楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

リコール

 相互RSS募集中です

韓国携帯代理店「ギャラクシーノート7を他社製品に交換? じゃあ、渡したおまけも全部返品な」……ところで原因究明まだー?

スマホ爆発:景品のラーメンも返品? 製品交換で苦情噴出(朝鮮日報)
 サムスン電子が生産・販売を打ち切った最新スマートフォン「ギャラクシーノート7」の交換・払い戻しをめぐり、購入時の景品に関する消費者の不満が高まっていることが分かった。一部の代理店が同製品の購入者にプレゼントした景品について、購入者が未開封の状態で返品するか、現金で同等の金額を支払わない限り、ギャラクシーノート7の払い戻しまたは他社製品への交換に応じていないからだ。

 消費者相談センターなどに寄せられた苦情を分析した結果、ギャラクシーノート7の交換・払い戻しを開始した10月13日から1か月間で、同製品に関する相談は223件あり、そのうち景品に関する苦情が50件と最も多かったことが分かった。

 苦情は、景品の未開封状態での返品や現金での支払いを代理店に求められたというもので、特に、LGのV20やアップルのiPhone7など他社製品への交換を希望した場合にこのようなケースが発生していた。

 代理店の景品とは異なり、サムスン電子や移動通信各社が提供した景品は返品の必要がない。サムスン電子は当初、ギャラクシーノート7の払い戻しには景品の返品も必要との立場だったが、景品を返してもらう法的権利がない上、「米国では景品の返品は不要との措置が取られた」とのニュースが伝わるなど、世論が悪化したため、景品の返品は不要との決定を下した。

 これまでにギャラクシーノート7の回収率は40%台だという。
(引用ここまで)

 代理店というと、ドコモショップとかソフトバンクショップにあたるところですかね。
 爆発の危険があるリコール対象のスマートフォンを交換しにいったら「おまけの品も返せ」と言われたっていう。
 代理店としては、「サムスンのスマートフォンを買ったからこそおまけの品をつけたのであって、、他社製品に乗り換えるのであれば話は別」という考えかたなのでしょうけども。
 なんというか、本末転倒というか。リコールの意味がないだろうって話ですね。
 北米では政府機関から命じられた公式リコールなので、ユーザー保護の観点から返品を優先しているのでしょう。
 韓国でのそれはあくまでも自主リコールですからね……。

 そして、チェ・スンシル事件ですっかり影が薄くなってしまったのですが、いまだに原因究明ができていないのです。
 発売が8月19日。直後から発火、爆発の報告が多数会って最初の自主リコールは9月2日。北米での公式リコールが9月16日。
 発売からは3ヶ月、公式リコールから2ヶ月が経過しているにもかかわらず、なんのアナウンスもなし。

 時間が経てば経つほど、消費者の印象は悪化するでしょうから一刻も早くに発表するのが最良。それができないということは、よっぽど原因究明に時間がかかっているか、あるいは発表できないような部分にあるのか。

サムスン・クライシス 内部から見た武器と弱点 (文春e-book)
張相秀
文藝春秋
2015/1/25

今度は洗濯機! アメリカでサムスン製洗濯機が280万台のリコール。異常振動で壁もぶち抜けるスーパーパワー!

韓国サムスン、米で洗濯機280万台リコール スマホに続き(日経新聞)
サムスンのスマホ発火対応、豪州の洗濯機問題の二の舞に(WallStreetJournal)
 米消費者製品安全委員会(CPSC)は4日、米国で販売されている韓国サムスン電子製の一部の洗濯機、280万台を対象にしたリコール(回収・無償修理)を発表した。9月には新型スマートフォーン(スマホ)「ギャラクシー ノート7」を異常発熱・発火問題でリコールしたばかりで、サムスンのブランド価値にも影響しそうだ。

 CPSCによると、サムスン製の縦型洗濯機で強い振動などの異常な動作の報告が733件あり、肩などを負傷した報告も9件もあったという。リコール対象の製品は2011年3月以降に製造された34モデル。米家電量販店大手のベスト・バイなどが450〜1500ドル(約4万6000〜15万5000円)の価格帯で販売していた。

 サムスンは8月に発売した新型スマホの電池に不具合が見つかり、9月にCPSCはリコールを決めた。同スマホはサムスンの今年の目玉製品だったが、生産停止に追い込まれ、巨額の損失が発生している。今回さらに白物家電の中核製品である洗濯機もリコールの対象になり、サムスンの幅広い製品で「品質」への信用が揺らぐ可能性がある。

 リコール対象となった洗濯機は日本で販売されておらず、今後の発売予定もないという。
(引用ここまで)

 けっこう誤解している人も多いのでピックアップしておこうかなと。
 オーストラリアでのサムスン製洗濯機のリコール理由は配線の失敗による漏電、発火です。
 こちらは一昨年のことでした。

 で、今回のアメリカでのリコール理由は異常振動。
 記事にもあるように負傷したり、中にはガレージの壁がぶち抜かれたなんていう例もあるそうです。

 ちなみにオーストラリアの例でもリコールして無償修理したはずの洗濯機から発火したという事例が報告されています。
 そしてこの時もリコールでの回収率は40%ほど。
 いまだにいつ爆発するのか分からない洗濯機がオーストラリアに数万台の単位で残されているそうです。

 ……なんだ、ギャラクシーノート7とまんま一緒じゃないですか。
 今回も「アメリカの保護貿易の表れだ!」とか騒ぎますかね。ギャラクシーノート7の時は「アップル優先のために韓国は犠牲になった!」って大騒ぎしていましたけども。

 こういうことが連続で起こると、印象は自乗で悪くなります。
 この会社の製品はどれもこれも不具合が起きているのだ、という印象になる。 アメリカ政府もそれを狙っていないというわけでもないでしょう。
 うまいことタイミングを合わせてきましたね。

 ギャラクシーノート7に続いて集団訴訟があるとして、どんな結果になるのかちょっと楽しみです。 

エッセで人気の「家じゅうキレイ!プロの掃除&洗濯ワザ」一冊にまとめました 別冊ESSE とっておきシリーズ
別冊ESSE編集部
扶桑社
2015/4/23

 

サムスン電子、ヒュンダイ自動車の韓国経済二大巨頭に異変……

【社説】サムスン電子・現代自動車、韓国2大看板企業の危機(朝鮮日報)
 韓国のサムスン電子が、発火事故が相次いだ最新スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の生産と販売を打ち切ることを決めた。サムスン電子と韓国の国家技術標準院は11日、前日の事故調査合同会議により「新たな欠陥の可能性を確認した」とし、同製品の交換と新規販売を中止すると発表した。スマホ業界で、製品の欠陥により販売が打ち切られるケースは前例がない。

 サムスン電子の「品質第一主義」のイメージにも傷がついた。同社は李健熙(イ・ゴンヒ)会長が経営に当たっていた1995年、不良品が見つかった携帯電話「エニーコール」を全量回収し、従業員の前で焼却処分した。それから20年、着実に固めてきた「品質経営」が危機に直面している。まだ正確な原因は全て明らかになっていないが、無理な開発スケジュールや「革新」への過剰なプレッシャーも一因とみられる。韓国人の「パルリパルリ(早く早く)」という性急さが、サムスンにも深刻なダメージを与えた。

 韓国のもう一つの看板企業である現代自動車も、韓国病である「労組病」の前になすすべがない状況だ。同社労組は会社側の賃上げ案を受け入れられないという理由で12年ぶりに全面ストを実施し、今も労組内部の争いに明け暮れ会社の事情など関心もない。強硬的な労組のストなどにより、9月の自動車輸出は20%余り減り、10月初めも50%以上減少した。大小さまざまな欠陥問題も絶えない。

 韓国経済は、世界的企業に成長したサムスン電子と現代自のおかげでどうにかこうにか回ってきた面が大きい。この2社の看板企業までもがふらつけば、どの企業が経済を引っ張っていくのかという問いに答えるのが難しくなる。

 海運、造船、鉄鋼、石油化学、建設など韓国の主力産業に赤信号がともって久しい。海運業と造船業は構造調整の対象だが、競争力を取り戻すどころか「枯死」直前だ。鉄鋼業も同じような状況になりつつある。韓国の上場企業10社のうち3社が利益で利子さえ返済できない、いわゆる「ゾンビ企業」に転落している。慢性的な供給過剰と世界的な低成長の持続で、こうしたゾンビ企業は6年間に46%も増えた。

 金利を過去最低水準に引き下げても投資につながらず、カネは不動産にばかり集まり住宅価格と賃貸保証金が上昇を続けており、国民は心配を募らせている。その間に、家計負債と企業負債はいつ爆発するか分からない時限爆弾のごとく膨れ上がっている。

 韓国経済は五里霧中の状態だが、かじ取りをすべき政府の経済担当チームは国民の目によく見えない。危機におけるリーダーは、その存在感で安心感を与えねばならない。そんなリーダーは望めないとしても、国と経済が軸のないまま漂流しているという印象を与え、国民を狼狽させることだけはしてほしくない。
(引用ここまで)

 韓国経済をひっぱってきたのはヒュンダイ自動車とサムスン電子。
 これは間違いないところ。
 KOSPI全体の数字を引き上げて、「韓国経済絶好調」という錯視を起こさせるほどのものでした。
 実際にこのふたつの企業は巨大で、下請けも含めて韓国経済の牽引車であったのは事実なのですが。

 ヒュンダイはアメリカでのリコールと韓国国内でのストでへろへろ。
 それなのに組合側は「無理矢理ストをやめさせるなら全面ゼネストじゃ!」とか言ってる。
 そんな蔚山の工場に台風きたりもしてましたね

 サムスン電子はギャラクシーノート7がどこまで影響するか分からない。
 今日、さっそくノート7の損失を第3四半期に組みこむって発表がありました。
 でも、この損失は「これまでかかった額」だし、ギャラクシーノート7のリコールによるブランド力毀損は組みこまれていない。そしてそれは業績として数値化不可能。

 キム・ジャンフンが日本に10年負けた記憶がないっていうものの筆頭だった造船はああだし、海運もあれ。
 そして、本来であれば経済を引っぱっていくべきリーダーがアレ
 巨大なのでヒュンダイ自動車にしろサムスン電子にしろこれで倒産だのなんだのの事態にはならないでしょうが。
 ヒュンダイはこれまで以上に海外進出にブーストをかけ、サムスン電子はスマートフォンのシェアを減らさざるをえない。
 韓国国内の経済ダイナモがまた失われるわけですね。

ツートップ液MSM&グルコサミン 50ml×10
ツートップ
2014/11/20

またまた交換後のギャラクシーノート7発火 → AT&TとTモバイルが販売停止 → サムスン電子も生産停止へ

A fourth replacement Galaxy Note 7 caught fire in Virginia this morning (The Verge)
T-Mobile is second US carrier to halt Galaxy Note 7 sales, giving $25 credit to affected customers(The Verge)
サムスン電子、「ノート7」の生産停止 発火事故で(日経新聞)

 アメリカでは交換後のギャラクシーノート7で4件目の発火事故。すでに5件目も報告されているとか。
 それを受けて噂されていたAT&Tは販売中止を決定。ついでTモバイルでも販売中止。
 で、サムスン電子も生産自体を停止と。ベトナム工場かな。
 ついでにいうと台湾、中国でも「交換後」の端末で発火事故があったそうです。
 これはもうダメだわな。

 あくまでもメインブランドのギャラクシーSシリーズではなく、傍流のノートシリーズということで生産数もそれほどではなく、生産台数という意味ではそれほどのダメージを与えるものでもないでしょう。
 リコール費用は相当にかかるでしょうけどね。1000億円とも5000億円とも言われていましたが、それをはるかに上回りそうです。

 スマートフォンとしてははじめて北米で公式リコールを受けて全交換、もしくは返品という措置を受けた。この時点ではまだ「そういうこともあるだろう」くらいの扱いだったと思うのですよ。
 韓国メディアがいうところの「即座に対応したことでブランド力はむしろ強化された」ってことはなくとも、まあ対応が早かったということはあったでしょう。
 でも、リコール後の製品でも同じ事故を起こしたとなれば別。
 ブランド力の低下ももちろん、リコール原因を究明できなかったということで技術力にも疑問を持たれてしまう。
 
 スマートフォンなんてAndroidであればほとんどできることに差異はない中で、今回のリコール、およびリコール後の発火事故がどれだけサムスン電子のスマートフォン事業にダメージを与えたのか。
 今後はそこが焦点になりそうですね。
 それほどスマホの動向に興味を持っていない消費者であっても、これだけの話になれば「次はサムスンを避けよう」と思うでしょうし。
 もし「設計に問題があった」ということになれば、さらにブランドイメージは低下する。

 サムスン電子の事業形態は以前に比べれば「スマートフォンへの依存」が低くなっているのですが、それでもまだまだ売上的には大きな柱のひとつ。
 特にアメリカで集中的に起きたことで、これまで維持してきたシェア1位の座がどうなるかがまず見どころですかね。10-12月期のシェアに注目です。

Nexus7の後継として注文したけど品薄でまだ届いてない
エイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3 8.0 SIMフリーモデル (ブラック)ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4
ASUS
2016/9/16

またもや「リコール後」のギャラクシーノート7が炎上、これダメなんじゃ……

Farmington Teenager: Replacement for Recalled Samsung Phone Melted in Hand(KTSP/英語)
ファーミントンに住むティーンエイジャーが交換したサムスン電子のギャラクシーノート7が手の中で溶けていったと証言しています。発火と安全性について大規模な世界中でのリコールでしたが、大きな疑問符がつけられています。

13歳のAbby Zuisは金曜日の午後、ギャラクシーノート7を使っているときに「なにか奇妙な燃えるような感じ」を親指に感じました。
そしてそのスマートフォンは煙を生じ、さらに焼け跡を残して、カバーを溶かしました。
Zuisは親指に軽度の火傷を負いました。「ピンや針を刺されたように感じたわ」と話します。

Abbyの父親であるAndrew Zuisはこのギャラクシーノート7はリコールによって交換されたものであるとレシートを見せてくれました。
(引用ここまで)

 また「交換後」のギャラクシーノート7が炎上。
 今度はミネソタで13歳の女の子が使用中に異常発熱→発煙→発火。

placementGN7_002
画像もKTSPから引用。

 父親は「リコールで交換したので安全な製品だと思っていたよ」とのことでした。
 ……しかし、これで13歳かぁ。
 あ、いや。

 さて、サウスウエスト機で炎上したものに続いて、「交換後」のギャラクシーノート7が燃えた2件目のケースとなります。
 全キャリアから「ギャラクシーノート7を交換前のもの、交換後のものとを問わずに他のスマートフォンへの交換を受け付けます」という宣言があったように、「リコール後の安全なギャラクシーノート7」も危険なものであると扱われはじめています。

 電池単体ではなく、電池と本体の合わせ技……というような気がしますね。
 交換後のギャラクシーノート7は「ノート7S」とすべき、なぜなら安全なものになったから……なんていう話もありましたね。
 悪質な冗談になるところでした。

自動車革命―リチウム電池がすべてを変える
NHK取材班
NHK出版
2011/3/24

ギャラクシーノート7のリコール費用は1000億円規模、それとも5000億円規模?

サムスン製スマホ 米国リコール費用だけで1000億円?(中央日報)
「ノート7製品名『ギャラクシーノート7S』に変えるべき」(中央日報)
英フィナンシャルタイムズ(FT)は16日(現地時間)、専門家の分析を引用し、サムスン電子がギャラクシーノート7の米国リコールを施行するのにかかる費用を10億ドルと推算した。しかし同紙は、現金保有量590億ドルのサムスンなら十分に耐えられる費用だと伝えた。

米国消費者製品安全委員会(CPSC)は15日、サムスン電子のギャラクシーノート7に対し、携帯電話機では過去最大規模のリコールを発表した。この日の公式リコールに関連し、米メディアはサムスンが独自のリコール発表を急ぎ、米国当局と協議しなかった点を浮き彫りにした。

ニューヨークタイムズは「今回のリコールは滑らかでなかった」とし「サムスン電子の努力が逆に消費者を困惑させ、CPSCの不満を強めた」と指摘した。ウォールストリートジャーナルもギャラクシーノート7の公式リコールを伝え、サムスン電子がCPSCと協議なく単独でリコールを発表し、消費者に問題に関する詳しい情報を提供せず事態を悪化させたと報じた。

米国の現行法によると、CPSCは製品の安全問題が提起された後、24時間以内に報告を受けなければならず、その後、企業がリコールを進めるにはCPSCと最初に協議しなければならない。当時、最初のリコール発表声明でもバッテリー問題が何か、どのように対処するべきかを詳細に知らせず、米国消費者は混乱したと、ウォールストリートジャーナルは指摘した。
(引用ここまで)
15日NH投資証券は「新しく出てくる製品は消費者の混乱を防ぐためにこれまでの『ギャラクシーノート7』よりも『ギャラクシーノート7S』など新しいブランド名を使う案が必要だ」と助言した。

イ・セチョルNH投資証券研究員は「消費者の混乱を防ぐために従来のノート7よりもノート7Sなどの新しいブランド名を使うべきだ」として「全量リコール事態がサムスン電子の7−9月期・10−12月期の実績に一時的な悪影響を及ぼすとみられるが、2017年以降の実績回復を見通す」と話した。

NH投資証券はサムスン電子IT・モバイル(IM)部門の7−9月期の営業利益をこれまでの3兆9000億ウォン(約3530億円)水準から2兆7000億ウォン水準に下方修正した。これに伴いサムスン電子全体の今年7−9月期の営業利益は7兆4000億ウォン程度になると推定した。
(引用ここまで)

 フィナンシャルタイムズは今回のリコールにかかる費用が1000億円と推計。
 サムスン電子のIM部門の予想営業利益を1兆2000億ウォン下方修正する証券会社も出てきた。
 まあ、1000億円規模で済めば御の字ですね。
 一昨日、公式リコールを伝えていたロイターでは50億ドル規模になるのではないかというアナリストの見解を紹介していました。

 単純にリコールにかかる費用というのと、有形無形のブランドへの影響力を考えるともうちょっとかかりそうな気もします。
 だからといって「韓国経済崩壊!」にはならないと思いますが。
 年内まで余震が続いてしまうという感じでしょうか。

 で、下の記事の「安全になったギャラクシーノート7は名称を変更すべき」というのもなかなか面白いお話。
 安全性をアピールするためにノート7Sとかにしろっていう証券会社からの提言。なかなかのお為ごかし。
 それでまた不具合出ちゃったら目も当てられないのでやらないと思いますけどね。

名著
失敗の本質
戸部 良一
ダイヤモンド社
2013-08-02

 

韓国裁判所、KTX山川を「欠陥列車」に認定。賠償金支払いを命令

KTX故障続発で現代ロテムに7億円賠償命令(朝鮮日報)
韓国高速鉄道(KTX)の新車両「KTX山川」でたびたび故障が発生したことにより損害を受けた韓国鉄道公社(KORAIL)が、車両を製作した現代ロテムを相手取って起こした訴訟で、ソウル中央地裁民事20部(アン・スンホ裁判長)は16日「現代ロテムは69億3000万ウォン(約7億4600万円)を賠償するように」と命じる判決を下した。

 フランスで製造された車両「KTX1」の供給を受け運行してきた鉄道公社は2010年、韓国企業である現代ロテムが製作した「KTX山川」190台の供給を受け運行を開始した。

 ところが、10年3月から昨年1月にかけ、「KTX山川」は機器の誤作動によって列車がストップするなど、64回にわたる故障やトラブルが発生した。11年4月には「KTX山川」の一部の車両の減速機に欠陥が見つかり、鉄道公社が全ての列車に対する点検や補修を求める「リコール」が発生した。鉄道公社側は「トラブルの発生やリコールなどにより、306億ウォン(約33億円)の損害を受けた」として、現代ロテムを相手取り訴訟を起こした。

 地裁は64件の故障やトラブルのうち、1件を除き全て、製作段階での欠陥によるものと認めた。またリコールによる営業損失の一部も賠償すべきだと指摘した。
(引用ここまで)

 韓国のG7に加入するという夢を託してテスト車輌にG7と命名されていたKTX山川でしたが、幾度もの故障を経てリコール要請
 現代ロテムがそれに応じずに裁判沙汰。

 で、裁判所に「欠陥列車」として認定されて約70億ウォンの損害賠償支払い命令と。

 普通の高速鉄道に比べて1/20のテスト距離で終了とか、連結部に亀裂が生じてもそのまま走らせることができるとか、エコな高速鉄道だったのに残念ですね。
 もっとも専門家委員会は「技術力が足りなかった」と正直に述べていたりもするのですが。 

 でもまぁ、韓国にはお似合いの高速鉄道だと思うのですけどね。



「韓国の誇り」「独自技術の結晶」だったはずのKTX2、リコール

韓国型高速列車「KTX山川」リコール要請(中央日報)
> コレイルと鉄道労組によると、7日未明、高速鉄道車両基地で事前点検中、昨年導入されたKTX山川2号車の「モーター減速機」固定台で欠陥が見つかったという。

韓国の技術で製作されたKTX山川は昨年3月以降、41回の大小の故障を起こし、最近相次いでいるKTX運行障害の主要原因となっていた。
(引用ここまで)

 韓国の独自技術で製造して、87%だかの国内製造率を誇り、かつ韓国が世界に誇る?番目の高速車両だったのですが耐えることのない故障連発であえなくリコール。
 ちなみに韓国政府が懸命にブラジルやアメリカに対して売り込んでいる「韓国製高速鉄道」はこちらのKTX山川ことKTX2。

 そりゃまあ、これしか応札しないっていう状況だったらブラジルも猫マタギして2回にわたって入札を延期しますわ。


 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
もやしもんがようやくKindleで解禁。純血のマリアもね。
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
Blu-ray+DVD+デジタルコピー版
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ