楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

日刊ベストストア

 相互RSS募集中です

韓国で殺人事件 → 犯人「女なら誰でもよかった」 → 韓国女性団体「男が殺した!」「女性だから死んだ!」と「男女対立」を演出

【コラム】怒りの余りなぜ怒っているのかを忘れてはならない(朝鮮日報)
 今、韓国で最も人々の関心が集まっている場所はソウル地下鉄江南駅10番出口だ。17日に江南駅近くの商業ビルのトイレで、男が面識のない女性(23)の肩や胸を刃物で刺して殺害したことから、哀悼の場所になった。哀悼の言葉が書かれた付せん数千枚が出口の壁に貼られている。記者は21日に現場へ行った。

 現場には「女性だから死んだ」「私が被害者になってもおかしくなかった」という人々の怒りの声が寄せられていた。ところが、一部の女性団体が怒りの方向を「韓国の男」に向け始めた。「潜在的な犯罪者」と規定された男性たちは怒り、徐々に「男性対女性」の対立に広がろうとしている。現場を訪れた野党「共に民主党」の陳善美(チン・ソンミ)議員はそれを見て「なぜ韓国人はやたらに分裂し、このようなことを考えるのだろうか」と嘆いた。和解の姿勢を見せる男性もいた。ある男性がこの日、マイクを手に「男として申し訳ない。争うのはやめよう」と演説した。「男女どちらの味方かという色分けはやめよう」というプラカードを持って沈黙デモをした男性もいた。そのたびに、一部の女性たちが取り囲んで「男が殺した」と叫んだ。衝突が起こると、現場に待機していた警察が制止に入った。

 こうした犯罪を前にして女性たちがこれまで感じてきた不安や悲しみなどを考えると、このように興奮するのも理解できないことはない。女性が犯罪にさらされず、安心できる社会を必ずや作らなければならない。だが、現場で感じた雰囲気は、正常な哀悼の意の表し方から逸脱していた。憎しみに覆われた現場を見た市民はすぐに背を向けてしまった。インターネット上の世間の声も同様だった。

 これまでのことを振り返って考えてみると、悲劇が起きた後の哀悼はほとんどが同様の流れをたどっているように思う。犠牲者のための哀悼の意が敵に対する憎悪の炎に変わっていく。最近の出来事で言えば大型フェリー「セウォル号」沈没事故犠牲者への哀悼の気持ちが代表的な例だ。その矛先は明確ではなかった。大統領から政府・与党へ、そして韓国という国へ矛先が向けられ、ついには哀悼の場で韓国国旗「太極旗」を燃やすとんでもない人々まで現れた。理性が抜け落ちてできた穴を憎しみが埋めたのだ。こうした流れに多くの人が背を向けた。怒りの声はそうしたとんでもない人々の力を弱らせていった。哀悼の気持ちは分裂を引き起こし、傷が癒えることはなかった。
(引用ここまで・太字引用者)

 江南の雑居ビルで女性が殺害されまして。
 で、その犯人が「女だったら誰でも良かった」と供述したところ、上記の記事のような「女だから殺されたのだ」「男が殺した」というような女性団体の主張が出はじめたということですね。
 それに対してイルベ民が「男だから殺されるってこともあるんだ。天安艦を忘れるな」という花束を、追悼式の行われていた江南駅に出した……ということなのです。 

 この事件とその反応というものは、日本にいる日本人韓国ウォッチャーとしての限界をまざまざと見せつけてくれましたね。

 知識として入ってきても、理解しきれない。
 理解しきれないので、言及しきれない。
 まあ、韓国に住んでいたとしても理解できるかどうかは分かりませんが、もうちょっと雰囲気は得られるかなとは思います。

 要するに今回の事件で女性団体が自分たちの社会的な地位を高めようとして、事件を利用しているのですよね。
 「男女対立」という構造にすることで、この事件に文句をつけるものはすべて敵だと認定してまわっているのです。
 慰安婦問題の時に挺対協がやった手段と同じです。

 甲乙葛藤、保守と親北の対立といった韓国における「対立構造のひどさ」というものを理解しているつもりの楽韓さんであってですら、この事件への反応は理解できかねるものだったのですよ。
 ただ、理解しきれないのはいいことでもあるのだろうなぁ……とは思います。
 「深淵を覗くとき、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ」とはニーチェの言葉でしたか。
 この構造とイルベ民の反発までが一発で理解できたらSAN値が下がりそうです。



韓国イルベ民、殺人事件追悼式に「男だから死んだ」と花輪を贈呈

「男だから死んだ、天安艦の勇士たちを忘れない」...江南駅に「イルベ花輪」(news1/朝鮮語)
去る17日、ソウル江南駅近くのカラオケ店のトイ​​レで殺害された女性を哀悼する追悼式現場近くに保守性向のインターネットコミュニティ「日刊ベスト」から送られたと見られる謹弔花輪が登場して論議が起きた。

花輪は19日の追悼式が終わった後、午後10時ごろに江南駅10番出口近くで発見された。花輪には「日刊ベストストア ノ・ムヒョン一同」、「男だから死んだ、天安艦の勇士を忘れない」というフレーズが書かれていた。

 これを見て怒った市民の一部は、「精神が出たようだ」と話し、フレーズの上に「恥」と書かれたメッセージを付けることもした。以来、花輪が発見されてから10分後には女性が書かれたリボンをカットした。

「イルベ花輪」が登場したことについて、この日追慕祭を提案したヤン・ジウォンさん(31・女)は、「私たちが言うのは女性に加えられる日常的暴力の問題提起だが、このように、天安艦の話を持ち出すのは、世論を追い込んで男性を刺激するためにわざわざ行動だ」と批判した。
(引用ここまで)

 「精神が出る」というのは「正気を失う」とかそういった意味ですね。
 逆に「精神が入る」で「正気を取り戻す」という使われかたをするようです。

 で、韓国の2ちゃんねるとも言われているイルベ=日刊ベスト貯蔵所の基本的な指向として、女性蔑視があるのですが。
 それで女性が犠牲者となった事件の追悼式現場に花輪を送った、ということのようです。

イルベ花輪

 暴食デモに関しては「これはちょっとエスプリがある」とも思ったのですが、こちらはよろしくないなぁ……。
 まあ、イルベというものの指向性がどうなっているのかという話と「精神が出る」という用例を出したかったってことで。

【追記】
 言葉足らずだったようなので補足。
 イルベ民は女性蔑視を基本方針としています。カイカイでよく「女性家族部なんかに割り当てる予算がなければ、韓国でもっと偉大な研究開発(ロケットだの戦闘機だの高速鉄道だの)ができていたのに」なんていうセリフが出てくると思います。
 で、今回の殺人事件の犯人が「生まれてからずっと女性に無視されてきた。女性に復讐したかったので誰でも良かった」という供述をしていて、韓国の女性団体から男尊女卑がこの事件の一因だという話が出ているのです。
 その話が気に入らないイルベ民は「男だからという理由で死ぬこともあるだろう」という意味でこの花輪を出した、意趣返し……ということなのでしょう。
 おそらく。


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
Blu-ray+DVD+デジタルコピー版
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ