楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

ムン・ジェイン

 相互RSS募集中です

支持率で1位独走のムン・ジェイン「慰安婦合意は再交渉。日韓首脳会談はすぐ開く。ただし、河野談話は守れ」と日韓関係に言いたい放題

韓国大統領選の支持率 文氏40%・安氏24%・洪氏12%(聯合ニュース)
<韓国大統領選>各有力候補「韓日慰安婦合意、廃棄して再交渉を」(中央日報)
日本との首脳会談「早期開催に期待」=韓国大統領候補の外交諮問(聯合ニュース)
世論調査会社の韓国ギャラップが28日発表した大統領選(5月9日投開票)主要候補の支持率調査結果で、進歩(革新)系の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補が40%となり、中道系「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補(24%)を16ポイント上回り1位を守った。調査は25〜27日、全国の有権者1006人を対象に実施された。(中略)

 次いで、朴槿恵(パク・クネ)前政権で与党だった保守系「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補が12%、革新系の少数党「正義党」の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補が7%で、いずれも前週から3ポイント上昇した。保守系「正しい政党」の劉承ミン(ユ・スンミン)候補は1ポイント上昇の4%。
(引用ここまで)
「日本軍性的奴隷制問題解決のための正義記憶財団」(以下、正義記憶財団)は、第19代大統領候補者らに慰安婦合意と和解・癒やし財団設立の取り消しに関する公開質問書を送って返答を受けた結果を26日、明らかにした。 (中略)

正義記憶財団は各大統領候補が「2015韓日合意の無効化に賛成の立場を表明した」とし「既存の2015韓日合意を無効にして再交渉を進めるべきだと回答した」と説明した。続いて、日本政府が支給した10億円の返還と和解・癒やし財団設立の取り消しについては「回答した候補が10億円を日本政府に返還し、和解・癒やし財団設立過程に対する真相調査を進めると述べた」と伝えた。

また、「和解・癒やし財団の設立取り消しについて、安候補は『財団設立過程に対する真相調査を通じて財団の設立取り消しを積極的に検討する』としたほか、文在寅・洪準杓・沈相ジョン・金先東候補は取り消すと答えて若干の違いを見せた」と付け加えた。
(引用ここまで)
 5月9日に投開票される韓国大統領選で、支持率トップを走っている最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補の外交諮問団「国民アグレマン」の鄭義溶(チョン・ウィヨン)団長は28日、長嶺安政・駐韓日本大使と会談し、「過去の歴史問題を円満に解決するためには日本の政治指導者らが河野談話などの内容と精神に反する行動をしないことが重要だ」とする文氏の立場を伝えた。

 また、「両国の指導者による首脳会談の早期開催は両国関係を未来志向で発展させ、北東アジアの平和と国際社会の連携体制を強化することに寄与する」と強調。「韓中日の首脳会談も年内の早期に開かれることを望む」と表明した。
(引用ここまで)
 ムン・ジェインはその支持率の40%越えを定着させたようです。
 アン・チョルスは20%台半ばをキープするのが限界ってところですかね。
 残り10日ちょいで逆転は難しい状況と思われます。

 で、挺対協が作った正義記憶財団が慰安婦合意についての公開質問状についての返答を公開。
 どの候補も慰安婦合意は無効にして再交渉。和解・癒やし財団については設立取り消し。
 つまり、慰安婦合意において韓国側に課せられた責務を完全に消滅させようという方向になっているわけですね。
 まあ、これは以前から同様のことが述べられていましたので再確認。10億円についても返還するってありますが。
 もちろん、これは元慰安婦に支払ったお金を無理矢理にでも取り上げて返還するのですよね?
 そうでなければ「返還」になりませんから。

 で、そんな形で日韓関係を完膚なきまでに終わらせようとしているムン・ジェイン陣営から「当選後は早急に首脳会談を行いたい。河野談話などの内容と精神に反する行動をしないことが重要だ」との伝言を長嶺大使に述べたそうですよ(笑)。
 まあ、これも驚くに値しないというか、以前からムン・ジェインはツートラック政策で日韓関係を進めると宣言してましたからね。

 問題は、それらの出てくるであろう政策に対して日本がどんな対応をするかなのですが。
 「最終的かつ不可逆的に解決された」案件に対して「再交渉せよ」って持ってこられてもなんの意味もないのですよね。
 10億円云々についても返還するって言われても、受け取らなければそれで終わり。
 ツートラック政策についても、日本がそれを受け入れずに「慰安婦合意を認めなければ日韓関係はない」で終わりになるんじゃないですかねぇ。
 次官レベルで必要最低限の交渉やらなんやらはあるのでしょうが。それも漁業交渉のように是々非々になるのでしょう。

 なにしろ、いまの日本政府は釜山の日本総領事館横に慰安婦像を建てた、というだけで駐韓大使を一時帰国させた政権ですから。
 どういう対応になるのか、まあとりあえずけっこうな見物になるのではないかと思いますよ。

他人の意見を聞かない人 (角川新書)
片田 珠美
KADOKAWA / 角川マガジンズ
2015/3/10

韓国大統領選挙:主要候補の外交公約をまとめてみた。慰安婦合意は全員破棄。GSOMIA、THAAD配備は継続へ?

韓国大統領選 洪候補とのインタビュー 発言要旨(毎日新聞)
日韓関係「安保と歴史は分離」 大統領選候補・安哲秀氏(朝日新聞)
日韓関係の悪化は避けられない?韓国大統領候補全員が「慰安婦合意の再協議」を宣言(レコードチャイナ)
大統領候補ら、初めての討論会で朝鮮半島の安保・THAADめぐり攻防(ハンギョレ)


 韓国の大統領選挙まであと2週間ちょっと。
 公約がざっくりとですが見えてきたのでチェックしてみましょう。まずは日本にとって気になる部分、すなわち「慰安婦合意」「日韓GSOMIA」「THAAD配備」といった主たる外交案件について。

ムン・ジェイン(共に民主党・64歳)
 慰安婦合意  ×
 日韓GSOMIA △
 THAAD配備   △

アン・チョルス(国民の党・55歳)
 慰安婦合意  ×
 日韓GSOMIA ○
 THAAD配備   ○

ホン・ジュンピョ(自由韓国党・62歳)
 慰安婦合意  ×
 日韓GSOMIA ○
 THAAD配備   ○

 実際には5人が候補として立っているのですが、有効な候補者というのはこの3人までではないでしょうかね。
 一応、それぞれの立ち位置を書いておきましょうか。

○ムン・ジェイン
 ノ・ムヒョンの盟友。弁護士時代から共同事務所を開くなどしていた。当然、極左と呼べるレベルの左翼。野党第1党である共に民主党前代表。今回の大統領選挙の大本命。

○アン・チョルス
 野党第2党である国民の党前代表。日本では中道とされているが、実際には「新政治民主連合」の共同代表をしていたくらいなのででリベラリスト。大統領選を見据えて新政治民主連合から離党し、国民の党を設立した。中道左派とはいえるかな。というかどちらかというと典型的な風見鶏でポピュリスト。セキュリティソフトのアンラボの創業者。保守系の支持を一部受けている。

○ホン・ジュンピョ
 与党の自由韓国党(旧セヌリ党)からの候補者。保守系候補としては最大の支持を得ているが、そもそも今回の選挙は保守を叩くための選挙なので当選の目はほぼない。
 さらにセヌリ党から離脱した正しい党からも大統領候補は出ているけど、泡沫すぎて話にならないレベル。

●慰安婦合意
 慰安婦合意については全員がなんらかの形で反対。
 ムン・ジェインは「交渉の経緯を明らかにしてから再協議」で×。
 アン・チョルスは「破棄」を主張で×。
 ホン・ジュンピョは再協議もなにもない、一方的破棄で×。

●日韓GSOMIA
 日韓軍事情報包括保護協定については意見が分かれています。
 ムン・ジェインは「軍事情報のやりとりを見て、1年毎の更新時に延長か否かを決める」で△。少しヘタれました。
 アン・チョルスはこのままの維持を主張。
 ホン・ジュンピョも同様に維持。

●THAADミサイル配備
 ムン・ジェインは延々と「次政権で決定する」という話をしてきましたが、最近になって北朝鮮によるミサイル・核問題がクローズアップされるようになって配備容認の発言をするようになりました。
 アン・チョルスは年初あたりから容認に転じています。
 ホン・ジュンピョは当初から容認を党是としている自由韓国党からの候補なので当然容認。

 今回の半島有事を受けてムン・ジェインが若干ですがヘタれはじめました。以前からの話では日本に対してはすべて否定、THAADも「次期政権に任せる」と言いながらも実質的には拒否の姿勢だったのですが、容認しつつあります。
 それ以前にアン・チョルスは保守側からの支持を受けるために、保守受けする政策にシフトしていました。パン・ギムンを外交特使として扱うなんていうのもその一環ですね。
 さすがにここからの大きな方針変更はないと思いますが、どの候補が当選しようとも慰安婦合意に関しては破棄、もしくは再交渉となっています。
 ……できたらいいですね。

 次回は経済政策について見てみるとしましょうか。これはアン・チョルス対ムン・ジェインの形にします。このふたり以外の経済公約がほぼ無視されているので。


韓国大統領選:名物のネガティブキャンペーンが開始される。「アン・チョルスは第2のパク・クネだ」「おまえらこそ〜」と切りがない様子

ムン陣営「アン候補は第2の朴槿恵」... アン陣営側「ムン候補は第2の李会昌」…神経戦加熱(聯合ニュース・朝鮮語)
大統領選挙を控え、各種世論調査で事実上の二強構図を形成した共に民主党ムン・ジェイン大統領選挙候補側と国民の党アン・チョルス候補側の神経戦がますます加熱される面を見せている。

双方はムン候補の息子の就職優遇疑惑とアン・チョルス候補の娘の財産告知拒否疑惑など、それぞれの候補周辺の人物の身元はもちろん、最近の世論調査で示された結果についても舌戦を続けた。

ムン候補選挙対策委員会のソン・ヨンギル総括本部長は10日、YTNラジオ「伸びの出発新しい朝」に出てきて「アン候補はムン候補が受けてきた検証の半分も受けてみ判断されなければならない」とし「漠然としたイメージだけを見て投票してしまえば『第2のパク・クネ』を産み出すだろう」と述べた。

ソン本部長は「弾劾に反対していた勢力が組織的にアン候補を活用してレンタルして使おうとする「借り物大統領」の動きが露骨になっている」とアン候補が保守陣営の支持を受ける候補であることを非難した。

これに対して国民の党パク・チウォン代表は、Facebookに文を載せて「イ・フェチャン前総裁が大統領になったかのように傲慢に行動して、ノ・ムヒョン候補ではなく金大中を攻撃して落選したことを覚えていないようだ」と「ムン候補は第2のイ・フェチャンとなるだろう」と攻撃した。
(引用ここまで)

 イ・フェチャンは2002年の大統領選挙でノ・ムヒョンに負けた保守派政治家ですね。
 当初は勝利確実と見られていて、敵はノ・ムヒョンではなく前大統領である金大中であるというような態度を取っていたらあれよあれよといううちに終盤でノ・ムヒョンにまくられてしまったという経歴の持ち主です。

 さて、記事はかなりはしょっているのですが、「向こうは公約で○○と言った、まるで××のようだ」みたいな攻撃ばかりをしているという状況。
 たとえば「アン・チョルスは『北京のスモッグフリータワーをベンチマークする』と言ったが、あれはただの芸術作品だ。そんなものを建てればイ・ミョンバクの魚ロボットの二の舞となるだろう」みたいな話を延々と続けているのですよ。
 公約論争というか、相手をやりこめるのが目的のネガティブキャンペーンになっています。

 まあ、韓国の大統領選というのはいつだってそういうものだったのですが。
 いかにして自分は相手よりも上にいるのか。
 あるいは(穢れた)前政権とは自分がいかに異なっているのかというアピールばかり。

 公約の中身とか、どういう政治をするとかどうでもいいのですね。
 もう、ムン陣営は「アン・チョルスは保守陣営と手を組んだ」ばっかりしか言っていないっていう状況。
 それをどう国民が判断するかとかではなくて、「保守は罪」というようなルールを作りたがっている様子。
 で、その様子が保守派層である高齢者に嫌われているのですね。

 ざっくり計算したのですが有権者の中で保守派層とされている50代以降は1500万人ちょっと。
 一方、20〜40代は2200万人ほどでした。
 全員が選挙に行って、かつ40代以下がすべて左派であるのなら、ムン・ジェインが勝利するでしょうが……。
 まあ、そういうわけでもないでしょうからね。

 アン・チョルスがパン・ギムンと手を結んだ(ように見える)ことでだいぶ混沌としてきた感じです。

情報参謀 (講談社現代新書)
小口日出彦
講談社
2016/7/20

韓国大統領選挙:「中道」のアン・チョルスがいきなり1位に大躍進! その理由とは?

韓国大統領選支持率 安哲秀氏が文在寅氏を逆転(聯合ニュース)
潘基文前国連事務総長「私の経験必要なら応じたい」(中央日報)
 世論調査会社のコリアリサーチが9日発表した大統領選の支持率調査結果によると、安氏が36.8%で1位を記録し、文氏が32.7%で2位となった。

 調査は聯合ニュースとKBSが共同で依頼し、8〜9日に全国の成人2011人を対象に行われた。

 3位は朴槿恵(パク・クネ)政権の与党だった保守系「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)慶尚南道知事で6.5%、4位は革新系の少数党「正義党」の沈相ジョン(シム・サンジョン)候補で2.8%、5位は保守系「正しい政党」の劉承ミン(ユ・スンミン)候補で1.5%。「支持候補がいない・分からない」と「無回答」は合わせて19.8%だった。

 最近実施された別の調査で、安氏対文氏の2者対決なら安氏と文氏の支持率が逆転するという結果が出たことがあったが、洪氏、沈氏、劉氏が加わった5者対決で安氏が文氏をリードしたのは今回が初めて。

 世代別では、19〜29歳、30代、40代の支持率は文氏が安氏より高く、50代以上では安氏の方が高かった。 (中略)

 安氏と文氏の2者対決では、安氏が49.4%で文氏(36.2%)を13.2ポイント上回った。 (中略)

 政党支持率は共に民主党が33.2%でトップ。国民の党は25.5%、自由韓国党は9.7%、正義党は6.3%、正しい政党は5.6%だった。前回調査(3月11〜12日)に比べ、共に民主党(46.4%)は10ポイント以上下落し、国民の党(10.7%)は2倍以上上昇した。
(引用ここまで)
国民の党の安哲秀(アン・チョルス)大統領候補が外交特使を提案したことに対しては「だれが大統領になろうが私の経験が必要ならばいつでも応じるのが基本道理だと考える」として肯定的な立場を明らかにした。
(引用ここまで)

 唐突にアン・チョルスの支持率が一気に上昇しました。
 何事かと調べたらパン・ギムンに対して「当選したら外交特使としてTHAAD事態などを解決してもらいたい」と呼びかけて、この週末にパン・ギムンがそれを受諾するコメントを出していたのですね。
 そもそもパン・ギムンは保守派の候補として出馬の意向でしたから、その支持層の取りこみに成功したということなのでしょう。

 アン・チョルスは「中道」とされていますが、実際の立ち位置は左派です。共に民主党の前身である新政治民主連合の共同代表を務めていた人物ですから。
 そのイメージを薄めるための戦略ということなのでしょう。これはうまいな。
 これで保守派の受け皿としてアン・チョルスが一気に有利な立場になったわけです。

 年代別で50歳以上でアン・チョルスの支持率が高いことが、保守派に受けている証拠といえるでしょう。
 ただ、政党別支持率では共に民主党がまだ1位。アン・チョルスの国民の党は7.7ポイント差の2位。
 まだなんとも言い切れない……けども、アン・チョルスはこの一撃で相当な票を稼いだってところでしょうね。

光文社新書半額対象本。
残念な政治家を選ばない技術〜「選挙リテラシー」入門〜 (光文社新書)
松田 馨
光文社
2016/6/20


韓国大統領選:アン・チョルスが支持率2位に躍進、その理由は「ノ・ムヒョン時代だけには戻りたくない」というアレルギーも?

安哲秀氏猛追なぜ? “反文在寅”で保守、無党派層の支持獲得(産経新聞)
韓国大統領選で「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)元共同代表が支持率を急速に伸ばし、「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表を猛追している背景には、文氏が党公認候補に決まり、同党の他候補を支持していた“反文在寅”勢力が安氏支持に回ったことがうかがえる。

 文氏は3日、安氏は4日にそれぞれ党大会で党公認候補に選ばれた。共に民主党では文氏よりも左派傾向が薄い安煕正(アン・ヒジョン)忠清南道知事が文氏に次ぐ支持を集めていた。韓国紙、中央日報は公認決定で「安煕正氏の支持の相当数が安哲秀氏へ移った」とみている。

 文氏は先月までの世論調査の支持率では独走を続けていた。半面、親北朝鮮・反米色の強い文氏を敬遠する世論も強い。文氏は支持率トップを維持する一方、不支持が支持を上回る状態が続いた。

 それほど韓国では文氏を嫌う世論も多い。特に文氏に対抗できる保守系候補がいない中、文在寅政権誕生だけは何としても阻止したい保守層や無党派層の支持が安哲秀氏に集まっているとみられる。
(引用ここまで)

 これまで保守派の支持を受けてきたアン・ヒジョンが共に民主党内の予備選挙で落選したことを受けて、中道とされている野党第2党の国民の党所属のアン・チョルスが支持率2位に躍り出ました。
 パン・ギムンが撤退したときに「なんとアン・チョルスが保守派側として扱われるのではないかという事態に」と書きましたが、まさにその状況。
 中道とされていますが、そりゃムン・ジェインと比べたら中道でしょうよ……。

 アン・チョルスの政治的方向性は「風見鶏」です。
 基本的には左派なのですけど、ポピュリストである疑念が拭えない人物です。

 前回の大統領選挙ではムン・ジェインと競っていたのですが、公示前にはムン・ジェインに一本化……というか大統領選を放棄。
 ムン・ジェインはパク・クネに惜敗したのですが、その際にムン陣営からは「アン・チョルスが応援してくれたら当選できたのに」という恨み節があったそうです。
 一応、選挙戦中盤からはムン・ジェイン支持を言明していたのですが、投票日前には渡米してましたね。

 その前のソウル市長選挙に出馬するのではないかという噂もあったのですが、このときもパク・ウォンスンに出馬を譲る形で辞退していました。
 どうも諦めが早いというか、放り投げるクセがあるのではないかなぁ……と感じます。

 んで今回、アン・チョルスが支持率2位になっているのにはふたつ理由がありまして。
 まず、保守派といえども今回はパク・クネのいたセヌリ党系列の「自由韓国党」 と「正しい政党」には投票できそうにもないということ。
 そして、記事にもあるように「なにがなんでもムン・ジェインだけはいやだ」という層が左派にも少なからずいること。
 ノ・ムヒョンアレルギーとでも言うべきかもしれません。あの時代にだけは戻りたくないという考えはまあ理解できます。ムン・ジェインは弁護士時代、ノ・ムヒョンと共同で事務所を設立していた仲ですからね。
 パク・クネのいた政党は無理。かといって、ムン・ジェイン(≒ノ・ムヒョン)はなおのこと無理。第3の選択肢としてアン・チョルスにならざるを得ない、という消極的な事情なのです。

 これで見えることはムン・ジェインはなおのこと過激な言説を捨てられなくなってきたということ。アン・チョルスを裏切り者として吊し上げるくらいの物言いをするようになりますかね。
 そして、アン・チョルスは左派からの支持を得つつ、保守派の支持もキープするという綱渡りをし続ける必要があると。
 うーんなかなか難しそうな事態ではありますが。

 それでも大統領はムン・ジェインではないかとは見ています。少なくとも現状では。


韓国次期大統領候補ムン・ジェイン「日本大使が会いたいというなら会う。そして慰安婦像に口を出すなと言ってやる」

韓国大統領選候補の文在寅氏「長嶺大使と会う用意ある…韓日合意の問題を指摘したい」(中央日報)
韓国「共に民主党」大統領選挙候補の文在寅(ムン・ジェイン)氏が、日本は少女像問題に過度に介入するべきではないと明らかにした。

4日、韓国メディア「イーデイリー」によると、文氏はこの日、党緊急議員総会の直後、記者から「駐韓日本大使は帰任したら少女像問題の解決を求めると述べているが、会談することがあれば少女像問題についてどのように述べるつもりか」と質問され、このような立場を表明した。

文氏は「日本大使が会談の申し入れをしてくれば両国間の発展のために会う用意はある」としつつも「韓日慰安婦合意は問題が多かった点を十分に指摘し、少女像問題も日本が過度に介入したり干渉したりする問題ではないということを明確に説明したい」と伝えた。
(引用ここまで)

 大統領選挙まであと一ヶ月を残して、韓国の各政党から候補者が出ています。
 共に民主党からは予備選挙を勝利したムン・ジェインが候補として出ることが決まっているのですが、すでに大統領気取り。
 まあ、昨日や今日から大統領気取りがはじまったわけではないですけどね。
 弾劾が憲法裁判所で成立する以前の去年11月あたりからずっと大統領気取りのままです。

 その割には公約では北朝鮮関連の話が出ていないのですよ。
 いまだに「大統領になったら最初の訪問国は北朝鮮」との最初の宣言のまま。
 アメリカが性急と思われるほどに対北の攻撃オプションを強調したり、地下基地を爆撃できるバンカーバスターを搭載できるB-1Bを演習に参加させるなどしているのは、このまま5月にムン・ジェインが当選してしまうと対北強硬路線が取りづらくなるからではという部分もあるのでしょうね。

 この事態になってもいまだに日本に対して「慰安婦ガー」を叫べるのですから、やっぱりノ・ムヒョンの系譜を継ぐものとしての実力を持っていると見るべきでしょう。
 今後5年間、「悪化したままのよい日韓関係」を継続できそうですね。

韓国の希望 盧武鉉(ノムヒョン)の夢
盧武鉉
現代書館 
2002/12

韓国人「慰安婦合意は一方的に破棄できる。日本が旧日韓漁業協定を一方的に破棄したように!」……だからそのあとをどうするつもりなんだって話なんだが……

ファクトチェック:「不可逆的」な韓日慰安婦合意は破棄できるのか(朝鮮日報)
李仁済(イ・インジェ)元党最高委員、金鎮台(キム・ジンテ)国会議員らほかの候補たちが「前政権が結んだ協定を破棄することは、韓日関係に大きな傷を残す」と反論したのにもかかわらず、洪準杓氏は慰安婦合意を韓日間の「裏取引」と言い、破棄を主張した。果たして本当に「国家間協定」を破棄できるのだろうか? (中略)

 両国政府は発表時、再び慰安婦問題を取りざたしないという意味で「不可逆的合意」と述べた。しかし、韓国国内の元慰安婦たちが「合意の効力」を問題視する訴訟を起こすと、ソウル中央地裁は昨年12月2日、この合意について、「『外交的修辞』でなく法律的にどのような意味があるのかもう少し具体的に説明ほしい」と要求した。

 これに対して政府も今年1月と3月17日に裁判所に提出した準備書面で、「法的拘束力のある合意に該当せず、相互間の信義に基づいた政策遂行上の合意」「法律的なものではなく、政治的または道義的なもの」と述べている。国家間の法的拘束力を持ち、国会の批准を求める「条約(treaty)」とは距離がある。

 日本はさらに1965年の韓日基本条約と共に締結された4協定の一つ、韓日漁業協定についても、排他的経済水域(EEZ)が12カイリから200カイリに変わり、両国漁業紛争が激化したことから、1998年1月に一方的に破棄している。

 韓日従軍慰安婦合意は「政治的宣言(statement)」なので、次期政権で破棄できる。国際法上の制約を受けたり訴訟を起こされたりする可能性はほとんどない。しかし、いずれにせよ韓日両政府間で「合意」したことなので、「破棄」「再交渉」をするにしても慎重なアプローチが必要だという意見もある。
(引用ここまで)

 以前のエントリとほぼ同じ感じではありますが、もうひとつ「日韓漁業協定(旧)を一方的に破棄した」というエクスキューズをつけていますね。
 これは記事にもあるようにEEZが200海里であるという国連海洋法条約が1994年に発行されたから。つまり、EEZでのは200海里であるという概念が上位にくるものなので、12海里設定の旧協定は存続し得ないものだったのですよ。

 「このように一方的に破棄できる」としても、その後には日韓漁業協定を新たに結び直しているわけで。
 じゃあ、慰安婦合意を破棄してそのあとにどうするのって話なのですが。
 再交渉であっったとしても、再交渉に日本側が応じなかったときにはどうするのっていう。
 言ってみれば「その先」がミリほども見えていないのですよ。

 今後の日韓関係は慰安婦合意があるという前提でしか動かない。
 それを釜山の総領事館前に慰安婦像が建てられたときに、「大使の一時帰国」させた上で3ヶ月が経過しても帰任させようとしないという強硬な対抗措置を執ることで韓国側に今後の日韓関係はどういうものであるのかを見せているのです。
 それじゃあ、韓国はどうするのと。
 一方的な破棄なり、再交渉を主張しているけど具体的にはどうするのって話なのですが。
 まあ、拒否されるなんてことを端から考えていないという可能性もありますけどね。
 慰安婦問題で「道徳性で上位に立っている」つもりでいるので、日本側は韓国の言い分をすべて聞かなければならないと考えているのですよ。
 その構造を覆させたのが「慰安婦合意」だったので、ここまで反発しているというのが実際のところなのです。

 いや、しかし本当にどうするつもりなんでしょうかね。
 政府間レベルでは完全な没交渉になりますよ?

韓国地方議会「対馬は韓国領土だ! 政府は我々をサポートせよ!」 → あの韓国政府がスルーせざるを得ない理由とは?

「対馬は韓国領」 昌原市議会が政府支援を要請(朝鮮日報)
 慶尚南道昌原の市議会は30日、第65期・第3回本会議で、鄭双鶴(チョン・サンハク)市議会議員が発議した「『対馬の日』の行事に政府支援を求める建議案」を採択したと発表した。

 これにより昌原市議会は、首相をはじめ国会議長、行政自治部(省に相当)長官、企画財政部長官、外交部長官、各政党の代表に建議の内容を送る計画だ。

 昌原市議会(旧・馬山市議会)は「2005年3月18日に、対馬が韓国領であることを内外に宣言し、対馬に対する領有権の確保を目的として昌原の『対馬の日』条例を制定した。その後12年間、中央政府の無関心の中で毎年『対馬の日』(6月19日)の行事を開いてきているので、中央政府の関心と支援を求めようと思う」と建議案を採択した。

 市議会側は特に「05年3月18日の『対馬の日』条例制定当時、意識ある多くの韓国国民からの熱い呼応を全国的に受けたが、12年が経過する中、地方自治体レベルの行事には限界を感じている。日本の場合、島根県の『竹島の日を定める条例』による『竹島の日』(2月22日)の行事には、中央政府レベルの全幅の支持と支援によって、活発に行事が進められているが、韓国の場合、外交的摩擦を恐れて中央政府レベルの支援は皆無なのが実情」と説明した。

 市議会は「対馬に対する正しい歴史認識に基づき、領有権確保のための『対馬の日』行事に、中央政府の全幅の支持と支援を求める。対馬には、韓国人の祖先の息吹が随所に眠っており、単なる日本の地ではなく、韓国の歴史と文化が溶け込んでいる韓国の故地」と指摘した。

 また「昌原市議会は、対馬についての体系的な研究と資料収集、成長する未来世代に、いつか取り戻すべき韓国の故地であることを刻み込めるような、汎(はん)国家的レベルの関心を傾けることを求める。対馬に対する歴史考証と資料収集、研究のため、政府レベルの組織と予算支援を樹立し、後押しすることを強く望む」と強調した。
(引用ここまで)

 この「テマド(対馬島)は韓国の領土」という妄言、けっこう韓国人にとってはヒットしている話のようです。
 応永の外寇で対馬に侵攻したことや、李氏朝鮮に朝貢していたことを根拠とすることが多いようですね。
 朝貢が領土の根拠になるんだったら、朝鮮半島は20世紀初頭のごくわずかな期間を除いて中国の領土だったことになるのですが、そのあたりの都合の悪い話は無視。
 対馬の仏像盗難についても「どうせ対馬は我々の領土だ」なんてコメントがつくことがよくあります。

 この「対馬は韓国領土」という話、もっと韓国で広まらないかと考えています。現在は公式なものではこの昌原市議会が「対馬島の日」というのを作っているだけなのですが。
 むしろ、昌原市だけでなく記事にあるように韓国政府がアナウンスしてくれないものかと。
 そうすることで日韓の対立の構造を、より分かりやすく世界に示すことができるのです。
 「韓国は領土的野望を持って、力による現状変更を目論んでいる」という、国家間最大の対立事由を見せることができるのですけどねー。
 だからこそ、これまでの韓国政府はこの話に乗らなかったのでしょうけども。

 さてノ・ムヒョンは2006年に日本政府が竹島沖へ測量船を派遣した際に、撃沈命令を出す寸前まで行った……とされています。
 実際に「特別談話を読み上げる」という話があり、当初はこれが宣戦布告かそれに近い宣言になるのでは、とまで噂されていたのです。
 アメリカも同時期に「韓国が狂った行動に出るのでは」という懸念を抱いていたことがWikiLeaksによってすっぱ抜かれています。
 特別談話については韓国ウォッチャーが固唾を飲んで見守っていたのですが、一般的な面白みのないものに差し替えられました。

 あくまでも歴史のIFであり、実際にはどうであったかは不明ではありますが。
 ムン・ジェインはそのノ・ムヒョン政権の政策ブレーンであった人物なのですよ。
 ノ・ムヒョンの系譜を継ぐ人物である、ということからいろいろと期待しているのです。

国家の攻防/興亡 領土、紛争、戦争のインテリジェンス (角川新書)
佐藤優
KADOKAWA / 角川書店
2015/4/10

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
Blu-ray+DVD+デジタルコピー版
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ