楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

ロンドンオリンピック

 相互RSS募集中です

韓国人が「統一旗に独島がないなんて!?」と大騒ぎ → どうやらその原因はロンドンオリンピックにあった模様

合同入場で使用の朝鮮半島旗に独島描かず 平昌五輪組織委が説明(聯合ニュース)
平昌五輪の南北合同入場統一旗の独島はない(ノーカットニュース・朝鮮語)
平昌冬季五輪(2月9日開幕)の開会式で韓国と北朝鮮が合同入場する際に掲げる朝鮮半島旗には独島が抜けていることが23日、分かった。

 平昌冬季五輪組織委員会はこの日、大会主要会場の平昌アルペンシアリゾートに設けられたメインプレスセンターで開かれたメディア向けイベントで「南北の選手団が合同入場する際に旗手が掲げる朝鮮半島旗には独島が抜けている」とし、「これは1991年に日本の千葉で開かれた南北合意にともなう結果」と説明した。

 組織委文化行事局の金大顕(キム・デヒョン)局長は済州島を除き、西端の馬鞍島、東端の独島、南端の馬羅島は朝鮮半島旗には含まれないとし、「独島も前例に従う意味で今回表示されない」と説明した。

 朝鮮半島旗が初めて登場したのは南北合同チームが初めて出場した1991年の世界卓球選手権大会で、当時南北は協議を通じ、朝鮮半島と済州島を旗に描いたが、独島などの島は描かなかった。

 だが2006年のトリノ冬季五輪と2007年の長春冬季アジア大会では独島が入った朝鮮半島旗が使用された。日本が独島の領有権を繰り返し主張することから、朝鮮半島旗に独島を含めるべきとの気運が高まったことを受けての結果だ。

 これについて組織委関係者は「2006年トリノ冬季五輪の場合、これまでの合意のとおり、独島が抜けた朝鮮半島旗を使おうとしたが、北側が独島の表記を主張して修正された」と説明した。

 また「国際オリンピック委員会(IOC)は五輪を政治的に活用してはいけないと強く主張している」とし、「実測すれば鬱陵島はもちろん、独島も朝鮮半島旗では見えないのが事実だ。独島を見せること自体、IOCは政治的な行為と認識して受け入れない」と補足した。
(引用ここまで)

 楽韓Webでは既報の「統一旗に独島が描かれていない」という事実がようやく韓国にも出回りはじめました。
 詳細はそちらのエントリを見てもらいたいのですが、簡単にいえばIOCが認定している統一旗には済州島だけが描かれており、独島はおろか鬱陵島すら描かれていないというものでした。
 これについて韓国オリンピック組織委員会では「最初に使った統一旗ではそもそも独島は入っていない。当時の合意に従ってこれを使用する」といった話をしているのですが。
 おかしな話なのですよね。
 記事にもあるようにトリノでは実際に鬱陵島と竹島の描かれた統一旗が使われて入場行進をしているのです。

North and South Korea Agree to March Under One Flag at 2018 Olympics(daily intelligencer・英語)

 最後に統一旗が使われた入場は2007年の長春アジア大会。
 その後、保守政権であったこともあり、南北関係は冷えこんで統一入場云々をするような空気にはならなかったために使われていないのですが。
 ともあれ、過去には「独島の描かれた統一旗」が使われて入場していたことは間違いない事実なのです。

 それからこれまで、なにがあったかというとロンドンオリンピックのサッカー3位決定戦で「独島は韓国領土」というプラカードを掲げたパフォーマンス、そしてその行為への懲戒

 いわばこの件で有罪判決を受けたために、韓国は二度と「独島云々」をオリンピックにおいて言えなくなってしまったのですね。
 当時、「銅メダルの授与があったから韓国の実質勝利だ」というような論調が韓国にはあふれたものでしたが。
 その結果、自国開催のオリンピックで自国旗も掲げられず、さらには統一旗にも「領土紛争地域の記入は政治的行為である」と禁じられた、というオチになったのでした。

 ノーカットニュースのほうには3500弱のコメントが投稿されています。「独島は我が領土だろう!」というものもありますが、なかば諦観というか。
 「自国開催なのに自国旗も出せない。統一旗には独島も描けない……なんなのこれは」みたいな感じになってますね(笑)。
 まさに自業自得です。

自業自得?
井内舞子
GENEON UNIVERSAL ENTERTAINMENT
2011/1/26

ロンドンの銀メダリスト、パク・テファンがメダル報奨金をもらえずに通販番組に出演

競泳:朴泰桓、メダル褒賞金もらえず通販番組に出演!?(朝鮮日報)
> 韓国競泳界のスター、朴泰桓(パク・テファン)=23、檀国大大学院=が、栄養ドリンクの通販番組に出演したことと、大韓水泳連盟からロンドン五輪のメダル褒賞金が支給されていないことが、海外メディアに報じられた。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル・アジア版は23日「五輪の英雄に対する処遇にファンたちが怒っている」として、朴泰桓をめぐる最近の韓国の世論を伝えた。

 同紙は「『マリンボーイ』との愛称で親しまれている朴泰桓が先週、テレビの通販番組に出演し、1時間にわたり健康補助食品を宣伝した。このような番組に 出演するのは、広告効果が落ちた有名人が、金が必要になった際に使う手のように映る」とつづった。また「朴泰桓が通販番組に出演して以来、大韓水泳連盟の ウェブサイトには、連盟を非難するファンたちの書き込みがあふれている」と報じた。

 同紙は「大韓水泳連盟が朴泰桓に対し、今年初めまでに支給するはずだったロンドン五輪銀メダルの褒賞金約5000万ウォン(約420万円)を支給しな かったため、こうした事態が起きた。韓国メディアは、朴泰桓が五輪後に水泳連盟の主催するイベントに出席しなかったため、連盟側との関係が悪化したと推測 している」と続けた。

 また、同紙は「朴泰桓はこのような状況でも楽観的」だとして、朴泰桓が先月インターネットのファンクラブサイトに寄せたコメントを紹介。このコメントで 朴泰桓は「褒賞金をもらえなくて気分が悪いとか悔しいといった気持ちは全くないが、父や支援チームのトップを通じて(連盟から)連絡が来ていれば、互いに すっきりしたのではないかと思う」と心境を語った。

 ウォール・ストリート・ジャーナルは、朴泰桓が昨年秋にスポンサーのSKテレコムとの契約延長に失敗した上、新たなスポンサーが見つからずに苦労しており、自費で練習費用を賄っていることも紹介した。
(引用ここまで)

 パク・テファンといったら、確かまだ大学生くらいの年代でまだまだ現役。少なくともリオオリンピックまでは行くだろうし、下手をしたらその次まで可能性はあります。
 それが通販番組のコメンテーター。
 メダル報奨金ももらえず、スポンサーも撤退、自費で練習費用捻出……か。
 個人的にはメダリストにしろ、国会議員にしろ最低限暮らせるくらいの年金なりなんなりは与えたいと個人的に思っているのです。
 それだけの仕事は充分にしていると思うので。

 ただ、このパク・テファンという選手、韓国水泳界にとってかなりの異端児というか、突然変異なのですよね。
 以前も日本代表と合同練習とかやっていましたはずです。
 ま、「合同練習」というよりは、日本代表の練習に参加という形だったのですが。
 要するに韓国国内じゃ練習環境がどうにもならないのです。
 現在も練習拠点はアメリカ。

 そのあたりが韓国水泳連盟にとって気に入らない部分でもあるのでしょうね。
 それにしても、メダル報奨金を渡さないとかすごいなぁ。
 儒教的とでもいうべきか。
 佐藤次郎への扱いをふと思い出しましたね。パク・テファン本人が明るくやっているというのがまだ救われますが。



IOC「韓国五輪委に警告を与えた」 → 韓国「ねんがんの銅メダルを取り戻したぞ!」

独島セレモニーの朴鍾佑帰国 半年越しのメダル授与へ(朝鮮日報)
IOC issues warnings to footballer Park, Korean NOC(IOC)

 韓国の報道は主従が逆なのですよね。
 IOCのリリースを見ても分かりますが、「IOCはパク・ジョンウと韓国オリンピック委員会に対して、ロンドンオリンピックにおいて行われた不適当な行動に対して強い警告を与えた」が主なのですよ。
 で、「IOCはKOCに対して競技者に向けてIOC憲章を遵守するよう教育をすることを求めた」という一文がきて、最後に「式典などを行わないことを条件にパクに対して銅メダルを与える」ときているわけですよ。
 もっとも重要なのは警告が与えられたということ。
 実際のプレスリリースを見ても、ボールドで書かれているのが「警告」なのです。
 ま、韓国にとっては「銅メダルを取り戻した!」ということがなによりも大事なのでしょうが。
 FIFAのときと同じで君たち「IOC憲章違反」っていう有罪宣告受けてるから。

独島プラカードのパク・ジョンウ、IOC懲罰委員会に直接釈明のためにスイスに向かっていた

<サッカー>“独島パフォーマンス”朴種佑、IOC判決前に自ら釈明へ(中央日報)

 「独島は我が領土」のプラカードを掲げたパク・ジョンウがIOC懲罰委員会に直接、事情説明に向かったそうです。
 この聴取は11日に行われるということで、これはスイスの属する欧州中央時間。つまり、日本時間では火曜日ということになりますか。

 ただ、懲罰委員会にかけられてもそのまま発表になるかどうかは不明。

 さて、FIFAによる懲罰のときには韓国マスコミから「大勝利!」みたいな報道が出ました
 銅メダル授与は間違いない、というような話も出ていますね。
 この懲罰委員会の判断によっては、来年のソチ五輪ではとても「面白い風景」が見られるようになると思うのですが。
 さてはて。

ロンドンオリンピック総集編 2012年 8/30号 [雑誌] (週刊朝日増刊)ロンドンオリンピック総集編 2012年 8/30号 [雑誌] (週刊朝日増刊)
販売元:朝日新聞出版
(2012-08-17)
販売元:Amazon.co.jp

「独島パフォーマンス」のパク・ジョンウに対してFIFAは2試合の出場停止と、韓国サッカー協会に注意処分を科す

五輪サッカーで竹島メッセージの朴鍾佑,2試合出場停止と罰金(ロイター)
「独島メッセージ」韓国選手 出場停止に=FIFA(聯合ニュース)
Korea Republic’s Park Jongwoo suspended for two matches(FIFA.com)
>ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦で日本を破った直後に韓国代表の朴鍾佑(パク・ジョンウ)選手が政治的メッセージを掲げた行為に対し、国際サッカー連盟(FIFA)は2試合の出場停止処分を下した。
FIFAはスポーツ精神に反した行動を取ったとして、朴選手に3500スイス・フラン(約31万円)の罰金も科した。同選手は竹島(韓国名は独島)の韓国領有を主張するメッセージを掲げた。

このような行為が繰り返された場合、より厳重な措置を講じるとFIFAは韓国サッカー協会に対し警告した。
(引用ここまで)

 韓国のマスコミでは「この2試合の出場停止は軽い処分だ、銅メダル授与は確定的」としてますが……どうでしょうかね。

 2試合の出場停止、というところにちょっと意味がある気がしています。

 FIFA.comの文章の最後に「According to art. 118 of the FIFA Disciplinary Code, this decision cannot be appealed against and is therefore final and binding.」とありまして、簡単に訳すと「118条の規定により、この決定に関して上訴を受け付けず、最終的に決まったものであり拘束力を持つ」と いうことです。
 というのはFIFA規定では3試合以上の出場停止となると、抗議することができるのですよ。FIFAが抗議を受理すると処置はいったん棚上げにしなくてはならないという規定がありまして。
 そうなるとこの処置をまた止めなくてはならない。つまり、IOCに処分内容を送ることができないのです。
 FIFAが「処分を固定する」ことを急いだという気がします。

 そして他の処分、たとえば暴言や暴力行為で「クラブには注意処分が行われた」というのは普通にあるのですが、「次にやったらさらに重い罰を科す」とわざわざ書いているのはちょっと目にしたことがないです。
 FIFA.com曰く、「The Korea Football Association was warned that should incidents of such nature occur again in the future, the FIFA Disciplinary Committee may impose harsher sanctions on the Korea Football Association.」――「韓国サッカー協会は将来においてこのような事象が生じないように注意しなくてはならない。さもなくばFIFA懲罰委員会 はさらなる罰を科すであろう」というところですか。
 この中のharshというのがかなり強い単語です。
 なので、これを「軽い処分だ」としているのはちょっと意味不明かなぁ……と個人的には感じます。

 そもそもが「独島パフォーマンスをしたのは違法な『政治行動』である」ということが認定されているんですが。
 逆にいえば、この処分が行われたことによってFIFAが竹島は領土紛争地域であると認めたというわけですよ。韓国としては「これは『ソウルは我が領土』と言っているのと同じだ!」だったはずなのに、有罪判決ですよ?
 正直、これで「軽い処分」とか「ほぼ無実」と言っているのなら「脳天気だなぁ」としか思えません。
 IOCの処分はまた別の話ですしね。

パク・ジョンウの独島プラカード、FIFAが行うのは懲戒の有無、軽重のみでメダル授与はIOCの専権事項

FIFA to hear case over South Korea Olympic protest(ロイター/英語)
>The decision regarding the medal is down to the International Olympic Committee (IOC) while FIFA decides on any suspension.
(引用ここまで)

 FIFAは懲戒を施すのみで、メダル剥奪を行うかどうかはIOCの専権事項……ということだそうです。
 つまり、FIFAは「n試合出場停止」とか「罰金○万ドル」、あるいは「KFAの代表のワールドカップ予選における勝ち点剥奪」といった懲戒のみ。
 その懲戒を見てIOCはメダルを剥奪するかどうか、それが個人なのか団体であるのかを判断するということになるようです。
 後者だったりすると面白いんですけどねー。
 IOCには是非、一罰百戒を狙ってほしいです。

「パク・ジョンウへの処分発表は20〜21日にはなし」とFIFA広報が明らかにするほどの事案で処分なしはありえない?

処分発表は今月下旬以降に 五輪サッカー竹島問題(スポニチ)
> 国際サッカー連盟(FIFA)の広報担当者は19日、ロンドン五輪で韓国の竹島(韓国名・独島)領有を主張するメッセージを掲げた朴鍾佑(韓国)への処分発表は、早くても今月下旬になる見通しを明らかにした。

 FIFAの規律委員会は20日、この問題で2度目の聴聞会を開くが、結論が出た場合も報告書作成や翻訳に数日を要するという。
(引用ここまで)

 あら、というわけで今日明日には発表はないそうです。
 というか、これほどまでにFIFAから広報されてしまう事案で「なにも処罰がない」なんて話はありえないと思うのですが。
 事案の大きさからこれだけ伸ばされてきたわけですからねぇ……。

「独立闘士」こと、パク・ジョンウの独島プラカードへの裁定が20日に

ロンドン五輪の竹島問題 FIFAが20日規律委員会開催(スポニチ)
FIFA、20日に“独島パフォーマンス”懲戒委員会(中央日報)

 ようやっとFIFAの懲戒委員会が今月の20日に『独立闘士』こと、パク・ジョンウの件をお白州に乗せるそうです。
 さすがにこれだけ伸ばしておいて、なんの処置もなしというのは考えにくいでしょうね。

 というように考えられるのですが、韓国国内では未だに「ハプニングとして処置なしも充分に考えられる。当然、メダルも授与されると考えている」みたいな発言があって苦笑せざるをえません。
 それは予想というより「こうなるといいなぁ」という願望でしょっていう。
 おそらくFIFAの本部があるスイスで行われるのでしょう。ということは現地時間で午後に結論が出るとして、発表は日本時間の21日未明前後って感じでしょうか。
 とりあえずは結果待ちですね。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ