楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

嘘でした

 相互RSS募集中です

韓国政府「中国のTHAAD圧迫は終わり新たな中韓関係がはじまる」→嘘でした

青瓦台が発表した文大統領の訪中…中国の発表には見られず(中央日報)
韓中会談でのTHAAD言及、真逆の中国報道に青瓦台は…(朝鮮日報)
THAAD封印のはずが…習主席、韓中会談で問題蒸し返す(朝鮮日報)
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席による11日のベトナム・ダナン首脳会談は、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備で冷え込んだ韓中関係の「公式解氷」宣言と見ることができる。 

両首脳は未来志向的な両国関係の構築に合意した。文大統領が来月中国を訪問することにし、習主席は韓国側の来年2月の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)訪問要請に「訪韓のために努力する。事情があって行けなくても高官級代表団を派遣する」と明らかにした。しかし会談では北朝鮮核問題の解決法や中国のTHAAD報復解除が具体的に扱われなかった。「文在寅−習近平」会談に対する韓国の期待と中国の計算が一致しなかったのだ。 (中略)

また「文大統領は『韓国は中国のTHAAD問題に対する懸念を認識し、中国の戦略的安保利益を害する意図はない』と述べた」と公開した。中国国営の新華社通信と人民日報の速報はこの部分を強調した。

青瓦台はTHAAD問題に関してこのように詳細な内容を明らかにしなかった。首脳会談で習主席はTHAAD配備の問題点を取り上げたが、文大統領はTHAAD報復の問題点を指摘しなかったという。
(引用ここまで)
中国側の発表によると、習主席はかなり長い時間をかけてTHAAD問題についてこと細かに話し、これに対し文大統領が「THAADは中国を狙ったものではない」と釈明する羽目になったとしている。このため青瓦台がTHAAD問題に対する習主席の発言を取捨選択し、都合のよい発言だけを選んで記者会見で発表したのではないかとの指摘が出ている。
(引用ここまで)
 文大統領は、公開された会談内容で「韓国には雨降って地固まるということわざがある。中国にも『梅経寒苦』といって、梅の花が冬の寒さに打ち勝って春を告げるという四字成語がある」と述べた上で「韓中間の失われた時間を取り戻せるよう努力しよう」と呼び掛けた。これに対し習主席は「中韓関係と韓半島(朝鮮半島)情勢にはカギとなる時期がある。今日の我々の会談は今後の両国関係発展と韓半島問題において、双方の協力、そしてリーダーシップの発揮という点で重大な契機になると信じている」と応じた。 (中略)

 しかし会談でTHAAD問題を「封印」するとしていた青瓦台の説明とは異なり、この日の習主席はTHAAD問題に再び言及した。習主席は文大統領に対し、THAADに対する「責任ある姿勢」を求めた。これに対し、文大統領は「中国を狙ったものではない」と述べた。
(引用ここまで)

 韓国側は今回のAPECにおける中韓首脳会談の様子を「THAAD問題は手打ちになった。もう圧迫されることはない」という意図で発表を行った。
 それに対して中国側は「THAAD問題に対して韓国側の釈明があった」と発表した。
 韓国マスコミはそのすれ違いをもって「韓国大統領府は都合のいい部分だけをピックアップして発表したのでは?」という疑惑を持っているということですね。
 疑惑というか、それが実際のことなのでしょう。そして、韓国政府による都合のいい発表はいつものことではあるのですが。

 中韓双方から同じような発表があればマスコミも納得したでしょうし、その細かな差異までは気にしなかったでしょう。少なくともAPEC取材中に「発表内容が違いすぎる、どうなってんだ!」みたいな糾弾はされずに済んだはずです。
 でも、実際には韓国政府は「THAAD圧迫は終わり、中韓関係は新しい時代を迎えた」と発表し、中国政府は「韓国は中国のTHAAD問題に対する懸念を認識し、中国の戦略的安保利益を害する意図はない」とムン・ジェインが釈明を行ったという発表をしている。
 その後、韓国政府関係者が「THAAD問題に対する言及はあった」と言葉を濁しながら認める、というみっともない事態になったわけですね。

 ここに韓国マスコミは注目していないのですが、さらなる問題点があります。
 もはや中韓関係は政府の発表内容をすりあわせることすらできない状況である、ということです。
 まあ、中国からの視点では「三不の誓い」でもはや主権すら放り投げた冊封国にそこまでの気を遣う必要はないということになるのでしょう。
 その一方で韓国政府、ムン・ジェイン政権としては「三不は主権放棄などではない」「ただの立場表明だ」っていう気分があるので「新しい中韓関係の幕開けです!」と華々しく語ってしまう。
 そして釈明に追われる。

 中国に対して三跪九叩頭するということはこういうことなのですよ。
 あと残っているのは「自国民を解放される」ことくらいですが、中国の歴代王朝による方針は「朝鮮半島は放置」でした。その歴史的経緯からもこれ以上の手出しはないんじゃないかなぁ……と感じます。
 例外として元は徹底して高麗を隷下に置きましたが、元は「中国王朝」とするにはちょっと異端ですからね。

 まあ、どちらにせよ「三不の誓い」は決定的だった、ということなのでしょう。鈴置さんのやっている米中星取り表も終わるくらいの威力があると思いますよ。

高麗の隷属の様子が描かれているのがアンゴルモア最新刊と、本当に悲惨な朝鮮史
アンゴルモア 元寇合戦記(8) (角川コミックス・エース)
たかぎ七彦
KADOKAWA / 角川書店
2017/8/26

ヒュンダイがツーリングカー選手権に参加、即優勝! → 半分以上は嘘でした

現代車レーシング用i30、国際大会デビュー戦で優勝(中央日報)
現代自動車、初出場の国際レースでまさかの優勝(朝鮮日報)
 現代自動車のサーキット(自動車レース場)用レーシングカーが初めて出場した国際大会で優勝をさらった。

 現代自動車は、同社初の販売用サーキット・レーシングカー「i30N TCR」が6日から8日まで中国浙江省の浙江インターナショナル・サーキットで行われた「TCRインターナショナル・シリーズ」第9回大会に出場し、初の決勝レースで1位になったと10日、発表した。 (中略)

 自動車業界や現地では、現代自動車のレース優勝を異例なケースだと受け止めている。業界関係者は「現代自動車は今回の大会に初めて出場し、スタート順も13番目だったのにもかかわらず、1位になった。それだけ自動車の性能が高いということだ」と語った。
(引用ここまで)

 ヒュンダイが新しくツーリンカーレースに参入して、いきなり優勝したそうですよ。
 TCRというシリーズだそうですが……聞いたことないなぁ。ちょっと調べてみましょうか。

TCR International Series(英語)

 世界ツーリング選手権であるWTCCの下にある、F1に対するF3のようなレース……なのかな。
 比較的参戦しやすいようにレギュレーションが決められているカテゴリのようです。2015年から開催されているようですね。

 で、TCRシリーズ9戦目の中国開催のレースにヒュンダイが参加して、優勝したのは間違いないそうです。レースレポートこちら。

ACE 1 – HYUNDAI WINS MAIDEN RACE WITH TARQUINI(英語)

 優勝ドライバーはガブリエル・タルキーニ……ガブリエル・タルキーニ?
 あの80年代前半にAGSやら戦闘力ゼロのポルシェエンジン搭載してたフットワークみたいなF1の弱小チームに乗っていたものの、マニアからは「本当に速いドライバーのひとり」ってされてたあのタルキーニ?
 チェックしてみたら本当に本人。55歳でまだ走っていたのですね。

 で、優勝してはいたのですが。
 優勝……というか、1位でチェッカーを受けてはいるのですが、まだ車両が承認中でポイントは無効。参考記録、みたいなものですね。
 実際に成績をチェックしても、MODEL CAR  OF THE YEARのところにヒュンダイの名前はありません。

STANDINGS - TCR International Series

 そもそもツーリングカーレースは前回優勝の車にウエイトハンデを課すのでイコールコンディションではないのです。それを「第9戦から参戦していきなり優勝!」ってのもおかしな話で。
 「嘘でした」ではないものの、極めて嘘に近いという話と判断しても間違いないでしょうね。

平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学
M・スコット・ペック
草思社
2011/8/12

「中韓通貨スワップ協定、満期日に延長決定!」→嘘でした

「満期日なのに」・・・遅れる韓中通貨スワップ、延長されるか?(ニューシス・朝鮮語)
韓国と中国が結んだ通貨スワップの契約満了日の10日となったものの延長するかどうかは、まだ決定されずに不透明な状況だ。再延長の可能性が高いという観測が出ているが、この日の延長がない可能性も排除できずに金融市場の変動性が大きくなる恐れも生じている。

この日、金融当局によると、韓国銀行と企画財政部などは、中国人民銀行と政府側との会合を持って交渉を続けている。金融当局は、通貨スワップ契約の再延長のために一度の有効期限が過ぎても、最善を尽くしたいという立場だ。ただし、交渉が完結するまで報道自制を要請し、慎重を期する姿だ。

イ・ジュヨル韓銀総裁はこの日の午前に韓銀本館で出勤途中に記者たちと会って、「協議をしてみると満期の期日だけが重要なことではない」とし「既存の協定が切れる前に、すべてが完了すれば、いいのですがそうではないこともあり、今日が満期であるからといって必ずしもなんらかの答えを出す必要はない」と述べた。 (中略)

今回の契約が白紙になる場合でも、すぐに金融市場に大きな打撃があるというわけでもないという見方が多い。中国人民元が基軸通貨ではないうえ、韓国も十分な外貨準備高を積み上げており、影響は微々たるものであるという分析だ。現在、韓国の外貨準備高は約3800億ドルで、世界9位の水準だ。しかし、今回の契約不発が中韓両国の対立が激化したためであると解釈されるた場合、金融・為替市場に及ぼすリスクは大きくなる恐れがある。

この日の延長するかどうかが決定されていない場合でも、18日以降には輪郭が出てくるという意見がある。中国の習近平国家主席の執権2期体制を知らせる第19回中国共産党大会が18日に開始されるからである。習近平主席が国内懸案を整理した後に、交渉の扉が開かれるのではないかという視点である。
(引用ここまで)

 朝の時点で「もう妥結したも同然」という報道がありましたが、「中国政府側の承認が残っている」ということに違和感を感じていましたね。
  エントリでもちょっと書いていますが。
 「中国政府側の承認が必要」っていうのは、要するになにも決まっていないんじゃないのという話です。
 実務者レベルで「締結(延長)されるのであれば、こういう形でいこう」というのは決まっていたとしても、決裁権を持つのはもっと上のほう。
 なので、こんな事態もあるだろうなぁ……とは想像していましたが。
 またぞろ「嘘でした」の展開になろうとは(笑)。

 ま、それだけ韓国側が焦っているということでもあり、かつ中国側が足下を見ているということでもあるのですけどね。
 こんな途中経過をリークしたところで自分たちの不利にしかならなそうなもんですが……。
 「どこに向けての情報リーク」なのかがちょっと気になりますね。

中韓通貨スワップ協定満期まであと6時間

タイムリミット (超人機メタルダー)
水木一郎
Be!Smile,Ltd.
2016/9/28

米空軍爆撃機B-1Bが北方限界線を越えて北上……その一方、韓国では「死の白鳥」に幻想が拡がりまくっている模様

「死の白鳥」B-1B威力は?... 「独自出撃」の背景に注目(KBS・朝鮮語)
<アンカーコメント> B-1Bランサーは、その威力も威力だが緊急時にグアムから最も早く朝鮮半島に到着することができる戦略資産でもあります。
特に、今回は私たちの空軍や日本の戦闘機の護衛も受けておらず、米軍が独自に出撃したが、ここにはもう何の意味が込められてでしょうか?
キム・ソンジン記者です。

<レポート> B-1Bランサーは北朝鮮が核・ミサイルで挑発行為を行う度に韓半島へと優先して出撃してきました。
最大マッハ1.2で、米国の3大戦略爆撃機のB-52やB-2よりも早く、グアムで韓半島まで2時間で完了します。
機体内部に34トン、外部に27トン、最大61トンの爆弾を積載して投下することができます。
GBU-31とGBU-38などの合同直撃弾、長距離空対地巡航ミサイルJASSMなどは、数百kmの外でも精密打撃が可能です。

有事の際には爆弾の母と呼ばれるGBU-43や、地下60メートルまで破壊することができるGBU -57搭載も可能です。
MK-84、MK-82なども数百発武装することができ、従来の爆弾だけで平壌指揮部と地下バンカー、核・ミサイル基地などを焦土化させることができます。

軍事専門家は、米軍が夜間に韓国や日本の空軍護衛なしに独自にB-1B編隊を出撃させた点に注目します。

<録音>シン・ジョンオ(韓国国防安保フォーラムシニアアナリスト):「米軍単独の資産だけで北朝鮮の爆撃が可能であるが、北朝鮮の核爆弾の脅威に米国がこれ以上屈しない……」

大統領府は、米軍が計画を予告し、韓米間の緊密な連携の下で作戦が行われたと説明しました。
(引用ここまで)

 どうも韓国の中でB-1Bに対する幻想がとてつもなく膨れ上がっているようで……。
 この記事、嘘ばっかり。

 そもそもB-1Bは「死の白鳥」とは呼ばれていません。

韓国の「奇妙な」軍事報道に注意(Yahoo!ニュース個人)

 文中にはグアムから2時間で朝鮮半島に到達するとありますが、マッハ1.25はアフターバーナーを利かせた時の最大速度なので無理。
 MOPもMOABもB-1Bには搭載不可能。
 MOPことGBU-57はB-2/MC-130、MOABことGBU-43はMC-130じゃないと搭載できません。
 小さいほうのバンカーバスターことGBU-28であれば搭載できるようですが。
 ……なんでこんな調べればすぐに分かることで嘘をつくのやら。
 さらにMC-130はもともと輸送機なので制空権を確保した地域でないと運用不可。

 B-1Bはレーダーの効きにくい超低空から超音速で一気に敵国に侵入し、精密爆撃のできる1トンクラスのJDAM GBU-31を24発、地上施設に対してどかどかと落とすという任務向きの爆撃機ですよ。
 対北朝鮮で言えばミサイル発射基地や空港といった重要拠点、あるいは対空兵器を叩いてB-2、B-52、MC-130の露払いをするのが役目。
 グアムに配備されているB-1Bは6機。最大で144発のJDAMを落とすことができるということです。
 もちろん、爆撃機の支援としてF-15C、F-15E、F-35Aあたりが帯同するのでしょうね。

 今回、2機のB-1BがNLLを超えて北上したというニュースが出てきています。

[ニュース分析]米、「死の白鳥」NLL越えて最北端まで飛ばせた理由は?(ハンギョレ)

 実地訓練がより先鋭化してきたという感触です。

新書セールで半額になってます〜。
世界最強!アメリカ空軍のすべて 戦闘機から攻撃機、爆撃機、次世代機まで、保有戦力の全貌がいま明らかに! (サイエンス・アイ新書)
青木 謙知
SBクリエイティブ
2011/1/14

「日本も成功できなかった松茸の人工栽培に韓国がはじめて成功!」→嘘でした

不可能とされた「マツタケ人工栽培」、韓国が世界で初めて成功(中央日報)
これまで不可能とされていたマツタケの人工栽培に韓国が世界で初めて成功し、マツタケ商業栽培の可能性を開いた。

山林庁国立山林科学院は16日、マツタケ人工栽培技術開発のために2001〜2004年に植えたマツタケ菌を感染させた松の苗木から3本のマツタケが生えたのを確認したと明らかにした。

人工マツタケは2010年10月に同じ試験地で1本生えたことがあり、今回はそれに続く2度目の成功だ。不可能だとされてきたマツタケの人工栽培が可能であることを世界で初めて立証した結果と評価される。

韓国山林庁が使った技術はマツタケが生えた所に松の苗木を植えてマツタケの菌糸を感染させた後に広げる技術だ。こうして菌糸に感染した松の苗木をマツタケが生えない大きな松がある山に再び移植する。

世界のさまざまな国でマツタケの人工栽培研究をしているがまだ成功した事例はない。これまでマツタケ人工栽培成功に最も近づいたのは日本で、1983年に広島林業試験場でマツタケ感染苗を利用し、1本のマツタケが生えたのがすべてだ。その後日本では同じ方法で1万本ほど感染苗を作ったが成功できなかった。

国立山林科学院は2000年からマツタケ感染苗の研究を新たに推進した。過去の研究の問題点を把握し改善された方法を探すのに注力した。2001〜2004年に試験地に150本のマツタケ感染苗を移植し、2006年調査当時に31本で菌糸が生存していたことが確認された。マツタケが発生した試験地は洪川(ホンチョン)国有林管理所館内で42年前にカラマツの造林を始めたところだったが、土地がやせており松の天然林が形成されたところだ。

国立山林科学院化学微生物課のカ・ガンヒョン博士は「感染苗を利用した人工栽培技術は簡単な方法で、一度菌糸が定着してキノコが発生すれば30年以上マツタケの採取を期待できる。今後商業的栽培が可能な水準にマツタケの発生率を高める栽培技術を開発するのに最善を尽くしたい」と話した。

マツタケは世界的に年間4000億〜8000億ウォンの市場規模を持っている。東洋圏では最高の味と香りを持つキノコとして人気を呼んでいるが生産量は減少傾向だ。
(引用ここまで)

 はいはい、「日本もできなかった○○に韓国がはじめて成功!」ですね。
 この記事にある2010年の成功例も中央日報で報じられていまして、それを楽韓Webで扱っています。

 日本が成功できなかったマツタケの人工栽培に韓国が成功!?

 この時も「広島でやったのは人工培地にマツタケの菌糸を培養して子実体を取らせたもの」って書いています。
 椎茸やエノキ、マイタケのように培地からにょきにょき生やして、工場での生産を念頭に研究しているものです。
 というか、いまでも研究しているかどうかは分かりませんが。なにしろ1983年と34年前の奇跡のような話ですからね。

 韓国でやっているのはマツタケが生えやすい「シロ」を他の松に移植したもので、こちらも人工栽培といわれていますが、大きく実態は異なります。林地栽培とも呼ばれているようです。
 日本でも成功例はいくらでもあるのですが、継続的な栽培はなかなか難しいとされています。シロの移植自体が成功したとしても、松茸が生えてくるかどうかは天候等の自然環境に大きく左右されるのは自然でのそれと変わらないとのことなので。

 実際、韓国でも2010年に1本生えたあとは音沙汰なし。
 今年になって3本が生えたというだけ。
 韓国でははじめてできたことなので興奮しているのでしょうが……まあ、よくがんばったとは思いますよ。

 そもそも韓国ではマツタケなんて食べませんしね。「マツダケは松の香りがする」なんて新聞記事があったほどですので。

広島での研究はマツタケ版のこれを目指していたということ
シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園】
森産業株式会社
2009/12/24

韓国人「バス停留所で娘と引き離された! 泣いて頼んだのに運転士は止まらずに暴言まで!」 → 嘘でした

【萬物相】「止まらなかった」ではなく「止まれなかった」240番バス(朝鮮日報)
 5年前、「菜鮮堂」というしゃぶしゃぶ専門チェーン店で、不親切な店員ともめて暴力を振るわれたという妊婦の書き込みがインターネット上に掲載された。この妊婦は「妊娠の事実を知りながら、おなかを足で蹴られた」と訴え、ネットは大騒ぎになった。この店のサイトは炎上し、謝罪文を出した。ところが、その後すぐにどんでん返しが待っていた。警察が店内の防犯カメラで確認したところ、トラブルはあったがおなかを足で蹴ってはいなかったことが分かった。今度は妊婦側が「国民をだました」と総攻撃を浴びた。これがいわゆる「菜鮮堂事件」だ。(中略)

 11日、ソウル市バス運送事業組合のホームページに、ある市民が投稿した。「午後6時ごろ、建大入口駅近くのバス停留所で子どもが1人で降りてしまい、母親が『ドアを開けて』と泣き叫んで頼んでいるのに、240番バスの運転手が運行を続けた」という目撃者の告発だった。この書き込みには、「次の停留所で泣きながら飛び降りた母親に向かって、運転手はののしり言葉を浴びせた」ともあった。同日夜からバス運送事業組合のホームページや掲示板には「運転手を処罰せよ」という非難が寄せられた。大統領府のホームページにも処罰を求める請願文が投稿された。ネット上には「240番バスの蛮行」という記事が広まった。

 だが、今回もどんでん返しのきっかけになったのはバス内の防犯カメラだった。ソウル市が確認したところ、バスの運転手は子どもが降りた停留所で16秒間ドアを開けてから出発、母親が一足遅れでバスを止めるよう要求した時は既に第2車線に入っており、停車が難しかったという。運転手もののしり言葉を発していなかったとのことだ。「運転手はバスが出発して10秒後に左右を見回しているが、その時に問題に気付いたと見られる」とソウル市では言っている。

 不確かな事実に基づいた告発が大衆の怒りに火をつけ、何の関係もない人を責めて被害者にするという出来事が繰り返されている。刺激的な「ネタ」があると集団催眠にでもかかったかのようにたかり、たたくという行為がネットの世界での病理現象として定着してしまった。ネットやソーシャル・メディアの発達により、今や誰もが自身のメディアを持っている時代だ。無責任で不誠実な書き込み一つが誰かを殺す凶器になるかもしれない。
(引用ここまで)

 韓国でバスの運転手といえばタクシー運転手と並んで質の悪いものとして挙げられる職種です。
 ソウルではだいぶマシになったとも聞くのですが、元々の基準が相当に低いのでなんともってところですかね。
 少なくともテグでバスに乗ったときにはキャリーバッグが吹っ飛ぶくらいの運転であったことは書いておくべきでしょう。

 なので、最初にこのニュースを目にしたときはさもありなんとか思っていたのですよ。
 ところが翌日になってこのバス運転士の娘という人が出てきて「父は無罪だ」と言い出して、さらにバス会社からも防犯ビデオの映像が出てきてやむを得ない処置だったということが分かってきています。
 この母親の方こそがモンスタークレーマーで、自分が有利なように出来事をでっち上げたということですね。
 娘と一緒に降りることができなかったという自分のミスを他人に転嫁するために「幼女と引き裂かれた自分」というものを演出し、さらには「暴言を吐かれた」という「バス運転士によくある」ことを付け加えた。

 以前の韓国社会であればそれも通用したのでしょうが、いまでは「それではこちらの防犯カメラ映像をご覧ください」となってしまう。
 かつてメジャーリーガーだったカン・ジョンホがレンタカーのBMWで自損事故を起こしたときに、同乗者が身代わり出頭しようとしたのですが警察がドライブレコーダーを確認してしまったので本人が罪を認めざるを得なかったなんてこともありましたっけ。

 以前にもちょっと書いたのですが、「なにがあったのか、映像で真実が分かってしまう」ということから、韓国社会と防犯カメラやドライブレコーダーとの相性はとことん悪いのですよ。
 なにしろ、証言が通用せずに「真実」が分かってしまうのですからね。
 炭鉱で死ぬより辛い目にあった、だの。
 日本陸軍が捕らえにきた、クリスマス休暇があっただのいう証言が通用しなくなってしまったのです。
 残念なことに、ですかね。大半の韓国人にとっては。


韓国政府関係者「トランプから『韓国は物乞い』なんて発言はなかった! 菅官房長官が会見で否定する!」→嘘でした

内閣官房長官記者会見 平成29年9月11日(月)午前(首相官邸)

 トランプ大統領が「韓国はまるで物乞いだ」と安倍総理との電話首脳会談で発言したというフジテレビの報道に対し、韓国ではかなりの話題になっています。
 大統領府から「強い遺憾の意」が表明されていましたね。

 フジテレビで報道があったのは7日の昼。夕方のニュースでも報じられました。
 韓国では大統領府からその日のうちに「そのような事実はない」と会見で否定されました。翌日には上記の「菅官房長官の定期記者会見で否定する」という韓国側の報道がありました。
 これが金曜日の朝。

 金曜日の午前、午後の定例記者会見では菅官房長官からそのような発言はなかったことがニコニコ生放送、および首相官邸の動画で確認できます。
 さすがに報道のあった当日には無理かなと思ったので月曜日まで待ってみました。

 で、今日の11時ちょっと前からあった午前の記者会見でもまったく触れられず。
 うん、まあ知ってた。

【追記】
本日16時からの午後の会見でも言及はありませんでした。

良心をもたない人たち
マーサ・スタウト
草思社
2012/10/10

韓国人「世界よ、これが軍艦島の真実の姿だ!」→嘘でした

NYタイムズスクエア「軍艦島」広報映像の人物 朝鮮人ではなく日本人だった(中央日報)
ニューヨークタイムズスクエア軍艦島「広報映像中の人物、朝鮮人以外の日本人」(中央日報・朝鮮語)
[寄稿]軍艦島の真実攻防と韓国政府がすべきこと(ハンギョレ)
今月3日から一週間、米国ニューヨーク(NY)のタイムズスクエア屋外電光掲示板を通じて上映された「軍艦島(正式名・端島)の真実」という15秒の長さの広報映像で、一部の写真が間違って使われたことが確認されて問題となっている。日本極右勢力が国際社会で強制徴用そのものを否定するための根拠として悪用する可能性があるとの懸念も出ている。すでに日本では韓国側が「印象操作」を通じて「フェイクニュース(偽ニュース)」を量産しているという主張が広がっている状況だ。

該当の写真は、炭鉱の中で横になって採炭作業をしている鉱夫を撮影したものだ。映像物では「軍艦島の本当の名前は地獄島」という内容の前に「120人が死亡した」というコピーとともに配置されていた。ところが写真の中の人物は強制徴用された朝鮮人ではなく日本人であることが確認された。しかもその場所も軍艦島の海底炭鉱ではなかった。
(引用ここまで)

 中央日報の韓国版は「韓国人の反応」が見えるようについでにリンク。
 というか、この筑豊の炭鉱夫の写真であるという話はだいぶ以前から指摘されていたものです。
 つい最近もたとえば韓国のMBCテレビは産経新聞に取材にきた際にこの話を聞いていたはずなのですが、無視していたとのこと。

あきれた「軍艦島」に関する韓国発のフェイクニュース(産経新聞)

 要するに事実などはどうでもいいから、「日本の蛮行」を喧伝したいということなのですよね。
 他にも「強制徴用で端島に行った。父親と一緒に」とかいう証言があって、わざわざ炭鉱に使えないような子供を徴用で連れていく必要がどこにあるんだっていう。
 炭鉱夫募集に応募して家族で移住しただけじゃねえかみたいな話もよくあります。

 証言の内容とか真実性とかどうでもいいのですよ。
 たとえばチョン・ウソンという慰安婦は1937年にインドネシアの日本軍慰安所で働かされたという証言をしています。
 1942年までオランダ領だったインドネシアに慰安所が存在するわけがないのですが、韓国では無批判です。
 ムン・ジェインの公約が聖公約なら、元慰安婦の証言は聖証言ですからね。
 疑いを差し挟むことは人道にもとる行為なのですよ(笑)。

 都合さえよければウソだろうとなんだろうと構わない。
 都合が悪ければ科学的な真実であろうと糾弾する
 韓国社会の縮図です。

 楽韓Webでいうところの「ただの隣国関係でありたい」というのは、そういった輩と距離を取りたいということでもあるのですけどね。

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ