楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

岸田文雄

 相互RSS募集中です

韓国外相「日本は心に響く分野で努力を。謝罪の手紙とか」 → 岸田外相「お断りします」

岸田外相、あらためて「おわびの手紙」出す考えはないことを表明(FNN)
あらためて、「おわびの手紙」を出す考えはないことを表明した。
岸田外相は14日、「日韓合意については、昨年12月発表した通りでございます。それ以上でもそれ以下でもありません」と述べ、元「慰安婦」に対する安倍首相の「おわびの手紙」について、日韓合意には含まれていないとの認識を示した。
韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が13日、「心に響く分野での努力がもう少し必要だ」と述べ、遠まわしに「おわびの手紙」を求める発言をしたことに対し、岸田外相が重ねて否定した形。
「慰安婦」問題を不可逆的に決着したはずの日韓合意をめぐり、最近になって、韓国政府から問題を蒸し返す発言が相次いでいる。
(引用ここまで)

癒やし財団「安倍総理の謝罪の手紙が欲しい
    ↓
韓国外交部報道官「感性的な措置を求める」→岸田外相「合意以上でも以下でもない
    ↓
安倍総理「手紙? 我々は毛頭考えていない
    ↓
ユン・ビョンセ「ハゲ差別反対ドイツはひざまづいて謝罪した。あのような心に訴えるような分野での努力が必要なのでは
    ↓
岸田外相「合意以上でも以下でもない」←イマココ

 これはもう完全に政府で「韓国がこういってきたらこうしよう」という前提ができているのですね。
 それぞれに表現は任されているようですが、「すでに話はついている。追加の措置はなんら行わない」というラインを踏襲すると。

 つまり、「最終的、かつ不可逆的に解決された」ことしか言う必要はない、ということですね。
 外交的に正しい態度、といえるでしょう。
 通貨スワップ協定、ユネスコへの分担金保留、そして慰安婦合意とちゃんと外交ができるようになってきたなぁ……。

お断りします Bタイプ 長袖Tシャツ ブラックL
サモエスキー
2012/12/4

慰安婦問題の「最終解決」を担保するために第三国の参加も。日本が慰安婦問題で攻勢に出る展開へ

元慰安婦支援へ新基金提案=「最終決着」第三国交え確認も−28日に日韓外相会談(時事通信)
元慰安婦支援で日韓“折半”出資案が浮上 韓国の蒸し返しを封じる狙い(産経新聞)
慰安婦:「韓国はゴールを動かす」 日本の主張に対する韓国政府の反論(朝鮮日報)

 日韓両政府は25日、岸田文雄外相が28日に日帰りで韓国を訪問し、尹炳世外相と会談すると発表した。いわゆる従軍慰安婦問題の妥結に向け、日本政府は元慰安婦に対する人道支援を拡充するため、1億円超の新たな基金創設を提案する方向で調整に入った。外相間で「最終決着」について合意した場合、日本側は両首脳が第三国を交えて合意を確認する案も検討している。(中略)

 「最終決着」を担保するため、日本政府は、国際会議などの機会を利用して首相と朴槿恵大統領が合意内容を公式に確認することを検討。第三国立ち会いの下で確認することで、韓国側が再び政治問題化するのを防ぐ効果を期待している。
(引用ここまで)
 岸田文雄外相は25日、慰安婦問題の早期妥結に向け、ソウルで28日に韓国の尹炳世外相と会談すると発表した。会談で日本側が提案する方針の元慰安婦への支援拡充をめぐり、日本政府内に韓国側にも支出を求める「共同出資」案が浮上していることが25日、分かった。韓国側を関与させることで問題の蒸し返しを抑える狙いがある。ただ、支援金には日本国内での反発も予想され、妥結の行方は見通せていない。

 岸田外相は25日、外務省で記者団に「慰安婦問題は非常に難しい問題だが、何ができるか自分としてもギリギリの調整を行いたい」と意気込みを述べた。日本側は慰安婦問題を二度と蒸し返さないことなど、最終的に妥結した場合、その内容の文書化を求める方針。岸田氏は協議の進行次第では会談中止も辞さない構えだという。
(引用ここまで)

 なるほどなぁ……。
 日本側の狙いがちょっと見えてきた感じがします。
 慰安婦問題の枠組みを変える……というか、ずらそうとしているのですね。
 日韓だけの問題ではなく、解決を他の国にも見せようとしている。

 「これが最終解決である」という部分で抜けられないように何重にも鎖をかけようとしていると。
 これまで世界遺産騒動にしろ、河野談話にしろ、いろいろと騙されてきたわけですよ。
 「こうしてくれればもう慰安婦問題は取り上げない」だの「世界遺産登録に両国が協力する」だの。
 さすがに対応策を講じるようになりましたね。

 特に第三国を巻きこむのはいいなぁ。
 これまで対日本だけであったから、何度も何度も横紙破りをしてきたのですよ。
 それを第三国を巻きこむことで、今度はその国のメンツをも潰すことになる。
 悪くないですね。
 政治的な蒸し返しを防ぐのであればこれはいい手段。

 外交的センスが相当に問われるシーンですが、面白い展開だと思いますね。
 慰安婦問題で攻める日本と、受けに廻らざるをえない韓国。
 しかも、最悪でも「じゃあ、この交渉やめね」って言える権利がある。
 ちょっと面白い。このまま見守りたいところですかね。

君主論〈新訳〉 (中公文庫BIBLIO)

岸田外相、突然の年内訪韓決定の狙いはどこに?

岸田外相訪韓の狙いは… 慰安婦問題解決へ韓国側の覚悟試す(産経新聞)
岸田外相が年内訪韓調整 韓国当局者は事実関係を把握中(聯合ニュース)

 この話題で韓国も蜂の巣を叩いたような騒ぎになってます。
 でもまだ具体的な動きが見えないことから「安倍の狙いはなんだ?」というような懐疑的な見方も出てますね。面白い記事があったらお届けします。
 だが、慰安婦問題に対する日本側の立場は昭和40年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」で揺るがない。ソウルの在韓日本大使館前の慰安婦像撤去なども求める方針で、日本側の姿勢に変化がない中で、外相会談が行われれば厳しい立場に置かれるのはむしろ韓国側だ。

 両国政府間で協議をまとめても、韓国側は元慰安婦支援団体、韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)などの活動や韓国世論に配慮し、問題解決のゴールポストを動かしてきた経緯もある。日本側は慰安婦問題が将来的に蒸し返されることのないよう両国間の正式文書の締結も提案する意向だ。

 日本政府高官は「韓国側の問題妥結の意思が試されるのではないか」と話す。政府筋も「ハードルは高い。話を聞いてみなければ、結果は分からない部分がある」と指摘した。

 慰安婦問題をめぐっては韓国や中国などの民間団体が来春にも国連教育科学文化機関(ユネスコ)記憶遺産の登録をめざし資料を共同申請する可能性もあることから、韓国側にくぎを刺す狙いもありそうだ。
(引用ここまで)
 韓国の外交当局者は報道直後、事実関係を把握中としており、異例の速さで状況が展開したものとみられる。また、外交部は報道から2時間が経過した時点でまだ公式な反応をみせていない。このため、岸田氏の訪韓をめぐり韓日両国が十分な事前協議をする前に報じられた可能性や、メディア報道を通じて韓国政府に圧力をかける意図があるとの声も出ている。

 日本政府は慰安婦問題に関する法的な責任は完全に解決されたとの立場を崩していない。また、日本側はこの問題が妥結した場合、韓国側が再び問題を蒸し返さないよう求めている。さらに米国各地で推進されている慰安婦被害を象徴する平和の少女像の設置を止めるよう求める声も出ており、このような動きに韓国政府がどのように対応するかについても注目が集まる。
(引用ここまで)

 複数の報道を見るかぎりでは、まだなにも決まっていないってところですかね。
 特に韓国側ではなにも知らされていなかったっぽい。ユン・ビョンセは多少の手応えを感じていたからこそああいう発言があったのかなと。
 「年内の解決を!」っていう韓国側の働きかけに日本側が応じた……というのが実際のところかなぁ。

 産経の報道では「正式文章の締結も提案」ということで、世界遺産の時の「外相会談での合意」や河野談話での密約の失敗に懲りていることが見えています。
 こういう基本方針ができているのであれば、とりあえず「交渉の姿勢」を見せるのはよいことだとは思いますが。

 とにかく解決するのであれば書面に残すこと。
 交渉決裂も結果のひとつである、ということを肝に据えてほしいところですね。「成果がなかった」って糾弾される類の交渉ではないので、ゆったりと構えてもらいたいと思います。


岸田外相が年末訪韓、慰安婦問題を協議へ……解決に際して最低限守るべきラインとは?

首相 岸田外相に年内の訪韓を指示(NHK)
安倍総理大臣は、先の日韓首脳会談で一致した、いわゆる従軍慰安婦問題の早期妥結を目指す立場から、岸田外務大臣に対して年内に韓国を訪問するよう指示しました。安倍総理大臣としては、いわゆる従軍慰安婦問題の最終的な決着を図りたい考えで、こうした点を含めて韓国側と合意できるかどうかが焦点となります。

日本と韓国の関係改善に向けて課題の1つとなっている、いわゆる従軍慰安婦の問題について、安倍総理大臣は先月のパク・クネ(朴槿恵)大統領との初めての日韓首脳会談で、早期妥結を目指し協議を加速させることで一致しました。
これを受けて日本政府は、韓国政府との間で外務省の局長級の協議などを行い、財産・請求権の問題は完全かつ最終的に解決済みだという日本の立場を維持しながら、双方が折り合える方策を探ってきました。
一方、韓国では、パク・クネ大統領の名誉を傷つけたとして在宅起訴された産経新聞の前ソウル支局長の無罪が確定し、日本政府内では関係改善に向けた前向きな動きだとして歓迎する声が出ていました。

こうしたなかで安倍総理大臣は、パク大統領が従軍慰安婦問題を日韓国交正常化から50年の節目であることし中の解決を目指したいという考えを示してきたことも踏まえ、24日夕方、総理大臣官邸で岸田外務大臣と会談し、年内に韓国を訪問するよう指示しました。
両政府の間では、今月28日にも日韓外相会談を行う方向で調整が進められています。
従軍慰安婦の問題を巡って、安倍総理大臣は先月2日、「多くの日本の方々は韓国側の対応を『ゴールポストが動いている』と思っている」などと述べ、妥結する際は韓国側との間でこの問題を蒸し返さないことを確認し、最終的な決着とする必要があるという考えを示していました。

また日本政府は、韓国政府に対して、韓国国内だけでなくアメリカなどで、いわゆる従軍慰安婦問題を象徴する銅像を設置する活動が続いていることは容認できないとして、こうした活動が続くことがないよう対応を求めてきました。
このため今回の岸田外務大臣の韓国訪問では、従軍慰安婦の問題の最終的な決着なども含め、韓国側との間で合意することができるかどうかが焦点となります。

韓国のユン・ビョンセ(尹炳世)外相は、23日、交渉が重要な局面に入っているとの認識を示したうえで、「もう少し待ってもらえれば結果を報告するときが来るだろう」と述べていました。
ただ、韓国はこれまで日本が法的な責任を認めるよう求めていたほか、パク大統領も「問題の解決は元慰安婦の女性たちが受け入れることができ、国民が納得する水準でなければならない」と言及していて、立場の隔たりは小さくないとみられています。

安倍総理大臣が、いわゆる従軍慰安婦問題の早期妥結を目指す立場から、岸田外務大臣に対して年内に韓国を訪問するよう指示したことについて、韓国外務省は「韓国と日本は、従軍慰安婦問題の早期妥結のための協議を続けており、両国の外相会談の開催も含めて、具体的に決定され次第明らかにする」と発表しました。
(引用ここまで)
 韓国国内でもトップニュースとして報道されています。
 まだなにも決まっていないという状況ではありますけどね。

 楽韓Webの意見としては、日本政府が法的責任を認めず、かつこれが最終解決であるという書面が残せるのであれば「あり」。もちろん、慰安婦像は日本大使館のものにかぎらず撤去。
 それ以下の条件ではなし。
 ま、現実にはありえない条件ではありますが。

 先日も水野俊平教授が書いていたように、慰安婦問題では挺対協の意向を外して考えることはできないのですよね。 
 慰安婦問題については韓国政府よりも実際の力を持っている団体です。
 20年が経過して、すっかり「職業」 と化しているのでやめるわけにいかないのです。 自分たちの食い扶持ですからね。

 元慰安婦の幸せとかまったく考えていない。考えていたらアジア女性基金からのお金を拒否させるとかできるわけないですけどね。
 あの下村満子ですら挺対協を批判する始末。
 韓国政府がそんな輩を抑えられるわけがないのです。そんな能力があったら挺対協があそこまで跳梁してませんわな。

 とにかく最低限、書面化することです。
 密約で済まそうとした河野談話の二の舞だけは避けなければ……。
 「法的責任」にこだわった韓国政府が一歩も引かずに破談で終わりだと思うのですけどね。



日韓外相会談、互いに言いたいことを言いあって終わる。首脳会談の予定は立たず

日韓外相会談、「歴史認識」で互いの立場主張(日経新聞)
>  岸田氏は元戦時徴用工による損害賠償の請求訴訟について「請求権問題は解決済み。韓国政府は適切に対処すべきだ」と促した。尹氏は係争中を理由に立ち 入った説明は避けた。岸田氏は汚染水問題を理由とした韓国の日本産水産物の輸入規制強化に関して「科学的根拠に基づき、ただちに撤廃すべきだ」と主張し た。

 尹氏は冒頭で「過去の傷を治癒しようとする勇気あるリーダーシップの発揮を期待する」と歴史問題での対応を求めた。「韓日両国の国民が真実の心で行動 し、互いに信頼を築き上げられるよう心から望む」とも語った。旧日本軍による従軍慰安婦問題での対応を求め、岸田氏は日本側の立場を説明した。岸田氏から は島根県・竹島問題を提起し、双方が領有権を主張した。

 両外相は今後も様々なレベルで意思疎通を図ることでは一致した。安倍晋三首相と朴槿恵(パク・クネ)大統領による首脳会談については、岸田氏は会談後「何も決まっていない」と記者団に語った。

 尹氏は会談で2020年東京夏季五輪の決定について祝意を伝達。18年に韓国の平昌で冬季五輪で開催することに触れ「2つの五輪成功に向け互いに協力することを望む」と呼びかけた。岸田氏は謝意を示し、平昌冬季五輪を控える韓国と協力する考えを伝えた。
(引用ここまで)

 いいですね。
 お互いが言いたいことをきっちり言っています。
 「従軍慰安婦がー」とか「歴史認識がー」とかは言わせておけばいいのです。
 こちらも言いたいことを言う。
 事務レベルでは接触を保ち続ける。これでOK。
 隣国だからどうこうとかじゃなく、かつ旧宗主国・旧植民地の関係でもなく、「普通の国の関係」を保つことができれば最良です。

 ひときわいい感じだったのは「オリンピック開催決定おめでとうございます」「ありがとうございます。そちらもがんばって」っていう外交辞令で終わっているところ。
 この関係性が続けばいいんですけどねー。


 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ