楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

フィリピン

 相互RSS募集中です

フィリピンで韓国人が殺人事件の被害者になる理由がこちら

 トゥギャッターで「公での罵倒は、多くの国で強い報復を呼ぶ」「日本人と韓国人が、フィリピンで多くこれで殺害される」というまとめが流れてきまして。
 ああ、これでもういろんなことが腑に落ちました。
 月イチくらいのペースで韓国人は殺人事件の犠牲者になっています。
 フィリピン警察署にはコリアンデスクっていう韓国人専用の犯罪対策チームがあって、韓国からも捜査員が派遣されているっていうほどに犯罪が続出しているっていうレベル。
 韓国人街で韓国人向けの売春宿を経営しているとか、韓国人同士で犯罪が起きているという部分も多いのですが。

 韓国人の被害者が異様に多いのは、この罵倒するということが原因だなと。

 押し並べて韓国人は東南アジアやアフリカの人々を「下」に見ています。
 韓国メディアではちょくちょく「こんな事故が起きるなんて、韓国はアフリカの落後地域でもないのに」というようなセリフが出てくるのですが。
 こんなセリフは差別心を持っていて、かつ社会的にそれが容認されていなければ出てこないものです。
 そして、儒教社会の習いとして上下関係ができたときに上に位置する人間は下になにをしてもいいというものがあります。

 フィリピンで韓国人が多くの事件の被害者になっている理由は間違いなくこれでしょうね。
 もう、本当に腑に落ちました。「すとーん」って音が聞こえるくらいでしたわ。

NHKガッテン! “医者いらず”の賢い食べ方
NHK科学・環境番組部 / 主婦と生活社「NHKガッテン!」編集班
主婦と生活社
2018/3/19

フィリピンに設置された慰安婦像撤去される……その後のフォローこそが大事な理由とは?

フィリピンので慰安婦像撤去... 「援助国」日反発意識(聯合ニュース・朝鮮語) マニラの「慰安婦像」撤去 比政府、日本大使館に前日伝える(産経新聞)
マニラの日本大使館によると、フィリピン政府が27日、女性像を撤去すると同大使館に連絡した。日本政府はこれまで女性像設置に「遺憾」を表明し、フィリピン政府に対し、唐突に設置された経緯などを明らかにするよう求めてきた。

 女性像は、マニラ市が管轄する、マニラ湾に面した遊歩道に建てられていた。産経新聞が助手を通じて28日朝に現地を確認したところ、設置されていた場所には穴があき、横約2メートル、縦約10メートルの範囲が、フェンスやビニールシートで覆われていた。周囲には、像や重機などは見当たらなかった。

 近くの売店員によると、マニラ市職員と名乗る作業員が27日夜、ショベルカーなどを使って像を撤去。台座や記念碑板なども丁寧に外され、一緒に持ち去られた。作業員は「水道管の修理」と話していたという。
(引用ここまで)

 フィリピンのマニラに設置された慰安婦像が撤去された、というニュース。
 個人的にはよかったなと思うのですが、その一方で若干の怖さがあるのですよ。
 というのは「日本は慰安婦像を撤去させた悪役である」というイメージが生まれないか、ということ。

 慰安婦問題は慰安婦制度がどのようなものであったかではなく、国に対してどのようなイメージを持たせるのかという問題になっています。
 20年間、攻勢に出なかったせいなのですがね。
 細かく語れば分かってもらえるようなことではありますが、残念なことに人間の大半はそんなことに構っちゃいない。なのでイメージの戦いになるのです。

 時々、「韓国人を『性奴隷の子供たち』と呼ぼう」という話をしていますが、これはイメージの戦いのやりかたのひとつです。
 戦中に20万人の女子が誘拐されて、全員が性奴隷とやらになったと言っている。
 彼らの言うことが本当であれば、いまの韓国人はほぼすべて性奴隷の子供たちであるわけです。Q.E.D.
 いかに彼らのいう話が荒唐無稽であるのか、というのを一発で分かってもらうような手段が必要になるのですよ。

 というわけで、この件は実はまだ終わっていない……というか、むしろ撤去からあとのフォローのほうが大事だったりします。
 「日本が迫害した」というようなイメージを残さず、是非の論争なしにうまいことができるかどうか。
 像を撤去して一件落着であればどんなに楽か……ということです。放置のほうが手がかからないのであれば放置もひとつの手段といえます。
 費やせるエネルギーも資本も有限なのですから、どこに割り振るかというのは重要ですよ。

あまりの故障の多さに韓国の鉄道保守企業がフィリピンから契約打ち切り、さらに出禁 → 日本企業にバトンタッチ

やっぱり韓国はダメ! 日本の鉄道保守・復活契約に安堵の期待「マニラMRT3」(グローバルニュースアジア)
 2018年2月12日、読売新聞(朝刊)が、MRT-3号線の保守・安全運行のために、日本政府が300億円の円借款を行う方針と伝えたことで、利用者から安堵の声が広がっている。

 マニラのケソンシティとパサイシティを結ぶ鉄道、MRT-3の故障が多く、乗客を降ろす重大な故障がほぼ毎日発生している。

 この路線は、三菱重工や住友商事が建設に携わり、2012年10月までは、三菱重工交通機器エンジニアリングのフィリピン法人がメンテナンスを行っており、正常に運行されていた。

 ヨーロッパ系の会社が保守を行っていた期間もあったが、2016年1月8日から韓国の企業連合がメンテナンスをスタートさせ、電車の運行に大きな支障が出る最悪の事態に。価格の安さで韓国の企業連合を選択したことのミスが指摘され、契約の見直しが検討されていた。

 MRT-3号線は、ピーク時に運行本数を減らし、速度制限(時速40〜60→20kmへ)を行い長蛇の列ができ、代替バス80台を用意し、朝夕のピーク時(7時〜8時、17時〜19時)の利用を呼びかけた。電車の車両、線路両方に劣化があり、通常の速度で運行した場合、脱線の重大事故に繋がる恐れがある。利用者からは、メンテナンスを行う韓国の企業連合への非難の声が大きくなっていた。
(引用ここまで)

 フィリピンでは中国寄りだったアロヨ政権時代に鉄道建設を中国に頼って大失敗したことがあるのですね。
 近年も納入された中国製車両でなんかのトラブルがあったと記憶しています。
 フィリピンではけっこう日本製のLRTや地下鉄があって好評だったのに、韓国企業や中国がやってきてこうしたトラブルが多発しているのです。

 韓国の鉄道輸出で思い出すのは……

・台湾では特急自強號のメンテナンス拒否で出入り禁止(愛称は地雷車種)。
ボストンの2階建て車両がまったく納入されず
ペンシルバニアでも全面運行中断
ウクライナでは高速鉄道が運行中止。
台湾では貨物牽引車を落札して「悪夢の再来か」と台湾人を怯えさせた。

 ……等々、歴戦の勇士なのですね。
 韓国のKTXによる単独入札となりそうだったブラジルの高速鉄道では入札自体をなかったことにされましたっけ。
 ちなみにその後、ボストンでは2013年の4月に運行が開始されたとのこと。

 その後、運行がどうなっているのかは不明ですが、とりあえず走り出すことはできた模様。こんな風にアフターフォローまでしっかりしているのは楽韓Webのよいところ。

 なお、このMRT-3の保守契約は釜山交通公社を中心とした合弁会社Busan Universal Rail, Inc(BURI)によって行われていたのですが、去年の年末にフィリピン政府はあらゆる公共事業からBURIを出入り禁止にすることを発表しています。

 出禁好きか。

 で、年が明けてすぐに日本政府からの借款を行い、三菱と契約したと。
 ま、台湾と同様にフィリピンも高い授業料を支払った、ということですかね。

保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱 (講談社現代新書)
西部邁
講談社
2017/12/12

韓国へのTHAAD配備は領土紛争でもないのに、中国が制裁を加えなければならない理由がこちら

【社説】韓国への嫌がらせ、中国にどんな利益があるというのか(朝鮮日報)
【コラム】中国は韓国をベトナムのような手強い隣国にしたいのか(朝鮮日報)
 中国が経済報復を行う中でも、2月の韓国の対中輸出はむしろ伸びたという。韓中の経済関係はそれほど密接なものだ。中国が石を投げれば、その石は韓国に当たるだろうが、すぐに自国にも跳ね返るブーメラン構造だ。こうした状況で中国が無差別な報復で韓国国民の反感ばかり買うことにいったいどんな利益があるのか考えるべきだ。
(引用ここまで)
 中国はアジア・オセアニアの62カ国を周辺国外交の対象と見なしているという。中国が経済成長に必死だった1990年代と2000年代には周辺国との関係は比較的平穏だった。しかし、2010年に世界2位の経済大国に浮上して以降は、筋肉質の外交が日常となった。南中国海(南シナ海)で絶えず武力を誇示し、米国の同盟国である韓国、日本、フィリピンなどには経済報復カードを切った。気に入らなければ力ずくでたたくというやり方だ。

 中越関係も南中国海の領有権紛争で再びこじれている。状況は30年余り前の中越戦争当時とは変わった。中国は既にベトナムがかなわないような大国になった。経済的にも貿易額が年1000億ドルに迫るほど両国関係は密接化した。それでもベトナムは中国にとってなおも一筋縄にはいかない国だ。ベトナムは米国と和解して関係を回復し、ロシア、インド、日本との軍事協力を強化するなど機敏な外交で中国をけん制している。ロシア製潜水艦、インド製ミサイルの導入を決め、海軍力も増強している。中国も最近はそうしたベトナムとの関係改善に取り組んでいる。

 中国周辺には戦略兵器競争まで繰り広げるインドをはじめ、都合の悪い相手が数多く存在する。韓国はそうした国とは異なり、1991年の国交樹立以降、26年間にわたり、中国とは大きな支障なく互いに利益となる関係を維持してきた。領土や領海をめぐる紛争もない。THAAD配備をめぐる最近の中国の報復が「小を得ようとして、大を失う」行為であるように思えるのはそのためだ。中国にとって都合の悪い相手をもう一つ増やすことにほかならないからだ。
(引用ここまで)

 政治、特に外交は経済的な利益のためだけに動くわけじゃない。
 記事中にいうところの中国が「筋肉質の外交」(ルトワックがいうところの中国4.0)に転じてからは、総合的な利益と中国が信じるためのもののために動いているのですよね。

 THAAD配備反対も、韓国との貿易利益を目的にしてやっているわけではない。
 中国派とされる冊封国の数々に対して、「一度朝貢してきた国が裏切ればこうなるのだ」というのを見せざるを得ない。
 南沙諸島やミスチーフ礁といった場所で「力による現状変更」をこれまでやってきたのだから、脅しによる外交をやめられない。
 日本にもそうしたし、フィリピン、ベトナムにも随時そうしてきた。

 ちょっと違うのは、これらの国々とは領土紛争の結果として圧力を加えてきたことが多い。日本は尖閣諸島で。フィリピン、ベトナムは南沙諸島について。
 それに比べて韓国ではTHAADミサイル配備という、いわば一段階小さな問題で圧力を加えてきたということを焦点とすべきだと思うのですよ。

 つまり、中国にとって日本、フィリピン、ベトナムという国々に比べて、韓国はより内側にある国であると認識しているということですね。
 韓国はこれを喜ぶべきか、悲しむべきなのか日本人の視点からはちょっと分かりませんが(笑)。
 カンボジアやラオスといった国と同等の冊封国であると認識しているからこそ、THAAD配備を嫌ったのです。
 究極的にはアメリカとの軍事同盟を終わらせようと画策している(そしてその戦略はうまくいっていた)のに、THAADミサイルを配備することで同盟が強固になることに困惑していた。
 その結果が今回の徹底した圧力、ということですね。

 これ、実際には現在の韓国に向けたものではないのですよ。
 日本政府による釜山慰安婦像設置への対抗措置が、現政府への圧力ではないのと同様に。
 次期政権を担うであろうムン・ジェインに対しての圧力であり、「おぬし、分かっておろうな」という目配せであるわけですよ。
 ムン・ジェイン本人は「中国の立場は理解できる」「だけども過度な圧力はよくない」ていどの発言に終始している。
 先週日曜日の発言がこちら。

韓国大統領候補の文氏「THAAD、中国の過度な圧力は正しくない」(中央日報)

 すでに経済政策について具体的な数字まで出して話しているのに、THAAD配備については「次期政権に任せるべきだ」と繰り返すだけ。
 魚心あれば水心、という感じですわな……。

いまの中国に対しての対策を考えるのに、これはよい本ですよ(もう何度目のオススメか分からんけど)。
中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2016/3/18

フィリピンでまた韓国人が殺人事件の被害者に→ネズミ講の容疑者だった→属託殺人だった?→犯人も韓国人?

フィリピンで殺害された韓国人3人は巨額金融詐欺犯(朝鮮日報)
 11日にフィリピン北部のバコロル郊外のサトウキビ畑で韓国人の男女3人が殺害されているのが見つかった事件で、殺害された3人は韓国で140億ウォン(約12億8000万円)規模の金融詐欺を働いた疑いで告訴されていたことが分かった。警察は3人が投資家らから受け取った金の大部分を持って出国していたことから、金を狙った請負殺人の可能性があるとみて捜査している。

 警察によると、死亡した韓国人男性Aさん(52)とBさん(48)、女性Cさん(49)は昨年7月、ソウル市江南区に投資法人を設立し「海外の先物取引で毎月高収益を保障する」として300人以上から総額148億ウォン(約13億5500億円)の出資金を集めた。Bさんが社長、AさんとCさんが役員として名を連ね、1年にわたり会社を運営。BさんとCさんは実際の夫婦ではなかったが、夫婦を装って「私たち夫婦もこの事業に全財産をつぎ込んだ」と話して投資家たちをだましていた。

 最初の数カ月間は初期の投資家たちに収益金を分配していたが、これは別の投資家から集めた新規の出資金だった。いわゆる「ねずみ講」の典型的な手口だ。しかし今年6月から新規投資家が集まらなくなり、収益金の分配が滞るようになったため、投資家たちが抗議。Aさんら3人は手元に残った金を持って8月16日から19日にかけて国外に逃亡した。警察の関係者は「事業が行き詰まったため急きょ観光ビザを取得して逃亡を計画し、男性2人が先に香港に出国した後、女性のCさんがフィリピンに出国、現地で合流したと推定される」と話した。
(引用ここまで)

 フィリピンではだいたい月イチで韓国人が被害者になる殺人事件が起きていると思ってもらえればいいんじゃないでしょうかね。
 フィリピンの地元警察にも韓国から派遣された警察官が常駐しているほどで、それほど韓国人が犯罪に巻きこまれることが多いのですよ。
 純粋に被害者、ではなくて「巻きこまれる」という言いかたが適当ではないかと。
 殺人事件であればこうして報じられますが、その他のささいな事件はとんでもない頻度で起きているのだろうなぁ……と感じます。

 今回の件でも韓国のニュースサイトが一時期、「30代男性韓国人が現地警察から有力な容疑者として追われている」というニュースを出していたのですが、記事ごと削除してしまって楽韓Webの更新が遅れてしまっていたり。
 韓国国内から属託殺人としてヒットマンが送りこまれているのではないかというストーリーも語られているようです。

 フィリピン政府も「リタイア後は物価の安いフィリピンで過ごしませんか」というような「財産を持ってくれば永住ビザを出します」という政策を執っている上に、英語学習でかなり多くの韓国人が渡航している。
 そして、東南アジアの人々に異常なほどの上から目線で差別心丸出しで対応する。
 いざこざが起こらないわけがないのですけどね。

[まとめ買い] 暗殺教室(ジャンプコミックスDIGITAL)
松井優征
集英社

韓国国会議員「国家イメージが低下してしまう!!」→ 海外で摘発される韓国人売春婦が数百人規模

「遠征売春」、毎年数百人摘発...国家イメージ台無し(聯合ニュース/朝鮮語)
毎年、外国で売春である阻止される韓国人が数百人に達し、国家イメージの低下が懸念されるという指摘が出ている。

8日、国会教育文化体育委員会ヨムドンヨル(セヌリ党)議員が警察庁から提出を受けた資料によると、警察に検挙された国外売春斡旋・売買春事犯は2012年274人から2013年に496人、2014年263人、2015年599人と集計された。
特に外国に出て買春をして摘発されたこれら2012年38人から2013年に64人、2014年に94人、昨年は387人と大幅に増えた。

この期間検挙されたこれらのうち、公職者も7人含まれていることが分かった。

国別では日本が647人で最も多く、フィリピン(519人)、米国(147人)、中国(137人)、オーストラリア(99人)などでも売春が多数行われたことが分かった。
外国で売春して摘発され旅券発給制限や返却などの制裁を受けた人員も2012年19人から2015年に54人に大幅に増加した。
ヨム議員は「外国旅行中売春に対する政府の積極的な介入や制度の改善がなされていない」とし「外国旅行者1900万人時代に国家イメージ向上のために旅行者を対象に、政府レベルの事前教育が必要である」と言った。
(引用ここまで)

 さほど裕福でもないフィリピンに向かっている韓国人売春婦が2番目に多い?
 ……ということで思い出しました。
 グァテマラでも韓国人相手の売春窟は韓国人がやっていたのですよ。もちろん、経営も韓国人。女衒も韓国人。
 いま、フィリピンには大量の韓国人が英語研修のために留学しているのですよ。
 それに加えてフィリピンへの移住外国人数も韓国人がトップ。
 もちろん、いろいろと問題を起こしながら暮らしているわけですが。
 その問題・騒動の一環であると考えれば間違いないところですかね。

 しかし、海外で検挙された売春婦(つまり氷山の一角)であってですら数百人規模でいるのに、彼女たちの人権や状況を心配することなく、心配するのは「国家イメージの低下」ですって。
 ただの現実なのにね。


フィリピン空軍が韓国のF/A-50を選択した理由とは?

【緊迫・南シナ海】フィリピンが韓国からFA50戦闘機導入 10年ぶり「戦闘機不在」解消も性能は…(産経新聞)
 フィリピンが韓国から購入したFA50戦闘機2機が28日、ルソン島のクラーク空軍基地に到着した。フィリピン軍は10年間にわたって戦闘機部隊が存在しない状態が続いていたが、中国との領有権争いが激しさを増す南シナ海情勢を反映した軍近代化の一環として導入された。

 FA50は韓国航空宇宙産業が製造し、2017年にかけて計12機が納入される。総額は189億ペソ(約492億円)。部隊編成後は、南シナ海を臨むスービック湾の飛行場に配備される予定だが、防空レーダー網などは未整備のため、どれだけ効果的に運用できるかは未知数だ。

 2機は28日早朝に韓国を出発し、済州島と台湾南部の高雄で給油。フィリピン空軍の操縦士ロランド・ペニャ中佐は「領域警備を行う上で画期的だ。より素早く現地に到達できる」と喜ぶが、FA50は練習機を基に開発されており、性能は高いとは言えない機種だ。(共同)
(引用ここまで)

 なるほど、こういう用途ならTー50(F/A-50)はぴったりかもしれませんね。
 すなわち……

 ・これまで超音速戦闘機を導入したことがない。
 ・目下、具体的な脅威が存在する。
 ・訓練機としてだけではなく、軽攻撃機として転用したい。
 ・将来的にはF-16クラスの戦闘機を導入したい。

 というような条件下であればT-50はそれなりの説得力を持っているんじゃないかなと。
 プチF-16であるわけですし。
 実際、フィリピン空軍はかつて中古のF-16を導入しようとしたのですが、パイロットの練度不足・フィリピン空軍の装備不足が理由でキャンセルしているという経緯があるのです。

 ただ、ネックは価格。
 12機で492億円。1機41億円。フィリピンにとっては高い買い物ですね……というか、上記の条件を満たすような国にとってはかなり高価な買い物になります。
 F-16の中古が買えて、かつ運用できるようであればそっちのほうがいいということになるんじゃないかな。

 フィリピンの場合は南沙諸島において中国という具体的な脅威があったのでそこそこの数を導入したのでしょうが、他の国では難しいかもしれませんね。
 そもそも上の条件を満たすような国なんてほとんどないような……。


フィリピンでもいつものように犯罪のターゲットとなった韓国人

韓国人狙った犯罪、フィリピンが中国抜き1位に(朝鮮日報)

>  野党・新政治民主連合の辛鶴用(シン・ハクヨン)議員が10日に外交部(省に相当、以下同じ)から入手した資料「在外国民事件・事故の現状」によると、 昨年、海外で韓国人を狙った犯罪が最も多かった国はフィリピンで、発生件数は780件に上った。2位は中国の598件。2012年は中国が759件で最も 多く、フィリピンは628件だった。これまでフィリピンでは韓国人を狙った犯罪が特に多いといわれてきたが、今回これが数字で立証されたのだ。

 資料によると、昨年フィリピンで発生した韓国人を狙った犯罪の内訳は、殺人13件、強盗12件、窃盗678件、拉致・監禁9件、暴行傷害12件だった。 これに対して中国では殺人5件、強盗2件、窃盗56件、拉致・監禁45件、暴行傷害90件だった。警察庁外事局の関係者は「中国では治安が安定したことも あって、12年よりも犯罪は減少した」とコメントした。

 フィリピンでは今年すでに8人の韓国人が殺害されている。4月にはアンヘレスの韓国人街で風俗店を経営していた現地在住の男性(45)が、屋外の飲食店で家族と食事をしていたところを突然銃で殺害され、2月には韓国人観光客(65)が同じアンヘレスでオートバイに乗った男により拳銃で殺害された。3月には留学生(21)がマニラ市内でタクシーを利用した際に拉致され、殺害された。

 韓国外交部と警察庁は、フィリピンで韓国人を狙った犯罪被害が急増している理由として「治安が悪化している状況の中でも、多くの韓国人が現地に滞在して いるため」と説明している。フィリピン観光庁によると、現地を訪問する外国人観光客は、2007年以降では毎年韓国人が最も多くなっている。2011年に フィリピンを訪問した外国人観光客の内訳は、韓国人83万人、米国人56万人、日本人34万人、中国人22万人で、韓国人が全体の24%を占めていた。今 年も8月29日までの時点でフィリピンを訪れた韓国人観光客は116万5789人と大きく増加している。(中略)

 韓国政府はフィリピンで韓国人を狙った犯罪が急増していることを受け、今年4月に政府合同現場点検チームを派遣し、フィリピン警察で韓国人関連の事件を 担当するコリアン・デスクに予算を支援するなど、さまざまな対策を打ち出している。しかしこれまで実行に移されたのは昨年7月、フィリピン西部に1人の領 事を追加で派遣したことと、韓国人とフィリピン警察が協力して防犯活動を行うといった程度だ。辛議員は「対策と言っても実際は実効性や中身のないものばか りだ」と指摘した。
(引用ここまで・太字引用者)

 ああ、やっぱり風俗店の経営とかやってたんですね。
 いつものことなのですが。
 韓国人が多くいる場所には韓国人向けの風俗店が産まれるのです。
 グアテマラでも同じように、わざわざ韓国人女性を連れていって韓国人が経営していました

 今回もおそらくはそれと同じ構造であると思われます。
 まぁ、現地の女性を使っているのかも知れませんが。
 コピノ問題とかもありますし。

 あとはいつものように東南アジアの人々を下に見ている、アレも原因のひとつでしょうね。
 あれをやっているからこそ、「日本人は韓国人を見下している」とナチュラルに考えることができるのでしょう。
 自分たちが日本人の立場であれば韓国人に対してそうするからという判断基準で。

 ロス暴動で主なターゲットになったように。
 キリバスでコレコレアと呼ばれているように。
 イランで親指を立てられているように
 フィリピンでも同じことをやられていてもしょうがないのだろうな、と思います。 


 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ