楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

慰安婦合意

 相互RSS募集中です

韓国与党の大統領候補も「慰安婦合意なんて破棄してやる!」と叫ぶ。保守も革新も関係ない模様

自由韓国党の大統領選候補「大統領になったら慰安婦合意は破棄する」(中央日報)
自由韓国党の大統領選挙戦に出馬した洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補と正しい政党の金武星(キム・ムソン)議員が最近会合を持ち、保守陣営の候補単一化を話し合ったことが分かった。22日、釜山(プサン)を訪問した洪候補は記者団に対し、先週金議員との会合事実を確認しながら「(金議員に)『時間上、大統領選挙前の党統合は難しくないだろうか。候補は単一化するのが正しい』と話した。執権すれば2党を統合しようと提案した」と明らかにした。当時、金議員は肯定も否定もしないまま特別な発言はしなかったという。 (中略)

この日、釜山市東区(プサンシ・トング)の慰安婦少女像を訪れて献花した洪候補は、朴槿恵(パク・クネ)政府の韓日慰安婦合意について「政府は10億円ではなく10兆円をもらっても合意してはいけない。大統領になったら慰安婦合意は破棄する」と述べた。洪候補は「慰安婦問題はナチのユダヤ人虐殺に匹敵するほどの反倫理的犯罪」とし「そのような犯罪は合意の対象ではなく、それを金で取り引きするというのは外交ではなく闇取引に過ぎない」と主張した。
(引用ここまで・太字引用者)

 またひとり、大統領候補が釜山の慰安婦像の元で候補として立つことの赦しを得てきた……ということですか。

 さて、記事中の正しい政党は旧セヌリ党非パク派がセヌリ党から分離してできた新政党。
 自由韓国党は残された旧セヌリ党が改名した政党です。両方とも保守として挙げられる政党ですね。
 今回の記事の候補は自由韓国党からの候補予定者。
 与党である保守政党からの候補であってですら、こうして「10兆円もらったとしても慰安婦合意は破棄する」と言っているわけですね。

 現在の与党なのにパク・クネの政策を引き継がないのかって思うでしょうが、これも当然のことなのです。
 同一政党だったイ・ミョンバクからパク・クネが政権を継いだ際にも、4大河川事業資源外交といったイ・ミョンバク政権色の強い政策はすべて否定しています。
 そもそもが大統領選挙の時点で「わたしはイ・ミョンバクとは違う」ということを主張していました。
 韓国の政権交代はたとえ同一政党間であっても易姓革命の性格を強く持っているのですね。

 通常時ですらそうやって前政権の政策を叩きつぶす方向性であるのに、今回はさらに前政権が弾劾されているというおまけつきです。
 そりゃ、すべてを否定されるに決まっています。
 そこに加えて現在の韓国において最高権威者となっている「慰安婦」に関しての案件。
 どの政党からであろうとも否定されて当然というべきでしょう。


 ただ、今回の大統領選挙にかんしてえはなにをどうひっくり返そうとも保守政党が大統領を出すなんてことはありえないので、この人物の言っていることなんてなにひとつ考慮に入れなくても構わないのですが。

慰安婦問題の決算 現代史の深淵
秦郁彦
PHP研究所
2016/5/20

韓国人「フライブルクがダメなら他の公園に慰安婦像を設置するぞ!」 → 設置から一週間 → 公園管理者「慰安婦合意があるなら像とかいらなくない?」

韓国の慰安婦像、ドイツで早くも存続危機「日本の説明で…不要と判断」(産経新聞)
 水原市は昨年も姉妹都市のドイツ南西部フライブルクに慰安婦像の設置を提案したが、日本の姉妹都市である松山市が交流への影響などについてフライブルクに懸念を伝達。計画は実現しなかった経緯がある。

 今回はドイツ南部バイエルン州のウィーゼントに場所を移し、設置が“実現”したばかりだった。

 同紙によると、ドイツでの慰安婦像設置を推進していた責任者が13日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「フェイスブック」に「『平和の少女像』が揺らいでいる」と書き込んだことで存続危機が明らかになった。

 責任者は、慰安婦像が建てられたバイエルン州ウィーゼントの公園を保有する民間財団の理事長が、八木毅・駐独日本大使に会った後に「考えを変えた」と述べたとし、「『日本が十分な謝罪と補償をしたなら少女像を公園に設置しておく必要はない』と語った」と明かした。

 責任者は、八木大使が2015年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意を基に「財団理事長を説得した」との見方を紹介、同時に「韓国政府は立場がない」とも書きこんだ。
(引用ここまで)

 フライブルクに設置を試みて失敗した慰安婦像が、ウィーゼントという人口2500人の小さな街の公園に設置されたのが1週間前。
 それに対して駐独日本大使がその公園の理事長に掛け合って、慰安婦合意を基に説得したところ翻意したのではないかという話になっている。
 まだ実際にどうなるかは分かりませんが、少なくともそういう話が出つつある。

 慰安婦合意が抑止力として作用していることがよく分かりますね。
 日韓間で「この問題は最終的、かつ不可逆的に解決した」という合意ができているのであれば、第三国が口を挟むような問題ではないというコンセンサスが広がっています。
 ドイツの場合であればこの像が最初に置かれようとしていたフライブルクのケースもそうでした。
 また、アトランタでの設置も同様でした。当初は決まっていたとされていましたが、日本側からの働きかけでペンディングになっています。
 ワシントンでも同様に置く場所が決まらずに、除幕式だけやって保管されているというのが現状。

 慰安婦合意が発表された直後に、国務省副報道官から「慰安婦合意の精神を尊重して、アメリカの韓国系団体も銅像の設置を自制してほしい」とのコメントが出されたことがありました
 当初から慰安婦合意についてアメリカが介入しているであろうことは予想されていましたが、ここまで突っ込んだ言及があったことは大きな驚きでした。
 まあ、もちろんのこと韓国系団体の動きは止まることはなかったのですが。
 それでも設置について許認可権を持つ大本の公的団体に対して、こういったコメントや慰安婦合意の存在そのものが抑止力として作用しているのは間違いないでしょう。

 慰安婦合意において「最終的かつ不可逆的に解決した」という文言を入れたこと、そして「慰安婦像の撤去」について言及していることが効いている、ということなのでしょうね。
 外交カードとして充分に有効活用できているのではないでしょうか。

日本の戦略外交 (ちくま新書)
鈴木美勝
筑摩書房
2017/2/10

慰安婦合意:次期大統領候補全員が「破棄」、もしくは「再交渉」を掲げている……それでも日本政府がまったく困らない理由

[韓国大統領罷免]どうなる韓日慰安婦合意 次期大統領選の争点に(聯合ニュース)
 韓国憲法裁判所が10日、朴槿恵(パク・クネ)氏の大統領罷免を認める決定を言い渡したことにより、朴政権の外交的成果だった韓日慰安婦合意の行方にも関心が高まっている。

 前倒しで実施される大統領選の有力候補の多くが韓日慰安婦合意に問題があると異口同音に主張しているためだ。 (中略)

 次期大統領選の有力候補のうち、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表(全面無効)と李在明(イ・ジェミョン)城南市長(全面再検討)、第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)前代表(破棄)、保守系「正しい政党」の劉承ミン(ユ・スンミン)国会議員(再交渉)などが慰安婦合意に反対を表明しており、次期大統領選の重要な争点の一つになるとみられる。

 しかし慰安婦合意を破棄した場合、国際的な信頼を損ない、韓日関係を決定的に悪化させる可能性などを危惧する声も大きい。特にこのほど自民党の党則改正により安倍政権が最長で21年まで政権を担当できる道が開けたことで、韓国の合意破棄は韓日関係の取り返しのつかない破局につながるとの懸念もある。

 現在慰安婦合意に反対している大統領候補も、選挙を経て実際に政権を握れば外交的現実論を直視するとの見解が多数派だ。

 しかし釜山の少女像を理由に駐韓大使を2カ月以上帰任させないなど、むしろ被害者であるかのように行動する日本の態度が韓国の世論を深刻に悪化させる場合、韓国の新政府発足後に再交渉論が強く提起される可能性も排除できない。
(引用ここまで)

 どうも韓国人が根本的に勘違いしていることがあるようなのですよ。
 「慰安婦合意を再交渉するように要求すれば日本が困るだろう」と考えている節があるぽいのですよね。
 だから「再交渉をテーブルに乗せないようにするために、日本は努力をするだろう」=「再交渉を外交カードとして使えるはずだ」というように思い込んでいるようなのです。
 もっと言うのであれば「慰安婦合意を再交渉のテーブルに乗せれば、かつてのように膝を屈してくるに違いない」と考えている節がある。

 日本政府は困らない。
 いや、困ったふりくらいはするかもしれませんが。
 むしろ、その世話役をしたアメリカが困惑するでしょうね。
 なぜなら慰安婦合意はもうすでに終わった外交課題ですから。
 日本がやることは慰安婦合意に基づく義務の履行を求めることだけです。

 釜山の慰安婦像撤去を求めて大使の一時帰国という措置を執ったのは、韓国の次期政権に対して「一歩も引く予定はない」という示威行為でもあったのですが。
 まったく理解していないっぽいなぁ……。

 あと「選挙を経て実際に政権を握れば外交的現実論を直視するとの見解が多数派だ」とかありますが。
 断言しますが、それはない。
 言論の過激さを背景にして当選した人物がそれをやってしまうと、一気に指示を失ってレイムダック化してしまうのです。
 そもそもその考えかた自体が正常性バイアスであって、トランプを見ればどうであったか理解できそうなもんですけどね(ということを前にも書きましたね、たぶん)。

一生お金に困らない人 死ぬまでお金に困る人
中嶋よしふみ
大和書房
2016/9/23

アトランタの慰安婦像設置が取り消し → 韓国人「日本の横やりだ! 許されることではない!!」

米アトランタ少女像、公民権センターへの建設中止……日本の横やりで決定(聯合ニュース)
米国ジョージア州アトランタ「平和の少女像」の建設計画が公民権センターの態度の変化に霧散した。
慰安婦像建設に乗り出した韓国人同胞たちは、日本政府の妨害工作が決定的であったと見て、他の場所探しに乗り出した。

アトランタ平和の少女像建立委員会(以下、建立委)は2日(現地時間)、アトランタ国立公民権・人権センター(National Center for Civil and Human Rights)から「先月に建設の締結をした契約は履行できなくなった」という内容を書面で受けたと述べた。
公民権・人権センターは契約不履行の理由として「本来の設計とは異なる造形物を公民権・人権センターの外部に設置することができないという方針がある」との定款を挙げた。

アトランタセンテニアルオリンピックパーク内のコカ・コーラ博物館近くにある公民権・人権センターは、1950〜60年代に南部地域を中心に起きた黒人公民権運動を記念する博物館として2014年に建てられた。
建立委は昨年9月に公民権・人権センターと初めての交渉を始め、12月には公民権・人権センター運営委員会から少女像建設について書面による許可を受けた。
以降、造形物を設置するための敷地をセンター外部に確定した後、建立委は去る8日少女像建設計画を発表した。
建立委は少女像造形物を購入し、公民権・人権センターを知らせるために数千ドルを投資したが、センターの約定破棄にすべての計画が水の泡になった。

キム・ベクギュ建立委員長は「公民権・人権センターが6ヶ月間の交渉の末、署名された契約を解除に至ったことに非常に失望した」とし「もしそのような方針がある場合は、公民権・人権センターは、私たちに事前に通知しなければならなかった」と悔しさを爆発させた。
建立委による少女像建設発表後、アトランタ日本総領事はアトランタ商工会議所、公民権・人権センター、アトランタ市庁舎を相次いで面談し少女像を建てる場合、日本企業がアトランタから撤退するとの政府レベルでの脅迫に入った。
建立委によると日本人も日本軍慰安婦の人権侵害の事実を否定する大量の電子メールを公民権・人権センター側に送ったと付け加えた。

結局、日本政府と民間の再三の圧力行使にアトランタ市と商工会議所、公民権・人権センターが屈服したものと建立委は推定している。
建立委のヘレンキム・ホ弁護士は「情報提供からわずか10日で少女像建設について妨害工作に接した」とし「諸般の事実に照らしてみると公民権・人権センターの約定破棄が既存の方針に沿ったものと信じられない」とし、「目に見えない手」の干渉の可能性を示唆した。

建立委は建設費用の用意も目標値にほぼ到達したとして、必ず別の場所に少女像を立てると明らかにした。
建立委は第2次世界大戦当時、人身売買と性的虐待を受けた女性の約20万人を称えて、このような勇敢な女性たちを記憶することで、今も広がる人身売買の問題を地域社会と世界に広く知らせようという趣旨で、平和の少女像と碑製作に乗り出した。
(引用ここまで)

 うむ、ガッツポーズを取らざるを得ない。

 アメリカのパセリーズで慰安婦碑放置
 ワシントンでは設置場所を決められず漂流
 ドイツはフライブルクで設置取り消し
 上海では撤去・移転の噂

 すべて慰安婦合意以降の出来事ですね。
 日韓双方の外相が合意を発表し、アメリカの国務長官が歓迎のコメントを即座に出す。
 政府レベルで解決したことが確認されて、アメリカ政府もそれを追認している。ヨーロッパでも何件か歓迎されていたと記憶しています。
 それに逆らって慰安婦像を設置するのか、ということが問われているのですよ。
 で、アトランタ側は日本の言い分に理があると判断したということでしょう。
 「日韓政府間で合意があったのであれば、それを尊重しよう」ということでしょうね。

 アトランタの日本領事館から実際に「日本企業が撤退するぞ」って話があったかどうかはともかく。
 少なくとも好んで投資されるような理由にはなりませんわな。同じ条件があったときに不利になるのは間違いない。
 こういった封じこめ効果があるということから、楽韓さんは合意直後に「外交得点として見たら合格点」と書いたのです。
 「韓国が蒸し返しても、国外への効果は継続するかなー」とうっすら思っていたのですが、思っていた以上に韓国以外の国への効果があるようです。
 ……まあ、国家間の約束事は一般的にはこうなるものですよね。
 韓国との交渉に慣れすぎると、どうも疑心暗鬼になりすぎる傾向があります(笑)。

慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 西早稲田発→国連経由→世界
杉田水脈
産経新聞出版
2017/3/1

韓国人「外交部は日本政府の韓国支部なのか!?」 → 慰安婦合意で完全に攻守逆転した日韓関係に我慢ならない模様

[社説] 少女像撤去圧迫に言いなりになる情けない韓国外交部(ハンギョレ)
 日本政府が日本軍「慰安婦」被害者を記念する少女像を撤去しろと全方向的な圧迫を加えている。そのやり方も行き過ぎるほどに高圧的で傍若無人だ。日本の圧迫に対抗して国益を守るべき韓国の外交部はどういうわけかまともに一言も言えず低姿勢で一貫している。いったいどこの国の外交部なのか分からない。(中略)

 こうした居直りは、韓国政府が自ら招来した面が大きいという点を指摘せざるをえない。韓国の外交部は14日にも、釜山市などに公文を送り釜山の日本領事館前の少女像移転を求めた。昨年12月以後すでに3回目だ。さらに外交部は、ソウルの日本大使館前に設置された少女像も移転すべきだという公式立場を出した。それでも日本政府は少女像移転の要求だけでは不充分だとし、当分は駐韓日本大使を帰任させないと脅している。日本にどれくらい弱点を掴まれれば日本政府はこれほどまで居丈高になり、韓国外交部はこれほどまでに屈辱的な姿を見せるのか、あきれるほどだ。韓国の外交部は日本政府の韓国出張所かという抗議が出るほどでもある。

 加害者と被害者の関係がひっくり返ったように、日本が道徳的優位に立って韓国政府を圧迫するのは、2015年の「12・28慰安婦問題合意」のためだ。日本から10億円を受け取り「慰安婦問題」を終わらせるという裏面合意をしたのでなければ、韓国政府が日本の総攻勢にまともに一言も反論できずに言いなりになる理由がない。外交部は今からでも12・28合意の正確な真相を明らかにし、誤りを率直に認めることを望む。こうした屈辱外交を限りなく継続することはできない。
(引用ここまで)

 この「攻守逆転の構図」に韓国はメディア、国民ともに怒りが止まらないといった様相です。
 彼らの中では「道徳性において上回っており、すべての面で上下関係が決した韓日関係」なのに、いつの間にか攻守が逆転しており、外交で攻められている。
 この構図がどうしても我慢できない様子です。

 日本側は慰安婦合意において「慰安婦問題を『最終的、かつ不可逆的に』解決した」という外交カードを持ち得るようになったわけです。
 これこそが楽韓さんが慰安婦合意を肯定した理由でもあるのですが。
 それまで日本側に外交カードはこれといって持っていなかった。その一方で韓国側は「河野談話がー」「吉田清治がー」「国連人権委がー」と言いたい放題だったのですよ。
 それだけでなく、アメリカに対して対中接近の言い訳にすら使われていました。
 いわく「米韓日で協力したいのはやまやまだが、日本は歴史認識を正そうとしていないからできないのだ」と。

 そんなものがお為ごかしであるのはアメリカも認識していました。シャーマン発言なんかはその最たるものですね。
 しかし、そうしてカードとして使われることに変わりはなく、アメリカの対中外交政策という意味で枷になっていたのもまた間違いないところ。
 そこで日米合同の……というか、半ば以上アメリカに強いられる形で慰安婦合意をまとめられることになった、というのが真相でしょう。
 日韓外相による慰安婦合意の発表直後にアメリカから歓迎のコメントが出たことがそれを端的に現しています。

 ただ、日本側は合意を形成する過程でうまくカードとして使えるように合意案を持ちこんでいる。日本側の義務を最低限に、かつ韓国側の義務を最大限にした。
 そして思っていた以上にカードをうまく使っている。
 当初から合意違反があればアクションを起こそうということは決まっていたのでしょうね。
 正直、想定していた以上の効果があると感じています。

 韓国側も完全に絡みとられたというように認識しているからこそ、「再交渉だ」だの「一方的破棄だ」だの大統領選挙の争点として扱われているのでしょう。
 ただ、アメリカを巻きこむ形で作られた合意をそう扱えるのか、そうして扱うことでなにが起こるのかまで理解しているのかはちょっと不明です。
 ただ単に韓国国民から反対の声が上がっているから、そしてパク・クネ政権下での出来事なので反対しているというだけなのでしょう。

 ちなみに室谷氏が最新刊の崩韓論の中で「実際に大統領になればまともな外交方針に転じるだろうと思う向きもあるだろうが、その見通しは甘い」と書かれていますが、うちもまったくその通りだと思います。正常性バイアスなのですよね。
 トランプが選挙中と現在で変わったかどうか見ていれば理解できそうなものですけどね。

崩韓論
室谷克美
飛鳥新社
2017/2/8

慰安婦支援財団が日本からの10億円を運営費に計上……このままだと運営費だけで間もなく消滅?

日本の10億円 元慰安婦支援財団が一部を運営費に=韓国議員(聯合ニュース)
 朴氏はこの日、財団理事会の会議結果に関する文書を公表。理事会が財団運営費名目の予算を5億3500万ウォン(約5300万円)と策定し、これを日本の拠出金から支出することを決めたと指摘した。

 財団は文書で「日本の拠出金は全て被害者のために使用することが望ましいが、政府による予算削減などを踏まえて最低限の行政費用を日本の拠出金から出す」と説明している。

 韓国政府は昨年、和解・癒やし財団の運営費として1億5000万ウォンを支給したが、今年は「民間財団」である同財団に政府予算を振り向けるのは不適切だとの指摘を受け、関連予算を削減した。

 朴氏は「政府はこれまで、日本の拠出金全額を慰安婦被害者のために使用するかのように宣伝してきた。にもかかわらず、ここへきて一部を財団運営費に流用するのは不適切だ」と指摘した。
(引用ここまで)

 えーっと?
 ちょっと整理するとこういうことですかね。

 ・慰安婦合意による日本政府からの10億円の受け皿として財団が必要だった。
 ・去年、韓国政府によって「和解・癒やし財団」が設立された。
 ・去年は韓国政府から1億5000万ウォンの予算が計上されて運営費に使用された。
 ・今年になって「民間財団への支出はまかりならぬ」と予算が削減された。
 ・よって、「和解・癒やし財団」は日本政府からの10億円から運営費として使用する。

 自分の足を食べているタコじゃないですか。
 5億3000万ウォンってこれ1年分なんでしょうかね?
 10億円のうち、5%以上を費やすかぁ……。
 いまの韓国じゃ原資10億円を銀行に預けたところで定期預金の利息は1.65%。1650万円。
 元慰安婦に対する事業もあるので全額を定期等にすることもできないでしょうから、利息を運営費に充てることもできない。
 ……不動産を購入してその運用益を慰安婦に渡すというのはどうでしょうかね(笑)。

 ま、日本政府がすべきなのは10億円の拠出だけなので、自己資金に手をつけて消滅しようとも知ったこっちゃないのですが。
 ちなみにタコは捕食者に足を食べられても再生するのですが、ストレスから自分の足を食べると再生しないそうですよ。不思議ですね。

60%ポイント還元中〜。
不思議な生き物 生命38億年の歴史と謎 (角川学芸出版単行本)
池田清彦
KADOKAWA / 角川学芸出版
2014/5/15

日本政府「釜山の自治体に慰安婦像撤去要請の文書を送った? 不十分」→駐韓大使の帰任がまたまた延期へ

慰安婦像の移転要請だけでは「不十分」 駐韓大使、帰国長期化(zakzak)
 政府は、韓国・釜山での慰安婦少女像設置に対抗した長嶺安政駐韓大使の一時帰国措置を巡り、韓国外相が釜山市に少女像移転を文書で働き掛けただけでは「不十分」と判断し、当面帰任させない方針を固めた。政府関係者が25日、明らかにした。韓国の憲法裁判所が3月上旬にも朴槿恵大統領の罷免の可否を決めるのを見極める構え。1月9日からの大使一時帰国は長期化しそうだ。
(引用ここまで)

 これは面白い構造。
 慰安婦合意はどう見ても妥協の産物で、日韓共にその国民には不満の残る合意でした。
 楽韓Webでは「これが外交の現実だよなー」と思っていたのですが、背後にアメリカがいる以上はしかたがないとも感じてはいました。
 まあ、日本としてはぎりぎりのところを守って「不可逆に解決」という言葉を入れたということでよしとしようというところでしたかね。
 密約の結果として発表された河野談話とは異なり、各国が証人となる外相同士の記者会見という形も悪くはありませんでした。文章化していないところには不満でしたが。
 事前に「こういう路線ならあり」と書いていたものをそれなりに実現していたので、合格点かなーとも考えていたのですよ。
 実際問題、韓国ウォッチャーで慰安婦合意を合格点だって言っていたのは、うちくらいだったのをよく覚えてますよ。

 ところが1年ちょっとが経過した今、慰安婦合意が日本側が韓国政府を攻める道具に変化していようとは。

 韓国政府「撤去について努力しますので……」
 日本政府「具体的な動きなしじゃ意味ないねぇ」
 韓国政府「釜山東区に慰安婦像を撤去するよう働きかけました」
 日本政府「不十分ですね。リジェクト」←イマココ

 ちょっと考えていなかった展開ですわ。
 何度か書いているように、現在のレイムダックとして一切の動きが取れない韓国政府に対してではなく、次期政権に向けてのアピール行動であるとは思うのですけどね。
 釜山の慰安婦像設置は日本政府にとっては渡りに船といったところだったのでしょうね。
 面白いもんだなぁ……。

マンガで分かる逆転発想勉強術(1) (ヤングキングコミックス)
ゆうきゆう / まったくモ―助
少年画報社
2016/9/26

元日本人のホサカ教授がムン・ジェインの政策ブレーンに登用 「慰安婦合意はいくらでも再協議可能」

文在寅大統領選挙キャンプに合流した保坂教授「韓日慰安婦合意、いくらでも再協議可能」(中央日報)
保坂教授は23日、ソウル汝矣島(ヨイド)の文在寅キャンプで行われた要人招へい記者会見で「日本も1993年の河野談話を検証し、事実上、無効にした」としながら、2015年12月28日の韓日慰安婦合意の再協議の可能性を提言した。

しかし、保坂教授は「再協議以前に、どのようにして合意に至り、その背後に何があったのか、正確な検証を終えた後で、そのような土台の上でいくらでも再協議は可能」と付け加えた。
(引用ここまで)

 ……まあ、再協議できなくもないと思います。たとえば──

「慰安婦合意について再協議しよう」
「不可逆に解決したので無理です」

 ……こんなような会話を「再協議」というのであれば、きっと可能なのでしょうが。
 「いくらでも可能」というのであれば、この会話を何度も繰り返すこともできるとは思います。

 そもそも、ホサカ教授がこの問題に口を出してくること自体が笑っちゃう。
 ムン・ジェイン陣営としては対日政策をツートラックで進めるために日本側の事情に詳しい人物を……ということなのでしょうが。
 現状の日本における対韓国感情からはもっとも遠い人物のひとりですわ。

 ホサカ教授の主張は年々過激化の一途を辿るばかりで、日本からまるで相手にされないものになっています。
 去年にはついに「日韓友好を求めるのなら大韓民国臨時政府を認めて、否定的な言説を取り締まれ」とか言い出す始末。
 20世紀の終わりにはこんな考えかたをしていた人間もけっこういたのですが、もはや2017年の日本では通用しませんわ。

 それでもムン・ジェイン政権でホカサ教授がブレーンとなって対日政策が練られるのであれば、それはそれで「よい日韓関係」を結ぶことができると思いますけどね。
 むしろ日本にとっては望ましい方向かなぁ。

世界一簡単な髪が増える方法
辻 敦哉
アスコム
2016/9/24

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
もやしもんがようやくKindleで解禁。純血のマリアもね。
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
Blu-ray+DVD+デジタルコピー版
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ