事業庁の関係者は「確認の結果、中小企業の参加部分も評価対象に含まれた」として1週間ぶりに言葉を違えた。この関係者は「当時、説明をしていた人が何か勘違いをしていたようだ」と説明した。
(引用ここまで)

 先日、KF-XのAESAレーダーがこれまで試作経験すらない企業に選定された……というエントリを書きました。
 その際に「選ばれた要因がなにかは分かりませんが、記事のコメントは「また防産不正か……」みたいなものがあふれています」というように締めました。
 案の定。

 ハンファタレスが研究依頼をしていた大学教授が、今回のAESAレーダーの企業選定の委員のひとりであったとのこと。
 数千万ウォンの研究費用が与えられていたとのこと。

 そもそもハンファタレスとLIGネックスワンの点差は本当に微妙なものであったとされています。
 正確な点数は不明なのですが、94:92とかの僅差だったとの話。
 それだけの僅差であれば、この記事で話題になっている教授による「加点」が選定に大きく作用したのではないかと考えるのは普通のことですわな。

 防衛事業庁からも「なんの問題もない」とのことなので、問題ないのでしょう。  ま、韓国ではいつものことなので。



韓国人「またいつもの賄賂か……」 KFーXのAESAレーダー製造が試作品すら作ったことのない企業に決定

韓国型戦闘機の「目」のレーダー開発業者の選定「裏書き」サイレント(イーデイリー/朝鮮語)
KF-X AESAレーダー開発会社「予想外選定」に業界注目(newsis/朝鮮語)

韓国型戦闘機(KF-X)のレーダー試作のための優先交渉業者選定について噂が集まっている。関連技術の開発をLIGネックスワンと共同進行していた国防科学研究所(ADD)が、その試作をハンファタレスに任せたからである。

KF-X事業を管理している防衛事業庁とKF-Xに移動(AESA)レーダー部分の研究開発を主管しているADDは、公正な評価を経て優先交渉業者を選定したという立場である。しかし、防産産業界では試作品も作ったことがない企業を製作メーカーに選定したことは理解できない決定という反応が出ている。

◇ADD、10年間手足合わせたネクスウォンではなく、タレスとプロトタイプ開発
アクティブ電子走査式の位相配列レーダー、すなわちAESAレーダーは、昨年米国が技術移転を拒否し議論が巻き起こったKF-Xの4大技術のひとつである。 KF-X開発の可能性をめぐる議論の争点であった。AESAレーダーの国内開発能力に懐疑的な見方が台頭すると、政府当局はLIGネックスワンによるAESAレーダーの開発経験を直接・間接的に言及して、国内技術での開発が可能であると強調している。

韓国型戦闘機の `目`レーダー開発業者の選定 `後書き`サイレント
実際、LIGネクスウォンはTA / FA-50航空機のレーダー技術を導入生産を担当しており、航空機(無人機)用の映像レーダー(SAR)システムの開発を行った経験がある。航空機用のレーダーの開発と生産の経験を持つ国内唯一のメーカーである。

特にLIGネクスウォンは、これまでADDと一緒にAESAレーダー核心技術を確保するための先行課題を遂行した。 2006年から2013年までの2件の応用研究を進めており、現在の試験開発1段階を進めている。国内初のAESAレーダーシステム開発事業である蔚山I級艦艇戦闘システム事業に参加したLIGネックスワンは、合計6件のAESAレーダーシステムの開発実行の経験を保有している。

しかし、ADDはKF-Xに搭載されるAESAレーダー試作品メーカーとしてハンファタレスを選択した。 LIGネクスウォンの立場では、10年余りの間、基礎研究をさせられただけで、いざ実際の製品を開発する機会はハンファタレスに奪われた格好である。防衛産業関係者は「製造メーカーが変わる場合、政府のプロジェクトのために人材とインフラに投資した防衛産業企業の立場がなくなってしまう」と述べた。

◇防衛事業庁「2社の技術力は類似しており、評価は公正なもの」
これに対して防衛事業庁の関係者は21日、「LIGネックスワンとハンファタレスの間の技術力の優劣をつけるのは容易ではなかったものの、公正に審査して優先交渉対象者を選定した」と強調した。今回の事業者選定は、8:2で技術:価格点数を合算して評価した。防衛事業庁は両社のすべての技術スコアが90%のレベルに達したと明らかにした。より低い価格を提示した業者が選定された可能性が高いということを意味する。

この関係者は、「AESAレーダーの開発はADDが主導するため、重要な技術はADDが持っているもの」とし「ハンファタレスも長距離地対空ミサイル(L-SAM)に移動レーダー探索開発を担当している会社にいくつかのベンダーがされても問題がない」と述べた。 KF-Xシステム開発会社である韓国航空宇宙産業(KAI)もどちらのメーカーでも構わないという立場だ。

ハンファタレスもレーダーの分野での能力を築いている企業だ。すでに「天馬」と「天宮」など陸上誘導兵器の多機能レーダーを納入した実績がある。ハンファタレスの関係者は「これまで誘導兵器のレーダーを開発してきたため、競争力がある上に探知および追跡機能を同時に備えており、他のメーカーに比べ利点を持っている」とし「技術力も、競合他社に劣らない」と強調した。
(引用ここまで)

 これまで台車の上に乗っていたAESAレーダーの試作品を何度かADDが発表していましたが、あれはLIGネックスワンとADDが共同で開発したものなのですね。
 船舶用とのことでしたが、まあ少なくとも試作品開発の経験はあったのです。

 今回、AESAレーダーの試作を担当することになったハンファタレスは、ハンファテックウィンの関連企業です。
 ハンファテックウィンは去年、サムスングループからハンファグループに売られた兵器関連企業です。かつてはデジカメとかも作っていたのですが、そちらの事業はサムスン電子に吸収されてます。
 サムスンはデジカメ事業からは撤退との噂ですが。

 さて、そのハンファタレスは航空機用AESAレーダーの試作はおろか、なにも経験がない企業。
 なのに選定されたと。

 いくつか同じニュースを報じているサイトでコメント欄があるところでは「まーた防衛産業不正か……」「K2戦車の二の舞だろ」とかいうものであふれています。
 今回の選定では評価委員が10人いたということですが、「この10人の名前を明らかにしなければいけない」というような声も挙がっていますね。

 ま、実際に蓋を開けてみなければどうなるかは分かりませんが。
 初期型はアメリカからAESAレーダーを調達するって話もでているし、大丈夫なんじゃないですかね。
 どうやってアビオニクスとして統合するのかは不明ですけどね。



最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ