韓国、悪性コード流布地で世界トップ「IT強国のはずが…」(韓フルタイム/livedoor)
>韓国インターネット振興院(KISA)は20日、「悪性コード隠匿サイト探知動向」報告書で、2012年12月時点の悪性コード流布地の国別状況を発表した。

悪性コード流布地とは、パソコンやスマートフォンなどに悪性コードを感染させるサイトを指す。報告書によると、韓国は世界の悪性コード流布地のうち全体(418件)の46%を占め、もっとも悪性コードが蔓延している国だった。2位以下には米国(34%)、チェコ(9%)、ドイツ(6%)、香港(5%)が 続いた。

同10月は全体(477件)のうち、米国(52%)、韓国(26%)、中国(14%)、同11月は全体(577件)のうち米国(52%)、韓国(31%)、中国(7%)で米国がトップを記録していたが、韓国は2カ月間で26%から46%へと一気に跳ね上がった。
(引用ここまで)

 相変わらず人口あたりのこういった数字では圧倒的に世界トップですね。
 トロイの木馬に国の単位で感染して、上位DNSが麻痺、全土でインターネットが使えなくなったという経緯があるあの国でいまだにセキュリティ意識が発達していないというオチ。
 あれだけ延々とセキュリティセキュリティって言われていて、何度か全土でインターネットが使えなくなっているのにこの意識。
 セキュリティにまでお金を使う余裕がないのかなぁ……。
 あと最新のセキュリティソフトを使うほどマシンパワーに余裕がないのか。
 ESET使えばいいのにとか思いますが。
 ただ、購買力平価でのドルじゃインテルのCPUやハードディスクは買えませんからねぇ……。

 もうひとつ理由があるとしたらパリパリ精神。
 セキュリティっていう目に見えないものにマシンパワーを奪われるのがいやだっていう。
 単純に韓国の言っているところの「IT強国」って、IT振興がまともだったというわけじゃなくて、ISDNもなにもないところだったんでADSLが普及しただけだったんですよね。
 ちょうど固定電話がない国では携帯電話の普及率が急激に上昇するのと同じことで。
 でもまぁ、こういうセキュリティ意識が低い状態なのに、地下鉄路線に携帯電話の電波がきてるきてないくらいでIT大国を名乗るくらいが韓国の皆さんにはちょうどいいお話ではないかなと思います。