楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

慰安婦合意

 相互RSS募集中です

韓国・経済補佐官「新措置は慰安婦合意をそれぞれ国家で管理するという意味、追加要求はしない」→韓国大統領府「彼はそんなことは言っていない」

日韓新宣言に意欲 韓国補佐官「慰安婦、追加要求せず」 (日経新聞)
   ↓
日本メディアに会ったキム・ヒョンチョル大統領府経済補佐官「慰安婦は国内の問題...日本には追加要求しない」(東亞日報・朝鮮語)
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近である金顕哲(キム・ヒョンチョル)大統領府経済補佐官が1日までに、日本経済新聞のインタビューに応じた。今年が1998年の日韓共同宣言20年にあたるのを念頭に、10月の「新宣言」発表に意欲を表明。雇用の人材連携を活発にするため、入国管理手続き・査証の簡素化や社会保障制度の見直しなどで日本と連携する考えも明らかにした。

 金氏は文氏の経済政策ブレーン。日本の大学で教壇に立った経験を持つ文政権内で数少ない日本通だ。(中略)

 従軍慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意は「内容的にも手続き的にも問題があるが、国家間の公式合意なのも否定できない。文大統領は破棄するとは言わないし、追加要求もしない」と明言した。「慰安婦や歴史問題は短時間に解決できない。これまで2度の首脳会談で、文大統領は『それぞれの国家で管理する』との言葉を使った。『代わりに首脳同士は未来について話そう』と。『ツートラック(2路線)』を提案し、安倍首相も共感した」と述べた。
(引用ここまで)
   ↓
キム補佐官は、日本経済新聞とのインタビューで、「ムン・ジェイン大統領は(慰安婦の合意を)破棄するとは言わないし、追加要求もしない」と述べた。これは政府が韓日慰安婦の合意が不当であることを明らかにして、日本が出演した10億円を凍結したことが国内措置であるという趣旨と解釈することができる部分だ。論議が起きると大統領府は「個人的な意見を前提としたインタビューだったし、金補佐官は、その発言をしたこともない。訂正報道を要求する」と明らかにした。
(引用ここまで・太字引用者)

 日経電子版にはこのキム・ヒョンチョル大統領府経済担当補佐官のインタビューが4本ほど掲載されています。
 そのうち、リンクしているのは総集編的なもの。
 他の記事を見ても未来志向の話をしてはいますね。
 「日中韓首脳会談ができなければ、ムン大統領は単独で訪日してもいい」「10月で小渕・金大中政権の日韓共同宣言から20年なので、新宣言を出すべき」「慰安婦合意はそれぞれの国で管理し、破棄せず、新しい要求も出していない」というような話をしています。
 で、「慰安婦像の撤去は時間をかけて」「就職できていない韓国の人材を日本が受け入れればWin-Winの関係に」という話をしています。まあ、そんなおいしいとこ取りが通用するわけないのですが。

 で、このインタビューが韓国内で話題になると大統領府から「私的な意見に過ぎないし、そもそもそんな発言はしていない」とか言い出した。
 大統領補佐官が日本のメディアからインタビューを受けて「個人的な意見」なんて言い訳ができるのですねー。
 「そんな発言はしていない」ともしているから、なかったことにするのでしょうけども。
 じゃあ、未来志向のツートラック外交も、新宣言も、韓国人の就職もなしってことで(笑)。

 ちなみにこの経済補佐官が「米韓首脳会談でインド太平洋戦略に韓国が賛成したとは言っていない」と表明せざるをえなかった人物ですね。
 損な役回りをさせられ続けている人だなぁ……。
 ムン・ジョンイン外交補佐官も「あくまでも個人的な意見だ」として北朝鮮との宥和政策をばんばんと口に出してましたっけ。
 ま、そんな感じで韓国人の言っていることは政府高官であっても信じられない、というデータがまたひとつ積み上がったのでした。

講談社50%ポイント還元キャンペーン対象タイトル。
誤解されない話し方 説得力より納得力 (講談社+α新書)
梅田悟司
講談社
2010/5/20

 

韓国大統領府「安倍訪韓は未来志向を強調した説得の成果だ」→ 同日 →菅官房長「訪韓は慰安婦合意の履行を直接要求するため」

安倍首相の平昌訪問 韓国大統領府の説得で実現=未来志向を強調(聯合ニュース)
菅官房長官「安倍首相、平昌五輪前に文大統領と会って慰安婦合意の履行を要求」(中央日報)
日本の安倍晋三首相が平昌冬季五輪期間中、朝鮮半島を取り巻く4大国(米国・中国・日本・ロシア)の首脳として唯一訪韓を表明したのは、青瓦台(大統領府)を中心とする韓国政府の粘り強い説得があったためだ。 

 旧日本軍慰安婦問題を巡る韓日合意の扱いを巡り、両国が立場の違いを見せる中、安倍首相の来韓の可能性は低いとの認識が今月初めまで広がっていたが、北朝鮮問題での連携や過去の歴史を越えた未来指向の協力関係を強調したことが実を結んだ。 (中略)

 青瓦台だけでなく、韓国政府も安倍首相を平昌に招くために積極的な支援を行ったもようだ。政府関係者は、自民党の竹下亘総務会長と接触し、安倍首相が平昌五輪の開会式か、閉会式に必ず出席する必要があると説得したという。

 同関係者は平昌五輪を機に両国の首脳が会談し、慰安婦問題を越えた未来指向の協力関係について議論しなければ、両国関係の改善は容易ではないと強調したという。
(引用ここまで)
平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)開幕式への出席を表明した日本の安倍晋三首相がこの出席を機に文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談を行い、韓日慰安婦合意の着実な履行を要求することが発表された。

29日、菅義偉官房長官はこの日午後の定例記者会見で、韓日首脳会談を来月9日、平昌五輪開幕式に先立って五輪会場近くのホテルで開く予定だと発表した。

菅官房長官は「(韓日)合意は国と国との約束であるから、韓国側が一方的にさらなる措置を求めてくることは全く受け入れられない」とし「韓国側に実施を強く求めるのは当然だ」と主張した。
(引用ここまで)

 日米中露のうち……というか、全世界を見渡しても唯一「本当の首脳」が来るのは安倍総理だけ。
 というわけで青瓦台がその功績を鼻高々に喧伝しているようですね。
 「安倍総理が訪韓するのは青瓦台から『未来志向の日韓関係を』という説得が功を奏したため」ってな感じでしょうか。
 以前から楽韓Webでは韓国側は政府もメディアも「新措置を要求したのはともかく、ツートラック外交は有効に働いている」というような勘違いをしていると指摘していましたが。
 それがそのまま報道されているってところです。

 だけども、そんな記事が出たのと同じ日に菅官房長官が「平昌近くで行われる首脳会談は慰安婦合意の履行を直接求めに行くものだ」と言ってしまうというね。


 5分10秒くらいからの質問です。

 ま、実際問題として日本にとっては慰安婦合意こそが未来志向の日韓関係の礎であり、履行なしにはなにも進まないというスタンスで間違いない。
 韓国にとっては未来志向の日韓関係とは日韓通貨スワップ協定だったりするのでしょうけども。

 施政方針演説でも分かるように、韓国に対するプライオリティは年々下落しています。ついに「重要な隣国」ですらなくなり、「国際約束、相互の信頼の積み重ねの上に、未来志向で、新たな時代の協力関係を深化させていく」国になった。
 約束を守り、信頼が積み重ねられなければ未来志向はない、ってことですよ。

 「未来志向」の言葉を巡ってアンジャッシュのコントのような状況になりつつありますね。

アンジャッシュ渡部の 大人のための「いい店」選び方の極意 (SB新書)
渡部 建
SBクリエイティブ
2018/1/5

安倍総理、平昌冬季五輪開会式に出席の報道 → 支持率上昇

内閣支持上昇55% 本社世論調査、「脱時間給」は拮抗(日経新聞)
Q1.あなたは安倍内閣を支持しますか、しませんか。

支持する 55(50)
支持しない 37(40)
いえない・わからない 8(10)
(中略)

Q8.安倍首相は2月に韓国での平昌オリンピックの開会式に出席します。あなたは、開会式に安倍首相が出席すべきだと思いますか、思いませんか。

出席すべきだ 55
出席すべきではない 33
どちらともいえない 6
いえない・わからない 5
(引用ここまで)

 単位パーセント。括弧内は前回調査(12月中旬)の内閣支持率の数字。

 今回の調査は26-28日に行われたもの。
 安倍総理が産経新聞のインタビューで訪韓の意向を発言したのが24日
 つまり、訪韓するということが充分に報道されたあとに行われた最初の世論調査。「直後に行われた」というほうが正確かな。

 12月中旬の前回と比べて、内閣支持率は5%上昇。

 平昌オリンピックの開会式に出席する、という前提で尋ねた「出席すべきと思うか、思わないか」という設問では──

 ・出席すべき 55%
 ・出席すべきでない 33%

 ──という結果。

 もちろん、訪韓してからどのような対応をするのかといった部分で評価は変わってくることでしょう。
 甘ったるい「未来志向の日韓関係が云々」みたいな話だけであれば、現在の「韓国への信頼度」や「慰安婦合意への新措置」に対する世論調査を見ても反感を得る可能性が多分にあります。

 でもまあ、総論として国民が安倍総理の訪韓を好意的に見ているというのは間違いないところでしょう。
 楽韓Webによる訪韓で支持率は上昇するとした予測が間違っていなかったことも確認できたと思います。1月から2月への上げ幅は今回の日経の世論調査よりは少なくなるでしょうが。
 まだまだ国民が総じてオリンピックに幻想を抱いているという言いかたもできるとは思いますけどね。

100年予測
ジョージ フリードマン
早川書房
2014/6/15

安倍総理、平昌五輪にあわせて訪韓を決断。「慰安婦合意の新措置を受け入れない。慰安婦像の撤去をしろ」と合意履行を迫る模様

安倍晋三首相、平昌五輪開会式出席へ 単独インタビューで表明 「日韓合意新方針は受け入れられぬ。文在寅大統領に直接伝えたい」(産経新聞)
安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席、リスクを取ったぎりぎりの決断 「慰安婦の日韓合意を終わったことにさせない」(産経新聞)
 安倍晋三首相は23日、首相官邸で産経新聞のインタビューに応じ、韓国で2月9日に行われる平昌五輪の開会式出席のため訪韓する考えを明らかにした。その際に文在寅大統領と会談し、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、文政権が示した新方針を「受け入れることはできない」と直接伝える意向を示した。(中略)

 首相は「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。諸般の事情が許せば平昌五輪開会式に出席し、日本人選手たちを激励したい」と述べた。

 その上で「現地で文大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできない。この考え方を直接伝えるべきだと考えている」と説明。在ソウル日本大使館前の慰安婦像撤去についても「当然強く主張することになる」と述べた。(中略)

 日本では韓国が示した新方針への批判が根強い。首相も一時出席見送りに傾いたが、北朝鮮情勢などを考慮して再考したという。首相は「何をすべきかを熟慮して判断し、実行するのは政権を担う者の責任だ」と説明した。
(引用ここまで)
「韓国の文在寅大統領は日韓合意をおとしめ、日本に新たな措置を求めることを表明して、それで話を終わらせようとしていた。そうはいかない。安倍首相は文氏に、合意を履行して在韓日本大使館前などの慰安婦像を撤去しろと言う」

 首相周辺は語る。大統領選で、合意見直しを公約していた文氏の国内世論対策に日本政府は付き合わず、あくまで誠実な合意履行を突き付け続けるということである。それも、文氏にとって晴れ舞台となる五輪の機会に、最高の見せ場であるはずの首脳会談でだ。

 文氏の国内向けの「日本に言うべきことを言ってやった」というパフォーマンスを許さず、韓国には約束を果たす義務があると内外に示す狙いがある。
(引用ここまで)

 うーん、首相としての決断であればそれを見守るしかないわけですが。
 すでに北朝鮮主催とも思えるような様相を呈している平昌冬季オリンピックの開幕式に出席することで得られるものと、失うリスク。……なんともいえないなぁ。
 ソチでは西側首脳としてはほぼ唯一といっていい出席者となりましたが、それで得られたものはほとんどない。まあ、この時は失ったものもなにもありませんでしたけども。 

 ただまあ、「慰安婦合意を終わらせない」という話をしに行くというのであれば、それはありかなと。
 楽韓Webでも何度か語っているように韓国側は「あれで慰安婦合意については終了。日韓関係は正常化したので、日本はツートラック外交を当然受け入れるべき」というような空気になっています。
 まるで「韓国人の大半の要望である再交渉、破棄というオプションをとらなかったのだから感謝しろ」といわんばかりに。

 そうはいかないと釘を刺しに行くというのであれば、それはそれでありかな……とも思います。
 支持層から見てもけっこうなリスクのある行動ですが、リスクテイカーこそが勝利を得ることができるというのも事実でしょう。
 とりあえず評価は首脳会談の結果を見据えてから……ですかね。

 ただ「少し大きめで厚い毛布」のシベリア開幕式自体がかなりのリスクではないかと思います。VIP席ってどうなってんだろ。

リスクを取らないリスク
堀古英司
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2014/9/16

「韓国の新措置に納得できない」が85%超! 日本の世論調査に見る韓国への嫌悪感

FNN・産経新聞合同世論調査 (FNN)

 今回の産経新聞・FNNの合同世論調査を含め、これまでムン・ジェイン政権が出してきた慰安婦合意に対する新措置、謝罪要求に対しての日本の世論調査は4件を確認しています。

読売新聞世論調査 
 ・韓国を信頼できない 78%
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置に納得できない 86%
 ・要求に応じない日本政府の対応を支持する 83%

NHK世論調査
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置について納得できない 82%

JNN世論調査
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置、謝罪要求について理解できない 85%

●産経新聞・FNN合同世論調査(今回)
 ・韓国を信頼できない 80.5%
 ・韓国政府の慰安婦合意への新措置について納得できない 90.8%
 ・新措置に「応じない」とする日本政府の対応を支持する 88.6%

 4つの世論調査をざっくり見てみると……
 「韓国を信頼できる相手だとは思えない」とする層が80%前後。
 「慰安婦合意の新措置」に対して理解できないとするのは85%前後。
 その新措置に対して応じないとする「日本政府の対応」を支持するのも85%前後。
 圧倒的民意といっても過言ではないですね。

 あとで安倍総理の施政方針演説にも触れる予定ですが、韓国の格を落とすのも当然といえるでしょう。
 日本国民の意思がこの件については絶対に譲らないと腹を据えている感じですね。

韓国リスク 半島危機に日本を襲う隣の現実 (産経セレクト)
室谷克実 / 加藤達也
産経新聞出版
2017/12/30

韓国外相「日本はツートラック外交を了承した。未来志向の日韓関係だ」

[インタビュー]ガンギョンファ 「南北対話、制裁・圧迫の枠組みから外れるものではない」(聯合ニュース・朝鮮語)
-日本の河野太郎(河野太)外相との朝食会合をした公開することができる部分は。

▲今日はちょうどお互いに楽に話しするために、非公式に朝食会をした。様々な懸案、慰安婦の合意発表後のそのような状況について話し平昌にも話していた。詳しい話は、互いに詳細に開示をしないことにした。

-慰安婦問題と関連し、日本と中長期的に解決すべき問題だと表現したが、日本ではこれが、中長期的云々ではなく、もはや話すことがないと頑固に出てくる。日本の態度の変化を追求することができるか。

▲状況というのが、また両国の立場はこのように発表直後に出てくるような立場と、いくつかの歳月が流れた後に変わった状況では、さらに一歩進んだ、もっと成熟化され、かつ鍛えられたような立場が出てくることができる。基本的に私たちの政府の立場は、前回の合意として、この問題が解決されたのは、絶対ではないのだ。特に被害者の立場から見たとき。基本的には人権の問題を政府間における政治的交渉で解決をしようとした試み自体が問題の本質に照らして見た時は間違った方法であった。

今回の検討の結果、明確な結論が出てきたものであり、そのため私たちは日本に対してよりこの問題をめぐり交渉をしたり、追加のことを要求していないと結論が導き出されたのだ。これ政府と政府の間でいかなる交渉になることではないからだ。

日本はそこに政府の立場が出る。それでも日本は私たちに重要な隣国であり、この問題に認識の違いがあるか分からないが、他の経済協力、実質協力こんなところは、私たちがツートラックにするという立場を持ったのだ。

河野外相とはそのような面で良い意見をたくさん交わした。特に合意を成し遂げたわけではない、お互いこれからちょっと進むという意見で共通していた。

-日本はツートラック外交を納得するか。

▲私たちの立場では、そのように解釈をしている。
(引用ここまで・太字引用者)

 ……「日本はツートラック外交を納得したと解釈している」のだそうですよ。

crocop

 以前であれば密約の存在なんかを考慮に入れないとダメだったのでしょうけどね。
 現状の外交状況であれば「カン・ギョンファが勝手に言っている」と判断してまあ間違いないところでしょう。
 というか、日本とのツートラック外交は新年会見でムン・ジェイン大統領が述べた「聖なるお言葉」であるからして、韓国としてはそれを掲げるしかない。
 一応、日本も「未来志向の日韓関係」というお題目は掲げている。昨日の外務省の日韓外相会談(朝食会)の報告でもそのような記述はありますね。

 だけども、それは「適切にマネージされた結果」としてそういう側面もあるということであって、あくまでも日韓関係の一丁目一番地は慰安婦合意の履行なのですよ。
 それがなければ韓国側が求めている通貨スワップ協定も、漁業交渉すらもなしよ、というだけの話。

理不尽な人に克つ方法(小学館新書)
援川聡
小学館
2014/2/8

河野外相「韓国の新方針はまったく受け入れられない」と再度断言 → 日韓外相会談に見る河野太郎の有能さ

河野太郎氏、慰安婦新方針に拒否伝達 韓国は五輪への安倍首相訪韓要請(産経新聞)
日韓外相朝食会(外務省)
 河野太郎外相は16日午前(日本時間17日未明)、カナダのバンクーバーで韓国の康京和外相と会談した。康氏は2015年末の日韓合意では慰安婦問題は解決できないとする韓国政府の新方針を説明。河野氏は「韓国側が日本にさらなる措置を求めるのは全く受け入れられない」と述べ、新たな協議を拒否すると同時に、合意の着実な履行を求めた。

 韓国政府による9日の新方針発表後、両国閣僚が会談するのは初めて。日本外務省によると、会談は一対一で通訳を付けず、朝食を交えて実施した。

 会談で康氏は、2月9日開幕の韓国・平昌冬季五輪に合わせた安倍晋三首相の訪韓を改めて要請した。河野氏は国会日程を踏まえて検討すると述べるにとどめた。
(引用ここまで)
(3)また、河野大臣から、「旧民間人徴用工」をめぐる問題について我が方の立場を伝え、特に、我が方公館前等に「労働者像」を設置する動きについて、適切な対応をとるよう強く申し入れた。
(4)竹島問題についても簡潔に提起した。
(引用ここまで)

 北朝鮮核問題について約20カ国の外相が集まって対策を練るバンクーバー外相会合がはじまりまして。
 この場でも「最大規模の圧力で北朝鮮の非核化を目指す」という方針を述べていますね。
 まあ、こういってはなんですが外相が集まって会合すること自体が、北朝鮮に対しての圧力になるような場なので目新しい話はなくても当然でしょう。

 ちなみに韓国外相にあたるカン・ギョンファ外交部長官は「片手に圧力、片手に対話」というような言いかたで南北会談について理解を求めたとのこと。
 ざっくりこちらも目新しい部分はなし。

 で、河野外相はカン・ギョンファとの朝食会で二国間会合があって、引用部分のようなことを話したそうです。
 日本側からは「新方針については受け入れられない」以外に言うことはないですしね。

 ただまあ、外務省のサイトから引用した3、4についてはちょっと評価したい。
 こういう小さな外相会談でも懸念を述べておくのはよいことです。
 特に現在、民主労総は日韓関係を悪化させることを目的として、徴用者像を釜山総領事館の慰安婦像横に立てようとしています。ソウルの日本大使館前の慰安婦像横は挺対協が反対しているので現在のところは推進を諦めている模様。
 今年の3月1日か、8月15日のどちらかに強行突破して建てる可能性があるので注目。
 もちろん、日韓関係で懸念となっている竹島問題にも言及すべきでしょう。

 こういう原則論大事。
 個人的には外相になる以前から河野太郎を評価していたのですが、思っていた以上に有能じゃないのかなーという感じです。
 ついでにいえば、双方共に英語に長けているので通訳を必要としないというのもよいところ。
 再生可能エネルギーにやたら拘泥しているところを除けば、時期首相というのも充分にありなのではないですかね。

「小さな政府」を唱えていることが分かります。河野太郎の政治家としての自己紹介って感じ。250円。
これからの日本の政治の話をしよう
河野太郎
ビンワード
2012/12/1

いつもなら「なあなあ」で終わる日韓議員連盟会合、日本側議員から「韓国が理解できない」の声まで挙がった模様

慰安婦合意:東京での民団行事で韓日議員が舌戦(朝鮮日報)
 「国と国との約束(韓日慰安婦合意)は誠実に履行するのが常識だ」(額賀福志郎・衆議院議員)

 「日本も『めぐみさん拉致事件』で苦しみを味わったではないか。被害者の意見を十分に聞くべき」(宋永吉〈ソン・ヨンギル〉共に民主党議員) (中略)

 行事の出席者らによると、慰安婦問題に先に言及したのは額賀議員だった。同議員はあいさつで慰安婦問題に言及し「今回の慰安婦合意問題には当惑している」と述べた。その上で「当初は韓国が合意を認めて履行するものと考えていたが、最近の報道を見ると理解できない」などと語った。さらに額賀議員は「外交では双方の国が互いの国益を考慮すべき」と強調したという。韓国政府の発表は事実上の合意破棄または再交渉要求ではないか、という日本の世論を意識した発言であるとともに、公の場での不満表明でもある。

 これに対し、宋議員は「被害者の意見に十分に耳を傾けなければ、弁護士も解任される」という論理を持ち出して反論したという。宋議員は「慰安婦合意は被害者の立場が十分に反映されていない」として見直しを主張した。宋議員はさらに「北朝鮮による拉致被害を経験した日本の苦しみにわれわれが共感するように、日本もわれわれのことを理解してほしい」とした上で「平昌五輪にも安倍首相が来るのがよいと思う」と述べた。
(引用ここまで)

 日韓議員連盟は多くの場合で「シャンシャン総会」をすることが多いのです。前回も慰安婦合意の履行に言及せずに「こいつらなにやってんだ」みたいな総会でした。

 さすがに今回ばかりは言及しないと有権者から見放されるという空気になっているのでしょう。

 さて、韓国人の出す例え話は、なにも例えていないことが多いのですが。
 この慰安婦合意に対して「被害者の意見に充分に耳を傾けなければ弁護士も解任される」はホントに意味不明。
 被害者はまあ慰安婦だとして。
 弁護士は誰よ。で、解任はなにを意味してんの。
 そもそも裁判官もいないし、検事もいないだろ、この場合。

 被害者の意見を聞かなかったのは韓国の事情であって、日本側にそんな事情を持ちこまれても困るのです。
 こっちにはまったく関係ないことだし。
 ただ、そこまで意味のない例え話をしないと反論できないところにまで、韓国側が追い詰められているというのも実際なのでしょうね。

 合意を履行しないのであれば、日韓関係は進まないということを身にしみて理解しつつある。
 前回の12月の総会、そして今回の民団新年会出席と日本の雰囲気を味わっているのであれば、自分たちがどういう状況に置かれているかは理解せざるを得ないといったところなのでしょう。
 とはいえ、ムン・ジェインに影響力を持つような議員でもないので、なにもできずに終わりでしょうけどね。
 ホントに新しい時代に入っていることを実感しますわ……。


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ