楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

不正部品

 相互RSS募集中です

韓国「消防服が検査なしで納入された」 → 政府「性能に問題ないんでそのまま着用しろ」 → 消防士「水は吸うし、凍りつくし……どうにかしてくれ!」

[独占]今度は「水を吸う消防服」論議...消防士安全の脅威(JTBC/朝鮮語)
[アンカー]
消防士が着る防火服を適切に検査していなくて問題になった防火服不良検査議論。たぶん覚えてことでしょう。国民安全処は問題となった防火服約2万着に再検査をして、一線に普及しましたが。今回の検査もやはり不良のままでした。最前線に立っている消防士は「水を吸い込む消防服」としながら不快感を訴えています。これは不便であるというだけではなく、実際には消防士らの生命と直結する問題でもあります。
ガンシンフ記者が単独報道していただきます。

[記者]
国民安全処が「何の問題もないので既存の防火服を着用するように」との決定を下したのが昨年4月でした。
shoubou0
「未検査の疑いのある特殊防護服をそのまま着用すると決定」

ところが消防士たちは、この防火服に重大な欠陥があると口を揃えます。

イ・ジョンイル/ソウル麻浦消防署鎮圧隊長:「撥水性が落ちた消防服は現場での作業中に吸水してしまうのです。氷点下の寒さでその水が凍ってしまい、重さも増えてしまうというジレンマが……」

大田地域の消防士:「長時間活動していると安全装備のささいな重さも非常な重さに感じるのです。水が染みこんでくると疲れで話すこともできず、すぐに肌に触れてしまいます」

消火時には放水を続けなければならず、消防服にとっては防水機能も防炎機能に劣らず重要な要素です。
実際に、現在の消防防火服の性能がどのていどのものなのか、直接着用して水をかけてみました。
ただでさえ装備が重い上に消防服が水まで含んでしまい、より力が必要になります。重量がどのくらい増えたのか検証してみましょう。

shoubou1

10分間、水を流しながら鎮圧状況を再現したところ、消防服の重量が1.8kgが増えました。

冬季にはさらに問題が深刻になります。取材陣が冷凍倉庫で実験を試みました。
氷点下15度の冷凍庫に15分ほど水を吸った消防服を使ってみました。凍りついてしまい、まともに動くことができません。

shoubou2

繊維研究機関関係者:「1.8kgほど重量が増加した場合、大量の水を吸収しているとみてよいでしょう。氷が凍るほどであれば耐水、撥水機能は機能していないと見てよさそうです」

過去5年間の火災を鎮圧である負傷した消防士は362人です。
不十分な消防防火服が消防士の安全を脅かしています。
(引用ここまで)

 去年の2月にいつものようにいつものごとく、防火性能の検査を省略した消防服が納入されたという事件がありまして。

いつもの韓国シリーズ:今度は不正認証された消防服5300着を消防署に供給で大混乱

 検査されていなかったものは5300着だったのですが、それが既存のものに混ざってしまって2万着が使えるんだか使えないんだか分からない状況になっていたのですね。
 実に韓国らしい事件だったのですが。

 その後、「どうやら検査されなかっただけで問題ないのでそのまま着用」という結論になったそうですよ。
 すごいですね。
 日本だったら経緯はどうであれ全量廃棄は間違いないと思いますが。
 このあたりで韓国のダイナミックさが象徴されているんじゃないかと思います。別の言葉で言うのであればケンチャナヨですけどね。 

 んで、その消防服を改めて装備したところ水は吸い込むは、凍りつくはで使い物にならないと。
 検査もしてない、性能は悪いと。
 おそらく要求性能はちゃんとしたものであったと思うのですよ。撥水性があり、零下○度でも凍らない……というような形で。
 でもって試作品はその要求性能を満たしているものだったのでしょうね。

 でも、量産品は見ての通り。
 試作品と量産品のクオリティの差は、そのまま製造費の差になるわけで。
 どこかで誰かがその差額を入手しているのでしょう。ま、いつもの韓国の風景です。

韓国人による恥韓論 韓国人による恥韓論シリーズ (扶桑社BOOKS新書)

いつもの韓国シリーズ:今度は不正認証された消防服5300着を消防署に供給で大混乱

消防署員の命綱…特殊耐火服5300着がニセモノ=韓国(中央日報)
【取材日記】消防署員の耐火服まででたらめな韓国(中央日報)

性能検査さえ受けなかった消防用特殊耐火服5300余着が全国消防署員に支給されていたことが一歩遅れて確認された。国民安全処は、このために問題になった5300余着を含め最近納品された1万9000余着すべてを着用しないように一線の消防署に通知した。どの耐火服が検査を受けていないのか判別できないためだ。問題になった耐火服はD社とK社の2社が2年前から調達庁の入札を経て市や道に供給したものだ。2社が納品した耐火服のうち一部で、韓国消防産業技術院(KFI)の製品認定検査を受けていないことが発覚した。納品会社は耐火服が火炎や高温に耐え切れるのか確認する製品認定検査を必ず経なければならない。

安全処は調達庁が契約した耐火服1万9300余着と製品認定検査を通過した耐火服の数量を比較した。その結果、5300余着が検査をせずに納品されたことが明らかになった。だが、「不良耐火服」がどれかは識別できないでいる。
(引用ここまで)
問題の企業等は「製品には欠点はない。納品期日に合わせようとしたところ、検査を省略することになった」と言い張っているようだ。実際に性能には問題がないのかもしれない。だが、すでに消防署員の信頼にはひびが入った。現場に出動した消防署員が火の中で情熱を傾ける前に、着ている耐火服を見つめながら躊躇(ちゅうちょ)するかもしれない。

韓国では年間平均7人の消防署員が殉職する。人口に比べて消防署員の殉職率は日本の2.6倍になる。装備の不良もこの比率を押し上げる一因となっている。危険の第一線で命を賭けて仕事をする彼らに耐火服一着もまともに用意することができないこの国が恥ずかしい。
(引用ここまで)

 いまさらのように「この国が恥ずかしい」って言ったって、そんなんばっかりじゃないですか。
 原発の不正部品は言うに及ばず。
 KTXのブレーキも不正部品が納入されたけど、どの部品をどこに取り付けたか分からなくて全数検査とかやってましたし。
 KF-16は廃部品から再生したもので修理。
 セウォル号事故はそういった韓国のてきとーな文化が爛熟して結実したものなのですよ。

 ただ、そうやって韓国は経済成長を遂げてきたのですから、「我が国はメチャクチャだ。そうやって世界経済10位圏にまでたどり着いたのだ」と胸を張って言えばいいと思うのですけどね。
 こうやって安全係数を削り取ることで製品やサービスにアドバンテージを得てきたのですから。

 それを「恥ずかしい国だ」なんて、いまさら素面に戻って言われても鼻白むだけですわ。
 韓国人には一騎当千の遺伝子があるとか、韓国人はリーダーシップ遺伝子を持つ民族だとか、数学オリンピックやブレイクダンスで日本を圧倒しているから、人材競争力では日本よりも韓国が上とか言ってればいいんですよ。
 自尊心に酔っ払ったままでね。

 今回の話も「検査すらしなかった耐火服で勇猛に戦う韓国人消防士は素晴らしい」くらいに言ってりゃいいのに。
 韓国というものをミリほどでも誇るのであれば、そのバックボーンとなっているこういう「文化」を含めてですわ。

kurokanshi

韓国社会:またいつもの不正部品で差額を懐に。ばれても処罰は減給3ヶ月だけ

“鉄道マフィア”が部品性能試験の成績書を偽造=韓国(中央日報)
>中央日報が2012年9月の鉄道技術研究院の「試験成績書不適正活用など特別監査結果」報告書を6日に入手し、分析した結果だ。報告書によると、鉄道技術研究院のパク元責任研究員は当時、AVTのレール締結装置の性能試験をせず虚偽試験結果と成績書様式をAVT側にメールで送った。AVTは「欠陥がなく製作図面に適合」などの結果が書かれた成績書を鉄道公団に提出した。しかし発行日時・番号がない成績書だった。これを疑わしく思った鉄道公団の性能検証委員会が研究院に正式に発行照会をし、偽造が明らかになった。

しかし鉄道技術研究院はパク元研究員の不正を摘発しながらも、減給3カ月の軽い処罰で終えた。またAVTは成績書偽造という重大な欠陥にもかかわらず、翌年、鉄道公団が発注した湖南高速鉄道のレール締結装置の独占納品を獲得した。

ソウル中央地検は先月28日、AVTの納品不正に関与した容疑で、鉄道技術研究院とCコーポレーションを家宅捜索した。検察は空港連係レールの設計を引き受けたCコーポレーションのキム代表が、パク元研究員と組んでAVTに有利な試験成績書を作成したとみて捜査中だ。2人は鉄道高校土木科の同期生だ。また、成績書偽造事件当時、AVTのキム常務はキム代表と同じ韓国鉄道学会の会員だった。今回の捜査の対象には鉄道学会の会員が多数含まれている。
(引用ここまで)

 「証明書偽造」で必要とされているクオリティをこなしているのかどうか不明な部品を納入。
 本来、必要であったクオリティのある部品との差額を懐に入れる。
 韓国でのいつものパターンですね。

 原発KTX各種兵器の部品でもまったく同じように証明書を偽造して発覚。
 先日の「国の格が低いから逮捕請求却下」の逮捕請求内容も検査してないのに検査をしたという、一種の証明書偽造でした。
 日本へ違法入国するときも、パスポート偽造や指紋偽造をしていましたね。

 これだけやっているのですから、他の分野にないわけがない。
 むしろ、こういった証明書偽造をするエージェントが存在するはずです。

 でもって、こういうのは韓国の、朝鮮半島での伝統なのですよ。
 銅銭を鋳造する役人が原料の銅をがめていて、代わりに鉛を使っているので市中でまったく銭の信頼性がないという話を、イザベラ・バードが朝鮮紀行で書いています。
 李氏朝鮮から綿々と続く伝統なのです。

 伝統だからこそ、違和感を感じることなく同じような犯罪に手を染めることができるんじゃないかなと。
 強烈な仲間意識である「ウリ」によって偽証罪の人口あたりの発生件数が日本の671倍になるのと、構造的には同じだと思われます。

 セウォル号沈没事故を契機として、こういう馴れ合いを一掃したいというのがマスコミの空気なのですが、そううまくはいかないであろうことは歴史によって証明されています。
 ひとつの事柄が自分たちの益にならなくても、それが巡り巡って将来的な益を侵害しそうだという臭いに敏感なのですよね。
 だからこそ、韓国では贈収賄は終わらないのです。部品の証明書偽造も同じことです。

偽造の手口―現代犯罪の実情
偽造防犯研究会
データハウス
2005-03


南大門の建材、いつものアレでロシア産の金剛松が使われていた

 [独占スクープ] “崇礼門の柱にロシア松使った”(時事ジャーナル/韓国語)

 元ネタはシンシアリーさんのblogから。

 時事ジャーナルというのは韓国の週刊誌で、やや硬めのところ。
 週刊新潮とか文春よりもちょっと硬めかなぁ……。
 そこのスクープだそうですよ。

 すべて国産(韓国産)の金剛松を使って再建されていたはずの南大門。
 しかし、実態はロシア産の金剛松を使われていたそうです。

 「国宝1号」の南大門(崇礼門)を、外国産の建材で再建。
 国内に材料がないとか、充分な太さの木材がないとかじゃなくて。
 いつものアレ。

 原発の不正部品KTXのブレーキ国産化不正部品採用対空砲の砲身がただの鉄の管だった……とかいういつものアレ。

 なんでもロシア産の金剛松は韓国産のそれの1/100だったということで。
 こんな風に崇礼門が話題にならなければ、こんな検証が入ることもなかったのでしょう。
 ありとあらゆるシーンでこういった中抜きが行われていて、実際に判明しているのは氷山の一角でなければこんな風に判明しませんよ。
 不正部品、不正素材での中抜き自体が日常そのものなのでしょうね。

 32本中、7〜8本の柱がロシア産だそうで、もはや取り壊して最初から再建し直したほうが早いんじゃないっていう話まで出ているそうです。

 国宝1号まで中抜きの対象。
 なんというか……哀れな人たちです。


 

韓国型原発、新古里3・4号の不正ケーブル製造のせいでUAEへの輸出が詰み?

韓国型原子力発電所、新しいケーブル確保 困難…韓水原‘パニック’(ハンギョレジャパン)

 新古里3・4号機のケーブルがまたまた不正部品だったという件で追加情報。
 10月の記事なのですが、これはチェックしておく必要があると思われるのでエントリにしておきます。

 韓国政府には2015年9月までに新古里3・4号の稼働を急ぐ理由があるのですが、ケーブルを入手できずに期日までの稼働ができない模様。
 新古里3・4号機のケーブルの証明書偽造を行ったのがJS電線という会社だったのですが、その親会社がLS電線。
 現在、この原発にケーブルを納入できる能力があるのが、実はこの2社だけ。

 でも、JS電線は主犯なので納入不可能。というか、性能を満たすことができずに証明書偽造していたようなので無理。
 親会社のLS電線は新古里1・2号、および新月城1・2号のケーブルを交換していてキャパ限界。そもそも主犯の親会社にまかせることはできないだろうって話も出てるとか。

 で、海外企業に目を向けてもこの新古里3・4号機は新規の「韓国型原発」なので、 検証を最初からやらなくちゃならない。
 というわけで、海外企業に納入させるという手法では2015年9月に間に合わない。

 2015年9月に稼働が間に合わないとなにが起きるのか。
 この新古里3・4号機と同型機を納入する予定のUAEに、「稼働実績を積み上げられませんでした」ということで違約金を支払わなくてはいけないと。
 「とにかく輸出した実績を作りたい!」という必要性から警護の出兵約束をしたり、60年稼働保証をしたりととんでもないバリューセットだったのですが、その一環として違約金の契約条項も入れられたとのこと。

 で、その違約金が実際いくらなのか、けっこうソースを求めてふらふらしていたのですがどうしても見つからず。

 違約金がいくらであるかにもよるんですが……これってどこに向かっても確実に詰んでない?
 ケンチャナヨで無理矢理に稼働させる……かなぁ。

【新品】【書籍・コミック エンターテイメント】実戦式詰め将棋 九級から初段まで 10の手筋で初段になる
【新品】【書籍・コミック エンターテイメント】実戦式詰め将棋 九級から初段まで 10の手筋で初段になる 

原発、KTX、その他もろもろに続いて軍用ヘリやK9自走砲まで部品の証明書偽装が拡がる

韓国、兵器部品も性能偽装 原発や新幹線部品でも発覚(産経新聞)>
> 韓国で、北朝鮮の挑発に対抗する主力兵器のK9自走砲やことし実戦配備された初の国産軍用ヘリ「スリオン」などに、性能の成績証明書が偽造された不良部品が多数使われていることが12日までに発覚し、業者と監督当局に対する批判が起きている。
(引用ここまで)

 またですか。
 以前も書いたように、完全に証明書を偽造するシンジケートがいるんでしょうね。
 もしかしたら、部品製造を扱っている会社に営業をかけていたりするかもしれません。

「御社の部品ですが、当社の証明書を使用すればなんと証明にかかるテスト費用がゼロに!」
「ばれるようなものじゃありません」
「部品自体は確かなんですから!」

 ……やってそうだ。
 ま、さすがにこれは想像ですが。
 実際のところはどうか分かりませんが、これだけいろんな分野に渡って偽造証明書が出ているからには組織的なんでしょう。
 絶対に横のつながりがあると思うんだけどなぁ……。

今度はケーブルだ! 韓国の新規建設原発でまたまた証明書偽造で部品総とっかえ。来年の稼働は絶望的に

韓国の原発政策にダメージ? 2基完成遅れで被害多大(聯合ニュース)
韓国の原発でまた部品不良(朝鮮日報)

> 現在建設中の新古里原子力発電所3号機と4号機(各140万キロワット級)に使われているケーブルが性能不良であることが発覚、920キロに及ぶケーブルを全面交換しなければならないことが分かった。

 このケーブルの性能不良により、来年8月(新古里3号機)と再来年6月(新古里4号機)に予定されていた完成時期は少なくとも6カ月から1年ほど遅れる ことが避けられなくなり、来年夏も電力需給が危機的な状況となる可能性が高まった。また、新古里3号機が生産した電力を送電するために急がれている密陽送 電塔工事も影響を受けるものと思われる。

 産業通商資源部(省に相当)と韓国水力原子力は16日、新古里3・4号機に使用されているJS電線のケーブルを対象に、韓国機械研究院と防災試験研究院 で再試験を実施した結果、基準を満たしていなかったと発表した。JS電線はLSグループ「LS電線」の子会社だ。原子力安全委員会は試験成績書が偽造され ていたことを把握、6月に新古里3・4号機のケーブルについて再検査または交換を指示した。再試験対象になったのはJS電線600ボルト電力・制御・計装 ケーブル、5キロボルト・15キロボルト電源ケーブルだ。

 新古里3・4号機のケーブルは火炎試験合格基準をクリアできなかった。このため、試験統括機関の機械研究院は同日、不合格だったことを韓国水力原子力に 通知した。韓国水力原子力のキム・チャンギル建設先チーム長は「代替ケーブルを供給できる業者と接触しているところだ。ただし、JS電線は不適格業者とし て除外した」と述べた。
(引用ここまで)

 不正部品のごたごたが見つかった韓国の原発で、また新たに証明書偽造が発覚。
 今度はケーブル。しかも920キロメートルに渡って。
 これを総とっかえ。
 これで例の送電塔騒動の新古里3号、さらには4号の稼働が遅れることが決定的になりました。

 この新古里原発、韓国の電力不足に対して期待できる解決策のひとつだったのです。
 ……いや、ホントに。
 2011年の段階で「2014年には新古里3号、2015年には新古里4号が稼働する。2013年には電力予備率が最低の3.7%を記録し、2016年には10%を超えるだろう」というような予測があったのですよ。
 まあ、これは不正部品の露見、および送電塔騒動ははじまる前の予想なので、ガッタガタになっているんですが(笑)。

 もう、本当にイ・ミョンバクワールドを作っちゃうしかないのかもしれないですね。
 こういう相互不信が蔓延る社会を形成してしまったのは大統領だけじゃなく、韓国人全員の責任だと思いますが。

長いmicroUSBケーブルは一本あると便利ですよー。
マイクロUSBロングケーブル3M UKJ-XLC3:エアージェイ 5P13oct13_b [3]
マイクロUSBロングケーブル3M UKJ-XLC3:エアージェイ 5P13oct13_b [3]

KTXのブレーキに混入した不正部品の行方が分からなくなり、全数検査しなければならない韓国社会

不正部品ブレーキを使って運航していたKTX、どの客車に不正部品をつけたのかすら分からない事態に(韓国日報/韓国語)

 つい先日も「KTX湖南線で枕木の試験成績表が偽造されて納入されていた」という話がありまして。

湖南KTX、試験成績書が偽造された部品で施工(innolife.net)

 18万9000個がすでに施工されていて、その上をKTXが走っているとのことでした。
 「この施工されちゃった枕木はどうするのかねー」と思っていたのですけども。
 あ、すごいことにこの枕木って例の枕木とは別物らしいのですよ(笑)。

 で、今回はなんとKTX-Iのブレーキの部品が偽造証明書で認定されたものだったとのこと。
 まあ、それはいつもことなのですけども。
 原発ですら部品の証明書偽造をしているのですから、これはもう組織的な証明書偽造団みたいなのがいるんでしょうね。もはや伝統技ですし。
 パスポートやらなんやらも偽造して日本に来ている輩もいますし。
 部品偽造そのものにはもはやなんの感想もありません。
 これだけの相互不信社会を形成できるのは大したものだと思いますが(笑)。

 でも、もっとすごいのが「その部品がとりつけられたブレーキがどれだか分からない。だから全数のKTX-Iを調査する」ってなっているところ。
 これはすごい。
 韓国そのもののすごさを現していると言っても過言ではないですよ。

 どのコンポーネントがどの機器に使われているのか、追跡不可能って意味ですからね。
 ひとつの部品がある時期に製造機器の故障で強度を満たしていなかったとしたら、その部品が用いられた機材のすべてをチェックしなくちゃいけない。
 ケンチャナヨ精神の塊です。
 不具合が出なかったらなんの問題もなく過ごすことができますが、一度問題が出たらパニックですよ。

 韓国人は日本のことを「マニュアル社会で融通が利かない」というように言うのですが、最低限のマニュアルくらいは作っておかないとこうなるのですよといういい見本ですね。
 ちなみに、KTX運行に際してはオリジナルのマニュアルは作られていません
 ……すごい社会だわ。


 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ