楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

ロッテ

 相互RSS募集中です

ロッテ財閥会長への判決公判日は今週金曜日。韓国で「すべての財閥を高く吊してやる!」という時代のはじまりか

ロッテ最大の危機 グループ会長に実刑も=22日ソウル地裁判決(聯合ニュース)
ソウル中央地裁は22日午後、背任や横領などの罪に問われたロッテグループの創業者で現在は総括会長の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)被告、辛被告の次男で韓国ロッテグループ会長の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)被告をはじめ一族や経営陣9人に対する判決公判を開く。

 格浩氏と東彬氏は勤務実態のない親族らに計500億ウォン(現在のレートで約52億円)台の給与を支払うなどしたとして横領などの罪に問われた。東彬氏は系列映画館の売店の運営権を親族の会社に与えるなどしてグループに1300億ウォン台の損失を与えた背任の罪にも問われた。検察は格浩氏と東彬氏にそれぞれ懲役10年を求刑した。

 また検察は格浩氏の長男、辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)ロッテホールディングス(HD、本社・東京)前副会長に懲役5年、長女でロッテ奨学財団理事長の辛英子(シン・ヨンジャ)氏と内縁の妻、徐美敬(ソ・ミギョン)氏に懲役7年をそれぞれ求刑した。

 論告求刑公判で検察は「ロッテ創業家一家は違法な手段で財産を移転し、私益のために企業の財産を私物化した」として厳しい処罰を求めた。

 東彬氏は朴槿恵(パク・クネ)前政権で起こった国政介入事件でも朴槿恵氏の長年の知人、崔順実(チェ・スンシル)被告らへの贈賄罪で起訴され、懲役4年を求刑された。
(引用ここまで)

 今週は明日からのカン・ギョンファの訪日もありますが、金曜日にはロッテホールディングス総裁のシン・ドンビン(重光昭夫)、および創業者のシン・ギョクホ(重光武雄)への地裁判決もあります。
 年も押し迫っているのにまだまだ見所が多数ですね。

 記事では求刑の懲役部分しか書かれていませんが、次男のシン・ドンビンへの求刑は懲役10年1000億ウォン。長男のシン・ドンジュには懲役5年罰金125億ウォン。

 シン・ドンビンはチェ・スンシル関連で懲役4年の求刑がされています。
 さらに、95歳で認知症の創業者シン・ギョクホへの求刑は懲役10年罰金3000億ウォン。

 ちなみに記事中の長女シン・ヨンジャは別口の背任収賄で一審では懲役3年(実刑)追徴金14億4000万ウォン、控訴審では一部無罪で懲役2年になって上告。つい先日にあった大法院では高裁判決の一部無罪を破棄して差戻になっています。
 差戻審の判決はまだだったはず。

 この長女への判決を見ても分かるように、実刑判決を容赦なく出すようになっています。
 おそらく、シン・ドンビンらへの判決も同様に実刑判決でしょう。韓国の法整備は日本のそれに習っているので、「判決は求刑の8掛け」というパターンになることが多くなっています。
 それを考えるとシン・ドンビンは懲役7年以上で実刑判決。現在は収監されていませんが、即時の法廷拘束もあり得ます。そうなるとロッテホールディングスは個人の財閥としてはほぼ死ぬことでしょう。

 シン・ギョクホは実刑判決が出てもさすがに収監はないかな。ロッテワールドタワーの114階で失意の晩年を過ごすことになるのでしょう。


 無罪判決や執行猶予がつくようなことはないでしょうね。
 イ・ミョンバクから利を得たものはすべてこうなるのだ、という見せしめにするためにも。
 ムン・ジェイン政権下では財閥はすべて解体までいかないにしても、その勢力を削いでいくのだという宣言の代わりになるのでしょう。
 サムスン電子副会長のイ・ジェヨンにあいまいな理由で5年の実刑判決が下されたことと同様です。

 財閥を徹底的に罰することで韓国は暗黒時代になるのか、それとも民衆にまで富が届く時代になるのか。
 ムン・ジェインとその周辺は後者になるに違いないと信じ切っているようですが。さてはて。


外交天才ムン・ジェイン「THAAD問題は封印された!」→中国政府「観光を部分解禁。ただし、THAAD配備に協力したロッテには絶対行くな」

THAAD:中国「ロッテでは買い物も宿泊もするな」(朝鮮日報)
 中国の観光旅行政策を総括する国家観光局が28日に旅行会社に口頭で通達した指針には、「韓国旅行を段階的に開放する」とある。だが、そう言いながらも、「すぐには韓国に行く団体観光ツアーを取り扱うな。北京市・山東省からのツアーのみ取り扱うように」と条件がつけられている。

 この指針には、「クルーズ船・チャーター機・ロッテは絶対不可」という「三不」要件も含まれている。特にロッテには「ホテル・レジャー施設・免税店などすべて協力禁止」とクギを刺した。この8カ月間にわたり全面的に禁止されていた韓国への団体観光をほんのわずかばかり解放する一方で、中国国内向けには「終末高高度防衛ミサイル(THAAD)報復は継続する」というメッセージを出したものだ。韓国に対しては「THAAD報復完全解除までの道のりはまだ長い」とをあらためて認識させたものと見られる。 (中略)

 その一方で、今回の指針でもターゲットになっているロッテグループ側は戸惑いを隠せない。ロッテグループ関係者は「正確な状況を把握して対策を立てているところだ。来月行われる韓中首脳会談以降、段階的に解決するだろうという期待を持って見守る」と言った。ある観光業界関係者は「国家間の関係改善を図る状況ですら一介の民間企業に対して差別的待遇をするのは、中国が依然として韓国を軽く見ているということだ。長期的に見れば東南アジアなどを対象とした観光の多様化にさらに力を入れるようになるだろう」と語った。
(引用ここまで)

 韓国への観光旅行は部分解禁。
 でも、THAAD配備に土地を用意したロッテに行くことはダメ、絶対。
 ……これがムン・ジェインのいうところの「THAAD問題の封印」ですか。ゆっるい封印ですね。
 三不の誓いを立てるという、いわば主権を捨ててまで得られたものはAPECでの習近平への謁見の権利と、部分的な観光客解禁。

 THAAD報復によってスーパーマーケットのロッテマートは中国から全面撤退しています。
 観光客やロッテへの圧迫以外にも税関であれがダメ、これがダメといわれて輸入を拒絶されたり、ビザを出してもらえなかったりしていて大被害を受けていたのですよね。
 それを封印して「もうTHAAD問題は中韓関係において語られることはない」だのなんだの言っておいて、実際にはこれ。
 朝貢までして得られた回賜としては少ないんじゃないですか?

 まあ、ムン・ジェイン政権的にはイ・ミョンバクとタッグを組んででっかくなったという背景を持つロッテグループなんかどうでもいい存在なのかもしれませんが。

 あ、そうそう。
 10月末に懲役10年、罰金1000億ウォンという求刑が出ていたロッテグループの現会長であるシン・ドンビン(重光昭夫)への判決は今月22日に出されるとのこと。
 これで実刑判決が出たらムン・ジェイン政権下で財閥の長に対して2人目の実刑判決となります。
 12月は慰安婦合意検証タスクフォースによる結論、ムン・ジェイン訪中、そしてこのシン・ドンビンへの地裁判決と年も押し迫っているのにイベント満載ですね……。

BABYMETAL: LIVE~LEGEND I、D、Z APOCALYPSE~ LEGEND I 2012/10/6 at Shibuya O-EAST
BABYMETAL
TOY'SFACTORY

韓国でろうそく革命一直線、今度はロッテ創業者(95歳)に懲役10年、罰金3000億ウォンの求刑

認知症の95歳辛格浩被告に懲役10年求刑、法曹界から疑問の声(朝鮮日報)
 韓国検察当局は1日、ロッテグループの辛格浩(シン・ギョクホ)総括会長(95)=日本名・重光武雄=に対する論告求刑公判で、懲役10年、罰金3000億ウォン(約308億円)を求刑した。(中略)

 辛格浩被告は昨年10月、長男の辛東主(シン・ドンジュ)SDJコーポレーション会長=同・重光宏之=と事実婚の関係にあるソ・ミギョン氏(57)親子に対し、会社への勤務実態がないにもかかわらず、508億ウォンの給与を支払ったとして起訴された。辛格浩被告は認知症の症状がある。大法院(最高裁に相当)は昨年6月、辛格浩被告について、正常な意思決定が不可能な状態だと判断し、限定後見人の選任を決めた。公判に車椅子で出廷した辛格浩被告は、裁判を受けているという事実すら認識できないように、不規則な発言を行った。

 法曹界では、そんな状態の辛格浩被告に検察が懲役10年という重い刑を求刑したことの妥当性に疑問の声が上がっている。辛格浩被告の弁護人は法廷で「辛格浩会長が愛国心と経営哲学を非難されることなく、経済界を静かに引退できるようにしてもらいたい」と訴えた。10月30日の公判でも弁護人は「記憶力をほとんど失い、自己防衛能力がない辛格浩会長を前科者にしないでほしい」と述べた。 (中略)

 検察は30日に辛格浩被告の次男、辛東彬被告(62)にも懲役10年、罰金1000億ウォンを求刑した。検察は「ロッテのオーナー一族が想像可能なあらゆる方法を使い、企業財産を私有化した。その規模は例がないほどで、厳しい処罰が必要だ」と主張した。(中略)

 検察は辛東彬被告らロッテ幹部9人の逮捕状を請求したが、6人については請求が棄却された。裁判所は辛東彬被告の逮捕状請求を退け、「犯罪容疑に対する法理上の論争の余地がある」と指摘した。捜査の第一段階である犯罪容疑の合理的推定がなされなかったことになる。

 検察の求刑は裁判所が基準とする法定刑や量刑基準を逸脱するものではなかった。しかし、法曹界からは捜査結果に比べ、検察の求刑が重過ぎるとの指摘が出ている。ある弁護士は「検察が財閥捜査に対する国民感情などを考慮し、メンツを失わないように重い刑を求刑したのではないか」と指摘した。
(引用ここまで)
 昨日、ロッテ創業者のシン・ギョクホに懲役10年求刑というニュースがあったときに「うん? そりゃロッテ会長のシン・ドンビンのほうじゃないの?」って思ったのですよ。
 なにしろ、ロッテ創業者の重光武雄ことシン・ギョクホは95歳。記事にあるように認知症を患っていてまともなやりとりもできない状態。
 懲役10年がまんま判決に反映されたら獄中死間違いなし。っていうか、実刑判決が出て懲役になった時点で獄中死確定ですわな。
 先日も語ったように、財閥としてのロッテはイ・ミョンバクと昵懇。
 そしてイ・ミョンバクはムン・ジェインにとって許しがたい政敵。
 「航空機運航に支障がある」として何度も却下されていた第2ロッテワールドの建設許可も、イ・ミョンバク政権下で行われたものでした。

 でも、言ってみればシン・ギョクホは日本の国富を韓国に注ぎこんできた国家的英雄ですよ?
 逆の視点で見れば日本での菓子屋が規模5位の財閥にまで成長させるほどに、韓国で搾取してきたということにもなるんでしょうが。
 それでもここまで韓国に財力を注いできたのは確かだし、韓国の成長の一助となってきたのは間違いない。
 立身出世を成し遂げた人物といっても過言ではないのですけどね。

 「日本から国富を注ぎ込んだ」でも「韓国で搾取してきた財閥の長」でも、どっちにしてもイ・ミョンバクと組んでいたという時点で、ろうそく革命においては反革命勢力となって断罪されるべき存在であるってことなんでしょうが。
 おまけに在日であったために親子共々兵役義務回避。
 韓国人の鬱憤の矛先は向いてもなんの不思議もない人物ではありますね。
 そのあたりに「懲役10年、罰金3000億ウォン」という求刑の重さの原因を見ることができます。

 無罪になったとしても、失意の日々を送るのは間違いないかなぁ……。
 第2ロッテワールドタワーも開業して、その高層階(114階)で最期の時を迎えられるかというところまで登り詰めた人物でしたが、まさかこんな晩年を迎えようとは。
 悲惨なものです。

 ソ・ギョンドクも同様ですが、イ・ミョンバクと付き合いのあった人間はすべて許されない存在なんでしょうね。

韓国人に生まれなくてよかった
武藤正敏
悟空出版
2017/6/1

ロッテ総帥に懲役10年の求刑、ロッテ関係者「ここまで重いとは……」→その理由は「ろうそく革命」にあり?

韓国ロッテ会長に10年の求刑、グループに衝撃(朝鮮日報)
ロッテ会長に懲役10年求刑 横領・背任罪で=韓国検察(聯合ニュース)
 ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)会長が横領・背任など経営不正に関する罪で懲役10年の求刑を受け、ロッテグループはショックを隠せずにいる。

 韓国検察は30日、ソウル中央地裁刑事合議24部(裁判長:金尚東〈キム・サンドン〉部長判事)で開かれた辛会長などの特定経済犯罪加重処罰法違反(背任など)の結審公判で、辛会長に懲役10年・罰金1000億ウォン(約101億円)、辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)元ロッテホールディングス(HD、本社:東京)副会長に懲役5年および罰金125億ウォン(約13億円)をそれぞれ求刑した。 (中略)

 ロッテグループ側は、予想もできなかった重い求刑に当惑している。ロッテグループの関係者は「裁判部の宣告がまだ残っているので、今後の裁判の行方を見守りたい」と慎重な立場を取ったが、一部系列会社の役員などは懸念をあらわにした。系列会社のある社員は「求刑で刑の重さが決まるわけではないが、10年の求刑は思いもしなかった。今後、うちの会社の事業がどうなるのか不安」と語った。
(引用ここまで)
 ロッテ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏の次男である辛被告は親族に約500億ウォンの報酬を不当に支給した罪(特定経済犯罪加重処罰法上の横領)、系列会社ロッテシネマの売店の独占運営権を親族の経営企業に与えるなどして約1300億ウォンの損失を与えた罪(特定経済犯罪加重処罰法上の背任)に問われている。
(引用ここまで)

 サムスン電子副会長のイ・ジェヨンとは異なり、逮捕状請求はあったもののなんとか逮捕は免れたシン・ドンビンでしたが。イ・ジェヨン以上の判決が下りそうな雰囲気になってまいりました。
 どんな罪で訴えられているかはこちらのエントリをごらんください
 ロッテがここまでぼっこぼこにされるのは理由がありまして。

 イ・ミョンバク元大統領と親しい間柄にあって、その政権時代にロッテは財閥として急成長を遂げたのです。
 第2ロッテワールドが認可されたのもイ・ミョンバク政権時代。
 そしてイ・ミョンバクといえば、ムン・ジェインにとっては盟友であるノ・ムヒョンを自殺に追いやった憎き政敵。
 なおのこと、ロッテへの弾圧には力が入ることでしょう。

 なにをどうしても外様なのですよ。
 ロッテの命運を握っているのは日本ロッテの持ち株会だなんて報道もありましたし。
 そこにいまの政権は「世界4大革命のひとつであるろうそく革命」で生まれた財閥を憎んでいる政権で、公取委員長は財閥絶対殺すマン
 かつ、前述のような状況。

 これでまた実刑判決が出るようなら、ロッテ版兄弟の乱がまたひっくり返ったりしてお家騒動がさらに面白いことになりそうですがね。

御家騒動 大名家を揺るがした権力闘争 (中公新書)
福田千鶴
中央公論新社
2005/3/25

韓国へのTHAADミサイル配備が本決まり → 中国が「断交も含めて報復する!」と叫ばなくてはならない本当の理由とは?

THAAD:国防部とロッテ、敷地交換契約を締結(朝鮮日報)
THAAD:ロッテ理事会が敷地交換を議決、文在寅氏が批判(朝鮮日報)
THAAD:報復強める中国、官営メディアが「断交」言及(朝鮮日報)
【社説】「断交」まで言い出した中国のTHAAD報復が手荒い(中央日報)
韓銀総裁「韓中通貨スワップ、政治・外交問題の影響受けるべきでない」(中央日報)
国防部の関係者は「敷地の交換が実現したので、できるだけ速やかにTHAADが配備されるよう努力していく。当初の予定通り、7−9月中に配備することに問題はないだろう」と語った。

 28日に結ばれた契約の内容は、THAADの配備予定地となっている星州のゴルフ場(148万平方メートル)をロッテが国防部へ提供する代わりに、ロッテは京畿道南楊州市退渓院にある軍用地20万3000平方メートルのうち、ゴルフ場の価値(約890億ウォン=現在のレートで約88億5000万円)に相当する6万7000平方メートルを受け取るというもの。
(引用ここまで)
 文・前代表の陣営で首席スポークスマンを務めるパク・クァンオン議員は27日、声明を通して「THAAD配備の強行は外交的解決のチャンスを放棄するもの。北朝鮮の核実験や反倫理的行為は容認し難いが、THAADが国民的な安全保障上の不安を解消する『万能の鍵』であるかのようにごまかすことも適切ではない」「韓国国民は、政府のどこの、誰が、どのような議論の過程を経てこうした重大な問題を決定したのか知らない。THAAD配備は、次期政権が国民的な公論化の過程を経てあらためて決定すべき」と主張した。文・前代表は、THAAD配備問題を次期政権に持ち越そうという立場だ。

 「共に民主党」の尹官石(ユン・グァンソク)首席スポークスマンも、論評を通して「ロッテが『スカイヒル』ゴルフ場と韓国軍の所有する京畿道南楊州の土地を取り換えるのは、国会の予算審議を避けようとする小細工であって、背任や贈賄に当たるという指摘も少なくない。国防部(省に相当)とロッテの交渉過程に少しでも誤りがあれば、法的責任は免れ得ないだろう」と主張した。
(引用ここまで)
 中国共産党の機関紙、人民日報の海外版が運営するソーシャルメディア「侠客島」は28日「ひとたびTHAADが(韓国に)配備されれば、中国は韓国と準断交の状況まで進む可能性も排除してはならない」と書いた。また、人民日報の姉妹紙、環球時報はロッテの不買運動をあおる社説を掲載したのに続き、不買運動に関するオンラインアンケートまで実施した。中国国営の中国中央テレビ(CCTV)は、ロッテ免税店の売り上げのほとんどが中国人観光客の買い物のおかげだと繰り返し報道した。

 また、国営新華社通信系のニュースサイト「新華網」は、28日に予定されていた金章洙(キム・ジャンス)駐中韓国大使とのインタビューを27日午後になって突然キャンセルした。韓国大使館の関係者は「インタビューの前日に中止になるのは納得がいかない」と遺憾の意を表明し「中止の理由を正式な公文書で送ってほしい」と要請したと話した。

 中国はロッテに対する報復もさらに強めている。北京の東城区公商分局は同日午前、北京のロッテマート崇文支店に対し、違法な広告を掲出したとして罰金4万4000元(約75万円)を科した。美容整形手術に関する未申請の広告物を公共の場所に掲示したという容疑だが、中国国内で同様の理由で罰金を科されたのは今回が初めてだと新華網は伝えた。またこの日、中国版ツイッター「微博」には、吉林省にあるロッテマートの前で中国人らが大型プラカードを掲げ、不買デモを行う様子が投稿された。
(引用ここまで)
李総裁は28日、企画財政委員会の業務報告に出席し、金賢美(キム・ヒョンミ)共に民主党議員が高高度ミサイル防衛体系(THAAD)配備後の中国との関係が通貨スワップに影響を及ぼすこともあると懸念を表したことに対し、「通貨スワップは相互金融・経済協力レベルで結んだ」とし「政治・外交的な影響を受けないのが望ましいと考える」と答えた。

金議員が協議が中断した韓日通貨スワップの例を挙げると、李総裁は「経済外的な要因が作用したもので、通貨スワップは金融協力レベルで接近するのがよい」とし「(韓中通貨スワップは)両国好意的次元で結んだものであり、両国の経済に役に立つという論理で協議に臨む」と伝えた。

李総裁は「今の外貨準備高は不足していない水準だが、安定網を拡充するために通貨スワップが必要」と診断した。
(引用ここまで)

 中国がTHAAD配備決定の際には報復に出るというのは既出の通り。中国大使は1年前に「一瞬で中韓関係は破壊される」と予告していたのですから、そうなるのでしょう。
 あとは報復で同調していたロシアがどう動くか、というのも変数ですね。

 当然のように共産党の狗である中国メディアはTHAAD配備に対しての報復を報道。
 それも「断交まで視野に入れて」という徹底したもの。
 もちろん、韓国軍と土地を交換したロッテに対しても報復に出ている。

 で、次期大統領の最有力候補と目されているムン・ジェインは「俺が次期政権に持ち越せと言っているんだから持ち越せや」とゴリ押し。
 所属政党の共に民主党は「ロッテの贈賄、背任だ」と圧力。


 韓国メディアは中国の報復宣言に戦々恐々としていて、韓国銀行総裁は「え、これで中韓通貨スワップ協定なくなるとやばいです」と所信を述べる。


 中国がなぜここまで強硬策に出るのかという話にもなっているのですけども。
 その主な原因をTHAADミサイルシステムのXバンドレーダーに求める話も少なくありません。
 まあ、THAAD配備を中国が嫌がっている主因はそこにあるのは間違いない。
 北朝鮮の弾道ミサイル監視だけではなく中国、ロシアへの監視にも使えるXバンドレーダーを配備されてはかなわないというのは本音でしょう。
 ただし、本音の一部。
 本当の理由は、韓国はすでに中国の軍門に下っているという認識をしているからに他ならないのですよ。
 政府関係者の定期交流会で中国の当局者が韓国政府関係者に「朝貢してはどうか」って話をした、なんてエピソードもありました。なぜかそれが日本のせいになってましたが。
 もはや中国からの視点では韓国は朝貢すべきだという認識にある。
 すでに冊封体制に取り込まれている国であるという認識なのです。

 その褒美としてパク・クネは2015年の抗日戦勝パレードでは天安門に序列ナンバー2として参列させてもらえた。ついでにパン・ギムンまで参列してましたね。
 韓国側も冊封国であることを誇示していたはずなのです。
 その冊封国が、中国がやめろと警告していたTHAAD配備を決定した。
 そうなると他の冊封国に対して示しがつかない。

 序列ナンバー2の国に対して裏切りを許せば、それ以下の国は動揺する。
 だからこそ、しっかりと報復を行わなければならないのです。
 もちろん、アメリカが中国の覇権体制を揺るがそうとして、狙っている部分もあるでしょう。
 私企業であるロッテまでが報復の対象となっているのはそういう理由からなのですね。

 ムン・ジェインに関しては「もはや実質的な大統領である自分をないがしろにするとはなにごとか」という意識でしょう。
 去年の11月の時点で一議員に過ぎない立場の人間がトランプに当選の祝電を送ってたりしますからね……。
 すでに大統領気取りなのですよ。

中国4.0のルトワックの気になる記事が載っている模様。
文藝春秋SPECIAL 2017年春号[雑誌]
文藝春秋
文藝春秋
2017/2/25

韓国人「THAAD配備の報復なんて大国の中国らしくない!」……中国をなんだと思っているのやら……中国当局がロッテを徹底調査

中国、ロッテ事業所を立ち入り税務調査…韓国THAAD配備への報復か(中央日報)
【社説】中国の偏狭なTHAAD報復…大国にふさわしくない(中央日報)
中国政府が最近、中国に進出したロッテグループの全事業場に対して同時多発的な税務・消防・衛生調査をする異例の措置を取り、THAAD(高高度ミサイル防衛体系)に対する報復でないかという疑惑を呼んでいる。中国はロッテグループ上海本部をはじめ、中国内の150余りのロッテ店舗と事業場に対して高強度の調査を実施している。中国の措置は、ロッテが慶尚北道星州(ソンジュ)のゴルフ場をTHAAD配備の敷地として提供したことに対する報復の性格が強い。

中国のTHAAD報復は「等価対応(tit−for−tat)」と分析される。THAAD配備が一段階進展するたびに報復の程度を高める方式だ。中国はすでに韓国行きの中国人観光客20%縮小指示に続き、韓流を制限する措置を取っている。さらに韓国の駐中大使が中国内の韓国企業工場竣工式に出席して祝辞を述べるのを阻止したりもした。こうした中国のTHAAD報復は一言で大国らしくない。まず中国の習近平国家主席が明らかにした近隣諸国との4原則、親しく交流する(親)、誠実に応対する(誠)、恩恵を与える(恵)、包容する(容)という精神に外れる。また、THAAD導入を主導する米国に対してはまともに対応できず、それより弱い韓国、さらに企業や芸能人など弱者をターゲットにして腹いせしているという指摘が出ている。特に北朝鮮の核に対応するための韓国の防御的措置に対し、代案の提示もせず「THAAD反対」圧力を加えるというのは、我々の安保に脅威でもある。

我々は中国が大局的な立場でTHAAD報復を直ちに撤回することを期待する。韓国政府もTHAAD導入において中国の立場を十分に配慮する措置が求められるだろう。また文化や経済などその他の分野での協力を強化し、THAADのように安保分野で発生した対立を最小化する努力を傾ける必要がある。韓国企業としては中国市場にオールインする場合のリスクをより慎重に考慮する側面で、対中国進出戦略を新たに構想しなければならない。
(引用ここまで)

 既報のようにロッテが自社所有のゴルフ場をTHAADミサイル配備用に提供しています。
 その報復として中国が現地法人のロッテに対してさまざまな調査を実施した……と。
 で、この中央日報の社説は「そんなの中国らしくない!」と訴えているわけですが。

 中国をなんだと思ってるんでしょうかね。
 どうも韓国から発信される情報を見ると、中国を徳のある儒教精神に溢れた父親のように感じているようなのですが。
 以前も朝鮮日報が「王道を歩むはずの大国である中国がTHAAD配備で制裁をすべきではない。韓国は属国ではないのだから」みたいな記事を書いていました。
 ちょっと前には「中国は韓国のビジネスパートナーだ」なんてことを恥ずかしげもなく書いていましたっけ。

 対等な関係だとどこかで思っていた……というか、そうあることを願っていたのでしょうね。
 属国ではない。朝貢国でもない。対等なビジネスパートナーであり、友邦であると。

 でも、そもそも中国は事前に「THAADを配備したら中韓関係は一瞬で破壊される」って警告していたのですから、それを実行に移しただけなのですが。1日に3回警告した、なんてこともありました。
 さすがに「一瞬」は白髪三千丈のお国柄なのでアレですが。
 中国側から見たら「だって言っておいたのにwww」ってくらいなもので、草不可避ってとこでしょうかね。

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)
エドワード・ルトワック
文藝春秋
2016/3/18

韓国のロッテ財閥、会長まで逮捕状請求で投資判断もすべて保留。経営権問題再燃も?

ロッテ創業者の長女 ホテルロッテなどの取締役を辞任へ(聯合ニュース)
ロッテ創業者の「妻」を在宅起訴 出頭せず日本に滞在(聯合ニュース)
検察が韓国ロッテ会長の逮捕状請求 創業者らは在宅起訴へ(聯合ニュース)

 ロッテ財閥がえらい騒ぎになっています。
 長女の辛英子が裏金作りの背任で逮捕されて以来、全面的に捜索を受けている状況で、ざっくりこんな感じになってます。

・会長(次男)  逮捕状請求(背任・横領)
・創業者    在宅起訴(贈与税脱税)
・└内縁の妻  在宅起訴(贈与税脱税)
・長男     在宅起訴(贈与増脱税)
・長女     逮捕起訴(横領・背任)
・副会長    自殺(会長の最側近)

 ぐっだぐだ。
 韓国の財閥は政府が本気になればこうなるのです。叩かれて埃の出ない財閥なんて存在しません。
 え、韓国の検察、司法は政府から独立しているって? またまたご冗談を。
 加藤達也氏の起訴から裁判までの一連の動きを見れば実態がどうであるかは一目瞭然。
 これまでの政権が財閥に手を出してこなかったのは、やぶ蛇を恐れてきたからです。

 韓国では財閥と政府は原則として持ちつ持たれつの仲なので、下手に手を出すと暴露される可能性がある。
 旧大宇の会長であった金宇中が4兆円を持ち逃げしても大した捜査が行われず、海外で悠々自適の生活を送ることができていた。
 さらに韓国に帰国からしても裁判で1兆円以上の追徴金を課せられたのに未納のまま大統領特赦

 こんな国であるからこそ、逆に財閥への徹底捜査が政権からの支持であることが理解できるのですよ。
 今回のロッテの場合はずぶずぶだったのはイ・ミョンバク政権。
 第2ロッテワールドの許認可でも分かるように、イ・ミョンバク政権下で伸びてきたロッテを叩く分には問題ないということなのでしょう。

 逮捕状請求=身柄拘束ではありませんが、検察の勢いは拘束まで行く感じです。
 次男の辛東彬はいわゆるロッテ版「兄弟の乱」でクーデターを起こして会長の座を簒奪したものの、ここで逮捕で身柄拘束になるとまた経営権問題でぐだぐだしたりするかもしれませんね。


日本よ、これが韓国財閥の威力だ → ロッテ財閥の脱税額の巨額さを見よ!

ロッテグループ一家、600億円台の脱税か=韓国(中央日報)
ロッテグループの辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)総括会長(95)が事実婚関係のソ・ミギョン氏(57)氏と娘のシン・ユミ・ロッテホテル顧問(33)に日本ロッテホールディングス株を譲渡する過程で数千億ウォン台の脱税があったことを裏付ける証拠を検察が確保した。

ソウル中央地検特別捜査4部は、ソ氏の親子が海外に作られたペーパーカンパニーを通じて辛総括会長から日本ロッテホールディングス株6%を譲り受け、6000億ウォン台(約600億円台)の贈与税を納めなかったと把握していると4日、明らかにした。日本ロッテホールディングスは韓国・日本ロッテグループ支配構造の頂点にあり、その価値は数十兆ウォンにのぼると推定されている。

これに先立ち検察は持ち株贈与過程で税金を納めないよう助言した国内A法務法人から関連資料の任意提出を受け、調べてきた。検察は資料分析と関係者の取り調べを通じて、ロッテ側が2005年に米国・香港・シンガポールなど4カ所にペーパーカンパニーを作り、辛総括会長のロッテホールディングス株を譲渡する方式をとったことを確認した。検察は近くソ氏の親子を呼んで関連事実を調べる方針だ。
(引用ここまで)

 そうそう、「ダイヤモンドの匙」をくわえて生まれてきた人々はこうなのです。
 以前に韓国の上位20%の末尾が年収500万円っていう記事があって、自分のイメージする韓国上位層の感触と噛みあわなくてもやもやしたことがあるのですが。
 詐欺の被害でスイス銀行から100億円だましとられたとかの事件のほうが、よほどイメージにあいます。

 よく記事を読んでくださいな。
 「600億円を贈与した」、ではないのですよ。
 贈与によって生じた贈与税600億円を払わなかった、です。つまり、贈与した分は1200億円相当とかそのくらいですかね。最大税率は50%だったはずなので。
 いやぁ、すがすがしい。

 韓国の財閥における贈与であったらこうでなくちゃいけません。
 「こうあれかし」というか。そして、本来だったら時効になったあとに「こういう事実があった」とかなるのではなく、事件として立件されそうだということにちょっと驚きを覚えますけどね。

 この脱税事件を見れば、ロッテの免税店で20億ウォンの裏金云々で捜索を受けたという話に「たった2億円ごときで?」とピンとこなかった楽韓さんの気持ちが分かってもらえるのではないかなと。

起業5年目までに知らないと損する 節税のキホン
山口真導
すばる舎
2014/9/26

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ