楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

パクリ

 相互RSS募集中です

韓国のダサソーが敗訴後も営業継続で罰金50万円。一応、店名は変更しているのですが……

「ダサソー」経営者に罰金刑50万円 韓国地裁 ダイソー類似商標で営業続け起訴(産経新聞)
 韓国の水原地裁は26日、日本の100円ショップ「ダイソー」の商標と類似した「ダサソー」の店名で雑貨店経営を続けたとして、商標法違反罪などに問われた流通業経営者に500万ウォン(約50万円)の罰金刑を言い渡したと明らかにした。地裁は「消費者を混乱させた」と指摘した。
(引用ここまで)


 ダサソーについては現地レポートを書いていますのでごらんください。

おめでとう! 韓国のダサソーはダサヨーに進化した!!

 ダサソー改めダサヨーは100円ショップというよりは激安個人経営のスーパーマーケット。生鮮食品なんかも売っていて、小バエが飛んでいるようなお店です。
 今回の判決はダサヨーとしても営業を許さないということなのかなぁ。この記事からはそのあたりは見えてきていません。

 ちょっと意外だったのは、韓国がこういった知的財産権を守る方向に転換しつつあるということです。
 ダサソーに関しても地裁ではダイソー側敗訴、高裁で逆転勝訴大法院(日本の最高裁相当)では上告棄却で勝訴確定というものでした。
 今回の罰金は名称で敗訴したにも関わらず、いまだに営業しているという理由。

 こういった知財に関しては地裁レベルでは負けても、高裁で逆転勝訴ということがけっこうあるって感じになってきましたね。
 バーバリーチェックの訴訟では地裁でもバーバリー側が勝訴していましたし。

 とはいえ、仏像返却訴訟については高裁で逆転しても地裁でのトンデモ判決が日本側に与えたインパクトが色あせるとは思えないのですが。

裁判中毒 傍聴歴25年の驚愕秘録 (角川oneテーマ21)
今井亮一
KADOKAWA / 角川書店
2014/12/10

韓国独自技術で製造される戦闘機KF-X、プロモ映像はエースコンバットからのパクりだった

KF-X project stole game footage for demo video(THE KOREA TIMES・英語)
韓国最大の戦闘機開発プロジェクトとなるKF-Xのプロモーション映像にテレビゲームの映像が盗用されていた。
10秒ほどの空戦と爆撃戦の映像はバトルフィールド3とエースコンバットアサルト3から許可なく盗用されたものであり、著作権侵害となっている。
一瞬ではあるが、オリジナルの英語字幕が映り込んでいるのが分かる。

この「ADDによるKF-Xプロモーション」とされる映像は1年前にリリースされ、1万2000回以上YouTube等で再生されているKF-Xの宣伝動画であり、KF-Xには2028年まで30兆ウォン規模のコストがかかるとされている。
この動画作成には4000万ウォンが投入されている。

にもかかわらず、関連したすべての部署が著作権侵害の責任を認めようとはしていない。
KF-X計画を推進するADD(国防科学研究所)は「まったく著作権侵害には気づかなかった」と映像製作下請けのNabixに責任を押しつけた。
「コリアタイムスの指摘によってNabixとともに当該映像をチェックしてみたところ、著作権を侵害する映像が挿入されていることを確認した」とADD広報のシン・ファンギュは語った。「我々はまったく気がついていませんでした」。
彼は当該シーンを削除すると語った。

NabixはKF-X計画を推進するKAIこそがこの問題の責任者であると述べた。
「KAIから派遣されてきた調査員がすべてに渡って、言葉や文章といった細かい部分まで含めて指示を行ってきた」とNabixのCEOであるキム・ユンガクが語った。「KAIはF-35のプロモーション映像のようなものを作れといってきた。挿入すべきさまざまな情報や映像クリップも提供されたんだ」

彼は「ゲームの画面が提供されたかどうかは覚えていない」とも語り、同時に「これは政府のプロジェクトなんだ。なにも自由にできるような余地なんてない」とも語った。

KAIも同様に無罪を主張した。
「ゲーム映像は我々が提供した素材には含まれていない」とKAI広報のキム・スンピルは語る。「どのようにしてそのゲーム映像が混入したのかはまったく不明だ」

バトルフィールド3の映像はシングルプレイミッションの一部であると確認された。エースコンバット:アサルトホライズンのものはトレイラー映像のものであった。

ADDはコリアタイムズに対して映像を削除し、関係者に代わり映像盗用について謝罪すると語った。
コリアタイムズはEA、およびバンダイナムコに接触したものの、回答はなかった。

KF-Xは韓国独自のジェット戦闘機として、老朽化の激しいF-4/F-5を代替する目的で開始されている。ロッキードは韓国政府によるF-35購入の見返りとして、その技術供与を行うとしている。
(引用ここまで)

 そのADD謹製の映像がこちら。


 見ていて、なんか既視感があるなぁ……と思っていたのですが、この記事でピックアップした動画でしたね。
 さすがにゲームから盗用したモノであるとは気づかなかったなぁ。

 ま、韓国ではよくあること。
 「独島は韓国独自の領土である」という韓国政府の広報動画にNHKの坂の上の雲からの映像を盗用していたなんてこともありました。
 なんかの歌手がPVでFF7ACをまんまパクったなんてこともありました。

 「韓国独自技術で製造される初のジェット戦闘機」のプロモーション映像がこうなんですから、「韓国の独自技術」がどのていどであるかよく分かるのではないでしょうかね。

18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書)
福井健策
筑摩書房
2015/1/10

 

日本人芸術家が韓国企業にパクられた → 警告文送付 → 韓国企業「おまえに著作権はない! 逆提訴する!」

芸術家・奈良美智、アウトすぎる絵柄パクリを見せる会社に警告文を送るも、逆に訴えられる……だと?(ITMedia)
 ポップアート分野で世界的に高い評価を得ている芸術家の奈良美智さんが、韓国のコスメ製品の絵柄があまりにも自分のものに似ているため、警告文を送ったところ、逆に韓国の裁判所に訴えられたとツイートし話題となっています。


 奈良さんは「韓国のコスメ会社の製品のなのだけれども、あまりにも自分の絵柄っぽいので、警告文を送ったら、逆に韓国の裁判所に訴訟を提起されました・・・」とツイート。写真を見ると確かに奈良さんの絵柄そっくりです。

 続くツイートで、「訴えないことで改心を期待したのだけど、先方は逆に『著作者は会社側』『奈良に損害賠償請求の権利はない』と言ってる」と相手の主張も紹介。「著作権専門の弁護士さんと相談しながら対応します」「営利主義の会社を責めはしないけれども、僕が問いたいのはその会社よりも、あくまでもデザイナーとその周辺です」とつづっています。
(引用ここまで)

 今日現在でまだ当該の韓国企業は販売を続けていますね。

[1 + 1イベント]クルグァンクッション:本品+リフィル(W.Lab)

 このパクリ側の画像をみたら、奈良美智という名前は知らなくてもああ、あの人ねとなるのではないでしょうか。

pakuri_cushion

 一応、奈良美智の画像検索結果もリンクしておきましょうか。
 これでパクリではなく、 著作権は自分たちにあると強弁できる。
 まだまだ韓国の遵法意識ってのはこんなもんなんだろうなといういい例といえますかね。
 上海の大江戸温泉物語と似たようなもんですわ。

グーグル、アップルに負けない著作権法 (角川EPUB選書)
角川 歴彦
アスキー・メディアワークス
2013/10/10

【パクリ】韓国での爆買い土産に「緑茶スイーツ」はどうですか?【若干グロ】

【NOW!ソウル】バラマキ土産にも!韓国だけの緑茶スイーツ(中央日報)
韓国では緑茶(ノッチャ)のスイーツが人気。良質な茶葉の栽培でも知られる済州島(チェジュド)に本拠地を持つ「o’sulloc(オソルロッ)」は、韓国でもいち早く緑茶製品を販売したブランド。中でも「グリーンティーミルクスプレッド」(8,500ウォン/200g)が有名です。
(引用ここまで)

 うわ、韓国独自の「緑茶スイーツ」ですか。
 日本でここ20年ほど独自に進化し続けてきた抹茶スイーツにいっちょ乗りしている感しかないですね。
 それにしても、「緑茶スプレッド」なのですが。

緑茶スプレッド

 イ・ミョンバク謹製のアレしか思い浮かばない(笑)。
 なぜこの画像でいいと思ったのか。責任者の考えを聞いてみたいものですわ。
 朝鮮日報の「○○をどうぞ!」シリーズの魚眼レンズといい、韓国にはきれいに撮影するという文化はあまりないみたいですね。
 逆に日本だと偏執的に追い求める部分があって、それはそれでどうかとも思うのですが。広告写真とかだとそういう属性が活きるんでしょうけどね。

 それにしても、緑茶スイーツ……か。
 韓国が近現代における文化に関しては日本に隷属するしかないっていうのがよく分かりますね。
 悪い意味で日本文化圏の一員なんだよなぁ……。併合していたのでやむをえない部分はあるのですけども。 

お茶を淹れるときに抹茶を耳かき1杯分くらい入れると風味がよくなるという裏技を知っておくとよい(朝鮮日報くらしの知恵袋風に)。
【メール便可】宇治抹茶100g

ダイソーが店名訴訟で韓国ダサソーに勝利、ただしすでにダサソーは……

ダイソーの勝訴が確定 「ダサソー」は類似商標=韓国(聯合ニュース)
 韓国で生活用品の均一価格店「ダイソー」を運営する大創アソン産業は16日、韓国の雑貨店「ダサソー」の運営会社に対し商標権侵害禁止を求めた訴訟で勝訴が確定したことを発表した。

 大創アソン産業によると、大法院(最高裁)は15日、ダサソー側の上告を棄却し、ダイソーの標章がダイソーの登録商標と類似しているとする原審を確定させた。 

 ソウル高裁は昨年6月の控訴審判決で、「ダサソーの標章はその外見、呼称、観念などを総合的に観察すると、取引上、一般消費者や取引者がそのサービス業の出所を誤認または混同する恐れがある」として、ダイソーの登録商標と類似していると判断。ダイソー側敗訴の一審判決を取り消し、ダサソーに対し商標使用禁止と、ダイソーへの約1億3000万ウォン(当時のレートで約1300万円)の支払いを命じた。

 大法院はまた、ダイソー(DAISO)とダサソー(DASASO)のハングル表記と英文表記、取り扱い商品の品目、販売方式が類似している点も今回の判決の理由に上げた。

 大創アソン産業は、日本で100円ショップ「ザ・ダイソー」を展開する大創産業と韓国のアソン産業の合弁会社。2012年に「ダサソー」の運営会社に対し商標権侵害禁止を求める訴訟を起こした。
(引用ここまで)

 そんなこんなでダサソーは店名のパクりだっていうことに決定しました。
 賠償金として1300万円の支払いも決定。
 ま、もっともずっと以前の仮処分申請で名称が差し止められた時点で、ダサソーは店名変更しているのですよね。

 ダサヨーに。


 話によるとダサソーもダサヨーも「全部買ってください」というような意味になるようで。
 こっちはどうするんでしょうかね。1文字違いが 2文字違いになったんで許容範囲にするのかなぁ。

 実際には100円ショップではなく雑貨店って感じのお店です。ちょっとしたレポートがあるのでそちらもご覧ください。

おめでとう! 韓国のダサソーはダサヨーに進化した!!【画像レポ】

 ま、さすがに韓国でもこれは言い訳できないって感じたってところでしょうかね。

100円ショップと聞くとこの本が思い浮かびます。けっこう面白かった覚えが。

 

韓国製菓業界「ロッテは他社の作った菓子をなんでもかんでもパクってしまう!」……え、おまえらがそれを言うの?

ロッテお家騒動:パクリ商品、強力な流通網で元祖に対抗(朝鮮日報)
 「新商品で市場を創出しても、ロッテが流通網を武器に類似商品で攻めてくる」

 ロッテは食品業界では「コピーの達人」と呼ばれている。研究・開発(R&D)を通じて新たな商品を生み出すよりも、他社のヒット商品をまねる「ミー・トゥー(me too)戦略」を主に取っているからだ。

 代表的なのが、韓国だけでなく世界の舞台で人気を集める「チョコパイ」だ。もともとは1974年に菓子メーカーのオリオン(当時は東洋製菓)が発売した菓子だったが、ロッテ製菓は4年後の78年にハングルの1文字目だけをわずかに変えた「チョコパイ(現在はオリオンと同じ表記)」の商品を発売した。いまだにオリオンの商品を「本物」と認めている雰囲気ではあるが、ロッテマートなど一部の大型スーパーではロッテのチョコパイの方が売れている。ロッテデパートやホテルなどが進出しているロシアでは、オリオンの人気をしのぐ勢いだ。

 アイスクリームでも他社のヒット商品をまねたものが少なくない。ヘテ製菓が74年に初めて発売し、40年以上の歴史を誇るアイス「ヌガーバー」をロッテはそっくりまね、双子のような商品「ヌクバー」として2013年に発売した。また、ピングレが1992年に発売し、ブラジルなど全世界に輸出しているアイス「メロナ」の類似商品「メロニア」もある。

 ロッテ七星飲料が2011年に発売した「デイリーCビタミンウォーター」は、コカ・コーラが2009年から韓国に輸入している機能性飲料「グラソービタミンウォーター」のコピー商品だとの指摘を受けている。

 ロッテがまねた各商品は、強力な流通網をベースに、元祖商品を上回る売上高を計上している。ヘテのポテトチップス「ハニーバターチップ」は昨年末の発売以来、スナック市場で大きな人気を集めていたが、今年の第2四半期(4−6 月期)に入ると、後から発売したロッテの「ハニーバター味コッカルコーン」に1位の座を奪われた。

 ある食品業界の関係者は「頑張って新商品で市場をつくり上げても、ロッテが似たような商品を出し、流通網を利用して攻勢をかけるケースが多い」と話した。
(引用ここまで)

 もうロッテバッシングは止まらないですね。
 菓子でなにかを作っても、ロッテにコピーされると。
 そんなん韓国自体がそうやってきているコピー国家なのになんでロッテだけが責められるのか意味不明です。
 泥棒が泥棒に向かって「あいつ泥棒だぜ!」って叫んでいるというね。

 後継者騒動で叩ける状況なので行けるところまで行ってみようっていうヤツですね。
 中韓で共通のことわざである「水に落ちた犬は叩け」というアレです。
 もちろん、「日本と関わりあいの強い財閥なのでむかつく」というのが大きく作用しているのは間違いないところでしょう。

 コピー商品はお互い様なのに叩く。
 第2ロッテワールドだってイ・ミョンバクの時代にまで戻って叩く。
 責任の所在が分かりにくい循環出資は他の財閥だって山ほどやっているのに、ロッテだから叩く。その循環投資の頂点が日本にある法人だからなおのとこ叩く。

 以前も書いたように意識をしていないナチュラルなヘイトスピーチなだけに、より悪質性が高いのです。
 ロッテの現会長も「これだけ韓国に投資してきて、人生の最後になってここまで叩かれるとはなぁ」くらいに思っているんじゃないでしょうかね。


「韓国のテレビ番組を中国がパクった!」……日本から見たらふたりの泥棒が争ってるだけ

韓国MBC「中国の衛星テレビ、『無限挑戦』を無断コピー」(朝鮮日報)
 韓国MBCテレビのバラエティー番組『無限挑戦』の製作陣は、中国・上海の衛星テレビ局「東方衛視」に番組のコンセプトを無断でコピーされたとして主張している。問題の番組は先月14日から放送が始まった『極限挑戦』という番組で、タイトルからレギュラー出演者の人数(6人)だけでなく、細かい点まで『無限挑戦』と酷似している。MBC製作陣は「構成や内容だけでなく、カメラのアングルや字幕まで全くのコピーだ」と話した。

 例えば、『極限挑戦』の今月5日放送分では、出演者が携帯電話で匿名の人物に電話をかけ、任務の指示を受ける場面、製作陣が出演者を怖がらせるために車を爆発させる場面があったが、これは構成が2011年に放送された『無限挑戦−スピード特集』と酷似している。MBC関係者は「これまでに5回放送された『極限挑戦』は『無限挑戦』の過去の放送分をつぎはぎしたものだ。19日の放送分も今年初めに放送した『飛行機けん引ミッション』編をコピーしたものだったと聞いている」と話した。

 昨年以降、中国のテレビ局が韓国のバラエティーの構成や内容をまねる例が次々に確認されている。中国の江蘇衛視は、KBS『ギャグコンサート』やSBS『笑いを求める人々』などのコーナーをコピー。浙江衛視はKBS『パパが帰ってきた』をコピーし、KBSと韓国著作権委員会の抗議を受け、版権契約を正式に結んだ経緯がある。
(引用ここまで)

 韓国のテレビ番組は日本からバラエティー番組のフォーマットを盗用が多いことで知られています。
 日本のバラエティーでやっていた「起床から5分で出社する方法」を、まんま持ってきて「3分で〜」にしたり
 まあ、韓国では普通の話。日本から見たらフォーマット泥棒ですが。

 そんなフォーマット泥棒も、自分たちの番組が盗まれると「泥棒!」って叫ぶのですね(笑)。
 日本から見ると泥棒Aと泥棒Bの、滑稽かつ空しい戦いにしか見えないのですが。

明日泥棒 (角川文庫)
小松 左京
KADOKAWA / 角川書店
2015-01-28

韓国の人気作家が三島由紀夫の憂国をパクったことから分かること?

「申京淑『伝説』は三島由紀夫『憂国』を盗作」(朝鮮日報)
「『憂国』読んだことない」 申京淑氏が盗作疑惑を否定(朝鮮日報)

 「二人とも実に健康な若い肉体の所有者だったため、彼らの夜は激しかった。夜だけでなく、訓練を終えてほこりだらけの軍服を脱ぐ間さえもどかしく、帰宅するなり妻をその場に押し倒すことが一度や二度ではなかった。麗子もよく応えた。最初の夜を過ごしてから1カ月たつかたたないうちに、すでに麗子は喜びを知る体になり、中尉もそんな麗子の変化を喜んだ」(三島由紀夫『憂国』韓国語版)

 「二人とも健康な肉体の持ち主だった。彼らの夜は激しかった。男は外から帰ってきて、ほこりがついた顔を洗いながらも、もどかしく急いで女を押し倒すのが常だった。最初の夜を過ごしてから2カ月余り、女はすでに喜びを知る体になった。女の清逸な美しさの中に官能はかぐわしく、豊かに染み込んだ。その成熟さは歌を歌う女の声にも豊潤に染みわたり、今や女が歌を歌っているのではなく歌が女に吸われてくるようだった。女の変化を一番喜んだのは、もちろん男だった」(申京淑『伝説』)

 イ氏は「三島由紀夫『憂国』の盗作は、小説家が特定分野の専門知識を小説の中で説明したり、表現したりするために小説以外の文献の内容を地の文や登場人物の対話中で活用するといった、いわゆる『小説化作業』の結果では決してない」と指摘。プロの作家としては到底認められない、明らかな「作品の窃盗行為」だとした。

 続けて、申氏の小説はさまざまな言語に翻訳されて海外で一定の成果を収めているとしながら「もし盗作がニューヨークやパリ、英国に伝わったらどうなるか。日本の文筆家や大衆がこの事実を知ったらどうなるか。これは隠そうとしても隠されるものではなく、隠せば隠すほど悪臭を放つ韓国文学の恥だ」と強調した。
(引用ここまで)
 申氏は『伝説』が収録された小説集『ジャガイモを食べる人々』を出版した出版社、創批に宛てた電子メールで、三島由紀夫の作品はずっと前に『金閣寺』を読んだだけで『憂国』は知らなかったと述べた。また「こんな騒ぎになって私の読者たちに申し訳なく、心が痛む。これまで荒波を共にしてきたように、私を信じてほしい。真実がどうであれ、こうしたことは作家に傷が残るだけなので、対応するつもりはない」とコメントした。申氏のメールを公表した創批も「該当する場面のいくつかの文章が似ているとしても、これを根拠に盗作をうんぬんするのは問題だ」と指摘した。
(引用ここまで)
 この騒動について申氏は当初、盗作を否定していたが、韓国紙、京郷新聞(23日付)とのインタビューで「憂国と何回か照らし合わてみた結果、盗作であるという気がした」などと事実上、盗作を認めた。

 「すべでは私の責任」と読者に謝罪した申氏は「執筆はできない。当分の間、自粛する」と述べ、文学賞の審査委員も辞退する考えを示した。

 一方で「記憶をたどっても『憂国』を読んだ記憶は出てこないが、今では自分の記憶を信じられない状況になった」と歯切れの悪い回答もしている。
(引用ここまで)

 いや、しかしなんでまた「憂国」なんていうメジャーなものからパクったんですかね。
 三島由紀夫が好きな人間というのは確実にどの国にもいます。
 どの国にも割合の差こそあれ日本マニアとでもいうべき層があって、三島由紀夫はその中でもだいぶメジャーな対象だと思うのですが……。

 記事を見てもらっても分かるように、完全に言い訳不可能なもの。
 これを当初は「憂国なんて読んだことがない。これは盗作なんかじゃない」って強弁していたのですよね。ついでに出版社も一緒になって。
 盗作を許すのって作家の無能さをさらすだけじゃなくて、編集者や校正の無能さや無知をもさらしているんですよね。
 パクリ元が有名な作品であればあっただけ、その作品を知らなかったってことで。
 読者にはあまり関係ないことなのですが。

 こんなんが人気作家だっていうならそりゃあまあ、ノーベル文学賞ってかけ声だけで内輪もめしているという話はよく理解できます。

 こういう話を見ても文化的には韓国は日本のそれに支配されているのだなということがよく分かってしまいますね。
 遺憾ながらも(笑)。


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ