楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

フィギュアスケート

 相互RSS募集中です

「キム・ヨナが負けたはずがない」との提訴、ISUから却下される

<フィギュア>キム・ヨナのソチ五輪審判陣構成、ISUが提訴を「棄却」(中央日報)
> 国際スケート競技連盟(ISU)は4日(日本時間)、公式ホームページに掲載された懲戒委員会の決定文を通じてこうした判決を下したと明らかにした。キム・ヨナは2月に開かれたソチ冬季オリンピックのフィギュア女子シングルでクリーンな演技をしてショート・フリープログラムで合計219.11点を獲得した。しかしフリープログラムでジャンプに失敗したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が224.59点の高得点を獲得して判定疑惑が提起されていた。

特に競技後にソトニコワとロシア審判が抱擁するシーンがとらえられて議論が広がった。当時、審判陣として参加した人の中には1998年長野大会の時に判定操作疑惑で1年間の資格停止になった経歴がある審判やロシアフィギュア連盟会長の妻らが含まれていた。

大韓スケート連盟と大韓体育会は4月10日、審判陣の構成についてISU側に提訴状を公式に出した。競技結果や判定に関しては終了直後に抗議または控訴すべきだったが、オリンピック当時は特にアピールしなかった。ISUはこれを受け入れて懲戒委員会に回付して関連内容を検討した。しかしISUは決定文でソトニコワとロシア審判の抱擁に関連して「私たちは彼らの行動を自然な行為とマナーと判断する。お互いを祝う時の特別な情緒的行動と感じられる。これは紛争を発生させるものではない。競技後の祝福は偏見や誤った行動だと見なすことはできない」と明らかにした。

大韓スケート連盟、体育会が今回の判定について控訴するには、決定文の受信後21日以内に国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に対して行わなければならない。
(引用ここまで)

 そもそも、競技終了後24時間までに抗議しなくちゃいけなかったのですよね。
 韓国がサンフレッチェ広島にしたみたいに電気を消されたとかいうわけでもないのに、抗議をしなかったというのは「判定を受け入れた」という意味なのですよ。

 それが韓国での不満が膨らんで韓国スケート協会へ矛先が向きそうだったのをかわすための提訴でしたからね。
 連日連夜、協会の入っているビルの前でデモとかされていたそうですから。
 ついでにCASにまで提訴して、そこでも却下されて「韓国は誠意を尽くしたのに、世界はまたも認めなかった。韓国とキム・ヨナは被害者だ」っていう言い方をすればいいと思います。

 ただ、スポーツ裁判所への提訴はかなりの金額がかかるのですよ。
 我那覇のドーピング判定を覆すための提訴でも寄付金を募っていたのを思い出します。 
 そんな金まで使ってやるかなぁ……とも思うのですが、なによりも大事な自尊心(実際には虚栄心)を満たすためだったら、そんなことお構いなしでしょうね。


 

ソトニコワが「キム・ヨナは国内じゃ大統領並の人気だろうけど、演技はそもそも低得点でしょ?」と本音炸裂

ソトニコワが“キム・ヨナ騒動”に初めて言及、「銀は当然」「韓国ネットはキム・ヨナを大統領並みに崇めてる」―中国報道(新華経済)
>中国のスポーツサイト・騰訊体育は6日、「ロシアのフィギュア金メダリストが騒動に初めて言及、キム・ヨナは大統領より大物と皮肉」と題した記事を掲載した。

4日付の韓国紙・朝鮮日報によると、ソチ五輪フィギュア女子金メダリストのソトニコワ(ロシア)が3日、ロシアメディアの取材に応じ、銀メダルに終わったキム・ヨナへの判定が不公正だったと韓国側が騒いでいる問題について、初めて言及した。

自身の金メダルについて、「公明正大に勝ち取ったもの。キム・ヨナのプログラム構成は(私より)かなり弱かった。特にフリーの後半部分(の難度はかなり低かった)。銀メダルは当然」と述べ、「難度の低さが減点の原因となった」と率直に指摘した。

ソトニコワはソチ五輪後、フェイスブックに韓国語の批判が殺到するなどしたため、これまで無言を貫いてきた。韓国ネットユーザーの炎上ぶりについて、「キム・ヨナを大統領並みに崇めているみたい」と皮肉っている。
(引用ここまで)

 ロシアの報道を朝鮮日報が転載して、それをさらに新華経済が日本語にする不思議さよ。
 ちなみに朝鮮日報の報道はこっち。

ソトニコワ「キム・ヨナの構成弱かった」判定論難反論(朝鮮日報/韓国語) 

 おおよそ新華経済の書いていることと中身は変わらないのですが。
 我々は「韓国人を敗退させた競技者が、韓国人に嫌がらせを受ける」ということを充分に知っていますが、競技者にとってはとんでもない光景でしょうね。
 それを何度となく繰り広げられたアントン・オーノとかだと「またかよ……」くらいになるでしょうけど。

 あるていど、教育を施しておいてもいいかもしれませんね。スポーツ選手に。
 「韓国国内で人気のある選手を倒すと、SNSに韓国人が韓国語で突入してくるけど気にするな。大したことは言っていない」みたいなことを。


『炎上中』Tシャツ【レビューを書いて送料無料】おもしろTシャツ メッセージTシャツ【楽ギフ_包装選択】

浅田真央がキム・ヨナの世界記録を塗り替えられたのはISUの陰謀があったからだった!

<フィギュア>引退説飛び交っていた浅田、キム・ヨナの点数を超えて世界新(中央日報)
ISU、浅田を前面に出してキム・ヨナを消しにかかったか?(デイリーアン/朝鮮語)

> キム・ヨナ(24)のいないフィギュア世界選手権で浅田真央(24)がホームの利点を生かしてショートプログラム(SP)世界新記録を樹立した。

浅田は27日、日本のさいたまスーパーアリーナで開かれた国際スケート競技連盟(ISU)のフィギュア世界選手権女子シングルSPで、技術点42.81点に芸術点35.85点を加えた78.66点で首位に立った。浅田は主な特技であるトリプルアクセル(空中3回転半ジャンプ)をはじめ、すべてのジャンプ・スピン・ステップ技術を完ぺきにこなした。2010年2月、バンクーバー冬季オリンピック(五輪)でキム・ヨナが出したISU公認大会SP最高記録(78.50点)を塗り替えた。

しかしこのような高得点の裏には、自国・日本で開かれた大会という利点も無視できない。浅田はこれまで自国で開かれた国際大会で比較的甘い点数をもらっていた。昨年11月、東京で開かれたグランプリシリーズ第4戦(NHK杯)では、トリプルアクセルをすべて失敗したにもかかわらず207.59点の個人合計最高記録をマークして優勝した。ISUを後援するスポンサー13社のうち11社が日本企業だ。
(引用ここまで・太字引用者)

>しかし、浅田の素晴らしいスコアは、国内外の専門家から疑問の眼差しを向けられているのが事実だ。ショートプログラムの点数のみで語るのは難しいが、いわゆる「スコアばらまき」ないしは「スコアインフレ」が先月ソチ冬季オリンピックに続き、今回の世界選手権でも続いている、「背景」に対する疑問だ。

実際、今回のSPでパーソナルベストを記録したのは浅田だけではない。1位浅田をはじめ、2位カロライナ・コストナー(77.24点)、3位ユリア・リプニツカヤ(74.54点)、4位鈴木明子(71.02点)、5位グレイシー・ゴールド(70.31点)に至るまで5人の選手全員がショートプログラムで70点以上の得点でパーソナルベストを記録した。このような「スコアインフレ」の傾向が続けば、29日のフリースケーティングでも高得点を得て、合計スコアでも世界記録を出すことができるだろう。

この「スコアインフレ」の現象の背景として、ISUにはどのような意図があるのかを推測してみよう。

ISUオタビオ・クァンタ会長が「証拠を示せ」と言われたらどうしようもない。しかし、最近行われた一連の状況を総合してみると、現在の世界選手権で起こっている「スコアインフレ現象」に対する以下の推測は、十分な説得力がある。

まず、このようなスコアインフレ現象はソチ冬季オリンピックで(訳注:韓国国内で)ふくらんだ「スコア一方的議論」に根拠がないと強調するためだという推測が可能だ。特に、ソチ冬季五輪当時、ロシアの選手たちにスコアが甘かったという論議があったが、その中心には女子シングルで金メダルを獲得したアデリーナ・ソトニコワとリプニツカヤがいる。

ソトニコワはオリンピックの金メダリストであるが、ロシア氷上連盟の釈然としない措置を受けて今回大会に不参加だった。リプニツカヤは今回の大会ショートプログラムで74.54点を受けてソチ冬季五輪団体戦ショートプログラムで記録した自身のパーソナルベスト(72.90)を1.46点更新した。

つまり、ISUの審判はリプニツカヤがソチ冬季オリンピックで得た点数が、決して「一方的支援」の結果ではなく、妥当な採点による正当なスコアだったという点を、今回の世界選手権大会の得点を使用して再確認し、強調したものと見られる。

見方によっては今回の世界フィギュア選手権に出場した選手たちは得点という面において、リプニツカヤからのプレゼントを受け取ったとも見ることができる。そして、今回の大会で浅田がホームアドバンテージを前面に出してショートプログラム歴代最高点を記録したのは、ISUが世界フィギュアの歴史からキム・ヨナの痕跡を消すためのアクションを取った結果ではないかという疑いもある。
(引用ここまで)

 というわけで陰謀論出まくり。
 キム・ヨナが出した世界記録を、浅田真央が破ったのはISUがスコアインフレを目論んだからということが言いたいようですね。
 ISUはロシア勢がソチで得た得点は特殊なものではなく、実力を反映したものであるということにしたい。だからリプニツカヤの得点を上乗せしてきた。浅田はそれにうまく乗って、かつホームタウンディシジョンを得た。
 なぜならISUのスポンサーは日本企業ばっかりだと。
 悲劇の女王であるキム・ヨナはISUの陰謀で世界最高得点を奪われているというような感じでしょうかね。

 なんでこんなことが起きるかというと、いつもの「我々は弱小国だからだ」というヤツでしょう。
 弱小国であるから、こういう扱いを受けるのだと。

 ま、こういった「推測」をするのは、実は自分たちであればこうするという「投影」からなのですけどね。



浅田真央のSP世界記録更新で「追い抜かれた」韓国マスコミが大爆発!

浅田真央、キム・ヨナ世界新更新...ホームアドバンテージ?(朝鮮日報/朝鮮語)
浅田真央、ショート新記録...ホームアドバンテージの議論?(朝鮮日報/朝鮮語)


 昨日のフィギュア世界選手権で女子SPの世界新記録を浅田真央が打ち立てました。
 すごい演技だったと思いますよ。
 で、それについて韓国マスコミが驚きの大報道中です。

 ふと浅田 真央(아사다 마오)でchosun.comを検索してみたらこの騒ぎ

 このエントリを書いている時点で、木曜日からの記事が42本。浅田真央の世界フィギュアの記事だけで。
 スポーツ新聞のスポーツ朝鮮と朝鮮日報本体の両方が検索できているので、増量されているでしょうけども。
 いや、それにしても。

 ついでに「世界フィギュア」で検索したら、木曜日からこっちの記事数は47本
 ほとんど浅田真央の記事。
 ……自国選手が2人出ているのに、メインで扱っている記事はこれ(↓)だけ。

パク・ソヨン、優雅な白鳥の演技で個人最高点...フィギュア世界選手権フリー進出

 ひどくねぇ?
 これまでキム・ヨナ以外の選手がフリーに進むことすら珍しかったんだからきっちり報道してあげたらいいのに。50点台なんて立派な成績ですよ。

 あと記事本体の「ネチズンはホームアドバンテージだと言っている」っていう代弁させている手法も古くさいし。
 昨日の「SP世界最高点更新」の時点でこうなるだろうなとは予測していましたが、ちょっと想定外のひどさ。
 自尊心(実際には虚栄心)に引っかかってしまったのでしょうねぇ……。

【ケース販売】おやつカンパニー カップブタメン とんこつ 37g×15個[おやつカンパニー とんこつラーメン らーめん]
【ケース販売】おやつカンパニー カップブタメン とんこつ 37g×15個[おやつカンパニー とんこつラーメン らーめん] 

国際スケート連盟会長「韓国からの抗議……受け取ってないけど?」

ISU会長「証拠提示を」 キム・ヨナのソチ「銀」に不服の韓国に(産経新聞)

>  国際スケート連盟(ISU)のオッタビオ・チンクアンタ会長は27日、さいたまスーパーアリーナで記者会見し、ソチ冬季五輪のフィギュア女子でキム・ヨ ナ(韓国)が銀メダルに終わったことを不服として大韓体育会がISUに対する異議申し立てと調査の要望を決めたことについて、「批判的に述べる自由はある が、証拠を提示しなければいけない」と話した。


 正式な抗議文は受け取っていないという。五輪期間中に採点システムの公平性を強調した声明を出しており、「それを事実として受け止めてもらえればいい」と述べた。

(引用ここまで・太字引用者)


 記事のタイトルは「証拠を出せ」ってなっていますが、焦点はそこじゃないように思います。
 ISUの会長が「正式な抗議文を受け取っていない」って言っているということは、間違いなく受け取っていないのでしょう。  つまり、「韓国の国内向け」に「抗議するぞ!」という方向性を見せるだけ見せて、実際には抗議をしていなかったっていうことですね。
 韓国スケート協会の考えかたは「デモの連中うぜえなぁ、とりあえず抗議の格好だけしておきゃいいか」ってところでしょうか。
 で、「抗議しました」というアナウンスだけしておいて、あとは有耶無耶にしようと。
 ま、それくらいはやるだろうなとは思います。

 あとは「証拠を出せ」ですが。
 ま、正論過ぎてなにも言えませんわな。人のやったことを疑うのであれば証拠を揃えて「これがあるからこうだ!」ってやれって話ですわ。
 抗議をするだけして証拠はおまえが出せみたいなやりかたが通用するわけがないのですよね。




「キム・ヨナが負けたのはウソだ!」と韓国からISUへ提訴決定!

韓国が懲戒委提訴へ=ソチ五輪の審判に疑義−フィギュア(時事通信)
> 韓国の大韓体育会は21日、アデリナ・ソトニコワ(ロシア)が金妍児(韓国)の連覇を阻んだソチ五輪フィギュアスケート女子に関し、韓国スケート連盟と連名で、審判に関する調査などを求め、国際スケート連盟の懲戒委員会に提訴する方針を発表した。
 体育会は、国際スケート連盟の倫理規定に違反している点があるとして、懲戒委の招集と調査を要請することを決めた。具体的には、審判にロシア連盟幹部の妻が含まれており、競技直後にソトニコワと抱き合っていた点、過去に資格停止処分を受けたことがあるウクライナの審判が含まれていた点などを指摘した。
 女子フリーの採点をめぐっては、地元のソトニコワを優勝させるため、高得点が出たと一部で指摘された。韓国国内では、大韓体育会が公式に異議申し立てするよう求める世論が強まっていた。
(引用ここまで)

 韓国の五輪委とスケート連盟が国内からの突き上げに耐えられなくなった……というところですか。
 連盟が入っているビルの前でデモとかやってたそうですから。連日連夜。

 ファン・ウソクの事件でも「卵子入手を違法だと報じたMBCの取材方法は違法だった!」って言って、検察庁のサーバがダウンするほどにアクセス集中したのですよね。
 こういう沸騰のさせかたをやらせたら、韓国人は世界一です。

 さて、この「提訴」をISUが却下したら、どうするんでしょうね?
 次は国際スポーツ裁判所ですか?

 原則として勝負のついた競技の判定は覆らないのですよ。たとえ、それが本当に誤審であろうとも。
「本当の誤審」であった篠原の内股すかしもそうでした。
 韓国がらみでいえばアテネでの体操個人総合のなんとかって選手が銅メダルになったのもそう。もっともあれは「こんなしょぼい演技内容の選手が体操個人総合でオリンピックチャンピオンになるのはありえない」っていう圧力があったように思うのですが(笑)。

 どこまで行っても韓国人が満足する結果なんて出てきませんよ。
 審判個人個人の判定がどのようにして行われたかなんて、その審判の心の内側を見ないことには分からない。
 この「ロシアスケート連盟幹部の妻が審判だった」なんてもう言いがかりもいいところ。
 そもそも、それぞれのスケート連盟幹部がトップ選手とまったく関係がないなんてこと自体がありえない。
 じゃあ、韓国人審判はキム・ヨナに一切関係を持っていないのかって話になるでしょう。バンクーバーの採点まで疑義をかけないと。

 ま、提訴して韓国人の怒りの矛先さえかわせればいいってところでしょうから、韓国スケート連盟としては肩の荷が降りてせいせいしたってくらいかな。
 これでまた「ウリナラは小国だからこういう扱いになるのだ!」と悲劇のヒロインを気取る輩が出てきます。これだけは確実。
 ソチにいいオチがつきましたね。

決定盤! フィギュアスケート・ミュージック・ベスト
オムニバス
ユニバーサルクラシック
2014-03-19


韓国スケート連盟、国際スケート連盟に女子フィギュア祭典の調査要請 → 即座に却下

キム・ヨナ2位で採点の調査要請 韓国連盟(日経新聞)
    ↓
疑惑?の採点にISU「厳正かつ公正」(デイリースポーツ)

 調査しろなんて言われたら自分たちが不利になるだけでしょうにね。
 どこの競技から、そして誰をっていう話です。 
 オリンピックだけ? それとも世界選手権も?
 採点競技である以上は100人が100人、すべてが認める勝利なんてものは滅多にないのですよ。

 クレームがついたら再審査なんてやってたら、いつまで経っても結果が出ませんわな。
 どうも韓国は「自分たちが小国だからこういう目にあうのだ」と思っている節があって、それもあって大国志向が異様なまでに激しいのです。

 ノルウェーやオランダが大国なのかどうか、ちょっと考えれば分かると思うのですけどね。

もどき
松久
奏松画廊
2013-12-20

「全世界がキム・ヨナがロシアの被害者だと語っている」 → 嘘でした

ソチ五輪:「フィギュア史上最も疑わしい判定」=米紙(朝鮮日報)
> 「フィギュア史上、最も疑わしい(questionable)判定だ」(米紙シカゴ・トリビューン)

 ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングルでは、驚きの判定によりキム・ヨナ(23)が銀メダルに終わった。この結果を受けて、海外の複数のメディアは偏向的で開催国ロシアに有利な採点に批判を浴びせた。

 米紙シカゴ・トリビューンは「アデリナ・ソトニコワ(17)は審判の判定のおかげでロシア人選手としては初めてフィギュア女子シングルの金メダリストになった。フィギュアスケート史上、最も疑わしい判定だ」と酷評した。ソトニコワについては「2002年ソルトレークシティー五輪のサラ・ヒューズ以来、最も意外な金メダリスト」と評した。
(引用ここまで)

 シカゴトリビューンを検索したんですが、おそらくこのふたつの記事だと思うのですよ。

Sotnikova's golden scores fuel figure skating controversy
The right skater won Olympic gold


 上の記事は確かにquestionableって書いてあります。
Elvis Stojko was ready. It was moments after the women’s Olympic figure skating competition, and Stojko had a detailed result sheet in hand. He began to tick off, element by element, why he thought Adelina Sotnikova of Russia deserved to beat defending champion Yuna Kim of South Korea and Carolina Kostner of Italy.

“Adelina came loaded,” Stojko said. “Did the other two have more beautiful skating? Absolutely. But it’s a sport, and this was totally fair.”

It was no surprise that Stojko, a two-time Olympic silver medalist from Canada known for his athleticism, might have such an opinion about an outcome certain to be among the most questionable and debated in figure skating’s checkered judging history.
 カナダの男子フィギュア選手で2回の銀メダルに輝いたエルビス・ストイコがペーパーを手にして「キムとコストナーのほうが優雅だった? 確かに。だけどもソトニコアはスポーツ選手として優れていた」という話を受けてから、新聞側はこう書くのです。
 「フィギュアスケート史上もっとも曖昧なジャッジで、懐疑的(questionable)に扱われ、議論を呼ぶ結果に対して、スポーツ選手として卓越した能力を持つストイコがこういう意見を持つのは不思議ではない」と。

 んで、この記事はその後にもいくつか元選手からのコメントがきています。でもまぁ、意見としては「正しいジャッジ」「ホームタウンディシジョンがあった」というのが半々。

 もうひとつのシカゴトリビューンの記事も同じ。
 「サラ・ヒューズ以来の意外な女王」という傾向で書かれている記事であるのは確かですが、シカゴトリビューンの記事は「サラ・ヒューズはあのオリンピックでもっとも輝いていたスケーターであり、それは今回のソトニコワも同じ」という文脈で語られているのです。

 そもそもフィギュアですっきりとした結果が出るなんてことは、ほとんどないのですよ。
 ショートプログラムとフリーで逆転劇があればなおのこと。
 それでもこの朝鮮日報の「引用」は卑怯ですわ。 

運を味方にする達人 (PHP文庫)
中谷彰宏
PHP研究所
2010-06-04


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ