楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

フィギュアスケート

 相互RSS募集中です

国際スケート連盟会長「韓国からの抗議……受け取ってないけど?」

ISU会長「証拠提示を」 キム・ヨナのソチ「銀」に不服の韓国に(産経新聞)

>  国際スケート連盟(ISU)のオッタビオ・チンクアンタ会長は27日、さいたまスーパーアリーナで記者会見し、ソチ冬季五輪のフィギュア女子でキム・ヨ ナ(韓国)が銀メダルに終わったことを不服として大韓体育会がISUに対する異議申し立てと調査の要望を決めたことについて、「批判的に述べる自由はある が、証拠を提示しなければいけない」と話した。


 正式な抗議文は受け取っていないという。五輪期間中に採点システムの公平性を強調した声明を出しており、「それを事実として受け止めてもらえればいい」と述べた。

(引用ここまで・太字引用者)


 記事のタイトルは「証拠を出せ」ってなっていますが、焦点はそこじゃないように思います。
 ISUの会長が「正式な抗議文を受け取っていない」って言っているということは、間違いなく受け取っていないのでしょう。  つまり、「韓国の国内向け」に「抗議するぞ!」という方向性を見せるだけ見せて、実際には抗議をしていなかったっていうことですね。
 韓国スケート協会の考えかたは「デモの連中うぜえなぁ、とりあえず抗議の格好だけしておきゃいいか」ってところでしょうか。
 で、「抗議しました」というアナウンスだけしておいて、あとは有耶無耶にしようと。
 ま、それくらいはやるだろうなとは思います。

 あとは「証拠を出せ」ですが。
 ま、正論過ぎてなにも言えませんわな。人のやったことを疑うのであれば証拠を揃えて「これがあるからこうだ!」ってやれって話ですわ。
 抗議をするだけして証拠はおまえが出せみたいなやりかたが通用するわけがないのですよね。




「キム・ヨナが負けたのはウソだ!」と韓国からISUへ提訴決定!

韓国が懲戒委提訴へ=ソチ五輪の審判に疑義−フィギュア(時事通信)
> 韓国の大韓体育会は21日、アデリナ・ソトニコワ(ロシア)が金妍児(韓国)の連覇を阻んだソチ五輪フィギュアスケート女子に関し、韓国スケート連盟と連名で、審判に関する調査などを求め、国際スケート連盟の懲戒委員会に提訴する方針を発表した。
 体育会は、国際スケート連盟の倫理規定に違反している点があるとして、懲戒委の招集と調査を要請することを決めた。具体的には、審判にロシア連盟幹部の妻が含まれており、競技直後にソトニコワと抱き合っていた点、過去に資格停止処分を受けたことがあるウクライナの審判が含まれていた点などを指摘した。
 女子フリーの採点をめぐっては、地元のソトニコワを優勝させるため、高得点が出たと一部で指摘された。韓国国内では、大韓体育会が公式に異議申し立てするよう求める世論が強まっていた。
(引用ここまで)

 韓国の五輪委とスケート連盟が国内からの突き上げに耐えられなくなった……というところですか。
 連盟が入っているビルの前でデモとかやってたそうですから。連日連夜。

 ファン・ウソクの事件でも「卵子入手を違法だと報じたMBCの取材方法は違法だった!」って言って、検察庁のサーバがダウンするほどにアクセス集中したのですよね。
 こういう沸騰のさせかたをやらせたら、韓国人は世界一です。

 さて、この「提訴」をISUが却下したら、どうするんでしょうね?
 次は国際スポーツ裁判所ですか?

 原則として勝負のついた競技の判定は覆らないのですよ。たとえ、それが本当に誤審であろうとも。
「本当の誤審」であった篠原の内股すかしもそうでした。
 韓国がらみでいえばアテネでの体操個人総合のなんとかって選手が銅メダルになったのもそう。もっともあれは「こんなしょぼい演技内容の選手が体操個人総合でオリンピックチャンピオンになるのはありえない」っていう圧力があったように思うのですが(笑)。

 どこまで行っても韓国人が満足する結果なんて出てきませんよ。
 審判個人個人の判定がどのようにして行われたかなんて、その審判の心の内側を見ないことには分からない。
 この「ロシアスケート連盟幹部の妻が審判だった」なんてもう言いがかりもいいところ。
 そもそも、それぞれのスケート連盟幹部がトップ選手とまったく関係がないなんてこと自体がありえない。
 じゃあ、韓国人審判はキム・ヨナに一切関係を持っていないのかって話になるでしょう。バンクーバーの採点まで疑義をかけないと。

 ま、提訴して韓国人の怒りの矛先さえかわせればいいってところでしょうから、韓国スケート連盟としては肩の荷が降りてせいせいしたってくらいかな。
 これでまた「ウリナラは小国だからこういう扱いになるのだ!」と悲劇のヒロインを気取る輩が出てきます。これだけは確実。
 ソチにいいオチがつきましたね。

決定盤! フィギュアスケート・ミュージック・ベスト
オムニバス
ユニバーサルクラシック
2014-03-19


韓国スケート連盟、国際スケート連盟に女子フィギュア祭典の調査要請 → 即座に却下

キム・ヨナ2位で採点の調査要請 韓国連盟(日経新聞)
    ↓
疑惑?の採点にISU「厳正かつ公正」(デイリースポーツ)

 調査しろなんて言われたら自分たちが不利になるだけでしょうにね。
 どこの競技から、そして誰をっていう話です。 
 オリンピックだけ? それとも世界選手権も?
 採点競技である以上は100人が100人、すべてが認める勝利なんてものは滅多にないのですよ。

 クレームがついたら再審査なんてやってたら、いつまで経っても結果が出ませんわな。
 どうも韓国は「自分たちが小国だからこういう目にあうのだ」と思っている節があって、それもあって大国志向が異様なまでに激しいのです。

 ノルウェーやオランダが大国なのかどうか、ちょっと考えれば分かると思うのですけどね。

もどき
松久
奏松画廊
2013-12-20

「全世界がキム・ヨナがロシアの被害者だと語っている」 → 嘘でした

ソチ五輪:「フィギュア史上最も疑わしい判定」=米紙(朝鮮日報)
> 「フィギュア史上、最も疑わしい(questionable)判定だ」(米紙シカゴ・トリビューン)

 ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングルでは、驚きの判定によりキム・ヨナ(23)が銀メダルに終わった。この結果を受けて、海外の複数のメディアは偏向的で開催国ロシアに有利な採点に批判を浴びせた。

 米紙シカゴ・トリビューンは「アデリナ・ソトニコワ(17)は審判の判定のおかげでロシア人選手としては初めてフィギュア女子シングルの金メダリストになった。フィギュアスケート史上、最も疑わしい判定だ」と酷評した。ソトニコワについては「2002年ソルトレークシティー五輪のサラ・ヒューズ以来、最も意外な金メダリスト」と評した。
(引用ここまで)

 シカゴトリビューンを検索したんですが、おそらくこのふたつの記事だと思うのですよ。

Sotnikova's golden scores fuel figure skating controversy
The right skater won Olympic gold


 上の記事は確かにquestionableって書いてあります。
Elvis Stojko was ready. It was moments after the women’s Olympic figure skating competition, and Stojko had a detailed result sheet in hand. He began to tick off, element by element, why he thought Adelina Sotnikova of Russia deserved to beat defending champion Yuna Kim of South Korea and Carolina Kostner of Italy.

“Adelina came loaded,” Stojko said. “Did the other two have more beautiful skating? Absolutely. But it’s a sport, and this was totally fair.”

It was no surprise that Stojko, a two-time Olympic silver medalist from Canada known for his athleticism, might have such an opinion about an outcome certain to be among the most questionable and debated in figure skating’s checkered judging history.
 カナダの男子フィギュア選手で2回の銀メダルに輝いたエルビス・ストイコがペーパーを手にして「キムとコストナーのほうが優雅だった? 確かに。だけどもソトニコアはスポーツ選手として優れていた」という話を受けてから、新聞側はこう書くのです。
 「フィギュアスケート史上もっとも曖昧なジャッジで、懐疑的(questionable)に扱われ、議論を呼ぶ結果に対して、スポーツ選手として卓越した能力を持つストイコがこういう意見を持つのは不思議ではない」と。

 んで、この記事はその後にもいくつか元選手からのコメントがきています。でもまぁ、意見としては「正しいジャッジ」「ホームタウンディシジョンがあった」というのが半々。

 もうひとつのシカゴトリビューンの記事も同じ。
 「サラ・ヒューズ以来の意外な女王」という傾向で書かれている記事であるのは確かですが、シカゴトリビューンの記事は「サラ・ヒューズはあのオリンピックでもっとも輝いていたスケーターであり、それは今回のソトニコワも同じ」という文脈で語られているのです。

 そもそもフィギュアですっきりとした結果が出るなんてことは、ほとんどないのですよ。
 ショートプログラムとフリーで逆転劇があればなおのこと。
 それでもこの朝鮮日報の「引用」は卑怯ですわ。 

運を味方にする達人 (PHP文庫)
中谷彰宏
PHP研究所
2010-06-04


フィギュア選手が韓国旅行で買ったむくみの取れる薬→禁止薬物混入でドーピング違反 出場禁止3ヶ月

フィギュアの杉木が薬物違反=3カ月資格停止に
> 杉木が韓国を旅行した際にむくみを解消する目的で購入したサプリメントに、フロセミドが含まれていた。利尿剤には他の薬物の使用痕跡を隠す使途があるが、今回は悪質性がないと判断され、処分期間は3カ月にとどまった。
(引用ここまで)
 ……アホだ。
 中国やら韓国で「やせ薬」とか「○○が治る薬!」なんていうのがあったら、まず間違いなくこいうものですよ。
 「肌がきれいになる軟膏ですよ」→「ステロイドたっぷりで髭が生えた」とか普通にありますからね。
 中国のほうがよりひどいですが、韓国も似たり寄ったり。
 ま、自業自得です。アスリートとしてはあまりにも無知でしたね。


 

キム・ヨナ 「日本で書かれた批判本の作者を訴える!」 → 作者 「どうぞどうぞ」

キム・ヨナ採点疑惑を書いたフリーライター 事務所が提訴検討と韓国で報じられる(J-CASTニュース)
>  キム・ヨナ選手は、2010年のバンクーバー五輪で220点以上の世界最高得点で金メダルを獲得した。こうした高得点ぶりについて、ライターの猫宮黒埜 (くろの)さんは、13年3月15日に自費出版した著書「フィギュアスケート 疑惑の高得点」(東京図書出版刊)で問題提起した。 (中略)

これに対し、複数の韓国メディアは4月9日、キム・ヨナ選手の事務所「オール・ザッツ・スポーツ」が著書の内容が名誉毀損に当たるとして、損害賠償などを求めて提訴することを検討していると報じた。
韓国の日刊新聞「国民日報」は、著書について、「人身攻撃に近い」と批判し、日本のネット上でキム・ヨナと検索すると「買収」「八百長」と関連ワードが出 ると憂慮した。そして、事務所副社長が「キム・ヨナを罵倒している内容も問題だが、ややもすると誤った内容が日本国民の間に受け入れられる恐れがある」と コメントしたと紹介している。
(引用ここまで)

 この本のことらしいのですが。
 著者にとっては願ったり叶ったりだろうなぁ。
 法廷の場できっちりと白黒つけてもらえて、なおかつお墨付きまでもらえてしまうという。
 おまけにこうやってこぞって宣伝までされてしまうわけです(笑)。

 たとえ訴えられようが韓国の法廷であればいざ知らず、日本の法廷であれば大丈夫だと思うのですよね。
 ざっと報道を見た感じでは名誉毀損で訴えられても大丈夫なレベル。
 基本的にはスポーツ選手というのは、スポーツの場では公人ですから。
 批判されたりするのを避けたいのであれば、もうやめるしかないわけで。

 ま、これが韓国の法廷であれば話は別なのですが。
 なにしろ憲法の上に国民感情が存在しているという場所ですから、こんなんで訴えられたら一発です。
 さすがに韓国で訴えるとかいう斜め上の行動はないでしょうね……ないといいんだけどなぁ。

フィギュアスケート 疑惑の高得点フィギュアスケート 疑惑の高得点 [単行本]
著者:猫宮 黒埜
出版:東京図書出版
(2013-03-15)
 

村主千香、浅田舞が相次いでキム・ヨナの演技に「なんであんな高得点が出るのか……」と疑問符をつける

浅田真央の姉「キム・ヨナが審査員に好かれて高得点…」  韓国ネットユーザーが怒り(中央日報)
> 15日の韓国国内の報道によると、引退後スポーツキャスターとして活動している浅田舞は13日、日本のある放送で、韓国国内大会(6日)でキム・ヨナが転倒する映像を見た後、「正直分からないです。何であんなに点数が出てるのか…分からないです。選手やっていたんですが、見ても…なんでなんですかね…審査員が好きなんですかね? わかんないです。この問題はノーコメントにしておいたほうがいいのかもしれませんね」と判定に疑問を提起した。
(引用ここまで)

 別に疑問を持っているのは浅田舞だけじゃないしなぁ。
 村主章枝の妹である村主千香もキム・ヨナの復帰戦を「まあ、ローカル大会ですから……」って言いながら「なんでこんなに(点が)出るのかなぁ」って言っていたしね。

 ま、実際のところは世界選手権で分かるんじゃないでしょうか。
 ローカル大会や韓国国内大会ではなく、世界選手権でどんな演技でどんな点数が出るのか。
 そもそもフリーを滑りきる体力があるのかどうかが評価されるんじゃないでしょうかね。

キム・ヨナが出なかったからGPファイナルはクソ大会、キム・ヨナはBクラス大会で世界最高点を記録!

<フィギュア>キム・ヨナが完全復活、浅田真央の点数超える(中央日報)
女王健在 キム・ヨナが今季世界最高点で復帰戦V(中央日報)
<フィギュア>「キム・ヨナ不在」で輝き失ったGPファイナル、浅田真央が優勝(中央日報)
ジャンプで転倒キムヨナが「今季最高得点」 「浅田真央より上」報道にネットで怒り(J-Cast)

 そこらの格下の大会で3-2-2ジャンプが3-1-1になって、2回転倒しても200点オーバー。
 んで、「キム・ヨナがいないGPファイナルなんて」とキム・ヨナ以外のスケーター全員、男女ペアアイスダンス問わずに侮辱。
 しかも、この侮辱の仕方が見事なくらいにナチュラルボーン。

> GPファイナルは今季開催されたGPシリーズ6戦の上位6人が出場できる。世界選手権大会に次いで権威が高い。しかしフィギュア女王キム・ヨナの復帰舞台のため、以前ほど関心を集めることはできなかった。
(引用ここまで)

 そりゃま、韓国国内じゃそうだろうね……としか言いようがないですわ。
 確かにGPファイナルとか四大陸選手権って世界選手権の露払い的な大会ではあるけど、ドイツの地方としでやっているBクラス大会より注目されていないわけがないのにな。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ