楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

平昌冬季オリンピック

 相互RSS募集中です

ムン・ジェインの平昌オリンピック南北統一チーム結成構想、周囲からは「時間がなさすぎる」と悲観。それでもIOCバッハ会長と面談でゴリ押しか?

南北合同チームめぐり協議、IOC会長と韓国大統領(産経新聞)
平昌、南北合同行進が最も実現性 条件付きでIOC元副会長(東京新聞)
 韓国を訪れている国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と文在寅大統領が3日、大統領府で会談した。文氏が提案した来年2月の平昌冬季五輪での南北合同チーム結成案をめぐっても意見交換するとみられる。文氏は北朝鮮とのスポーツ交流を通じ対話の糸口を探る意向で、バッハ氏の支持を取り付けたい考えだ。 (中略)

 バッハ氏も茂朱を訪れて6月30日に記者会見し、合同チーム案について「IOCとして公式見解は何も出していない」とした上で「対話と和解を進めようとする大統領の姿勢は、五輪の精神に合致するものだ」と交流の進展を歓迎した。これまで具体的な方策に言及していない。
(引用ここまで)
国際オリンピック委員会(IOC)元副会長の金雲龍氏(韓国)が1日、ソウル市内で取材に応じ、文在寅大統領が表明した来年2月の平昌冬季五輪で南北合同チーム結成などの提案について、開会式での南北合同入場行進が「現実的に最も実現性がある選択肢」との見解を示した。北朝鮮選手がワイルドカード(推薦枠)を含め、10〜20人単位で出場資格を得ることが実現の条件とした。
(引用ここまで)

 2本目の記事は元IOC副会長だった金雲龍による解説。
 まだ大御所的な位置にいるんですかね。2005年に追放が決まったのですが、追放よりも先に自分からIOC理事を辞任したという人物です。
 もちろん、罪状は横領や背任といった金がらみ。いつものこと。
 世界テコンドー連盟の元会長で、オリンピックに正式競技としてのテコンドーをねじこんだ人物でもあります。韓国的には「最大の功労者」ですけどね。
 その人物ですらも「時間がなさ過ぎる、いいとこ共同入場行進だろ」って言っている。

 韓国では訪韓しているバッハ会長が「対話と和解はオリンピックの精神に合致している」と発言したことから、統一チーム結成に前向きな方向とされているのですが、オリンピック精神の建前を話しているだけでなんらかの具体的な話をしているわけでもないのですよね。
 さすがに開幕式まで7ヶ月ちょいといったこの状況で統一チームを結成できるとは思えませんが。

 ムン・ジェインのゴリ押しがどこまで通用するのか。
 対北朝鮮政策がどのていどまで宥和方向であるのかの試金石ともいえるんじゃないでしょうか。
 統一チーム結成で北朝鮮代表が半分までくるようなことがあれば、韓国を待ち受ける未来は相当にしんどいものになると思います。

オリンピックと商業主義 (集英社新書)
小川勝
集英社
2012/6/20

ムン・ジェインの「女子アイスホッケーは統一チーム」の言葉から見えてくる北朝鮮優先政策

【コラム】代表入りを目指す選手の努力を踏みにじる南北単一チーム提案(朝鮮日報)
 「厳しい練習に耐えながら必死の思いでがんばっていますが、今後本当に南北単一チームが結成されるのでしょうか。上からの指示があれば選手たちはそれに従うだけでしょうか」  女子アイスホッケーで韓国代表入りを目指す選手たちは、午後になるとソウル市北部の泰陵選手村に足を運んで練習を行っている。練習は午後5時に始まり夜9時半頃に終わるが、選手たちは疲れた体を引きずって帰宅するとすぐ寝てしまうという。ある選手は「まだ決まったわけではないが、南北の単一(合同)チームなんて実感が湧かない」「監督や協会の関係者からは取りあえず練習に集中するよう指示されているが、どこか地に足が付かない気分だ」と力なく語った。  単一チームのニュースに神経質になるのは、選手たちの中で今なお代表入りが正式に決まっていない選手たちだ。彼女たちは南北単一チームが結成されれば確実に代表入りできなくなるため、今から単一チーム問題について公の席で語る選手はいない。しかし関連するニュースが報じられれば誰かが必ずネットの選手たち専用の掲示板などにアップする。選手たちは気持ちが安定しないと当然練習にも力が入らない。(中略)

 この問題は先月20日、都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部(省に相当)長官がまず女子アイスホッケーの南北統一チーム結成を提案したことで始まった。続いて文在寅(ムン・ジェイン)大統領もこの問題に言及したことで、南北単一チームはほぼ既成事実化した雰囲気になった。しかし当事者である大韓アイスホッケー協会やこれまで厳しい練習を続けてきた選手たちは完全に排除されている。別のある選手は「(単一チームが話題になってから)練習に来て選手たちに声を掛けてくれた関係者は一人もいない」と不機嫌な表情で語る。協会も単一チーム問題で政府から相談やアドバイスは受けていないという。単一チームの結成そのものに大きな意味があるとしても、その前段階の手続きは全く行われていないのだ。 (中略)

 政府は今回単一チーム問題を南北対話の突破口にしたいと考えているようだ。その趣旨そのものに反対する理由はないが、一方で選手たちには犠牲を強いる結果になることを忘れてはならない。自分たちにとって都合の良い大義名分ばかりを前面に出し、これまでオリンピックに向けて厳しい練習に耐えてきた選手たちの努力など大したことではないと考えているのだろうか。南北単一チームの実現に向けて動く政府関係者に言いたい。太極旗(韓国の国旗)マークのユニホームを着るため必死で練習に取り組んできた選手たちに一度会い、その声に直接耳を傾け彼らの思いを理解してほしい。
(引用ここまで)

 前にもちらっと書いたように、「女子アイスホッケーで統一チームを作ろう」という言葉は本当に残酷。
 現状の韓国代表はもう立つ瀬なし。
 開催の8ヶ月前にスポーツの政治利用によって韓国人の出場枠が削られるかもしれない。もしかしたら半減するのかもしれないという状況。

 開催国枠での初の参加っていうことで、実力で出ることはできない韓国アイスホッケー女子代表にとっては初の晴れ舞台で最後の晴れ舞台になる可能性が高い。今世紀最後の出場かもしれない。
 平昌オリンピック出場をモチベーションにしてがんばってきた選手も少なくないでしょう。引退を先延ばしにしてきた選手とかもいるんじゃないでしょうかね。
 本来ならオリンピックに出場できる実力じゃないとはいえ、アスリートとして鍛錬を続けるというのは本当にしんどい作業です。それを「母国開催で最後の花道にしたい」という気持ちで続けてきたという選手もいることでしょう。

 特別帰化7人で強化した男子代表とは異なり、IIHF22位の韓国女子代表がまともに戦えるのかといったらそんなわけはない。他のチームはランキング5-7位の正当な勝ち抜け組。
 グループBの4チーム中、最下位はほぼ決定的。
 冬季はチーム競技も少ないので狙われたのでしょうけども。

 選手として練習を続ける辛さを知っている人間であれば、ムン・ジェインの「統一チームを作ろう」という言葉が真に残酷であることが理解できるでしょうね。
 まさに人でなしのそれ。 鬼か。
 国連安保理決議などもあって、もはや国際的に縛られている対北外交の唯一の突破口がスポーツ外交なので、必死になって宥和政策をスポーツで行うだろうという話はしましたが……。
 まさか自国民を生け贄にしてくるとは。
 こんなところからもムン・ジェインの人となりが透けて見えてきてますね。

ムン・ジェインは北朝鮮のこと以外なにも考えていない……と武藤氏は言ってましたっけ。
韓国人に生まれなくてよかった
武藤正敏
悟空出版
2017/6/1

韓国国会議長「日本人が平昌五輪に来なければ韓国人はひとりも東京オリンピックに行かせない!」……それ、なんか日本に不都合ありますかね?

韓国の丁世均議長が大放言! 「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」…大島理森衆院議長らと会談で(産経新聞)
 それによると、韓国与党、「共に民主党」幹部でもある丁氏は会談冒頭から「昨年は今回のような招待がなかった」と日本側の対応に不満を漏らした。

 その上で韓国の経済状態がよくないことを指摘し、「日本は景気がいいのだから、査証(ビザ)を簡素化して、韓国の若者を日本企業で引き受けてほしい」と要求した。

 また、弾道ミサイル発射実験を繰り返すなど北朝鮮情勢が影響し、訪韓する日本人観光客が減っていることを「よくない」と指摘。「平昌五輪に日本人観光客がたくさん来るように努力してほしい。もし少なかったら、東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と言い放ったという。

 さらに歴史問題にも言及し、先の大戦で旧日本軍の兵士・軍属として終戦を迎え、いわゆる「BC級戦犯」とされた韓国人への戦後補償についても「ちゃんとやってほしい」と取り組みを求めた。 (中略)

 韓国の文喜相(ムンヒサン)大統領特使が5月18日に安倍首相を表敬訪問したときには、首相が座った椅子が文氏の椅子とデザインが異なり、若干大きかった。これを気にした丁氏サイドが「首相と韓国議長の椅子を同じものにしてほしい」と要請してきたため、丁氏表敬時には同型の椅子を用意した。

 安倍首相と丁氏が「同格」であると演出する狙いがあったとみられるが、外務省関係者は「韓国大使館から杉山晋輔事務次官にまで『椅子をなんとかしてほしい』との電話がかかってきた。理解不能な反応だった」と話している。 
(引用ここまで)

IMG_8200
 この国会議長が来日する前に「昨今の日韓関係は正常でないので改善したい」と言っていた人物ですね。
 あくまでも「旧来の日韓関係」こそが正常な日韓関係であるという認識であれば、こういう態度でもむしろ当然かなという気がします

 韓国人にありがちなパターンなのですが、自分の手札を異常なまでに過大評価するというクセがあるのです。
 どう見てもワンペアがいいところなのに「こっちの手はいい手だぞ、コールしたらひどいことになるぞ」と言い続ける。
 それを補強するのがブラフ……というか単純なウソですね。
 たとえば「エリクソンは15億ドルを韓国に投資する!→ウソでした」を韓国大統領府自らやってしまう。

 この国会議長も同じことを言っているというかやっているというか。
 日本人観光客が韓国に来ない、そして韓国人は日本に山ほど観光へ向かっている。
 だったら、東京オリンピックに韓国人が向かわなかったら日本が困るんじゃね。これを人質にして平昌に日本人を来させるようにすればいいんだって思いついたのでしょうが。
 その手札、ブタですから。
 東京オリンピックに韓国人がこないなら日本人向けのチケットに回してOK。
 日本人はなんだかんだでお祭り好きですし、「韓国最後のフロンティア」である平昌みたいなド田舎に行く必要もない。

 そんなブタを出されても「OK、じゃあそれでコールしようか」って言われて終わりなのですが。
 というか、むしろきっちり制度化するとよいと思います。
 平昌オリンピックでの日本人入場者が○○人以下だったら韓国人は東京オリンピックに出入り禁止って。
 なにしろ国会議長様が自ら言い出したことですから。
 日本も唯々諾々と従うのがよいんじゃないでしょうかね。

 椅子の大きさ云々は、特使が日本に来た際に座らされた椅子が小さいと話題になったのですよ。
 他の元首が来たときとも比較されていましたね。
 それを知っていて「私は安倍総理と同格だ」と韓国内でアピールしたいがためにこういう話を持ち込んだのでしょう。
 「どちらが上なのか」という格にこだわる韓国人ならではの視点ですね。

 

ムン・ジェイン「女子アイスホッケーで南北統一チームを結成しよう!」……これがとんでもないセリフである理由

「平昌五輪で南北統一チームを」 文氏提案に北の反応は(朝鮮日報)
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は24日、全羅北道茂朱で行われている世界テコンドー選手権大会の開会式で、来年の平昌冬季五輪での南北統一チーム結成を目指す意向を示した。文大統領は「初めて南北統一チームを結成して最高の成績を収めた1991年世界卓球選手権大会と世界ユースサッカー大会の栄光をもう一度見たい」「南北選手団の同時入場によって世界の拍手喝采を浴びた2000年シドニー五輪の感動をもう一度感じたい」と述べた。文大統領はまた「平昌冬季五輪に北朝鮮選手団が参加すれば、五輪の価値の実現に大きく寄与すると考える」として北朝鮮の参加を公式に提案し「北朝鮮応援団も参加し、南北和解の転機となればよいと思う」と述べた。 (中略)

 しかし張雄氏は開会式後に行われた夕食会で、平昌冬季五輪の南北分散開催や南北統一チーム結成について慎重な姿勢を示した。同氏は「(1991年に)千葉で行われた世界卓球選手権で南北統一チームを結成したときには打ち合わせを22回も実施した」と述べ、統一チーム結成が容易ではないことを示唆した。また「スポーツを政治と関連させるのは非常に難しい」として「スポーツに先立ち政治の地盤が固まらなければならない」と強調した。 (中略)

これに先立ち都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部(省に相当)長官は20日、女子アイスホッケーの南北統一チーム結成を提案した。バッハ委員長は世界テコンドー選手権の閉会式(30日)出席のため29日に来韓する予定だ。
(引用ここまで)

 一部競技の共催だけでなく、女子アイスホッケーでは南北統一チーム結成して参加しようと提唱しているのですが。
 これがけっこうとんでもない話でして。
 韓国とは縁もゆかりもない選手を7人も帰化させて、それも二重国籍を認めるというなりふり構わない方策に出ていた男子アイスホッケーと比べて、女子アイスホッケーは1人だけ。それも韓国系カナダ人。

 つまり、女子アイスホッケーは「強化の度合いが違う」ので、選手がどうなろうと構わないのですね。
 今年のIIHFランキングで22位。強化はほとんどなし。開催国枠での参加。
 捨て競技なのでどうでもいい。

 これまで努力してきた、韓国の女子アイスホッケー代表のことなんてどうでもいいんですよ。
 ムン・ジェインの聖なる言葉によって、北朝鮮(IIHFランキング25位)を参加させるほうがよっぽど大事だということです。
 捨て競技なのでスポーツの政治利用スポーツ外交に役立ってくれればそれで充分、ということなのでしょうね。

アイスタイム 鈴木貴人と日光アイスバックスの1500日
伊東武彦
講談社
2013/9/11

NHL「平昌オリンピックには選手派遣できない。あ、次の北京は市場として期待できるから参加するけどね!」→韓国人「許される話ではない!!」

NHLが平昌五輪「不参加」を決定 大会への影響不可避(聯合ニュース)
北米プロアイスホッケーのNHLが来年2月に開催される平昌冬季五輪に出場しないことを決定し、大会の盛り上がりや入場券の収益への影響が避けられなくなった。

 NHLが22日(現地時間)発表した2017−2018シーズンの日程によると、10月4日に開幕し、翌年6月中旬までレギュラーシーズンが開催され、来年1月末のオールスター戦で短い休みを挟む以外、中断なく試合が行われる。

 国際オリンピック委員会(IOC)、国際アイスホッケー連盟(IIHF)などが説得に乗り出したが、平昌五輪への不参加の決定は覆らなかった。

 アイスホッケーは冬季五輪で最も人気の高い種目に数えられ、NHLは1988年の長野五輪から2014年のソチ五輪まで冬季五輪に出場した。今回の平昌五輪のみ参加せず、20年の北京五輪には参加するとの立場だ。

 NHLのチームオーナーらは、選手が五輪出場により経済的利益を得られないだけでなく、20日近くリーグを中断しなければならず、主力選手の負傷の可能性もあるとして五輪出場に消極的な立場だった。結局NHL事務局は各チームの意見を受け入れ、平昌五輪への不参加を決めた。 (中略)

 組織委の関係者は「NHLの不参加でアイスホッケーの入場券の収入額も影響を受けるだろうが、メインスポンサーが入場券を大量に購入すれば大きな打撃はないだろう」と話した。

 また「NHL事務局が不参加を宣言したが、選手らが五輪出場を強く望めば所属チームも(考えが)揺れるしかない」として「事態の推移を見守るしかない」と述べた。

 組織委の李熙範(イ・ヒボム)委員長も慎重な立場を堅持している。李氏は聯合ニュースの取材に対し「IIHFではまだNHLの参加可能性が残っているとみている」とし、「NHLが平昌五輪には参加せず、2020北京五輪には参加するという立場だが、そのように勝手に決めることはできない」と述べた。

 李氏は「NHLの決定はまだ交渉過程だとみられる。交渉で優位を守るための過程だと考えている」とし、「29日に訪韓するIOCのバッハ会長と今回の事案を話し合う予定だ。NHLの不参加を断定的に話すにはまだ早い」と説明した。
(引用ここまで)

 平昌冬季オリンピックについてはいい話がまったくありませんね。
 ついこの間もムン・ジェイン政権がスポーツ外交に無理矢理活用しようとして南北共催を申し出たところですし。

 さて、NHLは北米の4大スポーツの中ではもっとも小さな規模のスポーツではありますが、それでもほとんどのヨーロッパのサッカーリーグより大きな市場規模を持つ競技なのです。唯一、勝てるのが英プレミアリーグかな。
 特に冬季オリンピックではフィギュアスケートと並んで最大の人気競技であるといっても過言ではないでしょうね。なによりも試合数が多いのが魅力です。

 そのNHLが平昌オリンピックへの選手派遣を禁止したとのこと。
 サッカーでもできるだけ選手をオリンピック、ワールドカップに出したくないという意向があるのですよね。
 一番の問題は負傷があるから。
 これからの若手であれば一種のデモンストレーションの場として活用でき、移籍金を上げるためにも悪くないアピールの場なのですが、すでにビッグクラブのレギュラークラスの一流選手であればその必要もない。
 クラブから見てみたら危機でしかないのです。
 野球でのWBCも同様です。

 もうひとつのリスクは通常時のシーズンに影響を及ぼすということで、今回はそれが問題になったようです。
 ただまあ、これに関してはかなり前から開催時期は分かっていたので、そもそも平昌オリンピックに派遣するつもりがなかったんじゃないのって思われても当然ではありますかね。

 記事中では「2020年の北京」となっていますが、2022年の北京冬季オリンピックには選手派遣する意向らしいのですよ。
 これを機にホッケーの中国への振興ができればいいという部分もあるのでしょう。
 つまり、NHLから「韓国は市場としておいしいと思えないから、選手派遣のバランスシートが釣り合わない」っていわれているのです(笑)。
 まあ……商業主義一本槍になった現代のオリンピックというのは残酷な部分もある、という非常に分かりやすい事例ではないでしょうか。

13日の金曜日(2009) (字幕版)
パラマウント

ムン・ジェイン政権、平昌冬季五輪の南北共催を提案。「スポーツ外交」を一気に推し進めようとする理由とは?

文在寅政権が南北共催を検討、金正恩氏肝煎りスキー場使用も…国際制裁が骨抜きに?(産経新聞)
韓国の文在寅(ムン・ジェンイン)政権が2018年の平昌五輪で、一部競技や聖火リレーの北朝鮮開催を検討していることが分かった。7月3日に文大統領と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が会談する見通しだが、北朝鮮でも競技が開かれれば、金正恩(キム・ジョンウン)政権を外貨で潤す結果となり、対北制裁を強める国際社会の足並みを乱す恐れがある。

 「平昌五輪を平和五輪として行うための核心は北朝鮮が参加するかどうかだ」

 聯合ニュースによると、平昌の施設を20日に訪れた都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光相はこう指摘し、北朝鮮の平壌や開城(ケソン)を経由させる聖火リレー構想を明らかにした。アイスホッケー女子の南北合同チームの結成計画も挙げ「IOCと協力し、実現に努力したい」と述べた。

 北朝鮮東部の馬息嶺(マシクリョン)スキー場についても言及し、「施設を直接見てみたい。可能なら活用する方向で検討する」と一部競技の北朝鮮開催に意欲を示した。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインが日中韓北4カ国でのワールドカップ共催を提案したときに語りましたね。
 ムン・ジェインはスポーツ外交に一縷の望みを託すしかないのだ、と。
 その攻勢を強く出しています。
 平昌冬季オリンピックの一部共催だけでなく、女子アイスホッケーで統一チームを作ろうと言ったり、最近では北朝鮮のテコンドー演舞団の訪韓を許可したりしています。

北朝鮮テコンドー演武団の訪韓承認 文政権初の南北スポーツ交流(聯合ニュース)

 二国間外交を行ってなんらかの利益供与を行ってしまうと、国連安保理決議による制裁に違反することになります。

 つまり、普通に外交を行うことはできない。
 貿易等ももちろん御法度。統一部長官あたりに「開城工業団地再開云々」と言わせているのは閣僚にそのあたりの発言をしてもらって、国際社会の反応を探ろうという魂胆もあるのでしょうが。

 であれば、残された手段は最低限度の人道的な援助か、スポーツ外交くらいなものです。
 リオ五輪のの女子サッカーアジア予選では、北朝鮮代表が来日することができました。
 それと同様レベルのことであれば、韓国が行っても問題ないよね……と言い訳ができるのです。
 オリンピックを一部共催してもらえるのであれば、使用料を支払わなければいけないだろう……というような形で一点突破、全面展開していく腹づもりかもしれません。
 オリンピックが「平和の祭典」という建前を堅持している以上、IOC会長であってですらも断りにくいであろうと目論んでいるのではないでしょうか。

 ただ、ワームビア氏を殺されたアメリカがどう出るか。
 日本で見ているよりもはるかにアメリカの世論は冷えてます。日本の感覚だと「え、そこまで?」ってなるくらいの冷えっぷり。
 このまま「共催でー♪」とか能天気なことを唱えていたら、「じゃあボイコットで」くらいのことを言いそうなレベルで冷えてます。
 そもそも共催となれば少なからず観光客が向かうわけで、利益供与になると思うのですけどね。

赤い韓国 危機を招く半島の真実 (産経セレクト)
櫻井よしこ / 呉善花
産経新聞出版
2017/5/9

平昌オリンピックの開会式が地獄絵図となる予感……体感温度マイナス20度で4時間じっとしていなければならない……

【時視各角】空ばかり眺める平昌オリンピック(中央日報)
「2018年2月9日。平昌冬季オリンピック開会の日だ。心配した通りだった。昨夜降った雪でアルペンシアスタジアムが凍結した。急いで軍将兵を投入して氷を割り、座席の解氷をするが、どうにもならない。3万5000席をどう処理するのか。午後8時の開会式まで12時間しか残っていない。観客は午後6時になると入場してくる。

あれほど祈ったが、空も無情だ。期待した異常高温もなかった。むしろ酷寒に大雪。夜9時の予想気温は氷点下12度、風速は時速10メートル。体感温度は風速1メートルあたり1度ずつ落ちる。観客は氷点下22度の酷寒の中で4時間ずっと座っていなければいけない。公演が目に入るはずがない。いくら良い作品を制作しても意味がない。花より団子というように、温かく腹が満たされてこそ感動や感嘆の声が出る。大統領の演説中、ついに観客が震えながら席を外す。外国の首脳も北風寒雪にそわそわする。惨事もこれほどの惨事はない」。

宋監督は「考えるだけでぞっとする」と語った。これはすべて予算のためだ。アルペンシアスタジアムには屋根がない。工事費を減らし、撤去を容易にするためだ。このため酷寒には無対策となった。座席に熱線を入れようというアイデアもあった。しかし数十億ウォンの予算がなく、あきらめるしかなかった。防寒装備でもまともに準備してくれればよいが、膝かけ1枚とカイロがすべてだ。やはり予算がなく、1人あたり1万6000ウォン(約1600円)以内で準備しなければならなかった。したがって厚くて大きいブランケットや防寒帽、防寒マスクなどは考えることもできない。

宋承桓監督は今年2月9日午後8時にアルペンシアスタジアムに行ってみた。やはり氷点下5、6度に風が強く、体感温度は氷点下20度ほどに感じられた。完璧に防寒服で身を包んだが、どうにもならなかった。同行したイ・ビョンナム・オリンピック組織委局長と職員は異口同音に「1時間ほど過ぎると凍死しそうだった」と語った。(中略)

オリンピック組織委員会はいくら切り詰めても3000億ウォンほど不足するとみている。このため急ぎでない酷寒対策は後回しにされた。(中略)

20万−150万ウォンの入場券を購入して来た観客が真冬の酷寒に震えていても5万−6万ウォンの防寒キット一つも配れない。これでは平昌が国の名誉を高めるどころか、悪名をはせることになりかねない。空ばかり眺める天水田のようになった平昌、いつまで見守らなければいけないのだろうか。
(引用ここまで)

 こう書かれててソチの開会式はどうだったかなーと思ったのですが、全席に屋根のあるサッカースタジアムでしたね。
 その前のカナダのバンクーバーはドーム競技場でした。トリノもサッカースタジアムだったと思うのですが、まあさすがにヨーロッパのスタジアムだったら屋根はあるかな。
 ソルトレーク、長野までは覚えていませんが、長野は開会式セレモニーの出来がアレすぎて……。あ、長野パラリンピックの開会式はすごくよかった。おそらくすべての冬季オリンピック・パラリンピックを通じても屈指の出来でした。久石譲氏の演出だったはずです。

 閑話休題。
 ちょっと調べたら長野の開会式は気温0度だったそうです。風がどうだったかまでは覚えていませんが、昼間にやっていました。アメリカのプライムタイムに生中継するためだったと記憶しています。
 ……なんで平昌は夜にやるんですかね。
 それも午後8時から4時間とか。
 長野(というか日本)と時差は変わらないからESTとは14時間。ニューヨークは朝の7時。ロスだと朝の4時。時差が原因ではないっぽいかな。
 電飾とか花火が目立つ演出ができるのは夜ですけどね。韓国が夜で、かつアメリカがぎりぎり起きてくる時間で……ということかなぁ。

 気温がマイナス5度。風が吹いて体感温度はマイナス20度。
 屋根もなく、風対策もない。暖房もないし、貸し出し防寒具もない。
 吹きっさらしの開会式場で体感気温マイナス20度で4時間。なんだろ……がんばれ、超がんばれ>観客

サバイバルシート(防寒・保温シート)5枚パック
防災研究プロジェクト
2014/1/14

弱小だったアイスホッケー韓国代表、トップディビジョンに昇格。登録選手の1/3が帰化組。しかも、その扱いが……

アイスホッケー:弱小・韓国、帰化選手の活躍で1部入り目前(朝鮮日報)
 男子アイスホッケーの韓国代表は、以前なら考えることすらできなかった夢に近づこうとしている。20年前の韓国は世界選手権で世界3部リーグと4部リーグの間を行き来する弱小チームだったし、この10年間は2部リーグと3部リーグの間で昇格と降格を繰り返し、挫折していた。世界最高の16チームが競い合う1部リーグ(トップディビジョン)など遠い国の話でしかなかった。だが今、その夢が現実になろうとしている。

 韓国は、ウクライナのキエフで行われた世界選手権ディビジョン1グループA(世界2部リーグクラス)で1部リーグ昇格まであと勝ち点2を残すばかりとなった。韓国は26日、ハンガリーとの第3戦に3−1で勝って大会3連勝を記録、勝ち点を9として現在首位に立っている。上位1・2位チームは来年の世界選手権から1部リーグに上がることになる。韓国は2位のオーストリア(勝ち点6)、3位のカザフスタン(勝ち点5)との差を広げ、有利になった。世界のアイスホッケー界は「韓国に何が起こったのか」と驚いている。韓国は今大会に参加した6チームの中で世界ランキングが23位と最も低いチームだ。

 韓国がこのところ見せている驚異の成長についてはさまざまな見方がある。一部には「帰化選手7人のおかげではないか」と自虐気味に話すファンもいる。韓国が平昌冬季五輪に備えて韓国国籍を取得させた北米出身選手たちが戦力の大部分を占めており、国内組は付き添い程度ではないのかという意見もある。
(引用ここまで)

 帰化選手7人……増えてた(笑)。
 アイスホッケーで氷上に出られるのは6人。以前はスタメン6人きっちりが帰化選手だったのですが、やっぱり交代要員にもそれなりのクオリティが必要だということになったのでしょうね。
 これまで韓国への帰化は二重国籍を認めないものだったのですが、スポーツ選手や科学者に対しては二重国籍も認める特別帰化が推奨されています。
 要するになりふり構っちゃいられない事態だという認識なのでしょう。

  んでもって、国家代表で戦う世界選手権でもその帰化チームが大活躍で1部リーグに手が届くかもしれないというところまできている。
 それを「韓国代表はかつての夢に届きつつある」としているのですが……。
 まあ、夢への道のショートカットを歩みたかったのだからしかたない。強化方針としては大正解でしょう。

 一昨日の29日のウクライナ戦に勝利して、上位16カ国が参加するトップディビジョン昇格が決定しました。
 ざっくりと登録選手は20人前後。帰化選手以外の韓国人選手もトップディビジョンを経験することは財産になるでしょうね。

 さてそれを報じるニュースの中でちょっと1枚、衝撃的な写真があったのでご紹介しておきましょう。

「キエフの奇跡」アイスホッケー韓国代表、故郷に錦を飾る(聯合ニュース・朝鮮語)

 韓国代表が帰国して入国ゲートで記念撮影しているというものなのですが。

icehockey_kikoku


 帰化組存在していない。
 記事の下のほうには全体写真もあるのですが、帰化選手とおぼしきプレイヤーは左隅にひとりいるだけ……。シーズンが終わったので、直接「帰国」したのかもしれませんね。

[まとめ買い] 行け!!南国アイスホッケー部(少年サンデーコミックス)
久米田康治
小学館

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ