楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

地方自治体

 相互RSS募集中です

韓国経済:韓国が「ちょっと背伸び」してスポーツの世界選手権を開催し続けた結果……

【コラム】F1、世界水泳…自治体の財政を悪化させるスポーツイベント(朝鮮日報)
  2010年から4年間にわたり全羅南道で開催された国際自動車レース・フォーミュラワン(F1)韓国グランプリは、今年と昨年は開催が見送られた。F1開催の影響で全羅南道の財政赤字が膨れあがった上に、国も財政面での支援を打ち切ったからだ。F1に伴う全羅南道の累積赤字は1900億ウォン(約200億円)で、サーキット建設のために発行した地方債の発行残高は2900億ウォン(約307億円)に達する。さらに全羅南道はF1のみ不開催に伴う違約金として970億ウォン(約103億円)を支払わねばならない可能性もある。契約に違反した場合、2年分の開催権料に相当する額を違約金として支払うことが定められているからだ。これまで全羅南道の職員はさまざまな批判を受けながら現場に多くの情熱を注いできたが、現実は彼らの思いとは関係なく、今やF1は全羅南道にとって大きな頭痛の種になってしまった。このままではF1を統括する英国のフォーミュラワン・マネジメント(FOM)との国際的な訴訟も覚悟しなければならないだろう。

 一方で今年7月に光州広域市で開催された夏季ユニバーシアードは成功したと評価されている。特に「低費用・高効率」が高い評価の要因とされているようだ。ところが実際にふたを開けてみると、内情はそれほど良いことばかりでもない。光州市はユニバーシアードの開催に向け、2012−14年の3年間に3278億ウォン(約347億円)を投入した。大会の総事業費は国費などを含めて8171億ウォン(約865億円)だったが、光州市は「大会を終えた時点で1999億ウォン(約212億円)を節約した」などと自画自賛している。ちなみに光州市が毎年法律で定められている経費を除いて使える予算は3000億−3500億ウォン(約318億−約371億円)だ。しかし光州市はこのように余裕がない中で大会を開催するため、2046億ウォン(約217億円)の地方債を発行し、大会終了後の投資誘発効果がほぼない競技施設などの建設に予算を投入した。その結果、当然借金は膨れあがった。

 しかも光州市は2019年に世界水泳選手権を開催することになっているが、これも見通しは決して明るくない。当初の総事業費は1149億ウォン(約127億ウォン)とされていたが、大会規定に伴うプールの増築・整備のために550億ウォン(約58億円)以上の追加予算が必要となり、総事業費は2000億ウォン(約212億円)前後にまで膨れあがるのはほぼ間違いない。これは今後大会の開催に向けて、3年立て続けに600億ウォン(約64億円)前後を市の予算から支出することを意味する。しかも韓国政府は来年度予算にこの大会を支援するための予算を組み込んでいない。

 光州市は地下鉄2号線の建設も進めているが、これには総額2兆71億ウォン(約2130億円)という巨額を投入しなければならない。市のある職員は「水泳の世界選手権と地下鉄建設を同時に進めていけば、光州市としては財政面で対策の取りようがない」と実情を明かした。そのため世界選手権開催に向け光州市が抱える事情はかなり深刻になりつつある。

 光州市のように大規模なスポーツイベントを開催する地方自治体には、負債が急激に膨れあがるという共通点がある。先日行政自治部(省に相当)は各自治体における2014年度の資産に占める負債割合を発表したが、それによるとスポーツイベントを開催した自治体はどこも負債の割合が上位にランクインしている。アジア大会を開催した仁川が9.19%で1位、光州が6.59%で3位、世界陸上を開催した大邱は6.27%で4位だ。

 このように一時は韓国国内の自治体が先を争って世界的なスポーツイベントを誘致してきたが、どこも見掛けの派手さとは裏腹に、大会終了後は財政面の大きな負担に直面している。海外からの観光客も、また経済への波及効果も期待されたほどではなかった。あるスポーツ関係者は「地方自治体が大規模なスポーツイベントを将来の発展策として活用するには、あまりにもリスクが大きかった」と指摘する。地方自治体が他山の石とすべき教訓は、このように韓国国内のあちこちに転がっている。
(引用ここまで)

 意外ですね。
 仁川の負債割合がまだ9.19%に過ぎないということが。
 ま、それはともかく。

 これ、日本のせいって言うこともできるかなーとちょっと思いました。
 韓国の横にあって、夏冬のオリンピックを行い、F1を誘致し(それも3ヶ所で開催)、世界陸上、世界水泳といったイベントを成功させてきた。……世界陸上はちょっとアレだったかな。
 まあ、そつなくこなしてきたことは間違いないでしょう。

 それを韓国は横目に見ながら「ちょっとがんばれば開催できる」という立場になったわけですよ。
 2000年代後半から、ちょっとがんばって開催誘致を続けてきたのですね。
 もうすぐ人口ボーナスが枯渇して経済成長の余地がなくなっていることに目もくれず、地方ががんばったわけです。

 2000年代には何度もインディーカーの開催を失敗しながら、2010年にはF1の誘致に成功。
 2011年には大邱の世界陸上。2013年には世界ボート選手権。2014年には仁川でアジア大会。

 これらの開催に際して、最大の理由が「当時の知事が自分の功績を後世に残したい」というものであったのが運の尽き。「インフラがあるからできる」とか「競技が盛んだから開催の機運があがった」とかじゃないのですよね。
 F1開催が決まってしまったとき、韓国メディアは「オリンピック、ワールドカップ、F1の3つのワールドクラスの大会を開催したことがあるのは先進国だけ! 韓国もその先進国に加入したのだ」と盛り上がったのを思い出します。

 まあ、確かにちょっとがんばれば開催できた。そして残ったのはスポーツ文化等ではなく開催した自治体の財政悪化。経済成長停滞が重なって、これまでであれば経済成長にともなうインフレで吹き飛ばせていた借金がずっしりと重さを持つようになった。

 そして、そのクライマックスとして2018年の平昌冬季オリンピックが控えているわけですよ。
 2019年の光州世界水泳はカーテンコールですね。開催返上という可能性もありますが、それはそれでよいカーテンコールになるのではないでしょうか。



韓国「5000万円かけてギネス級の鍋を作るお!」 → 「オーストラリアの鍋のほうが大きかった」 → 「ろくに米も炊けない欠陥鍋だった」 → 7年間放置

悩みの種と化した43トン槐山釜...ギネスブックを追うも5億ウォンが無駄に(insight/朝鮮語)
なんと5億ウォンを投入した忠清北道槐山郡の超大型釜が「厄介者」と化している。

この釜は43.5tの鋳鉄が使用されて上部直径5.68m、高さ2.2m、周囲17.8m、厚さ7儺模で、2005年7月グェサンウプ唐辛子流通センター広場に設置された。

世界最大規模の釜であり、ギネスブック登録のために推進したものの、オーストラリアでより大きな釜が出てギネスブックに挑戦に失敗した。

ギネスブック登録に失敗した後、この釜は活用価値を失った。

一部では「製作当時から自治団体長の政治的展示行政ではないか」という指摘が出たりした。

実際に数千人が与えることができる釜を作るという目標に製作されたが、現実的に飯を炊くことは難しく、以来冬至の日や唐辛子祭りでおしるこを沸かして、トウモロコシを煮込むなど、1年に1〜2回使用されているに過ぎない。

このような行事も2008年以降に途絶えており、7年あまりの間、まったく活用されていないなど悩みの種となっているのが実情である。

また、2006年に実施した住民アンケート調査でも「釜が地域イメージの向上に役立たない」という意見が多く、廃棄処分される危機に置かれることもした。

しかし、製作費5億1千万円のうち、2億2千万円は、軍民が集めたスクラップ金属と寄付が含まれており、廃棄をする予定はないと槐山郡の関係者は語った。

一方、2000年代半ばから槐山釜のように「ギネスブック登録」、「世界最高」を標榜して予算を使ったが数億ウォンを無駄にする地方自治団体が少なくないことが分かった。
(引用ここまで)

 ギネスに載って地方振興って考えかたは日本の80〜90年代のようですね。
 日本でもいまでもやっていますが、どちらかといったら地方の娯楽のひとつかなぁ。地域の人間が集まってなんかやろうっていう感じですか。

 それよりも気になるのは「槐山釜のように『ギネスブック登録』、『世界最高』を標榜して予算を使ったが数億ウォンを無駄にする地方自治団体が少なくないことが分かった」って文章。
 その一覧が欲しい、一覧が。取材に行きたいわ(笑)。

 ちなみに「世界最大級の槐山釜」の写真がこちら。

gizangama

 無駄に装飾が入っているのが敗因かなぁ。

ギネス世界記録2015 (単行本)
角川アスキー総合研究所
2014-09-10


韓国経済:無償保育に無償給食で追い詰められた韓国地方自治体がついに予算編成を拒否

行き詰まる無償福祉、自治体は負担激増で予算編成拒否(朝鮮日報)
【社説】無償福祉に執着した野党、解決策を示すべき(朝鮮日報)

 与野党が選挙のたびに競って打ち出す、無償給食や無償保育など各種の無償福祉政策が、予算不足のため頓挫する危機に直面している。中央政府と地方自治体、教育庁(教育委員会に相当)、与野党が6日、来年度の福祉関連予算の編成をめぐって真っ向から衝突した。韓国経済が低 成長に伴う慢性的な税収不足状態に陥る中「福祉デフォルト(債務不履行)」が現実のものとなっている、と指摘する声が出ている。

 全国市長・郡守(郡の首長)・区長協議会は6日、慶尚北道慶州市で総会を行い、「慶州宣言文」を発表した。この中で同協議会は「これまで、住民の安全や 道路の補修などのサービスを縮小してまで、地方予算を無償保育などに充当してきた。政府が推進する基礎年金や無償保育の費用を地方自治体が負担することに より、自治体の財政構造が最悪の状況に陥り、これ以上負担することはできない」と主張した。
(引用ここまで)

 パク・クネが大統領戦に掲げた公約である「0-5歳児の無償保育」やら「無償給食」だので韓国の地方自治体が破産寸前になっているというお話。
 今年の夏にも同じような話が出ていましたね。
 遅かれ早かれ地方自治体は破綻せざるをえないというものでした。

 前回の総選挙では与党候補が掲げた福祉関連の公約だけで、韓国の国家予算のすべてを食い尽くすなんていう笑い話にもならない事実もありましたっけ。

 与野党どちらも「こっちに投票してくれたらこれだけ福祉を拡充しますよ」というポピュリズム競争。
 で、そのすべてを地方自治体に丸投げ。 

 ついに地方自治体が「もう無理!」とばかりに予算編成自体を拒否、と。

 ただまあ、場所によってはクラスの40%が給食を食べられないというような状況なので、無償給食は続けて欲しいと思いますけどね。
 また指紋認識装置で給食費を払っている児童だけを選別するとか、そういうのはやめてほしいですわ。 



最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ