楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

慰安婦像

 相互RSS募集中です

慰安婦像作家「慰安婦コインの発行が取り消された! 日本の圧力だ」→「証拠は?」→「証拠はない心証だ」

被害者追悼コイン・腕輪…「少女像マーケティング」商業化?(中央日報)
こうした中、最近慰安婦被害者「追悼コイン」の販売を目標とする「平和の少女像ネットワーク」というオンラインショッピングモールが誕生した。少女像を製作したキム・ウンソン氏とキム・ソギョン氏の作家夫婦が民間企業に外注して制作した。2人は旧日本大使館前の少女像など計55点の少女像を制作してきた。2人は追悼コインをチャド共和国の名義で発行すると明らかにし、国民公募形式で資金を集めている。来月13日の第1300回水曜集会(旧日本軍慰安婦問題の解決を求める定例集会)までに発行するのが目標だ。

このショッピングモールの初期画面には「慰安婦被害者追悼コイン、日本側の圧力で発行取り消し」と書かれている。キム・ウンソン氏に日本側の圧力について尋ねると、「確認されていない。心証だけ」と答えた。ショッピングモール収益金の70%は寄付金として使われると説明している。これに関しキム・ウンソン氏は「まだ寄付対象団体は決まっていない」と話した。

このホームページの追悼コインプロジェクトの説明には「慰安婦被害者の努力であり実質的な主役」とある。しかし水曜集会を主導する韓国挺身隊問題対策協議会(挺身隊対策協)の関係者は「追悼コイン事業と慰安婦被害者の間に直接的な関連性はない。私たちがする事業ではない」と話した。

イ・テクグァン慶煕大グローバルコミュニケーション学部教授は「被害者追悼物品が慰安婦問題を大衆に認識させるのには役立つが、歴史に対する客観的な認識を妨げる国粋主義的な要因として作用するおそれがある」と指摘した。チョン・クンシク教授も「民族主義が商業性と結びつけば無分別な集団排他主義を招きかねない」と警告した。

キム・ウンソン氏は「少女像が商業化されているという証拠はない。私もミニチュア少女像販売収益金1億3000万ウォン(約1240万円)全額を寄付した」と語った。
(引用ここまで・太字引用者)

 徴用工像で内紛が生まれつつあるというエントリでもちらっと書いた、慰安婦シルバーコインの発売中止についても書かれていますね。
 慰安婦像を造り続けてきた夫婦は発売中止に追い込まれたのは日本の圧力だと通販サイトに書いているとのこと。
 いわゆる「物証はないが、心証では日本の圧力があったことは確実だ」ですか。

 人はなにかが起きたときに「自分であればそのシチュエーションでどのように行動するか」で推察するといいます。
 この「物証はないが心証では確実だ」というのも、そもそもロンドン五輪で韓国サッカー代表が乗ったバス遅れたときに韓国サッカー協会の関係者が発した台詞なのですよ。
 「イギリスが手を回してこうしたに違いない」ということで。

 つまり、自分であれば圧力をかけるという自白に他ならないのですが。
 ゲスはどこまで行ってもゲスであるということですね。
 商業主義で儲けのために作るって宣言すればいっそ清々しいのに。「延々と慰安婦像を造り続けてきたのだから権利はある」って言えるでしょう。
 意匠的にも。
 それに対して挺対協は「我々のあずかり知らぬところで行われていいる」と発言していますが、内心は「我々の取り分が少なくなる」っていう徴用工像に対する気分と同じでしょうね。
 ……あっ(察し)

下衆の極み (文春e-book)
林真理子
文藝春秋
2017/3/7

韓国徴用被害者会「今度は慰安婦像の横に強制労働者像を立ててやる!」→慰安婦像を立てた挺対協「え、そんなものを横に立てられるのは困る」……内ゲバの予感!

ソウル・日本大使館前に徴用労働者像の設置推進 懸念の声も(聯合ニュース)
韓国の市民団体「対日抗争期強制動員被害者連合会」がソウルの日本大使館前に設置された旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」横に日本による植民地時代に強制徴用された労働者を象徴する像を設置する計画を推進している。

 同団体は13日、15日の光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)に少女像横で労働者像設置計画の「確定記念式」を開くと発表した。趣旨について「日帝植民地36年の恨みを解き、過去の歴史を清算するため、戦犯国大使館前に労働者像を設置する」と説明する。少女像横の歩道にリボンを結んだ5センチほどのくぎを打ち、労働者像を設置する位置を表示する計画という。 (中略)

 慰安婦被害者支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の関係者は、すでにソウル・竜山駅の広場へ労働者像設置が設置されたことを上げ、「また必要なのか分からない」と話した。

 少女像があるソウル市鍾路区の関係部署の関係者は「銅像のような造形物の設置には区庁の審議を経て許可を得る必要がある」とした上で、「労働者像に関してまだ受け付けたものはない」と明らかにした。これについて対日抗争期強制動員被害者連合会側は「(歩道に)くぎを打つのは正確な設置の位置を知らせるため」と説明。また「区庁の審議に必要な公聴会などの手続きを準備している」と話している。
(引用ここまで)

 ほほう、これはなかなか興味深いところ。
 あ、いや。像だかオブジェだかの建設そのものではなく。
 挺対協の反応が面白いですね。
 「(もうすでに竜山駅に設置したのに)さらに必要なのか分からない」というコメント。
 つまり、この労働者像が横に置かれることで慰安婦像の価値が希釈化されることを恐れているのですよ。

 この20年で築きあげてきた「韓国における最高権力者」としての地位を侵害される、背乗りされることを恐れているということですね。
 大統領候補者を選ぶことすらできるようになった。
 さらにはシリコンリストバンドみたいな原価ほぼ無料みたいなものを買わせるところまでやってきた。言ってみれば宗教化に成功したのですよ。
 なんでも慰安婦像を作った夫婦によるシルバーコイン発行に関してはとん挫したらしいのですけどね。
 そこまで重ねてきた努力を勝手に使われるわけにはいかない。
 そんな決意が言葉から見えてきますね。「我々の聖域に侵入してくるな」と。

 まあ、そこは本来であればウィーン条約で定められた日本大使館の聖域のはずなのですけども。

韓国全土の慰安婦像巡礼をする若者たち……「慰安婦合意を再交渉せよ!」……ああ、そっちの人たちなのね

少女像巡礼の旅に出る若者たち(朝鮮日報)
 全国の少女像巡礼に乗り出した民族運動団体「興士団」のメンバーである若者15人が7日午前、釜山市東区の日本総領事館前にある少女像前で、巡礼出発を前に、少女像を守るという約束の意味で、互いの指をつないでいる。

 メンバーたちは24日まで16泊17日間にわたり、釜山からソウルまで820キロを歩き、全国に設けられた少女像を巡礼しながら、慰安婦問題をめぐる韓日合意の撤回を求めるとともに、再交渉に対する関心と国民世論を呼び起こす計画だ。
(引用ここまで)

 2009年には独島広報マラソンというものがありまして。
 ひとり5kmを走り、1000人が参加して独島は韓国領土ということをアピールするという企画だったのです。あ、参加料はひとり1万ウォン。
 2月22日の竹島の日に抗議するために、22日から57時間に渡ってWebで生放送しながら走るというものだったのですよ。
 23日の夜に飲酒運転のトラックにはねられて参加者が亡くなりました
 ソウル大学の学生だったとかいう話です。

 その二の舞にならないといいですね。
 なにもこの真夏にこんな企画しなくてもいいものを……。

歩く台北2016-2017 歩くシリーズ
下川裕治
株式会社メディアポルタ
2016/9/1


慰安婦像を作った夫婦が慰安婦メモリアルコインを発行→驚きのぼったくり価格をご覧ください

慰安婦象徴する「平和の少女像」メモリアルコインが国民公募で発行(ハンギョレ)
 世界慰安婦の日と水曜集会25周年を称えるメモリアルコインに対する国民公募が始まった。

 平和の少女像ネットワークは20日、同日から世界の慰安婦の日の8月14日まで、平和の少女像メモリアルコインに対する公募を進めると明らかにした。「小さな少女記念コイン」(The Little Girl Commemorative Coin)という公式名称がついたこのメモリアルコインは、「慰安婦」被害者ハルモニ(おばあさん)を象徴する平和の少女像の胸像が主な図案であり、少女像の隣には自由と平和を意味する一対の蝶が一緒に刻まれている。コイン左上には韓中日3カ国の「慰安婦」被害者をはじめ、全世界で戦争によって被害を受けた女性たちの魂を称えるという意味で、ハングルや漢字、英語の順で「平和」という言葉を刻み入れた。

 今回のメモリアルコインの発行は、国民の公募で行われ、純銀31.1グラム品位のプルーフライク方式で製造された直径40.5ミリの銀貨の価格は8万7000ウォン(約8680円)だ。メモリアルコインを購入した場合は、2万5000ウォン(約2490円)相当の小さな少女像も無料で提供される。少女像メモリアルコインは、最大の発行数量の3万5000枚(国内3万枚、海外5000枚)の範囲内で、公募された数量だけ製造・発行される予定だ。「平和の少女像ネットワーク」ホームページを通じて公募に参加することができる。
(引用ここまで)

 ほほう、例の慰安婦像を造った夫婦が慰安婦記念銀貨を発行……ですか。

image

 心の曇りかたにおいては右に出るものがいないとも言われるこのワタクシ、ちょっと計算してみたいと思います。
 金曜日時点の銀小売り価格(田中貴金属)が66.42円。

image

 これが31.1グラム使われる。1枚につき原価は66.42円×31.1=2065円。
 ちょっと高めに見積もって2500円にしておきましょうか。いろいろと細々とした装幀もあるでしょうしね。
 小さな少女像もついてくるといいますが、もう原型はあるのですからタダみたいなもんです。
 むしろ以前に発売したものの在庫処分の疑いが強いですね。

 さて、このコインを8万7000ウォンで販売する。
 金曜日のレートで8645円。
 1枚についての利幅はなんと6145円。
 これを3万5000枚発行する。
 6,145×35,000が純利益となるわけです。

215,075,000

 2億157万5000円。
 ……ウォンじゃないですよ。
 あー、こりゃ韓国国内の良心的国民はひとり1枚購入しなくちゃダメですね。追加発行できるようにしなくちゃいけません。
 そうして、日本に韓国人の良心を見せつけるのですよ。

 古来、もっとも儲かるのはお金を作ることだという話があります。
 岡田斗司夫だったかがダイコンだけで使えるコインを作って大儲けしたなんて話もありますね。
 別に儲けることが悪いことだとは思いませんよ。
 それでも2億円なぁ……。

アオイホノオ(11) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
島本和彦
小学館
2013/12/12

韓国外相「日本が移転を要求すればするほど慰安婦像は増える」→ 「マネージされた日韓関係」がお望みのようです

韓国外交部長官「日本が移転を要求すればするほど少女像は作られていく」(中央日報)
「国と国の合意は何なのか」「韓国閣僚の発言は合意と矛盾」 自民特命委で批判相次ぐ(産経新聞)
−−駐韓日本大使館の前に設置された少女像に対する立場は。

「公館を保護しなければならない外交部の国際的義務があるが、少女像に対する市民社会の熱望に共感して尊重しなければならない。日本が移転を要求すればするほど少女像はさらに作られる」
(引用ここまで)
 韓国の鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族相は日韓合意の再協議に言及しているほか、韓国の民間団体などが申請した慰安婦関連資料の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産への登録を支援する考えを示している。

 中曽根弘文特命委員長は会合のあいさつで、こうした動向を念頭に「国と国との合意は何なのかと遺憾に思う」と批判した。

 外務省は会合で、ソウルの日本大使館や釜山の日本総領事館前に違法に設置された慰安婦像を行政が管理できる条例が韓国で成立したことや、香港の日本総領事館近くに反日団体が慰安婦像2体を設置したことを説明した。日韓合意時に元慰安婦と認定された47人のうち34人が、日本の拠出金10億円を財源として支給される支援金を受け取ったことも報告した。(中略)

柴山昌彦事務局長は会合後、記者団に記憶遺産登録を支援するといった韓国側の動きを「日韓合意と矛盾する」と非難した。その上で「さまざまな動きについて事前に情報を把握し、時機を逸することなく官民合わせて抗議を含めた対応をしていく」と述べた。
(引用ここまで)

 別に韓国国内で何百体作ろうが、それが20万体になろうが50万体になろうが知ったこっちゃないのですよね。
 釜山の慰安婦像を撤去しないかぎり、日韓通貨スワップ協定の協議再開もハイレベル経済協議もなし。
 首脳会談をしたとしても「日韓関係は適切にマネージする」と言われて終わり。いいとこ、韓国側がやる「日本は韓国の主張に理解を示した」とかの虚偽報告をスルーしてあげるていどでしょう。

 慰安婦像を撤去できない国内事情があるって言われても、そんなものはもはや日本の知ったこっちゃない。
 慰安婦記念館も慰安婦記念日もご自由に作ってくださいな。
 それによって日韓関係が没交渉になろうとも、それこそが韓国が望んだことなのだからしょうがない。
 以前のような韓国を「旧国民だから」と擁護してくれる年代の人間は消え去り、韓国側も国内では高らかに嘯いていても日本に来たら土下座で援助を請えるような人間もいなくなった。
 それどころか日本に対してタブーを侵すような輩まで出てきた。

 日韓漁業交渉が何年にも渡ってまとまらないのも、単に漁業の問題だけではないのですよね。
 韓国と同意をしなくてもいい、あるいは利益を与えなくてもいいという国民的同意があるからこそ、交渉においても強気に出られる。

 慰安婦合意について楽韓Webでは最初から「パク・クネ政権では守られるだろうけど、その次の政権によって破られる」という話をしてきました。実際にそうなりましたね。
 そして破られることを前提として、合意を交渉材料として使うことができるかどうかが問題であると語ってきました。
 少なくとも現状は合意の存在をうまく使って、日韓関係をマネージすることができていると思いますよ。

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
草薙龍瞬
KADOKAWA / 中経出版
2015/7/29

釜山、ソウルの慰安婦像に設立の法的根拠が生まれ、もはや撤去不可能な事態に……ただし、日本にとってはむしろ好都合

日本大使館前の少女像、鍾路区の「公共造形物」として管理へ(中央日報)
釜山市議会、少女像保護の法的根拠を制定(中央日報)
駐韓日本大使館前に設置された「慰安婦少女像」が「公共造形物」として管理されることになった。これまで関連規定が曖昧で機関から保護が受けられなかった少女像に保護根拠ができた。

鍾路区(チョンノグ)は28日、このような内容を盛り込んだ「都市空間芸術条例」改正案が区議会を通過して翌月施行を控えていると伝えた。

これまで少女像は規定の空白により保護を受けることができなかった。道路法施行令55条は、電柱・電線・水道管・ガソリンスタンド・鉄道・看板・垂れ幕など占用許可を受けることができる工作物・物品の種類を規定しているが、少女像はこの項目に含まれていなかったためだ。

条例改正案は民間造形物も都市空間芸術委員会の審議を経て「公共造形物」とすることができるという内容が盛り込まれている。管理は区が引き受ける。具体的には管理台帳を作成・配置・提出するようにし、公共造形物の周辺環境を常に清潔に維持しなければならないという内容が入っている。また、毀損を受けた場合、補修のために必要な措置を取らなければならないことも明示されている。改正案により、主管部署は少女像のような民間造形物を周期的に点検することができる。
(引用ここまで)
釜山市議会は30日、本会議を開いて「釜山市の日帝下における日本軍慰安婦被害者の支援および記念事業に関する条例案」を可決した。この条例には、地方自治体が慰安婦関連の造形物や銅像の設置・管理を支援する内容が盛り込まれている。

条例制定前、釜山少女像は法的には不法占有物なので地方自治体が直接少女像を管理することはできなかった。また、条例には慰安婦被害者に対する生活安定支援と歴史資料の保存・研究など記念事業推進に対する内容も含まれている。

これについて、市民団体「少女像を守る釜山市民行動」はこの日、声明を通じて「少女像を設置した釜山市民の力が成し遂げたもうひとつの勝利」とし「慰安婦問題の法的勝訴および損害賠償ために引き続き努力していくだろう」と明らかにした。
(引用ここまで)


 ソウル、および釜山の慰安婦像について、これまで不法占有であったものを設置の根拠となる法整備をすることで合法なものしようという動きがありました。
 で、今回はそうした条例を整備して、「不法占有ではない」ものとしたわけです。
 これによってそれぞれ国や自治体から強制撤去できないようにして、かつ自治体が管理できるようにした……ということです。

 日本側としたらまったく困らない……というか、大助かり。
 だってそうでしょう。
 釜山の慰安婦像が設置された際に、日本政府は「慰安婦合意の精神に反している」ということで、駐韓日本大使・釜山総領事を一時帰国させた。通貨スワップ協定についての交渉中止、ハイレベル経済協力についての交渉中止、釜山領事館員の地元イベントへの協力も一切中止になったのです。
 朝鮮半島有事に備えるために駐韓大使・釜山総領事については再度赴任させましたが、その他のそちはそのまま生きています。

 これらの措置を戻すためには慰安婦像を撤去しなければならない。
 けれども、もはや撤去のための法的根拠までなくしてしまった。
 そもそもムン・ジェインは慰安婦合意が結ばれた直後から「政権を執ったらなかったことにしてやる」と怪気炎を上げていたのですから、その立ち位置からして介入不可能。
 おそらく、今後の韓国で続くであろう13年間の左派政権では無理。

 一方の日本でも大使の一時帰国を76%が評価し、80%以上が対抗措置について「適切である」か「もっと厳しい対応が必要」と答えている
 もう、どうあってもこの慰安婦問題、慰安婦合意問題、慰安婦像問題は解決しないのです。

 楽韓Webではかねてから「日韓はただの隣国となるべき」という持論を掲げていますが、慰安婦問題によってそれよりもやや遠い位置にうまいこと着地できそうな感じですね。
 慰安婦合意は当初から日本側の外交カードになるであろうとは予想していましたが、さすがにここまでうまく歯車が噛みあうとは思っていませんでした。

ムン・ジェイン政権特集でした。
Voice(ボイス) 2017年 7月号
Voice編集部
PHP研究所
2017/6/9

驚愕!! 韓国の裁判所が「慰安婦像を守護してきた女子大生」に有罪判決!

「少女像守り」大学生に下された罰金200万ウォン(ハンギョレ)
 3年にわたり少女像を守ってきた大学生に返ってきたのは罰金200万ウォン(約20万円)だった。裁判所の判断を目前に控え、慰安婦被害者キム・ボクトン、キル・ウォンオクさんが自ら嘆願書を作成し提出し、8万人を超えるネチズンがオンライン嘆願書に名前を連ねて善処を訴えたが力不足だった。国民の大多数が同意しない韓日「慰安婦」合意に誰も責任を負わない現実で、国民に代わって問題提起した大学生はついに罰金刑という荷物を抱え込むことになった。

 ソウル中央地裁刑事8単独キム・ジチョル部長判事は25日、暴力行為等処罰に関する法律違反(暴処法・共同住居侵入)および集会および示威に関する法律(集示法)違反容疑で起訴された大学生、キム・セム氏(25)に罰金200万ウォンを宣告した。裁判所はこの日「キム氏の行為は社会常規に反する」として、4個の容疑をすべて有罪とした。

 この間キム氏は「1カ月に4回の裁判を受ける大学生」だった。12・28韓日「慰安婦」合意、歴史教科書国定化に反対するデモを行った容疑で、時間差を置いてそれぞれ別に起訴されたためだ。最初についた罪名は「共同住居侵入」だった。慰安婦被害者を助ける市民団体「平和ナビ(蝶々)」の代表だったキム氏が、2015年12月31日ソウル鍾路区(チョンノグ)の日本大使館の建物内で会員と共に「売国交渉廃棄せよ」などのスローガンを叫び座り込みを主導したという理由であった。30人あまりの会員と共にしたために「集団的行為」として加重処罰されうる罪名が適用された。続いて2015年10月、光化門(クァンファムン)広場で無申告で国定教科書反対「奇襲デモ」行った容疑(集示法違反)など3回の追加起訴が後に続いた。

 そのようにして4回も裁判に付され、キム氏は1週間に1回ずつ法廷を訪れる境遇になった。キム氏は「後ろめたいことはしていないと信じてきたが、1週間に1回ずつ法廷に立てば、なぜか萎縮して罪人になったような気持ちだった」と話した。キム氏は昨年10月から同じ裁判所で4件の裁判を受け、4つの事件を併合してほしいという要請は4月18日に受け入れられた。 (中略)

 キム氏に懲役1年6カ月の実刑を求刑した検察は、無理な起訴と過度な求刑という批判を免れない。裁判所はキム氏の容疑をすべて有罪と判断しても「キム氏が個人的利益のためでなく韓日“慰安婦”合意や国定教科書施行の不当性を知らせるために犯行に及んだ」と指摘し、罰金刑を下した。ソ弁護士は「検察が一部の例外的な過激デモにでもありそうな懲役1年6カ月を求刑した。裁判所が目的の正当性を事実上認めたことによって、検察の求刑のでたらめ加減を示した」と批判した。
(引用ここまで)

 おう、これは驚き。
 以前も書いていますが、韓国の法曹界というのはサヨクに牛耳られているのですよ。
 同じ傾向のサヨク陣営には甘い判決が出ることで有名なのです。

ウリ意識で判決が変わる「後進国型法治」、その原因は裁判官そのもの?

 そんな中、韓国での「最高権威者」である慰安婦像を守り続けてきたという大学生が有罪判決を受けて、かつ罰金を支払わなければならない状況になるとは。
 まあ、検察から起訴されたら裁判官としては法律に則って処理するしかないというのは実際のところなのでしょうが。
 これを無罪にしたら、それが判例になってしまう可能性があるわけで、さすがにそれは許容できないということなのでしょう。

 ただ、韓国人の多くがそれを許容するかどうかはまた別。
 サムスン電子の副会長であるイ・ジェミョンの逮捕状申請を却下した裁判官はデマも含めていろいろ個人情報を晒されましたね。
 それと同じようなことが、この判決を下した裁判官にも起きないとよいのですけどね。

弁護士が教える分かりやすい「民法」の授業 (光文社新書)
木山 泰嗣
光文社
2012/6/15

釜山市長「慰安婦像保護条例を見送ったのはユン・ビョンセ外相の圧力」 → 釜山市会議員「私はムン・ヒサン特使がやったと聞いている」とグダグダ政争

釜山少女像条例が市議会常任委員会に上程されなかった理由とは(ハンギョレ)
 ソ・ビョンス釜山市長は23日、ハンギョレとの電話インタビューで「ユン長官が、釜山少女像保護条例が市議会の福祉環境委員会に上程される前日の16日午後、電話をかけてきて、少女像保護条例の市議会常任委員会への上程を見送られるようにしてほしいと要請した。事情が理解できたため、行政副市長などに市議会と共に民主党などに状況を説明するよう指示した。外圧はなかった」と明らかにした。さらに、彼は「ユン長官はまだ在任中で、現政権の人だ。ユン長官が悪化した韓日関係を解決しなければならない現政権を助けようとしたのではないかと思う」と付け加えた。

 ユン長官とソ市長の通話事実が公式確認され、ユン長官が、釜山少女像保護条例が常任委に上程されなかったことでさらに深まっている、共に民主党や自由韓国党、釜山市の軋轢を煽ったという批判の声があがっている。少女像保護条例案を発議したチョン・ミョンヒ釜山市議員(共に民主党)は「ユン長官は韓日政府の慰安婦被害者拙速合意の張本人であり、裏面合意疑惑の当事者として、聴聞会に立たされるべき人なのに、条例案の上程を保留させてほしいと釜山市に圧力を加えた」と批判した。彼は「ユン長官の行動は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本の安倍首相との電話会談で、少女像の問題は民間の領域なので、政府(の役割)には限界があると述べたことにも背馳する。釜山市も中途半端に介入した」と付け加えた。 (中略)

 これに先立ち、パク・ジェボン市議員(自由韓国党)は22日、ハンギョレとの電話インタビューで、「パク副市長に直接連絡して確認した結果、(ムン・ヒサン)日本特使がチェ・インホ委員長に条例の上程を見合わせてほしいと要請しており、チェ委員長がその内容をパク副市長に伝えた。共に民主党の要請で行われた一連の事態をまるで自由韓国党の問題であるかのように仕立てている」と主張した。全体議員8人の中で、自由韓国党所属が7人の釜山市議会の保健環境委員会は、釜山市の要請を受け入れ、17日午後2時に会議を開いたが、少女像保護条例は上程しなかった。
(引用ここまで)


 まだ新任の外交部長官は国会の承認を受けていないので、候補段階。
 現外務大臣はユン・ビョンセであるわけです。

 日本総領事館前にある慰安婦像を保護するための条例というものが、釜山市議会に提出される予定だったのです。
 現在の慰安婦像は違法設置物であるので、設置に法的根拠を持たせようという試みです。去年末の設置当初から語られていましたね。
 その条例の上程が先週に予定されていたとのことなのですが、それがユン・ビョンセから釜山市長への電話で取りやめになったと。

 事実かどうかは分かりませんが、少なくとも市長はそのように主張しているとのこと。
 で、現在の野党である自由韓国党の市会議員によると「ムン・ヒサンから日本へ向かう前にそのような要請があったからだ」と言い出している。
 ただの政争ですね。
 市長は旧セヌリ党(現在の自由韓国党)に属していたように記憶しているのですが。

 それはともかく、もはや「日本と前政権が結んだ裏合意がある」というのは前提なのだなー。そのあたりを次のエントリで紹介予定。

おや、こんな面白そうな本が……。
政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)
倉山満
講談社
2016/12/20

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ