楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

乱闘

 相互RSS募集中です

乱闘を仕掛けた済州監督「槙野が挑発したからだ!」→浦和監督「フレンドリーマッチでもやる」……ご冗談を……

サッカー:「刺激した側にも責任」 済州ベンチを挑発した浦和・槙野に批判の声(朝鮮日報)
ACL乱闘騒動一夜明け…浦和・ペトロビッチ監督、関係修復望む(サンスポ)
 「サッカーでなくてプロレスか空手でもやりにきたのかな」(浦和レッズ・槙野智章選手)

 「負けた者のマナーも必要だが、勝った者のマナーも求められる」(済州ユナイテッド・趙城煥〈チョ・ソンファン〉監督) (中略)

 済州の選手たちがこのように興奮したのには理由があった。試合終了後、槙野は済州ベンチに向かって指3本を立てて見せ、歓喜の声を上げていたことが分かった。「3−0でおれたちが勝った」という意味の挑発だった。済州の趙城煥監督は試合後のインタビューで、「浦和の選手の行動が我々を刺激した」と言った。ベンチに向けた勝利セレモニーによる挑発は、野球の「ビーンボール」(頭部を狙ったボール)同様、サッカーでタブー視される行動だ。試合中に見つかれば容赦なく警告が出される。(中略)

 趙城煥監督は「勝利への欲のためフェアプレー精神を守れずに申し訳なかった」と謝罪したが、その上で浦和に「勝者のマナー」も要求した。韓国のサポーターたちは「暴力を使ってはならない。だが、最初にマナーに欠ける行動で相手を刺激した側にも責任がある」という反応を見せている。
(引用ここまで)
「済州の選手は若い選手たちが悔しさの中で感情的になることは十分に理解できる」とし、「今後、済州とフレンドリーマッチでもやることによって良い関係を築いていけたらと私は思っている」と関係の“修復”を望んでいた。
(引用ここまで)

 済州ユナイテッドの監督が「槙野が挑発したからああなったのだ」と先日の乱闘騒ぎを弁明。
 スタジアムからの動画を何本か見たのですが、槙野が済州側ベンチにしかけているというシーンは見られませんでした。
 槙野の「点が入ったらそりゃガッツボーズする」って発言もあったので、単純にそれを勘違いしたか。
 そもそも挑発されたからってクラブのほぼ全員が殴りかかってくるっていうことにはなりませんわな。普通の人間なら。

 基本的に韓国人は自意識過剰なのですよ。
 第1回ワールドベースボールクラシック時にイチローが「向こう30年、日本には手を出せないとも思わせたい」と記者会見で発言したときに、なぜか韓国では「イチローが韓国は30年、日本に手を出せない」と発言したことになっていたのです。
 その後の展開はご存じの通り。
 まあ、自分だったらこういうつもりで言ったとか、こういうつもりでやったという心理学でいうところの防衛機制の「投影」なのですけどね。

 ま、今回の監督のコメントはただの嘘である可能性も高いですが。
 monKIのように。

 んで、浦和のペトロビッチ監督のコメントは「なんだったら済州とフレンドリーマッチでもやればいい」とかなんとか言っているのですが。
 違うんだよ……まあ、外国人監督に日韓の事情を理解してくれっていうのも難しいでしょうけどね。
 オシム筋の監督でボスニア出身ってことだから、分かるんじゃないかなぁ……と思ったのだけどもさすがにボスニア紛争に例えるのは無理がある。
 あれはなんというか……本当に昨日までの友人・隣人が民族単位で殺しにかかってくるっていうものですからね。
 でも、構造自体はそれほど変わらない。

 ただ……まあ、理解は難しいかな。
 なにしろ韓国側の言い分が異常ですからね。
 ピッチにいた済州の外国人プレイヤーも「わけがわからない、なんでこいつらはこんなにエキサイトしているんだ」って様子で、むしろ止めに入っていたくらいでした。
 こういう韓国人の異常性もすでにかなり知られるようにはなりましたが、楽韓Webをはじめた2002年頃はまだまだ知られていなかったのですよね。
 こういうことを周知させるためのサイトでもあったのですよ。

自分の「異常性」に気づかない人たち 病識と否認の心理
西多 昌規
草思社
2016/11/25

バスケ日本代表と韓国軍隊チームが乱闘寸前……マッチメイクに問題があるだろ

バスケ日本代表が乱闘寸前、韓国軍隊チームともみ合い(スポニチ)
 リオデジャネイロ五輪の予選を兼ねたバスケットボールのアジア選手権(9月23日開幕、中国)に出場する日本代表候補が17日、都内で行われた韓国の軍隊チーム、尚武(サンム)との練習試合を公開。試合途中に乱闘寸前のハプニングがあった。

 ゴール下の競り合い後、2メートル6の太田敦也(31)が相手選手に両手で胸元を小突かれた。負けじと太田も応戦したがその瞬間、韓国チーム全員がベンチから飛び出して来た。もみ合いを止めるのかと思いきや、太田に詰め寄り仲間を“援護射撃”。両軍がコートに入り乱れる騒ぎとなった。日本人選手やスタッフらが間に入って事なきを得たが、協会関係者は「止めるんじゃないのかよ」と加勢した韓国選手に苦笑いを浮かべた。
(引用ここまで)

 「止めるんじゃないのかよ」じゃないよ。
 こんなマッチメイクしたことを悔やめって。
 尚武というのは野球、サッカーでも同名のチームがありますが、韓国でスポーツ選手が徴兵されたときに所属するチームのことです。

 要は向こうは徴兵されたバスケ経験のあるていどの人材しかいないチーム。代表クラスの選手なんているかどうかっていうレベルだけど、こっちは代表候補がゴロゴロしているんだからさ。
 怪我をさせられたら圧倒的に不利になるのは日本なんだよ。

 JリーグのプレシーズンマッチでKリーグ所属クラブがなにをやっているかとか、調べろよ……。

間抜けの構造(新潮新書)
ビートたけし
新潮社
2013-04-12


またまたまたまたKリーグとのプレシーズンマッチで乱闘、今度はガンバ大阪が犠牲に

【G大阪】韓国チームと練習試合で乱闘!(スポーツ報知)
 G大阪がキャンプ中の宮崎で蔚山現代(韓国)と行った練習試合で、乱闘騒ぎが起こった。

 DF丹羽が相手選手から悪質なファウルを受けたことをきっかけに、両チームの選手たちがもみ合いに。練習試合ということで退場者は出なかったが、蔚山現代側はベンチから全選手、スタッフまで飛び出すほどヒートアップした。試合は3―1でG大阪が勝利した。
(引用ここまで)
 さて、それではここでこれまでのKリーグ所属クラブとのプレシーズンマッチの歴史を見てみましょう。

2007年 大宮アルディージャ 藤本大激怒
2009年 FC東京 長友激怒
2011年 ヴィッセル神戸 大久保激怒 
2011年 セレッソ大阪 城南一和と乱闘寸前
2012年 清水エスパルスの小野伸二が韓国Kリーグ城南一和との試合で負傷
2012年 水原三星との練習試合で「他の選手のプレーにむかついた」と、サガン鳥栖豊田が殴られる

 去年もなにかあったような覚えがありますね。浦和の阿部が怒っていたような……。
 まあ、これだけの「実績」があって、いまだにKリーグ所属クラブとプレシーズンマッチをやるんですから、自業自得なんですけどね。

 本当にやめればいいと思うのですが。


 

ACL:水原−アル・サッドで非紳士的プレー→サポ乱入→乱闘→全員乱闘

ACLサッカー:水原は初戦黒星、一時乱闘も=準決勝(朝鮮日報)
<AFCサッカー>スタジアムが乱闘場、選手が観客に暴力も(中央日報)
> ホームの水原が0‐1でリードされていた後半35分、ペナルティーエリア中央でチェ・ソンファンと相手DFが接触し、倒れた。けがの可能性があ るため、水原はボールを外に蹴り出し、アル・サッドはスローインで試合を再開した。この場合、アル・サッドは水原にボールを返すのが慣例だが、アル・サッ ドのFWニアンはそのままボールを離さず、ゴールを決めた。

 非紳士的プレーに憤った水原の選手たちが抗議すると、これが激しい乱闘に発展。ようやく落ち着きを取り戻したころ、水原のサポーターがピッチに乱入し、 アル・サッドのGKに抗議した。これを見たアル・サッドのFWケイタがサポーターを突き飛ばすと、今度は怒った水原の選手たちが一斉に駆け寄り、両チーム の選手が入り乱れて殴り合いとなった。さらに、ベンチメンバーもピッチに飛び出し、乱闘劇に加勢。試合は結局、水原の敗戦で終わった。 
(引用ここまで)

 選手がピッチに倒れているので出されたボールを受けてゴールっていうマナー違反にはじまって、サポーターのピッチへの乱入、アル・サッドがそのサポーターを突き飛ばして、水原の選手がそれに怒って最終的に殴り合い。

 ……こんなところから早く抜けられてよかったというべきか。セレッソは長くいすぎたというべきか。
 そりゃまあ、心あるコラムニストからは「まともなJリーグにとってはACLボイコットもオプションのひとつだ」って提言もされるわ。
 韓国のレベルだったらありえる試合なのかもしれないけど、Jリーグでこんな試合やってたら選手がもたんわ。
 韓国や中東の選手はフィジカルが強くていいですね(笑)。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ