楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

ユ・フンス

 相互RSS募集中です

韓国大使、広島平和式典に出席せず。前日の民団広島主催の式典には出席していたにも関わらず

広島原爆 70年 … 日はなって 米はだめである?(毎日経済新聞/朝鮮語)
この日、慰霊式には、キャロライン・ケネディ駐日米国大使など、世界100カ国を代表する外交使節を含めて、約5万5000人が参加した。ユフンス韓国大使は参加しなかった
(引用ここまで・太字引用者)

 韓国は東日本大震災の2周年追悼式にも欠席しています
 当時、中国が出席しなかったことはまだ理解できるのですよ。この式典には台湾を正式に招待していましたからね。むしろ、中国としては出席しないというよりもできない。
 まあ、これは想定内。

 でも、韓国は出席しない理由がない。
 当時、「書類が届かなくて〜」というような言い訳をしていましたが、今回のこの行動ではっきり分かったと思います。

 日本人がどんな目に遭おうとも、韓国人にとってはどうでもいいのですよ。
 広島に投下された原爆では少なくない朝鮮人労働者も被爆しています。ユ・フンスは前日に行われた民団主催の慰霊式には出席しています。
 でも、広島市主催の平和祈念式典には出席しない。

 100カ国を上回る国から出席者があっても韓国からは出席しない。 
 つまりは、そういうことなのですよ。

敵
筒井 康隆
新潮社
2013-12-27

 

「日韓関係は底を打った」……そう思ってるのは韓国人だけじゃないの?

「史上最悪」韓日関係の改善を模索する韓国(朝鮮日報)

 ここのところ、なんかっちゃー「日韓関係を改善に」って言ってきていますけどね。

光復節演説でパク・クネは日本批判を抑制した、今度は日本が条件付けに応じる番だ?
韓国外相「日韓首脳会談は慰安婦問題を解決すれば絶対不可ではない」 → 安倍政権「今年の頭にも『条件付けすんな』って言ったよね?」
韓国外相ユン・ビョンセ「日本が真摯な態度を示せば首脳会だ…」 → 外務省幹部「間に合ってま〜す」
「日韓関係の改善策を探る討論会」の日本側参加者が村山富市と和田春樹というバカさ加減

 最後のとかはもう方向性が169度くらい間違ってて面白いレベルになっているのですが。

 で、今回は駐日韓国大使が赴任するから、それで方向性が変わるかもという話。

 この一連の動き、おそらくは対中国で肩入れしすぎていたカウンターだと思うのですよね。
 7月の終わりくらいからどうにも韓国で「中国に偏りすぎていた天秤を補正すべきだ」みたいな論調が出はじめてきているのです。
 すなわち、アメリカとの関係改善をしたいということになります。

 で、日韓関係の改善はその一環といえるでしょう。
 これまでも対中国包囲網という面でアメリカから「レキシニンシキガーはやめて日本と会談しろ」と言われ続けてきたのですが、そのあたりを意識しているということですかね。

 でも、「対日批判を抑制」くらいじゃ別に日本にはメリットはないんですよね。
 これまでの1年半、パク・クネ政権と会談しなかったことで目に見えるようなデメリットってなにかありましたかね?
 考えるだにないのですよね。
 軍事、経済、他国との外交関係。
 どれを考慮しても無理に会談をする必要はない。
 どう考えても「ドアは開いている」以上の対応は必要であるとは思えないのですが。

 それをまるで「日本批判を抑制したのだから日本は韓国に借りができた」くらいの言いがかりをしてくるのですから。
 暑っ苦しいというか、思い違いも甚だしいというか。
 自分たちの国の力量というものを勘違いしているとしか思えないのですよね。


 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ