楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

世論調査

 相互RSS募集中です

中国からも「韓国を信頼できない」とする世論調査結果が……コウモリ外交は結局こうなる運命

中国人の韓国好感度、周辺カ国中5位…日本より低い(中央日報)
中国人の韓国に対する好感度点数は日本より低いことが明らかになった。

韓国統一研究院が作成した「中国人の韓国に対する認識調査報告書」によると、中国人の韓国好感度点数は10点満点中3.4点で、周辺8カ国のうち5位を記録した。1位は米国(5.84)で、次いで日本(4.49)、ロシア(3.77)、インド(3.44)となった。 (中略)

また「韓国国民は信頼できるか」という質問項目に対して、「全く同意しない」(43.1%)、「特に同意しない」(34.3%)など、同意できないという回答が77.4%に達し、「信頼することができる」と答えた回答者は全体の22.6%に過ぎなかった。
(引用ここまで)

 なかなか面白いアンケート結果ですね。
 日本人から見た韓国の印象も「信頼できない」というものが約8割
 中国人から見た韓国の印象も「信頼できない」が77%と約8割。
 コウモリ外交の帰結するところはこうなるのだよといういいサンプルといえるのではないでしょうか。
 両方にいい顔をしようとしている相手というのは、どちらからも「敵の味方」と見られるのです。
 できることならこれにアメリカでの知識人の印象も重ねたいところですが、なかなか難しいかな。

 中国に関しては「恭順したはずの属国」が三不の誓いを掲げたにしても、いまだに在韓米軍が駐留しているところも気に入らないだろうし、中国の頭越しで北朝鮮との会談を行ったというところも気に入らないって感じですかね。
 今回のキム・ジョンウンの突然の訪中は、そのあたりのチャイナパッシングを正そうという中国側の意向もあるのかもしれません。
 ますます東アジア情勢は面妖になりつつあるなぁ。

 しかし、「信頼できるか」と問われて「まったく信頼できない」って答えるのが43.1%っていうところが中国の激しやすい部分となっていますね。
 なんだかんだで、こういう統計を取るとそれぞれの国のありようというのが答えから透けて見えてくるのが面白いところです。

中国人の10人に7人は「韓国はアメリカ側の国だろ?」と考えていた模様

中国人に韓国・韓国人に対する好感度を聞いたところ…(中央日報)
中国人の頭の中の韓国は今、どんな姿をしているのだろうか。

調査の結果、韓国に対する中国人の全般的なイメージは大きく悪化していることが明らかになった。2日、韓国の統一研究院が昨年9月に外交部からの依頼で調査・作成した「中国人の韓国に対する認識調査」の報告書によると、韓国に対するイメージはフィリピン・ベトナム・北朝鮮とほとんど差がないことが分かった。また、韓国との関係が過去1年間で悪化したとみている一方、核弾頭と大陸間弾道ミサイル開発で領域内の不安定を引き起こしている北朝鮮との関係改善も難しいと考えていることが明らかになった。

好感をもつ国について、回答者は米国と日本・ロシアの順で高い点数をつけた。昨年、境界隣接地域で衝突があったインドは、韓国・ベトナム・フィリピンよりも高い好感度を示した。北朝鮮は調査対象8カ国のうち最低点をつけた。

韓国に対する好感度は20代層が他の年齢帯に比べてやや高かった。経済的に余裕のある上海・南京の回答者が他の地域に比べて肯定的に認識している。韓国を旅行・訪問、あるいは韓国文化に接したり商品を購入したりした経験が多いほど肯定的な認識を持っていることが分かった。

過去1年間(2016年9月〜2017年8月)で関係が改善したと認識している国は米国が唯一だった。インドとの関係が最も悪化し、核開発で葛藤のある北朝鮮、南シナ海領有権紛争当事国であるフィリピン・ベトナムとの関係も良くないと認識している。

「韓国は、米国と中国のどちらと近いと思うか」という質問には10人中7人が「米国」と答えた。「中国」とした回答は10人に1人ほどだった。どちらも似たような関係だとする認識も17.8%あった。

韓国の国力に対する評価も否定的だった。回答者の57.6%が「弱い」と認識している一方、「強い」とする評価は42.4%にとどまっている。
(引用ここまで)

 ちょっと前に「ジャポニスムで日本に憧れたゴッホの頭の中にあった日本は実際の日本とは違う」「ムン・ジェインの描いている北朝鮮は、ムン・ジェインの頭の中にしかない」というようなことをちらっと書きましたが
 それは別にゴッホやムン・ジェインだけの話ではなく。
 大半の人間にとっての世界認識ってそうだよね、という話でもあるのです。
 「小日本!」だの「日本鬼子」って叫んでいる中国人が騒いでいる日本と、実際の日本は違いますし、韓国人が叫んでいる「戦犯国日本」や「放射脳汚染国」も異なっている。
 もちろん、逆から日本人が思い描いている韓国や中国も実際のそれとは乖離しているでしょう。

 でも、その「○○の頭の中にある××の姿」というものはけっこう大事なポイントで。
 「相手がこちらをどのような姿で把握しているか」ということを認識した上で相対するか否かは大きな違いですよね。
 というわけでいろいろな国の見ている「日本人の姿」を収集してはメモしたりしているのですが。
 今回の記事は「中国人の考える韓国人の姿」。

 去年の9月までで、中韓関係は悪化していると考えている中国人が多い。
 韓国が「アメリカ側」であると考えている中国人がおおよそ70%。
 国力として「韓国は弱い」と考えている中国人が57.6%。「強い」と考えているのは42.4%。

 三不の誓いをカン・ギョンファが韓国国会で唱えたのが11月ですから、それ以降の中国傾倒をどのように評価しているかという面は見えていませんが。
 この記事からすると中国人は、韓国を「アメリカ側の中堅国である」と捉えているいう認識が見えてきますかね。ちょっとあとで調査報告書本体を見てみることとしましょう。
 思ったよりも「アメリカ側である」という認識が多いのが意外ですかね。

 先月末に中国の消費者によるブランドパワー30という調査が発表されていまして。
 そこでも韓国企業がゼロでした。
 けっこう日本企業は自動車で健闘していました。こっちもあとでエントリ書いてみますか。

ただいま50%ポイント還元キャンペーン中です
戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊 (講談社+α新書)
川島博之
講談社
2017/10/19

安倍総理、平昌冬季五輪開会式に出席の報道 → 支持率上昇

内閣支持上昇55% 本社世論調査、「脱時間給」は拮抗(日経新聞)
Q1.あなたは安倍内閣を支持しますか、しませんか。

支持する 55(50)
支持しない 37(40)
いえない・わからない 8(10)
(中略)

Q8.安倍首相は2月に韓国での平昌オリンピックの開会式に出席します。あなたは、開会式に安倍首相が出席すべきだと思いますか、思いませんか。

出席すべきだ 55
出席すべきではない 33
どちらともいえない 6
いえない・わからない 5
(引用ここまで)

 単位パーセント。括弧内は前回調査(12月中旬)の内閣支持率の数字。

 今回の調査は26-28日に行われたもの。
 安倍総理が産経新聞のインタビューで訪韓の意向を発言したのが24日
 つまり、訪韓するということが充分に報道されたあとに行われた最初の世論調査。「直後に行われた」というほうが正確かな。

 12月中旬の前回と比べて、内閣支持率は5%上昇。

 平昌オリンピックの開会式に出席する、という前提で尋ねた「出席すべきと思うか、思わないか」という設問では──

 ・出席すべき 55%
 ・出席すべきでない 33%

 ──という結果。

 もちろん、訪韓してからどのような対応をするのかといった部分で評価は変わってくることでしょう。
 甘ったるい「未来志向の日韓関係が云々」みたいな話だけであれば、現在の「韓国への信頼度」や「慰安婦合意への新措置」に対する世論調査を見ても反感を得る可能性が多分にあります。

 でもまあ、総論として国民が安倍総理の訪韓を好意的に見ているというのは間違いないところでしょう。
 楽韓Webによる訪韓で支持率は上昇するとした予測が間違っていなかったことも確認できたと思います。1月から2月への上げ幅は今回の日経の世論調査よりは少なくなるでしょうが。
 まだまだ国民が総じてオリンピックに幻想を抱いているという言いかたもできるとは思いますけどね。

100年予測
ジョージ フリードマン
早川書房
2014/6/15

安倍総理の施政方針演説で、もはや韓国は「重要な隣国」ですらなくなった。そして日本国民もそれを認めている

施政方針演説で改憲を強調した安倍首相、「韓国は重要な隣国」言及せず(中央日報)
安倍首相にとって韓国はもう「重要な隣国」ではない(ハンギョレ)
施政方針演説要旨(時事通信)
安倍首相はこれまでの施政演説で韓国に関連して「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」と表現してきたが、今年はこの表現を使わなかった。

彼は「韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこれまでの両国間の国際約束、相互の信頼の積み重ねの上に、未来志向で、新たな時代の協力関係を深化させていく」にとどめた。
(引用ここまで)
 安倍首相は22日の通常国会開会の施政方針演説で、2015年から韓国について書いてきた「重要な隣国」という表現を使わなかった。2013・2014年の演説では韓国について「基本的な価値や利益を共有する最も重要な隣国」としたが、2015年には「最も重要な隣国」に、2016年と昨年には「戦略的利益を共有する重要な隣国」と表現し、韓ー日関係の格を下げた。今年はこの表現さえもなかった。 (中略)

 安倍首相に続き、外交演説に乗り出した河野太郎外相は直接的に日本政府の本音を打ち明けた。河野外相は「日韓合意は、慰安婦問題について『最終的かつ不可逆的』な解決を確認した両国の約束だ。これを守るのは、国際的かつ普遍的原則」だとしたうえで、「日本側は日韓合意で約束したことはすべて誠実に実行しており、韓国側も責任を持って合意を着実に実施するよう、引き続き強く求める」と述べた。
(引用ここまで)

 日本にとって韓国は「基本的価値を共有する国」でも「重要な隣国」でもなくなった。
 もはや「戦略的利益を共有する重要な隣国」ですらない。
 「両国間の国際約束、相互の信頼の積み重ねの上に」とあるようにこの部分、つまり慰安婦合意を履行できなければ韓国とは協力関係すら結べないのだ、という話を通常国会冒頭でできるようになったのです。

 あ、そうそう。昨日までの4件の世論調査に続いて、朝日新聞の世論調査も出たのですが。

「慰安婦問題について、おうかがいします。2年あまり前に、日本と韓国は、慰安婦問題について、最終決着することで合意しました。その後、韓国の新しい大統領に選ばれた文在寅(ムン・ジェイン)さんは今月、日本に再交渉は求めないが、日本による被害者への「心を尽くした謝罪」などが必要だと述べました。あなたは、韓国政府のこの対応に納得できますか。納得できませんか」
 これだけ恣意的な質問内容でも……

納得できる 8%
納得できない 79%
その他・答えない 13%

 ──という結果になりました。

 日本人の民意として、完全に韓国に対しての反感が確定している。
 「約束を守ることのできない連中だ」という印象が確定し、安倍政権を支持する理由のひとつとなっているわけです。
 だからこそ、施政方針演説という「政策の大まかな展開説明」の場においてもこうして韓国についても格下げした状況で言及できる。圧倒的な民意があるから。

 ハンギョレは「安倍総理にとって」と矮小化していますが、そうじゃないですよね。
 日本にとって、日本人にとって韓国は重要な国ではなくなってしまった、ということなのです。
 なにしろ、韓国が自らその価値を減じているのですから。慰安婦合意を反故にすることは「我々はこれほどまでに約束すら守れない国なのだ」と宣言したも同然。
 世論調査の結果も、施政方針演説での扱いも当然の成り行きという以外にないと思いますけどね?

シャチハタ スタンプ ビジネス用 A型 XAN-104H2 印面13×27ミリ 重要 ヨコ 赤
シャチハタ
2008/12/2

「韓国の新措置に納得できない」が85%超! 日本の世論調査に見る韓国への嫌悪感

FNN・産経新聞合同世論調査 (FNN)

 今回の産経新聞・FNNの合同世論調査を含め、これまでムン・ジェイン政権が出してきた慰安婦合意に対する新措置、謝罪要求に対しての日本の世論調査は4件を確認しています。

読売新聞世論調査 
 ・韓国を信頼できない 78%
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置に納得できない 86%
 ・要求に応じない日本政府の対応を支持する 83%

NHK世論調査
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置について納得できない 82%

JNN世論調査
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置、謝罪要求について理解できない 85%

●産経新聞・FNN合同世論調査(今回)
 ・韓国を信頼できない 80.5%
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置について納得できない 90.8%
 ・新措置に「応じない」とする日本政府の対応を支持する 88.6%

 4つの世論調査をざっくり見てみると……
 「韓国を信頼できる相手だとは思えない」とする層が80%前後。
 「慰安婦合意の新措置」に対して理解できないとするのは85%前後。
 その新措置に対して応じないとする「日本政府の対応」を支持するのも85%前後。
 圧倒的民意といっても過言ではないですね。

 あとで安倍総理の施政方針演説にも触れる予定ですが、韓国の格を落とすのも当然といえるでしょう。
 日本国民の意思がこの件については絶対に譲らないと腹を据えている感じですね。

韓国リスク 半島危機に日本を襲う隣の現実 (産経セレクト)
室谷克実 / 加藤達也
産経新聞出版
2017/12/30

朝日新聞記者「今回の韓国政府の対応を歓迎したのは『韓国は約束を守らない』と叫ぶ嫌韓派だ」→それでは世論調査で一般日本人の気持ちを見てみよう

「知韓派」日本言論人が見る最近の韓日関係(中央日報)
2018年1月 電話全国世論調査(読売新聞)
−−韓日関係の未来が不安だということか。

「文在寅政権が果たして2年前の合意より進展した結果を作り出すことができるだろうか。今回の韓国政府の対応を日本で最も歓迎する人は皮肉にも嫌韓派だ。『ほら見ろ、約束を守らないのが韓国の本当の姿だ』と叫ぶ機会をつかんだ。先入観を抱かずありのままの韓国を理解しようと言いながら両国の懸け橋の役割をしてきた人たちの立場が狭まっている」 (中略)

−−今後、韓日関係はどうなるだろうか。文大統領は歴史問題と未来志向的協力を分離するという立場なのに。

「韓国は合意破棄や再交渉を要求しないと述べたが、安倍政権はもちろん政権が交代しても、日本が慰安婦問題を政府間の交渉テーブルに再び載せることはおそらくないだろう。過去の日本の保守政権なら経済・文化交流のような分野と政治問題を分離できるだろうが、今の日本政府にはそのような余裕が全くない。韓国経済が不安定になることは日本にも悪材料だが、日韓通貨スワップ再開などの交渉にマイナスの影響を及ぼすことになるだろう。私が最も心配するのは政治色がほとんどない日本市民の関心が韓国から離れることだ。韓流ドラマやK−POPの人気は相変わらずだが、全般的に韓国を訪問する日本人はさらに減るだろう」
(引用ここまで・太字引用者)
◆あなたは、韓国を、信頼できると思いますか、信頼できないと思いますか。※
・大いに信頼できる   1
・多少は信頼できる  18
・あまり信頼できない 43
・全く信頼できない  35 ・答えない  3

◆韓国の文在寅大統領は、元慰安婦の問題を最終的に解決するとした2015年の日韓両政府の合意を巡り、事実上、日本側に追加の対応を求める方針を示しました。この方針に納得できますか、納得できませんか。
・納得できる   5
・納得できない 86    ・答えない  9

◆日本政府は、元慰安婦の問題を巡る韓国政府からの追加の要求には応じない方針です。この方針を支持しますか、支持しませんか。
・支持する  83
・支持しない 11     ・答えない  6
(引用ここまで)

 上は中央日報による朝日新聞記者のインタビュー。
 箱田哲也論説委員は去年の8月に「北朝鮮化する日本?」というちょっと頭のおかしいコラムを書いたことで知られています。
 って、いま確認したらコラムじゃなくて社説だった。なおのこと頭おかしいわ。

 「韓国はパク・クネを引きずり下ろしてムン・ジェインを担ぎ上げた。韓国人『忖度の安倍総理がそのままの日本は先進国ではないのだな』と言われ、『官僚が安倍総理は素晴らしいという日本は北朝鮮のようになったな』とも言われた」というものですが。
 まあ、言われた事実だけならともかくそれを鼻高々に語るっていうのはすごいなと。
 しかも、社説。
 社説と言ったら新聞社の顔も同然ですからね。それでこれを堂々と語れるっていうのはすごい。
 ゲーツ元国防長官のノ・ムヒョン評をそのまま差し上げたいかと存じます。

 で、下は読売新聞による世論調査からの抜粋。
 韓国を信頼できないと考えている割合が78%。
 追加対応を求めてきたムン・ジェインの方針に納得できないが86%。
 まったく受け入れられないとした安倍総理の方針に納得できるが83%。

 先日のNHKによる世論調査とも近似値ですね。
 韓国のやり口に対して、日本人の大多数が反感を持っている。しかも、信頼する、しないでは「まったく信頼できない」を選択する割合が35%。
 日本人の傾向として、こういった話をあいまいにするというものがありますが。
 その日本人をして「まったく信頼できない」と答える割合が1/3を超えている。その重さを知るべきでしょう。

 太字部分の「ありのままの韓国を理解しよう」っていうことが浸透していますね。
 ありのままの韓国を理解した結果が、2012年のイ・ミョンバクによる天皇謝罪要求からこっちの「嫌韓新時代」であり、今回の世論調査の結果なのです。
 箱田論説委員には残念なことでしょうが。
 ついでにいえば、世界遺産登録騒動での裏切りや「原爆は神の懲罰」もけっこう大きなポイントだと思いますけどね。
 そして、今回の裏切りでチェックメイトですわ。

 うちを含めて多くの韓国を知る人間が「こうして合意したけども、絶対に韓国は裏切る」と言い切っていて、かつそれを見事なくらいに実行してくれたのですから。
 「裏切られることは前提で戦略を組み立てるべき」としていた、韓国ウォッチャーの言説が力を持つのが当然なのですね。

韓国は裏切る(新潮新書)
室谷 克実
新潮社
2016/4/16

韓国国内でも慰安婦への関心が薄れる。その一方でムン・ジェインによる慰安婦合意への後続措置には63%が賛成

慰安婦合意への新方針 賛成60%超=韓国世論調査 (聯合ニュース)
慰安婦支援団体の募金活動 7千万円余り集まる=韓国(聯合ニュース)
韓国世論調査会社のリアルメーターは11日、旧日本軍の慰安婦問題を巡る日本との合意について韓国政府が発表した新方針に関する調査の結果、「既存の慰安婦合意を事実上破棄したもので、今後の韓日の外交関係を考慮した際、良い決定」との回答が63.2%だったと発表した。

 「合意を破棄せず、再交渉も求めなかったため、間違った決定」との回答は20.5%だった。「よく分からない」が16.3%。
(引用ここまで)
 慰安婦被害者を支援する「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の尹美香(ユン・ミヒャン)共同代表は10日、自身のフェイスブックを通じて、募金活動の結果報告とともに感謝のあいさつを伝えた。

 挺対協と「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団」は昨年8月14日、100万人の市民から1000ウォンずつの寄付を募り、女性に対する暴力撤廃国際デー(11月25日)に慰安婦被害者に寄付金を贈ると発表した。翌15日から11月22日までの100日間で4億ウォン余りの寄付金が集まった。

 挺対協は同11月25日にソウルで式典を開き、韓国政府に登録された慰安婦被害者全員に女性人権賞を授与し、寄付金を伝達した。

 当初、募金期間は100日間の予定だったが、募金額が目標の10億ウォンに到達しなかったため12月末まで期間を延長。寄付金は最終的に7億ウォンを超えた。
(引用ここまで)

 あのあやふやで日本からは「意味不明」とまで酷評されている今回の後続措置発表について63.2%が賛成している。
 まあ毎度のことですが設問に若干の偏りを感じるので、この数字をそのまま受け取るのは難しいところではありますが。
 まあ、ムン・ジェインの支持率と同じレベルの賛意を受けているというのは間違いないところですかね。

 調査設問に「今後の韓日外交関係を考慮した〜」とあるように、彼らの中ではアレはあくまでも「外交関係に配慮した」ものなのですね。
 河野外相が抗議したというエントリの時にちらと書きましたが、韓国内では「配慮したので対日外交はこれで進展するだろう」みたいな空気になっているのです。
 そんなわけないのですけどね。

 その一方で慰安婦合意で設立された和解・癒し財団に対抗する形で挺対協によって設立された正義記憶財団による寄付金集めが、いつの間にかはじまっていたのですがその目標にすら到達することなく終わっていたというニュース。
 韓国国内でも慰安婦単体に対する興味は相当に薄れているのは間違いなさそうですね。

 この募金活動がはじまったのが去年の8月。唐突にベトナム民間人虐殺を謝罪しますと言い出したのが9月。
 募金の集まり具合から商品としての慰安婦に問題が生じていると認識した結果であると考えれば自然な流れかもしれませんね。
 対日本で「道徳性」の発露としては沸き立つ話題であっても、こうして単体での扱いでは関心が薄れているというのが実際なのでしょう。

買ったので読む。
朝鮮出身の帳場人が見た 慰安婦の真実―文化人類学者が読み解く『慰安所日記』
崔 吉城
ハート出版
2017/11/23

日本人の8割以上がムン・ジェインの慰安婦合意への対応に「納得できない」と言える時代になった

安倍内閣を「支持する」46% 「支持しない」37%(NHK)
韓国のムン・ジェイン大統領は、慰安婦問題をめぐる日韓合意について、「元慰安婦の意見を聞かず、前の政権が一方的に進めたもので誤りだった」などと述べました。これに納得できるか聞いたところ、「大いに納得できる」が1%、「ある程度納得できる」が8%、「あまり納得できない」が31%、「まったく納得できない」が51%でした。
(引用ここまで)

 ざっくり8割以上の日本人が韓国のやっていることに不満を持っている。
 かつ、内閣府の外交に関する世論調査でも「韓国に親しみを感じない」日本人が6割前後。
 こういう状況であるから安倍内閣としても韓国からの理不尽な要求を突っぱねることができるということもできるわけですが。
 20世紀中にこの問題が存在していたら、韓国からは合意を破棄されて不利な条件で再合意を結ばされていた可能性もありますね。
 当時はまだ中曽根大勲位に代表されるような戦中派も元気でしたから、そうした「重鎮」からの介入も間違いなくあったでしょう。

 日本人が韓国というものを知った上で嫌っているという「嫌韓新時代」であるからこそ「自主的な謝罪を〜」という要求に対して、即座に「まったく受け容れられない」と全面否定ができるということですね。

韓国リスク 半島危機に日本を襲う隣の現実 (産経セレクト)
室谷克実 / 加藤達也
産経新聞出版
2017/12/30

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ