楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

平昌冬季オリンピック

 相互RSS募集中です

東京オリンピックが韓国の平昌での開催を見習うべきたったひとつの事柄とは……

平昌五輪当時にノービザ入国の外国人、1万人が不法滞在中(中央日報)
自由韓国党のチョン・ヒギョン議員が法務部から提出させ先月29日に公開した資料によると、平昌冬季五輪期間の2月9日から25日まで韓国にノービザで入国した外国人は35万1739人に上った。 (中略)

これらのうち五輪後のノービザ期間満了後も出国せず韓国国内に不法滞在中の外国人は先月31日基準で1万1635人となった。

韓国政府は平昌五輪当時、観光活性化に向け90日間のノービザ入国を一時的に許容した。国際スポーツイベントに合わせてノービザ入国を許容したのは今回が初めてだ。

チョン・ヒギョン議員は「予想できない外国人不法滞在の急増は犯罪など治安問題と合法的な外国人労働市場を乱す問題がある」と指摘した。
(引用ここまで)

 冬季と夏季の違い、すなわち絶対的な規模の違いがあるので東京オリンピックが平昌オリンピックから学べることはほぼなにもないと思うのですが。
 東京が参考にするならロンドンオリンピックでしょうしね。
 平昌のような「韓国最後のフロンティア」の根本的なインフラ開発のために招致されたオリンピックと、元から巨大都市で行われる東京オリンピックではさすがになにもかもが違いすぎている。

 それでも「どのように不法滞在対策を失敗したか」という部分では反面教師として使えるかもしれません。
 ビザなしで入国した約35万人のうち、3.3%にあたる約1万6000人が不法滞在になった。
 どの国から来た入国者がどのくらいの割合で不法滞在者になったのか、といったようなデータをもらえればありがたいかな。
 不法滞在者も同じ国出身者のコミュニティに入るであろうから、摘発捜査もそのコミュニティ地域を中心にすると効率がいいというようなことは情報交換できるでしょうし。

 ただまあ、そうやって「韓国に不法滞在」して幸せなのかどうか、っていう根本的な問題がありますけどね。
 韓国は与党事務総長(当時)がアフリカ人ダンサーを最低賃金の半分で働かせていたり、ジーンズの工場でトイレに行くたびに1回5000ウォンの罰金を取っておいて「外国人労働者は恐怖で管理しなければならない」とかいうような世界ですから。
 まあ、好きで不法滞在しているとはいえ……ねえ。


平昌冬季五輪のアルペン競技場が湧き水、地滑りで崩壊中……自然林に戻すっていう話じゃなかったの?

旌善アルパイン競技場に8つの「地滑りの危険区間」... 青瓦台出た(JTBC・朝鮮語)
[アンカー] 江原道旌善アルパイン競技場の地滑りの危険がより具体的になってきました。過去半月に渡った緊急調査の結果、問題のある8つの区域を危険区間に選定しました。一歩遅れたものの大統領府まで出動し、汎政府の対応を約束しました。 チョ・スンヒョン記者です。

[記者] 排水溝に土砂が詰まり、本来の機能を失っています。
スロープ斜面では、延々と水が湧き出てゴンドラ停留所周辺は水浸しになりました。
浸食と崩壊が生じた場所を、それぞれ確定することすら難しいほどです。
山林庁は去る8日から江原道旌善郡加里王山のアルペンスキー場の緊急調査を行いました。
二重の深刻な問題が確認された練習コースと滑降コースなど8カ所を危険区間に選定しました。
青瓦台も一歩遅れて状況を把握して対策に乗り出しています。

キム・スヒョン/青瓦台社会首席「見た目からは今現在、かなり迅速な応急措置が必要なことが確認されています」

行政安全部と山林庁、江原道は政府タスクフォースを構成して今日から運営を開始しました。
なによりも対策が急がれるのは、実際の地滑りがしている場所をどのように対処するかです。

政府は来月下旬梅雨が始まるまで排水路の整備など応急措置をとることにしました。
危険地域に簡易計測器を設置して地滑りの兆候が表示されたら、アラームを鳴らして住民を避難させる計画です。
旌善郡と国有林管理所は、毎日現場を点検することにしました。
しかし、精密地盤調査や生態復元など中長期の対策は議論さえ行われませんでした。
(引用ここまで)

 江原道は旌善にある加里王山という場所に平昌冬季オリンピックでアルペン競技の滑降、スーパー大回転の競技会場が設置されたのですが。
 韓国国内で滑降の競技場が設置できるのはここだけであろうということから、競技場になったというだけの場所なのです。
 人里離れたザ・僻地。
 競技場としての難度は「誰でも滑れる」「(ISUワールドカップ会場ではなく)オリンピック競技場である、ということならOKかな」というものでした。
 というわけで常用の競技場への転用も難しいということもあり、また貴重な動植物の分布区域であるということからもオリンピック・パラリンピック閉幕後は自然林に戻すという約束をIOCの決定にしていましたね。

 でも、3月末にパラリンピックが閉幕してからたったの2ヶ月で地滑りが危惧される場所になってしまったというオチになっているそうです。
   ……どんだけ安普請なんだ。
 考えてみれば、工事費未払いで作られたような施設なので当然といえば当然なのかもしれません。

 画像を見てみると、湧き水で土がえぐれてしまっていますね(画像はJTBCからのキャプチャ)。

alpine

 ま、こんなんだから春になる度に道路が陥没するのです。
 ……そういえば今年は大きな道路陥没による事故の話を聞きませんでしたね。
 ソウルだけで5年で350ヶ所の道路陥没があったということなので、陥没そのものはあったのでしょうが事故につながらなかったということなのかな。

 むしろ、これからが平昌冬季オリンピックの本番といってもいいくらいですからね?

フィギュアスケートLife Extra 平昌オリンピック2018 フィギュアスケートLife (扶桑社ムック)
フィギュアスケートLife
扶桑社
2018/3/16

韓国で「君が代を地上波にかけた!」と大騒ぎ……オリンピック中継ですらこれ

SBS、冬季オリンピック君が代送出で「論議」(イルガンスポーツ・朝鮮語)
SBS側は24日午後、2018平昌冬季五輪スピードスケート女子マススタートを生中継した。
この日、日本の高木菜那が金メダルを首にかけた。韓国のキム・ボルムは銀メダルの栄誉に輝いた。

問題となった点は、授賞式である。高木菜那がもっともも高い表彰台に上がり、日本の国歌が流れた。日本の国歌は君が代だ。君が代は長い間、日本の国そのもののように呼ばれてきた。日本の天皇の時代が永遠になるようにという内容の歌詞が含まれている。日本植民地時代の朝鮮総督府は、この歌を朝鮮人の皇民化政策のために、一日に1回以上、各学校朝会時、日本の国旗掲揚と敬礼の後には必ず歌わせた。民族の胸の痛む歴史そっくりそのまま盛られている曲だ。

国内大勢のプログラムで君が代が流れ問題になった。放送通信審議委員会で制裁を受けた。オリンピックは特殊性があるので、先にあった事例とは異なっている。また、オリンピックは政治色を排除しなければならないことは国際オリンピック委員会(IOC)に規定がある。

しかし、SBSが君が代をそのまま放送したのとは異なり、MBC・KBSは柔軟に対処した。MBCは男子のマススタートで金メダルを取ったイ・スンフンの競技場面を再び見せ、KBSは広告を出した。また、SBSベ・ソンジェキャスターは「日本の国歌です」と言って論議はさらに加重されている。

SBS側の取り組みに惜しむ人が多い。まだSBSは立場を出していない。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインが「日本とは心の通い合う友人になりたい」とか言っていましたが。
 だったらオリンピックの表彰式で君が代が放送されることをまるで犯罪を犯したかのように騒ぎ立てるのをやめろって話です。
 尊敬までしなくてもいいけど、最低限の敬意を払えってことが理解できていない。
 そのあたりが理解できていないから、日本大使館前にも釜山日本総領事館横にも慰安婦像を建てることを黙認してしまう。
 それに対して対抗措置をとられると「そんなバカな話はない」とかリアクションしてくる。

 この騒動から導き出される結論はひとつだけ。「韓国人はいまだに日本人をまともな人間として見ようとしていない」ということなのですよ。
 ちょうどパラリンピックを放送しない理由が「障害者の人口比率が少ないから放送しない」と言っていたことにかぶります。
 韓国人はこんなていどの民度だし、日韓関係はこんなていどの関係なのです。
 そっちの都合のいいようにするのであれば、こっちも同様にするまでってことなのですけどね。

平昌の女子スケート追い抜きでいじめ騒動のキム・ボルム→心が折れて入院、男子モーグル韓国代表は女子選手にわいせつ行為で永久除名

いじめ騒動の韓国スケーターが入院、大バッシングで不安症に(AFPBB)
モーグル韓国代表、日本で女子選手にわいせつ行為(朝鮮日報)
平昌冬季五輪期間中のテレビインタビューでチームメートを辱める発言をしたとして、国民から大量の批判を受けていたスピードスケート女子韓国代表のキム・ボルム(Kim Bo-reum)が、精神治療を求めて入院したことが明らかになった。同国の複数メディアが報じた。

 キムは準々決勝で敗退した女子団体追い抜きの競技後、チームメートのパク・ジウ(Park Ji-woo)と一緒になって、もう一人の出場選手であるノ・ソンヨン(Noh Seon-yeong)がメダル獲得を逃した原因だと批判。これが国民の怒りを買い、大バッシングを受けたキムは「精神的な不安や緊張」に襲われたという。

 キムらの言動はチーム精神に反するものとみなされ、学校や職場でいじめが深刻な社会問題になっている韓国国内では、60万人を超える国民がキムとパクの代表チーム追放を求める嘆願書に署名し、同国大統領府のホームページに提出される事態となっていた。

 複数メディアは「キムは五輪閉幕後も精神的な不安と緊張を訴えている」とする同選手の所属事務所の代理人によるコメントを伝え、医師の勧めを受けて地元・大邱(Daegu)の病院に入院したと付け加えた。 (中略)

代理人は「キムは五輪期間中に私たちが想像した以上のトラウマを負った」「彼女の母親も心を痛めており、医師の勧めを受けて一緒に入院している」と話している。
(引用ここまで)
 平昌冬季五輪モーグル男子韓国代表のチェ・ジェウ(24)とキム・ジヒョン(23)が女子選手たちにわいせつ・暴行したとして大韓スキー協会から永久除名された。 (中略)

 この関係者によると、チェ・ジェウとキム・ジヒョンは3日午後の試合で予選脱落後、部屋に入って大会主催者側が記念品として贈った地元特産の酒500ミリリットル入り4本を飲み、隣の部屋に宿泊していた女子選手たちに「一緒に酒を飲みに行こう」と一方的に要求したという。チェ・ジェウとキム・ジヒョンは拒否した女子選手を抱きかかえたほか、無理やりつかまえて引っぱっるなどの身体接触をしたが、女子選手たちの悲鳴や叫び声を聞いたコーチング・スタッフが部屋に来て、男子選手たちを引き離したとのことだ。トビー・ドーソン・モーグル韓国代表監督(39)=米国=は4日の試合に男子選手たちを出場させなかった。
(引用ここまで)

 あら、孤児輸出された元韓国人のトビー・ドーソンが韓国のモーグル代表監督をやっていたのですね。
 ドーソンが銅メダルをとったトリノオリンピックはもう12年も前かぁ……。あの頃の韓国代表はお情けでなんとかオリンピックには出してもらえるというようなレベルの選手しかいなかったように記憶しています。
 確かに韓国の強化にはうってつけの人物かも知れませんね。

 ちなみにトビー・ドーソンはトリノ五輪で銅メダルを獲得して「韓国にいる実の親に会いたい」と言ってアピールしたら、なんと200人が「私こそが親だ」と名乗り出たという逸話の持ち主。トビー・ドーソンが、というか韓国社会がというか。
 そしておまけに「科学的方法(DNA照合)で親を探したい」と申し出ると、検査に応じる人間はひとりもいなかったというオチ。
 その後、ちょうど1年後くらいに父親が名乗り出て出会えたはずですね。英語Wikiによるとその後、母親とも会えたそうですよ。
 父親は「釜山の市場ではぐれた」「いくつもの孤児院を巡ったが見つからなかった」と言っていたそうですが。ま、それを追求しても誰も幸せにならないか。

 韓国人監督であればこういった話も有耶無耶になっていたのかもしれませんが、さすがにアメリカ人の養父母に育てられただけあってドーソンには通用しなかったということでしょう。
 生後4ヶ月で孤児輸出されても、韓国人のアイデンティティを捨てられないようなレーサーもいましたけどね。

 もうひとつのキム・ボルムに関しては、なんというか……アスリートを育てても人間を育てられないとこうなるんだよ、という戒め。
 なにがあったかは過去エントリをごらんください→平昌五輪:韓国女子パシュート選手「後ろの選手が遅れたから負けた」と笑いながらインタビューで大炎上……その姿から見える「韓国社会」の構図とは?

 得意だったはずのマススタートでも、よりによって日本人の高木菜那に負けての銀メダル。
 あそこで金メダルをとっていたら、また違っていたのかもしれませんね。
 マススタートの会場で韓国国旗を氷上に広げて徴収に向けて土下座したのですが、今度は「国旗を地面に置いた!」と責められるという始末でした。

 その後、記事にある大統領府への数十万人の請願によって大統領府から「どのようなことがあったのか調査する」とアナウンスされるほどの事態になったのでした。

韓国大統領府、スピードスケートで”仲間置き去り”キム・ボルム選手らの資格剥奪に「調査着手」へ(Wow! KOREA)

 ……大統領府がなにかやるような話でもないと思うのですが。
 もはや韓国におけるパブリックエネミーとなってしまったのでしかたないですかね。
 スポーツができるのなんてトップ選手でも10年とか20年。でも、人生はそれよりもはるかに長く続いていく。ここから先の将来、すべての人生の地点においてこのキム・ボルム選手は「あいつはああいうことをやった人間だ」と後ろ指指されることになるのです。
 韓国で天狗になってたらこうなるよ、という韓国の道徳の教科書にでも載せるべき話かもしれませんね。

 平昌オリンピック開催に向けて有力選手を育てることだけに注力してきたのでしょうね。特にキム・ボルムはメダル獲得が有力視されていた選手でしたから、韓国での扱いがどのようなものであったのか目に浮かぶようです。
 こういう話が終わった後もいくつも続きそうな気がしますね。
 どちらとも氷山の一角なんじゃないの、という感じです。

平昌五輪で携帯電話5G通信を体験してください、ドローンの制御も5Gでやってます→嘘でした

韓国が"5G五輪"の虚報を流す切実な背景(プレジデントオンライン)
連日、熱戦に沸いた平昌(ピョンチャン)冬季五輪が終わってしまった。しかし、終わらないレースが1つ存在する。それが「5G」の戦いだ。ピョンチャン五輪は、通信業界では「5Gオリンピック」と呼ばれていた。この大会で、「5G」という通信方式の実証サービスが世界で初めて行われたからである。 (中略)

「5G」での通信を実利用するのは、ピョンチャン五輪が世界で最初だ。だがこれは、今後、世界統一規格としてまとめられる「5G」とは、少々異なるもので、「ピョンチャン5G」と呼ばれている。規格の統一を待たず、フライングで公開実験を行っているわけだ。なぜそこまで急ぐのか。韓国勢は五輪という場で、5Gというプラットフォームをいち早く公開し、自分たちの先進性をアピールする狙いがあるのだろう。私はそこでなにが実現されるのかが気になっていた。(中略)

とにかく五輪の観光客は、どこにいっても「5G」というキーワードを目にしたはずだ。どれだけ一般の人に5Gの意味が伝わっているか不明だが、勢いだけは感じる。(中略)

カンヌンとソウルのKTパビリオン、カンヌン駅のICTプラザでは、サムスンの5G端末が用意され、こうした映像手法を体験できるようになっていた。

だが、現地で映像手法を体験した私には、ふと疑問がよぎった。

「こうした映像は、本当に新しいのか。5Gである意味はどこにあるのか?」

私が期待していたのは、モバイル端末で、リアルタイムに、しかもUHD(4K・8K)の映像を見ることができるという点だった。ところが多くのデモは、録画映像でリアルタイムではない。結局、リアルタイム映像はテレビで見ることが前提になっていた。 (中略)

ピョンチャン五輪では印象的なパフォーマンスもあった。たとえば開会式には半導体大手のインテルが1218台同時のドローン飛行を行った。これまでの最大数は500台で、一気に2倍以上のドローン編隊を実現したのだ。韓国の三大紙のひとつ「東亜日報」は、これが5Gによるものとして、<インテル側は、「KTの5Gネットワークのおかげで、1000機以上のドローンをリアルタイムで制御することができた」と明らかにした>(東亜日報「5Gモバイル、VR、IoT、1200機のドローンショー…平昌五輪を支える先進のICT技術」2018年2月12日)と報じている。

ところが当日は通信不良のためにドローン編隊は飛び立てず、世界に報じられた開会式の映像はリハーサル映像を合成したものだった。しかも筆者がインテルに問い合わせたところ「平昌冬季オリンピック大会開会式で公開されたギネス記録のインテル ドローン ライトショーにつきましては、ドローンの運用に5Gは使用しておらず、KTの関与はございません」との回答があった。東亜日報の報道は事実誤認に基づくものだといえる。 (中略)

未来は「見える人」と「見えない人」がいる。5Gのもたらす未来は、私には見えなかったが、見える人もいるのだろう。
(引用ここまで)

 今日は1本、朝のエントリをボツにしました……。北朝鮮絡みの話は自ずと外交の話になっているので、誤読があったりするのです。イギリス英語はホントに読みにくいわ。アメリカのメディアの記事はさらっと読めるのに、特にテレグラフとかタイムズの記事になると単語を確認することがかなり多くなりますね。

 さて、平昌冬季オリンピックでは携帯電話の5G(第5世代)の実証実験をすると大々的に語られていました。
 画像は光化門広場の横にあるKT(日本でいえばNTTドコモ)本社に貼られていた垂れ幕。
 右下には「世界初5G」と書かれています。5Gだけ鮮やかなオレンジですね。力のいれようが分かるというものです。

 で、平昌現地では5Gの実地体験ができるということでさまざまなレポートがあったのですが、基本的にはどれも「……5G?」と首をひねるようなものだったとのこと。
 やっていることは「高速になったLTE」以外のなにものでもないということなのでしょう。
 KTとしてはともあれ実証実験を行って5Gを先導した、という実績を作りたかったのでしょう。

 まあ、高速通信前提のコンテンツ作りというのは実はけっこう難しかったりするのですけどね。LTEになったときはちょうどスマートフォンへと切り替わった時期に重なっていたので、動画等のいわゆるリッチコンテンツを楽しめるようになったという分かりやすい変化がありましたが。

 それにしても「ドローンでアニメーションを描いたのは韓国の5Gの威力」とか言っていたのに、全部嘘だったとは……。ドローンによるアニメーション自体も映像の魅力としてはいまひとつと感じました。
 当日、通信障害で飛び立てなくて去年12月のリハーサル映像だったとのこと。

 わざわざ「これ5Gなんです、すごいでしょ」って言わなくちゃいけないようなものであってはダメだ、ということなのでしょうね。

すべてわかる 5G大全2017
日経コミュニケーション / テレコムインサイド
日経BP社
2016/11/15


平昌パラリンピック、韓国で中継時間が五輪の1/5……その理由は「障害者の人口比率が少ないから」だってさ

韓国地上波テレビ局、平昌パラリンピック中継を敬遠(朝鮮日報)
 9日に開幕する平昌冬季パラリンピックを前に、韓国の地上波テレビ各局は平昌冬季五輪に比べ障害者五輪の中継を渋っている、という批判が起こっている。

 韓国の地上波テレビ3社が8日に明らかにしたところによると、KBSは二つのチャンネルで開会式・閉会式を含め計25時間のパラリンピック生中継を行う予定で、五輪主管放送局のSBSは生中継20時間を含め約30時間を放送する計画。またMBCは、ライブ10時間を含め、全体で17時間55分をパラリンピック関連放送に当てることが判明した。

 これは、各放送局が17日間で150時間以上、1日平均9時間以上も番組編成していた冬季オリンピックに比べ、はるかに短い時間だ。しかも、平昌冬季オリンピックとパラリンピックの中継時間にほとんど差を付けない米国や日本のテレビ局に比べ、格段に低い水準だ。

 オリンピック組織委員会によると、NHKの場合、平昌パラリンピック関連で62時間の番組編成を行い、米国NBCは94時間、英国のチャンネル4は100時間、それぞれ放送時間を割り当てているという。これは、1日平均6時間から10時間の放送に相当し、平昌冬季オリンピックと比較しても決して少なくない水準だ。

 これについて、韓国の地上波テレビのある関係者は「障害者の人口比率は全人口の4.8%ということを考慮し、どの程度放送時間を割り当てるべきか、一般視聴者の視聴権を侵害する要素はないか、悩んで編成した」と語った。またKBSの関係者は「地上波テレビで中継しない放送をモバイルアプリ『マイK』で生中継するなど、これまでよりも多くの競技を登場させるため努力している」と語った。
(引用ここまで)

 オリンピックは3つの地上波全部で同じ競技を放送していたのに、パラリンピックの扱いはコレ。
 ちなみにワールドカップでもWBCでも同様で、地上波はどのチャンネル見ても同じ中継やっているって状況があったりします。
 ケーブルテレビ(IP放送含む)の普及率が高いので、地上波は好き勝手やっているという部分があるのです。

 で、パラリンピックについては自国開催なのにオリンピックの1/5ほど。
 その理由が「障害者の人口比率が云々」って言い出す。
 つまり、「別」なのです。
 なにがって「障害者は同胞でもなく、隣人でもない」ってことですよ。

 まあ、知ってましたけどね。
 しかし、「障害者の人口比率」……か。

グレイテスト・ショーマン(サウンドトラック)
オリジナルサウンドトラック
ワーナーミュージック・ジャパン
2018/1/17

韓国人に殺害予告まで出されたカナダのキム・ブタン選手「身の危険を感じて本当に怖かった」「なぜあんな目にあったのか、まったく理解できない」

韓国ネット民の脅迫受けたカナダ選手「身の危険を感じた」(AFPBB)
 23歳のブタンは、今回の五輪で銀1個と銅2個の計3個のメダルを獲得し、25日の閉会式ではカナダの旗手を務める。それだけを見れば、ブタンの五輪は大成功に終わったようにも思えるが、女子500メートル決勝で韓国のメダル有力候補、崔δ(Choi Min-jeong、チェ・ミンジョン)が失格になった場面に絡んでいたため、韓国のネットユーザーからすさまじい数の中傷を浴び、ツイッター(Twitter)のアカウントも非公開にすることを余儀なくされた。

 500メートルの銅メダル獲得後に受けた扱いに精神的な苦痛を感じたと明かしたブタンは「言葉では表せない気持ちですし、身の危険を感じて本当に怖かった」と話した。そして表彰式では「恐怖と怒り、満足感がないまぜになった気持ち」を味わったと続けた。

「五輪へ出るときは、予想外の事態も予想しておかなくてはならない。自分としては理解しがたい話です。どうしてあんな脅迫を受けなくてはならないのか、まったく理解できない」

「チームは私に寄り添って、あらゆる面で守ってくれました。そのおかげもあって山は越えました。克服することができたし、これからも勝っていきたいと思います」
(引用ここまで)

 韓国人から「おまえを殺す!」というような脅迫を含めた中傷を浴びたキム・ブタン選手の独白。
 まあ、韓国人にとってはネットを通じた脅迫なんてものは日常茶飯事なのでしょうけどね。
 ブタン選手が脅迫されていた時点で、韓国人による脅迫、荒し事件をざっくりとまとめたエントリも書いているのでそちらもごらんください。

平昌五輪:韓国人選手が反則で失格→韓国人が相手選手のSNSに殺到し殺害予告まで……それではこれまで韓国人によって脅されてきたアスリートたちの歴史を見てみよう

 韓国人にとってはいつもやっていることですし、自国選手に対してもやっていることでもある。
 パシュートで遅れた同僚選手を哄笑したキム・ボルム選手が韓国のパブリックエネミーとなったのは記憶に新しいところ。
 なので、韓国人にとっては日常の一部なのでしょう。
 なんでも韓国人の中には「また韓国人が犠牲になった。いつでも犠牲になるのは韓国人だ」というような心証があるそうで。
 あくまでも「韓国人が反則を犯した」とか、フェンシングでも「韓国人が終了寸前に逆転された」とか、「スイスのゴールはオフサイドではない」ということではなく、韓国人は常に犠牲になってきた民族なのだそうですよ。
 きっも。

 オーノ選手くらいになれば「誤解を解いて競技を楽しんでもらえればいい」くらいの余裕のコメントも出せるでしょうが。
 まあ、実際にはワールドカップ転戦中に「オーノが韓国に来たら殺す」と殺害予告が出て、訪韓を取りやめるなんてこともあったのですけどね。ちなみにこの年、オーノ選手はワールドカップの王者になっていたはずです。

 でも、キム・ブタンは23歳の女性。それも初戦の500mでそんな殺害予告までされて、1500m、1000mと出場競技が終了するまでの10日間をその殺害予告を出した民族に囲まれて過ごさなくてはならなかった。
 それなのに3位2回、2位1回の堂々たる成績をとったのは立派の一言ですけどね。
 これと同じようなことが東京オリンピックでも、北京冬季オリンピックでも、ついでにいえば開催されるのであれば来年の光州の世界水泳でも起きるのでしょうね。
 はー、やだやだ。

韓国は、いつから卑しい国になったのか (祥伝社新書)
豊田有恒
祥伝社
2017/4/10

スケート韓国代表のオランダ人コーチがインスタに「日本海」と書いてしまって韓国人から突き上げを食らっている模様

韓国スケートのオランダ人コーチ「日本海」表記で炎上(中央日報)
論争となっている女子スピードスケート団体追い抜きとともに韓国人に名を知らせたスピードスケートのコーチがいる。彼は韓国チームコーチのボブ・デヨングさん(42)だ。彼は氷上を離れることができず、一人で挫折していたノ・ソニョン選手を暖かく慰める姿で国民から愛されるようになった。その彼が時ならぬ論争に巻き込まれた。

26日、ボブ・デヨングさんのインスタグラムには「East Sea!!」というコメントがつけられている。ネットユーザーが注目している掲示物は5日、彼が投稿した東海(トンへ、日本名・日本海)の写真だ。

彼は「小さい湖は(凍れば)スケートに乗りやすい。だが、ここはそのようなところ(Weissensee)ではない。スケートに乗りやすいほど完全に凍っている本当の自然だ。日本海につながっている…」と話した。

ボブ・デヨングさんは東海を「JapanSea」と表記した。外国人であるだけにグーグル地図の表記に従ったと見られるが、韓国で接続される韓国向けグーグルマップには26日現在「東海」と単独表記されている。

ボブ・デヨングさんのファンたちは遅まきながら該当表記を見つけて「日本海ではない。東海だ」という意見を書き込んでいる。
(引用ここまで)

 ああ、パシュートで遅れて、チームメートはとっとと退場。涙に暮れていたノ・ソンヨンを励ましていたたった一人のオランダ人コーチ、というのがこの方なのですね。
 で、このボブ・デヨングさんがインスタグラムに「この湖は日本海に続いている……」と書いたところ、韓国人から「○East Sea ×Japan Sea」とかいうコメントが山ほどきていて炎上気味。

 そもそもその「○」が正解で、「×」が不正解っていうのは日本起源のものなのですけどね。
 プレステのゲームでも日本では○がOKで×がキャンセルに割り当てられていることが多いのですが、欧米のモードでは×がOKに割り当てられていることはけっこう知られているんじゃないかな。
 正解にはなにもつけないか、チェックマークをつけるのが欧米風。

 外人だろうとなんだろうとお構いなし。
 「日本海という記述はいけない」「旭日旗はナチスの逆卍のようなもの」と食ってかかる。
 世界がポリコレ棒で満たされている中、「あ、これは意見されるものだ」となっただけでひるんでしまうのはしかたがないのでしょうね。
 18世紀にフランスを舞台に書かれた「美女と野獣」ですら、映画になると黒人が出てくるご時世ですから。
 面倒なことは回避するというのが当然の知恵として使われています。
 もっとも、ボブ・デヨングさんは当該の書きこみを削除も書き換えもしていませんが。
 カナダのキム・ブタン選手も同様ですが、こういう連中に一年中粘着されているのが日本なのですよ……という話をすれば共感が得られると思うのですけどね。

美女と野獣 MovieNEX(実写版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2017/10/04

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
朝鮮紀行
6/28まで50%ポイント還元中。
ブラックパンサー MovieNEX
一応、韓国関連かな
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ